目次へ戻る

降雪の多い地域に行く人必見!動画で学ぶスタッドレスタイヤの必要性

降雪の多い地域に行く人必見!動画で学ぶスタッドレスタイヤの必要性

JAF(一般社団法人日本自動車連盟)が、 雪道におけるノーマルタイヤやスタッドレスタイヤの走行テスト結果を動画で公開しました。年末年始、ご家族や友人と楽しいドライブのために雪道でのタイヤによる走行性能の違いをチェックしましょう。


雪の坂道、ノーマルタイヤでは勾配12%でさえ上れない!

JAFが、雪道におけるノーマルタイヤやスタッドレスタイヤ等の「登坂テスト」と「旋回テスト」について検証を行い、 その結果をホームページに公開しました。

「登坂テスト」については、6種類の新品タイヤで圧雪路の坂道(勾配12%及び20%)を上れるかの検証です。

テストを行ったのは下記の6種類のタイヤです。

さらに、「平坦路から発進した」場合と、「坂道の途中から発進した」場合に分けてテストを行いました。

【備考】
※車両は前輪駆動のコンパクトカー

登坂テスト(圧雪路) 検証動画

それでは、動画で各タイヤが坂道を上れるのかみてみましょう。

検証結果は下記の表の通りとなりました。

ノーマルタイヤは全てのテストにおいて、坂道を上れませんでした。

また、雪上でも使用可能なオールシーズンタイヤ、お手軽なスプレー式タイヤチェーンでは勾配12%の「平坦路からの発進」しか上ることができませんでした。

スタッドレスタイヤは勾配20%の「坂道の途中からの発進」のみできませんでしたが、それ以外で優れた結果になりました。

雪道ではスタッドレスタイヤを必ず車に装着するようにしましょう。

特にレンタカー会社では、スタッドレスタイヤがオプションになり、着用の可否に1日ほど時間がかかることがあります。
降雪地域にお出かけの際は、事前に余裕を持ってスタッドレスタイヤの着用を伝えましょう。

アイスバーン化した坂道は、スタッドレス+チェーンが必須

さらに、先ほどのテストで優れた結果を残したスタッドレスタイヤと、スタッドレスタイヤ+チェーンの2種類で氷盤路(アイスバーン)の坂道(勾配9%)を上れるかのテストを行いました。
※このテストは「平面路から発進した場合」のみテストを行っています。

登坂テスト(アイスバーン) 検証動画

結果は下記の表の通りとなりました。

圧雪路では好成績を残したスタッドレスタイヤでしたが、アイスバーンでは坂道を上りきることができませんでした。

そこで、スタッドレスタイヤ+チェーンの組み合わせではアイスバーンの坂道でも上ることができました。

アイスバーンが心配な方は、スタッドレスタイヤ+チェーンの組み合わせでアイスバーン対策を!

雪のカーブ、チェーンはグリップバランス差によるスピンに注意

JAFは4種類の新品タイヤで、圧雪路の旋回コース(半径20m)を15km/hから周回し、速度を5km/hずつ上げ、カーブに沿って曲がれるかテストを行いました。

テストを行ったのは下記の4種類のタイヤです。

【備考】
※車両は前輪駆動のコンパクトカー

※安全を考慮して、最高速度は「ノーマルタイヤ」と「ノーマルタイヤ+チェーン」が30km/h、「スタッドレスタイヤ」と「オールシーズンタイヤ」が40km/hに設定されています。

カーブテスト 検証動画

それでは、早速動画を見てみましょう

結果は下記の写真の通りとなりました。

ノーマルタイヤは、30km/hでパイロンに沿って走ることができず、コーンとは反対の方向に進んでいるのがわかります

スタッドレスタイヤは、40km/hまでコーンから離れず、安定して走ることができています。

チェーンは、30km/hで急に後輪が滑り出し、前輪を軸にスピンしています。これはチェーンをつけた前輪とチェーンをつけていない後輪のグリップバランスの差が大きいことが原因です。

カーブテストでもスタッドレスタイヤが安全であることが明らかになりました。

まとめ

これまで3種類のテストをご覧いただきましたがいかがでしょうか?
下記のことに注意して安全な雪道ドライブを心がけて頂ければ幸いです。

■雪道では...
ノーマルタイヤではなくスタッドレスタイヤやチェーンを必ず装着する

■登り坂では...
スタッドレスタイヤは、他のタイヤと比べて登坂性能は高いものの、アイスバーンは効果が薄れるので注意が必要。

■カーブでは...
チェーン装着車はグリップバランスの違いにより、カーブでスピンすることがあるので注意が必要。
日陰になっているカーブでは、アイスバーンになっている可能性があるため、十分減速してから走行する。

この季節、住んでいる地域でスタッドレスタイヤの必要が無くともウィンタースポーツなどで雪道を走る機会が増えていくと思います。

タイヤによる走行性能の違いをチェックし、くれぐれも降雪の可能性のある地域へのドライブの際はスタッドレスタイヤを装着の上ドライブするようにしましょう。

また、スタッドレスタイヤの装着等すべり止め対策をしないままの雪道や凍結した道路の走行は違反となりますので、絶対にやめましょう。

「スタッドレスタイヤ、必要…?」地域別の降雪データから考える。

https://matome.response.jp/articles/1212

冬、長距離ドライブで他都道府県に訪れる方は是非ご参照下さい。

関連する投稿


【新型 マツダ3】おすすめのホイールは?オプションと社外品をチェック!

【新型 マツダ3】おすすめのホイールは?オプションと社外品をチェック!

2019年5月に日本発売となったマツダ アクセラの後継モデル「マツダ3」。当記事では世界戦略車として、世界共通のネーミングであるMAZDAを関した車名に変わった同車の「ホイール」に関する情報を紹介していきます。


【冠水・浸水】困った!車が冠水 浸水したら?対処法とその危険性

【冠水・浸水】困った!車が冠水 浸水したら?対処法とその危険性

車を所有している方であれば誰でも冠水・浸水被害に遭う可能性があります。対策を施すことも大切ですが、今回はもしもそのような水害に遭ってしまった場合の対処方法、ならびに冠水・浸水被害の危険性を考えてみましょう。


台風中の運転!自分と愛車を守るために気を付けたいポイント

台風中の運転!自分と愛車を守るために気を付けたいポイント

台風の影響で、道路が冠水したり、河川が氾濫したりという危険を伴いますので、出歩く際は十分な注意が必要です。それは愛車も同じ。台風接近中、車を守るには、そして運転中に台風に遭遇したら、どういった点に気を付けておけばいいのでしょうか。気になる点をまとめています。【10月12日更新】


気になるタイヤの交換時期は?ひび割れや走行距離、スリップサインを解説

気になるタイヤの交換時期は?ひび割れや走行距離、スリップサインを解説

タイヤは地面と唯一接している部分であり、走行していくうちにどんどんと劣化していきます。そのまま使い続けると、破裂する恐れがあります。では一体どのタイミングでタイヤを交換すればいいんだろう?とお困りの方。今回はタイヤの交換時期を見極めるポイントや、メンテナンス方法などをご紹介しますので、参考にしてみてください。


【おすすめ10選】綺麗好きな方へ!車用掃除機まとめ

【おすすめ10選】綺麗好きな方へ!車用掃除機まとめ

車の中を常に綺麗にしておきたい方に、車内で使える掃除機をご紹介します。お菓子のクズや、土など、落としたゴミをすぐに吸い取り綺麗にすることができます。車内の必需品に加えてみてはいかがでしょうか?


最新の投稿


関東在住者向け!山梨のオススメドライブスポット〜日帰り旅行地まとめ〜

関東在住者向け!山梨のオススメドライブスポット〜日帰り旅行地まとめ〜

今回は関東から日帰りで行ける山梨県の温泉をまとめていきます。 山梨県の自然と美味しいものを堪能しながら温泉でゆっくりしてリフレッシュできる一日を過ごしてみてください。


随時更新【東京モーターショー2019】出展車一覧・開催概要など最新情報

随時更新【東京モーターショー2019】出展車一覧・開催概要など最新情報

東京モーターショー2019が10月24日より東京ビッグサイトにて開催されます。本記事では、トヨタやホンダといった出展車予想情報に始まり、新型車・アクセス情報・駐車場・開催日程・チケット価格などについてまとめています。ほぼ毎日更新していきます!


都道府県別道の駅まとめ┃山梨県

都道府県別道の駅まとめ┃山梨県

山梨県は富士山の麓で、自然に溢れており、毎年数多くの観光客が訪れます。車移動であれば必ず通るであろう中央道周辺は、四季折々の顔を見せるので、運転者も同乗者も楽しめるとあって人気です。今回はそんな山梨県を訪れる際に是非立ち寄って欲しい道の駅をご紹介します。


【全41地域デザイン掲載】地方版図柄入りナンバーの全デザインと申込み方法!

【全41地域デザイン掲載】地方版図柄入りナンバーの全デザインと申込み方法!

地方版図柄入りナンバープレートの全41地域の最終デザイン案が決定し、2018年10月1日から交付が開始されます。本記事では全41地域の最終デザインと、その申込み方法をご紹介します。【2019年10月更新】


トヨタの小型ピックアップ!ハイラックス 中古車価格まとめ

トヨタの小型ピックアップ!ハイラックス 中古車価格まとめ

トヨタのハイラックスは、トヨタの小型ピックアップトラックです。その歴史は長く、1968年から発売されています。日本、世界で人気の高いハイラックス。本記事ではハイラックスが気になっている方のために中古車情報をお届けいたします。(※情報は2019年8月現在のものです)