目次へ戻る

【2018年冬】絶対オススメ!雪道に強い車 厳選5選

【2018年冬】絶対オススメ!雪道に強い車 厳選5選

2018年の冬も厳しい寒さ&降雪が予想されています。つまりそれはウィンタースポーツ、スキーやスノボーが楽しめるということでもですね!ここで心配なのが雪道での車のスリップ!貴方の車は大丈夫ですか?貴方と貴方の大切な人を守ってくれる、雪道に強いオススメの車最新情報をお届けいたします!この車たちで冬を熱く楽しみましょう!


2018年冬、寒波到来!!そのマイカーは雪道でも大丈夫か?

秋が深まったかと思えば、急に厳しい寒さが押し寄せ、新年明けてからも一段と寒くなりました。

秋は紅葉を楽しんだり、空がきれいであったりとドライブが楽しめますが、冬は冬で車の出番ですよね!

冬は、スキーやスノボーといったウィンタースポーツを楽しんだり、雪原風景を見に行ったり、温泉に入ったりと、冬には冬ならではの楽しみ方が無限大です。

特に、彼女や奥さまがいらっしゃる方!(友達・家族、もちろん現時点おひとり様でも無問題ですが)冬こそ、一緒に旅行に行きたい、彼女を乗せてドライブに行きたいな~なんて思ったりしますよね。寒い季節こそ二人の距離を縮める絶好のチャンスです。

特にゲレンデでは男性のかっこよさが3割アップ、なんて言われますので、気になる女性がいる方であれば、積極的にスキー場などに女性を誘ってみましょう!

そんなとき、不安になるのが「自分の車、雪道走行は大丈夫かな…」ということ。

「ねえ、あなたの車って、雪道走行本当に大丈夫なの?」

雪道はとっても危険です。

雪が降っているときの運転は、周りの見通しも悪く、除雪が追い付いていない道の場合はタイヤが雪にはまってしまったり、凍っている道の場合はスリップしてしまうことがあります。

特に、降雪地帯にお住まいの方であれば、雪の怖さをご存知だと思いますが、あまり雪が降らない地域に住んでいる方は、雪の怖さを軽視している恐れがあります。

思っている以上に、雪道の運転は危険がたくさんあります!!

「え~その車じゃ心配!!無理かな」

と、言われないためにも!!

楽しい時間を過ごすためにも、ぜひとも本記事を読んで雪道走行に強い車マスターになってくださいね!

【雪道に強い車の基本①】駆動は4WD、重量は重めがオススメ

どの車種が雪道に強い、という前に大前提として雪道に強い車・雪道を苦手とする車が存在しています。

雪道走行に強い車は4WD、その次にFFとRRです。

4WDは四輪駆動のことであり、4輪すべてが動くため、滑りやすい雪道でも力を分散させることができ安定した走行をすることが可能なんです。

その次に4WDほど強くはありませんが、フロントエンジン・前輪駆動であるFFは駆動する前輪にエンジンがあり、前の駆動輪に重さがかけられることから雪道に強いです。

リアエンジンで後輪駆動であるRRもFFと同じく、駆動する後輪にエンジンがあるので、駆動輪に重さがかかり滑りにくくなると言えますね。

また、これと同じ要領で、重量が重ければ重いほど滑りにくくなります。なのでガソリンを満タンにしたり、トランクに重い荷物を積んだりすることで、滑りにくくできます。

【雪道に強い車の基本②】MR・FRは雪道を苦手とするタイプ。

雪道の強い車がわかったところで、それでは雪道に弱い車はなんでしょうか。

中央エンジン×後輪駆動のMR、フロントエンジン×後輪駆動であるFRです。

MRの方がエンジンが後輪に近いためFRよりは駆動輪にエンジンの重さが掛かりますが、やはり雪道に弱く、滑りやすくなってしまいます。

雪道走行、という点では、MR、FRは避けた方がよさそうです。

FRなどは主にスポーツカーに採用されるものなので、FR車であればやっぱりサーキット走行をさせてあげたいですね。

マツダ ロードスターRF

日産 フェアレディZ

【2018年冬】雪道に強い車 オススメ5選【厳選】

雪道に強い車、5選だよっ

以上のことを踏まえて、雪道に強いオススメな車5選を見ていきましょう!

まずは、この車なら問題ない!という厳選したオススメ車種から。

雪道でも大丈夫!オススメ車種 3車種紹介!!

スバル レガシィ

レガシィ アウトバック

まずは、雪道と言えば絶対にこのメーカーの名前を挙げなければモグリ、と言っても過言でありません。

スバルのレガシィです。レガシィ(他フォレスターにも搭載)に搭載されている、X-MODEというシステム。

このシステムが滑りやすい路面やモーグル路などでの走行を安全にしてくれます。また、有名なスバルの安全機能・運転支援システムアイサイトを搭載しています。従来の機能はもちろんですが、ステアリング操作のアシスト、誤後進の抑制他、新機能も搭載しているので視界の悪い環境下でも安心ですね。

また、よく言われているのがスバル車の雪道での性能の良さ、特にAWD(4WD)では、スバル車の雪道での走破性能は高いです。今回はレガシィを例に挙げましたが、フォレスターやXVもオススメです。

元々スバルは軍事機械や航空機を造っていた、というルーツにも、スバルが悪路に強い秘密があるのかもしれません。

スバル フォレスター

スバル XV

スズキ エスクード

スズキ エスクード

雪道に強い車…。次はスズキ・エスクードです。

エスクードは、スズキ独自の電子制御フルタイム4WD「ALLGLIP」を搭載しています。

このシステムは、「AUTO」「SPORT」「SNOW」「LOCK」の4つのモードを選択することができ、滑る雪道では「SNOW」モード、雪が積もってスタックしそうな際には「LOCK」モードと雪道走破にとても役立つ機能を備えています。

また、「レーダーブレーキサポート」と呼ばれるミリ波レーダー方式の衝突被害軽減システムが魅力の一つ。

走行時にミリ波レーダーにより前方の車両を検知することで、衝突を回避や衝突時のダメージを軽減などの効果があります。

トヨタ ランドクルーザー

トヨタ ランドクルーザー

世界中にファンを持つのが、トヨタのランドクルーザー。いつかはランクルが欲しいと思っている方もいるのではないでしょうか。見るからにパワフルなランドクルーザーですが、もちろん雪道でもその性能をいかんなく発揮してくれます。

現行車種には、「マルチテレインセレクト」機能が搭載されており、滑りやすい雪道やオフロードでも安心して走行することができます。また、ラダーフレーム(ジムニーで詳しくご紹介します)を採用。

本格オフロードでも問題なく耐えられる屈強な骨格を持っています。

しかしながら、やはりランドクルーザーは大きいのが欠点です。

都会では少し持て余す可能性もありますし、お値段もやはりそれなりにお高いですので、自分のライフスタイルと照らし合わせて購入を検討してみてください。

アウトドア派、オフロードをよく走行する、お金に余裕がある、大きなガレージを持っているといった方であれば間違いなくオススメの一台です。

【これで決まり】人にはあまり教えたくない!?雪道に強いオススメ2車種

スズキ ジムニー

スズキ ジムニー新型

軽自動車で唯一、専用のラダーフレームを持ち、車軸式サスペンションを装備しているのがこのスズキのジムニーです。

このラダーフレームってなんだ?と思う方もいるかと思いますが、フレームとは、車を支えている骨組みのようなものですよね。

そしてこのラダー(はしご)フレームは、馬車の時代から採用されており、頑丈で製造が容易、そして重量がモノコック型などと比較して重いという特徴があります。

そのため、岩場などのオフロード系の車種には、ラダーフレームが多く採用されています。(ベンツのGクラス、トヨタのランドクルーザー、ジープのラングラーなど)

そして、車軸式サスペンション、これは大型トラックにも使用されているサスペンション型式です。左右の車輪が車軸でつながっているため、構造が単純かつ悪路に強いです。(一方、乗り心地があんまり、という欠点もあります…)

そして、ジムニーですが、2018年内にはフルモデルチェンジを行うと見込まれています。

ですので、今すぐ欲しいという方にはオススメできませんが、雪道走行を考えるのであれば、新型ジムニーがオススメです。

三菱 デリカD:5

三菱 デリカD:5

三菱のデリカD:5は、悪路・雪道を走る人にとって本当にオススメの車です。

ミニバンではありますが、世界唯一のオールラウンダーミニバンと謳っているだけあり、SUV的にも使えるミニバンは現在デリカD:5だけと言っても過言ではありません。

2007年には、世界一過酷なモータースポーツ競技と呼ばれる「ダカールラリー」をほぼノーマル車で無事走破するなど、走行性能もちゃんとお墨付きです。

また、今年販売10周年を迎えたデリカD:5ですが、フルモデルチェンジを控えていると三菱より発表がありました。

2018年~2019年には新型デリカD:5が販売されるとのことですので、デリカが欲しい方は、フルモデルチェンジを待つことを強くオススメします。

最後に

ね、冬は一緒に遊びに行こ

いかがでしたでしょうか。

本記事では、雪道に強い、オススメ車をご紹介いたしました。他にも、スズキのハスラーや三菱のアウトランダーなどなどオススメしたい車はあるのですが、使いやすさやフルモデルチェンジの時期、実際に購入することを考慮した結果、この5選になりました…!!

自分と大切な人を守るためにも!天候関係なくドライブを楽しむためにも!

雪国にお住まいの方、そしてウィンタースポーツが大好きな方は、これを機会に雪道に強い!!という視点も入れて、車選びをしてもいいかもしれないですね。

本記事が、貴方の冬のカーライフに少しでもお役に立てれば嬉しいです。

最新の投稿


【スクープ!】ランボルギーニがアウディからポルシェ傘下に!

【スクープ!】ランボルギーニがアウディからポルシェ傘下に!

アウディ傘下となっているランボルギーニ。2019年1月から、ポルシェ傘下へ入ることが確定したと、米Automobile Magazineが報じています。


【パリモーターショー2018】BMW X5新型と M5コンペティション発表!

【パリモーターショー2018】BMW X5新型と M5コンペティション発表!

BMWグループは、フランスで10月に開催されるパリモーターショー2018(Paris Motor Show)の出展内容を発表しています。それによれば新型『X5』(BMW X5)と『M5コンペティション』(BMW M5 Competition)がワールドプレミアされるとのことです。


【パリモーターショー2018】トヨタ ヤリス(ヴィッツ)2019年モデル初公開

【パリモーターショー2018】トヨタ ヤリス(ヴィッツ)2019年モデル初公開

トヨタヨーロッパは、ヤリス(日本名:ヴィッツ)の2019年モデルをパリモーターショー2018にて初公開することを発表しています。


日産のスーパーカー!GT-Rのスペック 価格 燃費 まとめ

日産のスーパーカー!GT-Rのスペック 価格 燃費 まとめ

日産が誇る、スーパースポーツ、GT-R。ファンも多いこの車。あのプロテニスプレーヤーの大坂なおみ選手も日産車の中ではGT-Rがお好きなんだとか。そんなGT-R、みなさんはどれだけ知っていますか?本記事ではGT-Rのスペック、燃費、価格他気になる情報をまとめています。


フェラーリが経営計画発表!ハイブリッド車とSUV「Purosangue」を導入か

フェラーリが経営計画発表!ハイブリッド車とSUV「Purosangue」を導入か

フェラーリは9月18日に投資家向けに開いた説明会「Capital Markets Day」において2022年までにハイブリッド車をラインナップの6割に導入すること、SUV「Purosangue」を導入する予定であることを示唆しました。本記事ではこの度発表されたフェラーリの経営計画についてご紹介します。