目次へ戻る

【発売は2019年2月か】三菱のオールラウンドミニバン デリカD:5 新型最新情報

【発売は2019年2月か】三菱のオールラウンドミニバン デリカD:5 新型最新情報

“TOUGH TO BE GENTLE”をコンセプトに、新しくなった新型デリカD:5。発売は2019年の2月ごろと言われていますが、待ちきれないという方も多いのではないでしょうか。そんなわけで本記事では、デリカD:5新型が気になる貴方に、最新情報をお届けいたします!


【発売は2019年2月か】三菱のデリカD:5 新型最新情報

“TOUGH TO BE GENTLE”をコンセプトに、新しくなった新型デリカD:5。発売は2019年の2月ごろと言われていますが、待ちきれないという方も多いのではないでしょうか。そんなわけで本記事では、デリカD:5新型が気になる貴方に、最新情報をお届けいたします!

過去のデリカD:5記事はこちらから

三菱 デリカD:5新型 最新!エクステリア画像

三菱 デリカD:5 新型

三菱 デリカD:5 新型

三菱 デリカD:5 新型

三菱 デリカD:5 新型

三菱 デリカD:5新型 最新!インテリア画像

三菱 デリカD:5 新型

三菱 デリカD:5 新型

三菱 デリカD:5 新型

三菱 デリカD:5新型 デザインコンセプトは

大幅改良された三菱自動車のオールラウンドミニバン、新型『デリカD:5』のデザインコンセプトは“TOUGH TO BE GENTLE”です。

プレステージ性を高め、洗練されたアクティブ感を目指しながら、ジェントルなる強さを形にしたとのこと。

三菱 デリカD:5新型 インテリアにも力を入れた

インテリアは、従来のデリカD:5の弱点となっていた質感の大幅向上が目指されました。

デザインについても、“HORIZONTAL AXIS & Gentle feel”をキーワードに、機能性とゆとりを向上したデザインを目指しているとのこと。

また、新型デリカD:5のインテリアの加飾は、原木が二股に分かれる生命力溢れる力強いサバ杢の触感を忠実に再現した立体木目を採用しています。

力強さと本物感を追求し、シルバー色のモールとのコンビネーションによりモダンで上質な空間を演出したそうです。

シート生地については、動きのある幾何学柄で、力強さと躍動感を表現。

凹凸のあるラミ付きエンボスを施すことで、丈夫で上質な仕立てを表すとともに、サイド部分は風合いの良い起毛調生地とし、メイン材とコントラストをつけたコーディネートとしているとのこと。

HORIZONTAL AXISとは、「水平基調による車体姿勢がつかみやすく、またワイド感に寄与する三菱のインパネに一貫していくコンセプト」と説明。また、センターパネルには10.1インチのナビが装着される。

ルーミネスの向上としては、「助手席前方周辺を斜めにする構成により、乗員の前の空間を拡大し、インパネを薄く見せるデザイン処理とした。またフロントピラーは、断面をスリム化することでボリューム感を減らし、圧迫感を軽減するデザインにしている」とコメント。

三菱 デリカD:5新型 基準車とアーバンギアの違いは?

三菱 デリカD:5 新型

アーバンギア

新型デリカD:5には、基準車に加えて、新グレードのアーバンギアというモデルが登場します。

基準車のデザインは独自のオールラウンドミニバンの特徴を継承し、上質感を高めることを目指したことから、力強い雰囲気を持っています。

一方、アーバンギアは、洗練かつモダンにダイナミックな塊感を表現したそうで、都会的なイメージがあります。

まず基準車のデザインについて、三菱デザイン本部プロダクトデザイン部デザイン・プログラム・マネージャーの大石聖二氏は、「独自のオールラウンドミニバンの特徴を継承し、上質感を高めることを目指した」という。

具体的にはフロントはSUVの力強さとプロテクト感をプレステージ性を高く表現するために、「最新のダイナミックシールドコンセプトと、特徴的なヘッドランプを採用。また厚みのあるフロントデザインとグリルとし、横基調にハニカムパターンを配した力強さと押し出し感を表現した大型グリルを用いている」と説明。

アーバンギアのエクステリアは、基準車以上に「洗練かつモダンにダイナミックな塊感を表現した」と大石氏。「グリルはソリッドかつクリーンな造形とし、都会的で洗練されたイメージ。そのフロントバンパーは、塊感と押し出し感のあるワイドにすることで、低重心かつ安定感のある造形だ」と話す。

最後に

発売が待ち遠しい、三菱のデリカD:5新型に関する最新情報をお届けいたしました。

三菱のダイナミックシールド顔になり、全体的にブラッシュアップされたデリカD:5。

発売は2019年2月ごろの予定です。お楽しみに!

関連する投稿


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【2月20日更新】


【2月15日発売】三菱のデリカD:5新型 価格・スペック・燃費・変わった点は?

【2月15日発売】三菱のデリカD:5新型 価格・スペック・燃費・変わった点は?

2月15日、ついに三菱のオールラウンドミニバン・デリカD:5が発売されました。新型デリカD:5は、フロントデザインコンセプトのダイナミックシールドを取り入れ、装いも新たに生まれ変わりました。いったいどのような姿に進化したのか?最新情報をお届けします。


【大阪オートメッセ2019】三菱の新型デリカD:5を出展予定!

【大阪オートメッセ2019】三菱の新型デリカD:5を出展予定!

三菱自動車は、2月9日から12日までインテックス大阪で開催される「大阪オートメッセ2019」に、ランドメッセージ「Drive your Ambition」をテーマとして出展します。


【ジュネーブモーターショー2019】三菱の新世代SUVコンセプト出展!

【ジュネーブモーターショー2019】三菱の新世代SUVコンセプト出展!

三菱自動車は3月5日から17日までスイスで開催される「ジュネーブモーターショー2019」でコンセプトカー『エンゲルベルク・ツアラー』を世界初披露すると発表しました。


【スクープ】三菱のパジェロスポーツ改良新型 日本導入はある?

【スクープ】三菱のパジェロスポーツ改良新型 日本導入はある?

三菱自動車の世界戦略SUV、『パジェロスポーツ』改良新型プロトタイプを、北欧で兄弟サイトSpyder7のカメラが初めて捉えました。果たして日本導入はあるのでしょうか。


最新の投稿


【カーオーディオ入門】デッドニングとは?効果や費用、やり方・方法を紹介

【カーオーディオ入門】デッドニングとは?効果や費用、やり方・方法を紹介

カーオーディオの音質改善のために行うデッドニング。具体的にどのような効果があるのか、デッドニングに掛かる費用、方法や、おすすめのデッドニングキットの紹介などを合わせて紹介しています。


【スクープ】マツダのロードスター 次期型は2022年に登場か?

【スクープ】マツダのロードスター 次期型は2022年に登場か?

日本を代表するライトウェイトスポーツカー、マツダ『ロードスター』次期型に関する情報が入ってきました。ロードスター次期型は2022年発売のようです!気になる最新情報をお届けいたします!


ブレーキキャリパーの役割と構造|交換や塗装に掛かる費用についても紹介

ブレーキキャリパーの役割と構造|交換や塗装に掛かる費用についても紹介

動いている車を止めるためになくてはならない部品がブレーキです。ブレーキにもいろいろ種類があり、ディスクブレーキタイプに必要な部品の1つがブレーキキャリパーになります。今回はブレーキキャリパーについて、その役割と構造を紹介します。


ブローオフバルブの役割と効果、仕組みについて解説|車検への影響も

ブローオフバルブの役割と効果、仕組みについて解説|車検への影響も

ターボ車には必要不可欠な部品の1つであるのがブローオフバルブです。今回はブローオフバルブの役割と効果について、仕組みも合わせて紹介します。現在ついている純正品から社外品ブローオフバルブへの取り付けを検討する際の注意点も合わせて紹介します。


【ジュネーブモーターショー2019】日程・出展社・他最新情報まとめ

【ジュネーブモーターショー2019】日程・出展社・他最新情報まとめ

ジュネーブ・モーターショーとは、スイスのジュネーヴで毎年春に開催される大規模なモーターショーです。世界5大モーターショーの1つでもあり、多くのヨーロッパメーカーの新型車がワールドプレミアされる傾向にあります。2019年もジュネーブモーターショーで多くの新型車が発表される予感!本記事ではジュネーブモーターショー2019についてまとめています。