トップへ戻る

スタッドレスタイヤの寿命年数や距離は?見分け方から交換方法まで解説

スタッドレスタイヤの寿命年数や距離は?見分け方から交換方法まで解説

冬、降雪・積雪・凍結時の道路を走行するには必須となるスタッドレスタイヤ。本記事では、スタッドレスタイヤの寿命について、年数はどの程度が寿命なのか、距離はどの程度走ると劣化するのか、またその見分け方についてを説明しています。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


スレッドレスタイヤの寿命は距離?年数?

降雪の多い地域にお住まいの方や、ウィンタースポーツを楽しまれる方は、冬の時期、スタッドレスタイヤに履き替えると思いますが、「スタッドレスタイヤの寿命」について正しく理解されていますでしょうか。

よく言われる使用期間の目安は、3~5シーズンですが、寿命を見分けるには3つのポイントが存在します。走行距離なのか、使用年数なのか、次項よりスタッドレスタイヤの寿命の判断の仕方を解説していきます。

スレッドレスタイヤの寿命 見分け方の判断は3つ

スタッドレスタイヤの寿命の見分け方は、「溝(スリップサイン)」「プラットフォーム」「製造年週」の3つのポイントが存在します。

溝(スリップサイン)は、スタッドレスタイヤだけではなく、夏タイヤの寿命を見るのにも使われるため、しっかり確認するようにしてください。

プラットフォームは、スタッドレスタイヤ特有の寿命を見分ける印です。必ず見るようにしてください。

製造年週に関しては、ゴムの劣化に関わってくるため、使っている際の確認だけではなく、購入する際の判断基準にもなります。

これらを総合的に見て判断し、1つでも引っかかっていればタイヤ交換をすべきでしょう。
それぞれのチェック項目に関して、詳しく解説をしていきます。

溝(スリップサイン)

スリップサインとは、タイヤに付いている目印のことをいいます。

走行距離が多いとタイヤがすり減ってくるため、交換のタイミングの目安となるのがスリップサインです。これは、夏タイヤ、スタッドレスタイヤを問わず付いているので、夏タイヤの寿命に関しても、これで見ることが出来ます。

スリップサインがどこにあるかを確認するには、タイヤ側面の「▲」のマークを探してみてください。

「▲」マークの描かれた部分の溝の奥に突起があり、それがスリップサインです。

スリップサインは、タイヤの溝の深さが1.6mm以下になると露出するようになっていて、6か所あるスリップサインのどれか1つでも露出をしていると、整備不良となり、交通法規上の法令違反となってしまうため、普段からチェックするようにしましょう。

プラットフォーム

プラットフォームとは、スタッドレスタイヤにあるスリップサインとは異なるタイヤの溝の中にある突起です。

プラットフォームは、タイヤ側面の「↑」のマークが描かれた部分の溝の奥にあります。
タイヤがすり減り、プラットフォームが露出すると、新品状態からの溝の深さが50%以下になっていることを指します。

スリップサインがまだ見えていなくても、プラットフォームが露出している状態だと、スタッドレスタイヤとしては、寿命を迎えているという証なので、タイヤを交換するようにしましょう。

「まだいける」と思ったとしても、すでに非常に滑りやすくなっている可能性があるため、危険ですので、走行せずにタイヤ交換をするようにしてください。

製造年週

タイヤには、製造年週というものがあり、これもスタッドレスタイヤの寿命をチェックするのに大事なポイントになります。

スタッドレスタイヤは、積雪時や路面が凍っている状態でも止まれるように、夏タイヤに比べると柔らかいゴムが使われています。

製造年週が古くなると、ゴムが段々硬くなり、スタッドレスタイヤとして機能しなくなってしまうため、そんなに走行をしていなくても、年数の経過により寿命を迎えてしまう場合があります。

スタッドレスタイヤを探す際、製造年週の古いスタッドレスタイヤであれば格安で売られていることもありますが、その場合1~2シーズンしか使えないということもありえます。

製造年週の確認方法は、タイヤ側面にある4桁の数字を探してみてください。4桁の数字が「週数+年数」を示しています。2000年以降の製造番号の場合、年数の下2桁を取って反映させています。

上記画像の場合「3906」が製造年週なので2006年の39週に製造されたタイヤということになります。

しかし、製造年週がそこまで経っていなくても、ゴムが劣化している場合もあるので、注意してください。指でタイヤを押した時に弾力が無い場合や、タイヤの側面にひびが入っている場合は、寿命を迎えていると判断しても問題ありませんので、交換することを推奨します。

ゴムの劣化に関しては、タイヤの保管方法なども大きく影響してくるので、直射日光のずっと当たる場所や雨風の当たるところに放置しないようにすることが、スタッドレスタイヤを長持ちさせるコツとなります。

最終的な判断はドライバー次第だが

ここまで、スタッドレスタイヤの寿命を見分けるポイントを解説してきましたが、スタッドレスタイヤをどの段階で交換をするかの判断はドライバーに委ねられます。

もちろんスリットサインが露出してしまっている場合は、溝の深さが1.6mm以下となり、その状態で走行を続けた場合は整備不良車両として罰せられるため交換が必須ですが、特に製造年週においては、「1つの目安」であり、絶対にその年数が経過したら交換すべきとは言い切れないのも事実です。

新しいタイヤに比べ製造年週が古いタイヤは滑りやすくなるのは事実ですが、普段から雪道の走行に慣れている人等は「ドライバー次第」で検討する人も多いです。

しかし、雪道の走行に自信のない方や、不慣れな方は前述の3つの判断基準を元に寿命の判断とタイヤ交換をするようにしましょう。

スタッドレスタイヤの交換方法は?

夏タイヤからスタッドレスタイヤへ、スタッドレスタイヤから夏タイヤへのの交換は、ガソリンスタンドやタイヤ専門店、ディーラーに持っていけば、作業してもらうことが可能です。

掛かる時間としては、普通車であれば30分~1時間程度が目安で、費用は2,000円程度~が目安となっています。もし、車の点検や車検のタイミングでタイヤ交換をするのであれば、場合によっては無料で交換出来たりもします。

店舗によってはタイヤ購入者限定でしかタイヤ交換を行ってくれない等もあるので、下記記事の情報等を参考にして下さい。

まとめ

スタッドレスタイヤの寿命を見分けるポイントやタイヤ交換の方法などを解説させて頂きました。

積雪のある地域だと必ずと言ってもいいほど必要になるスタッドレスタイヤですが、使っても使わなくても寿命は来てしまうので、あまり使ってないからといって放置しすぎないようにしましょう。

スタッドレスタイヤは、どこまで使えるのかの判断が難しいかもしれませんが、あまりギリギリまで使いすぎて、スリップ事故などを起こさないように十分注意をしてください。

スタッドレスタイヤが気になる方はこちらもどうぞ

タイヤ交換をしたい、でも何からすればいいのか。自分で全部やるのはめんどくさい。そんな方にはTIREHOODがおすすめです。


タイヤ購入・取付予約が同時にできる!
近所にあるガソリンスタンドをはじめとした
店舗が予約できる
そして、
購入したすべてのタイヤにパンク保証がつく!
TIREHOOD公式ページはこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

関連する投稿


自動車のヒューズとは?役割から飛んでしまった時の対処法まで徹底解説

自動車のヒューズとは?役割から飛んでしまった時の対処法まで徹底解説

自動車のヒューズの役割や種類などについて紹介すると同時に、ヒューズ飛びが原因で起こるトラブルや症状などについても解説します。そして、ヒューズ飛びの対策について紹介します。


おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

車の洗車に必要なカースポンジですが、その種類はとても多く、どのスポンジを使えば良いか迷うものです。今回は洗車やワックスに適したスポンジの選び方や用途について説明していきます。スポンジの素材や形状についても触れてみたいと思います。


【車検のまとめ】受けられるお店から、車検切れ対策まで!

【車検のまとめ】受けられるお店から、車検切れ対策まで!

クルマが、安全性などの基準に適合しているかどうかを、一定期間ごとに検査する制度が車検です。クルマの調子が良くても、悪くても、受けなければなりません。今回は、カーライフに欠かせない、車検についてまとめました。


ワコーズバリアスコートについて解説!効果や注意点も

ワコーズバリアスコートについて解説!効果や注意点も

ワコーズが開発したバリアスコートは、効果の高いコーティング剤です。今回はワコーズのバリアスコートのメリットやデメリット、期待できる効果や具体的な使用方法、使用時の注意点などについて解説します。


融雪剤って何?豪雪時に使いたい融雪剤10選

融雪剤って何?豪雪時に使いたい融雪剤10選

積もった雪を溶かして、除雪しやすくしてくれるのが融雪剤ですが、複数の種類に分かれています。環境に優しいタイプや除草剤としても使えるものまである中で、使いやすい融雪剤を10種類ピックアップ。おすすめできる理由と共に、融雪剤の選び方をご紹介します。


最新の投稿


「金融車」って何?車を相場より安く購入できるってほんと?

「金融車」って何?車を相場より安く購入できるってほんと?

車を通常より安く購入する方法にもさまざまなものがあります。中でも相場よりかなり安く購入できることで注目されているのが金融車です。ここでは金融車とは何なのか、そしてメリットやデメリットについてご紹介します。


ルーレット族とは?走り屋や暴走族とはどう違う?ルーツを徹底解説

ルーレット族とは?走り屋や暴走族とはどう違う?ルーツを徹底解説

関東地方を中心としたエリアで聞かれることの多いルーレット族という言葉ですが、案外その定義を知らないという方も多いようです。そこで、ルーレット族の定義や名前の由来などについてご紹介します。


自動車のヒューズとは?役割から飛んでしまった時の対処法まで徹底解説

自動車のヒューズとは?役割から飛んでしまった時の対処法まで徹底解説

自動車のヒューズの役割や種類などについて紹介すると同時に、ヒューズ飛びが原因で起こるトラブルや症状などについても解説します。そして、ヒューズ飛びの対策について紹介します。


当て逃げとは?基礎知識や遭わないためのポイントも解説

当て逃げとは?基礎知識や遭わないためのポイントも解説

物損事故の際に警察へ通報せずその場から立ち去る当て逃げは、罰則が適用される立派な法律違反となります。そこで今回は、当て逃げの概要や遭った時の対処法、遭わないためのポイントなどについてわかりやすく解説します。


もらい事故とは?基礎知識や対処法を解説

もらい事故とは?基礎知識や対処法を解説

どれほど注意していても降りかかる可能性があるもらい事故は、起こってしまった際の咄嗟の対処が難しい事故のひとつでもあります。そこで今回は、もらい事故の概要や起こった時の対処法、防止するためのポイントについて解説します。