トップへ戻る

【タイヤチェーン】取り付け簡単なおすすめ品5選!

【タイヤチェーン】取り付け簡単なおすすめ品5選!

冬に雪道を走る時にスタッドレスタイヤを使用するだけでなく、さらにあると安全性が増すのがタイヤチェーン。しかし種類が複数存在するのでどれを選ぶべきか悩まれる方も多いと思います。今回は種類の解説だけでなく、価格や取り付け方も合わせて紹介しますので、愛車にピッタリのおすすめタイヤチェーンを見つけましょう。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


タイヤチェーンって、どうして雪道で必要なの?

冬タイヤといえばスタッドレスタイヤですが、皆様タイヤチェーンはお持ちでしょうか。

近年では、スタッドレスタイヤを履いていても大雪時はチェーン装着が必須になる「タイヤチェーンを取り付けていない車両通行止め」の規制が発表され、注目を集めています。

なぜ、タイヤチェーンは雪道でのグリップ力があるのでしょうか? 確かに、今どきのスタッドレスタイヤでも雪道でのグリップ力は飛躍的に向上しています。しかし、タイヤチェーンにはスタッドレスタイヤに無いものが装着されている場合があります。それは、「金属製の滑り止め」です。

金属製のタイヤチェーンはチェーンそのものが金属製で、非常に硬いチェーンがクルマの重みでしっかりと雪や氷に食い込む事で、強力なグリップ力を発揮します。

非金属チェーンでは、ゴムに打ち込まれたスタッド=鋲(びょう)が強力なグリップ力を発生させます。

つまり、最新のスタッドレスタイヤよりも、やはり硬い金属のほうが雪や氷にめり込んでグリップ力を発揮するのです。

画像提供:レスポンス

スタッドレスタイヤは、「スタッド」=鋲(びょう)が「レス」=無いタイヤなので、スタッドレスなのです。

金属製のチェーンや鋲の方が雪道や氷上でのグリップ力には優れますが、雪や氷が無くなった路面で鋲のついたタイヤ=スパイクタイヤを履いて走行すると、路面のアスファルトを削り取ってしまい、粉塵を巻き上げてしまいます。

その粉塵が深刻な公害問題になったので、スパイクタイヤは禁止され、スタッドレスタイヤが普及しました。

タイヤチェーンは「取り外し可能」なので、金属製のチェーンや鋲の使用が許されているのです。

雪道走行や凍結路での安全性はタイヤチェーンの方がグリップ力があり、滑り止め効果が高いことから、タイヤチェーンの効果が最大限に発揮されるのが、勾配のきつい道や、新雪での走行時です。

装着したほうがいいのはわかるけど、つけるのが面倒なんだよなと思っている方も、最近のタイヤチェーンはジャッキアップなしで装着できるタイプも多く出ています。

予期せぬ積雪に備えて1セット持っていると、お出かけ先などでも慌てることなく対応できるので安心できます。使用頻度や使用シーンによりライフスタイルに合ったタイヤチェーンを選びましょう。

必見!タイヤチェーンに関する法規制

現在、雪道で使用すべきタイヤやチェーンに関する法規制が設けられており、サマータイヤを装着して走行した場合、道交法違反となる可能性があります。一般的に「滑り止めルール」と呼ばれていますが、雪が降らない沖縄県以外の地域では、道路が積雪・凍結したときにタイヤチェーンを取りつけたり、スタッドレスタイヤなどの冬用タイヤに履き替えなければなりません。

一般的に「冬用タイヤ規制」と呼ばれる状況では、4輪全てにスタッドレスタイヤを装着しているか、あるいは、サマータイヤの場合は駆動輪にタイヤチェーンを装着する必要があります。冬用タイヤ規制の場合、4輪にスタッドレスタイヤを装着しているクルマであれば、タイヤチェーンは必要ありません。

画像提供:レスポンス

しかし、滑り止めルールには「チェーン規制」があります。「チェーン規制」が発令された場合は、スタッドレスタイヤ装着車であっても、駆動輪へのタイヤチェーンの装着が義務付けられます。

つまり、「チェーン規制」の発令が予想される地域においては、スタッドレスタイヤだけ装着していても十分ではありません。「チェーン規制」の発令に備えて、タイヤチェーンを用意しておく必要があります。

そして、サマータイヤを装着しているクルマは、「冬用タイヤ規制」と「チェーン規制」に備えて、必ずタイヤチェーンを用意しなければなりません。

雪道での滑り止めルールに関しては、道路上の様々な情報表示版等でインフォメーションされますので、降雪地帯を走行する場合には情報収集を積極的に行う事をオススメします。

タイヤチェーンは、3種類

現在販売されているタイヤチェーンの種類は3つに分けることができます。
・金属製
・非金属製
・布製
があります。
それぞれのメリットや特徴について、ご紹介していきます。

1.金属チェーン

昔からあるスタイルのもので、タイヤチェーンといえばこちらを思い浮かべる方が多いと思います。
金属製の輪をつないだ、文字通りチェーンのもので、はしごと型とリング型(亀甲型)がありそれぞれに特徴があります。

・はしご型・・・タイヤにフィットし、上り坂に強く、横滑りに弱い特徴があります。

・リング型(亀甲型)・・・横滑りにも強いのが特徴で、金属製のタイヤチェーンでは、リング型(亀甲型)のほうがおすすめです。

金属製のタイヤチェーンは剛性が高く、雪道の中では抜群の安定性を誇り豪雪地帯などで威力を発揮します。

非常に丈夫なのでメンテナンス次第で長期利用も可能でランニングコストも抑えられ、価格が比較的安いのも魅力です。

金属製チェーンのデメリットは、乗り心地の悪化や騒音の大きさ、メンテナンスの面倒さ(保管時に濡れたままだと錆びてしま)などが挙げられます。

また、雪道以外ではアスファルトを削ったりチェーンが切れたりするため、道路状況によりこまめに付け外しが必要になります。

2.非金属チェーン

提供:カーメイト

提供:カーメイト

非金属製のタイヤチェーンは主にゴムやウレタン製のものが多いです。

金属製チェーンに比べ、軽量で錆びないこと、車からタイヤを外さなくても付け外しができ、振動や振動が少なく乗り心地が良いのが特徴です。

雪道以外でもそのまま走行ができ、装着も簡単なことから、最近では非金属チェーンが主流になりつつあります。

非金属チェーンのデメリットは、金属製チェーンと比較すると高価な点、折りたためないので持ち運びのときなど収容スペースを大きく取ってしまう点が挙げられます。

3.布製カバー

最近増えてきているタイプで、布製カバーでタイヤ全体を覆って使用します。

軽くてコンパクトに収納でき、簡単手軽に装着でき、振動や騒音がほとんどないのが特徴です。

布製カバーのデメリットは、耐久性やグリップ性が多少劣ること。また、チェーン規制が出ている道路では、布製チェーンでは走行ができない場合が多いため、あくまで緊急時用として考えたほうが良さそうです。

【初心者必見】タイヤチェーンの選び方

それぞれの特徴をご紹介しましましたが、実際どのようにタイヤチェーンを選んだらいいのでしょうか。

<タイヤのサイズ>
タイヤのサイズは必ず確認する必要があります。サイズが合わないと性能を十分に発揮できず、走行時も危険が伴います。しっかりとタイヤにフィットするよう、サイズを確認しましょう。

<装着の簡単さ>
少し前までは、タイヤチェーンを装着するにはジャッキアップや車移動が必要だったり、本当に重労働でした。現在はジャッキアップや車移動不要の、簡単に取り付けられるタイプが多く販売されています。

<JASAA(ジャサ)認定されているか>
※こちらは非金属製のタイヤチェーンのみのポイントとなります。
JASAA(ジャサ)とは一般財団法人日本自動車交通安全用品協会の通称で、非金属製のタイヤチェーンに対し「タイヤ滑り止め装置認定委員会」委員の立会いの上、各種の実車走行試験を行い、性能が確認された製品に対し収納ケースの外側に認定マークをつけています。

一般財団法人 日本自動車交通安全用品協会

http://www.jasaa.jp/

一般財団法人 日本自動車交通安全用品協会(JASAA)タイヤ滑り止め装置認定委員会のホームページです。

タイヤチェーンの取り付け方は?

近年ではジャッキアップをしてのチェーン装着をするタイヤチェーンは珍しく、ホトンドの商品がジャッキアップせずそのまま取り付け可能となっているものが増えています。

商品毎に取付け方に若干の違いはありますが、概ね下記のステップにて取り付けが可能となります。

詳細については、商品備え付けの説明書を参照の上で取り付けを行うようしましょう。

<金属製のタイヤチェーン>
まずチェーンの連結部分を確認し、フックの折り返しが出ている方を表にしてタイヤに取り付けましょう。

チェーン全体をタイヤの上から均等にかぶせるようにし、タイヤの裏側に手を入れて、チェーンをつなぐフックで連結します。

この時、フックが届かない場合は、チェーンを左右に交互に引っ張るようにするとフックが届きやすくなります。

次に、タイヤの外側の部分のフックを連結します。その後、付属のゴムバンドなどをチェーンの内側に着けて締め付ければ装着完了です。

<非金属製のタイヤチェーン>
2つに分かれているので、2つをタイヤの両側に挟むようにしてかぶせ、上下のフックを、タイヤの裏側と表側で連結し、真ん中部分をゴムバンドなどで締めれば装着完了です。

<布製のタイヤチェーン>
タイヤに上から被せ、タイヤタイヤを半回転させ、残り半分を被せてフックをつければ装着完了です。

装着簡単!おすすめタイヤチェーン5選

YIPIN スノータイヤチェーン

タイヤチェーン 非金属タイヤチェーン (2018升级版 )YIPIN スノータイヤチェーン簡単装着 ジャッキアップ不要

柔軟性のあるウレタン製で扱いやすい分割式のタイヤチェーンです。
手頃な価格と、145mmから265mmまでの幅広いタイヤサイズに適応できる点がおすすめポイント。友人の車やレンタカーなど、マイカーに限らず取り付け可能です。
【商品内容】
タイヤチェーン×6
手袋×1
ツール×1
収納バック×1

【装着方法】
1. チェーンを取り付ける。付属のツールを使うと簡単に取り付け可能です
2. ベルトを金具の下に敷くことにより、タイヤに傷が付くことを防ぐ
3. 内側から外に出す形でベルトをキングに差し込む
4. ベルトが余った場合は、金具の後ろのスペースに差し込んでから、半分ほど取り出し、ベルトが輪っか状になるようにして固定する

SEIKOH タイヤチェーン ジャッキアップ不要 亀甲型

SEIKOH タイヤチェーン ジャッキアップ不要 亀甲型 金属 155/70R13 155/65R14 165/65R13 165/60R14 等 KNO30

亀甲型の金属製のタイヤチェーンですが、取り付けも5分もあれば装着でるのが特徴です。
【商品内容】
タイヤチェーン×2
取扱説明書×1

【装着方法】
1. チェーンのねじれをほどき、ワイヤ―ケーブルをタイヤの裏側へ回して赤色のフックと赤色のチェーンの間にタイヤがくるように置く
2. ワイヤーケーブルの両端を引き上げ、タイヤの上部で接続する

Foreita タイヤチェーン 非金属 ジャッキアップ不要 165-265mm対応 サイズ調節可能 6本

Foreita タイヤチェーン 非金属 ジャッキアップ不要 165-265mm対応 サイズ調節可能 6本

惜しげもなく配置されたスパイクピンとレッド面に効果的にレイアウトされたマカロニ型の硬化金属製スパイクピンがグリップ力を高め、横滑りやふらつきを抑制し、安定した走行ができます。

165mmから265mmまでのタイヤサイズに適応。
【商品内容】
タイヤチェーン×6
専用収納パック×1
軍手×2
除雪スコップ×1
ミニレンチ×1

【装着方法】
1. ベルトをタイヤ穴に通す
2. ベルトをタイヤチェーンの穴に通す
3. ベルトを軸の穴に通す
4. しっかり締まるまで軸を回転させる
5. 金属片を押してベルトを引き出す

<AutoSock(オートソック) 「布製タイヤすべり止め」 オートソックハイパフォーマンス >

AutoSock(オートソック) 「布製タイヤすべり止め」 オートソックハイパフォーマンス ASK685

装着には特に力も不要で、女性ドライバーでも簡単に作業できるのが特徴です。取り外しはさらに簡単で、オレンジ色のバンドを持って引っ張るだけ。自動車を少し動かす必要はありますが、特別に力が必要になることもないのがうれしいですね。
【商品内容】
タイヤチェーン×2
取り付け用ビニール手袋×1

【装着方法】
1. オートソックのゴムの部分を広げ、タイヤの上からかぶせる
2. 車を前進または後退し、オートソックの残りの部分が上にくるようにする
3. 残りの部分をかぶせてなじませる

<カーメイト 日本製 非金属タイヤチェーン バイアスロン クイックイージー>

カーメイト (2018年出荷モデル)日本製 非金属タイヤチェーン バイアスロン クイックイージー QE2L 適合:165/65R13 155/65R14 145/80R13(冬) 145R13(冬) QE2L

JASAA認定品で耐久性能は600kmなど大変厳しい基準にクリアした製品です。

丈夫で長持ちの高性能ポリウレタンエラストマーを採用し、スパイクピンを超硬材質&マカロニ型にすることで、アイスバーンへのくいつきを飛躍的に向上。アイスバーンへの性能は、降雪翌日の都市部でも威力を発揮できます。

【商品内容】
タイヤチェーン×2
EASYハンドル×2
アームカバー付軍手×1
取付・取外しガイドDVD×1
防水性取扱説明書×1

【装着方法】
1. バイアスロンをタイヤの裏側へ回しこむ
2. タイヤ下側から両端を持ち上げ、裏側のワンタッチジョイントを1ケ所接続する
3. 外側のフック2ケ所を接続し、ロック部3ケ所を締め付ける

まとめ

安全性をより考慮し、冬の運転や遠出の際にはタイヤチェーンは1セット常備しておきたいところです。

以前にくらべ、取り付け方もとても簡単になっています。性能はもちろんですが、重さや収納力、価格や取り付けやすさなど、自分に合ったチェーンを選ぶといいですね。
雪道やアイスバーンでも、安全運転を心がけ、快適に楽しいドライブをしましょう!

タイヤチェーンに関するFAQ

スタッドレスタイヤ履いているのに、タイヤチェーンも必要なの?

必要です。理由は、タイヤチェーンの方がスタッドレスタイヤよりも高いグリップ力を発揮できるからです。最新のスタッドレスタイヤは、雪道や凍った道での高いグリップ性能を持ちます。ただ、タイヤチェーンはそのスタッドレスタイヤよりも更に高いグリップ力を発揮できます。それは、タイヤチェーンは金属を使える事によります。金属製のチェーンであればそのチェーン自体が、非金属チェーンであれば、チェーンに埋め込まれた金属製のスパイクが雪や氷に食い込む事で、スタッドレスタイヤを上回るグリップ力を雪道や凍った道で発揮できるのです。
かつては、タイヤに直接金属製のスパイクを埋め込んだスパイクタイヤが降雪地帯で広く利用されていました。やはりそれは、雪道や凍った道では金属製のスパイクにまさるグリップ力を発揮するものは無いからです。スパイクタイヤは粉塵公害を引き起こすため使用が禁止されましたが、取り外し可能なタイヤチェーンであれば、金属製のチェーンやスパイクが利用できるのです。

タイヤチェーンを付けないと走れない道路があるの?

あります。一部区間の道路では、「チェーン規制」が発令される事があります。チェーン規制が出されている道路では、たとえ4輪にスタッドレスタイヤを履いていても、必ず駆動輪にタイヤチェーンを装着しなければなりません。
チェーン規制が出されるのは降雪地域にある道路の一部区間になります。大雪がふる地域にお住まいの方は、国土交通省のホームページ等で、どの道路のどの区間がチェーン規制の対象になるのかを予めご確認されることをオススメします。

タイヤチェーンって、どんな種類があるの?

大別すると、①金属チェーン、②非金属チェーン、③布製カバーの③種類になります。取り付けは、③布製カバーが一番簡単ですが、耐久性やグリップ力が劣る場合があります。②非金属チェーンも比較的取り付けは簡単で、雪道でのグリップ力も期待出来ます。ただ、金属チェーンに比べ、高価であったり、収納のスペースを取ってしまう場合もあります。①金属チェーンは比較的取り付けの難度が高いものが多いですが、最近は、非常に取り付けやすい商品も開発されています。金属チェーンは、比較的安価で収納もコンパクトにできるので、根強い人気があります。

関連するキーワード


タイヤ スタッドレスタイヤ

関連する投稿


イエローハットのタイヤ交換でかかる費用や作業時間をチェック!

イエローハットのタイヤ交換でかかる費用や作業時間をチェック!

オイルやワイパーなどとともに、車を使っても使わなくても定期的な交換が必要となる「タイヤ」。しかし、いざタイヤ交換が必要と言われても、どうすればいいのか分からなくて困ってしまう方も多いことでしょう。そこでオススメなのが、カー用品店「イエローハット」でのタイヤ交換。この記事では、タイヤ交換の目安とともに、イエローハットの大満足なタイヤ関連サービスをくまなくご紹介していきます。


タイヤの偏平率によるメリット・デメリットは?計算方法も紹介

タイヤの偏平率によるメリット・デメリットは?計算方法も紹介

自動車の動きを地面に伝えてくれるタイヤは非常に重要な存在ですが、愛車のタイヤのサイズを把握しているという方は意外と少ないかもしれませんね。どこか暗号のようなわかりにくさがあるタイヤサイズの中でも、乗り心地や操縦性に直結する隠れた注目ポイントが「偏平率」です。偏平率が変化するとどんな影響があるのか? どうやって計算するのか? 詳しくご紹介していきます。


タイヤサイズの見方を知ることで愛車のタイヤ購入をスムーズに

タイヤサイズの見方を知ることで愛車のタイヤ購入をスムーズに

そろそろタイヤ交換かな、とお考えの方なら、どんなタイヤが愛車にぴったりサイズなのかを調べたりすることもあるでしょう。しかし、タイヤサイズの表記方法は、慣れていないとまるで暗号のようで、わかりにくさがありますよね。どこに何が書いてあるのか理解すれば意外と簡単なタイヤサイズの見方を知っておくことで、タイヤの検討や購入もスムーズに済ませられるようになれるでしょう。


タイヤの適正な空気圧はどうすればわかる?点検方法や点検頻度まとめ

タイヤの適正な空気圧はどうすればわかる?点検方法や点検頻度まとめ

車という重量物をたった4本で支えているのがタイヤ。車のあらゆる動きはタイヤを介して行われることもあり、快適な走行のためにも安全運転のためにも非常に重要なタイヤですが、意外とタイヤの空気圧は放置しがちな方も多いのではないでしょうか。メーカー指定の空気圧に調整していないと、効率が下がってもったいないだけでなく、最悪は事故の危険性も?!詳しく見ていきましょう。


【中古スタッドレスタイヤ】安い・安全・安心三拍子揃う中古タイヤを探せ!見逃せない4項目とは

【中古スタッドレスタイヤ】安い・安全・安心三拍子揃う中古タイヤを探せ!見逃せない4項目とは

冬のドライブで安心感をもたらしてくれるスタッドレスタイヤ。しかし、タイヤは4本セットでは意外と高く、購入には二の足を踏んでしまう方もいらっしゃるのでは。しかし、新品をお探しの方でも一度チェックしておきたいのが、お買い得な中古タイヤの世界です。スタッドレスタイヤは使われる期間が限られることもあるので、中古在庫も豊富。安心な中古スタッドレス選びの基準をご紹介します。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。