目次へ戻る

最新のメルセデスベンツはこれだ!新型 CLS4ドアクーペ最新情報

最新のメルセデスベンツはこれだ!新型 CLS4ドアクーペ最新情報

メルセデスベンツは11月29日、米国で開幕したロサンゼルスモーターショー2017にて、新型『CLSクーペ』を初公開しました。発売日は?機能は?エクステリア・インテリアは??まだまだ謎のベールに包まれているCLSクーペですが、本記事ではわかっている最新情報をお届けします。


メルセデスベンツ 新型CLSクーペが初公開!!

メルセデスベンツは、アメリカのロサンゼルスモーターショー2017において、新型CLSクーペを初公開しました。

このCLSは3代目。

特徴である4ドアクーペのデザインにさらに磨きをかけて登場しました。

メルセデスベンツ 新型CLSクーペ エクステリア(外装)

フロントには、メルセデスベンツのクーペに共通するダイヤモンドグリルを採用しており、サイドデザインは、高いアーチ状のウエストラインとフレームレスのウィンドウが特徴的です。

メルセデスベンツ 新型CLSクーペ インテリア(内装)

CLSクーペのインテリアには、新型『Eクラス』や『Sクラス』改良新型にも採用された2つの高精細12.3インチワイドディスプレイを一枚のガラスカバーで融合した、コックピットディスプレイが採用されました。

最新の先進運転支援システム(ADAS)を搭載

また、新型『CLSクーペ』に部分的な自動運転を含めた最新の先進運転支援システム(ADAS)を搭載予定となっています。

新型CLSクーペには、アクティブブレーキアシスト、レーンキープアシスト、アテンションアシスト、スピードリミットアシスト、乗員保護システムの「PRE-SAFE」を標準装備。

また、オプションで「ドライビング・アシスタンス・パッケージ」を用意。アクティブ・ディスタンス・コントロール・ディストロニック、アクティブステアリングアシスト、アクティブスピードリミットアシスト、クロストラフィック機能付きブレーキアシスト、ステアリングアシスト、アクティブブラインドスポットアシスト、アクティブレーンキープアシスト、PRE-SAFE プラスで構成されます。

このうち、アクティブ・ディスタンス・コントロール・ディストロニックは、先行車との車間距離を維持しながら走行し、自動再発進機能も備えます。

この機能は、停止後30秒以内のみ、ドライバーがアクセルを踏まなくても自動的に発進できるというもの。

また、アクティブステアリングアシストは、車線が不明瞭な場合や検知できない場合でも、周囲の車両やガードレールなどを検知し、ステアリングアシストを行います。

車内オフィスも兼ね備えた!香水噴射!?すごすぎる機能満載!新型CLS

メルセデスは、新型『CLSクーペ』に最新のコネクティビティを搭載すると発表しています。

コネクティビティのひとつが、「車内オフィス機能」。これは、メルセデスベンツのコネクトサービス、「メルセデス・ミー」と連動したもの。

車内で移動中でも、重要なデータにアクセス可能になります。例としては、カレンダーのスケジュールにある訪問先の住所を、車のナビゲーションシステムに自動的に転送。また、カレンダーのスケジュールに基づいて、自動的に電話会議に参加する、など。ダッシュボードには、高解像度のワイドスクリーンコックピットを採用。2つの12.3インチディスプレイが、左右に並ぶようにレイアウトされます。

このフルデジタルコックピットでは、ドライバーは運転状況に応じて、情報コンテンツを構成することが可能。オプションで「ENERGISING」と呼ばれるシステムを設定。空調、シートヒーター、照明、香水噴射などの快適装備が、6種類のモードに応じて最適に調整可能になります。

メルセデスベンツ 新型CLS 発売日は2018年か

メルセデスベンツは、明確な発売日を発表していませんが、ロサンゼルスモーターショー2017にて初公開されたこともあって、少なくとも2018年内には発売されるでしょう。

2018年春~初夏には発売が期待できるのではないでしょうか。

最後に

元々ステーションワゴンタイプと、クーペタイプの2つのボディタイプを持っていたCLSですが、3代目新型CLSは、クーペタイプのみのラインアップとなっています。

流麗なデザインを持つCLSクーペを間近で見られる日が、今からとても楽しみですね。

関連するキーワード


メルセデスベンツ クーペ

関連する投稿


世界が待つトヨタのスープラ年内初公開!?車名が2000GTに変更!?

世界が待つトヨタのスープラ年内初公開!?車名が2000GTに変更!?

全世界が待ち焦がれている…と言っても過言ではないトヨタの新型クーペ・スープラですが、ここにきて車名変更かと騒がれているのをご存知でしょうか。改名はトヨタ史に残るあの名車「2000GT」!?いやいや「スープラ3000」!?そもそも2000GTは復活が騒がれていますね…。改めてスープラと2000GTの情報を整理してみます。


こんなにある!スター・ウォーズコラボ特集!!ベンツから日産まで

こんなにある!スター・ウォーズコラボ特集!!ベンツから日産まで

12月15日(金)より、世界中で大人気の『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』が日本公開されますね。スター・ウォーズファンの方はこの日をとても楽しみにしていたのではないかと思います。今回はスターウォーズ公開に先駆けて、スターウォーズコラボを行ったことのある車メーカーについてまとめています。


【最新版】2018年発売が予測される新型車(外車)&新車情報まとめ

【最新版】2018年発売が予測される新型車(外車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2018年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるのでしょうか。名だたる外車メーカーの新型車・新車最新情報をまとめています!これを読めば2018年発売が予測される海外の輸入車・外車の新型車・新車情報を一気に先取りです!


世界同時発表!アストンマーティンのスポーツクーぺ ヴァンテージ新型

世界同時発表!アストンマーティンのスポーツクーぺ ヴァンテージ新型

アストンマーティンのスポーツクーペ、ヴァンキッシュが世界同時発表されました。ヴァンテージはアストンマーティン史上最大のベストセラーといわれるスポーツクーペだけあって、注目も高まっています。今回はそんなヴァンテージ新型についてまとめています。


レクサスの最高級クーペ レクサスLC新型 価格・燃費・性能・評価・試乗感想

レクサスの最高級クーペ レクサスLC新型 価格・燃費・性能・評価・試乗感想

レクサスのクーペの最上級スタイル。それがレクサスLCです。3月に発売されたラグジュアリークーペ・レクサスLCですが、実際の試乗感想や評価を知りたくありませんか?今回はそんなレクサスLCについて迫ります。 試乗感想・燃費・価格・中古価格・性能・評価・走行性能など。


最新の投稿


還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

2017年4月24日、日産のスカイラインが誕生から60周年となり人間で言う「 還暦」を迎えました。過去の初代から13代目スカイラインまでのモデルの振り返りと共に、歴史やその年の出来事、流行したファッションについてと、60周年を記念して開催されていたイベントを一部紹介しています。


後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

皆様は車の運転の際、シートベルトをきちんと着用していますか?運転席や助手席だけでなく安全な運転のために、後部座席もシートベルト着用の義務があります。今回はシートベルトの着用率を都道府県別に見ていきましょう。果たしてシートベルト着用率の高い1番安全な都道府県はどこなのでしょうか?


うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

雪が降り始めると車の事故やトラブルも増えますね。特に、暴風雪による多重衝突事故や道路での立ち往生…などの被害は大きいです。降雪が多い時は車での外出は避けた方が無難ですが、そうも言ってられませんよね。もし立ち往生してしまった時備えておけば心強い。そんなグッズをご紹介します。備えあれば憂いなしですよ!!


【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

2017年の冬も厳しい寒さ&降雪が予想されています。つまりそれはウィンタースポーツ、スキーやスノボーが楽しめるということでもですね!ここで心配なのが雪道での車のスリップ!貴方の車は大丈夫ですか?貴方と貴方の大切な人を守ってくれる、雪道に強いオススメの車最新情報をお届けいたします!この車たちで冬を熱く楽しみましょう!


【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

痛車・痛バイクオーナーの皆さんに朗報です。2018年2月25日(日)、中古車買取のカープライスが川崎大師にて、痛車・痛バイク100台規模の交通安全祈願イベント『川崎大師 痛車・痛バイク 交通安全祈願2018』を開催します。先着100台は参加費が無料、イベントの内容を紹介します。