トップへ戻る

【グッドイヤー タイヤ】タイヤメーカーの特徴・おすすめ

【グッドイヤー タイヤ】タイヤメーカーの特徴・おすすめ

グッドイヤーといえば、大きなロゴを書き込んだ飛行船でも有名です。自動車レースにタイヤを提供するなど、世界の三大タイヤメーカーとして世界第3位のシェアを誇っています。今回の記事では、タイヤの選び方を種類やブランド毎に紹介します。また、お買い求めの参考になるようにおすすめ商品もご紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


グッドイヤータイヤ概要について

※2016年のグッドイヤー「エフィシェントグリップ・パフォーマンス」

1916年に、世界で初めて空気入りトラックタイヤの開発に成功し、また飛行船に必要なゴム含浸繊維を多く売り出すために自らも飛行船の製造に大きく関わっています。

しかし、グッドイヤーの名前を大きく世に知らしめたのは、やはりモータースポーツとの関わりではないでしょうか。

特に、1964年から参戦し始めたF1においてその名は一躍世界に響き渡りました。1998年に撤退するまでに通算368勝、これはタイヤメーカーとしては最多勝利数です。

ほかにも、1965年には当時の自動車世界最高記録960km/hを達成し、1971年にはアポロ14と共に月へ降り立った月面探査機のタイヤに選ばれたのもグッドイヤーでした。グッドイヤーはタイヤ業界を牽引してきたと言える存在です。

グッドイヤータイヤの選び方

タイヤ選びはとても重要です。

タイヤにはその車に合った種類・サイズがあり、居住性を重視したものや走行性能を重視したものなどという風に選択していく必要があります。タイヤ変えるだけで、ガラリと居住性も走行性能も違うものとなります。

グッドイヤータイヤのスタッドレスタイヤ

※2018年グッドイヤー・アイスナビ7

スタッドレスタイヤを選択する際には、スタッドレスタイヤに何をどれくらい求めるかを考えましょう。

一年を通して降雪する期間がどれほどあるのか、また降雪量はどれくらいなのか、その違いによってもスタッドレスタイヤの選び方は異なります。実際に車に乗る環境を考慮して選びましょう。

一定の冬道走行性能を持ち、一年を通して利用できるオールシーズンタイヤという選択もグッドイヤータイヤなら出来ます。

グッドイヤーのランフラットタイヤ

写真はグッドイヤーの「EfficientGrip Performance」

最近よく聞く言葉にランフラットタイヤという言葉があります。勿論グッドイヤーにもランフラットタイヤはあります。

ランフラットタイヤとは、一定の条件を満たしていれば万が一走行中にパンクしても、制限付きではありますが、続けて走行が可能というタイヤです。今後更なる普及が見込まれているタイヤです。

タイヤサイズの見方

タイヤのサイズには、以下のような情報が含まれています。

表示方法にもいくつかのパターンがあるので参考にしてみてください。

例① 205/65 R 15 94 H

左1番目=205タイヤの幅(mm)
左2番目=65扁平率
左3番目=Rラジアル構造
左4番目=15リム径(インチ)
左5番目=94ロードインデックス(LI)
左6番目=H速度記号

例② 235 /45 ZR 17

左1番目=235タイヤの幅(mm)
左2番目=45扁平率
左3番目=ZR速度カテゴリー
左4番目=17リム径(インチ)

例③ 31×10.50 R 15 6PR

左1番目=31タイヤの外形(インチ)
左2番目=10.50タイヤの幅(インチ)
左3番目=Rラジアル構造
左4番目=15リム径(インチ)
左5番目=6PRタイヤの強度

※他にも5種類ほどの表示があります。

グッドイヤータイヤのおすすめ4選

これからご紹介するタイヤはグッドイヤーの中でもロングセラー商品と呼べる4種類です。

Vector 4Seasons Hybrid

その名の通り、一年を通じて使用できるタイヤです。ドライな道やウェットな道、少々降雪した路面でも、走行が可能というオールマイティなタイヤとなっています。

高速道路の雪道チェーン規制下においても、チェーン装着なしでも走行可能となっていますが、スタッドレスタイヤでは無いので降雪時は万が一に備えてチェーンの携行をおすすめします。

GOODYEAR(グッドイヤー) オールシーズンタイヤ Vector 4Seasons Hybrid

【4本セット】 15インチ 165/55R15 75H 新品4本

EAGLE F1 ASYMMETRIC 3

グッドイヤーがウルトラハイパフォーマンスと詠う程の高性能タイヤです。

グッドイヤーのタイヤの歴史はいわばレースの歴史と言っても過言ではありません。そのレースの世界で勝ち続けたのがグッドイヤーのタイヤです。

モータースポーツの世界で培ってきたテクノロジーを、全て凝縮して詰め込んで発売したのがこの「EAGLE F1 ASYMMETRIC 3」というタイヤです。

高速走行性能を突き詰め、さらに快適性も犠牲にせず不慮の事故をも未然に防ぐ、安全性能の全てにおいて最高を目指したもので、まさにグッドイヤーの頂点ともいえるタイヤです。

GOODYEAR(グッドイヤー) 低燃費タイヤ EAGLE F1 ASYMMETRIC 3 215/40R17 87Y XL 新品1本

ICE NAVI7

最新のテクノロジーが満載のスタッドレスタイヤ、「ICE NAVI7」は、豪雪地帯でも抜群の性能を発揮するタイヤです。

スタッドレスタイヤですので、雪道・アイスバーンの走行性能は勿論ですが、ドライ路面での走行性能も高いレベルで維持されたタイヤです。

GOODYEAR ICE NAVI7 175/65R14 82Q 2017年製

175/65R14 82Q 2017年製

ICE NAVI6

従来モデルから進歩したスタッドレスタイヤです。

撥水シリカとポリマーを結合させるカップリング剤「アクアフィラー」の採用により柔軟に路面に密着し、強靭な結合によりゴムの断裂を抑制する事によりタイヤの寿命も大幅に向上したスタッドレスタイヤのスタンダードモデルです。

【4本セット】 13インチ GOODYEAR(グッドイヤー) スタッドレスタイヤ アイスナビ 6

145/80R13 75Q 新品4本

まとめ

グッドイヤー ICE NAVI7を装着。

世界三大メーカーの一角であるグッドイヤータイヤは、多くのレースなどでも活躍した経験から優れた性能の車用のタイヤの製造をしてきました、また、その基になるゴムの生産技術も世界トップクラスです。

その技術による様々な分野での活躍や貢献は私たちの生活にも大いに生かされています。是非グッドイヤーに今後もご注目下さい。

タイヤに関する記事はこちらから

タイヤ交換に関する記事はこちら

関連する投稿


イエローハットのタイヤ交換でかかる費用や作業時間をチェック!

イエローハットのタイヤ交換でかかる費用や作業時間をチェック!

オイルやワイパーなどとともに、車を使っても使わなくても定期的な交換が必要となる「タイヤ」。しかし、いざタイヤ交換が必要と言われても、どうすればいいのか分からなくて困ってしまう方も多いことでしょう。そこでオススメなのが、カー用品店「イエローハット」でのタイヤ交換。この記事では、タイヤ交換の目安とともに、イエローハットの大満足なタイヤ関連サービスをくまなくご紹介していきます。


タイヤの偏平率によるメリット・デメリットは?計算方法も紹介

タイヤの偏平率によるメリット・デメリットは?計算方法も紹介

自動車の動きを地面に伝えてくれるタイヤは非常に重要な存在ですが、愛車のタイヤのサイズを把握しているという方は意外と少ないかもしれませんね。どこか暗号のようなわかりにくさがあるタイヤサイズの中でも、乗り心地や操縦性に直結する隠れた注目ポイントが「偏平率」です。偏平率が変化するとどんな影響があるのか? どうやって計算するのか? 詳しくご紹介していきます。


タイヤサイズの見方を知ることで愛車のタイヤ購入をスムーズに

タイヤサイズの見方を知ることで愛車のタイヤ購入をスムーズに

そろそろタイヤ交換かな、とお考えの方なら、どんなタイヤが愛車にぴったりサイズなのかを調べたりすることもあるでしょう。しかし、タイヤサイズの表記方法は、慣れていないとまるで暗号のようで、わかりにくさがありますよね。どこに何が書いてあるのか理解すれば意外と簡単なタイヤサイズの見方を知っておくことで、タイヤの検討や購入もスムーズに済ませられるようになれるでしょう。


タイヤの適正な空気圧はどうすればわかる?点検方法や点検頻度まとめ

タイヤの適正な空気圧はどうすればわかる?点検方法や点検頻度まとめ

車という重量物をたった4本で支えているのがタイヤ。車のあらゆる動きはタイヤを介して行われることもあり、快適な走行のためにも安全運転のためにも非常に重要なタイヤですが、意外とタイヤの空気圧は放置しがちな方も多いのではないでしょうか。メーカー指定の空気圧に調整していないと、効率が下がってもったいないだけでなく、最悪は事故の危険性も?!詳しく見ていきましょう。


走行距離や状態で分かるタイヤ交換時期の判断基準!寿命タイヤは怖い

走行距離や状態で分かるタイヤ交換時期の判断基準!寿命タイヤは怖い

自動車が安全に走行するのに欠かせないのが正常な状態のタイヤ。タイヤは使用に伴ってすり減っていくなど劣化が進みますので、交換が必須の部品です。とは言っても、どの状態が正常で、どの状態が寿命なのかがちょっぴり分かりにくい気がしていませんか? 実はタイヤは、パッと見でも状態が分かるように作られているので、車に詳しくない方でも寿命の判断が可能です。詳しく見ていきましょう。


最新の投稿


トヨタ シエンタの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

トヨタ シエンタの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

ミニバンの使い勝手とコンパクトカーの乗りやすさが高度にバランスされていて人気の「トヨタ シエンタ」。混み合う駅へのお出迎えや、狭めな駐車場のお店でのお買い物だって楽々こなせます。そんなシエンタ、普段使いで気になるのはやっぱり燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、シエンタの燃費情報を詳しくご紹介していきます。


自動車保険の比較・検討|見積もりには比較サイトが便利でお得!

自動車保険の比較・検討|見積もりには比較サイトが便利でお得!

自動車保険は、比較・検討することで、自分に合った補償内容に調整しつつ、保険料を安くできます。今回は、見積もりを取るのに比較サイトが便利な理由と、各種キャンペーンについてまとめました。


自動車保険はどこがおすすめ?|自動車保険の基本とおすすめ保険会社

自動車保険はどこがおすすめ?|自動車保険の基本とおすすめ保険会社

自動車保険の更新時期になると、保険料をもっと安くできないか、もっといい保険はないか、と検討される方は多いかもしれません。そこで今回は、自動車保険の基本的な部分と、おすすめ保険会社をまとめました。


自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンは、どこで、どのように借りるとお得なのでしょうか?今回は、金利やローン審査、シミュレーションなどについてまとめました。また、低金利を選ぶ際の注意点についても取り上げます。


日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

売れ筋のコンパクトSUVジャンルで、パワートレインはハイブリッド「e-POWER」のみと割り切ったラインナップが特徴的なのが「日産 キックス」。軽快なルックスと爽快な走りで人気を得ています。そんなキックス、普段使いで気になるのはやっぱり燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、キックスの燃費情報を詳しくご紹介していきます。