目次へ戻る

スタッドレスタイヤの寿命年数や距離は?見分け方から交換方法まで解説

スタッドレスタイヤの寿命年数や距離は?見分け方から交換方法まで解説

冬、降雪・積雪・凍結時の道路を走行するには必須となるスタッドレスタイヤ。本記事では、スタッドレスタイヤの寿命について、年数はどの程度が寿命なのか、距離はどの程度走ると劣化するのか、またその見分け方についてを説明しています。


スレッドレスタイヤの寿命は距離?年数?

降雪の多い地域にお住まいの方や、ウィンタースポーツを楽しまれる方は、冬の時期、スタッドレスタイヤに履き替えると思いますが、「スタッドレスタイヤの寿命」について正しく理解されていますでしょうか。

よく言われる使用期間の目安は、3~5シーズンですが、寿命を見分けるには3つのポイントが存在します。走行距離なのか、使用年数なのか、次項よりスタッドレスタイヤの寿命の判断の仕方を解説していきます。

スレッドレスタイヤの寿命 見分け方の判断は3つ

スタッドレスタイヤの寿命の見分け方は、「溝(スリップサイン)」「プラットフォーム」「製造年週」の3つのポイントが存在します。

溝(スリップサイン)は、スタッドレスタイヤだけではなく、夏タイヤの寿命を見るのにも使われるため、しっかり確認するようにしてください。

プラットフォームは、スタッドレスタイヤ特有の寿命を見分ける印です。必ず見るようにしてください。

製造年週に関しては、ゴムの劣化に関わってくるため、使っている際の確認だけではなく、購入する際の判断基準にもなります。

これらを総合的に見て判断し、1つでも引っかかっていればタイヤ交換をすべきでしょう。
それぞれのチェック項目に関して、詳しく解説をしていきます。

溝(スリップサイン)

スリップサインとは、タイヤに付いている目印のことをいいます。

走行距離が多いとタイヤがすり減ってくるため、交換のタイミングの目安となるのがスリップサインです。これは、夏タイヤ、スタッドレスタイヤを問わず付いているので、夏タイヤの寿命に関しても、これで見ることが出来ます。

スリップサインがどこにあるかを確認するには、タイヤ側面の「▲」のマークを探してみてください。

「▲」マークの描かれた部分の溝の奥に突起があり、それがスリップサインです。

スリップサインは、タイヤの溝の深さが1.6mm以下になると露出するようになっていて、6か所あるスリップサインのどれか1つでも露出をしていると、整備不良となり、交通法規上の法令違反となってしまうため、普段からチェックするようにしましょう。

プラットフォーム

プラットフォームとは、スタッドレスタイヤにあるスリップサインとは異なるタイヤの溝の中にある突起です。

プラットフォームは、タイヤ側面の「↑」のマークが描かれた部分の溝の奥にあります。
タイヤがすり減り、プラットフォームが露出すると、新品状態からの溝の深さが50%以下になっていることを指します。

スリップサインがまだ見えていなくても、プラットフォームが露出している状態だと、スタッドレスタイヤとしては、寿命を迎えているという証なので、タイヤを交換するようにしましょう。

「まだいける」と思ったとしても、すでに非常に滑りやすくなっている可能性があるため、危険ですので、走行せずにタイヤ交換をするようにしてください。

製造年週

タイヤには、製造年週というものがあり、これもスタッドレスタイヤの寿命をチェックするのに大事なポイントになります。

スタッドレスタイヤは、積雪時や路面が凍っている状態でも止まれるように、夏タイヤに比べると柔らかいゴムが使われています。

製造年週が古くなると、ゴムが段々硬くなり、スタッドレスタイヤとして機能しなくなってしまうため、そんなに走行をしていなくても、年数の経過により寿命を迎えてしまう場合があります。

スタッドレスタイヤを探す際、製造年週の古いスタッドレスタイヤであれば格安で売られていることもありますが、その場合1~2シーズンしか使えないということもありえます。

製造年週の確認方法は、タイヤ側面にある4桁の数字を探してみてください。4桁の数字が「週数+年数」を示しています。2000年以降の製造番号の場合、年数の下2桁を取って反映させています。

上記画像の場合「3906」が製造年週なので2006年の39週に製造されたタイヤということになります。

しかし、製造年週がそこまで経っていなくても、ゴムが劣化している場合もあるので、注意してください。指でタイヤを押した時に弾力が無い場合や、タイヤの側面にひびが入っている場合は、寿命を迎えていると判断しても問題ありませんので、交換することを推奨します。

ゴムの劣化に関しては、タイヤの保管方法なども大きく影響してくるので、直射日光のずっと当たる場所や雨風の当たるところに放置しないようにすることが、スタッドレスタイヤを長持ちさせるコツとなります。

最終的な判断はドライバー次第だが

ここまで、スタッドレスタイヤの寿命を見分けるポイントを解説してきましたが、スタッドレスタイヤをどの段階で交換をするかの判断はドライバーに委ねられます。

もちろんスリットサインが露出してしまっている場合は、溝の深さが1.6mm以下となり、その状態で走行を続けた場合は整備不良車両として罰せられるため交換が必須ですが、特に製造年週においては、「1つの目安」であり、絶対にその年数が経過したら交換すべきとは言い切れないのも事実です。

新しいタイヤに比べ製造年週が古いタイヤは滑りやすくなるのは事実ですが、普段から雪道の走行に慣れている人等は「ドライバー次第」で検討する人も多いです。

しかし、雪道の走行に自信のない方や、不慣れな方は前述の3つの判断基準を元に寿命の判断とタイヤ交換をするようにしましょう。

スタッドレスタイヤの交換方法は?

夏タイヤからスタッドレスタイヤへ、スタッドレスタイヤから夏タイヤへのの交換は、ガソリンスタンドやタイヤ専門店、ディーラーに持っていけば、作業してもらうことが可能です。

掛かる時間としては、普通車であれば30分~1時間程度が目安で、費用は2,000円程度~が目安となっています。もし、車の点検や車検のタイミングでタイヤ交換をするのであれば、場合によっては無料で交換出来たりもします。

店舗によってはタイヤ購入者限定でしかタイヤ交換を行ってくれない等もあるので、下記記事の情報等を参考にして下さい。

まとめ

スタッドレスタイヤの寿命を見分けるポイントやタイヤ交換の方法などを解説させて頂きました。

積雪のある地域だと必ずと言ってもいいほど必要になるスタッドレスタイヤですが、使っても使わなくても寿命は来てしまうので、あまり使ってないからといって放置しすぎないようにしましょう。

スタッドレスタイヤは、どこまで使えるのかの判断が難しいかもしれませんが、あまりギリギリまで使いすぎて、スリップ事故などを起こさないように十分注意をしてください。

関連する投稿


【今こそ知りたい】ガラスコーティング、洗車時の注意点とおすすめコーティング剤は?

【今こそ知りたい】ガラスコーティング、洗車時の注意点とおすすめコーティング剤は?

カーコーティングの中でも硬いガラス質の皮膜でボディを多い、キズに強いと言われている「ガラスコーティグ」。本記事ではガラスコーティングとは何かといった疑問から、ガラスコーティングのメリット、ポリマーコーティングやワックスとの違い、コーティング後の洗車方法や注意点、おすすめのコーティング剤についてを紹介しています。


ワイパーブレードのおすすめ厳選 5商品|交換時期・寿命や外し方も紹介

ワイパーブレードのおすすめ厳選 5商品|交換時期・寿命や外し方も紹介

雨の日のドライブにワイパーを使っても、スジになっていたり、ビビり音がすると既にワイパーの交換時期が過ぎているのかもしれません。 見落としがちなのワイパーブレードの交換。今回は、ワイパーブレードの種類から交換方法と外し方、寿命の見分け方や交換時期についての説明と、おすすめのワイパーブレードの紹介を合わせて掲載しています。


一部の自動車に装着されている!フライホイールの役割と構造、費用は?

一部の自動車に装着されている!フライホイールの役割と構造、費用は?

一部の自動車にはフライホイールと呼ばれる部品が装着されています。今回はこのフライホイールについて、その役割や構造について紹介し、そのチューニングや交換にかかる費用についても学びましょう。


エアフィルター交換でエンジンを守る┃交換方法や時期等まとめ

エアフィルター交換でエンジンを守る┃交換方法や時期等まとめ

みなさんはエアフィルターというものを知っていますか? これを交換しないとエンジンに入ってくる空気がろ過されずに汚い空気が入ってしまい、エンジンに不具合が出てしまうことになります。今回は交換するタイミングと交換の仕方を、車だけではなくバイクの場合も見ていきましょう。


【メンテナンス&DIY】ちゃんと気にしてる?ホイールバランス

【メンテナンス&DIY】ちゃんと気にしてる?ホイールバランス

自動車のホイールのスポークの合間から見える、板状の鉛の様な物。これが何か気になった人はいないでしょうか?これは「バランスウエイト」と呼ばれる、タイヤの回転のバランスを取るための”おもり”です。今回の記事ではこのバランスウエイト(バランスウェイト)とホイールバランスについてご案内していきます。


最新の投稿


2019年7月発売!ダイハツ新型タント 人気の軽トールワゴンタント新型の最新情報

2019年7月発売!ダイハツ新型タント 人気の軽トールワゴンタント新型の最新情報

「タント」はダイハツの大人気軽トールワゴンです。そんなタントがフルモデルチェンジして2019年7月ごろ登場します。発売は?価格は?新旧で何が変わるの?他タント新型の最新情報をまとめています。また、新型タントの最新画像も多数掲載!購入検討している方、予約検討している方はぜひ本記事をどうぞ!【6月17日更新】


フェラーリ初のPHV SF90ストラダーレ 最新情報 スペック  最新画像ほか

フェラーリ初のPHV SF90ストラダーレ 最新情報 スペック 最新画像ほか

フェラーリ初のPHVカーが登場します。その名もずばり『SF90 ストラダーレ』です。本記事ではフェラーリ SF90 ストラダーレの、最新情報、明らかになっているスペック情報のほか、価格や最新のエクステリア画像、そして気になる車名の由来についてもまとめています。フェラーリがお好きな方はぜひこの記事を読んでみてくださいね。


【2019年夏初公開】テスラ初!電動ピックアップトラックのデザインを初公開

【2019年夏初公開】テスラ初!電動ピックアップトラックのデザインを初公開

テスラといえば、イーロン・マスクCEO率いる自動車会社であり、電気自動車の製造・販売をしています。今までにもSUVやセダン、ロードスターと様々なEVカーを作ってきたテスラ。そんな中、ついにテスラが電動ピックアップトラックに着手します!デザインの初公開は2019年夏を予定しています。


【7年ぶりの復活か】三菱の軽クロカン!パジェロミニ新型 はSUVになる?

【7年ぶりの復活か】三菱の軽クロカン!パジェロミニ新型 はSUVになる?

気になるニュースが飛び込んできました。なんと三菱の軽クロカンパジェロミニが復活するかもしれないとのこと。三菱を代表する車のひとつ、パジェロの国内生産終了が決まって、悲しんでいる人も多い中、これは嬉しいニュースですね。本記事では三菱の軽クロカン・パジェロミニ復活の最新情報はもちろんのこと、パジェロミニとはどういう車であったのか、について触れています。


上野動物園周辺のおすすめ駐車場15選!安いところは?予約はできるの?

上野動物園周辺のおすすめ駐車場15選!安いところは?予約はできるの?

都内で有名な動物園である上野動物園は土日は家族や恋人同士で混雑することも多いです。そんな時困る一つが駐車場が満車の場合です。 今回はそんな上野動物園周辺の駐車場事情をご紹介していきます。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング