目次へ戻る

【最新情報】三菱デリカD:5新型 発売時期はいつ?気になる価格はズバリ

【最新情報】三菱デリカD:5新型 発売時期はいつ?気になる価格はズバリ

三菱のロングセラーを誇るデリカD:5。SUV風のミニバンといういいとこどりの三菱デリカD:5ですが、今回三菱がデリカD:5のフルモデルチェンジを発表しました。デリカD:5の発売時期はいつになるのか、価格はいくらになるのか…。他基本情報などデリカD:5新型の最新情報をお届けします。


三菱デリカD:5がフルモデルチェンジ!発売時期は2018年?2019年?

三菱デリカD:5(現行)

三菱は、2017年10月18日の中期経営計画発表会で、今年で販売10周年を迎えるロングセラー車種「 デリカD:5」のフルモデルチェンジの計画があることを明らかにしました。

気になる三菱 デリカD:5の発売日・発売時期ですが、まだ詳細は明らかになっていません。

一方で、「2019年度までの3年で11車種の継続的なモデルチェンジを計画、うち日本市場向けにはデリカD:5と軽自動車の新型が投入する」と三菱が発表しているので、少なくとも2018年秋~2019年ごろまでには新しくなった「デリカD:5」を見ることができるのではないでしょうか。

デリカD:5新型のプロトタイプが東京モーターショー2017で発表されるのでは?とも言われていますが、まだ三菱からの発表はありません。

【10月18日更新】東京モーターショー2017 予想されてる出展車両一覧!

https://matome.response.jp/articles/661

【10/18情報更新】2017年10月27日~11月5日の10日間で開催される東京モーターショー。本記事では2017年10月開催の東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両予想)をまとめて掲載しています。最新の情報を随時更新してお届けしますので、気になる方は是非チェックしてみてください。

三菱デリカD:5とは「ミニバンとSUVのイイとこどり車」

三菱 デリカD:5 (現行)

三菱 デリカ D:5(ディーファイブ)は、SUV・ミニバン型の乗用車です。

デリカ D:5は、デリカスペースギアの後継車で、世界で唯一のオールラウンダーミニバンをコンセプトに開発されました。

三菱の1BOX車の歴史の中でもタフなオフロード走破性を持つデリカスペースギアの後継車というだけあって、D:5は乗用車的な乗り心地を持ち、3列シートなミニバンであるにもかかわらず、スペースギア同様に悪路走破性を持ったSUVという特徴が魅力。

まさにミニバンとSUVのいいとこどり、オールラウンダーなのがこの三菱 デリカ D:5なんです。そんな三菱 デリカ D:5には熱狂的なファンも多いんだとか。

三菱デリカD:5、新型の車名はD:6?

三菱 デリカD:5 シャモニー(現行)

車名の「D:5」。初めて聞いた時、「どういう意味なのだろう」と思ったことはありませんか。

「D」ERIKA の「5」代目であることを意味しています。なので、次発売される三菱 デリカ D:5新型は、「D:6」になるのでは、と予想されています。

三菱デリカD:5 新型 価格は

三菱 デリカD:5 アクティブギア(参考画像)

価格についても、まだはっきりとしたことは発表されていません。

現行のデリカD:5が240万円~405万円という価格帯ですので、新型もこの価格帯に近い価格になるかと思われます。エントリーモデルが300万円~あたりになるのではないでしょうか。

三菱デリカD:5 現行モデルのオーナーの評価・評判は

三菱デリカD:5 (現行型)

やっぱり気になるのが、評価・評判ですよね。

デリカD:5の評価・評判をまとめました。

平成25年5月登録の車両です。7月4日にe燃費登録しました。
登録時105000km走行しています。車のオプション装備は少ないですが
マフラーとコンピューターを交換しています。他、ソーラーパネルを載せサブバッテリーを積みサードシートを外しています。車泊をしながら月1回程度の撮影旅行(1週間前後)を楽しんでいます。長距離走行が多いので比較的燃費は良いですが山岳走行が多い時はかなり悪くなります。

マツダcx-5からの乗り換えです。ディーゼル車のトルクフルさ、軽油価格にはまってしまい、ガソリン車にはもう乗れません笑
cx-5の方が俊敏性と燃費は優れていますが、なんといっても大人数乗車できる点、スライドドア、いかついマスクがお気に入りです。
燃費問題の喧騒もずいぶん落ち着いてきたので、これからは三菱ならではのクルマ作りを目指してほしいですね。応援しています!

2000FF車です。軽自動車からの乗り換えですが、走行性能に不満はありません。静粛性も軽比較では十分です。郊外に住んでいますが、12km~13km/L程度は走ります。さっと加速して、50km~60kmで巡行すると燃費は伸びます。趣味性の強い車のようですが、機能は比較的簡素で、必要十分です。が、これといったワクワク感もありません。450km/日程度のドライブをこなしましたが、楽です。女性には操作が重たいように思います。(ハンドル、ブレーキ)

そしてもっと驚くのが、傾いた時にもガッシリしてるってこと! 普通のミニバンだと、急角度で傾けるとどうしてもボディが捩れちゃうんです。捩れちゃうから、スライドドアやバックドアが開閉しにくくなっちゃうんですけど、デリカD:5は傾いた状態でも、バックドアはもちろん、電動でスライドドアが開閉できちゃうほど、ボディがガッシリ! 正直言って、私は坂を登れるのもスゴイとは思いますが、実はこちらの方がスゴイ! と密かに感動してるくらいの、他にはない性能なんですよ~。

現行三菱 デリカD:5の評価・評判を見ると、ディーゼルエンジンの快適さや大人数で乗車できるという点が高評価のようです。

ミニバンなのに、ミニバンじゃないボディや走破性も魅力ですね。

最後に

発売が待ち遠しいロングセラー三菱デリカD:5新型。

今後の情報に期待です。

【比較】日産セレナと三菱デリカD:5

https://matome.response.jp/articles/559

ミニバンの中でも用途の違いで好みがわかれるこの2車種を概要から試乗記まで全部を比較してみました!どこがどう違うのかをじっくり見てみてください!

発売10周年!ロングセラーミニバン三菱デリカD:3

https://matome.response.jp/articles/438

デリカD:3は、三菱自動車が販売しているミニバンタイプの車です。日産からのOEM供給となっていますので、日産自動車が開発と製造を行いました。日産自動車ではNV200という方式にて販売されています。小さいお子さん連れも、高齢者のご家族にも、家族それぞれのニーズに合う車のカタチを実現しています。

関連する投稿


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【12月11日更新】


【ロサンゼルスモーターショー2018】三菱の新電動SUV e-エボリューション・コンセプト

【ロサンゼルスモーターショー2018】三菱の新電動SUV e-エボリューション・コンセプト

三菱は、ロサンゼルスモーターショー2018にて、三菱 e-エボリューション・コンセプトを北米初公開しました。東京モーターショー、ジュネーブモーターショー、北京モーターショーに続く公開となります。三菱の今後を示唆する電動SUVに迫ります。


開催中【ロサンゼルスモーターショー2018】最新情報

開催中【ロサンゼルスモーターショー2018】最新情報

米国のロサンゼルスにて、ロサンゼルスモータ-ショー2018が開催されます。一般デーの開催日程は11月30日~12月9日(現地時間)。トヨタ・ホンダなど自動車メーカー30社が出展予定のこのショー。本記事では主要メーカーの最新情報・ワールドプレミア情報をまとめています。【12月4日更新】


【発売は2019年2月か】三菱のオールラウンドミニバン デリカD:5 新型最新情報

【発売は2019年2月か】三菱のオールラウンドミニバン デリカD:5 新型最新情報

“TOUGH TO BE GENTLE”をコンセプトに、新しくなった新型デリカD:5。発売は2019年の2月ごろと言われていますが、待ちきれないという方も多いのではないでしょうか。そんなわけで本記事では、デリカD:5新型が気になる貴方に、最新情報をお届けいたします!


三菱のSUV RVR(アールブイアール)詳細情報 評価・燃費・価格・中古価格ほか

三菱のSUV RVR(アールブイアール)詳細情報 評価・燃費・価格・中古価格ほか

三菱のRVRとは2010年から発売されているSUVです。初代RVRは1991年~2002年まで発売されていたトールワゴンでした。2010年には、クロスオーバーSUVとして現在に至るまで発売されています。RVRとはいったいどんなSUVなのか?改めてその魅力に迫ります。評価・燃費・価格・中古価格ほか。


最新の投稿


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【12月11日更新】


【まさか復活!?それとも】マツダがMX-6を商標登録 MX-6とは

【まさか復活!?それとも】マツダがMX-6を商標登録 MX-6とは

マツダが『MX-6』の名前を商標登録していたことが判明しました。これは、日本の特許庁の公式サイトから明らかになったものです。このMX-6とは、過去にマツダが発売していたクーぺ。これはいったい…?


大雪時のタイヤチェーン装着義務 13区間(高速7・国道6)で実施|場所はどこ?

大雪時のタイヤチェーン装着義務 13区間(高速7・国道6)で実施|場所はどこ?

2018年11月15日に国土交通省より発表された 「タイヤチェーンを取り付けていない車両通行止め」規制。11月15日~11月28日までの間、パブリックコメントの募集を行い、12月10日に同交通規制が実施される道路を発表しました。実施される道路情報と、規制についての概要、違反時の罰則や実施時期について掲載しています。


トヨタのカローラスポーツ新型 価格・試乗記・スペックほか

トヨタのカローラスポーツ新型 価格・試乗記・スペックほか

6月26日より発売されている、12年ぶりにハッチバックスタイルを復活させた、トヨタの新型車『カローラスポーツ』。本記事ではカローラスポーツの詳細情報をまとめています。価格・試乗記・スペックほか


【ロサンゼルスモーターショー2018】最後のビートルが登場!

【ロサンゼルスモーターショー2018】最後のビートルが登場!

ロサンゼルスモーターショー2018にて、最後のビートルとなる、ザ・ビートル ファイナルエディションが公開されました。長年にわたり、多くの人に愛されてきたビートル。最新情報をまとめています。