トップへ戻る

【ヨコハマタイヤ】タイヤメーカーの特徴・おすすめ

【ヨコハマタイヤ】タイヤメーカーの特徴・おすすめ

「ヨコハマタイヤ」を会社名だとお思いの方も多いと思います。しかし実は、会社名は横浜ゴム株式会社で、「ヨコハマタイヤ」というのがブランド名なのです。今回の記事では、ヨコハマタイヤの成り立ちや、ヨコハマタイヤのおすすめのタイヤについてもご紹介していきます。お買い求めの参考になれば幸いです。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ヨコハマタイヤ タイヤの概要について

横浜ゴム株式会社は、1917年に日本の横濱電線製造と米国のBFグッドリッチの合弁事業で設立されました。

タイヤなどのゴム製品の製造を開始し、1937年にブランド名をそれまでの「グッドリッチ」から「ヨコハマ」へ変更しました。

戦後は、米国に現地法人ヨコハマタイヤコーポレーションを設立したことを皮切りに、世界各地で積極的に技術提携や合弁事業を行っています。現在の世界シェアは第8位、日本国内シェアは第3位となっています。

ヨコハマタイヤのブランド

ヨコハマタイヤは世界ツーリングカー選手権やSUPER GTで使用され、モータースポーツファンには特に広く知られている「ADVAN」があります。

また、低燃費タイヤ(エコタイヤとも言う。)の先駆けとなった「DNA」、SUV専用の「GEOLANDAR」など、多彩なブランド展開を行っています。

タイヤの種類と特徴

タイヤには様々な種類がありますが、気候や車種に合わせて最適なタイヤの種類は異なってきます。タイヤの種類は大きく分けて3つあります。

ノーマルタイヤ

数あるタイヤの中でも最も広く使われているタイヤです。夏タイヤやサマータイヤとも呼ばれます。

種類も豊富で、自分の希望の価格帯から選ぶことができます。

スタッドレスタイヤ

降雪した道路を走る為のタイヤです。

グリップ力に重きを置いて開発された頼れるタイヤで、雪道や凍結した路面でも安定した走行が可能となっています。

オールシーズンタイヤ

降雪した路面でも、ある程度の安定した走行を期待できるタイヤです。

年間を通してほとんど雪が降らない地域に住んでいる方、春夏秋と冬でタイヤを履き替えずに済ませたい方に特に重宝されます。

タイヤサイズの見方

タイヤのサイズには、以下のような情報が含まれています。

表示のされ方にもいくつかのパターンがあるので参考にしてみてください。

例① 205/65 R 15 94 H

左1番目=205タイヤの幅(mm)
左2番目=65扁平率
左3番目=Rラジアル構造
左4番目=15リム径(インチ)
左5番目=94ロードインデックス(LI)
左6番目=H速度記号

例② 235 /45 ZR 17

左1番目=235タイヤの幅(mm)
左2番目=45扁平率
左3番目=ZR速度カテゴリー
左4番目=17リム径(インチ)

例③ 31×10.50 R 15 6PR

左1番目=31タイヤの外形(インチ)
左2番目=10.50タイヤの幅(インチ)
左3番目=Rラジアル構造
左4番目=15リム径(インチ)
左5番目=6PRタイヤの強度

※ほかにも5種類程タイヤの表示方法があります。

ヨコハマタイヤのブランド

続いては、ヨコハマタイヤが展開しているブランドについて簡単にご紹介します。

ヨコハマタイヤスタッドレスタイヤ

雪道を走る為のスタッドレスタイヤとして、「iceGUARD」シリーズを展開しています。

なお、海外市場には「W-drive」というブランドも展開しています。

ヨコハマタイヤの低燃費タイヤ

1998年発売で20年以上の歴史を持つ「DNA」シリーズがあります。

「DNA」というブランド名は日本市場のみで使われ、海外では「YOKOHAMA」、「AVS」などのブランド名で販売されています。

ヨコハマタイヤタイヤのおすすめTOP5

ここからは、豊富なラインナップの中から、特におすすめの5種類のタイヤをご紹介します。

低燃費タイヤ BluEarth RV-02

人や荷物をたくさん載せる機会が多く、クルマ自体の重量も重たいミニバン/SUVに合わせて開発されたタイヤです。従来モデルのBluEarth RV-01に比べて、制動距離が短くなっています。

重心が高いというミニバン/SUVの特徴を考慮し、ヨコハマタイヤの独自のシミュレーションに基づき、アーチ形の断面形状を持つ「マウンド・プロファイル」を採用しました。これにより設置圧が均一となり、高い偏摩耗性を実現しています。

更には、タイヤ表面のパターン(形状)を改めたことにより、ロードノイズが低減され、車内での会話もしやすくなっています。

ヨコハマ(YOKOHAMA) BluEarth RV-02 195/65R15 91H 低燃費タイヤ 新品1本

低燃費タイヤ BluEarth AE-01F

セダン、クーペ、コンパクトカー用に開発されたタイヤです。

転がり抵抗性能を表すグレーディングシステム(等級制度)で最高評価のAAAを獲得した製品です。3種類のポリマーと高分散性シリカを天然ゴムに配合し、低燃費性能と耐摩耗性脳を両立しています。

ヨコハマタイヤ BluEarth AE-01F 185/65R15 88S 1本のみ ゴムバルブ付属

低燃費タイヤ ECOS ES31

累計出荷本数3,000本以上を誇る、ヨコハマタイヤのベストセラータイヤ「DNA ECOS」です。

高速走行性能、ウェット性能、低燃費性能を向上させた万能タイヤです。ミニバン用、セダン・クーペ用、コンパクトカー用、軽自動車用の各タイプが用意されています。

ヨコハマ(YOKOHAMA) ECOS ES31 175/65R14 82S 低燃費タイヤ 新品1本

スタッドレスタイヤ iceGUARD 6

氷上での排水効果とエッジ効果を両立させる「ダブルマイクログルーブ」と、「プレミアム吸水ゴム」の採用で氷上でのブレーキング、コーナリング性能が大幅にアップし安心・安全につながっています。

また、軽自動車からミニバン、SUVまで幅広くラインナップされており、愛車のタイプに合ったタイヤを選ぶことができます。

YOKOHAMA(ヨコハマタイヤ) スタッドレスタイヤ iceGUARD 6 アイスガード iG60 195/65R15 91Q R2754

スタッドレスタイヤ iceGUARD 5 PLUS

「新マイクロ吸水バルーン」「ブラックポリマーⅡ」「エボ吸水ホワイトゲル」の3つの素材を組み合わせた「スーパー吸水ゴム」により、氷上走行性能を更に向上させたタイヤです。

スタッドレスタイヤ 145/80R12 74Q ヨコハマ アイスガードファイブ プラス iG50 iceGUARD 5 PLUS iG50

まとめ

写真はヨコハマタイヤ BluEarth-GT AE51を装着。

今回はヨコハマタイヤの歴史と製品ラインナップをご紹介しました。

2017年に、めでたく創業100年を迎えたヨコハマタイヤ。これからも日本と世界で活躍してくれることを期待しましょう。

タイヤに関する記事はこちらから

タイヤ交換に関する記事はこちら

関連する投稿


おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

車の収納にご不便をお感じになられたことがある方は、意外に多くいらっしゃるのではないでしょうか。そういった場面で重宝するグッズに、収納グッズと呼ばれるものが御座います。収納グッズと呼ばれるものは種類も豊富で、用途により使い分けることで、より快適に車内を使用することが出来るものばかりです。本記事では収納グッズの選び方のほか、おすすめ商品もご紹介していきます。


おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

車の洗車に必要なカースポンジですが、その種類はとても多く、どのスポンジを使えば良いか迷うものです。今回は洗車やワックスに適したスポンジの選び方や用途について説明していきます。スポンジの素材や形状についても触れてみたいと思います。


ワコーズバリアスコートについて解説!効果や注意点も

ワコーズバリアスコートについて解説!効果や注意点も

ワコーズが開発したバリアスコートは、効果の高いコーティング剤です。今回はワコーズのバリアスコートのメリットやデメリット、期待できる効果や具体的な使用方法、使用時の注意点などについて解説します。


【ジャンプスターター】 人気・おすすめ厳選6選!

【ジャンプスターター】 人気・おすすめ厳選6選!

あまり聞き慣れない「ジャンプスターター」。ジャンプスターターとは車のバッテリーが上がってしまった時に直せるアイテムです。本記事では使い方や選び方、おすすめ商品まで紹介いたします!バッテリートラブルの解消に役立つこと請け合いです!


オールシーズンタイヤって何?スタッドレスとの違いやメーカー別の特徴

オールシーズンタイヤって何?スタッドレスとの違いやメーカー別の特徴

近年注目が高まっているのがオールシーズンタイヤです。スタッドレスタイヤほどの雪道での性能はないですが、履き替えずに雪道に対応できる性能が特徴となっています。今回は冬用タイヤとして定番のスタッドレスタイヤとの違いや各メーカーの特徴をご紹介します。


最新の投稿


「金融車」って何?車を相場より安く購入できるってほんと?

「金融車」って何?車を相場より安く購入できるってほんと?

車を通常より安く購入する方法にもさまざまなものがあります。中でも相場よりかなり安く購入できることで注目されているのが金融車です。ここでは金融車とは何なのか、そしてメリットやデメリットについてご紹介します。


ルーレット族とは?走り屋や暴走族とはどう違う?ルーツを徹底解説

ルーレット族とは?走り屋や暴走族とはどう違う?ルーツを徹底解説

関東地方を中心としたエリアで聞かれることの多いルーレット族という言葉ですが、案外その定義を知らないという方も多いようです。そこで、ルーレット族の定義や名前の由来などについてご紹介します。


自動車のヒューズとは?役割から飛んでしまった時の対処法まで徹底解説

自動車のヒューズとは?役割から飛んでしまった時の対処法まで徹底解説

自動車のヒューズの役割や種類などについて紹介すると同時に、ヒューズ飛びが原因で起こるトラブルや症状などについても解説します。そして、ヒューズ飛びの対策について紹介します。


当て逃げとは?基礎知識や遭わないためのポイントも解説

当て逃げとは?基礎知識や遭わないためのポイントも解説

物損事故の際に警察へ通報せずその場から立ち去る当て逃げは、罰則が適用される立派な法律違反となります。そこで今回は、当て逃げの概要や遭った時の対処法、遭わないためのポイントなどについてわかりやすく解説します。


もらい事故とは?基礎知識や対処法を解説

もらい事故とは?基礎知識や対処法を解説

どれほど注意していても降りかかる可能性があるもらい事故は、起こってしまった際の咄嗟の対処が難しい事故のひとつでもあります。そこで今回は、もらい事故の概要や起こった時の対処法、防止するためのポイントについて解説します。