目次へ戻る

降雪の多い地域に行く人必見!動画で学ぶスタッドレスタイヤの必要性

降雪の多い地域に行く人必見!動画で学ぶスタッドレスタイヤの必要性

JAF(一般社団法人日本自動車連盟)が、 雪道におけるノーマルタイヤやスタッドレスタイヤの走行テスト結果を動画で公開しました。年末年始、ご家族や友人と楽しいドライブのために雪道でのタイヤによる走行性能の違いをチェックしましょう。


雪の坂道、ノーマルタイヤでは勾配12%でさえ上れない!

JAFが、雪道におけるノーマルタイヤやスタッドレスタイヤ等の「登坂テスト」と「旋回テスト」について検証を行い、 その結果をホームページに公開しました。

「登坂テスト」については、6種類の新品タイヤで圧雪路の坂道(勾配12%及び20%)を上れるかの検証です。

テストを行ったのは下記の6種類のタイヤです。

さらに、「平坦路から発進した」場合と、「坂道の途中から発進した」場合に分けてテストを行いました。

【備考】
※車両は前輪駆動のコンパクトカー

登坂テスト(圧雪路) 検証動画

それでは、動画で各タイヤが坂道を上れるのかみてみましょう。

検証結果は下記の表の通りとなりました。

ノーマルタイヤは全てのテストにおいて、坂道を上れませんでした。

また、雪上でも使用可能なオールシーズンタイヤ、お手軽なスプレー式タイヤチェーンでは勾配12%の「平坦路からの発進」しか上ることができませんでした。

スタッドレスタイヤは勾配20%の「坂道の途中からの発進」のみできませんでしたが、それ以外で優れた結果になりました。

雪道ではスタッドレスタイヤを必ず車に装着するようにしましょう。

特にレンタカー会社では、スタッドレスタイヤがオプションになり、着用の可否に1日ほど時間がかかることがあります。
降雪地域にお出かけの際は、事前に余裕を持ってスタッドレスタイヤの着用を伝えましょう。

アイスバーン化した坂道は、スタッドレス+チェーンが必須

さらに、先ほどのテストで優れた結果を残したスタッドレスタイヤと、スタッドレスタイヤ+チェーンの2種類で氷盤路(アイスバーン)の坂道(勾配9%)を上れるかのテストを行いました。
※このテストは「平面路から発進した場合」のみテストを行っています。

登坂テスト(アイスバーン) 検証動画

結果は下記の表の通りとなりました。

圧雪路では好成績を残したスタッドレスタイヤでしたが、アイスバーンでは坂道を上りきることができませんでした。

そこで、スタッドレスタイヤ+チェーンの組み合わせではアイスバーンの坂道でも上ることができました。

アイスバーンが心配な方は、スタッドレスタイヤ+チェーンの組み合わせでアイスバーン対策を!

雪のカーブ、チェーンはグリップバランス差によるスピンに注意

JAFは4種類の新品タイヤで、圧雪路の旋回コース(半径20m)を15km/hから周回し、速度を5km/hずつ上げ、カーブに沿って曲がれるかテストを行いました。

テストを行ったのは下記の4種類のタイヤです。

【備考】
※車両は前輪駆動のコンパクトカー

※安全を考慮して、最高速度は「ノーマルタイヤ」と「ノーマルタイヤ+チェーン」が30km/h、「スタッドレスタイヤ」と「オールシーズンタイヤ」が40km/hに設定されています。

カーブテスト 検証動画

それでは、早速動画を見てみましょう

結果は下記の写真の通りとなりました。

ノーマルタイヤは、30km/hでパイロンに沿って走ることができず、コーンとは反対の方向に進んでいるのがわかります

スタッドレスタイヤは、40km/hまでコーンから離れず、安定して走ることができています。

チェーンは、30km/hで急に後輪が滑り出し、前輪を軸にスピンしています。これはチェーンをつけた前輪とチェーンをつけていない後輪のグリップバランスの差が大きいことが原因です。

カーブテストでもスタッドレスタイヤが安全であることが明らかになりました。

まとめ

これまで3種類のテストをご覧いただきましたがいかがでしょうか?
下記のことに注意して安全な雪道ドライブを心がけて頂ければ幸いです。

■雪道では...
ノーマルタイヤではなくスタッドレスタイヤやチェーンを必ず装着する

■登り坂では...
スタッドレスタイヤは、他のタイヤと比べて登坂性能は高いものの、アイスバーンは効果が薄れるので注意が必要。

■カーブでは...
チェーン装着車はグリップバランスの違いにより、カーブでスピンすることがあるので注意が必要。
日陰になっているカーブでは、アイスバーンになっている可能性があるため、十分減速してから走行する。

この季節、住んでいる地域でスタッドレスタイヤの必要が無くともウィンタースポーツなどで雪道を走る機会が増えていくと思います。

タイヤによる走行性能の違いをチェックし、くれぐれも降雪の可能性のある地域へのドライブの際はスタッドレスタイヤを装着の上ドライブするようにしましょう。

また、スタッドレスタイヤの装着等すべり止め対策をしないままの雪道や凍結した道路の走行は違反となりますので、絶対にやめましょう。

「スタッドレスタイヤ、必要…?」地域別の降雪データから考える。

https://matome.response.jp/articles/1212

冬、長距離ドライブで他都道府県に訪れる方は是非ご参照下さい。

関連する投稿


助手席にチャイルドシートを乗せるのは違反ではない?注意点と取付け方

助手席にチャイルドシートを乗せるのは違反ではない?注意点と取付け方

法律でも決まっているチャイルドシートの着用ですが、自分の目の届く場所にいて欲しいという思いから助手席にチャイルドシートの設置を検討している親御さんも少なくないと思います。本記事では、助手席にチャイルドシートを乗せる危険性と助手席にチャイルドシートを載せる場合の取り付け方や注意点をまとめてご紹介していきます。


キャンプ・アウトドア用品の収納に!ルーフボックスの選び方は?

キャンプ・アウトドア用品の収納に!ルーフボックスの選び方は?

キャンプや釣り、アウトドアアクティビティを楽しむ場合、どうしても荷物が多くなってしまいがちです。車でアウトドアに出かけるのであれば、ルーフボックスは備えておくべきアイテムです。本記事ではルーフボックスを選ぶ際のポイントについて説明しています。


【2018お盆休み】ヤバイ!混んでる!高速道路の渋滞時あると便利なものまとめ

【2018お盆休み】ヤバイ!混んでる!高速道路の渋滞時あると便利なものまとめ

お盆の季節。今年は実家に帰省しようか、なんて方も多いかと思います。そんな中、会いたくないのにこの季節やたらと出会いがちなもの。そう、渋滞ですね。長時間の渋滞は疲労を伴いますし、事故につながる危険性もあります。そんな中、少しでも快適に交通渋滞を生き抜くために、車にあると便利で使えるものをまとめてみました。ドライバー必見!


【2018お盆休み】渋滞予測、混雑日、混雑する道路

【2018お盆休み】渋滞予測、混雑日、混雑する道路

2018年のお盆休みは8月11日(山の日)が土曜日になったことで通常通りの2連休です。人によって違うお盆休みですが、高速道路関連各社が発表したお盆期間中の渋滞予測から、上り線・下り線の最も渋滞が予測される日をご紹介します。


アクアライン・海ほたるはETC割引で安く!渋滞、混雑時間は?

アクアライン・海ほたるはETC割引で安く!渋滞、混雑時間は?

行楽シーズンのお出かけに行く機会が増える、東京湾アクアラインと海ほたるパーキングエリア。本記事では東京湾アクアラインが渋滞する時間帯、渋滞するポイント、そしてETC割引での通行料金をご紹介します。


最新の投稿


【続々登場】カッコイイ!プレミアムな最先端EVカーまとめ 発売日・価格ほか

【続々登場】カッコイイ!プレミアムな最先端EVカーまとめ 発売日・価格ほか

EVはデザインがいまいち!?いえいえそれはもう過去のお話です。各メーカーが、続々とカッコイイ・プレミアムなEVカーを発表・発売しています。本記事ではそんな最新のプレミアムなEVカーをまとめました。価格は?日本発売日は?スペックは?


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【10月22日更新】


【F1】第18戦 アメリカGP フェラーリのライコネンが5年ぶりの優勝!

【F1】第18戦 アメリカGP フェラーリのライコネンが5年ぶりの優勝!

F1アメリカGPの決勝レースが21日、テキサス州のサーキット・オブ・ジ・アメリカズで行われました。結果は、キミ・ライコネン(フェラーリ)が2013年の開幕戦以来5年ぶりの優勝を飾ることになりました。


【東京オートサロン2019】開催は1月11日~13日!【先取り】

【東京オートサロン2019】開催は1月11日~13日!【先取り】

カスタムトレンドをけん引している東京オートサロン。東京オートサロン2019が1月11日~13日、幕張メッセにて開催されます。2019年のオートサロンはどんな内容になるのでしょうか。オートサロンを先取りです。


助手席にチャイルドシートを乗せるのは違反ではない?注意点と取付け方

助手席にチャイルドシートを乗せるのは違反ではない?注意点と取付け方

法律でも決まっているチャイルドシートの着用ですが、自分の目の届く場所にいて欲しいという思いから助手席にチャイルドシートの設置を検討している親御さんも少なくないと思います。本記事では、助手席にチャイルドシートを乗せる危険性と助手席にチャイルドシートを載せる場合の取り付け方や注意点をまとめてご紹介していきます。