目次へ戻る

【86%が次も使用したいと回答】オールシーズンタイヤが便利!

【86%が次も使用したいと回答】オールシーズンタイヤが便利!

タイヤの履き替えは何かとめんどくさくて、億劫ですよね。そんな貴方、オールシーズンタイヤはどうですか。名前は知っているけど、なんとなく敬遠してる?それはもったいない!ぜひ、この記事を読んでその考えを改めましょう!


【86%が次も使用したいと回答】オールシーズンタイヤが便利

タイヤの履き替えは何かとめんどくさくて、億劫ですよね。

そんな貴方、オールシーズンタイヤはどうですか。名前は知っているけど、なんとなく敬遠してる?それはもったいない!ぜひ、この記事を読んでその考えを改めましょう!

GfK調べ オールシーズンタイヤに関する調査結果

GfKジャパンは、全国のドライバー約1万4500名に対し、オールシーズンタイヤに関するインターネット調査を実施し、その結果を発表した。

オールシーズンタイヤは四季を通じて安定した走行を可能にする製品だが、2017年の販売実績は全タイヤの1%にとどまっており、市場拡大の余地は大きい。今回の調査によると、13%が「使用経験はないが今後の購入を検討」しており、一定の潜在需要が読み取れる結果となった。

オールシーズンタイヤの認知率はまだまだ低め!?

気になるドライバーのオールシーズンタイヤに対する認知率はどうだったのでしょうか。

この数字は、79%に達したものの、うち半数以上が「オールシーズンタイヤという名前だけは聞いたことがあるが、どのようなタイヤかは知らない」と回答しました。

今後の販売拡大には製品特性やメリットについての十分な理解を得てもらうことが重要といえそうですね。

製品説明文を読んだドライバーに、オールシーズンタイヤに対してどのようなイメージを持ったかと聞いたところ、35%が「便利」と回答しています。

また、「万能」「一回試してみたい」というイメージを抱いたドライバーもそれぞれ25%にのぼりました。

認知度が上がると、より多くの人がオールシーズンタイヤの良さに気づきそうです。

購入者「シーズンごとのタイヤの履き替えが面倒だから」

オールシーズンタイヤ購入者に対して、購入理由を聞いたところ「シーズンごとのタイヤの履き替えが面倒だから」が26%と最も多く、次いで「タイヤ購入にかける総コストを抑えられるから」が19%でした。

ドライバーは製品選択において手間軽減やコスト削減を重視しているようですね。

また、「最近多い突然の雪の日にも、慌てずに走りたいから」という回答も16%あり、急な降雪への備えとして購入している層もいることがわかります。

そのほか、購入検討の際、「最初は夏タイヤを買おうと思っていたが、最終的にオールシーズンタイヤを購入した」と回答したドライバーも16%。

店員の説明やメーカーウェブサイトでオールシーズンタイヤのメリットを知り、購入に至ったケースもあるとみられます。

使用者の多くがオールシーズンタイヤをまた使いたいと回答!

エリア別にオールシーズンタイヤ使用者をみると、積雪の機会が少ない首都圏、東海、近畿、九州の比率が全国に比べ高く、都心部でのニーズが比較的高いと考えられます。

また、気になるにがオールシーズンタイヤの不満点や改善点。

「ノイズが気になった」「燃費が悪くなった」「乗り心地が悪くなった」といった回答がみられていました。

けれども、今後の使用への意欲は高く、「今後もぜひ使用したい」「どちらかというと今後も使用したい」との回答が86%に。

北海道・東北でもこの比率は88%に達しており、一般地域だけでなく、降雪地域でも今後オールシーズンタイヤの販売拡大の余地があるといえそうです。

最後に

本記事では、オールシーズンタイヤに関する調査結果についてまとめました。

タイヤを毎回履き替えるたび、「めんどうだなあ」と思っているそこの貴方!知らなきゃソンですよ。ぜひ、興味があるという方は実際に見て確かめてくださいね。

タイヤ関連の記事はこちら

関連するキーワード


タイヤ

関連する投稿


スパイクタイヤは利用禁止?許可されてる地域がある?罰則や関連法まとめ

スパイクタイヤは利用禁止?許可されてる地域がある?罰則や関連法まとめ

雪道で強い性能を発揮しているスパイクタイヤ。スタッドレスタイヤと何が違うのか、わからない方も多いですね。スパイクタイヤの利用者が減っているけれど何か理由があるんだろうか?公道の走行が禁止になったわけや自作でスパイクタイヤを作る方法など何もわからない方のために、わかりやすく紹介していきます。


スパイクタイヤって知っていますか?|意外と知らないスパイクタイヤの現在とルール

スパイクタイヤって知っていますか?|意外と知らないスパイクタイヤの現在とルール

現代で最も認知されている冬用タイヤはスタッドレスタイヤかと思われます。しかしながら、20年前にはスパイクタイヤというタイヤがありました。何故このタイヤが消滅してしまったのか、今回注目してみたいと思います。


【タイヤのパンク】修理・交換・JAFを呼ぶ際に掛かる費用と原因を解説

【タイヤのパンク】修理・交換・JAFを呼ぶ際に掛かる費用と原因を解説

車の走行中にタイヤがパンクしてしまった場合の修理方法や、スペアタイヤへの交換方法の解説、またJAFを呼ぶ際に掛かる費用の説明から、応急処置の方法とカー用品店などでの修理費用や所要時間について解説しています。 タイヤのパンクでお困りの方、必見です!


タイヤに入れる窒素ガス|メリット・デメリットや充填時の価格を説明

タイヤに入れる窒素ガス|メリット・デメリットや充填時の価格を説明

タイヤに入れている窒素ガス。窒素ガスのメリットやデメリット、そして窒素ガスと空気どちらを使うほうがいいのか徹底解説します。


【アライメント調整とは】掛かる料金・時間からDIYでの調整方法を解説

【アライメント調整とは】掛かる料金・時間からDIYでの調整方法を解説

こちらの記事ではタイヤのアライメント調整について、そもそもアライメントとは何なのかの説明から、アライメント調整のメリットと必要性、DIYでの調整方法と業者に依頼する場合に掛かる料金や時間について、また事故を起こしてしまった場合の調整についての説明をしています。


最新の投稿


海外からも人気の三菱 パジェロイオ|スペック、燃費評価、リフトアップ法も紹介

海外からも人気の三菱 パジェロイオ|スペック、燃費評価、リフトアップ法も紹介

地球上のあらゆる大地を舞台に戦いをみせてきた三菱パジェロのサイズ感をミドルクラスに制作されたパジェロイオ。ダカールラリーでも優勝経験を果たし、その雄姿も相まって1990年代、RVブームに乗り販売台数を大きく伸ばしました。今回は、パジェロイオが愛された理由をまとめご紹介します。


幻の国産車!?スズキのセダン・キザシってどんな車?

幻の国産車!?スズキのセダン・キザシってどんな車?

スズキが2009年に発売したセダン『キザシ』。この『キザシ』という言葉には、物事の始まりの予兆という意味と、芽が出るという二つの意味合いがあります。今回の記事では、志高く誕生したものの短命に終わった『スズキ キザシ』についてまとめています。


【タイプ別2019年最新情報】おすすめ!人気の高圧洗浄機

【タイプ別2019年最新情報】おすすめ!人気の高圧洗浄機

高圧洗浄機は洗車に使ったり外壁を洗浄したり、あらゆる場所の洗浄に便利なので、購入を考えている人もいるでしょう。そこで今回は、ケルヒャーなどの有名なメーカーを含め、家庭用と業務用のおすすめの高圧洗浄機を紹介します。気になる動作音を抑える静音タイプも紹介しています。


今更聞けない!?ハイブリッドの種類とマイルドハイブリッドについて

今更聞けない!?ハイブリッドの種類とマイルドハイブリッドについて

ハイブリッドと一言で言っても実はいくつか種類があります。今回わかりやすく解説しながら、最も取り扱いが簡単なマイルドハイブリッドの仕組みについて迫りたいと思います。来る電気自動車の時代に向けて勉強してみましょう。


【気を付けて】免許取り消しの点数から再取得までを解説!

【気を付けて】免許取り消しの点数から再取得までを解説!

行政処分である免許取り消しの制度の仕組みは、交通違反として最も重い処分です。点数による処分がどのように行われているのかしりたいところでしょう。免許取り消しの理由は、また、違反による点数によって講習を受ける必要性があります。取り消しの期間から最終的に再取得までの流れを改めて見ていきましょう。