目次へ戻る

降雪の多い地域に行く人必見!動画で学ぶスタッドレスタイヤの必要性

降雪の多い地域に行く人必見!動画で学ぶスタッドレスタイヤの必要性

JAF(一般社団法人日本自動車連盟)が、 雪道におけるノーマルタイヤやスタッドレスタイヤの走行テスト結果を動画で公開しました。年末年始、ご家族や友人と楽しいドライブのために雪道でのタイヤによる走行性能の違いをチェックしましょう。


雪の坂道、ノーマルタイヤでは勾配12%でさえ上れない!

JAFが、雪道におけるノーマルタイヤやスタッドレスタイヤ等の「登坂テスト」と「旋回テスト」について検証を行い、 その結果をホームページに公開しました。

「登坂テスト」については、6種類の新品タイヤで圧雪路の坂道(勾配12%及び20%)を上れるかの検証です。

テストを行ったのは下記の6種類のタイヤです。

さらに、「平坦路から発進した」場合と、「坂道の途中から発進した」場合に分けてテストを行いました。

【備考】
※車両は前輪駆動のコンパクトカー

登坂テスト(圧雪路) 検証動画

それでは、動画で各タイヤが坂道を上れるのかみてみましょう。

検証結果は下記の表の通りとなりました。

ノーマルタイヤは全てのテストにおいて、坂道を上れませんでした。

また、雪上でも使用可能なオールシーズンタイヤ、お手軽なスプレー式タイヤチェーンでは勾配12%の「平坦路からの発進」しか上ることができませんでした。

スタッドレスタイヤは勾配20%の「坂道の途中からの発進」のみできませんでしたが、それ以外で優れた結果になりました。

雪道ではスタッドレスタイヤを必ず車に装着するようにしましょう。

特にレンタカー会社では、スタッドレスタイヤがオプションになり、着用の可否に1日ほど時間がかかることがあります。
降雪地域にお出かけの際は、事前に余裕を持ってスタッドレスタイヤの着用を伝えましょう。

アイスバーン化した坂道は、スタッドレス+チェーンが必須

さらに、先ほどのテストで優れた結果を残したスタッドレスタイヤと、スタッドレスタイヤ+チェーンの2種類で氷盤路(アイスバーン)の坂道(勾配9%)を上れるかのテストを行いました。
※このテストは「平面路から発進した場合」のみテストを行っています。

登坂テスト(アイスバーン) 検証動画

結果は下記の表の通りとなりました。

圧雪路では好成績を残したスタッドレスタイヤでしたが、アイスバーンでは坂道を上りきることができませんでした。

そこで、スタッドレスタイヤ+チェーンの組み合わせではアイスバーンの坂道でも上ることができました。

アイスバーンが心配な方は、スタッドレスタイヤ+チェーンの組み合わせでアイスバーン対策を!

雪のカーブ、チェーンはグリップバランス差によるスピンに注意

JAFは4種類の新品タイヤで、圧雪路の旋回コース(半径20m)を15km/hから周回し、速度を5km/hずつ上げ、カーブに沿って曲がれるかテストを行いました。

テストを行ったのは下記の4種類のタイヤです。

【備考】
※車両は前輪駆動のコンパクトカー

※安全を考慮して、最高速度は「ノーマルタイヤ」と「ノーマルタイヤ+チェーン」が30km/h、「スタッドレスタイヤ」と「オールシーズンタイヤ」が40km/hに設定されています。

カーブテスト 検証動画

それでは、早速動画を見てみましょう

結果は下記の写真の通りとなりました。

ノーマルタイヤは、30km/hでパイロンに沿って走ることができず、コーンとは反対の方向に進んでいるのがわかります

スタッドレスタイヤは、40km/hまでコーンから離れず、安定して走ることができています。

チェーンは、30km/hで急に後輪が滑り出し、前輪を軸にスピンしています。これはチェーンをつけた前輪とチェーンをつけていない後輪のグリップバランスの差が大きいことが原因です。

カーブテストでもスタッドレスタイヤが安全であることが明らかになりました。

まとめ

これまで3種類のテストをご覧いただきましたがいかがでしょうか?
下記のことに注意して安全な雪道ドライブを心がけて頂ければ幸いです。

■雪道では...
ノーマルタイヤではなくスタッドレスタイヤやチェーンを必ず装着する

■登り坂では...
スタッドレスタイヤは、他のタイヤと比べて登坂性能は高いものの、アイスバーンは効果が薄れるので注意が必要。

■カーブでは...
チェーン装着車はグリップバランスの違いにより、カーブでスピンすることがあるので注意が必要。
日陰になっているカーブでは、アイスバーンになっている可能性があるため、十分減速してから走行する。

この季節、住んでいる地域でスタッドレスタイヤの必要が無くともウィンタースポーツなどで雪道を走る機会が増えていくと思います。

タイヤによる走行性能の違いをチェックし、くれぐれも降雪の可能性のある地域へのドライブの際はスタッドレスタイヤを装着の上ドライブするようにしましょう。

また、スタッドレスタイヤの装着等すべり止め対策をしないままの雪道や凍結した道路の走行は違反となりますので、絶対にやめましょう。

「スタッドレスタイヤ、必要…?」地域別の降雪データから考える。

https://matome.response.jp/articles/1212

冬、長距離ドライブで他都道府県に訪れる方は是非ご参照下さい。

関連する投稿


令和元年【2019ゴールデンウィーク(GW)】渋滞予測・混雑日・混雑する道路ほか

令和元年【2019ゴールデンウィーク(GW)】渋滞予測・混雑日・混雑する道路ほか

2019年のゴールデンウィークは4月27日~5月6日まで、最大で10日間の大型連休となります。ゴールデンウィーク期間中の渋滞予測から、最も渋滞が予測される日をご紹介します。【4月25日更新】


スパイクタイヤは利用禁止?許可されてる地域がある?罰則や関連法まとめ

スパイクタイヤは利用禁止?許可されてる地域がある?罰則や関連法まとめ

雪道で強い性能を発揮しているスパイクタイヤ。スタッドレスタイヤと何が違うのか、わからない方も多いですね。スパイクタイヤの利用者が減っているけれど何か理由があるんだろうか?公道の走行が禁止になったわけや自作でスパイクタイヤを作る方法など何もわからない方のために、わかりやすく紹介していきます。


スパイクタイヤって知っていますか?|意外と知らないスパイクタイヤの現在とルール

スパイクタイヤって知っていますか?|意外と知らないスパイクタイヤの現在とルール

現代で最も認知されている冬用タイヤはスタッドレスタイヤかと思われます。しかしながら、20年前にはスパイクタイヤというタイヤがありました。何故このタイヤが消滅してしまったのか、今回注目してみたいと思います。


【タイヤのパンク】修理・交換・JAFを呼ぶ際に掛かる費用と原因を解説

【タイヤのパンク】修理・交換・JAFを呼ぶ際に掛かる費用と原因を解説

車の走行中にタイヤがパンクしてしまった場合の修理方法や、スペアタイヤへの交換方法の解説、またJAFを呼ぶ際に掛かる費用の説明から、応急処置の方法とカー用品店などでの修理費用や所要時間について解説しています。 タイヤのパンクでお困りの方、必見です!


タイヤに入れる窒素ガス|メリット・デメリットや充填時の価格を説明

タイヤに入れる窒素ガス|メリット・デメリットや充填時の価格を説明

タイヤに入れている窒素ガス。窒素ガスのメリットやデメリット、そして窒素ガスと空気どちらを使うほうがいいのか徹底解説します。


最新の投稿


ホンダのN-WGN7月に全面改良!改良でどう進化する?

ホンダのN-WGN7月に全面改良!改良でどう進化する?

ホンダのNシリーズ、N-WGNが7月に全面改良されることとなりました。本記事ではN-WGNがどう進化するのか、気になる最新情報をまとめています。そして改めてN-WGNについてもまとめています。


MINIの市販EV クーパーSE 2019年7月9日にデビュー!

MINIの市販EV クーパーSE 2019年7月9日にデビュー!

MINIは6月18日に、MINIの市販EVである、MINI『クーパーS E』(MINI Cooper S E)を7月9日に初公開すると発表しました。


三菱デリカのDシリーズ、それぞれのモデルを紹介!Dとは何なのか

三菱デリカのDシリーズ、それぞれのモデルを紹介!Dとは何なのか

三菱自動車のカーラインナップにあるデリカ、そのデリカにはDという文字がつけられています。筆者はこれをDシリーズとよんでいます、今回はこれらの車種についての紹介です。Dとは何を示しているのか、どのようなグレードなのかを見ていきましょう。


宮崎県でおすすめは道の駅なんごう

宮崎県でおすすめは道の駅なんごう

九州にも遂に新幹線が開通し、九州内での行き来が便利になりましたが、これまでは鉄道やマイカーでの移動が主だったことから、道の駅がたくさんあるのが特徴です。 道の駅ファンにはうれしいことで、宮崎県に行くなら道の駅なんごうは外せない一押しの道の駅です。


グルメが訪れたい道の駅なんぶ

グルメが訪れたい道の駅なんぶ

近年、道の駅は目を瞠るような進化を遂げ、あるところは温泉を楽しめ、あるところは防災拠点にもなっています。 物販品が充実しているところもあれば、ご当地グルメを楽しめるスポットにもなっていて、グルメが行きたい道の駅も数多く生まれるようになりました。 今回はグルメにうってつけの道の駅なんぶをご紹介します。