トップへ戻る

【おすすめ10選】バイク乗りはバイクブーツでオシャレに安全に!

【おすすめ10選】バイク乗りはバイクブーツでオシャレに安全に!

バイクを乗るとき、どんな靴が適しているのかわからないという方も多いでしょう。そんな方にはバイクブーツがおすすめです!バイクブーツとは、バイクに乗る際の事故防止や乗りやすさのために開発された靴です。今回はバイクブーツの必要性からおすすめ商品までをご紹介しますので、購入を検討されている方は是非参考にしてください。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


バイクブーツとは?

バイクブーツ

ホンダの「BOA GT COMFORT SHOES」

バイクブーツは、「ライディングブーツ」とも呼ばれており、バイクの運転時の安全性と快適性を考慮して設計されている靴です。

バイクブーツはヘルメットの次に重要であるとも言われており、バイクに乗る方が運転を円滑に行っていく上で欠かせないアイテムと言えます。

バイクブーツ購入をおすすめする理由

バイクブーツの購入をおすすめする理由として挙げられるのは、その安全面と操作性の高さです。

バイク運転時のまさかの事故や転倒から身を守る必要が出てきます。その際に最も重要なアイテムはヘルメットですが、それと同じくらい大切なものがバイクブーツです。

また、足元の操作性を向上させるといったところもポイントです。

マニュアルバイクであれば、シフトチェンジはもちろん足で操作を行なっていきます。その際に円滑にコントロールするには、普段着用する靴よりもバイクブーツの方が優れています。

さらに、バイク運転用に設計されていることもあり、ストレスなく運転を行えるという点も購入をおすすめする理由の一つになります。

バイクブーツ購入の際のポイント

靴紐を結ぶ姿

自分に合ったバイクブーツ選び

バイクブーツを購入する際のポイントとしては、大きく分けて素材、サイズ感、ディティール、ソールの厚みの4つが挙げられます。

素材

バイクブーツ購入時には、どのような素材を使用しているかという部分を確認していきましょう。

おすすめなのは、雨天時や暑い時期での快適にドライビングできるような、透湿防水素材を使っているブーツです。

透湿防水素材は、内部の湿気を排出したり外からの水を中に通さない素材なので、快適に運転することができます。

サイズ感

バイクブーツのサイズ感も重要です。

バイクの運転時にはシフトチェンジなどは基本足で操作する形になるので、操作性を最大限あげる為にも、自分の足にぴったりなものを選ぶことが大切です。

ジャストサイズを選ぶとムレなどが気になることもあるかもしれませんが、透湿素材を選んでいればストレスなくドライブを楽しむ事が出来ます。

ソールの厚み

ソールの厚さも一つポイントで、足つきの悪さや立ちゴケを防止することを考えれば、厚底のバイクブーツをおすすめします。

ただし、ソールの厚みによってブレーキの感覚が違って感じることもあります。

ブレーキングの感覚をしっかりと持ちたい方であれば、薄底を選択するのもおすすめです。

ディティール

バイクブーツは様々な種類のものが発売されていますが、ハイカットタイプやローカットモデルまで様々なタイプがあります。

どんなディティールのものを選ぶかによって印象もガラリと変わってくるので、普段の自分のライディングスタイルも考慮しながら選ぶようにしましょう。

おすすめバイクブーツ 10選

ARCX レーシングブーツ ショート

こちらの商品は防水素材の牛革を使用しているので、雨天時の走行に優れています。

さらに、シンプルなデザインになっているので、ファッション性にも長けています。

くるぶし周辺の部分にはプロテクション加工もされているので、もしもの転倒時にも側面部分をカバーしてくれます。

見た目もシンプルで、どんなライディングスタイルにも合わせやすいのも魅力的です。

ARCX ライダーブーツ ショートブーツ バイク用ブーツ オートバイ&バイク用 レーシングブーツ プロテクトスポーツブーツ 防水 強化防衛性 ライディングシューズ 26.5cm

RSタイチ バイクシューズ RSS009

このバイクブーツは、カジュアルデザインで人気のブーツになります。

つま先部分とくるぶし部分はプロテクターでしっかりと安全性を担保していますし、伸縮性のあるゴム製のシューレースで着脱も楽にできます。

バイクブーツに思わせない、ハイカットスニーカーのような見た目もおしゃれですよね!

RSタイチ(アールエスタイチ)バイクシューズ カモフラージュ (23.0cm) 009アウトドライ ボアライディングシューズ RSS009

デイトナ(Daytona)Henly Begins HBS-001 97210

この商品は、運転時の操作性はもちろんですが、つま先部分を少し上げた設計になっているので、運転後の歩行時にも快適に過ごす事が出できるバイクブーツとなっています。

さらに、ショートブーツ・ハイカット、紐・マジックテープというように自分の好みのタイプを選ぶこともできます。

細かな部分にも配慮した設計で、左足にはシフトパッドを導入しており、シフトチェンジ時に足の甲が痛くならないように作られている点もポイントです。

Henly Begins(デイトナ ヘンリービギンズ) ライディングシューズ 26.0cm ブラック HBS-001 97210

seakysea プロテクトスポーツブーツ

こちらのバイクブーツは、透湿性に優れており、運転時にバイクブーツが蒸れにくい設計になっています。

ブーツタイプの設計でくるぶし部分のプロテクト効果や安全性にも優れたモデルになっています。

デザイン性にも優れていますが、お値段もお手頃でお買い求めになりやすい商品です。

バイク靴 レーシングブーツ プロテクトスポーツブーツ バイク用レーシングブーツ オートバイ靴 バイク用ブーツ (25.5-26cm)41サイズ ブラック

IRON JIA'S ライディングシューズ

この商品は、人間工学に基づいた長時間のドライビングでも疲れにくい設計になっています。

また、つま先やかかと、足首にプロテクト加工が施されており、もしもの転倒にもしっかりと対応できる安全性の高さも売りです。

カジュアルなデザインで、運転時だけでなく歩行時のデザインも大切にしたい方にも人気のモデルとなっています。

オートバイ靴 ライディングシューズ バイクブーツ プロテクトシューズ スポーツ カジュアル 通気性 耐磨耗性 滑り止め メンズ グレー 29.5cm

コミネ レーシングブーツ

こちらのバイクブーツは、日本の老舗バイク用品メーカー「コミネ」から発売されている、女性にもおすすめの一足です。

シンプルなデザイン性はもちろん、23.0〜29.0cmまでと幅広い足のサイズに合わせた設計にもなっています。

バイクのインストラクターなどにも愛用されており、60年以上に渡って培われた高い技術で作られているのもポイントです。

コミネ KOMINE バイク バイクブーツ サイドジッパーブーツ ブラック 24cm 05-112 K520

ガエルネ ライディングシューズ ToughGear

こちらの商品は、イタリアで登山靴ブランドとして1962年に創業した「ガエルネ」社から販売されている高品質バイクブーツです。

マイクロファイバー素材になっているので、軽くて柔らかい履き心地を実現したモデルになっています。

見た目も派手すぎず、ラフなライディングスタイルとも相性抜群です!

GAERNE(ガエルネ) ライディングシューズ ToughGear/タフギア ブラック 26.0cm 【総輸入元:ジャペックス】

RSタイチ(RSTAICHI))バイクシューズ RSS006

こちらの商品は、着脱性やフィット感に優れたバイクブーツです。

ドライマスターブーティ採用で透湿防水性に長けたモデルになっていたり、つま先、側面、ヒールに成形プロテクターを使用しているので、安全性も担保されています。

カラーも6種類から選べるので、自分のお気に入りの一足を見つけることができます。

RSタイチ(アールエスタイチ)バイクシューズ ブラウン (23.0cm) 006ドライマスター ボアライディングシューズ RSS006

スコイコ カジュアルライディングシューズ MT016-2

こちらのバイクブーツは中国本社のオートバイブランド「スコイコ」社から販売されているバイクブーツです。

カジュアルデザインで運転時だけでなく、歩行時にも歩きやすいデザインです。

足首のプロテクターと足の甲のシフトパッドで運転時の安全性にもしっかり配慮しており、高品質で機能性もあるリーズナブルな人気商品です。

[スコイコ] カジュアルライディングシューズ カモ/ブラウン 44(28.0cm) MT016-2

エルフ(ELF))バイクシューズ EXA11

こちらのバイクブーツは、通気性の高い人口皮革と合成皮革を使用しています。また、抗菌防臭素材を生地に使用しているので、嫌な臭いも防いでくれます。

サイズは23.0〜28.0cmまであるので、足の大きい方でも安心です。

さらに、ホワイト・ブラック・ブルー・レッドの4種類からカラーリングを選べるのでファッション性の高さもあります。

夜間帯の運転時も想定してリフレクターもついており、後方への視認性も高く、安全面にもしっかりと考慮されたモデルです。

[エルフ] シューズ EXA11 ブルー 25.5cm

まとめ

バイクの横に座る男性

足元もかっこよくキメよう

バイク運転時には間違いなく重要なアイテムであるバイクブーツは、デザイン性や安全性、フィット感をしっかりとチェックしてお気に入りの一足を選ぶようにしましょう。

快適なドライブを実現するためには押さえておいて間違いないアイテムです。

バイクのおすすめ車種に関する記事はこちら

道の駅に関する記事はこちら

関連する投稿


おすすめバックカメラ5選!後方視界もバックカメラですっきり!

おすすめバックカメラ5選!後方視界もバックカメラですっきり!

バックカメラは車庫入れや、車を後退させる際に車の後方を映し出すカメラのことですが、リアカメラやリアビューカメラとも呼ばれています。車の後方は視界が良くないものですのでこのバックカメラを搭載することにより、後方の視界をよりよく見るためのものです。今回はこのバックカメラについてご説明致します。バックカメラを購入したい方はご参考にしてみて下さい。


【カーエアコン】トラブルの原因と対処法や修理費用目安は?

【カーエアコン】トラブルの原因と対処法や修理費用目安は?

車に乗るにあたって欠かせない存在のカーエアコン。しかし、冷えない・効かないと感じることはないでしょうか。臭いや異音が気になっている方もいるかと思います。この記事では、車のエアコンを上手に使うための方法や故障の原因についてご説明!この記事を読んで、エアコンを上手に使いこなせるようにしましょう。


フォグランプは悪天候時の味方?眩惑の原因?廃止も進む?使い方や注意点を解説

フォグランプは悪天候時の味方?眩惑の原因?廃止も進む?使い方や注意点を解説

近年、フォグランプを正しく使えていないドライバーが増えています。そこで今回は、フォグランプの使い方や特徴、注意点をご紹介。正しくフォグランプを使えれば、質の高いドライバーになれますよ。


話題の原付二種、ホンダ グロムの魅力!進化した装備を見逃すな

話題の原付二種、ホンダ グロムの魅力!進化した装備を見逃すな

50ccのような多すぎる制限に縛られずに街中をキビキビ走れる機動性の高さと、維持費の安さが特徴の125ccバイク「原付二種」は、近年人気急上昇中で車種ラインナップも増加中。そんな原付二種の中でもアグレッシブなスタイリングが目を惹くのが「ホンダ グロム」です。サイズはミニなのにカッコいい、元気よく走れるのに低燃費、ミラクル満載のグロムを余すところなくご紹介していきます。


ルックスだけで選んでOKなバイク?!ホンダ モンキー125の溢れる魅力

ルックスだけで選んでOKなバイク?!ホンダ モンキー125の溢れる魅力

バイクっぽい形をしているのに、どこかミニカーのようにデフォルメされた印象を与えるキュートなデザインを持つバイク、ホンダ モンキー。初代モデルは1967年発売と、その愛らしいデザインと侮れない走行性能は長年世界中で愛され続けてきた名車であるモンキーが、それまでの50ccエンジンを捨て、2018年にはついに125cc化してより使いやすくなりました。最新のモンキーの魅力を徹底解説していきます。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。