トップへ戻る

【タイヤチェーン】取り付け簡単なおすすめ品5選!

【タイヤチェーン】取り付け簡単なおすすめ品5選!

冬に雪道を走る時にスタッドレスタイヤを使用するだけでなく、さらにあると安全性が増すのがタイヤチェーン。しかし種類が複数存在するのでどれを選ぶべきか悩まれる方も多いと思います。今回は種類の解説だけでなく、価格や取り付け方も合わせて紹介しますので、愛車にピッタリのおすすめタイヤチェーンを見つけましょう。

⏳この記事は約3~4分で読めます。[PR]


タイヤチェーンって、どうして雪道で必要なの?

冬タイヤといえばスタッドレスタイヤですが、皆様タイヤチェーンはお持ちでしょうか。

近年では、スタッドレスタイヤを履いていても大雪時はチェーン装着が必須になる「タイヤチェーンを取り付けていない車両通行止め」の規制が発表され、注目を集めています。

なぜ、タイヤチェーンは雪道でのグリップ力があるのでしょうか? 確かに、今どきのスタッドレスタイヤでも雪道でのグリップ力は飛躍的に向上しています。しかし、タイヤチェーンにはスタッドレスタイヤに無いものが装着されている場合があります。それは、「金属製の滑り止め」です。

金属製のタイヤチェーンはチェーンそのものが金属製で、非常に硬いチェーンがクルマの重みでしっかりと雪や氷に食い込む事で、強力なグリップ力を発揮します。

非金属チェーンでは、ゴムに打ち込まれたスタッド=鋲(びょう)が強力なグリップ力を発生させます。

つまり、最新のスタッドレスタイヤよりも、やはり硬い金属のほうが雪や氷にめり込んでグリップ力を発揮するのです。

画像提供:レスポンス

スタッドレスタイヤは、「スタッド」=鋲(びょう)が「レス」=無いタイヤなので、スタッドレスなのです。

金属製のチェーンや鋲の方が雪道や氷上でのグリップ力には優れますが、雪や氷が無くなった路面で鋲のついたタイヤ=スパイクタイヤを履いて走行すると、路面のアスファルトを削り取ってしまい、粉塵を巻き上げてしまいます。

その粉塵が深刻な公害問題になったので、スパイクタイヤは禁止され、スタッドレスタイヤが普及しました。

タイヤチェーンは「取り外し可能」なので、金属製のチェーンや鋲の使用が許されているのです。

雪道走行や凍結路での安全性はタイヤチェーンの方がグリップ力があり、滑り止め効果が高いことから、タイヤチェーンの効果が最大限に発揮されるのが、勾配のきつい道や、新雪での走行時です。

装着したほうがいいのはわかるけど、つけるのが面倒なんだよなと思っている方も、最近のタイヤチェーンはジャッキアップなしで装着できるタイプも多く出ています。

予期せぬ積雪に備えて1セット持っていると、お出かけ先などでも慌てることなく対応できるので安心できます。使用頻度や使用シーンによりライフスタイルに合ったタイヤチェーンを選びましょう。

必見!タイヤチェーンに関する法規制

現在、雪道で使用すべきタイヤやチェーンに関する法規制が設けられており、サマータイヤを装着して走行した場合、道交法違反となる可能性があります。一般的に「滑り止めルール」と呼ばれていますが、雪が降らない沖縄県以外の地域では、道路が積雪・凍結したときにタイヤチェーンを取りつけたり、スタッドレスタイヤなどの冬用タイヤに履き替えなければなりません。

一般的に「冬用タイヤ規制」と呼ばれる状況では、4輪全てにスタッドレスタイヤを装着しているか、あるいは、サマータイヤの場合は駆動輪にタイヤチェーンを装着する必要があります。冬用タイヤ規制の場合、4輪にスタッドレスタイヤを装着しているクルマであれば、タイヤチェーンは必要ありません。

画像提供:レスポンス

しかし、滑り止めルールには「チェーン規制」があります。「チェーン規制」が発令された場合は、スタッドレスタイヤ装着車であっても、駆動輪へのタイヤチェーンの装着が義務付けられます。

つまり、「チェーン規制」の発令が予想される地域においては、スタッドレスタイヤだけ装着していても十分ではありません。「チェーン規制」の発令に備えて、タイヤチェーンを用意しておく必要があります。

そして、サマータイヤを装着しているクルマは、「冬用タイヤ規制」と「チェーン規制」に備えて、必ずタイヤチェーンを用意しなければなりません。

雪道での滑り止めルールに関しては、道路上の様々な情報表示版等でインフォメーションされますので、降雪地帯を走行する場合には情報収集を積極的に行う事をオススメします。

タイヤチェーンは、3種類

現在販売されているタイヤチェーンの種類は3つに分けることができます。
・金属製
・非金属製
・布製
があります。
それぞれのメリットや特徴について、ご紹介していきます。

1.金属チェーン

昔からあるスタイルのもので、タイヤチェーンといえばこちらを思い浮かべる方が多いと思います。
金属製の輪をつないだ、文字通りチェーンのもので、はしごと型とリング型(亀甲型)がありそれぞれに特徴があります。

・はしご型・・・タイヤにフィットし、上り坂に強く、横滑りに弱い特徴があります。

・リング型(亀甲型)・・・横滑りにも強いのが特徴で、金属製のタイヤチェーンでは、リング型(亀甲型)のほうがおすすめです。

金属製のタイヤチェーンは剛性が高く、雪道の中では抜群の安定性を誇り豪雪地帯などで威力を発揮します。

非常に丈夫なのでメンテナンス次第で長期利用も可能でランニングコストも抑えられ、価格が比較的安いのも魅力です。

金属製チェーンのデメリットは、乗り心地の悪化や騒音の大きさ、メンテナンスの面倒さ(保管時に濡れたままだと錆びてしま)などが挙げられます。

また、雪道以外ではアスファルトを削ったりチェーンが切れたりするため、道路状況によりこまめに付け外しが必要になります。

2.非金属チェーン

提供:カーメイト

提供:カーメイト

非金属製のタイヤチェーンは主にゴムやウレタン製のものが多いです。

金属製チェーンに比べ、軽量で錆びないこと、車からタイヤを外さなくても付け外しができ、振動や振動が少なく乗り心地が良いのが特徴です。

雪道以外でもそのまま走行ができ、装着も簡単なことから、最近では非金属チェーンが主流になりつつあります。

非金属チェーンのデメリットは、金属製チェーンと比較すると高価な点、折りたためないので持ち運びのときなど収容スペースを大きく取ってしまう点が挙げられます。

3.布製カバー

最近増えてきているタイプで、布製カバーでタイヤ全体を覆って使用します。

軽くてコンパクトに収納でき、簡単手軽に装着でき、振動や騒音がほとんどないのが特徴です。

布製カバーのデメリットは、耐久性やグリップ性が多少劣ること。また、チェーン規制が出ている道路では、布製チェーンでは走行ができない場合が多いため、あくまで緊急時用として考えたほうが良さそうです。

【初心者必見】タイヤチェーンの選び方

それぞれの特徴をご紹介しましましたが、実際どのようにタイヤチェーンを選んだらいいのでしょうか。

<タイヤのサイズ>
タイヤのサイズは必ず確認する必要があります。サイズが合わないと性能を十分に発揮できず、走行時も危険が伴います。しっかりとタイヤにフィットするよう、サイズを確認しましょう。

<装着の簡単さ>
少し前までは、タイヤチェーンを装着するにはジャッキアップや車移動が必要だったり、本当に重労働でした。現在はジャッキアップや車移動不要の、簡単に取り付けられるタイプが多く販売されています。

<JASAA(ジャサ)認定されているか>
※こちらは非金属製のタイヤチェーンのみのポイントとなります。
JASAA(ジャサ)とは一般財団法人日本自動車交通安全用品協会の通称で、非金属製のタイヤチェーンに対し「タイヤ滑り止め装置認定委員会」委員の立会いの上、各種の実車走行試験を行い、性能が確認された製品に対し収納ケースの外側に認定マークをつけています。

一般財団法人 日本自動車交通安全用品協会

http://www.jasaa.jp/

一般財団法人 日本自動車交通安全用品協会(JASAA)タイヤ滑り止め装置認定委員会のホームページです。

タイヤチェーンの取り付け方は?

近年ではジャッキアップをしてのチェーン装着をするタイヤチェーンは珍しく、ホトンドの商品がジャッキアップせずそのまま取り付け可能となっているものが増えています。

商品毎に取付け方に若干の違いはありますが、概ね下記のステップにて取り付けが可能となります。

詳細については、商品備え付けの説明書を参照の上で取り付けを行うようしましょう。

<金属製のタイヤチェーン>
まずチェーンの連結部分を確認し、フックの折り返しが出ている方を表にしてタイヤに取り付けましょう。

チェーン全体をタイヤの上から均等にかぶせるようにし、タイヤの裏側に手を入れて、チェーンをつなぐフックで連結します。

この時、フックが届かない場合は、チェーンを左右に交互に引っ張るようにするとフックが届きやすくなります。

次に、タイヤの外側の部分のフックを連結します。その後、付属のゴムバンドなどをチェーンの内側に着けて締め付ければ装着完了です。

<非金属製のタイヤチェーン>
2つに分かれているので、2つをタイヤの両側に挟むようにしてかぶせ、上下のフックを、タイヤの裏側と表側で連結し、真ん中部分をゴムバンドなどで締めれば装着完了です。

<布製のタイヤチェーン>
タイヤに上から被せ、タイヤタイヤを半回転させ、残り半分を被せてフックをつければ装着完了です。

装着簡単!おすすめタイヤチェーン5選

SEIKOH タイヤチェーン ジャッキアップ不要 非金属チェーン ウレタン 3分割

SEIKOH タイヤチェーン ジャッキアップ不要 非金属チェーン ウレタン 3分割

柔軟性のあるウレタン製で扱いやすい分割式のタイヤチェーンです。
手頃な価格で、165mmから65mmまでの幅広いタイヤサイズに適応。友人の車やレンタカーなど、マイカーに限らず取り付け可能です。
【商品内容】
スノーチェーン×6
手袋×1
取付道具×1
収納バック×1

【装着方法】
1. チェーンをタイヤに被せる
2. 付属の取付道具を使ってベルトを通す
3. 内側から外に出す形でベルトを金具に差し込み、引っ張って動かないように締め付ける
4. ベルトが余った場合は、金具の後ろのスペースに差し込んでから、半分ほど取り出し、ベルトが輪っか状になるようにして固定する

SEIKOH タイヤチェーン ジャッキアップ不要 亀甲型

SEIKOH タイヤチェーン ジャッキアップ不要 亀甲型 金属 155/70R13 155/65R14 165/65R13 165/60R14 等 KNO30

亀甲型の金属製のタイヤチェーンですが、取り付けも5分もあれば装着でるのが特徴です。
【商品内容】
タイヤチェーン×2
取扱説明書×1

【装着方法】
1. チェーンのねじれをほどき、ワイヤ―ケーブルをタイヤの裏側へ回して赤色のフックと赤色のチェーンの間にタイヤがくるように置く
2. ワイヤーケーブルの両端を引き上げ、タイヤの上部で接続する

Saiveina 非金属 スノーチェーン 滑り止めチェーン 簡単装着 ジャッキアップ不要

Saiveina 非金属 スノーチェーン 滑り止めチェーン 簡単装着 ジャッキアップ不要

高硬度合金のスパイクピンを採用することで、車両の荷重を直接路面に伝えることができ、アイスバーンでもしっかりとしたグリップ力を発揮。的確な加減速とコーナーリングが可能です。

165mmから265mmまでのタイヤサイズに適応。
【商品内容】
タイヤチェーン本体×6
ベルト通し用取付道具(ミニスノースコップ)×1
軍手×1
専用収納パック×1

【装着方法】
1. 付属の専用工具で固定用のベルトをタイヤ内側から引き出す
2. 固定ベルトを合金バックルの下の内側から外に出す
3. 固定ベルトを引っ張り、余計なベルトを合金バックルの別の穴に差し込む

AutoSock(オートソック) 「布製タイヤすべり止め」 オートソックハイパフォーマンス

AutoSock(オートソック) 「布製タイヤすべり止め」 オートソックハイパフォーマンス ASK685

装着には特に力も不要で、女性ドライバーでも簡単に作業できるのが特徴です。取り外しはさらに簡単で、オレンジ色のバンドを持って引っ張るだけ。自動車を少し動かす必要はありますが、特別に力が必要になることもないのがうれしいですね。
【商品内容】
タイヤチェーン×2
取り付け用ビニール手袋×1

【装着方法】
1. オートソックのゴムの部分を広げ、タイヤの上からかぶせる
2. 車を前進または後退し、オートソックの残りの部分が上にくるようにする
3. 残りの部分をかぶせてなじませる

<カーメイト 日本製 非金属タイヤチェーン バイアスロン クイックイージー>

カーメイト 【正規品】 簡単装着日本製 JASAA認定 非金属タイヤチェーンバイアスロンクイックイージーQE2L 適合:165/65R13 155/65R14 145/80R13(冬) 145R13(冬) QE2L ブラック

JASAA認定品で耐久性能は600kmなど大変厳しい基準にクリアした製品です。

丈夫で長持ちの高性能ポリウレタンエラストマーを採用し、スパイクピンを超硬材質&マカロニ型にすることで、アイスバーンへのくいつきを飛躍的に向上。アイスバーンへの性能は、降雪翌日の都市部でも威力を発揮できます。

【商品内容】
タイヤチェーン×2
EASYハンドル×2
アームカバー付軍手×1
取付・取外しガイドDVD×1
防水性取扱説明書×1

【装着方法】
1. バイアスロンをタイヤの裏側へ回しこむ
2. タイヤ下側から両端を持ち上げ、裏側のワンタッチジョイントを1ケ所接続する
3. 外側のフック2ケ所を接続し、ロック部3ケ所を締め付ける

まとめ

安全性をより考慮し、冬の運転や遠出の際にはタイヤチェーンは1セット常備しておきたいところです。

以前にくらべ、取り付け方もとても簡単になっています。性能はもちろんですが、重さや収納力、価格や取り付けやすさなど、自分に合ったチェーンを選ぶといいですね。
雪道やアイスバーンでも、安全運転を心がけ、快適に楽しいドライブをしましょう!

タイヤチェーンに関するFAQ

スタッドレスタイヤ履いているのに、タイヤチェーンも必要なの?

必要です。理由は、タイヤチェーンの方がスタッドレスタイヤよりも高いグリップ力を発揮できるからです。最新のスタッドレスタイヤは、雪道や凍った道での高いグリップ性能を持ちます。ただ、タイヤチェーンはそのスタッドレスタイヤよりも更に高いグリップ力を発揮できます。それは、タイヤチェーンは金属を使える事によります。金属製のチェーンであればそのチェーン自体が、非金属チェーンであれば、チェーンに埋め込まれた金属製のスパイクが雪や氷に食い込む事で、スタッドレスタイヤを上回るグリップ力を雪道や凍った道で発揮できるのです。
かつては、タイヤに直接金属製のスパイクを埋め込んだスパイクタイヤが降雪地帯で広く利用されていました。やはりそれは、雪道や凍った道では金属製のスパイクにまさるグリップ力を発揮するものは無いからです。スパイクタイヤは粉塵公害を引き起こすため使用が禁止されましたが、取り外し可能なタイヤチェーンであれば、金属製のチェーンやスパイクが利用できるのです。

タイヤチェーンを付けないと走れない道路があるの?

あります。一部区間の道路では、「チェーン規制」が発令される事があります。チェーン規制が出されている道路では、たとえ4輪にスタッドレスタイヤを履いていても、必ず駆動輪にタイヤチェーンを装着しなければなりません。
チェーン規制が出されるのは降雪地域にある道路の一部区間になります。大雪がふる地域にお住まいの方は、国土交通省のホームページ等で、どの道路のどの区間がチェーン規制の対象になるのかを予めご確認されることをオススメします。

タイヤチェーンって、どんな種類があるの?

大別すると、①金属チェーン、②非金属チェーン、③布製カバーの③種類になります。取り付けは、③布製カバーが一番簡単ですが、耐久性やグリップ力が劣る場合があります。②非金属チェーンも比較的取り付けは簡単で、雪道でのグリップ力も期待出来ます。ただ、金属チェーンに比べ、高価であったり、収納のスペースを取ってしまう場合もあります。①金属チェーンは比較的取り付けの難度が高いものが多いですが、最近は、非常に取り付けやすい商品も開発されています。金属チェーンは、比較的安価で収納もコンパクトにできるので、根強い人気があります。

関連するキーワード


タイヤ スタッドレスタイヤ

関連する投稿


【タイヤ交換】交換時期の見分け方からタイヤ交換場所の比較まで!タイヤ交換関連記事まとめ

【タイヤ交換】交換時期の見分け方からタイヤ交換場所の比較まで!タイヤ交換関連記事まとめ

タイヤは地面と接地するパーツのため、走行することによって劣化していきます。安全に走るためにタイヤ交換は必要なものですが、どのタイミングで交換するのが適切なのか、タイヤ交換を依頼する場所によって費用や交換にかかる時間がどれぐらいかかるのかも異なります。タイヤの交換時期から交換場所別の費用相場、交換したタイヤの保管方法を紹介する記事をまとめました。


タイヤ交換はどこが安い?交換時期や値段、意外と簡単な交換の方法までを解説!

タイヤ交換はどこが安い?交換時期や値段、意外と簡単な交換の方法までを解説!

購入した車は、ずっと同じ状態で乗り続けられるわけではありません。とくにタイヤは地面と接地するパーツのため、主に走行することによって劣化していきます。安全に走るために、タイヤ交換は必要なものですが、タイヤ4本の交換となると費用もかさみます。そこで今回は、タイヤ交換で少しでも費用を抑えるために知っておきたいポイントや自分で交換する方法など、タイヤ交換について知っておきたい情報をまとめてお伝えします。


タイヤ交換の所要時間&料金相場比較!タイヤ持ち込み対応のお店一覧

タイヤ交換の所要時間&料金相場比較!タイヤ持ち込み対応のお店一覧

タイヤの溝がすり減ってきて、タイヤ交換の時期…。これからタイヤ交換を考えている方に必要な情報を一覧でわかりやすく解説します。タイヤ交換の所要時間と工賃比較、自分で選んだタイヤを持ち込みできるお店をまとめました。


タイヤメーカーおすすめランキング!メーカーごとの特徴を比較

タイヤメーカーおすすめランキング!メーカーごとの特徴を比較

あなたは、タイヤのメーカーをどれくらいご存知でしょうか?車のタイヤを選ぶ時、「愛車に合いそう」「価格が安いから」などで選んでいませんか?タイヤメーカーの特徴を比較して知ることで、より快適に走れるように、今回は車のタイヤのメーカーについて紹介します。(2022年7月更新)


アジアンタイヤおすすめ10選!国産タイヤとの比較や寿命、評判も解説

アジアンタイヤおすすめ10選!国産タイヤとの比較や寿命、評判も解説

タイヤ専門店や、インターネットなどでアジアンタイヤについて目にする機会も増えてきました。価格が安いと品質はどうなのか気になる人も多いのではないでしょうか。ここでは、アジアンタイヤの特徴や安さの理由、そして国産タイヤとの違いや寿命、最後におすすめのアジアンタイヤについて紹介します。


最新の投稿


ステーションワゴンおすすめ車種20選!選び方や各車種の特徴まで徹底解説!

ステーションワゴンおすすめ車種20選!選び方や各車種の特徴まで徹底解説!

走行性能と積載性を兼ね備え、スタイリッシュなデザインが多いステーションワゴンですが、SUVブームに押され最盛期に比べるとラインアップ数は減りつつあります。しかしながら視野を広げて輸入車も含めると、ステーションワゴンはまだまだ主力ジャンルのひとつです。この記事では、今だからこそおすすめしたいステーションワゴンをランキング形式で国産、輸入車に分けて紹介していきます。各車種のスペックや価格情報を比較しながら、あなたにぴったりの一台を見つけてください。


【2023年】軽ハイトワゴンのおすすめ10車種!今乗りたい便利な軽自動車はどれ?

【2023年】軽ハイトワゴンのおすすめ10車種!今乗りたい便利な軽自動車はどれ?

軽自動車は人気の車ですが、特にハイトワゴンの人気が高まっています。軽自動車という限られた規格の中で、最大限に室内空間を広げており、質感も高まったモデルが多くなっているので、販売台数を伸ばしています。今回は、ハイトワゴンの中でも近年人気の全高の高いモデルをご紹介します。


「エアサス」って何?メリットは?構造や価格、乗り心地や車高調との違い

「エアサス」って何?メリットは?構造や価格、乗り心地や車高調との違い

エアサスとは、何かご存知でしょうか? エアサスのメリットやデメリットを知りたいと考えている人にも、エアサスの構造や値段、乗り心地を知りたいと思っている人にもわかりやすく簡単に「エアサスとは何か?」を理解できるように掲載します。


7人乗りが8人乗りと比べて人気な理由は?7人乗りのおすすめ10車種もご紹介!

7人乗りが8人乗りと比べて人気な理由は?7人乗りのおすすめ10車種もご紹介!

大人数が乗車できるクルマは、なにかと重宝します。しかし、購入しようと思う場合に悩むのは「7人乗りにするか」、「8人乗りにするか」ということかもしれません。今回は、そんなときの参考になる記事です。


【2023年版】どこまでもエレガント!メルセデス・ベンツのクーペ一覧

【2023年版】どこまでもエレガント!メルセデス・ベンツのクーペ一覧

高級車の代名詞的存在ともいえるメルセデス・ベンツは、多くの人たちの憧れの存在となっています。メルセデス・ベンツは、セダンやSUVなどの売れ筋のモデルを販売する一方、「クーペ」もしっかりと作り続けています。今回は、エレガントなメルセデス・ベンツのスポーツ・クーペについて紹介します。