目次へ戻る

オールシーズンタイヤ|価格・寿命・雪上性能を比較!おすすめも紹介

オールシーズンタイヤ|価格・寿命・雪上性能を比較!おすすめも紹介

日本ではあまり使われる機会が少ないオールシーズンタイヤ。冬によく使われるスタッドレスタイヤとは、価格、寿命、雪上での性能にどのような差があるのかの紹介と、有名メーカーのおすすめオールシーズンタイヤを紹介しています。


オールシーズンタイヤとは?

オールシーズンタイヤとは、一般的に装着されている「夏用タイヤ」、スタッドレスタイヤと呼ばれる「冬用タイヤ」の両方の特性を持つ全天候型タイヤです。

日本ではあまりなじみのないオールシーズンタイヤですが、ヨーロッパや北米では普及がすすみ、一般的なタイヤとなっています。

夏用と冬用の2つの性能を併せ持ち、夏の乾いた路面から、雨で濡れた路面、冬の雪道なども安心して走行できるオールシーズンタイヤですが、スタッドレスタイヤに比べれば雪道・凍結路での性能は劣り、夏用タイヤやエコタイヤに比べると、転がり性能、燃費性能は劣ります。

降雪が多く、路面の凍結が起こるような寒冷地にお住まいの方であれば、上記の理由により冬用タイヤとしての利用はスタッドレスタイヤのほうがおすすめです。

逆に東京都心部など、降雪が年に1~2回あるかどうかの地域であればシーズン毎にタイヤの履き替えを行うことなく、「オールシーズン」で利用が出来るタイヤとなっています。

スタッドレスタイヤとは

スタッドレスタイヤは、冬に路面凍結や積雪などによって滑りやすい状況でもしっかりと路面を捉えて、高い制動力を発揮してくれるタイヤです。

東北や北海道といった降雪エリアで、日ごろから車を運転される方であれば、スタッドレスタイヤは必須アイテムといえます。また、雪の降らないエリアにお住まいでも、雪の降る地域などにご自身の車で行く場合も同様です。

しかし、路面凍結のあまりない地域の方は、大雪予報の前日にあわててスタッドレスタイヤに交換する程度で、普段はずっと保管したままの方も多いと思います。

価格の割に出番が少なく、保管スペースの問題や、そもそも季節に合わせての履き替えが面倒という方には夏用・冬用どちらも持つのはちょっと…という方も少なくないでしょう。

オールシーズンタイヤとスタッドレスタイヤの比較

オールシーズンタイヤは、夏用タイヤではスリップしてしまう路面状況でも走行できるのが特徴で、雪の状態にもよりますが、浅雪や圧雪路、シャーベット状の雪であれば走行が可能です。

しかし、スタッドレスタイヤでは走行可能な凍結したアイスバーンには対応していません。

オールシーズンタイヤは、夏用タイヤに近いゴム素材を利用しているため、アイスバーンのような滑りやすい路面の走行は適していないのです。

便利なオールシーズンタイヤですが、降雪量が多い時や、路面凍結が起きやすい地域にお住まいの場合は、やはりスタッドレスタイヤの装着が必要となります。

性能の違い

浅い雪道や圧雪路、シャーベット状の雪であれば、オールシーズンタイヤ、スタッドレスタイヤともに走行安定性にそれほど大きな差はありません。

しかし、降雪量が多くなると、スタッドレスタイヤの方が性能が良い分、安定して走行可能です。

理由としては、オールシーズンタイヤが寒い雪道から夏の熱い路面にも対応したゴムを使用しているのに対し、スタッドレスタイヤは冬の雪道走行だけを想定した素材を使用し、雪道特有の路面状況に対応した開発がされているからです。

多少の雪ならば、オールシーズンタイヤでも問題ありませんが、雪の量が多くなるとスタッドレスタイヤで走行できてもオールシーズンタイヤでは走行できないということが出てきます。

また、前述のようにアイスバーンの走行は、タイヤがスリップしてコントロール不能となる恐れがあります。路上で走行不能となると、多くの人に迷惑をかけることにもなりますので、普段は降雪量の少ない都心部に住んでいても、冬にスキーやスノーボードに出掛けるという方には、オールシーズンタイヤよりもスタッドレスタイヤの装着をおすすめします。

価格の違い

「オールシーズンタイヤ」、「夏タイヤ」、「スタッドレスタイヤ」に価格差はそれほどありませんが、通年で使用できるという点で、オールシーズンタイヤがコストパフォーマンスがもっとも良いといえます。

燃費の違い

夏タイヤとの違いについて、走る、とまる、曲がる、という基本性能は普通に走る分には大差はありませんが、スポーツタイヤのように強力なグリップを求めたり、低燃費タイヤのような燃費性能を求めたりするのであれば、それ専用につくられているタイヤにはもちろん敵いません。

寿命の違い

それぞれのタイヤの寿命についての目安は下記となっています。

夏タイヤ・・・製造年数から4~5年
スタッドレスタイヤ・・・製造年数から3年
オールシーズンタイヤ・・製造年数から4~5年

また、製造年数以外にも、

・スリップサイン、残り溝
・タイヤの傷、ひび割れ
・使用年数
・走行距離

上記を定期的に点検し、タイヤの状態はチェックしましょう。

オールシーズンタイヤは日本ではあまり使われない?

ヨーロッパや北米では主流になり、新車装着されることも多い「オールシーズンタイヤ」ですが、なぜ日本ではまだまだなじみが少ないのでしょうか。

原因は、自動車やタイヤに対する考え方の以下のような国民性に起因しているとも言われています。

・車を大事に扱う方が多い
・タイヤをドレスアップやカスタマイズの対象と捉える方が多い
・タイヤの性能を車の性能の一部として考えている方が多い

また、狭い車道の多さや道路に対する車の密集度の高さなど、事故回避や安全性を重視する傾向があるのも一因と言われています。

ヨーロッパや北米は車道も広いので、降雪時に多少のスリップがあったとしても、日本ほど重大な事故にはつながりにくいようで、雪が降ってもそこそこ走れるオールシーズンタイヤは重宝されるようです。

一方日本では、冬になるとチェーンの要らないスタッドレスタイヤを、それ以外の季節はハイグリップタイヤやエコタイヤを好む傾向があるというのが実情です。

おすすめオールシーズンタイヤをメーカー別に紹介

最後に、おすすめのオールシーズンタイヤを「グッドイヤー」「ピレリ」「ミシュラン」「ファルケン」「ブリヂストン」の5つのメーカー毎にそれぞれ紹介していきます。

グッドイヤー ベクター フォーシーズンズ ハイブリッド

GOODYEAR(グッドイヤー) オールシーズン Vector 4Seasons Hybrid 195/65R15 91H

※サイズに関しては各サイトより在庫情報などを確認のうえご検討下さい。

雪上走行では、見事に夏タイヤとスタッドレスタイヤの中間的性能を示しています。

冬場の都市部でも安全な運転をしていれば、十分にその性能を期待することができ、突然の雪に対応するには適したタイヤといえるでしょう。

価格はサイズ混在で約6,720円~99,570円となっています。
※サイズ・価格に関してはそれぞれの商品リンクよりご確認下さい。

ピレリ スコーピオン ヴェルデ オールシーズン

PIRELLI(ピレリ) オールシーズンタイヤ SCORPION VERDE ALL SEASON 245/65R17 111H XL

※サイズに関しては各サイトより在庫情報などを確認のうえご検討下さい。

F1でもお馴染みのピレリタイヤが販売しているオールシーズンタイヤです。

SUV用に開発されたオールシーズンタイヤとなっています。乾いた路面から雪道まで高いパフォーマンスを発揮し、乗り心地も良くタイヤ寿命も長いのが特徴です。

価格はサイズ混在で約11,700円~48,600円となっています。
※サイズ・価格に関してはそれぞれの商品リンクよりご確認下さい。

ミシュラン CROSSCLIMATE SERIES

オールシーズン 215/55R17 98W XL ミシュラン クロスクライメートプラス MICHELIN CROSSCLIMATE+

※サイズに関しては各サイトより在庫情報などを確認のうえご検討下さい。

低燃費タイヤとしても高い性能を持ち、剛性の高い構造により過大な変形が抑えられ、ロスが少なくスムーズな走りが期待できます。高い排水性で雨の走行でも安心な優れたウェット性能、夏タイヤにも勝る耐摩耗性能が特徴です。

雪をしっかりつかむ溝形状によって生まれる高いグリップ力により、圧雪、シャーベット路面でも走行可能です。

価格はサイズ混在で約8,101円~28,431円となっています。

ファルケン EUROWINTER(ユーロウィンター)

ファルケン(FALKEN) オールシーズンタイヤ EUROWINTER HS449 215/60R16 95H

※サイズに関しては各サイトより在庫情報などを確認のうえご検討下さい。

日常的な走行では、ドライ・ウエット両面では操縦安定性能を確保。高いトレッド剛性でコーナリングも安定走行ができます。

価格はサイズ混在で約6,720円~99,570円となっています。

ブリヂストン NEXTRY (ネクストリー) TYPE S

ゴムバルブ付属 ブリヂストン ネクストリー NEXTRY S 175/70R14 175/70-14 4本

※サイズに関しては各サイトより在庫情報などを確認のうえご検討下さい。

SはシャーベットのSのことで、名前の通りちょっとした雪道であれば問題なく走行できます。

スクレイプエッジグルーブやマルチパフォーマンスラグなどの新パターンを採用し、エッジ成分を増加することで、浅雪・シャーベット性能に配慮しています。

価格はサイズ混在で約1,944円~9,000円となっています。

まとめ

純正タイヤと同レベルの性能があり、多少の雪道が走れればOKという考えであれば、年に数回遭遇するか否かの降雪対策のためにスタッドレスタイヤを購入するよりも、経済的な負担が少なくて済み、通年使用できるオールシーズンタイヤを使用するのも、選択肢のひとつです。

降雪の少ない地域にお住まいの方は是非試してみては如何でしょうか。

関連するキーワード


タイヤ スタッドレスタイヤ

関連する投稿


タイヤチェーンの選び方とおすすめ5選を紹介|付け方・価格を比較

タイヤチェーンの選び方とおすすめ5選を紹介|付け方・価格を比較

冬に雪道を走る時にスタッドレスタイヤを使用するだけでなく、さらにあると安全性が増すのがタイヤチェーン。しかし種類が複数存在するのでどれを選ぶべきか悩まれる方も多いと思います。今回は種類の解説だけでなく、価格や取り付け方も合わせて紹介しますので、愛車にピッタリのタイヤチェーンを見つけましょう。


タイヤレバーの使い方と注意点|おすすめ・人気商品10選と合わせて紹介

タイヤレバーの使い方と注意点|おすすめ・人気商品10選と合わせて紹介

タイヤを交換する際に利用するタイヤレバー。今回は、DIYでタイヤを交換したいと考えている方に参考になる「タイヤレバーの使い方」や「Amazonなどで人気の商品」を合わせて掲載します。


【86%が次も使用したいと回答】オールシーズンタイヤが便利!

【86%が次も使用したいと回答】オールシーズンタイヤが便利!

タイヤの履き替えは何かとめんどくさくて、億劫ですよね。そんな貴方、オールシーズンタイヤはどうですか。名前は知っているけど、なんとなく敬遠してる?それはもったいない!ぜひ、この記事を読んでその考えを改めましょう!


タイヤワックスのおすすめ商品7選!水生・油性どっちが良い?使い方も紹介

タイヤワックスのおすすめ商品7選!水生・油性どっちが良い?使い方も紹介

タイヤをひび割れを防ぎ、汚れから守り長持ちさせてくれるタイヤワックス。実際は水性、油性どちらがいいのか、それぞれの特徴の紹介から、シュアラスターやブリヂストンなどのおすすめのタイヤワックスの情報、スプレータイプ、スポンジタイプ毎の使い方についてをまとめてご紹介しています。


大雪時のタイヤチェーン装着義務 13区間(高速7・国道6)の実施場所一覧

大雪時のタイヤチェーン装着義務 13区間(高速7・国道6)の実施場所一覧

2018年11月15日に国土交通省より発表された 「タイヤチェーンを取り付けていない車両通行止め」規制。11月15日~11月28日までの間、パブリックコメントの募集を行い、12月10日に同交通規制が実施される道路を発表しました。実施場所となる道路情報と、規制についての概要、違反時の罰則や実施時期について掲載しています。


最新の投稿


クルマのインジェクションとは。仕組み・役割からキャブ車との違いを説明

クルマのインジェクションとは。仕組み・役割からキャブ車との違いを説明

世の中には、インジェクション攻撃、インジェクション成形、インジェクションステーキなど、インジェクションと名の付くものはたくさんありますが、ここで取り上げるインジェクションとはフューエルインジェクション(Fuel Injection System)。ガソリンエンジンの燃料噴射装置です。その仕組みと役割、歴史について説明しています。


【2月15日発売】三菱のデリカD:5新型 価格・スペック・燃費・変わった点は?

【2月15日発売】三菱のデリカD:5新型 価格・スペック・燃費・変わった点は?

2月15日、ついに三菱のオールラウンドミニバン・デリカD:5が発売されました。新型デリカD:5は、フロントデザインコンセプトのダイナミックシールドを取り入れ、装いも新たに生まれ変わりました。いったいどのような姿に進化したのか?最新情報をお届けします。


車のターボタイマーとは?必要性や取り付けに掛かる費用、使い方まで徹底解説

車のターボタイマーとは?必要性や取り付けに掛かる費用、使い方まで徹底解説

ターボ車に取り付けるターボタイマー。ターボ車に長く乗ってある人であれば役割や必要性について理解していると思いますが、これから初めてターボ車に乗る方やNA車(非ターボ車)に乗っている方にとっては、どのような役割なのかご存知でない方も多いもではないでしょうか?今回はターボタイマーの必要性から取り付け方や費用、使い方について紹介していきます。


ベントレーのSUV ベンテイガ! 試乗記・新車価格は?

ベントレーのSUV ベンテイガ! 試乗記・新車価格は?

ベントレー初のSUV、それが『ベンテイガ』です。ベンテイガは2016年から発売されています。2000万円以上もする高級SUVのため、なかなか見る機会は少ないかもしれないこの一台。本記事ではベンテイガについてまとめています。


トヨタ カローラ新型欧州仕様発表!3ボディが揃い踏み!

トヨタ カローラ新型欧州仕様発表!3ボディが揃い踏み!

トヨタ自動車の欧州部門、トヨタモーターヨーロッパは2月13日に、新型『カローラ』(Toyota Corolla)シリーズの詳細を発表しました。日本で発売されたハッチバック(日本名:『カローラスポーツ』)だけでなく、ワゴン、4ドアセダンと、3種類のボディタイプが欧州では設定されるとのことです。