トップへ戻る

スパイクタイヤは利用禁止?許可されてる地域がある?罰則や関連法まとめ

スパイクタイヤは利用禁止?許可されてる地域がある?罰則や関連法まとめ

雪道で強い性能を発揮しているスパイクタイヤ。スタッドレスタイヤと何が違うのか、わからない方も多いですね。スパイクタイヤの利用者が減っているけれど何か理由があるんだろうか?公道の走行が禁止になったわけや自作でスパイクタイヤを作る方法など何もわからない方のために、わかりやすく紹介していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


スパイクタイヤとは

スパイクタイヤというと普段使わないので聞きなれないという方も多いでしょうが、冬に道路などが凍結した際に使用するタイヤの一種です。

その構造はというと金属製のスタッドがタイヤのトレッド面に打ち込まれているのが特徴的です。

ちなみにスタッドというのは留め具のことをさしており、打ち込まれていることによる利点は雪や凍った道の上でも安定した走行ができることなどがあります。

こうした利点から冬用タイヤとして1980年代までは愛用されていたのですが、金属でできたスタッドは凍っていない道路の上で走行すると路面を傷つけてしまうおそれがあるため問題視されてしまいました。

そして1991年になると共にスパイクタイヤの販売は終了し、この世から徐々に姿を消していったのでした。

スタッドレスタイヤと比べて性能はどうなのか

現在では冬用のタイヤではスパイクタイヤではなくスタッドレスタイヤが主流です。

スパイクタイヤがスタッドのあるタイヤだったためにスタッドレスタイヤはそのままの意味でスタッドのないタイヤとして知られることとなりました。

通常のタイヤと比べるとスタッドレスタイヤは雪の上を走るために溝が深くなっていることが特徴的です。

性能に関しては開発された当初はスパイクタイヤに劣るといわれていたのですが、各メーカーの技術開発のかいもあってスタッドレスタイヤも十分に使えるようになったといえるでしょう。

ちなみに凍結路ではスパイクタイヤの方が走りやすく、雪道ではスタッドレスタイヤの方が走りやすいという声もあるので一概にどちらのほうが性能が良いとは言えません。
現在ではどのみちスタッドレスタイヤしかありませんので、技術進化するスタッドレスタイヤに期待したいところですね。

「スパイクタイヤ粉じんの発生の防止に関する法律」

スパイクタイヤ粉じんの発生の防止に関する法律というものが平成二年に制定されました。

第一条には、この法律は、スパイクタイヤの使用を規制し、及びスパイクタイヤ粉じんの発生の防止に関する対策を実施すること等により、スパイクタイヤ粉じんの発生を防止し、もって国民の健康を保護するとともに、生活環境を保全することを目的とするとあります。

この背景にはスパイクタイヤが通常の路面を走行する際にスタッドによって地面を傷つけるのですが、傷つけた場合に削りカスのようなものが出ることが多く、削られたアスファルトのカスが人体に悪影響を及ぼすという問題がありました。

また、第二条にはこの法律において「スパイクタイヤ」とは積雪又は凍結の状態にある路面において滑ることを防止するために金属鋲、その他これ類する物をその接地部に固定したタイヤをいうとあります。

第二条には他にも自動車、スパイクタイヤ、スパイクタイヤの粉じん、スパイクタイヤの使用、道路などがそれぞれ法律上は何を指すかが記載されています。

こうした法律もスパイクタイヤが販売終了となって30年近く経つ現在はまったく表にでることもなくなりましたが、当時はこのような法律を作るしかないほど問題視されており、この法律が制定されたからこそスパイクタイヤがこの世から姿を消したのです。

背景には宮城県仙台市での粉じん被害

スパイクタイヤによる粉じんの被害に一番最初に悩まされていたのは宮城県の仙台市でした。

その後、北海道の札幌に広がったのですが、これはやはり雪の多い地方のほうが早めにスパイクタイヤの使用率があがっていったからだと考えられます。

この頃の仙台は「仙台砂漠」といわれるほどに粉じんによる被害が酷く、当時としてはかなり問題視されていたことがわかります。

どれくらい被害が酷かったかというのはYoutube上に当時の被害状況がわかる動画が投稿されているので気になる方はご覧になってください。

【スパイクタイヤ利用に関する法律】指定地域・罰則について

スパイクタイヤの設置目的や定義について紹介してきましたが、どのような地域でどのような罰則があったのかということはどうなんでしょうか?

第三条には何人も、スパイクタイヤ粉じんを発生させないように努めるとともに、国又は地方公共団体が実施するスパイクタイヤ粉じんの発生の防止に関する施策に協力しなければならないとあります。

しかし、協力といっても具体的にどうすれば良いか分かりません。

第四条には 国は、スパイクタイヤ粉じんの発生の防止に関して協力するよう努めなければならないという旨の法律が制定されています。

このようなことから、どのよう罰則が制定されたのかということは気になるところです。

この項目ではスパイクタイヤ利用に関する法律をもう少し掘り下げてお伝えしようと思います。

指定地域は

第五条には環境大臣は、住居が集合している地域その他の地域であって、スパイクタイヤ粉じんの発生を防止することにより住民の健康を保護するとともに生活環境を保全することが特に必要であるものを、指定地域として指定しなければならないとあります。

指定地域としては原則は積雪の多い寒冷地となるのですが、特に北海道、北陸、東北はほとんどの割合で含まれます。

ただ、栃木県や山梨県といった山岳地なども含まれるので、一概に寒冷地というイメージだけで考えると全ての指定地域を知ることはできません。

どうしても全ての指定地域を知りたいという方は環境庁のホームページなどで詳しく確認をすることは可能なので是非とも見てみてください。

具体的にどう禁止されてる?

第六条と第七条からは積雪や凍結した路面以外での使用が禁止されていることがわかります。

これはおそらく、通常の路面でのみアスファルトの削りカスが発生することや当時としては積雪の多い場所ではやむを得なくスパイクタイヤを使用しなければならかったことから決められたものだと推測できます。

こうした規制をかけることで通常路面での使用を食い止めようとしたわけですが、消防車や救急車などは路面に合わせてタイヤを交換している余裕はないので特例として認められていました。

違反時の罰則は?点数の加点もされる?

第八条によれば道路交通法でないので加点などはないとあり、違反時に関しては原則として10万円を罰金として支払うとありました。

加点がされなければということで万が一見つかった場合は罰金を払えば良いという考えで未だにスパイクタイヤをグレー利用してしまう人が増えてしまうのでこの辺りはきちんとしてほしいですよね。

しかし未だ販売している店舗も存在

前述であげているように規制されてからスパイクタイヤが徐々に消えていったというのは間違いないのですが、実は規制から30年近く経った今でもスパイクタイヤを販売している店舗があります。

主要メーカーは生産も販売も既に終了しているのですが、個人店では輸入したり、スタッドレスタイヤにスタッドをわざわざピン打ちしてスパイクタイヤとして販売するなどしています。

こうしたことはインターネットなどで検索をすると販売店舗が幾つかあるというのを確認できます。

だったら取り締まれば良いと想像した方もいるでしょうが、取り締まりに関してはグレーゾーンですので中々そうもいかないというのが現実なのです。

自作用のピンも販売されている

スパイクタイヤをどうしても手に入れたいという場合は自作用のピンも販売されています。

さすがに普通車のタイヤにこうしたピンを使用する場合は改造車など違反とみなされる場合
もあるのでおすすめできませんが、原付バイクや自転車等は規制の対象外になっているので気になる方はは探してみてはいかがでしょうか。

ちなみにピンを使用しての自作は素人がするとピンが抜けてしまい事故に繋がるリスクが増えたりするので望ましいとはいえません。
タイヤの完成品はネットショップで輸入品を買うか、タイヤの専門業者から手に入れるほうが無難ですので、本当にどうしても欲しいという方はそういった場所で購入するようにしてください。

スパイクタイヤがもたらす健康上の悪影響

スパイクタイヤが人体に悪影響をもたらすといってもどのようにもたらすのかということは分からない人いう人も多いでしょう。

粉じんの影響がホコリやアレルギーだけだと思ったら大間違いです。

というのも粉じんを吸い込むとまるで喫煙したかのように肺が真っ黒になります。

粉じんの中にはカドミウムやアスベスト、クロム、さらに自動車の排気ガスなど人体に有害とされるものが多く含まれています。

こうした有害なものは人体に最悪の場合は肺がんや肺の慢性的な疾患を生んでしまう恐れがあり、咳や痰、息切れなどを起こすようになってしまいます。

スパイクタイヤを使用するという事は他人に対してこうした健康上のリスクを背負わせることに繋がるということをドライバーは意識しなければなりません。

健康上の問題という観点からもスタッドレスタイヤで間に合うのならばスタッドレスタイヤを使用するようつとめることが望ましいといえるでしょう。

【スパイクタイヤの利用禁止】わかりやすくまとめると

今回はスパイクタイヤの利用禁止についてお伝えしてきましたがいかがでしたでしょうか?

スパイクタイヤが作られた背景や徐々になくなったことには様々な理由があり、現在でも利用したいと考えている人がいることもわかりました。

しかし、今回紹介した通りスパイクタイヤは悪影響を人体に及ぼす要因にもなりかねないのも事実です。

自分のことだけ考えるのならば使用することも問題ないですが、他人のことを考えるのであればスタッドレスタイヤのほうが良いので積極的に利用していきましょう。

でもやっぱり自分でタイヤ交換するのはめんどくさい!そんな貴方におすすめ!

タイヤ交換をしたい、でも何からすればいいのか。自分で全部やるのはめんどくさい。そんな方にはTIREHOODがおすすめです。


タイヤ購入・取付予約が同時にできる!
近所にあるガソリンスタンドをはじめとした
店舗が予約できる
そして、
購入したすべてのタイヤにパンク保証がつく!
TIREHOOD公式ページはこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

関連するキーワード


タイヤ

関連する投稿


イエローハットのタイヤ交換でかかる費用や作業時間をチェック!

イエローハットのタイヤ交換でかかる費用や作業時間をチェック!

オイルやワイパーなどとともに、車を使っても使わなくても定期的な交換が必要となる「タイヤ」。しかし、いざタイヤ交換が必要と言われても、どうすればいいのか分からなくて困ってしまう方も多いことでしょう。そこでオススメなのが、カー用品店「イエローハット」でのタイヤ交換。この記事では、タイヤ交換の目安とともに、イエローハットの大満足なタイヤ関連サービスをくまなくご紹介していきます。


タイヤの偏平率によるメリット・デメリットは?計算方法も紹介

タイヤの偏平率によるメリット・デメリットは?計算方法も紹介

自動車の動きを地面に伝えてくれるタイヤは非常に重要な存在ですが、愛車のタイヤのサイズを把握しているという方は意外と少ないかもしれませんね。どこか暗号のようなわかりにくさがあるタイヤサイズの中でも、乗り心地や操縦性に直結する隠れた注目ポイントが「偏平率」です。偏平率が変化するとどんな影響があるのか? どうやって計算するのか? 詳しくご紹介していきます。


タイヤサイズの見方を知ることで愛車のタイヤ購入をスムーズに

タイヤサイズの見方を知ることで愛車のタイヤ購入をスムーズに

そろそろタイヤ交換かな、とお考えの方なら、どんなタイヤが愛車にぴったりサイズなのかを調べたりすることもあるでしょう。しかし、タイヤサイズの表記方法は、慣れていないとまるで暗号のようで、わかりにくさがありますよね。どこに何が書いてあるのか理解すれば意外と簡単なタイヤサイズの見方を知っておくことで、タイヤの検討や購入もスムーズに済ませられるようになれるでしょう。


タイヤの適正な空気圧はどうすればわかる?点検方法や点検頻度まとめ

タイヤの適正な空気圧はどうすればわかる?点検方法や点検頻度まとめ

車という重量物をたった4本で支えているのがタイヤ。車のあらゆる動きはタイヤを介して行われることもあり、快適な走行のためにも安全運転のためにも非常に重要なタイヤですが、意外とタイヤの空気圧は放置しがちな方も多いのではないでしょうか。メーカー指定の空気圧に調整していないと、効率が下がってもったいないだけでなく、最悪は事故の危険性も?!詳しく見ていきましょう。


走行距離や状態で分かるタイヤ交換時期の判断基準!寿命タイヤは怖い

走行距離や状態で分かるタイヤ交換時期の判断基準!寿命タイヤは怖い

自動車が安全に走行するのに欠かせないのが正常な状態のタイヤ。タイヤは使用に伴ってすり減っていくなど劣化が進みますので、交換が必須の部品です。とは言っても、どの状態が正常で、どの状態が寿命なのかがちょっぴり分かりにくい気がしていませんか? 実はタイヤは、パッと見でも状態が分かるように作られているので、車に詳しくない方でも寿命の判断が可能です。詳しく見ていきましょう。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。