目次へ戻る

オールシーズンタイヤ|価格・寿命・雪上性能を比較!おすすめも紹介

オールシーズンタイヤ|価格・寿命・雪上性能を比較!おすすめも紹介

日本ではあまり使われる機会が少ないオールシーズンタイヤ。冬によく使われるスタッドレスタイヤとは、価格、寿命、雪上での性能にどのような差があるのかの紹介と、有名メーカーのおすすめオールシーズンタイヤを紹介しています。


オールシーズンタイヤとは?

オールシーズンタイヤとは、一般的に装着されている「夏用タイヤ」、スタッドレスタイヤと呼ばれる「冬用タイヤ」の両方の特性を持つ全天候型タイヤです。

日本ではあまりなじみのないオールシーズンタイヤですが、ヨーロッパや北米では普及がすすみ、一般的なタイヤとなっています。

夏用と冬用の2つの性能を併せ持ち、夏の乾いた路面から、雨で濡れた路面、冬の雪道なども安心して走行できるオールシーズンタイヤですが、スタッドレスタイヤに比べれば雪道・凍結路での性能は劣り、夏用タイヤやエコタイヤに比べると、転がり性能、燃費性能は劣ります。

降雪が多く、路面の凍結が起こるような寒冷地にお住まいの方であれば、上記の理由により冬用タイヤとしての利用はスタッドレスタイヤのほうがおすすめです。

逆に東京都心部など、降雪が年に1~2回あるかどうかの地域であればシーズン毎にタイヤの履き替えを行うことなく、「オールシーズン」で利用が出来るタイヤとなっています。

スタッドレスタイヤとは

スタッドレスタイヤは、冬に路面凍結や積雪などによって滑りやすい状況でもしっかりと路面を捉えて、高い制動力を発揮してくれるタイヤです。

東北や北海道といった降雪エリアで、日ごろから車を運転される方であれば、スタッドレスタイヤは必須アイテムといえます。また、雪の降らないエリアにお住まいでも、雪の降る地域などにご自身の車で行く場合も同様です。

しかし、路面凍結のあまりない地域の方は、大雪予報の前日にあわててスタッドレスタイヤに交換する程度で、普段はずっと保管したままの方も多いと思います。

価格の割に出番が少なく、保管スペースの問題や、そもそも季節に合わせての履き替えが面倒という方には夏用・冬用どちらも持つのはちょっと…という方も少なくないでしょう。

オールシーズンタイヤとスタッドレスタイヤの比較

オールシーズンタイヤは、夏用タイヤではスリップしてしまう路面状況でも走行できるのが特徴で、雪の状態にもよりますが、浅雪や圧雪路、シャーベット状の雪であれば走行が可能です。

しかし、スタッドレスタイヤでは走行可能な凍結したアイスバーンには対応していません。

オールシーズンタイヤは、夏用タイヤに近いゴム素材を利用しているため、アイスバーンのような滑りやすい路面の走行は適していないのです。

便利なオールシーズンタイヤですが、降雪量が多い時や、路面凍結が起きやすい地域にお住まいの場合は、やはりスタッドレスタイヤの装着が必要となります。

性能の違い

浅い雪道や圧雪路、シャーベット状の雪であれば、オールシーズンタイヤ、スタッドレスタイヤともに走行安定性にそれほど大きな差はありません。

しかし、降雪量が多くなると、スタッドレスタイヤの方が性能が良い分、安定して走行可能です。

理由としては、オールシーズンタイヤが寒い雪道から夏の熱い路面にも対応したゴムを使用しているのに対し、スタッドレスタイヤは冬の雪道走行だけを想定した素材を使用し、雪道特有の路面状況に対応した開発がされているからです。

多少の雪ならば、オールシーズンタイヤでも問題ありませんが、雪の量が多くなるとスタッドレスタイヤで走行できてもオールシーズンタイヤでは走行できないということが出てきます。

また、前述のようにアイスバーンの走行は、タイヤがスリップしてコントロール不能となる恐れがあります。路上で走行不能となると、多くの人に迷惑をかけることにもなりますので、普段は降雪量の少ない都心部に住んでいても、冬にスキーやスノーボードに出掛けるという方には、オールシーズンタイヤよりもスタッドレスタイヤの装着をおすすめします。

価格の違い

「オールシーズンタイヤ」、「夏タイヤ」、「スタッドレスタイヤ」に価格差はそれほどありませんが、通年で使用できるという点で、オールシーズンタイヤがコストパフォーマンスがもっとも良いといえます。

燃費の違い

夏タイヤとの違いについて、走る、とまる、曲がる、という基本性能は普通に走る分には大差はありませんが、スポーツタイヤのように強力なグリップを求めたり、低燃費タイヤのような燃費性能を求めたりするのであれば、それ専用につくられているタイヤにはもちろん敵いません。

寿命の違い

それぞれのタイヤの寿命についての目安は下記となっています。

夏タイヤ・・・製造年数から4~5年
スタッドレスタイヤ・・・製造年数から3年
オールシーズンタイヤ・・製造年数から4~5年

また、製造年数以外にも、

・スリップサイン、残り溝
・タイヤの傷、ひび割れ
・使用年数
・走行距離

上記を定期的に点検し、タイヤの状態はチェックしましょう。

オールシーズンタイヤは日本ではあまり使われない?

ヨーロッパや北米では主流になり、新車装着されることも多い「オールシーズンタイヤ」ですが、なぜ日本ではまだまだなじみが少ないのでしょうか。

原因は、自動車やタイヤに対する考え方の以下のような国民性に起因しているとも言われています。

・車を大事に扱う方が多い
・タイヤをドレスアップやカスタマイズの対象と捉える方が多い
・タイヤの性能を車の性能の一部として考えている方が多い

また、狭い車道の多さや道路に対する車の密集度の高さなど、事故回避や安全性を重視する傾向があるのも一因と言われています。

ヨーロッパや北米は車道も広いので、降雪時に多少のスリップがあったとしても、日本ほど重大な事故にはつながりにくいようで、雪が降ってもそこそこ走れるオールシーズンタイヤは重宝されるようです。

一方日本では、冬になるとチェーンの要らないスタッドレスタイヤを、それ以外の季節はハイグリップタイヤやエコタイヤを好む傾向があるというのが実情です。

おすすめオールシーズンタイヤをメーカー別に紹介

最後に、おすすめのオールシーズンタイヤを「グッドイヤー」「ピレリ」「ミシュラン」「ファルケン」「ブリヂストン」の5つのメーカー毎にそれぞれ紹介していきます。

グッドイヤー ベクター フォーシーズンズ ハイブリッド

GOODYEAR(グッドイヤー) オールシーズン Vector 4Seasons Hybrid 195/65R15 91H

※サイズに関しては各サイトより在庫情報などを確認のうえご検討下さい。

雪上走行では、見事に夏タイヤとスタッドレスタイヤの中間的性能を示しています。

冬場の都市部でも安全な運転をしていれば、十分にその性能を期待することができ、突然の雪に対応するには適したタイヤといえるでしょう。

価格はサイズ混在で約6,720円~99,570円となっています。
※サイズ・価格に関してはそれぞれの商品リンクよりご確認下さい。

ピレリ スコーピオン ヴェルデ オールシーズン

PIRELLI(ピレリ) オールシーズンタイヤ SCORPION VERDE ALL SEASON 245/65R17 111H XL

※サイズに関しては各サイトより在庫情報などを確認のうえご検討下さい。

F1でもお馴染みのピレリタイヤが販売しているオールシーズンタイヤです。

SUV用に開発されたオールシーズンタイヤとなっています。乾いた路面から雪道まで高いパフォーマンスを発揮し、乗り心地も良くタイヤ寿命も長いのが特徴です。

価格はサイズ混在で約11,700円~48,600円となっています。
※サイズ・価格に関してはそれぞれの商品リンクよりご確認下さい。

ミシュラン CROSSCLIMATE SERIES

オールシーズン 215/55R17 98W XL ミシュラン クロスクライメートプラス MICHELIN CROSSCLIMATE+

※サイズに関しては各サイトより在庫情報などを確認のうえご検討下さい。

低燃費タイヤとしても高い性能を持ち、剛性の高い構造により過大な変形が抑えられ、ロスが少なくスムーズな走りが期待できます。高い排水性で雨の走行でも安心な優れたウェット性能、夏タイヤにも勝る耐摩耗性能が特徴です。

雪をしっかりつかむ溝形状によって生まれる高いグリップ力により、圧雪、シャーベット路面でも走行可能です。

価格はサイズ混在で約8,101円~28,431円となっています。

ファルケン EUROWINTER(ユーロウィンター)

ファルケン(FALKEN) オールシーズンタイヤ EUROWINTER HS449 215/60R16 95H

※サイズに関しては各サイトより在庫情報などを確認のうえご検討下さい。

日常的な走行では、ドライ・ウエット両面では操縦安定性能を確保。高いトレッド剛性でコーナリングも安定走行ができます。

価格はサイズ混在で約6,720円~99,570円となっています。

ブリヂストン NEXTRY (ネクストリー) TYPE S

ゴムバルブ付属 ブリヂストン ネクストリー NEXTRY S 175/70R14 175/70-14 4本

※サイズに関しては各サイトより在庫情報などを確認のうえご検討下さい。

SはシャーベットのSのことで、名前の通りちょっとした雪道であれば問題なく走行できます。

スクレイプエッジグルーブやマルチパフォーマンスラグなどの新パターンを採用し、エッジ成分を増加することで、浅雪・シャーベット性能に配慮しています。

価格はサイズ混在で約1,944円~9,000円となっています。

まとめ

純正タイヤと同レベルの性能があり、多少の雪道が走れればOKという考えであれば、年に数回遭遇するか否かの降雪対策のためにスタッドレスタイヤを購入するよりも、経済的な負担が少なくて済み、通年使用できるオールシーズンタイヤを使用するのも、選択肢のひとつです。

降雪の少ない地域にお住まいの方は是非試してみては如何でしょうか。

タイヤをもっと調べたいという方はこちらもどうぞ

関連するキーワード


タイヤ スタッドレスタイヤ

関連する投稿


【新型 マツダ3】おすすめのホイールは?オプションと社外品をチェック!

【新型 マツダ3】おすすめのホイールは?オプションと社外品をチェック!

2019年5月に日本発売となったマツダ アクセラの後継モデル「マツダ3」。当記事では世界戦略車として、世界共通のネーミングであるMAZDAを関した車名に変わった同車の「ホイール」に関する情報を紹介していきます。


気になるタイヤの交換時期は?ひび割れや走行距離、スリップサインを解説

気になるタイヤの交換時期は?ひび割れや走行距離、スリップサインを解説

タイヤは地面と唯一接している部分であり、走行していくうちにどんどんと劣化していきます。そのまま使い続けると、破裂する恐れがあります。では一体どのタイミングでタイヤを交換すればいいんだろう?とお困りの方。今回はタイヤの交換時期を見極めるポイントや、メンテナンス方法などをご紹介しますので、参考にしてみてください。


世界的なタイヤメーカー!ピレリ(ピレリタイヤ)とは?

世界的なタイヤメーカー!ピレリ(ピレリタイヤ)とは?

世界的に有名なタイヤメーカーであるピレリタイヤ、会社としてそしてモータースポーツに取り組む歴史・実績が長く多いことで知られています。今回はピレリ製品の特徴や国産タイヤメーカーとの違い、現行製品ラインアップを見ていきましょう。


スパイクタイヤは利用禁止?許可されてる地域がある?罰則や関連法まとめ

スパイクタイヤは利用禁止?許可されてる地域がある?罰則や関連法まとめ

雪道で強い性能を発揮しているスパイクタイヤ。スタッドレスタイヤと何が違うのか、わからない方も多いですね。スパイクタイヤの利用者が減っているけれど何か理由があるんだろうか?公道の走行が禁止になったわけや自作でスパイクタイヤを作る方法など何もわからない方のために、わかりやすく紹介していきます。


スパイクタイヤって知っていますか?|意外と知らないスパイクタイヤの現在とルール

スパイクタイヤって知っていますか?|意外と知らないスパイクタイヤの現在とルール

現代で最も認知されている冬用タイヤはスタッドレスタイヤかと思われます。しかしながら、20年前にはスパイクタイヤというタイヤがありました。何故このタイヤが消滅してしまったのか、今回注目してみたいと思います。


最新の投稿


都道府県別道の駅まとめ┃埼玉県

都道府県別道の駅まとめ┃埼玉県

埼玉県は北関東への中継地点としての役割を担っています。最近は住みたい街ランキングで上位に入ったり、映画などでも一躍人気を博していますが、観光地への移動時の休憩地点として利用者も多く、その分道の駅も数多くあります。今回は、そんな埼玉県のおすすめスポットをご紹介します。


【解説】千葉銀行のマイカーローン┃金利や審査、申し込み方法等まとめ

【解説】千葉銀行のマイカーローン┃金利や審査、申し込み方法等まとめ

千葉、東京、埼玉、茨城のみならず、神奈川県(一部地域を除く)までのエリアをカバーする千葉銀行では、新車・中古車・下取り車のローン残債、借換えもご相談にのります。エリア内の方で、車の購入をお考えの方は、千葉銀行のマイカーローンがどのようなものなのか気になるところでしょう。この記事では金利や審査、申込み方法等を解説します。


トヨタ エスティマの燃費、口コミ・評価から中古車情報一覧|新型の噂も

トヨタ エスティマの燃費、口コミ・評価から中古車情報一覧|新型の噂も

1990年から発売されているトヨタのミニバン「エスティマ」の歴代モデルの燃費や中古価格などをまとめてみました。「エスティマ」に乗り換えをお考えの方は、是非参考にしてください。(※情報は2019年4月現在のもの)


全てがスーパーサイズ! トヨタのピックアップ タンドラの魅力とは

全てがスーパーサイズ! トヨタのピックアップ タンドラの魅力とは

USトヨタが北米市場で販売しているフルサイズピックアップトラック『トヨタ タンドラ』(以降、タンドラ)の魅力に迫ります。(※情報は2019年4月現在のもの)


トヨタのミニバン ノアの歴史!維持費やカスタム法を徹底解説

トヨタのミニバン ノアの歴史!維持費やカスタム法を徹底解説

トヨタのノアは、ヴォクシーやエスクァイアと並んでトヨタの主力ミニバンです。しかしながら、その細かな違いが分からずに、選択肢に悩んでいる人も多いと思います。そもそも同クラスの車種を選ぶ基準は難しいところですよね。ノアの魅力は、「家族が楽しめる車」に仕上がっている点だと言えます。よりファミリーカーとしての資質が強いのが特徴です。今回は、ノアの魅力とともに、ヴォクシーやエスクァイアとの違いについても細かく解説していきます。(※情報は2019年4月現在のもの)