目次へ戻る

【冬本番】最新・おすすめスタッドレスタイヤ10選

【冬本番】最新・おすすめスタッドレスタイヤ10選

スタッドレスタイヤとは、雪道でも走行できるタイヤのことを言います。別名、冬用タイヤです。当然のことながら使用する地域によっては、降雪量の違いが出ますので、使用頻度に合わせたタイヤ選びがポイントになります。スタッドレスタイヤの特徴と、各メーカーから「おすすめのスタッドレスタイヤ10選」を紹介しましょう。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


スタッドレスタイヤ とは?

「凍結路」のイメージ画像です。

スタッドレスタイヤとは、スノータイヤの一種

スタッドレスタイヤとは、「スタッド=鋲(びょう)」が「レス=ない」タイヤということです。自動車が積雪路や凍結路などを走行するために開発されたスノータイヤの一種です。

グリップ力を高め、路面とタイヤを密着させることから、普通のタイヤと比べると駆動力や制動力をより大きく路面に伝える工夫がなされています。

夏タイヤとの大きな違いは、「ゴムの質」です。スタッドレスタイヤのゴムは、過酷な冬道でも性能を発揮する必要があるため、低温域でもしなやかさを保つことができる性質を持ち、滑りの原因となる氷上の水膜を除去するための工夫がされています。

おすすめ1:ブリヂストン BLIZZAK VRX

北海道、北東北で高い評価を受けているブリヂストンのブリザックシリーズ。雪道や氷道が滑るのは氷の上の水の膜によるもの、VRXに採用されている「発泡ゴム」が多数の気泡によりその水膜をしっかり除去し、優れたグリップ力を発揮します。

◎商品情報
・商品名:BRIDGESTONE(ブリヂストン) スタッドレスタイヤ BLIZZAK (ブリザック) VRX
・メーカー名:ブリヂストン(BRIDGESTONE)
・金額:6,190円
(上記の金額は2019年10月現在のものです)

BRIDGESTONE(ブリヂストン) スタッドレスタイヤ BLIZZAK (ブリザック) VRX スタッドレス 155/65R13 73Q 13インチ

おすすめ2:ブリヂストン BLIZZAK VRX2

「アクティブ発泡ゴム2」のグリップ力を最大限に発揮させるため、「非対称パターン」もVRXから進化しています。剛性を向上させたブロックが、路面とタイヤの接地面積を最大化することで、グリップ力を向上させました。さらに「長持ち」「静かに」を実現しています。

◎商品情報
・商品名:BRIDGESTONE(ブリヂストン) スタッドレスタイヤ1本 BLIZZAK(ブリザック) VRX2
・メーカー名:ブリヂストン(BRIDGESTONE)
・金額:9,747円
(上記の金額は2019年10月現在のものです)

BRIDGESTONE(ブリヂストン) スタッドレスタイヤ1本 BLIZZAK(ブリザック) VRX2 155/65R14 75Q T4961914458652

おすすめ3:ヨコハマ iceGUARD 6

ピラミッド状に折りを4段に重ね、剛性を高めた「クワトロピラミッドサイプ」を採用。立体形状のサイプがお互い支え合うことで、ブロック剛性を向上させ、接地性を確保します。

センターのブロックには、「クワトロピラミッド ディンプルサイプ」を配し、高い排水性とエッジ効果を実現。摩耗が進行した場合でもディンプルが剛性を確保し、エッジ効果を持続させます。

◎商品情報
・商品名:YOKOHAMA(ヨコハマタイヤ) スタッドレスタイヤ iceGUARD 6 アイスガード iG60
・メーカー名:ヨコハマタイヤ (YOKOHAMA TIRE)
・金額:7,000
(上記の金額は2019年10月現在のものです)

YOKOHAMA(ヨコハマタイヤ) スタッドレスタイヤ iceGUARD 6 アイスガード iG60 155/70R13 75Q R2790

おすすめ4:ダンロップ WINTER MAXX 02

タイヤを長く使うとゴムが硬くなるのは、走行で熱や圧力が加わり、ゴムの中から軟化剤のオイルが抜けてしまうから。

そこで新軟化剤として、株式会社クラレ開発の「液状ファルネセンゴム」を採用。ゴム分子と結合し抜けにくいためゴムのしなやかさを維持。 密着力が持続し、氷上性能が一段と長持ちします。

◎商品情報
・商品名:DUNLOP(ダンロップ) スタッドレスタイヤ WINTER MAXX 02 (ウィンターマックス) WM02
・メーカー名:ダンロップ(DUNLOP)
・金額:8,650円
(上記の金額は2019年10月現在のものです)

DUNLOP(ダンロップ) スタッドレスタイヤ WINTER MAXX 02 (ウィンターマックス) WM02 165/70R14 81Q 325407

おすすめ5:トーヨータイヤ Winter TRANPATH TX(ミニバン/SUV用)

ハイト系専用プレミアムスタッドレス。ふらつきを抑えた安定感のある走りと、進化したアイス性能をそなえたタイヤ。

「吸収」「密着」「ひっかき」3つの効果が同時に、瞬時に機能するスタッドレス。水膜を瞬時に吸収・除去する「NEO吸着ナノゲルゴム」がアイス性能をさらに進化させました。

◎商品情報
・商品名:トーヨータイヤ WINTER TRANPATH TX
・メーカー名:トーヨータイヤ (TOYO TIRES)
・金額:6,710円
(上記の金額は2019年10月現在のものです)

トーヨータイヤ WINTER TRANPATH TX 155/65R14 75Q 1本のみ

おすすめ6:グッドイヤー ICE NAVI 7

細分化された極小シリカで柔軟性が増したコンパウンドとトレッドパターンの改良によって、氷上・雪上性能が向上。ブレーキ性能とコーナリング性能がアップしたことで高いトータル性能を発揮します。さらに、ウェット路面でも安定したハンドリングを実現します。

◎商品情報
・商品名:GOODYEAR(グッドイヤー) ICE NAVI7
・メーカー名:グッドイヤー(Goodyear)
・金額:4,316円
(上記の金額は2019年10月現在のものです)

GOODYEAR(グッドイヤー) ICE NAVI7 155/65R14 75Qスタッドレス 05539620 05539620

おすすめ7:ファルケン ESPIA W-ACE

トレッドは方向性を持った左右対称のパターンである「ラッセルパターン」を採用。ブロックのエッジ成分を従来よりも増加させています。

サイプはタテとヨコに配置した タテヨコサイプ を配置。横方向がアイスブレーキ性能を、縦方向はアイスコーナリング性能の向上を考えて設計されています。

◎商品情報
・商品名:ファルケン(FALKEN) スタッドレスタイヤ ESPIA W-ACE
・メーカー名:ファルケン(Falken)
・金額:5,749円
(上記の金額は2019年10月現在のものです)

ファルケン(FALKEN) スタッドレスタイヤ 14インチ ESPIA W-ACE 155/65R14 75S 新品1本 332374

おすすめ8:ミシュラン X-ICE3+

最先端コンパウンド「表面再生ゴム」により、新品時のアイスブレーキング性能を向上。その性能は摩耗時にも発揮。

トレッド溝底までサイプを入れたトレッドデザインで、摩耗しても安心です。タイヤノイズを減らすためにブロックの大きさ、配置を最適化しています。

◎商品情報
・商品名:MICHELIN(ミシュラン)スタッドレスタイヤ X-ICE 3 PLUS
・メーカー名:ミシュラン(Michelin)
・金額:16,361円
(上記の金額は2019年10月現在のものです)

MICHELIN(ミシュラン)スタッドレスタイヤ X-ICE 3 PLUS 205/65R16 99T 新品1本 705510

おすすめ9:コンチネンタル VikingContact 7

新開発のノルディック・コンパウンドには「アクティブ・グリップ・シリカ」を配合。多数のシリカ分子が機能化ポリマーに結合し、高密度かつ均一に分布することで、ウェット路面で優れたグリップ性能、 ブレーキ性能を発揮します。

コンパウンドに配合した菜種オイル(「菜種オイル・コンポジション」)が、低温下で他の成分に柔軟性をもたらし、路面温度の低い冬の道路でも優れたグリップ性能を発揮してくれる点が魅力です。

◎商品情報
・商品名:Continental(コンチネンタル)スタッドレスタイヤ VikingContact 7
・メーカー名:コンチネンタル
・金額:26,217円
(上記の金額は2019年10月現在のものです)

Continental(コンチネンタル)スタッドレスタイヤ VikingContact 7 205/55R16 94T 新品1本 3449920000

おすすめ10:ピレリ ICE ASIMMETRICO PLUS

新たに開発されたデュラブルソフトコンパウンドの採用により、性能 (効き)の持続性を向上させました。

アイス・アシンメトリコで効果が裏付けられた3Dバタフライサイプ、ソフトコアブロック、スノートラップ等のデザイン技術と融合し、スタッドレスタイヤに求められるトータルバランスをさらに高めました。

◎商品情報
・商品名:PIRELLI(ピレリ) スタッドレスタイヤ WINTER ICE ASIMMETRICO PLUS
・メーカー名:PIRELLI (ピレリ)
・金額:8,061円
(上記の金額は2019年10月現在のものです)

PIRELLI(ピレリ) スタッドレスタイヤ WINTER ICE ASIMMETRICO PLUS 185/60R15 88Q XL 3600400 新品1本

まとめ

スタッドレスタイヤは、車の形状や、走行する地域や使用用途によっても選ぶ基準が異なります。それぞれのタイヤを比較し、雪道でも安心・安全なタイヤを選び、冬場でも快適なドライブを楽しみたいものです。

自分でタイヤ交換するのはめんどくさい!そんな貴方におすすめ!

タイヤ交換をしたい、でも何からすればいいのか。自分で全部やるのはめんどくさい。そんな方にはTIREHOODがおすすめです。


タイヤ購入・取付予約が同時にできる!
近所にあるガソリンスタンドをはじめとした
店舗が予約できる
そして、
購入したすべてのタイヤにパンク保証がつく!
TIREHOOD公式ページはこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

タイヤ関連のおすすめ記事はこちら

関連するキーワード


タイヤ スタッドレスタイヤ

関連する投稿


大切な愛車を守る!ロックナットの仕組みと外し方|紛失時の対応も

大切な愛車を守る!ロックナットの仕組みと外し方|紛失時の対応も

大切な愛車を盗難から守るためのセキュリティパーツ「ロックナット」について紹介します。ロックナットの仕組みや種類、使用方法から取り外し方、また、キーアダプター・ソケットを紛失してしまった場合の対応方法や、取り外しを店舗にて行う場合の工賃・費用、おすすめのロックナットについても掲載しています。


ピレリタイヤとは?おすすめのタイヤもご紹介!

ピレリタイヤとは?おすすめのタイヤもご紹介!

F1のタイヤサプライヤーとしても有名な、タイヤメーカーピレリはイタリアのミラノに本社を持つタイヤメーカーです。スーパーカーと呼ばれる車に多く採用されているタイヤメーカーであることも有名な話です。今回はこのピレリについて解説します。


【知っ得!】タイヤのサイズの見方やタイヤサイズを変えるメリット

【知っ得!】タイヤのサイズの見方やタイヤサイズを変えるメリット

車によりほぼタイヤサイズは決まっていますが、車種によればそのタイヤサイズを変更することは出来ます。タイヤサイズを変更することにより何が変わるのでしょうか、また標準タイヤとは何なのでしょうか。今回はタイヤサイズについて解説します。


タイヤ交換の所要時間&料金相場比較!タイヤ持ち込み対応のお店一覧も

タイヤ交換の所要時間&料金相場比較!タイヤ持ち込み対応のお店一覧も

タイヤの溝がすり減ってきて、タイヤ交換の時期...。これからタイヤ交換を考えている方に必要な情報を一覧で分かりやすくご紹介します。具体的には、タイヤ交換の所要時間と工賃比較、自分で選んだタイヤを持ち込みできるお店をご紹介します。


タイヤワックスの種類や効果、おすすめもご紹介!

タイヤワックスの種類や効果、おすすめもご紹介!

タイヤワックスにはたくさんの種類があり、タイヤの見た目に変化を与えることができ、タイヤの寿命を伸ばすことも可能になる優れものです。今回の記事では、誰でも知っているタイヤワックスについて特徴や種類などを分かりやすく解説します。


最新の投稿


スマートキーの注意点やリレーアタック対策方法をご紹介!

スマートキーの注意点やリレーアタック対策方法をご紹介!

最近、多くの車種に採用されているスマートキー。その特徴と注意点をおさらいしましょう。メーカーによって異なるスマートキーシステムの呼称についても解説します。


ブレーキの鳴き、対策しないとどうなる?

ブレーキの鳴き、対策しないとどうなる?

ブレーキを踏む度に何やら嫌な音がしている。気にはなるけど放置している人はいませんか?重大なトラブルのシグナルかも知れませんよ。今回の記事では、ブレーキの鳴きの原因とその対処法について詳しく解説します。


【縦列駐車のコツ・やり方は?】出来ない人必見の動画や手順を紹介

【縦列駐車のコツ・やり方は?】出来ない人必見の動画や手順を紹介

教習所で苦戦する人が多い縦列駐車。免許取得後も、やり方を忘れてしまう人も多いのではないでしょうか。今回は縦列駐車のコツや手順、おすすめの動画などを合わせて掲載しています。


【軽自動車比較】おすすめ軽自動車10選!人気・燃費・広さで選ぶなら?

【軽自動車比較】おすすめ軽自動車10選!人気・燃費・広さで選ぶなら?

国内の自動車販売台数の内、3割以上の販売台数を占める軽自動車。こちらの記事では「燃費(JC08モード&実燃費)」、ファミリーに勧めたい「広さ・使い勝手」、「人気車種」と、各それぞれの項目でおすすめの軽自動車の概要や、特徴、新車・中古車平均価格、ユーザー評価等の情報をまとめています。


【2020年(令和2年)お盆休み】渋滞予測、混雑日、ピーク、混雑する道路は?

【2020年(令和2年)お盆休み】渋滞予測、混雑日、ピーク、混雑する道路は?

2020年のお盆休み期間中の高速道路の渋滞予測から、最も渋滞が予測されるピーク日をまとめています。今年は新型コロナウィルスの影響で、例年にも増してどうなるかわからない状況です。そんなお盆休みの渋滞予測に関する情報を随時更新していきます。※いまだ新型コロナウィルスが蔓延している状況からも、どうしても帰省しなければならない、緊急な用事等以外はお盆もご自宅でゆっくりすることをおすすめいたします。