トップへ戻る

スパイクタイヤって知っていますか?|意外と知らないスパイクタイヤの現在とルール

スパイクタイヤって知っていますか?|意外と知らないスパイクタイヤの現在とルール

現代で最も認知されている冬用タイヤはスタッドレスタイヤかと思われます。しかしながら、20年前にはスパイクタイヤというタイヤがありました。何故このタイヤが消滅してしまったのか、今回注目してみたいと思います。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


スパイクタイヤとは?

みなさんはスパイクタイヤをご存知でしょうか?

まず初めに、スパイクと言う用語とその他の活用例についてご説明したします。

スパイクとは

スパイク「spike」とは英語の名詞であり、その意味は滑り止めとしての突起物を指します。

またその機能を取り入れたスパイクシューズやスパイクタイヤの略称としても用いられます。スポーツの分野ではバレーボールにおいて、見方のトスで打ち上げられたボールを相手のコートへと激しく打ち込むプレイをスパイクと呼んでいます。

スパイクシューズは野球や陸上競技で、靴のソールに鋲などを打ち込むことで、地面をしっかりとらえて強力な推進力が得られる靴です。

スポーツ用品店のシューズコーナーへ行けば、現物を確認できますが、地面に食い込む突起が多数取り付けられていることがよく分かります。

すなわち、スパイクタイヤも同様に、タイヤトレッドに無数の突起が取り付けられており、雪上や凍結路面を走行する際に地面に突起が食い込むことでタイヤスリップを防止する効果が期待できます。

それでは、スパイクタイヤの歴史について見ていきましょう。

1. 歴史
北欧にフィンランドという国があります。気候は亜寒帯気候で、冬は-30℃になるくらい寒い国です。このような気候では、雪は当然のこと、路面の凍結も当たり前です。そんな中の自動車の走行は、かなり危険であり、ウィンタータイヤだけではカバーしきれないでしょう。

したがって、タイヤチェーンの装着が当たり前となるのですが、チェーンは装着が手間であり、破損のリスクがあります。
そんななか、登場したのがスパイクタイヤです。1959年に誕生したとも言われています。便利な物はあっという間に広がります。約10年の内に欧米で急速に普及したそうです。

私たちの日本でも1960年代に生産が始まり、70年代には一般普及したそうです。ところが現代の日本ではスパイクタイヤの装着が皆無となっております。

2. 現代での取り扱い
北欧では現代でもスリップ事故防止の観点で、使用が許可されている地域があるようですが、日本では80年代に舗装路面における粉塵被害が問題となり、地域の条例で使用が禁止され始めました。80年代後半にはスパイクタイヤメーカーと長野県の弁護士による調停で製造販売が中止されることとなりました。

90年6月にはスパイクタイヤ粉じん発生防止に関する法律が施工され、現在に至ります。

例外や対象外車両(緊急車両など)もありますので、使用できない、とまでは言わないものの、現在スパイクタイヤは基本的に使用できない…と考えることが一般的です。

スパイクタイヤの役割

ずばりスパイクタイヤは低摩擦抵抗路面でもしっかりと動力と制動力を伝達する、ノンスリップタイヤです。

かくして国内では使用が出来ないスパイクタイヤですが、これまでの経緯から分かるように相当路面攻撃性が強く、言い換えるとそれだけしっかりと地面に食いつくタイヤであり、スリップ知らずの安全性の高いタイヤなのです。

すなわち正しい使い方さえ出来れば、危険な凍結路面でのスリップ事故率を極めて低減してくれるはずだったのですが、逆に使用方法を誤ると弊害も顕著となり、このように淘汰されてしまいました。

スタッドレスタイヤとスパイクタイヤの違い

日本国内で2019年現在において冬用タイヤとして高い認知を得ている物はスタッドレスタイヤです。

スタッド「stud」と言う言葉は、これもまた「鋲、機械における埋め込みボルト」と言う意味で、スタッドレスタイヤすなわち鋲無しのタイヤという意味です。まさに、スパイクタイヤの後継として冬用タイヤに一般採用されているタイヤなのです。まずは特徴について箇条書きで比較してみましょう。

スタッドレスタイヤ
・スパイクタイヤのような固い突起物がない
・雪をつかみ取りやすいヒダ状の細かい溝がトレッドに無数に切られている
・ゴム質は柔らかく、低温時にも柔軟性に富んでいる一方で、高速運転に弱い

スパイクタイヤ
・タイヤトレッドに無数の突起物が付いていて、雪や氷に物理的に引っかかる仕組みを持つ
・スタッドレスに近い構造を持っていて、雪を掴みスリップを防止する

スタッドレスタイヤとスパイクタイヤの一番の違いは、突起物の有無です。スパイクタイヤにある突起物がない分、スタッドレスタイヤはゴムのコンパウンドの柔軟性や溝の切り方で、擬似的にスパイクの機能を付加させる努力をしてきたのです。

スパイクタイヤの製造が禁止されて以降、タイヤメーカーはスタッドレスタイヤの開発で、「如何にスリップを起こしにくく制動距離の短いタイヤを製造するか」と鎬を削ってきました。そのおかげで無謀運転をしない限り、運転に自信が無い方でも安全に冬のドライブが楽しめるようになったと思います。

もちろん、タイヤあっての車ですが、車そのものの横滑り防止機能などが向上していることも事実です。自動車を構成する様々な機能が向上することで、人間の操作ミスをカバーできるのでしょう。

正規メーカーによる製造及びルートでは既に販売されていない

90年代に法律で正式にスパイクタイヤの製造使用に関する細かいルールが取り決められて以降、正規のメーカーによる製造及びルートでは販売されなくなったことから、市場で姿を消しました。

もちろん、一部の特殊用途車両には、その役目の関係情報の適用が除外されていますが、運送業を含めて一般車両の行動での使用は認められていません。

当然国内での製造もありませんし、販売目的での輸入も自粛するよう通達がでています。

例えば、タイヤ取扱店の倉庫に売れ残りが無い限りは個人で輸入する以外の入手方法は無いということです。

もちろん、仮に国内で売れ残っているものがあったとしても、20年くらいの長期在庫であれば、走行用タイヤとして使うのは返って危険です。ゴムは生もの。長期保管には適していません。

そもそも雪道以外の公道は走行不可

スパイクタイヤの製造使用を禁止された経緯を振り返ってみても理解できることですが、タイヤに施された突起はアスファルトやコンクリートの損傷につながり、公害となります。

実際に、1月~3月上旬にかけての積雪地域では、事実上の黙認状態としてスパイクタイヤでの走行が認められている場合もある・・・という程度です。

まとめ

現在は存在しないと言っても過言ではないスパイクタイヤについて解説させていただきました。スタッドレスタイヤの方が日本では適していると思われた方も多いことでしょう。雪道でも安全対策をしっかりして事故のないカーライフを過ごしてください。

でもやっぱり自分でタイヤ交換するのはめんどくさい!そんな貴方におすすめ!

タイヤ交換をしたい、でも何からすればいいのか。自分で全部やるのはめんどくさい。そんな方にはTIREHOODがおすすめです。


タイヤ購入・取付予約が同時にできる!
近所にあるガソリンスタンドをはじめとした
店舗が予約できる
そして、
購入したすべてのタイヤにパンク保証がつく!
TIREHOOD公式ページはこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

関連するキーワード


タイヤ

関連する投稿


オールシーズンタイヤって何?スタッドレスとの違いやメーカー別の特徴

オールシーズンタイヤって何?スタッドレスとの違いやメーカー別の特徴

近年注目が高まっているのがオールシーズンタイヤです。スタッドレスタイヤほどの雪道での性能はないですが、履き替えずに雪道に対応できる性能が特徴となっています。今回は冬用タイヤとして定番のスタッドレスタイヤとの違いや各メーカーの特徴をご紹介します。


タイヤチェーンとは?選び方やおすすめをご紹介!

タイヤチェーンとは?選び方やおすすめをご紹介!

タイヤチェーンとは冬の積雪路で必要なグリップを得るのに必要なカー用品です。チェーンで連想させる金属製の他にも、ゴムや布などの素材で作られているものがあります。タイヤチェーンにどのような種類があるのか、またおすすめのタイヤチェーンや選び方をご紹介します。


スノータイヤとは?スタッドレスタイヤと違いや特徴

スノータイヤとは?スタッドレスタイヤと違いや特徴

冬用タイヤについて調べているスタッドレスタイヤだけでなく、スノータイヤという言葉があることに気づくかもしれません。スタッドレスタイヤの方がよく耳にするので、スノータイヤとどう違うのか気になるでしょう。この記事ではスノータイヤとスタッドレスタイヤの違いについてご紹介します。


【タイヤ交換】所要時間&料金相場比較!タイヤ持ち込み対応のお店一覧も

【タイヤ交換】所要時間&料金相場比較!タイヤ持ち込み対応のお店一覧も

タイヤの溝がすり減ってきて、タイヤ交換の時期...。これからタイヤ交換を考えている方に必要な情報を一覧で分かりやすくご紹介します。具体的には、タイヤ交換の所要時間と工賃比較、自分で選んだタイヤを持ち込みできるお店をご紹介します。


タイヤの寿命はいつまで?年数・走行距離は?

タイヤの寿命はいつまで?年数・走行距離は?

車を所有している方ならタイヤ交換をしたことがあるかもしれません。そこで気になるのが、タイヤの寿命はどれくらいなのかということです。今回は、タイヤの寿命、耐用年数について説明します。


最新の投稿


「金融車」って何?車を相場より安く購入できるってほんと?

「金融車」って何?車を相場より安く購入できるってほんと?

車を通常より安く購入する方法にもさまざまなものがあります。中でも相場よりかなり安く購入できることで注目されているのが金融車です。ここでは金融車とは何なのか、そしてメリットやデメリットについてご紹介します。


ルーレット族とは?走り屋や暴走族とはどう違う?ルーツを徹底解説

ルーレット族とは?走り屋や暴走族とはどう違う?ルーツを徹底解説

関東地方を中心としたエリアで聞かれることの多いルーレット族という言葉ですが、案外その定義を知らないという方も多いようです。そこで、ルーレット族の定義や名前の由来などについてご紹介します。


自動車のヒューズとは?役割から飛んでしまった時の対処法まで徹底解説

自動車のヒューズとは?役割から飛んでしまった時の対処法まで徹底解説

自動車のヒューズの役割や種類などについて紹介すると同時に、ヒューズ飛びが原因で起こるトラブルや症状などについても解説します。そして、ヒューズ飛びの対策について紹介します。


当て逃げとは?基礎知識や遭わないためのポイントも解説

当て逃げとは?基礎知識や遭わないためのポイントも解説

物損事故の際に警察へ通報せずその場から立ち去る当て逃げは、罰則が適用される立派な法律違反となります。そこで今回は、当て逃げの概要や遭った時の対処法、遭わないためのポイントなどについてわかりやすく解説します。


もらい事故とは?基礎知識や対処法を解説

もらい事故とは?基礎知識や対処法を解説

どれほど注意していても降りかかる可能性があるもらい事故は、起こってしまった際の咄嗟の対処が難しい事故のひとつでもあります。そこで今回は、もらい事故の概要や起こった時の対処法、防止するためのポイントについて解説します。