目次へ戻る

自作「ホワイトレター」でタイヤをおしゃれにカスタム【画像あり】

自作「ホワイトレター」でタイヤをおしゃれにカスタム【画像あり】

タイヤのロゴが白く着色された「ホワイトレタータイヤ」をご存知でしょうか。既製品もありますが、自分で簡単に仕上げることもできるので、お手軽カスタムとしてジワジワと注目を集めています。今回は自分でペイントする際にオススメのペンマーカーと、ホワイトレタータイヤにカスタムした車の画像集をお届けします。


「ホワイトレタータイヤ」とは?

ホワイトレタータイヤとは、タイヤウォールに書かれたメーカー名や型番が白く着色されたタイヤのことを指します。

ホワイトレタータイヤは現在、レーシングカーやスポーツカーなどで使われることが多く、スポーティでアクティブなイメージがある反面、クラシックカーが履いているような「ホワイトウォールタイヤ」や「ホワイトリボンタイヤ」などオールドスクールなイメージを想像する方もいると思います。

純正品だと「BFGoodrich」「GOODYEAR」がメジャー

ホワイトレタータイヤの純正品なら「BFGoodrich」「GOODYEAR」のメーカーがメジャーです。文字の部分が浮かび上がっており上から白くプリントされています。

GOODYEAR(グッドイヤー) サマータイヤ EAGLE #1 NASCAR 215/65R16 109/107R

自作でペイントするなら「Firestone」がおすすめ

ⓒGetty Images

ホワイトレタータイヤの純正品をわざわざ購入しなくても、いま車に装着されているタイヤのロゴの部分を自分で白く塗ってしまえばお手軽にホワイトレター化することができます。純正品よりはジャンクな雰囲気ですが、それもまた味があって良いのではないでしょうか。

ⓒCar-nalism編集部

またホワイトレター化するなら、ロゴのデザインがオシャレなので「Firestone」のタイヤがおすすめです。Firestoneは日本を代表するタイヤメーカー「ブリジストン」の北米の子会社なので品質も良く、値段も手ごろなものが多いです。

おすすめマーカーペン

タイヤの文字を塗りつぶす際に使用するマーカーですが、ポスカ1本あれば十分でしょう。水性なので時間が経てば白い部分はもちろん落ちていきますが、その都度塗り直せば問題ありません。またポスカ以外にもタイヤ専用のマーカーがあるので併せて紹介します。

ペイントする際は、文字のフチを白くなぞってから中を塗りつぶすと比較的綺麗に仕上がります。

三菱鉛筆 uni 水性顔料マーカー ポスカ 中字丸芯 白

三菱鉛筆 uni 水性顔料マーカー ポスカ 中字丸芯 白 PC5M.1

ノーブランド タイヤマーカーペン

タイヤマーカーペン1本 ホワイト【アメ車 欧州車 国産車 汎用】

A.P.O タイヤマーカー 白 刷毛タイプ

A.P.O(エーピーオー) タイヤマーカー 白■ホワイト 刷毛type 12ml

ソフト99 タイヤマーカー タッチカラー ホワイト

ソフト99(SOFT99) 塗料・ペイント タイヤマーカー タッチカラー 09133

ホワイトレタータイヤ【画像集】

最後に、ホワイトレタータイヤを装着した車両の画像をお届けします。以下の画像をインスピレーションに、所有のタイヤを白くペイントしてみてはいかがでしょうか。

【まとめ】手軽に車の印象を変えられるのでオススメ!

ホワイトレターカスタムは手軽にできるうえ、簡単に車の印象を変えることができるので、塗ってみたら乗りなれた愛車も新鮮に感じられるかもしれません。通常のタイヤとも差が付くので、細かい部分でもオシャレを楽しみたいという人には是非おすすめのプチカスタムです。

関連する投稿


【面倒なタイヤ履き替えにサヨナラ】オールシーズンタイヤがオススメ

【面倒なタイヤ履き替えにサヨナラ】オールシーズンタイヤがオススメ

えっ、貴方はまだタイヤをシーズンごとに履き替えてるの?そんな貴方に朗報です。日本グッドイヤーは、自動車を保有する男女600人を対象に、オールシーズンタイヤに関する意識調査を実施、結果を発表しました。これを読めばオールシーズンタイヤが欲しくなること間違いありません!


【2018年厳選】タイヤラックおすすめ3選!厳選した人気タイヤラックをご紹介

【2018年厳選】タイヤラックおすすめ3選!厳選した人気タイヤラックをご紹介

意外と見落としがちなタイヤの保管方法。貴方はどうしていますか?タイヤは消耗品ではありますが、適切な方法で保管することで、少しでも長く使いたいものですね。そのために、大切なのがタイヤラック。本記事では、人気で使いやすいおすすめタイヤラックをご紹介しています。


タイヤ交換の所要時間&工賃比較!タイヤ持ち込み対応のお店一覧も

タイヤ交換の所要時間&工賃比較!タイヤ持ち込み対応のお店一覧も

タイヤの溝がすり減ってきて、そろそろタイヤ交換の時期...。これからタイヤ交換を考えている方に必要な情報を一覧で分かりやすくご紹介します。具体的には、タイヤ交換の所要時間と工賃比較、自分で選んだタイヤを持ち込みできるお店をご紹介します。


【2018年最新】安全性が証明されたチャイルドシート・ベビーシート4選

【2018年最新】安全性が証明されたチャイルドシート・ベビーシート4選

お子さんの安全に関わるチャイルドシートやベビーシートは、安全なものを選びたいですよね。本記事では独立行政法人が発表した2017年度(2017年4月~2018年3月)版の「チャイルドシート安全性能評価試験」をもとに、安全性が証明された4つのチャイルドシートをご紹介します。


地方版図柄入りナンバー 勝手に選んだベスト10デザインを発表!

地方版図柄入りナンバー 勝手に選んだベスト10デザインを発表!

国土交通省が全国41地域に導入する地方版図柄入りナンバープレートのデザインを公表しました。各地域の魅力溢れる個性的なデザインのご当地ナンバーが目白押しとなっています。そんな41地域のデザインについて筆者個人の独断と偏見によりベスト10を選出してみました。


最新の投稿


「クルマといっしょに旅しよう」!カートラジャパン2018開催!詳細情報

「クルマといっしょに旅しよう」!カートラジャパン2018開催!詳細情報

アイデアとツール次第でカートラベルはもっと自由になる。クルマといっしょなら、旅の楽しみ方は無限大。をコンセプトにした、クルマ×トラベルのイベント、「カートラジャパン2018」が9月28日~30日まで幕張メッセにて開催されます。日常でもっとクルマを楽しみたい方、クルマでの旅が好きな方必見です。開催日程・アクセス・チケット


【圧倒的スペック】トヨタ「GRスーパースポーツ」市販型 気になる値段は億超え!?

【圧倒的スペック】トヨタ「GRスーパースポーツ」市販型 気になる値段は億超え!?

トヨタが2018年1月の東京オートサロンで発表した、『GRスーパースポーツ コンセプト』市販型に関する新たな情報を入手しました。それによると量産モデルでは、何もかもがトヨタ史上最高レベルとなることが予想されるとのこと。そして気になるのがその価格。なんとなんと1億超えとの噂!?


【一部改良】ダイハツ ムーヴキャンバス スマアシⅢ搭載で9月3日発売

【一部改良】ダイハツ ムーヴキャンバス スマアシⅢ搭載で9月3日発売

ダイハツは軽自動車『ムーヴキャンバス』のグレード体系を変更し、全グレードで衝突回避支援システム「スマートアシストIII」を標準装備します。発売は9月3日予定です。いったいどこが変更になったのか?最新情報をまとめました。


BMW「3シリーズ ツーリング」がスクープ!発売時期は?

BMW「3シリーズ ツーリング」がスクープ!発売時期は?

BMWの主力商品で、欧州市場においてはメルセデス・ベンツCクラスと人気を2分する存在であるBMW 3シリーズ。そんなBMW「3シリーズ」の「3シリーズ ツーリング」のプロトタイプのインテリア・エクステリアスクープされました。本記事ではBMW「3シリーズ ツーリング」の最新情報をご紹介します。


ホンダ新型軽バン「N-VAN(エヌバン)」の販売台数情報!売れてる?売れてない?

ホンダ新型軽バン「N-VAN(エヌバン)」の販売台数情報!売れてる?売れてない?

7月13日に発売されたホンダ新型軽バン「N-VAN(エヌバン)」ですが、はたらくクルマに革命を起こせるか注目の一台ですが、実際に受注状況はどうなのでしょうか?全国軽自動車協会連合会が発表した2018年7月 軽四輪車 通称名別 新車販売確報からN-VANと他のライバル車の受注状況を分析します。