トップへ戻る

世界的なタイヤメーカー!ピレリ(ピレリタイヤ)とは?

世界的なタイヤメーカー!ピレリ(ピレリタイヤ)とは?

世界的に有名なタイヤメーカーであるピレリタイヤ、会社としてそしてモータースポーツに取り組む歴史・実績が長く多いことで知られています。今回はピレリ製品の特徴や国産タイヤメーカーとの違い、現行製品ラインアップを見ていきましょう。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ピレリとは

イタリアに本社を構えるタイヤメーカー

ピレリタイヤはイタリアに本社を構えるタイヤメーカーです。世界的にも有名なタイヤメーカーで、モータースポーツにおいても深く関わってきた実績があります。1900年代にモータースポーツに積極的に関わり始め、1907年の北京-パリ自動車レースでピレリ社が初優勝を達成したというのは有名な話です。

創業は1872年で、140年以上の歴史を持つ企業となっています。最初からタイヤ事業を行っていたわけではなく、当初は電線や通信用ケーブル事業を展開していたようです。1879年に設立されたピレリケーブル&システムがそれで、2005年にゴールドマンサックスへ売却、現在はプリズミアンという企業名で世界的な企業となっています。

ピレリタイヤを装着するトロロッソ・ホンダのF1マシン STR13

ピレリタイヤを装着するトロロッソ・ホンダ STR13

ピレリタイヤを装着するフォード フォーカスWRC 2008

ピレリタイヤを装着するフォード フォーカスWRC 2008

2015年には中国企業によって買収される

イタリアを代表する企業の1つであるピレリですが、2015年に中国化工集団という中国の国有化学大手企業に買収されました。なお、買収されながらも本拠点や研究開発拠点は移転されていません。

2018年にブリヂストンが発表した2016年時点における市場シェアのデータによると、ピレリの市場シェア率は4.2%で5位となっていました。ちなみに、1位から4位は順に、ブリヂストン(14.6%)、ミシュラン(14%)、グッドイヤー(9.0%)、コンチネンタル(7.1%)とのことです。

スーパーカー向けに製造されたピレリのカスタムメイドタイヤ

プレミアムカー向けのタイヤをラインアップ

ピレリはヨーロッパの名門自動車メーカーが製造・販売しているスーパーカー向けにカスタムメイドタイヤを製作しています。ピレリ製カスタムメイドタイヤが用意されているスーパーカーのいくつか紹介しますと、次の通りです。

ベントレー
・新型コンチネンタルGT
・ベンテイガ

フェラーリ
・GTC4Lusso
・488 GTB
・カリフォルニアT
・F12tdf
・LaFerrari

ランボルギーニ
・ウラカン
・アヴェンタドール
・ガヤルド

マセラティ
・レバンテ
・クアトロポルテ
・グラン・カブリオ/グランツーリスモ
・ギブリ

マクラーレン
・スポーツシリーズ(570S / 570S SPIDER / 540C / 570GT)
・スーパーシリーズ(720S / 675LT / 675 LT SPIDER)
・アルティミットシリーズ(P1)

パガーニ
・ソンダ
・ウアイラ

ポルシェ
・911
・718
・パナメーラ
・マカン
・カイエン

誰でも知っている有名スーパーカーから通の人しか知らないようなコアなスーパーカーにまで、ピレリはカスタムメイドタイヤを用意しています。この他にも、アストン・マーティンやメルセデスAMG、ジャガーSVR、BMWモータースポーツ、アウディスポーツ向けに製造されたタイヤもあるのです。

クラッシックカーやヴィンテージカー向けのタイヤもラインアップ

ヒストリックスポーツカー向けタイヤ ピレリ・コレツィオーネ・チンチュラート P7

ヒストリックスポーツカー向けタイヤ ピレリ・コレツィオーネ・チンチュラート P7

また、クラッシックカーやヴィンテージカー向けのタイヤもラインアップしています。その車が販売されていた当時に採用されていた性能のタイヤを装着することによって、新車で販売されていた当時の本来の乗り心地を再現しているのです。現代のタイヤだとグリップが強すぎてボディに負担がかかるということも関係しています。

ピレリタイヤがスーパーカー向けタイヤを製造できる理由

タイヤの性能が高い

ピレリがスーパーカー向けにタイヤを製造できる理由の1つは、タイヤの性能が高いためです。高出力・高トルクなスーパーカーのエンジン性能を十二分に発揮してなおかつ安全に走行するためには、車と路面が唯一接触しているタイヤの性能が肝となります。

WRCへのタイヤ供給を行っていた実績や、現在では独占的にF1へタイヤ供給を行っているなど、高いタイヤ性能が求められるモータースポーツに携わり続けていることもあり、その手のノウハウをピレリ社は多く持っています。

ヨーロッパ独自の環境も関係している

もう1つ踏み込んだ理由を考えてみると、ヨーロッパ独自の環境も関係していると言うことができます。

ドイツにはアウトバーンと呼ばれる一部区間に速度制限の無い高速道路があります。そのため、タイヤも日本のものと比べ、速いスピードに耐えることができるものが求められます。ヨーロッパの自動車は日本の自動車と比べると高速度域での走行性能に優れた車種が多いです。

それに加えてスーパーカーを製造・販売する自動車メーカーもあるわけですから、自ずとそういった性能を備えたタイヤを製造する必要性が出てくるのです。

ピレリタイヤを標準装備する欧州車

ピレリタイヤ標準装備している車種を一部紹介しますと、次のような車種があります。

ポルシェ
・パナメーラ
・カイエン
・991(997、6代目911)
・911(991、7代目911)
・ボクスター/ケイマン(981)
・ボクスター/ケイマン(987)

BMW
・BMW X1(E84)
・X3(F25)
・BMW 3シリーズ (F30)

メルセデス
・Sクラス(W221)
・SL(R231)
・CLS(C218)

ピレリタイヤと国産タイヤの違いについて

見た目(デザイン)の違い

ピレリタイヤと国産タイヤの違いの1つとして見た目(デザイン)の違いが挙げられます。

見た目の違いがわかるのはタイヤのショルダー部からサイドウォールにかけてです。ピレリ製タイヤとヨコハマタイヤ製タイヤの該当部分を比較すると、ピレリタイヤのほうがヨコハマタイヤよりも滑らかな見た目となっています。

また、現在は注文不可となっていますが、ピレリ カラーエディションというサイドウォールにカラーリングが施されたタイヤも存在します。タイヤ銘柄とメーカーのロゴ、並びにサイドウォールに引かれた線が同じ色となっている仕様です。F1のタイヤを彷彿とさせるデザインとなっています。

日本国内ですと以前はブリヂストンからカラータイヤなるものが販売されていました。現在はすでに生産終了となっていて取り扱いはありません。

欧州車での純正採用実績

ピレリタイヤの欧州車への純正採用実績は国産メーカーと比較すると、ピレリタイヤの方が多くなっています。ピレリタイヤはヨーロッパのタイヤメーカーであることが関係しています。日本のタイヤメーカーのタイヤが国産車の純正タイヤとして使われているのと同じことだといえます。

しかし、国産タイヤメーカーにも有名・人気自動車メーカーから認定を受けているタイヤ銘柄があります。ポルシェのホームページから閲覧することのできるポルシェの認定を受けたタイヤメーカー・銘柄のリストをチェックすると、ブリヂストンやヨコハマタイヤ製品がいくつかあります。

性能

ピレリタイヤと日本のタイヤの性能を比較した時によく言われることは、ピレリのタイヤはモデルによって性能の差が激しいということです。

スーパーカーの強力なエンジン出力・トルクを受け止めることのできるようなタイヤを製造しているメーカーですが、そのような高スペックタイヤと廉価品(安い)タイヤを比べると、廉価品タイヤは考えている以上に性能が悪いようです。

ピレリタイヤのサマータイヤ製品ラインアップ

ピレリ チントゥラートP6の市場ポジションとその他のタイヤ

ピレリ チントゥラートP6の市場ポジションとその他のラインナップ

ピレリから発売されているサマータイヤのラインナップを紹介します。
※情報は全てピレリ公式HPから引用

アーバン系

CINTURATO(チントゥラート)P1

チントゥラートはシティーカーやコンパクトカー向けのタイヤ(ランフラットタイヤ)です。市街走行時の転がり抵抗削減に力が注がれています。

性能
・ドライ:7/10
・ウェット:7/10
・スポーツ:5/10
・コンフォート:9/10
・寿命:9/10

タイヤサイズ:13~19インチ

承認自動車メーカー:フォルクスワーゲン、ミニ、BMW

ツーリング系

CINTURATO(チントゥラート)P6

チントゥラートP6は中型・小型車向けのタイヤです。快適性や燃費性能に優れています。

性能
・ドライ:8/10
・ウェット:8/10
・スポーツ:5/10
・コンフォート:10/10
・寿命:9/10

タイヤサイズ:インチ

CINTURATO(チントゥラート)P7

チントゥラートP7はピレリタイヤ初となるグリーンパフォーマンスタイヤ(かつランフラットタイヤ)です。快適性や安全性はもちろんのこと、材料、構造、トレッドパターンに至るまで環境資源の節約を意識して製造されています。

性能
・ドライ:8/10
・ウェット:8/10
・スポーツ:6/10
・コンフォート:9/10
・寿命:9/10

タイヤサイズ:16~19インチ

承認自動車メーカー:アルファロメオ、アウディ、BMW、ジャガー、メルセデス、ミニ、フォルクスワーゲン、ボルボ

CINTURATO(チントゥラート)P7 BLUE

チントゥラートP7 BLUEはチントゥラートP7は中型車両とサルーン車両向けのグリーンパフォーマンスタイヤです。最新の技術革新や新素材の採用、快適性や省エネに安全性さらには環境負荷を考慮したものとなっています。

性能
・ドライ:8/10
・ウェット:9/10
・スポーツ:6/10
・コンフォート:8/10
・寿命:9/10

タイヤサイズ:16~18インチ

TIREHOODでピレリCINTURATOを見る

スポーツ系

P ZERO

ピレリ P-ZERO

ピレリ P-ZERO

P ZEROはスーパーカーのような高出力・トルクの車両に純正装備品として採用実績の高いスポーツタイヤです。ランフラットタイヤともなっています。制動力・ハンドリング・コントール・排水性など、タイヤに求められる基本的な性能が向上しています。

性能
・ドライ:8/10
・ウェット:9/10
・スポーツ:8/10
・コンフォート:7/10
・寿命:7/10

タイヤサイズ:17~22インチ。SUV用は19~22インチ

承認自動車メーカー:アルファロメオ、アストンマーティン、アウディ、ベントレー、BMW、キャデラック、フェラーリ、ジャガー、ランボルギーニ、ランドローバー、リンカーン、ロータス、マセラティ、マクラーレン、メルセデス、ミニ、パガーニ、ポルシェ、フォルクスワーゲン、ボルボ

P ZERO コルサシステム

P ZERO コルサシステムは一般道路とサーキットでの使用を目的に開発されたスポーツタイヤです。モータースポーツ参加者の要求から誕生しました。フロントに方向性、リアに非対称性のタイヤを使用する仕様です。

性能
・ドライ:10/10
・ウェット:8/10
・スポーツ:10/10
・コンフォート:6/10
・寿命:5/10

タイヤサイズ:18~20インチ(非対称性)、18~19インチ(方向性)

承認自動車メーカー:アストンマーティン、アルファロメオ、フェラーリ、ランボルギーニ、アウディ、ジャガー、ロータス、マセラティ、マクラーレン、パガーニ

P ZERO ROSSO(ロッソ)

P ZERO ロッソは電子制御や各種コントロールシステムを搭載するスポーツカー向けに製造されたスポーツタイヤです。ドライ路面とウェット路面の両方で高いパフォーマンスを発揮します。

性能
・ドライ:8/10
・ウェット:8/10
・スポーツ:8/10
・コンフォート:8/10
・寿命:7/10

タイヤサイズ:16~20インチ(非対称性)、18~19インチ(方向性)、18~20(SUV)

承認自動車メーカー:アウディ、ベントレー、BMW、フェラーリ、ランボルギーニ、マセラティ、ベンツ、ポルシェ、フォルクスワーゲン、ボルボ

P ZERO CORSA(コルサ)

P ZERO CORSA(コルサ)は一般道でもサーキットでも高いパフォーマンスを発揮するモデルとして開発されたタイヤです。コンパウンドをレーシングタイプにすることで高いグリップ力を発揮します。

性能
・ドライ:10/10
・ウェット:10/10
・スポーツ:8/10
・コンフォート:6/10
・寿命:5/10

タイヤサイズ:19~21インチ(乗用車)

承認自動車メーカー:フェラーリ、ランボルギーニ、マクラーレン、パガーニ、ポルシェ

P ZERO NERO(ネロ)

P ZERO NERO(ネロ)は中型車・大型車・スポーツ系自動車向けに開発されたタイヤです。スポーツタイヤの中でも廉価品に当たるこのタイヤは、スポーツ性能と摩耗抵抗力を高めて仕様となっています。

性能
・ドライ:8/10
・ウェット:8/10
・スポーツ:7/10
・コンフォート:7/10
・寿命:8/10

タイヤサイズ:16~22インチ

TIREHOODでピレリP ZEROを見る

DRAGON SPORT(ドラゴンスポーツ)

ピレリ DRAGON SPORT

ピレリ DRAGON SPORT

DRAGON SPORT(ドラゴンスポーツ)はアジア市場をターゲットに開発されたプレミアムタイヤです。特にインチアップを好むユーザーが狙いとなっています。

性能
・ドライ:8/10
・ウェット:8/10
・スポーツ:8/10
・コンフォート:7/10
・寿命:7/10

タイヤサイズ:17~20インチ(乗用車)

TIREHOODでピレリDRAGONを見る

SUV向けのツーリング/オールテレイン(あらゆる路面)系タイヤ

SCORPION STR(スコーピオンSTR)

SCORPION STR(スコーピオンSTR)はオンロードとオフロードの両方で高い性能を発揮するタイヤです。各自動車メーカーが要求する基準を満たすスペックを備えています。

性能
・ドライ:6/10
・ウェット:6/10
・スノー:6/10
・コンフォート:6/10
・オフロード:7/10
・寿命:8/10

タイヤサイズ:17、18、20インチ

SCORPION VERDE(ベルデ)

ピレリ SCORPION VERDE

ピレリ SCORPION VERDE

SCORPION VERDE(スコーピオン ベルデ)はSUVならびにクロスオーバー用のツーリングタイヤです。タイヤの抵抗削減と軽量化が為されています。

性能
・ドライ:8/10
・ウェット:9/10
・スポーツ:7/10
・コンフォート:8/10
・寿命:8/10

タイヤサイズ:16~22インチ

承認自動車メーカー:アウディ、BMW、ランドローバー、マセラティ、ポルシェ、フォルクスワーゲン、ボルボ、メルセデス

SCORPION ATR(スコーピオン ATR)

SCORPION ATR(スコーピオン ATR)はオールテレインタイプのタイヤです。砂利道や泥道といったオフロード・未舗装路で高いパフォーマンスを発揮します。低速域での静粛性も良いです。

性能
・ドライ:6/10
・ウェット:6/10
・スノー:5/10
・コンフォート:6/10
・オフロード:8/10
・寿命:8/10
・スポーツ:5/10

タイヤサイズ:16、17、22インチ

承認自動車メーカー:ランドローバー、メルセデス、フォルクスワーゲン

TIREHOODでピレリSCORPIONを見る

まとめ

イタリアのタイヤメーカーのピレリタイヤについて紹介しました。歴史も長くモータースポーツへの深い関わりもあるなど、モータースポーツ本場でありスーパーカーの本場でもあるヨーロッパらしいタイヤメーカーです。

タイヤラインアップもオンロードからオフロードまで対応しています。まだピレリタイヤを使ったことがないという方は今後購入するタイヤの選択肢の1つに加えてみてはいかがでしょうか?

TIREHOOD(タイヤフッド) タイヤ販売&取付予約サイト

https://tire-hood.com/?utm_source=carnalism&utm_medium=Affiliates&utm_campaign=alliance

TIREHOOD(タイヤフッド)は国内外の有名ブランド新品タイヤをネットだからできる納得価格で販売。サマータイヤ スタッドレス ホイールセットの通販・購入から、全国加盟店舗でのタイヤ交換/取付予約までネットで完結。取付料金は全国一律 明朗会計です。

関連する投稿


【ジャンプスターター】 人気・おすすめ厳選6選!

【ジャンプスターター】 人気・おすすめ厳選6選!

あまり聞き慣れない「ジャンプスターター」。ジャンプスターターとは車のバッテリーが上がってしまった時に直せるアイテムです。本記事では使い方や選び方、おすすめ商品まで紹介いたします!バッテリートラブルの解消に役立つこと請け合いです!


曇り止めをする方法は?対策をしてすっきりした視界を確保しよう

曇り止めをする方法は?対策をしてすっきりした視界を確保しよう

寒い日に車を始動させたときにフロントガラスが曇ったり、走行中に急に曇ってしまったりと危険を感じることがあります。車にある曇り止めボタンを押すと曇りを解消させることができます。それだけでなく、曇り止め対策をしておくと急に曇ってしまうことを避けられるでしょう。この記事では、曇り止めをする方法やおすすめの曇り止めスプレーをご紹介します。


車のコーティング剤のおすすめ10選!種類の違いや選び方のポイント

車のコーティング剤のおすすめ10選!種類の違いや選び方のポイント

車用コーティング剤は艶が出るだけでなく、撥水や塗装の保護効果が期待できるカーメンテナンス用品です。セルフで施工できるものが多く、費用も安い商品が多いので選択に迷うものです。この記事では、車用コーティング剤の種類や選び方、またおすすめ商品をご紹介します。


オールシーズンタイヤって何?スタッドレスとの違いやメーカー別の特徴

オールシーズンタイヤって何?スタッドレスとの違いやメーカー別の特徴

近年注目が高まっているのがオールシーズンタイヤです。スタッドレスタイヤほどの雪道での性能はないですが、履き替えずに雪道に対応できる性能が特徴となっています。今回は冬用タイヤとして定番のスタッドレスタイヤとの違いや各メーカーの特徴をご紹介します。


オイルフィルターの役割を知って正しく交換しよう!

オイルフィルターの役割を知って正しく交換しよう!

みなさんは、オイルフィルターの役割について知っていますか?本記事ではオイルフィルターの役割と、正しい交換方法についてご紹介しています。なんとなくわかるという人や、いまいちわからないという方、必見です。


最新の投稿


【ジャンプスターター】 人気・おすすめ厳選6選!

【ジャンプスターター】 人気・おすすめ厳選6選!

あまり聞き慣れない「ジャンプスターター」。ジャンプスターターとは車のバッテリーが上がってしまった時に直せるアイテムです。本記事では使い方や選び方、おすすめ商品まで紹介いたします!バッテリートラブルの解消に役立つこと請け合いです!


まずは落ち着く!事故を起こしてしまった時の対処法

まずは落ち着く!事故を起こしてしまった時の対処法

クルマやバイクに乗っていればいつ遭遇してもおかしくないのが交通事故です。今回は、交通事故における運転手の義務や事故発生時の対処方法、昨今の交通事故事情などをご紹介します。これを読んで万が一の時慌てないようにしましょう。


エンジンがかからない?!車のハンドルロックの解除方法

エンジンがかからない?!車のハンドルロックの解除方法

車に乗ったのにキーが回らない、という経験をしたことをありませんか?これは、車の盗難防止策の一つであるハンドルロックという機能の存在が関係しているかもしれません。今回は、そんなハンドルロックの仕組みとハンドルロックの解除方法に関して解説していきます。


インタークーラーとは?その役割や種類についても解説

インタークーラーとは?その役割や種類についても解説

ターボ(過給機装置)装着車によく聞く、インタークーラーという言葉ですが、そもそもインタークーラーってなんなのでしょうか?今回はこのインタークーラーはどの様な役割を果たしているのか、またその効果についてもご紹介します。


クルマ好きのための、ワガママセカンドカー選び3選!

クルマ好きのための、ワガママセカンドカー選び3選!

はーい!クルマ好きで、クルマ選びにはついついワガママになってしまう人、集合!セカンドカーが必要になったら、「軽自動車買えばいいんじゃね!?」って言われてしまいますよね。でも、軽自動車だと我慢できない自分がいたり・・・。クルマ好きでも納得できるセカンドカーって、どんなクルマがあるのか、一緒に見ていきましょう!