目次へ戻る

【最新版】2018年発売が予測される新型車(外車)&新車情報まとめ

【最新版】2018年発売が予測される新型車(外車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2018年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるのでしょうか。名だたる外車メーカーの新型車・新車最新情報をまとめています!これを読めば2018年発売が予測される海外の輸入車・外車の新型車・新車情報を一気に先取りです!


2018年発売が期待される新型車(外車)は?

2018年はもうすぐそこ。

すでに2018年に発売する新型車やフルモデルチェンジを控えている新型車が各メーカー控えています。

本記事では、今現在判明している、2018年発売を予定している新型車&期待したい新型車~外車篇~をお届けいたします。

ドイツ車

【メルセデスベンツ】 2018年発売が期待される新型車・モデルチェンジ&新車情報

Gクラス(SUV)/メルセデスベンツ

2018年に、メルセデスベンツGクラスのフルモデルチェンジがされると言われています。

究極のオフローダーである、Gクラス。新型では約200kgの軽量化を実施、パワートレインは新開発の3.0L 直列6気筒ターボエンジンが搭載されます。

また、気になるAMGモデルは、AMG S63が4.0L V型8気筒ターボ・AMG S65が6.0L V12気筒エンジンに9速ATの予定です。

Aクラス(ハッチバック&セダン(後ろ))/メルセデスベンツ

メルセデスベンツAクラスの次期型と、派生モデルとなるAクラスセダンが2018年に発売予定です。パワートレインは、6速MTと9速DCTに組み合わされる1.6リットル直列4気筒エンジン、および新開発2リットル直列4気筒エンジンをラインアップします。

遅れてハイブリッドモデルも登場予定です。Aクラスのワールドプレミアは、2018年3月のジュネーブモーターショーが有力と言われています。

CLS(クーペ)/メルセデスベンツ

ロサンゼルスモーターショー2017にてワールドプレミアされたCLSクーペ。

新型となるCLSは3世代目モデルになります。メルセデスベンツのティザーイメージからは、最新のLEDが組み込まれたヘッドライトや低くあつらえたフロントグリル、3つの開口部を備えたバンパーなど、新型の特徴が見られます。

発売時期ははっきりと発表されていませんが、2018年内には発売されると予測されます。

【アウディ】 2018年発売が期待される新型車・モデルチェンジ&新車情報

Q8(SUV)/アウディ
※画像はイメージ

アウディの最上級SUV・Q8が登場です。パワートレインには、3リットルV型6気筒エンジン、及び「e-TRON」PHEV、上級モデル「SQ8」にはランボルギーニ「ウルス」に搭載予定の4リットルV型8気筒エンジンが予想されています。

Q8の市販型の世界公開は、2018年1月のデトロイトモーターショー、または3月のジュネーブモーターショーが有力だとされているので、早くても発売は2018年の初夏ごろになるのではないかと考えられます。

A6(セダン)/アウディ

アウディは12月19日、新型『A6セダン』を2018年に初公開すると発表しました。

「A6」はアウディのミドルクラス車で、現行型は4世代目です。

このA6セダンが2018年、フルモデルチェンジを受けることが決定しました。2017年秋に発表された新型『A7スポーツバック』と、メカニズム面の多くを共用すると見られています。

【BMW】 2018年発売が期待される新型車・モデルチェンジ&新車情報

8シリーズ(クーペ)/BMW
※コンセプトカー

BMWの8シリーズが約20年ぶりに復活します。

コンセプトカーである、コンセプト8シリーズは、『8シリーズクーペ』を示唆したコンセプトカーです。

8シリーズクーペは、BMWブランドの最上級クーペ。ひと目でBMWとわかるフォルムを持ち、新しいデザインアイデアを随所に導入しています。発売は2018年1月を予定しています。

M5(セダン)/BMW

新型M5は、6世代目モデル。新型『5シリーズセダン』をベースに開発されました。

歴代M5として初めて、駆動方式を4WD化、「M xDrive」を採用しています。パワートレインは、最新世代の4.4リットルV型8気筒ガソリンツインターボ。

12月1日に、新型『M5』の量産第一号車が、ドイツ・バイエルン州のディンゴルフィング工場からラインオフした、と発表されているので、発売は近いと言えそうです。

X7(SUV)/BMW

BMW『X7』は、BMWのSUV「Xファミリー」において、『X5』や『X6』の上に位置する最上級のフルサイズSUVとなります。

『7シリーズ』並みの広さやラグジュアリー性を追求し、2018年に登場する予定です。

3シリーズ(セダン)/BMW


BMWの主力4ドアセダン『3シリーズ』ですが、フルモデルチェンジするとの情報が入っています。

ワールドプレミアは、2018年ジュネーブモーターショー説が濃厚。

Z4(オープンカー)/BMW

新型BMWのZ4はトヨタ スープラの兄弟車として、BMWとトヨタが共同開発したモデル。

2018年内に発売されるのでは、とささやかれています。注目度の高い車の一台です。

イタリア車

【ランボルギーニ】 2018年発売が期待される新型車・モデルチェンジ&新車情報

ウルス(SUV)/ランボルギーニ

ランボルギーニは、新型SUVの『ウルス』を日本市場に導入すると発表しています。参考小売価格は2574万円(税別)です。

発売は早くて2018年の春を予定。ウルスには、排気量4リットル(3996cc)のV型8気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載、ランボルギーニ初のターボエンジンは、最大出力650hp/6000rpm、最大トルク86.7kgm/2250~4500rpmを引き出すそうです。

イギリス車

【ジャガー】 2018年発売が期待される新型車・モデルチェンジ&新車情報

I-PACE(SUV)/ジャガー

ジャガー初のEVとなるI-PACE。ハッチバックとスポーツクーペ、そしてSUVが融合したような低くワイドなシルエットが特徴です。ボディサイズは、上位クラスの『F-PACE』より50mm全長が短く、全高は90mm低くなっています。

全幅は40mmタイトとやはりかなりのコンパクト感です。1回のフル充電で350km~400kmの航続が可能。2018年公開予定です。

【ベントレー】 2018年発売が期待される新型車・モデルチェンジ&新車情報

コンチネンタルGT(クーペ)/ベントレー

ついに、ベントレーのクーペ、コンチネンタルGTの第3世代がデビューです。

よりスポーティーなクーペに仕上げ、635ps&900Nmの6リットルW12 TSIツインターボと8速DCT(7速と8速は燃費を稼ぐオーバードライブ)により、0-100km/h加速3.7秒、最高速度333km/h(6速)を実現するというから驚きです。

発売は、早くて2018年春頃ではないでしょうか。

【ロールス・ロイス】 2018年発売が期待される新型車・モデルチェンジ&新車情報

ファントム(サルーン/セダン)/ロールス・ロイス

史上最高額!?貴族の嗜み14億円超のロールスロイス スウェプテイル

https://matome.response.jp/articles/931

ロールス・ロイスの素晴らしき高級車をご紹介!今回はスウェプテイルです。

英国の高級車メーカー・ロールス・ロイスから最上級サルーン、ファントムが登場です。新型ファントムは2世代目のモデル。排気量6.75リットルのV型12気筒ガソリンエンジンは、先代の自然吸気から、ツインターボに変更されました。最大出力は571hp。トランスミッションはZF製の8速に。

最大トルク91.8kgmという豊かなトルクは、1700rpmの低回転域から引き出される模様です。発売は遅くても2018年春頃と予測されます。

カリナン(仮称)(SUV)/ロールス・ロイス

ロールス・ロイスの初のクロスオーバーSUVが2018年に登場します。

初のSUVである、通称「カリナン」は、同社のファントム新型と同じプラットフォームを共有しています。パワートレインは8速ATと組み合わされる6.75リットルV型12気筒ツインターボエンジンを搭載。最高出力は563ps、最大トルクは900Nmを発揮します。また、ロールス・ロイスではおなじみ、コーチドアや「スプリット・テールゲート」(観音開き)の採用の期待が高まっています。

正式な発表は2018年3月~を予定。

アメリカ車

【ジープ】 2018年発売が期待される新型車・モデルチェンジ&新車情報

ラングラー(SUV)/ジープ

ジープのラングラーが約10年ぶりにフルモデルチェンジを行います。
「ラングラー」は1987年に登場した初代「YJ型」、1996年の「TJ型」、そして2007年デビューした3代目「JK型」が現行モデル。
次世代モデルでは「JL型」に発展する予定です。

パワートレインには、ダウンサイズの2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを設定。最大出力はクラス最高の270hp、最大トルクは40.8kgm。トランスミッションは、新開発の8速ATを組み合わせています。

そのほか

【プジョー】 2018年発売が期待される新型車・モデルチェンジ&新車情報

1008(SUV)/プジョー

噂されていたプジョーの最小SUV…。プジョーの新型クロスオーバー・1008が2018年秋以降に発売されるかと言われています。

『2008』、『3008』や『5008』などのクロスオーバーシリーズ最新モデルで、『108』をベースにしています。発売されれば、プジョー史上最小のクロスオーバーSUVとなります。

全長3780mm、全幅1700mm、全高は1490mmのボディサイズ。オフロードらしさを全面に出したワイルドなフロントエンドが予想されます。パワートレインは、1.2リットル及び1.5リットル直列3気筒ピュアテックターボエンジンの搭載が見込まれています。

【ボルボ】 2018年発売が期待される新型車・モデルチェンジ&新車情報

XC40(SUV)/ボルボ

関連する投稿


進化し続ける BMW 5シリーズ(2014年式)  をご紹介

進化し続ける BMW 5シリーズ(2014年式) をご紹介

世界で最も売れているセダンと聞かれて名前の挙がる車の一つが、このBMW 5シリーズではないでしょうか。マイナーチェンジ・メジャーアップデートを重ねるたびに進化し続けている車です。72年に初代が登場してから十数年の時を経てもまだ進化をやめないのがこの5シリーズです。今回は、このBMW 5シリーズ(2014年式)についてご紹介いたします。


アウディ S1とはどんな車?┃維持費や中古の購入方法を解説

アウディ S1とはどんな車?┃維持費や中古の購入方法を解説

「せっかく車を買うならアウディ S1に乗ってみたい」 「アウディって高いイメージがあるけど実際にその費用に見合うだけの満足感を得られるの?」このようにアウディ S1を購入しようかどうか迷っているけど詳細が良く分からずお悩みではないですか?この記事では、アウディ S1がそもそもどんな車なのか、維持費や購入方法なども含めて詳しく解説しています。是非、記事の内容をご覧いただきアウディ S1を購入する前に参考にしてください!


アウディの人気車種 A4アバント┃中古価格やスペック等 一覧

アウディの人気車種 A4アバント┃中古価格やスペック等 一覧

国内で根強い人気がある外車と言えば、輸入車メーカーのアウディです。アウディのステーションワゴンモデル A4アバントは、売れ筋の一台です。世界で人気のアウディ A4アバントの、歴史や燃費や実際の評価に魅力をご紹介していきます。


ジープ チェロキー┃中古価格から評価・口コミ、スペック等 一覧

ジープ チェロキー┃中古価格から評価・口コミ、スペック等 一覧

ジープの中核をなすSUVのチェロキーのスペックや基本性能に関してご紹介していきます。 これから車の購入を検討している方は是非参考にしてください。


ジープ グランドチェロキー┃中古価格から評価・口コミ、スペック等 一覧

ジープ グランドチェロキー┃中古価格から評価・口コミ、スペック等 一覧

4WDブランドの代名詞とも言えるジープの最上位SUVであるジープ グランドチェロキーの燃費や性能に関してご紹介していきます。 これから車の購入を検討している方は是非参考にしてください。


最新の投稿


海外からも人気の三菱 パジェロイオ|スペック、燃費評価、リフトアップ法も紹介

海外からも人気の三菱 パジェロイオ|スペック、燃費評価、リフトアップ法も紹介

地球上のあらゆる大地を舞台に戦いをみせてきた三菱パジェロのサイズ感をミドルクラスに制作されたパジェロイオ。ダカールラリーでも優勝経験を果たし、その雄姿も相まって1990年代、RVブームに乗り販売台数を大きく伸ばしました。今回は、パジェロイオが愛された理由をまとめご紹介します。


幻の国産車!?スズキのセダン・キザシってどんな車?

幻の国産車!?スズキのセダン・キザシってどんな車?

スズキが2009年に発売したセダン『キザシ』。この『キザシ』という言葉には、物事の始まりの予兆という意味と、芽が出るという二つの意味合いがあります。今回の記事では、志高く誕生したものの短命に終わった『スズキ キザシ』についてまとめています。


【タイプ別2019年最新情報】おすすめ!人気の高圧洗浄機

【タイプ別2019年最新情報】おすすめ!人気の高圧洗浄機

高圧洗浄機は洗車に使ったり外壁を洗浄したり、あらゆる場所の洗浄に便利なので、購入を考えている人もいるでしょう。そこで今回は、ケルヒャーなどの有名なメーカーを含め、家庭用と業務用のおすすめの高圧洗浄機を紹介します。気になる動作音を抑える静音タイプも紹介しています。


今更聞けない!?ハイブリッドの種類とマイルドハイブリッドについて

今更聞けない!?ハイブリッドの種類とマイルドハイブリッドについて

ハイブリッドと一言で言っても実はいくつか種類があります。今回わかりやすく解説しながら、最も取り扱いが簡単なマイルドハイブリッドの仕組みについて迫りたいと思います。来る電気自動車の時代に向けて勉強してみましょう。


【気を付けて】免許取り消しの点数から再取得までを解説!

【気を付けて】免許取り消しの点数から再取得までを解説!

行政処分である免許取り消しの制度の仕組みは、交通違反として最も重い処分です。点数による処分がどのように行われているのかしりたいところでしょう。免許取り消しの理由は、また、違反による点数によって講習を受ける必要性があります。取り消しの期間から最終的に再取得までの流れを改めて見ていきましょう。