トップへ戻る

タイヤメーカーおすすめランキング!メーカー毎の特徴を比較

タイヤメーカーおすすめランキング!メーカー毎の特徴を比較

タイヤのメーカーってどれくらいご存知でしょうか?愛車のタイヤを選ぶ時、自分の車に合いそう、価格が安いからなどで選んでいませんか?タイヤメーカーの特徴を比較して知ることで、愛車に合ったタイヤでより快適に走れるように今回は車のタイヤのメーカーについてご紹介します。(※2020年5月更新しました)

⏳この記事は約3~4分で読めます。


タイヤメーカーは日本だけでなく海外にも沢山存在する

タイヤメーカーは世界中に、沢山あります。その数は、100社以上になっています。

国内で購入できる、海外メーカーのタイヤの種類は、一部のみになっており、実績のあるタイヤメーカーが多いです。日本は、信号がいたる所にあるのでスピードや走行距離が少ない傾向があります。

広い国土=タイヤの耐久性が重要

しかし、外国では隣街に行くまで、日本と比較できないくらい自動車を走らせないといけない事があります。

その為、タイヤの耐久性が非常に優れていたり、ゴム自体が削れにくくする為に硬くなっていたり様々な工夫がされています。

タイヤメーカー 世界での販売シェアランキング

 
タイヤメーカー 世界販売シェアランキングTOP10(2017年)
メーカー名シェア率(%)
ブリヂストン14.5%
ミシュラン14.0%
グッドイヤー8.5%
コンチネンタル6.7%
住友ゴム4.0%
ピレリ3.6%
ハンコック3.3%
横浜ゴム2.9%
正新2.4%
中策ゴム2.2%

上記はブリヂストンが企業情報として公表しているタイヤメーカー別の世界販売シェアをランキング下ものとなっています。

2017年のデータとなりますが、1位は日本国内の企業であるブリヂストンとなっています。
2016年の販売シェアもTOP10の順位に変動はなく、1位ブリヂストン、2位ミシュランと続きます。

おすすめ国産タイヤメーカー一覧

国産のおススメのタイヤメーカーは、沢山あります。

タイヤメーカーによって性能に違いが、出てきます。ヨコハマタイヤ・ダンロップタイヤの位置づけは、中間クラスと言われており、価格も高すぎず性能も優れているので購入する人は多いです。

夏タイヤでは、「静寂」「スポーツ」「エコ」「硬め」などに分かれているので、自分に合ったタイヤを選択する事ができます。

ブリヂストン・ミシュランタイヤ・コンチネンタルなどのタイヤメーカーには、ハイグレードのタイヤが準備されています。

乗り心地や走行性能に拘りを求める人には、一度試してもらいたいタイヤです。1本単位の価格が高ければ、その分タイヤの性能も高くなります。

どのタイヤを選ぶかによって、今まで味わっていたハンドル操作や乗り心地を簡単に改善できるので、詳しくタイヤメーカー事に解説していきます。

ブリヂストン

ブリヂストンのタイヤの歴史は古く、1930年に登場し、2005年にフランスのミシュラン社を抜いて、世界シェアトップになりました。

ブリヂストンタイヤは、トラック・バス・乗用車のタイヤ設計を行っています。その他にも、二輪自動車専用のタイヤ・チューブも作っています。

高級ブランドで知られている、静寂性などが追及された「REGNO」やスポーツタイヤでグリップ力などが求められた「POTENZA」や、乗り心地やタイヤのサイド強化によって片減りしにくくなっている「Piayz」があり、ミニバンに人気です。

ウェット性能や燃費の事を考えて作られた「ECOPIa」や、転がり抵抗やブリヂストン独自の精神技術であるナノプロ・テックを採用した「NEXTRY」など、軽自動車・コンパクト・ミニバンなどは、4種類から自分に合ったタイヤを探すことができます。

SUVなどタイヤが通常より大きいサイズは、種類が少なくなります。乗り心地・性能が重視された「ALENZA」に、3パターンのパターンから選択できる「DUELER」があります。ブリヂストンタイヤは、夏タイヤと冬タイヤどちらも非常に、人気があります。

タイヤの1本の価格は、タイヤブランドによって異なりますが、高いタイヤを選択すれば、どれだけ優れているのかが直ぐに分かるはずです。

ブリヂストンタイヤの魅力は、スタッドレスタイヤです。装着率NO.1の冬用のタイヤは、性能が優れており、タイヤ自体の寿命も長くなっています。

ブリヂストンについてもっと詳しく知りたい方はこちら

住友ゴム

住友ゴムの本社は、兵庫県にあります。住友ゴムは、「ダンロップ」「グッドイヤー」「ファルケン」3つのブランドを取り扱いしています。

合併して、複雑にはなっていますが住友ゴムは「低燃費タイヤ」などのブランドを中心にダンロップタイヤを現在開発して販売しています。ダンロップタイヤは、女性にも人気のあるタイヤメーカーです。きっかけになったのが、「福山雅治」が登場しているCMです。タイヤの名前が分からなくても、CMに出演している芸能人の名前を言えば誰でも分かるぐらい話題になっています。

タイヤは、低燃費・静寂性・安全性が揃う「VERO」ハイグリップ・快適性が揃う「DIREZZA」や、ロードノイズを抑えた「LE MANS」があります。低燃費タイヤは、「エナセーブ」です。エナセーブは、全部で5種類です。ミニバン専用設計や耐摩耗性能など、ライフスタイルに合わせて、タイヤ選びができます。

どれも転がり抵抗が、優れているので燃費向上に期待できます。SUVには、「GRANDTREK」です。オンロード・オフロードから選択ができます。スタッドレスタイヤは、「WINTER MAXX」です。新しいモデルの「WINTER MAXX02」では交換シーズンが3~5年と言われているスタッドレスタイヤの寿命を、ロングライフへと変更しました。

現行のモデルでは、4年先までタイヤの状態・性能を維持する事が可能になったのでダンロップ史上NO.1のスタッドレスタイヤになりました。ダンロップタイヤは、国産タイヤで人気のあるブランドです。性能・寿命・燃費・ウェット性能など、トータルバランスがしっかりとれているタイヤです。

住友ゴムが扱う各ブランドについてもっと詳しく知りたい方はこちら

横浜ゴム

横浜ゴムは、古河グループのタイヤゴムメーカーです。タイヤラベルなどには「YOKOHAMA」と書いてあり、良く見かける事が多いです。

2016年度のタイヤ販売にて、第3位になりました。横浜ゴムが作っているタイヤの中で、人気があるのが「ADVAN dB」です。このタイヤの特徴は、スポーツ性能・グリップ・ウェット性能に静寂までが揃っています。

「ADVAN」シリーズのタイヤのパターンは、グリップの性能がとてもいいです。走りに拘りたい時は「S.drive」がおススメです。タイヤのサイドは硬くなっているので、コーナリング時
などを撓むことなく走行できます。

低燃費タイヤの「BIuEarth」は、自動車によって設計がされています。自動車の性質を考えて、設計されているので摩耗しにくく細かな工夫がされています。

スタンダード設計の低燃費タイヤ「ECOS」は、トータルバランスを高精度で追及しています。転がり抵抗・ウェット性能どれも兼ね揃えています。横浜ゴムと言えば、SUVのタイヤ「GEOLANDAR」と「PARADA」が人気がとてもあります。

「GEOLANDAR」には、オフロード・オンロードどれを選んでも性能・デザインなどトータルバランスが優れています「PARADA」は、大型サイズになるのでインチアップ時に使われる事が多いです。

スタッドレスタイヤ「ice GUARD」は、雪国で装着するユーザーが多いです。しっかり止まり・発進時もスムーズに出る事ができます。
タイヤのブロックに3次元が加わり、どの様な路面でもタイヤの効果を発揮する事ができます。

横浜ゴムについてもっと詳しく知りたい方はこちら

おすすめ海外タイヤメーカー一覧

ミシュラン

ミシュランタイヤの本拠地は、フランスです。ラジアルタイヤを、世界で初めて製品化し、世界最大のタイヤメーカーです。「レッドガイドブック」に載っている5ツ星などのお店に「ミシュランタイヤを履いて出かけよう」と様々な方法でピーアールしているので、とても楽しいです。

現在は、世界第2位になってしまいましたが、タイヤ開発の技術が高いので、どの種類のタイヤを選んでも性能に、十分満足する事ができます。ハイスペック スポーツタイヤ「PILOT SUPER SPORT」「Primacy」や、圧力が均等になるトレッド構造が採用された「PRIMACY HP」などは、人気が高いです。

ウェット性能・転がり抵抗/燃費を追求したのは「ENERGY SAVER」になります。SUV専用のタイヤは、「LATITUDE」「PREMIER」「PILOT ALPIN」などがあります。どれも、トレッド構造が細かな工夫がされています。今注目されているのが、夏タイヤなのに雪も走行可能なタイヤ「CROSSCILMATE SERIES」です。

本来ミシュランのスタッドレスタイヤ「X-ICE」を検討していても、どこのタイヤメーカーと価格を比較しても、1番高いのが殆どです。どの様な雪の上でも、停まる事ができるミシュランのスタッドレスですが、価格が高すぎるので購入するのを諦めてしまう人も多いです。

雪山でも走行可能な「CROSSCILMATE SERIES」なら、季節関係なく装着できるので、とても魅力的なタイヤです。
ミシュランタイヤの夏タイヤは、他のメーカーと比較しても「種類」と「サイズのレパートリー」が少ないので、選びやすいです。

ハンコック

ハンコックタイヤは、1941年に大韓民国で設立されたタイヤメーカーです。韓国の国内でのタイヤシェア率は、半分以上を占めています。
日本でも量販店で見かける事が非常に多く、サイズはの種類のレパートリーは沢山あります。

夏用タイヤは、「ventus」「enfren」「OPTIMO」「KINERGY」などがあります。低燃費・スポーツ・ランフラット・オールシーズンなど、豊富な種類があります。
量販店で、取り扱いがあれば購入でき国内のタイヤに比べれば、価格も少し安く購入する事ができます。

自動車のドレスアップで使用される低扁平タイヤで、ハンコックタイヤは人気があります。

ハンコックについてもっと詳しく知りたい方はこちら

ピレリ

イタリア・ミラノに本社がある、ピレリタイヤ。タイヤ業界では、世界6位になります。F1で使用されているタイヤと言えば、「ピレリ」が思いつきますがアルファロメオ・フェラーリ・マセラティなどにタイヤを開催当初から、供給しています。

モータースポーツの経験を活かし、開発しているのでタイヤの性能には期待できます。スーパーカーに装着されているイメージのピレリタイヤですが、量販店で購入する事ができます。パフォーマンス性能に優れた「P ZERO」や、乗り心地や静寂性がメインの「CintuRato」などがあります。

17以上でしか設定が作られていない「DRAGON SPORT」などは、ドレスアップする時に購入する人は多いです。
SUVには、「SCORPION」が準備されています。「街乗り」「オンロード/オフロード」「スポーツタイプ」など性能も選べます。「SCORPION ATR」は側面に、独自の模様が施されているので
とてもカッコイイです。

スタッドレスタイヤは、2種類ありますが、店頭で販売しているのは滅多に見る事ができないです。オールシーズンタイヤもあり夏・冬兼用で走行可能になっています。
ピレリタイヤの取り扱いをしているお店であれば、取り寄せで購入する事ができます。

しかし、取り扱うサイズが少し特殊になるので確認が必要になります。

ピレリについてもっと詳しく知りたい方はこちら

コンチネンタル

コンチネンタルの本社は、ドイツにあります。1871年創業の自動車部品やタイヤを作っています。世界でのタイヤ生産シェアは、2008年に第4位になっています。

欧米車に標準装備で「コンチネンタル」が装着されている事が多いです。

有名なのが、メルセデスベンツの承認タイヤです。タイヤの一部に、認証マークが付いており、共同でタイヤ開発を行いテストをクリアすれば、認証マークがもらえます。

タイヤは、「Max Contact」「Sport Contact」「ContiSportContact」「ContiMax」「ExtremeContact」「ContiPremium」「PremiumContact」など様々な種類があります。

国産タイヤと違い、タイヤ強化の仕方が違います。サイドウォール部に頑強なゴムが採用されています。そうする事によって、空気圧が抜けにくくなっています。

ランフラットタイヤのサイズの種類も多いので、こちらも国産タイヤと大きな差がでます。コンチネンタルのタイヤは、量販店やインターネットで購入できますが、1本のタイヤの値段が高いので割高になってしまいます。

グッドイヤー

グッドイヤーは、アメリカ合衆国で作られているゴムです。世界で最大の、タイヤ会社と言われています。飛行機に、大きなロゴを入れ大々的に各国で宣伝されていました。

1999年に、ダンロップ・グッドイヤーが包括的資本提携を結び、アジア一番では住友ゴムが「製造」「販売」を行う形になりました。ウルトラハイパフォーマンスの「EAGLE」やハイパフォーマンスコンフォートの「EfficientGrip」など、ハイレベルな運動性能や静寂性を兼ねそろえたタイヤです。

近年注目されているタイヤ「Vector 4Seasons」は、オールシーズンタイヤです。天候や路面状況に左右されずに、走ることができます。オールシーズンタイヤは、他のメーカーも販売
していますが、中々タイヤの性能が今市分からない事が多いです。

「Vector 4Seasons」では、実際装着しているユーザーの口コミが、グッドイヤーのホームページで見る事ができるので分かりやすく、タイヤの性能も確認する事ができます。

スタッドレスタイヤは、「ice NAVi」です。冬場停まる事が難しいとされている、アイスバーンでも安全に止まる事ができます。タイヤが従来より柔らかくなる事で、引っかかりにくい
路面状況でも柔軟に対応する事が可能になっています。

正新

正新は、台湾1位のタイヤメーカーです。正新の読み方は、「チェンシン」と言います。タイヤメーカーは、「MAXXIS」で世界中に知られています。

本社は、アメリカ合衆国にあり1980年代~19990年代に立ち上げたタイヤブランドです。タイヤの種類は、「MA」「VR」「SP」「M35」「MS300」などスポーツ・燃費・静寂性・高性能があります。

スポーツカー専用や高級セダン設計など、それぞれ専用設計ごとに専門のエンジニアが開発を行っているので、信頼されているタイヤメーカーです。SUVには、「MT」「AT」「M8060」「SS」などオフロードやオンロードから選ぶ事ができます。

種類も豊富なので、タイヤの種類が少ないSUVでも自分に合った好みのタイヤを、選択する事ができます。デザインは、どれも迫力があります。耐久性もとても優れています。

GT

GTラジアルは、7カ所の製造工場で作られています。600人以上のエンジニアと研究を重ね高品質のタイヤを製作しています。

トータルバランスが非常に優れており、世界各国から高い評価をもらっています。モータースポーツ専門店などに行けばGTラジアルが装着された自動車や、タイヤその物を見る事ができるかもしれませんが、一般のタイヤ販売している量販店で見る事は難しいです。

タイヤの種類は少なく、ハイパフォーマンスの「CHAMPIRO GTX PRO」や、ウルトラ ハイパフォーマンスの「CHAMPIRO SX2」「CHAMPIRO HPY」などがあります。

コンフォートの「CHAMPIRO ECO」は、ハイドロプレーニングを防ぐことができます。
どのタイヤも、一般のタイヤにない性能を持ち合わせています。SUVには、「CHAMPIRO HPY」「SAVERO SUV」の2種類があります。快適性能・燃費・静寂性・安全性など全てが揃っています。

まとめ

タイヤーメーカーには、ハイグレード・燃費重視・スポーツ性能・低下価格などいくつものレパートリーがあります。タイヤの減り方や、どの様な性能を求めるかで自分に合ったタイヤを見つける事ができます。

海外メーカーのタイヤは、安い物から高額の物までありますが、求められている性能が、国産タイヤと少し異なっているので、また違ったタイヤ性能を楽しむ事ができます。

雪道で欠かせないスタッドレスタイヤは、日本の雪室に合った国内メーカーの購入をお勧めします。

自分でタイヤ交換するのはめんどくさい!そんな貴方におすすめ!

タイヤ交換をしたい、でも何からすればいいのか。自分で全部やるのはめんどくさい。そんな方にはTIREHOODがおすすめです。


タイヤ購入・取付予約が同時にできる!
近所にあるガソリンスタンドをはじめとした
店舗が予約できる
そして、
購入したすべてのタイヤにパンク保証がつく!
TIREHOOD公式ページはこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

関連するキーワード


タイヤ ランキング

関連する投稿


イエローハットのタイヤ交換でかかる費用や作業時間をチェック!

イエローハットのタイヤ交換でかかる費用や作業時間をチェック!

オイルやワイパーなどとともに、車を使っても使わなくても定期的な交換が必要となる「タイヤ」。しかし、いざタイヤ交換が必要と言われても、どうすればいいのか分からなくて困ってしまう方も多いことでしょう。そこでオススメなのが、カー用品店「イエローハット」でのタイヤ交換。この記事では、タイヤ交換の目安とともに、イエローハットの大満足なタイヤ関連サービスをくまなくご紹介していきます。


タイヤの偏平率によるメリット・デメリットは?計算方法も紹介

タイヤの偏平率によるメリット・デメリットは?計算方法も紹介

自動車の動きを地面に伝えてくれるタイヤは非常に重要な存在ですが、愛車のタイヤのサイズを把握しているという方は意外と少ないかもしれませんね。どこか暗号のようなわかりにくさがあるタイヤサイズの中でも、乗り心地や操縦性に直結する隠れた注目ポイントが「偏平率」です。偏平率が変化するとどんな影響があるのか? どうやって計算するのか? 詳しくご紹介していきます。


タイヤサイズの見方を知ることで愛車のタイヤ購入をスムーズに

タイヤサイズの見方を知ることで愛車のタイヤ購入をスムーズに

そろそろタイヤ交換かな、とお考えの方なら、どんなタイヤが愛車にぴったりサイズなのかを調べたりすることもあるでしょう。しかし、タイヤサイズの表記方法は、慣れていないとまるで暗号のようで、わかりにくさがありますよね。どこに何が書いてあるのか理解すれば意外と簡単なタイヤサイズの見方を知っておくことで、タイヤの検討や購入もスムーズに済ませられるようになれるでしょう。


タイヤの適正な空気圧はどうすればわかる?点検方法や点検頻度まとめ

タイヤの適正な空気圧はどうすればわかる?点検方法や点検頻度まとめ

車という重量物をたった4本で支えているのがタイヤ。車のあらゆる動きはタイヤを介して行われることもあり、快適な走行のためにも安全運転のためにも非常に重要なタイヤですが、意外とタイヤの空気圧は放置しがちな方も多いのではないでしょうか。メーカー指定の空気圧に調整していないと、効率が下がってもったいないだけでなく、最悪は事故の危険性も?!詳しく見ていきましょう。


走行距離や状態で分かるタイヤ交換時期の判断基準!寿命タイヤは怖い

走行距離や状態で分かるタイヤ交換時期の判断基準!寿命タイヤは怖い

自動車が安全に走行するのに欠かせないのが正常な状態のタイヤ。タイヤは使用に伴ってすり減っていくなど劣化が進みますので、交換が必須の部品です。とは言っても、どの状態が正常で、どの状態が寿命なのかがちょっぴり分かりにくい気がしていませんか? 実はタイヤは、パッと見でも状態が分かるように作られているので、車に詳しくない方でも寿命の判断が可能です。詳しく見ていきましょう。


最新の投稿


2019年の「ながら運転」厳罰化|その効果と取り締まり基準を解説!

2019年の「ながら運転」厳罰化|その効果と取り締まり基準を解説!

2019年に罰則が強化された「ながら運転」。この改正で、罰則はどのように変わったのでしょうか?また、その効果はありましたか?今回は、どんな行為が「ながら運転」に該当するのか、具体例を取り上げながら、まとめました。


トヨタ ルーミーの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

トヨタ ルーミーの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

近年大人気の「トールワゴン」タイプであるトヨタ ルーミーは、2021年上半期の販売台数ランキングで単独車種として普通車トップクラスの販売台数を記録するなど、国民車的な人気を誇るモデル。毎日使える実用性が特徴的なルーミーだけに、燃費情報は気にしておきたいところですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費、ライバルとの比較など、ルーミーに関する燃費情報をくまなくご紹介していきます。


トヨタ ハイエースの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

トヨタ ハイエースの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

商用バンながら、ビジネス用途だけでなくアウトドア系マルチギアとしても活用されるなど、長年様々なユーザーに愛され続けてきたトヨタ ハイエース。近年ではキャンプブームなどもあって人気が高まっています。そんなハイエース、存在は知っていても、燃費性能がどの程度なのか気になっている方も少なくないはず。この記事で、カタログ燃費や実燃費、ライバル車種との比較を通して、ハイエースの燃費情報に詳しくなりましょう。


スズキ アルトラパンの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

スズキ アルトラパンの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

まんまるなヘッドライトがキュートなアルトラパンといえば、かわいい軽自動車の筆頭格として長期間にわたって人気を維持しているモデルです。デザインばかりが取り上げられがちなラパンですが、日々使う車だからこそ気にしておきたいのは燃費性能。この記事では、カタログ燃費や実燃費、ライバル車種との比較まで、ラパンに関する燃費情報をくまなく網羅していますので、ぜひチェックしてみてください。


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。