目次へ戻る

【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2018年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるのでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報をまとめています!これを読めば日本の2018年発売が予測される新車情報を一気に先取りです!


2018年発売が期待される新型車(国産車)は?

2018年が始まりました。

各メーカーでは、2018年に発売する新型車・フルモデルチェンジの準備を着々としていることでしょう。

本記事では、今現在判明している2018年発売を予定している新型車&期待したい新型車(国産車のみ)を中心にまとめました。

【2017年】発売された主な国産車総まとめ&2018年注目の車は?【完全網羅】

https://matome.response.jp/articles/1035

2017年発売された国産車、新型車に焦点をあて、メーカー別×発売日順にまとめています。

【トヨタ】 2018年発売が期待される新型車・モデルチェンジ&新車情報

クラウン(セダン)/トヨタ

トヨタのセダン、クラウンがフルモデルチェンジして登場です。
クラウンの市販モデルの発売時期ですが、2018年夏ごろを予定しています。

センチュリー(セダン)/トヨタ

トヨタの最高級乗用車・センチュリーが2018年にフルモデルチェンジして登場予定です。
センチュリーのフルモデルチェンジは実に20年ぶりとなります。
発売時期は、2018年夏ごろを予定しています。

Tjクルーザー(SUV)/トヨタ

東京モーターショー2017にて世界初公開されたTjクルーザー。

バンの積載性能とSUVの力強いデザインとを融合させた新ジャンルのクロスオーバーコンセプトです。

発売は2018年の12月ごろになるのではないかと予測されています。

ヴィッツGRMN(ハッチバック)/トヨタ


2017年に発表されたトヨタの新スポーツカーブランド「GR」。そのGRの中でも頂点に立つのが広範囲にチューニングを施した究極のスポーツモデル「GRMN」です。

このGRMNモデルのヴィッツ、『ヴィッツGRMN』が、2018年春ごろの発売予定とのことです。驚くべきはそのスペック。スーパーチャージャーを組み合わせた1.8リットルエンジンはなんと最大出力210PS以上、最大トルク250Nmと公表されています。200PSオーバーの世界に足を踏み込んだヴィッツGRMNの発売が楽しみですね。

カローラ/オーリス(ハッチバック)トヨタ

カローラハッチバックの後継モデルとして登場したオーリスですが、オーリス新型が2018年に発売かと噂されています。

オーリス新型は、再びカローラの名を冠する!?とも言われており続報が気になる一台です。

オーリス(ジュネーブモーターショー2018)

トヨタ自動車の欧州法人、トヨタモーターヨーロッパが、ジュネーブモーターショー2018で発表した新型『オーリス』。新世代の「TNGA」ハイブリッド搭載の第一号車となる。

新型オーリスのTNGAハイブリッドは、直列4気筒ガソリンエンジンの排気量を、従来モデルの1.8リットルから2.0リットルに拡大。このエンジンにモーターを組み合わせ、システム全体で180hpを発生する。

【最新情報】

トヨタ カローラ ハッチバック 新型

そして、トヨタは新型『カローラ・ハッチバック』を今夏、日本市場に導入すると発表しています。

新型のボディサイズは、全長4370mm、全幅1790mm、全高1435mm、ホイールベース2640mm。TNGAプラットフォームにより、先代よりも全高を25mm低くし、全幅は30mmワイド、全長とホイールベースは40mm伸ばした。これにより、踏ん張り感のある低重心でワイドなシルエットを追求する。

パワートレーンには、TNGAにより開発を進めてきた直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンエンジン「ダイナミックフォース」を搭載。世界初の発進用ギアを採用したCVTの「ダイレクトシフトCVT」と、新開発の6速MTを設定している。

【レクサス】 2018年発売が期待される新型車・モデルチェンジ&新車情報

UX(SUV)/レクサス

レクサスが2016年秋に発表した『UXコンセプト』。レクサスブランド最小SUVの量産化が決定、発売は2018年を予定しています。

UXはレクサスのコンパクトクロスオーバーの将来像を示すコンセプトカー。ボディサイズは全長4400mm、全幅1900mm、全高1520mm、ホイールベース2640mmとNXよりも全長が230mmほど短く、今後のNXの下に位置する小型SUVとなりそうです。

ES(セダン)/レクサス

レクサスは、北京モーターショー2018にて、新型ESを世界初公開予定です。

ESは、北米市場でレクサスブランドが立ち上げられた1989年に、フラッグシップセダン『LS』とともに最初のラインアップとして誕生しました。

上質な乗り心地や静粛性、広い室内空間で好評を博し、北米や中東、アジア、ロシアなど、数多くの国・地域において基幹モデルとして販売されている車です。

2018年内に、日本での発売が期待されています。

【ホンダ】 2018年発売が期待される新型車・モデルチェンジ&新車情報

CR-V(SUV)/ホンダ

新型CR-V!ホンダのミッドサイズSUVが2018年日本復活!ハイブリッド導入

https://matome.response.jp/articles/1066

2018年に、ホンダのミッドサイズSUV・CR-V(シーアールブイ)が復活すると発表がありましたね。今回は今わかっているCR-Vの最新情報をまとめています。

2016年、日本では販売が中止されたホンダのSUV・CR-Vが2018年に復活します。

CR-Vは、ミドルサイズのSUV。中国向けの新型CR-Vには、ターボエンジンに加え、ハイブリッドモデルも登場するとのことで、日本での今後の展開が気になるところです。

インサイト/ホンダ

ホンダのクーペ型コンパクトハイブリッドカーとして販売されていたインサイト。
2014年に生産・販売を終了したインサイトが復活するのでは、と噂されています。

※この画像はホンダのグレイスを基にしたプロトタイプ版であり、デザイン詳細は不明です。

速報 ホンダのインサイトが2018年夏発売決定【12月20日更新】

速報が入ってきました。ホンダが、インサイトを2018年夏に発売することのことです!!

米国ミシガン州デトロイトで開催される、2018年北米国際自動車ショーにおいて、新型ハイブリッドセダン「INSIGHT(インサイト)」のプロトタイプモデルを世界初公開すると発表しています。

 今回、プロトタイプモデルを公開する新型インサイトは、1999年に米国で初のハイブリッドモデルとして発売された初代、2009年に登場した2代目に続き、3代目となるハイブリッド専用モデル。

インサイトは、ホンダのセダンラインアップにおいて「CIVIC(シビック)」の上位に位置付けられる5人乗りセダンとして開発され、スタイリッシュなデザインと、革新的な2モーターハイブリッドシステム「スポーツ ハイブリッドi-MMD」を採用しています。

2018年夏、米国にて発売するとのこと。日本での発売はどうなるのか期待ですね。

S1000(オープンカー)/ホンダ
※画像はイメージ

ホンダが2015年に発売した、2シーターの軽自動車規格の「S660」。

このS660の上位に位置する、ワイド化された新型スポーツ「S1000」が2018年に発売されるのではないかと言われています。

ミッドシップにマウントされるパワートレインは、新開発のリットル直噴3気筒VTECターボで、最高馬力は130ps程度と、「S660」の64psから大幅アップし、本格的高性能スポーツになるのではないでしょうか。

【マツダ】2018年発売が期待される新型車・モデルチェンジ&新車情報

フレアワゴン(軽ハイトワゴン)/マツダ

フレアワゴン カスタムスタイル(軽ハイトワゴン)/マツダ

マツダは、軽スーパーハイトワゴン『フレアワゴン』および『フレアワゴン カスタムスタイル』を全面改良し、2018年2月8日より発売することを発表しました。

今回の全面改良では、両モデルの特徴である、広い室内空間、優れた乗降性と快適性を高めながら、個性的なデザインや豊富なカラーバリエーション、安全性能の強化など、多様なニーズに対応する改善を図っています。

アテンザ(ワゴン/セダン)/マツダ

※アテンザが2018年にビッグマイナーモデルチェンジを控えています。

【日産】2018年発売が期待される新型車・モデルチェンジ&新車情報

セレナ オーテック(ミニバン)/日産

日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンから、『セレナ』をベースとした新たなカスタムカー「オーテック」を設定、2月1日より販売開始しました。

オーテックとは、日産の「NISMO」に続く同社2つ目のスポーティーサブブランドです。

直接的にパフォーマンスを感じさせるデザインのNISMO、プレミアム感が高く、クラフトマンシップを感じさせるデザインのオーテックという位置づけで、今回のセレナはオーテックブランドの第1弾。

セレナ e-power(ミニバン)/日産

『ノート』に初搭載された新世代電動パワートレイン「e-POWER」を搭載した『セレナ e-POWER』が2018年3月1日より販売開始しました。

ベースとなるセレナの広い室内空間や使い勝手、乗り心地の良さはそのままに、モータードライブの楽しさと優れた燃費性能、クラスを超えた高い静粛性を実現しています。

フェアレディZ(クーペ・コンバーチブル)/日産

日産が誇る人気スポーツカー、それがフェアレディZです。

2018年にフルモデルチェンジを経て新型が発売されるのではないかと言われています。まだデザインは開発中ですが、この最新モデル画像からは、最新の日産車に搭載されているVモーショングリルが見られますね。

シルビア(クーペ・コンバーチブル)/日産

日産の伝説のデートカーとも呼ばれていたシルビアが約15年ぶりに復活するのではとささやかれています。

東京モーターショー2017に出展されるのでは、とも言われていましたが、実際には出展はなかったため、2018年に発売されるかは正直厳しいところではあります。ぜひとも復活に期待したいですね。

ジューク(SUV)/日産

関連する投稿


マツダ RX-7 誕生40周年!記念グッズ発売!郵便局へGO

マツダ RX-7 誕生40周年!記念グッズ発売!郵便局へGO

最近何かと人気のマツダ『RX-7』。この名車・RX-7誕生40周年を記念したオリジナルグッズコレクションが登場します。7月17日より全国の郵便局および郵便局のネットショップにて申込みを受け付けます。


【74アイテム】ホンダアクセス ホンダ N-VAN 用純正アクセサリーを発売!

【74アイテム】ホンダアクセス ホンダ N-VAN 用純正アクセサリーを発売!

ホンダアクセスは、新型『N-VAN』の発売に合わせ、クルマとユーザーを快適・便利に繋げる「楔 “Kusabi" 」をコンセプトとした純正アクセサリーを7月13日より全国のホンダカーズにて発売します。N-VANを購入した貴方、次はアクセサリーも検討してみては?


西日本豪雨災害で水没車の処置は?値段はつく?損害車買取大手タウが災害支援チームを発足!

西日本豪雨災害で水没車の処置は?値段はつく?損害車買取大手タウが災害支援チームを発足!

損害車買取台数で業界シェアNo.1の株式会社タウが、西日本を中心とした記録的な大雨により被災した地域の復旧活動に貢献すべく、新たに「被災地復旧支援チーム」を発足、今回の水害で発生した被災車両の引き取り、保管、買い取りに対応すべく支援チームが対応、被災車両1台の買い取りにつき1,000円を寄付するそうです。


【速報】トヨタ スープラ新型市販型を激写!プロトタイプも公開

【速報】トヨタ スープラ新型市販型を激写!プロトタイプも公開

トヨタ『スープラ』市販型の最終デザインを予想するレンダリングCGをスクープ班が入手しました。これによると、間もなく開幕する「グッドウッドフェスティバルオブスピード2018」で公開を予定していますが、最終生産型ではないプロトタイプの可能性が高いと見られています。


【見逃すな】無限がホンダの新型軽バン N-VAN 用の各種パーツ発売!

【見逃すな】無限がホンダの新型軽バン N-VAN 用の各種パーツ発売!

無限は、ホンダから発売される軽貨物車『N-VAN(エヌバン)』に装着する各種パーツを開発し、7月12日に発表しました。自分好みにN-VANをカスタマイズしたい方、無限のファンの方、カスタムが好きな方は本記事を読んでみてください。


最新の投稿


マツダ RX-7 誕生40周年!記念グッズ発売!郵便局へGO

マツダ RX-7 誕生40周年!記念グッズ発売!郵便局へGO

最近何かと人気のマツダ『RX-7』。この名車・RX-7誕生40周年を記念したオリジナルグッズコレクションが登場します。7月17日より全国の郵便局および郵便局のネットショップにて申込みを受け付けます。


【2018夏】 車を感じる!?夏イベントまとめ 車好きが遊びに行くならここ!

【2018夏】 車を感じる!?夏イベントまとめ 車好きが遊びに行くならここ!

2018年夏。もうすぐ夏休みがやってきますね!学生時代はあんなに長かった夏休み、今はあんまり時間もないし家で寝ていたい…。それもいいですが、夏には、車好きならちょっと気になる車関連のイベントも多数開催されます!本記事ではそんな夏×車イベント2018をまとめています。ぜひ家族で!恋人と!一人でも!遊びに行ってみてください


あのマクラーレンが!2025年までに全車ハイブリッド化を予定

あのマクラーレンが!2025年までに全車ハイブリッド化を予定

マクラーレンオートモーティブ(McLaren)は、英国で開幕した「グッドウッドフェスティバルオブスピード2018」において、2025年までの中期経営計画「トラック25」を発表しました。 これによると、マクラーレンは全車ハイブリッド化を目指すとのこと。


【74アイテム】ホンダアクセス ホンダ N-VAN 用純正アクセサリーを発売!

【74アイテム】ホンダアクセス ホンダ N-VAN 用純正アクセサリーを発売!

ホンダアクセスは、新型『N-VAN』の発売に合わせ、クルマとユーザーを快適・便利に繋げる「楔 “Kusabi" 」をコンセプトとした純正アクセサリーを7月13日より全国のホンダカーズにて発売します。N-VANを購入した貴方、次はアクセサリーも検討してみては?


西日本豪雨災害で水没車の処置は?値段はつく?損害車買取大手タウが災害支援チームを発足!

西日本豪雨災害で水没車の処置は?値段はつく?損害車買取大手タウが災害支援チームを発足!

損害車買取台数で業界シェアNo.1の株式会社タウが、西日本を中心とした記録的な大雨により被災した地域の復旧活動に貢献すべく、新たに「被災地復旧支援チーム」を発足、今回の水害で発生した被災車両の引き取り、保管、買い取りに対応すべく支援チームが対応、被災車両1台の買い取りにつき1,000円を寄付するそうです。