トップへ戻る

スタッドレスタイヤのおすすめ10選|性能と選び方も解説

スタッドレスタイヤのおすすめ10選|性能と選び方も解説

スタッドレスタイヤとは、雪道でも走行できるタイヤのことを言います。別名、冬用タイヤです。当然のことながら使用する地域によっては、降雪量の違いが出ますので、使用頻度に合わせたタイヤ選びがポイントになります。スタッドレスタイヤの特徴と、各メーカーから「おすすめのスタッドレスタイヤ10選」を紹介しましょう。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


スタッドレスタイヤ とは?

original【スタッドレスタイヤ徹底ガイド'07】高重心・高荷重にしっかり対応の専用スタッドレス…トーヨータイヤ ウインタートランパスMK3

スタッドレスタイヤとは、「スタッド=鋲(びょう)」が「レス=ない」タイヤということです。自動車が積雪路や凍結路などを走行するために開発されたスノータイヤの一種です。

グリップ力を高め、路面とタイヤを密着させることから、普通のタイヤと比べると駆動力や制動力をより大きく路面に伝える工夫がなされています。

夏タイヤとの大きな違いは、「ゴムの質」です。スタッドレスタイヤのゴムは、過酷な冬道でも性能を発揮する必要があるため、低温域でもしなやかさを保つことができる性質を持ち、滑りの原因となる氷上の水膜を除去するための工夫がされています。

スタッドレスタイヤに大切な性能って、なに?

雪上・氷上性能

スタッドレスタイヤにとって最も大事な性能は、雪上・氷上でのグリップ性能です。

スタッドレスタイヤの表面には、ブロックと呼ばれるゴツゴツとしたゴムのかたまりが配置され、そのブロックには「サイプ」と呼ばれる細かい溝がギザギザに刻まれています。

スタッドレスタイヤは、このブロックの角やサイプの切れ込みで路面をひっかくことで、雪道でのグリップを得る構造になっています。

さらに、サイプには、その細かい溝に路面の水を取り込むことで、さらにグリップを向上させる「除水効果」もあります。

また、スタッドレスタイヤに使われるゴムは、サマータイヤのゴムとは全く異なる性能が与えられています。

スタッドレスタイヤのゴムは、低温でも硬くならない性質が与えられています。また、発泡ゴムと呼ばれる細かい気泡が入った特殊なゴムで、タイヤと路面の間の水分を吸収する機能もあります。

アイスバーンと呼ばれるツルツルの氷上路では、凍った路面とタイヤとの間にあるごく薄い水膜がタイヤを滑らせる原因になっています。

発泡ゴムは、そのごく薄い水膜の水分を、スポンジのようにタイヤの中にたくさん仕込まれている気泡で吸って吸収する機能があります。その結果、タイヤと氷が直接接触する事で、しっかりとしたグリップを発揮する仕組みになっているのです。

雪深い地域にお住まいの方は、何よりも「雪上・氷上性能」を重視してスタッドレスタイヤを選ぶ事をオススメします。

ドライ&ウェット性能

降雪期間の間は、ずっと道路が雪で覆われてる地域もあれば、そうでない地域もあり、日本の冬の路面状況は千差万別です。

当然、冬の間、たまにドカ雪が降るものの、普段はそれほど雪は積もらないという地域もあり、それらの地域ではスタッドレスタイヤでもドライ路面やウエット路面でのグリップ性能が求められます。

スタッドレスタイヤは雪の積もった滑りやすい路面で使うタイヤなので、雨の日でもグリップするのでは?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、実は、初期のスタッドレスタイヤは雨の日のグリップ性能が低いモデルもありました。

最近のスタッドレスタイヤは、ドライ&ウェット性能の向上がめざましく、タイヤとしての性能のバランスが全般的に高くなっています。

一昔前のように、ドライ&ウェット路面が明らかに苦手というスタッドレスタイヤは、著名なブランドの製品ではもうありません。

冬の間、それほど雪がふらないけど、サマータイヤでは不安という方であれば、オールシーズンタイヤも検討してみる事をオススメします。

スタッドレスタイヤに大切な性能
雪上・氷上性能
雪上・氷上でのグリップ性能が重要。
スタッドレスタイヤの細かい溝に路面の水を取り込むことで、グリップを向上させる「除水効果」もある。
ドライ&ウェット性能ドライ路面やウエット路面でのグリップ性能も重要。
オールシーズンタイヤなどの性能も近年、全般的に高くなっている。

おすすめ1:ブリヂストン BLIZZAK VRX

北海道、北東北で高い評価を受けているブリヂストンのブリザックシリーズ。雪道や氷道が滑るのは氷の上の水の膜によるもの、VRXに採用されている「発泡ゴム」が多数の気泡によりその水膜をしっかり除去し、優れたグリップ力を発揮します。

◎商品情報
・商品名:BRIDGESTONE(ブリヂストン) スタッドレスタイヤ BLIZZAK (ブリザック) VRX
・メーカー名:ブリヂストン(BRIDGESTONE)

BRIDGESTONE(ブリヂストン) スタッドレスタイヤ BLIZZAK (ブリザック) VRX スタッドレス 155/65R13 73Q 13インチ

おすすめ2:ブリヂストン BLIZZAK VRX2

「アクティブ発泡ゴム2」のグリップ力を最大限に発揮させるため、「非対称パターン」もVRXから進化しています。剛性を向上させたブロックが、路面とタイヤの接地面積を最大化することで、グリップ力を向上させました。さらに「長持ち」「静かに」を実現しています。

◎商品情報
・商品名:BRIDGESTONE(ブリヂストン) スタッドレスタイヤ1本 BLIZZAK(ブリザック) VRX2
・メーカー名:ブリヂストン(BRIDGESTONE)

BRIDGESTONE(ブリヂストン) スタッドレスタイヤ1本 BLIZZAK(ブリザック) VRX2 155/65R14 75Q T4961914458652

おすすめ3:ヨコハマ iceGUARD 6

ピラミッド状に折りを4段に重ね、剛性を高めた「クワトロピラミッドサイプ」を採用。立体形状のサイプがお互い支え合うことで、ブロック剛性を向上させ、接地性を確保します。

センターのブロックには、「クワトロピラミッド ディンプルサイプ」を配し、高い排水性とエッジ効果を実現。摩耗が進行した場合でもディンプルが剛性を確保し、エッジ効果を持続させます。

◎商品情報
・商品名:YOKOHAMA(ヨコハマタイヤ) スタッドレスタイヤ iceGUARD 6 アイスガード iG60
・メーカー名:ヨコハマタイヤ (YOKOHAMA TIRE)

YOKOHAMA(ヨコハマタイヤ) スタッドレスタイヤ iceGUARD 6 アイスガード iG60 155/70R13 75Q R2790

おすすめ4:ダンロップ WINTER MAXX 02

タイヤを長く使うとゴムが硬くなるのは、走行で熱や圧力が加わり、ゴムの中から軟化剤のオイルが抜けてしまうから。

そこで新軟化剤として、株式会社クラレ開発の「液状ファルネセンゴム」を採用。ゴム分子と結合し抜けにくいためゴムのしなやかさを維持。 密着力が持続し、氷上性能が一段と長持ちします。

◎商品情報
・商品名:DUNLOP(ダンロップ) スタッドレスタイヤ WINTER MAXX 02 (ウィンターマックス) WM02
・メーカー名:ダンロップ(DUNLOP)

DUNLOP(ダンロップ) スタッドレスタイヤ WINTER MAXX 02 (ウィンターマックス) WM02 165/70R14 81Q 325407

おすすめ5:トーヨータイヤ Winter TRANPATH TX(ミニバン/SUV用)

ハイト系専用プレミアムスタッドレス。ふらつきを抑えた安定感のある走りと、進化したアイス性能をそなえたタイヤ。

「吸収」「密着」「ひっかき」3つの効果が同時に、瞬時に機能するスタッドレス。水膜を瞬時に吸収・除去する「NEO吸着ナノゲルゴム」がアイス性能をさらに進化させました。

◎商品情報
・商品名:トーヨータイヤ WINTER TRANPATH TX
・メーカー名:トーヨータイヤ (TOYO TIRES)

トーヨータイヤ WINTER TRANPATH TX 155/65R14 75Q 1本のみ

おすすめ6:グッドイヤー ICE NAVI 7

細分化された極小シリカで柔軟性が増したコンパウンドとトレッドパターンの改良によって、氷上・雪上性能が向上。ブレーキ性能とコーナリング性能がアップしたことで高いトータル性能を発揮します。さらに、ウェット路面でも安定したハンドリングを実現します。

◎商品情報
・商品名:GOODYEAR(グッドイヤー) ICE NAVI7
・メーカー名:グッドイヤー(Goodyear)

GOODYEAR(グッドイヤー) ICE NAVI7 155/65R14 75Qスタッドレス 05539620 05539620

おすすめ7:ファルケン ESPIA W-ACE

トレッドは方向性を持った左右対称のパターンである「ラッセルパターン」を採用。ブロックのエッジ成分を従来よりも増加させています。

サイプはタテとヨコに配置した タテヨコサイプ を配置。横方向がアイスブレーキ性能を、縦方向はアイスコーナリング性能の向上を考えて設計されています。

◎商品情報
・商品名:ファルケン(FALKEN) スタッドレスタイヤ ESPIA W-ACE
・メーカー名:ファルケン(Falken)

ファルケン(FALKEN) スタッドレスタイヤ 14インチ ESPIA W-ACE 155/65R14 75S 新品1本 332374

おすすめ8:ミシュラン X-ICE3+

最先端コンパウンド「表面再生ゴム」により、新品時のアイスブレーキング性能を向上。その性能は摩耗時にも発揮。

トレッド溝底までサイプを入れたトレッドデザインで、摩耗しても安心です。タイヤノイズを減らすためにブロックの大きさ、配置を最適化しています。

◎商品情報
・商品名:MICHELIN(ミシュラン)スタッドレスタイヤ X-ICE 3 PLUS
・メーカー名:ミシュラン(Michelin)

MICHELIN(ミシュラン)スタッドレスタイヤ X-ICE 3 PLUS 205/65R16 99T 新品1本 705510

おすすめ9:コンチネンタル VikingContact 7

新開発のノルディック・コンパウンドには「アクティブ・グリップ・シリカ」を配合。多数のシリカ分子が機能化ポリマーに結合し、高密度かつ均一に分布することで、ウェット路面で優れたグリップ性能、 ブレーキ性能を発揮します。

コンパウンドに配合した菜種オイル(「菜種オイル・コンポジション」)が、低温下で他の成分に柔軟性をもたらし、路面温度の低い冬の道路でも優れたグリップ性能を発揮してくれる点が魅力です。

◎商品情報
・商品名:Continental(コンチネンタル)スタッドレスタイヤ VikingContact 7
・メーカー名:コンチネンタル

Continental(コンチネンタル)スタッドレスタイヤ VikingContact 7 205/55R16 94T 新品1本 3449920000

おすすめ10:ピレリ ICE ASIMMETRICO PLUS

新たに開発されたデュラブルソフトコンパウンドの採用により、性能 (効き)の持続性を向上させました。

アイス・アシンメトリコで効果が裏付けられた3Dバタフライサイプ、ソフトコアブロック、スノートラップ等のデザイン技術と融合し、スタッドレスタイヤに求められるトータルバランスをさらに高めました。

◎商品情報
・商品名:PIRELLI(ピレリ) スタッドレスタイヤ WINTER ICE ASIMMETRICO PLUS
・メーカー名:PIRELLI (ピレリ)

PIRELLI(ピレリ) スタッドレスタイヤ WINTER ICE ASIMMETRICO PLUS 185/60R15 88Q XL 3600400 新品1本

まとめ

スタッドレスタイヤは、車の形状や、走行する地域や使用用途によっても選ぶ基準が異なります。それぞれのタイヤを比較し、雪道でも安心・安全なタイヤを選び、冬場でも快適なドライブを楽しみたいものです。

自分でタイヤ交換するのはめんどくさい!そんな貴方におすすめ!

タイヤ交換をしたい、でも何からすればいいのか。自分で全部やるのはめんどくさい。そんな方にはTIREHOODがおすすめです。


タイヤ購入・取付予約が同時にできる!
近所にあるガソリンスタンドをはじめとした
店舗が予約できる
そして、
購入したすべてのタイヤにパンク保証がつく!
TIREHOOD公式ページはこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スタッドレスタイヤのFAQ

スタッドレスタイヤって、なに?

スタッドレスタイヤは、雪や氷で覆われた路面を走るためのタイヤです。
「スタッドレス」の意味は、「スタッド=鋲(鋲)」が「レス=無い」、つまり、「鋲の無いタイヤ」という事になります。
以前は、冬の間に使うタイヤとして「スパイクタイヤ=鋲付きのタイヤ」が主流でした。しかし、スパイクタイヤは金属製のスパイクが道路の路面を削って粉塵が発生する等、環境問題を引き起こす原因になっていました。
そのため、法規制でスパイクタイヤの使用を禁止する地域が増え、次第に環境への負荷が少ないスタッドレスタイヤへの以降が進んで行きました。

スタッドレスタイヤとサマータイヤ違いって、なに?

スタッドレスタイヤとサマータイヤの大きな違いは、「ゴムの質」です。
スタッドレスタイヤは雪道や凍結路を走る事が多いので、温度が低くなっても硬くならないゴムが採用されています。また、「発泡ゴム」と呼ばれる、スポンジのように路上の水分を吸収する特殊な性質をもったゴムが開発され、凍結路でのグリップを大幅に向上させるなど、スタッドレスタイヤ特有のゴムが使用されています。

降雪地域では、必ずスタッドレスタイヤを選ばなければいけないの?

冬の間、頻繁に雪が降って道路が雪で覆われる地域では、必ずスタッドレスタイヤを装着する事をオススメします。
一方、冬季に数回しか雪が降らず、それほど積雪の量も多くない地域にお住まいの方は、サマータイヤとスタッドレスタイヤの特徴を兼ね備えた「オールシーズンタイヤ」を選択する、という方法もあります。オールシーズンタイヤは、一年中同じタイヤを履くことが出来ますので、タイヤ代と保管場所を節約できるというメリットがあります。
ご自分がお住まいの地域の気候に合わせて選択される事をオススメします。

タイヤ関連のおすすめ記事はこちら

関連するキーワード


タイヤ スタッドレスタイヤ

関連する投稿


イエローハットのタイヤ交換でかかる費用や作業時間をチェック!

イエローハットのタイヤ交換でかかる費用や作業時間をチェック!

オイルやワイパーなどとともに、車を使っても使わなくても定期的な交換が必要となる「タイヤ」。しかし、いざタイヤ交換が必要と言われても、どうすればいいのか分からなくて困ってしまう方も多いことでしょう。そこでオススメなのが、カー用品店「イエローハット」でのタイヤ交換。この記事では、タイヤ交換の目安とともに、イエローハットの大満足なタイヤ関連サービスをくまなくご紹介していきます。


タイヤの偏平率によるメリット・デメリットは?計算方法も紹介

タイヤの偏平率によるメリット・デメリットは?計算方法も紹介

自動車の動きを地面に伝えてくれるタイヤは非常に重要な存在ですが、愛車のタイヤのサイズを把握しているという方は意外と少ないかもしれませんね。どこか暗号のようなわかりにくさがあるタイヤサイズの中でも、乗り心地や操縦性に直結する隠れた注目ポイントが「偏平率」です。偏平率が変化するとどんな影響があるのか? どうやって計算するのか? 詳しくご紹介していきます。


タイヤサイズの見方を知ることで愛車のタイヤ購入をスムーズに

タイヤサイズの見方を知ることで愛車のタイヤ購入をスムーズに

そろそろタイヤ交換かな、とお考えの方なら、どんなタイヤが愛車にぴったりサイズなのかを調べたりすることもあるでしょう。しかし、タイヤサイズの表記方法は、慣れていないとまるで暗号のようで、わかりにくさがありますよね。どこに何が書いてあるのか理解すれば意外と簡単なタイヤサイズの見方を知っておくことで、タイヤの検討や購入もスムーズに済ませられるようになれるでしょう。


タイヤの適正な空気圧はどうすればわかる?点検方法や点検頻度まとめ

タイヤの適正な空気圧はどうすればわかる?点検方法や点検頻度まとめ

車という重量物をたった4本で支えているのがタイヤ。車のあらゆる動きはタイヤを介して行われることもあり、快適な走行のためにも安全運転のためにも非常に重要なタイヤですが、意外とタイヤの空気圧は放置しがちな方も多いのではないでしょうか。メーカー指定の空気圧に調整していないと、効率が下がってもったいないだけでなく、最悪は事故の危険性も?!詳しく見ていきましょう。


【中古スタッドレスタイヤ】安い・安全・安心三拍子揃う中古タイヤを探せ!見逃せない4項目とは

【中古スタッドレスタイヤ】安い・安全・安心三拍子揃う中古タイヤを探せ!見逃せない4項目とは

冬のドライブで安心感をもたらしてくれるスタッドレスタイヤ。しかし、タイヤは4本セットでは意外と高く、購入には二の足を踏んでしまう方もいらっしゃるのでは。しかし、新品をお探しの方でも一度チェックしておきたいのが、お買い得な中古タイヤの世界です。スタッドレスタイヤは使われる期間が限られることもあるので、中古在庫も豊富。安心な中古スタッドレス選びの基準をご紹介します。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。