トップへ戻る

大雪時のタイヤチェーン装着義務 13区間(高速7・国道6)の実施場所一覧

大雪時のタイヤチェーン装着義務 13区間(高速7・国道6)の実施場所一覧

2018年11月15日に国土交通省より発表された 「タイヤチェーンを取り付けていない車両通行止め」規制。11月15日~11月28日までの間、パブリックコメントの募集を行い、12月10日に同交通規制が実施される道路を発表しました。実施場所となる道路情報と、規制についての概要、違反時の罰則や実施時期について掲載しています。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


大雪時のタイヤチェーン装着義務 今冬より実施か

2018年11月15日に国土交通省より発表された 「タイヤチェーンを取り付けていない車両通行止め」規制。

国土交通省は、11月15日~11月28日までの間、パブリックコメント・意見募集を行っていましたが、12月10日、同交通規制が実施される道路を発表しました。

実施される道路情報についてや、タイヤチェーンの装着義務の概要、違反時の罰則などを合わせて掲載しています。

大雪時のタイヤチェーン装着義務の概要

標識案

この「タイヤチェーンを取り付けていない車両通行止め」の規制は、その名の通りタイヤチェーンを取り付けていない車両の通行を禁止する意味を示し、指定された区間は、スタッドレスタイヤを装着している車両であってもタイヤチェーンの装着を義務付けるものとなっています。

何故義務化?

タイヤチェーンの装着義務化の背景として国土交通省は「大雪時における道路交通の確保を図ることを目的」としており、2018年2月に福井県の国道8号にて約1500台にも及ぶ車両が立ち往生をおこした事例や、2017年1月におこった米子自動車道や鳥取自動車道での、約600台に及んだ立ち往生を回避する目的として新設される予定となっています。

実施予定とされている道路・区間は、上記の福井県国道8号、米子自動車道、鳥取自動車道を含む計13箇所(国道6ヶ所、高速道路7箇所)となります。

大雪時のタイヤチェーン装着義務が適用される高速道路

大雪時のタイヤチェーン装着義務が適用される高速道路については下記の通りとなっています。

長野県・新潟県 上信越自動車道 信濃町IC~新井PA 25km

山梨県 中央自動車道 須玉IC~長坂IC 9km

長野県 中央自動車道 飯田山本IC~園原IC 10km

石川県・福井県 北陸自動車道 丸岡IC~加賀IC 18km

福井県・滋賀県 北陸自動車道 木之本IC~今庄IC 45km

岡山県・鳥取県 米子自動車道 湯原IC~江府IC 34km

広島県・島根県 浜田自動車道 大朝IC~旭IC 27km

以上、7箇所が高速道路での大雪時のチェーン装着義務区間となります。

※実際に指定された区間(km)と地図上のkm表記にズレがある点ご了承下さい。

大雪時のタイヤチェーン装着義務が適用される国道

山形県 国道112号線 月山道路 西川町志津~鶴岡市上名川 27km

山梨県・静岡県 国道138号線 山梨県山中湖村平野~静岡県小山町須走字御登口 9km

新潟県 国道7号線 村上市大須戸~村上市上大鳥 16km

福井県 国道8号線 あわら市熊坂~あわら市笹岡 4km

広島県・島根県 国道54号線 赤名峠 広島県三次市布野町上布野~島根県飯南町上赤名 12km

愛媛県 国道56号線 鳥坂峠 西予市宇和町~大洲市松尾 7km

以上となります。

※国道の規制箇所・区間についても国道路線名、地域名から鑑みての大よその区間表記となります。
実際に規制される区間とは若干異なるのでご注意下さい。

大雪時のタイヤチェーン装着義務 違反時の罰則は?

規制時にタイヤチェーン未装着で走行した場合は、6カ月以下の懲役、または30万円以下の罰金が科されるようです。

詳細情報についてはまだ未確定ではありますが、雪道でのノーマルタイヤ走行の違反も反則金(支払わない場合罰金)のみの違反となるため、同等になるのではないかと予想されます。

詳細についてわかり次第情報更新予定です。

交通違反・交通反則通告制度・雪道での違反に関してはこちらから

【※注意※】チェーン装着義務区間は「勾配の急な坂道」 且つ異例の「大雪時」

一部SNSやインターネットにて、「スタッドレスタイヤがあればチェーンは必要ない」「全車がチェーン装着をしなくてはいけないなんて…」等の声が多く上がっていますが、あくまでも「大雪時」等、今までは通行止めとなってしまうような「異例の降雪時」に限ります。

また、指定された13区間についても過去に大規模な立ち往生が起こってしまった箇所で、急勾配の坂がある道路が指定されています。

「雪が降ったら常時チェーン装着の義務がある」などでは無いのでご注意下さい。

下記に国土交通賞で発表されている文章そのままを掲載します。

2018年12月10日 国土交通省 記者発表資料より抜粋

施行時期は「今冬」から

大雪時のタイヤチェーン装着義務、施行開始の詳細日程は未だ決まっていませんが、今冬より適用とされるため、年末年始には早くとも規制される可能性もあります。

年末年始、長距離運転、遠方への運転の予定がある方は、スタッドレスタイヤの装着をしていても上記にて紹介した区間はチェーン装着が必須となりますのでご注意下さい。

また、2018年~2019年の年末年始は9連休となる企業も多いため、道路の混雑も予想されますので、事前の確認等も怠らぬようにストレスのかからないドライブを心がけたいですね。

他 雪道対策や年末年始に関する情報はこちらから

関連する投稿


【中古スタッドレスタイヤ】安い・安全・安心三拍子揃う中古タイヤを探せ!見逃せない4項目とは

【中古スタッドレスタイヤ】安い・安全・安心三拍子揃う中古タイヤを探せ!見逃せない4項目とは

冬のドライブで安心感をもたらしてくれるスタッドレスタイヤ。しかし、タイヤは4本セットでは意外と高く、購入には二の足を踏んでしまう方もいらっしゃるのでは。しかし、新品をお探しの方でも一度チェックしておきたいのが、お買い得な中古タイヤの世界です。スタッドレスタイヤは使われる期間が限られることもあるので、中古在庫も豊富。安心な中古スタッドレス選びの基準をご紹介します。


横置き縦置き?正しい保管方法でスタッドレスタイヤを長持ちさせよう!

横置き縦置き?正しい保管方法でスタッドレスタイヤを長持ちさせよう!

冬のドライブに安心感をもたらしてくれるスタッドレスタイヤですが、春が来るとサマータイヤに履き替えて、スタッドレスは保管する方がほとんどでしょう。春夏秋と長期間にわたって保管されるスタッドレス、保管中に劣化が進んでしまうと、冬が来るまでの間にダメになっていたなんてことも!この記事でご紹介する適切な保管方法と、保管明けのチェック項目を覚えておきましょう。


【スタッドレスタイヤをレンタル】旅行や帰省?スタッドレスタイヤはレンタルが賢いかも!

【スタッドレスタイヤをレンタル】旅行や帰省?スタッドレスタイヤはレンタルが賢いかも!

重たい・デカい・手が汚れる、と、タイヤの取り扱いは面倒が重なるもの。冬期間のドライブの安心感を支えるスタッドレスタイヤですが、積雪の少ない地方にお住まいなら、スタッドレスが役立つ機会は一年に数回程度かもしれませんね。近頃、わざわざスタッドレスを購入せずに、レンタルで必要な時だけ使用するという選択肢を選択する方も増えている様子です。注意点などもまとめてご紹介していきます。


スタッドレスタイヤの交換時期がいつがベスト?寿命年数は?安心安全のために注目

スタッドレスタイヤの交換時期がいつがベスト?寿命年数は?安心安全のために注目

愛車のタイヤをサマータイヤとスタッドレスタイヤで季節ごとに履き替えている方も多いです。しかし、多くの人に馴染みのあるサマータイヤと「冬専用」のスタッドレスタイヤとでは、寿命の判断基準が異なることは知っていましたか。また、普段はしまってあるスタッドレス、保管方法によっては劣化を加速させてしまっているかも。この記事で、スタッドレスについて詳しくなってしまいましょう。


オールシーズンタイヤって何?スタッドレスとの違いやメーカー別の特徴

オールシーズンタイヤって何?スタッドレスとの違いやメーカー別の特徴

近年注目が高まっているのがオールシーズンタイヤです。スタッドレスタイヤほどの雪道での性能はないですが、履き替えずに雪道に対応できる性能が特徴となっています。今回は冬用タイヤとして定番のスタッドレスタイヤとの違いや各メーカーの特徴をご紹介します。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。