目次へ戻る

最新のメルセデスベンツはこれだ!新型 CLS4ドアクーペ最新情報

最新のメルセデスベンツはこれだ!新型 CLS4ドアクーペ最新情報

メルセデスベンツは11月29日、米国で開幕したロサンゼルスモーターショー2017にて、新型『CLSクーペ』を初公開しました。発売日は?機能は?エクステリア・インテリアは??まだまだ謎のベールに包まれているCLSクーペですが、本記事ではわかっている最新情報をお届けします。


メルセデスベンツ 新型CLSクーペが初公開!!

メルセデスベンツは、アメリカのロサンゼルスモーターショー2017において、新型CLSクーペを初公開しました。

このCLSは3代目。

特徴である4ドアクーペのデザインにさらに磨きをかけて登場しました。

メルセデスベンツ 新型CLSクーペ エクステリア(外装)

フロントには、メルセデスベンツのクーペに共通するダイヤモンドグリルを採用しており、サイドデザインは、高いアーチ状のウエストラインとフレームレスのウィンドウが特徴的です。

メルセデスベンツ 新型CLSクーペ インテリア(内装)

CLSクーペのインテリアには、新型『Eクラス』や『Sクラス』改良新型にも採用された2つの高精細12.3インチワイドディスプレイを一枚のガラスカバーで融合した、コックピットディスプレイが採用されました。

最新の先進運転支援システム(ADAS)を搭載

また、新型『CLSクーペ』に部分的な自動運転を含めた最新の先進運転支援システム(ADAS)を搭載予定となっています。

新型CLSクーペには、アクティブブレーキアシスト、レーンキープアシスト、アテンションアシスト、スピードリミットアシスト、乗員保護システムの「PRE-SAFE」を標準装備。

また、オプションで「ドライビング・アシスタンス・パッケージ」を用意。アクティブ・ディスタンス・コントロール・ディストロニック、アクティブステアリングアシスト、アクティブスピードリミットアシスト、クロストラフィック機能付きブレーキアシスト、ステアリングアシスト、アクティブブラインドスポットアシスト、アクティブレーンキープアシスト、PRE-SAFE プラスで構成されます。

このうち、アクティブ・ディスタンス・コントロール・ディストロニックは、先行車との車間距離を維持しながら走行し、自動再発進機能も備えます。

この機能は、停止後30秒以内のみ、ドライバーがアクセルを踏まなくても自動的に発進できるというもの。

また、アクティブステアリングアシストは、車線が不明瞭な場合や検知できない場合でも、周囲の車両やガードレールなどを検知し、ステアリングアシストを行います。

車内オフィスも兼ね備えた!香水噴射!?すごすぎる機能満載!新型CLS

メルセデスは、新型『CLSクーペ』に最新のコネクティビティを搭載すると発表しています。

コネクティビティのひとつが、「車内オフィス機能」。これは、メルセデスベンツのコネクトサービス、「メルセデス・ミー」と連動したもの。

車内で移動中でも、重要なデータにアクセス可能になります。例としては、カレンダーのスケジュールにある訪問先の住所を、車のナビゲーションシステムに自動的に転送。また、カレンダーのスケジュールに基づいて、自動的に電話会議に参加する、など。ダッシュボードには、高解像度のワイドスクリーンコックピットを採用。2つの12.3インチディスプレイが、左右に並ぶようにレイアウトされます。

このフルデジタルコックピットでは、ドライバーは運転状況に応じて、情報コンテンツを構成することが可能。オプションで「ENERGISING」と呼ばれるシステムを設定。空調、シートヒーター、照明、香水噴射などの快適装備が、6種類のモードに応じて最適に調整可能になります。

メルセデスベンツ 新型CLS 発売日は2018年か

メルセデスベンツは、明確な発売日を発表していませんが、ロサンゼルスモーターショー2017にて初公開されたこともあって、少なくとも2018年内には発売されるでしょう。

2018年春~初夏には発売が期待できるのではないでしょうか。

最後に

元々ステーションワゴンタイプと、クーペタイプの2つのボディタイプを持っていたCLSですが、3代目新型CLSは、クーペタイプのみのラインアップとなっています。

流麗なデザインを持つCLSクーペを間近で見られる日が、今からとても楽しみですね。

関連するキーワード


メルセデスベンツ クーペ

関連する投稿


【パリモーターショー2018】7年ぶりモデルチェンジ!メルセデスベンツGLE新型

【パリモーターショー2018】7年ぶりモデルチェンジ!メルセデスベンツGLE新型

メルセデスベンツは、パリモーターショー2018にてメルセデスベンツGLE新型をワールドプレミアします。メルセデスベンツGLE新型は、約7年ぶりのフルモデルチェンジとあって、期待が高まっています。本記事ではメルセデスベンツGLE新型の最新情報をお届けいたします。


【パリモーターショー2018】登場!メルセデスベンツBクラス新型

【パリモーターショー2018】登場!メルセデスベンツBクラス新型

メルセデスベンツは9月24日に、フランス、パリで10月に開催されるパリモーターショー2018において、新型『Bクラス』(Mercedes-Benz B-Class)を初公開することを発表しています。フルモデルチェンジは約7年ぶりとあって、ニューBクラスに期待が高まります。


メルセデス 初市販EVとなるEQC発表!航続450kmの電動SUV

メルセデス 初市販EVとなるEQC発表!航続450kmの電動SUV

メルセデスベンツは9月4日に、メルセデスベンツブランド初の市販EV、『EQC』(Mercedes-Benz EQC)を、ストックホルムでワールドプレミアしました。「EQ」とは、メルセデスベンツが立ち上げた電動車特化型のサブブランドになります。このEQ初の市販車として登場するのがEQC。期待も高まっています。


【Aクラス初4ドアセダン】メルセデスベンツ Aクラスセダン欧州で受注開始!

【Aクラス初4ドアセダン】メルセデスベンツ Aクラスセダン欧州で受注開始!

メルセデスベンツは、9月3日からAクラスセダンの受注を開始しました。Aクラス初の4ドアセダンということもあり、世界から熱い視線が注がれています。そんなAクラスセダン新型についてご紹介いたします。


レクサス LSおよびLCを一部改良!さらに進化したレクサスとは?

レクサス LSおよびLCを一部改良!さらに進化したレクサスとは?

レクサスのフラッグシップセダン&クーペであるLSとLC。レクサスファンはもちろん、車にあまり興味がない方でも一度見たら思わず欲しくなってしまう、そんなラグジュアリーカーですね。このLSとLCが一部改良され、8月31日より発売されました。どこが進化したのでしょうか。


最新の投稿


【続々登場】カッコイイ!プレミアムな最先端EVカーまとめ 発売日・価格ほか

【続々登場】カッコイイ!プレミアムな最先端EVカーまとめ 発売日・価格ほか

EVはデザインがいまいち!?いえいえそれはもう過去のお話です。各メーカーが、続々とカッコイイ・プレミアムなEVカーを発表・発売しています。本記事ではそんな最新のプレミアムなEVカーをまとめました。価格は?日本発売日は?スペックは?


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【10月22日更新】


【F1】第18戦 アメリカGP フェラーリのライコネンが5年ぶりの優勝!

【F1】第18戦 アメリカGP フェラーリのライコネンが5年ぶりの優勝!

F1アメリカGPの決勝レースが21日、テキサス州のサーキット・オブ・ジ・アメリカズで行われました。結果は、キミ・ライコネン(フェラーリ)が2013年の開幕戦以来5年ぶりの優勝を飾ることになりました。


【東京オートサロン2019】開催は1月11日~13日!【先取り】

【東京オートサロン2019】開催は1月11日~13日!【先取り】

カスタムトレンドをけん引している東京オートサロン。東京オートサロン2019が1月11日~13日、幕張メッセにて開催されます。2019年のオートサロンはどんな内容になるのでしょうか。オートサロンを先取りです。


助手席にチャイルドシートを乗せるのは違反ではない?注意点と取付け方

助手席にチャイルドシートを乗せるのは違反ではない?注意点と取付け方

法律でも決まっているチャイルドシートの着用ですが、自分の目の届く場所にいて欲しいという思いから助手席にチャイルドシートの設置を検討している親御さんも少なくないと思います。本記事では、助手席にチャイルドシートを乗せる危険性と助手席にチャイルドシートを載せる場合の取り付け方や注意点をまとめてご紹介していきます。