トップへ戻る

【2022年】風を感じるオープンカーおすすめ5選!人気車種と最新情報をお届け

【2022年】風を感じるオープンカーおすすめ5選!人気車種と最新情報をお届け

「オープンカー」という言葉を聞いただけで、クルマ好きの人なら心がときめくはず。屋根を開けて、風を感じながら走るドライブは爽快そのもの。この記事では、2022年の最新のオープンカー情報を紹介します!

⏳この記事は約3~4分で読めます。


オープンカーはクルマの華!

「オープンカーはクルマの華」という言葉に議論の余地はないでしょう。屋根を開け放って走る気持ちよさは、何ものにも代え難い魅力があります。

オープンカーは、クルマの作り手でもある自動車メーカーも魅了していたようで、一昔前にはホンダ S2000、トヨタ MR-S、フィアット バルケッタのように、各メーカーからさまざまなオープンカーが発売されていました。

しかし、オープンカーは、その多くが2人乗りである事からマーケットが限られてしまい、最近では各メーカーからラインアップが消えつつあります。

ただし、今回紹介するのは、そんな時代であってもメーカーが頑張って作り続けているクルマたち。いずれも自信をもっておすすめできるクルマです。

メルセデスAMG SL

Mercedes-AMG SL

今まで、「SL」と言えばメルセデス・ベンツブランドのトップスポーツモデルにして、オープンモデルでした。

しかし、7代目SLは、ブランドをメルセデス AMGに変更しての登場となりました。このブランドの変更は、スポーツモデルを「メルセデス AMG」ブランドに集約するという意図があるのでしょう。

ハードウェア面では、先代SLがバリオルーフと呼ばれる複雑な機構をもった格納式の金属製ルーフだったのに対し、今回のメルセデスAMG SLでは、より軽量なソフトトップを採用。ソフトトップ化による軽量化は21kgにも及びます。

また、今回からSLは2人乗りではなく、狭いながらもリアシートを持つ4人乗りとなりました。実際に人が座るかどうかはともかく、運転席・助手席の後方に何らかのスペースがあるのとないのでは、実用性が大きく違ってきます。ライバル車であるポルシェ911ターボ カブリオレもリアシートを持っていることから、それに対抗するためかもしれませんね。

Mercedes-AMG SL

スタイリングは、直線基調だった先代とは異なり、より丸みを強調しています。これは、初代300SLをオマージュしたもので、グリルのフィンが横から縦になったのも、初代300SLのパナメリカーナグリルが由来となっています。

パワーユニットは、純ガソリンエンジンの直噴4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載。最大出力は476hp/5,500~6,500rpm、最大トルクは71.4kgm/2,250~4,500rpmを発生します。トランスミッションはトランスミッションは9速の「AMGスピードシフトMCT 9G」で、0~100km/h加速は3.9秒、最高速は295km/hとの情報も。

また、ドイツ本国では新開発の「電動ターボ」を搭載したエントリーモデル「SL43」も発表されています。2リットル直噴ガソリン「電動ターボ」エンジンは、381hp /48.9kgmを発揮し、ベルト駆動のスタータージェネレータが14hpのエクストラパワーを引き出します。電気駆動式ターボの採用は、F-1直結のテクノロジーで、ターボラグを解消する画期的なソリューションであるとメルセデスAMGは主張しています。

このように、ハードウェア的には大きく変化した「SL」ですが、メルセデス AMGブランドとなったことで、ラグジュアリークーペではなく、「スポーツカー」としてのアピールを強めています。

【メルセデスAMG SL55 4MATIC+】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)-
ホイールベース-
最大乗車定員4名
車両重量-
燃費-
エンジン種類4.0リットル V型8気筒ガソリンツインターボ
エンジン最高出力476hp/5,500~6,500rpm
エンジン最大トルク71.4kgm/2,250~4,500rpm
駆動方式全輪駆動
トランスミッション9速オートマチック
新車価格15万8240ユーロ(ドイツ本国)
(2022年5月現在 レスポンスより転載)

レクサス LC500 コンバーチブル

レクサス LC500 コンバーチブル 北海道エディション

「メルセデスにSLがあるなら、日本にはLC500コンバーチブルがある!」と、胸を張って言える美しいコンバーチブル。それが、LC500コンバーチブルです。

レクサスLC500コンバーチブルの一番の特徴は、5.0リットルV型自然吸気エンジンを搭載していることでしょう。最新のメルセデス AMG SLが4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載しているのに比べ、LC500コンバーチブルは自然吸気エンジンにこだわっています。

SLやポルシェ911ターボカブリオレがターボエンジンを搭載する中で、なぜ、自然吸気エンジンにこだわったのでしょうか。それは、5リットルという大排気量の自然吸気エンジンが生み出すフィーリングと音が、他の何ものにも変え難いからでしょう。

レクサス LC500 コンバーチブル 北海道エディション

エンジン回転上昇に伴って「自然と」、パワーもトルクも出てくる大排気量自然吸気エンジン特有のドライブフィールには、制御技術が進んだ最近のターボエンジンも敵いません。さらに、自然吸気エンジンは排気系にターボという介在物が存在しないおかげで「音」もいいのです。

LC500コンバーチブルのエンジンは、普段は5リットルの排気量の余裕を活かして低回転でゆるゆる回っていますが、いざスロットルを開けると脳天に響くような甲高いエクゾーストノートを響かせて豪快に加速します。LC500コンバーチブルは、この二面性が大きな魅力なのです。

LC500コンバーチブルは4人乗りとしてデザインされていますが、2人乗りにすれば、クーペモデルと同じようにハイブリット車もラインアップ出来たとのこと。

しかし、あえてハイブリッドを設定しなかった背景には、このレクサス入魂の5リットルV8エンジンをオープンで楽しんで欲しいという、武藤チーフエンジニアの想いがあるのです。

日本車は一般的に個性が薄く、組織でクルマを作るというイメージがあります。しかし、このLC500コンバーチブルは例外で、武藤チーフエンジニアの熱い想いが詰まった、こだわりと個性のつよいコンバーチブルとして、日本車のなかで燦然と輝くモデルになっています。

【レクサス LC500コンバーチブル】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,770mm×1,920mm×1,350mm
ホイールベース2,870mm
最大乗車定員4名
車両重量2,060kg
燃費WLTCモード:8.0km/L
エンジン種類V型8気筒ガソリン 4,968cc
エンジン最高出力351kW(477ps)/7,100rpm
エンジン最大トルク540N・m(55.1kgf・m)/4,800rpm
駆動方式後輪駆動
トランスミッション10速オートマチック
新車価格13,427,273円(消費税抜)
(2022年5月現在 レクサス公式サイトより)

BMW Z4

《photo by BMW》BMW Z4 ロードスター 新型

BMW Z4は、BMWのオープン2シータースポーツとして、2002年に発売されました。BMWには4シリーズや8シリーズにもカブリオレと呼ばれるオープンカーが用意されていますが、2人乗りのロードスターはZ4だけ。

BMWのコーポレートアイデンティティである「駆け抜ける歓び」を、ピュアに表現するモデルとなっています。ロングノーズ・ショートデッキのエクステリアは、正にロードスターとしての伝統的なスタイリングで、このクルマが正しくスポーツカーであることをアピールしています。

現在発売中の3代目Z4は、コンポーネントの多くをトヨタ GRスープラと共有しており、姉妹車の関係となっています。生産も両車共にオーストリアのマグナ・シュタイアの工場で行われており、トヨタ GRスープラはトヨタブランドでありながら、輸入車となっています。

Z4は2リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載したsDrive20iと、3リットル直列6気筒ガソリンターボエンジンを搭載したM40iの2つのグレードを用意。2リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンは197ps /320Nを発生し、3リットル直列6気筒ガソリンターボエンジンは387ps /500Nを発生します。

《photo by BMW》BMW Z4 ロードスター 新型

パフォーマンスでは3リットル直列6気筒ガソリンターボエンジンが2リットルエンジンよりも2倍近いパワーを発揮しており、3リットルモデルのM40iでは、サスペンションも電子制御タイプの「アダプティブMサスペンション」が、デフも同じく電子制御の「Mスポーツデファレンシャル」を標準で装備しています。

3リットルモデルのM40iのエンジンのパフォーマンスと、シャシーの電子制御デバイスの充実度を考えると、2リットルモデルのsDrive20iとの価格差が約164万円しかない事が割安であるように思えてきます。

Z4 M40iのライバルは、価格的にもパフォーマンス的にもポルシェ718ボクスターSでしょう。ポルシェ718ボクスターSが2.5リットル水平対抗4気筒ガソリンターボエンジンをミッドシップに搭載するのに対し、Z4 M40iは3リットル直列6気筒ガソリンターボエンジンをフロントに搭載します。

エンジンの搭載位置ではポルシェ718ボクスターSにアドバンテージがありますが、エンジンではZ4 M40iの6気筒エンジンのフィーリングが有利なように思えます。

【BMW Z4 M40i】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,335mm×1,865mm×1,305mm
ホイールベース2,470mm
最大乗車定員2名
車両重量1,580kg
燃費WLTCモード:11.6km/L
エンジン種類直列6気筒ガソリンターボ 2,997cc
エンジン最高出力285kW(387ps)/5,800rpm
エンジン最大トルク500N・m(51.0kgf・m)/1,800-5,000rpm
駆動方式後輪駆動
トランスミッション8速オートマチック
新車価格8,109,091円(消費税抜)
(2022年4月現在 BMW公式サイトより)

マツダ ロードスター

《写真提供 マツダ》マツダ・ロードスター 特別仕様:ネイビートップ

マツダ ロードスターが真に偉大な理由は、「ロードスター」と呼ばれるクルマのジャンルを復活させたことにあります。もともと「ロードスター」とは車名ではなく、クルマの種類を表す言葉です。オープンの状態がデフォルトで、屋根は雨露を避けるための最低限度のソフトトップを装備した、軽量小型のスポーツカーを指します。

1960〜70年代には、フィアット124スパイダーやMGミジェットなど、さまざまなメーカーから数多くのロードスターが発売されていました。しかし、2回のオイルショックやアメリカでの安全基準の強化によって、ロードスターと言うジャンル自体が衰退していきました。

その流れを変えたのが、1989年に発売されたマツダ ロードスター(当時の名称はユーノス ロードスター)。初代ロードスターは、5ナンバーサイズのコンパクトなボディに、車重は約1トンと「ロードスター」の名前にふさわしい軽量小型のスポーツカーとして登場しました。

現代的でキュートなデザインのロードスターは、日本だけでなく世界中で人気を博し、デビュー翌年の世界販売台数が10万台を記録しました。そして、2016年には累計生産台数が100万台を記録するなど、世界中で根強い人気を誇っています。

マツダ ロードスターの成功は、「BMW Z3」「ホンダ S2000」「フィアット バルケッタ」などの多くのフォロワーを生み出し、世界的に「ロードスター」というジャンルのクルマを復活させたのです。

《写真提供 マツダ》ロードスター990S

「軽さ」が命の「ロードスター」に、2021年12月に追加されたのが「990S」。その名の通り、車重が990kgという超軽量モデルになります。990Sは、ただ装備を取り去って軽量化したモデルではなく、RAYS製の超軽量鍛造16インチアルミホイールと、フロント大径ベンチレーテットディスク+ブレンボ製対向4ピストンブレーキキャリパーが標準で搭載されています。

そして、キネマティック・ポスチャー・コントロール(KPC)と呼ばれる、コーナリング中のクルマの内側の後輪にブレーキをかけることで、ダイアゴナルロールを抑制するブレーキ技術を使ってクルマのスタビリティを向上させています。

KPCの採用によって、リアスタビライザーを持たない990Sでも、連続するコーナーでのリアの安定性が向上。スタビライザーで動きを制限されないリアサスペンションのナチュラルな感覚を楽しみつつスタビリティも確保されました。

徹底的に軽量化にこだわり、KPCという重量増加ゼロの飛び道具も装備した990Sは、6速MTモデルのみの設定で税抜き2,630,000円。スポーツカーを高価で限られた人のためのクルマにするのではなく、誰にでも買える価格で販売する。これも、マツダ ロードスターのポリシーなのです。

【マツダ ロードスター 990S】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,915mm×1,735mm×1,235mm
ホイールベース2,310mm
最大乗車定員2名
車両重量990kg
燃費WLTCモード:16.8km/L
エンジン種類直列4気筒ガソリン 1,496cc
エンジン最高出力97kW(132ps)/7,000
エンジン最大トルク152N・m(15.5kgf・m)/4,500rpm
駆動方式後輪駆動
トランスミッション6速MT
新車価格2,630,000円(消費税抜)
(2022年4月現在 マツダ公式サイトより)

ダイハツ コペン

コペンは軽自動車のオープンカーとして、孤高の存在です。ダイハツは初代コペンが2002年に発売され、若干の中断を挟みましたが、2022年までの20年間にわたって「軽自動車のオープンカー」という極めて特殊なジャンルのクルマを作り続けています。

つい最近の2022年3月に、ホンダ S660が生産終了となったことで、コペンは新車で買える軽自動車のオープンカーとして唯一のクルマとなりました。

《写真提供 ダイハツ工業》ダイハツ・コペン・ローブ

2014年から発売されている2代目コペンは、「アクティブトップ」と呼ばれる金属製のオープントップを持つオープンカーで、軽自動車のオープンとしては異例のこだわったメカニズムを持ったクルマになっています。また、「D-Frame」と呼ばれる、樹脂製の外板を取り替えられる技術を採用するなどユニークな点も。

《撮影 太宰吉崇》ダイハツ・コペン XPLAY

コペンは現在、ダイハツブランドの「Robe」「XPLAY」「Cero」、GRブランドの「GR SPORT」の4グレードが発売されています。それぞれ異なる外板のデザインとしながら、シャシーは共通になっており、コペンを買うときはデザインが異なる4つのクルマの中から、自分の好みのクルマを選ぶというおもしろい選択ができるのです。

ダイハツ コペン セロ

GR SPORTは、専用のエクステリアを与えられており、ブレースなどの補強材をつかってボディ剛性も強化。サスペンションも専用チューンとなっています。その足回りの性能は、標準型コペンのレベルを完全に上回り、とても軽自動車とは思えないスタビリティと回頭性が両立しています。

ダイハツ コペン GR SPORT

発売が2014年と、デビューからやや時間の経過したコペンは、最近の軽自動車では当たり前になってきた先進運転支援システムがまったく搭載されていないなど、技術的には時代遅れになりつつあります。

しかし、軽自動車のオープンカーという世界唯一の輝きは、未だに色褪せていません。価格も税抜き1,717,000円からと比較的お求めやすく、維持費も安くて燃費も抜群というオープンカーは、世界でもコペンしかありません。

【ダイハツ コペン GR SPORT 5速MT】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,280mm
ホイールベース2,230mm
最大乗車定員2名
車両重量850kg
燃費WLTCモード:18.6km/L
エンジン種類直列3気筒ガソリンターボ 658cc
エンジン最高出力47kW(64ps)/6,400rpm
エンジン最大トルク92N・m(9.4kgf・m)/3,200rpm
駆動方式前輪駆動
トランスミッション5速MT
新車価格2,215,636円(消費税抜)
(2022年4月現在 ダイハツ公式サイトより)

まとめ

販売価格が約2,000万円を予想されるメルセデスAMG SLから、170万円ほどのコペンまで、おすすめのオープンカーを紹介しました。

価格は10倍以上の差がありますが、「屋根を開けて走る」というオープンカーの気持ちよさは、コペンでもAMGメルセデス SLでも変わることはありません。あなたもぜひ、オープンカーのオーナーになりませんか?人生が変わる体験になるかもしれませんよ!

オープンカーに関するFAQ

オープンカーって、快適性は大丈夫なの?

格納式のハードトップを持つクルマは、屋根を閉めてしまえば普通のクルマと変わらない快適性があります。
しかし、最近のソフトトップも、外皮と内皮の間に吸音材を挟む3層構造等の技術が発達したことで、格納式のハードトップのクルマとそれほど変わらない快適性を身につけていますので、屋根を閉めたらうるさいのではないか?等の心配はいりません。

オープンカーって、青空駐車で保管しても大丈夫なの?

最近のオープンカーは、ソフトトップの品質が大幅に向上したので、ほとんどのモデルが青空駐車で保管しても問題ない耐候性があります。ただし、台風などの暴風雨が来襲した後は、できるだけ早めにクルマをチェックして、雨漏り等がないかを確認することをおすすめします。

関連する投稿


期待の最新小型SUV、ホンダ ZR-VとBR-V!日本導入はあるか

期待の最新小型SUV、ホンダ ZR-VとBR-V!日本導入はあるか

ユーティリティ抜群のコンパクトカーやミニバンが人気のホンダながら、売れ筋のSUVジャンルでは、国内のラインアップを見ると、CR-Vとヴェゼルの2台だけと意外に選択肢が少ない印象。しかし、海外に目を向けるとホンダらしさが光る、魅力的なコンパクトSUVが多数存在しています。今後の日本導入にも期待したくなる魅惑のホンダ最新コンパクトSUV、ZR-VとBR-Vに注目して紹介します。


レクサス新型LXが堂々登場!注目の価格やシビれる高級装備を徹底調査

レクサス新型LXが堂々登場!注目の価格やシビれる高級装備を徹底調査

高級車ブランド「レクサス」のフラッグシップSUVでありながら、道なき道も涼しい顔で通り抜けられる究極のオフロード性能をも兼ね備えたモデルが「レクサス LX」です。国内で2世代目となる新型モデルの登場で、その仕上がりや装備に注目している方も多いのではないでしょうか。この記事では新型LXの注目ポイントを紹介しつつ、気になる価格帯なども調査しています。ぜひチェックしてみてください。


発売間近!マツダ CX-50の注目点とマツダSUV今後の展開をサクッと紹介

発売間近!マツダ CX-50の注目点とマツダSUV今後の展開をサクッと紹介

2012年に初代CX-5がデビューして以降、クリーンディーゼルから電気自動車まで揃う豊富なラインアップと、こだわりの商品性で人気を獲得しているマツダのSUV。2022年にはニューモデルも複数発売予定となっていて、期待している方も多いのではないでしょうか。北米市場向けのCX-50が量産開始されて新世代商品群の幕開けも間近な現時点で、わかっている情報をまとめて紹介します。


マツダMX-30EVの最新情報まとめ!ロータリー搭載はいつ?価格は?

マツダMX-30EVの最新情報まとめ!ロータリー搭載はいつ?価格は?

国産メーカーの電気自動車は、ラインアップがあまり増えない状態が続いていましたが、2022年には新型モデルも続々登場して市場が活性化される見通しです。そんな中で、マツダの電気自動車として現在市販されている唯一のモデルとなる「MX-30 EVモデル」の進化にも注目が集まっています。ここ数年の間噂され続けてきたロータリーエンジン搭載のMX-30は登場するのか?最新情報をまとめました。


2022年のおすすめ最新外車厳選5台!続々登場のニューモデルを見逃すな

2022年のおすすめ最新外車厳選5台!続々登場のニューモデルを見逃すな

国産車メーカーが非常に多数存在する日本市場ながら、ここ数年は輸入車メーカーの好調な販売成績が目立ちます。定番のドイツ車だけでなく、アメリカ車やフランス車、イタリア車などが人気を博しており、その人気に後押しされてニューモデルが積極的に国内投入されています。各ブランドの個性を色濃く反映した魅力的な輸入車のニューモデルの中でも、2022年に注目しておきたいおすすめモデルを5台紹介します。


最新の投稿


駐車禁止標識(マーク)の意味や場所は?違反した場合の罰則について

駐車禁止標識(マーク)の意味や場所は?違反した場合の罰則について

駐車禁止標識(マーク)だけでなく、その詳しい意味や禁止場所の範囲を理解しておくことは交通ルールに沿った運転をするうえで重要です。今回は、駐車禁止標識の意味と違反した際の罰則についてまとめました。


車のディーラーとは?販売店との違いやメリット・デメリットをわかりやすく解説

車のディーラーとは?販売店との違いやメリット・デメリットをわかりやすく解説

ディーラーという言葉は聞いたことがあるけれど、実際にどんなことをするのか知らないという人も多いのではないでしょうか。ここでは、ディーラーの意味と種類、そして車を購入する時の販売店の選び方について解説します。


車のエンジンがかからないときの原因と対処方法をまとめて紹介

車のエンジンがかからないときの原因と対処方法をまとめて紹介

車のエンジンが突然かからなくなってしまっても、原因を確認して対処すれば解決できます。今回は、エンジンがかからないときに考えられる原因とチェックポイント、解決までの手順を紹介します。


どこに加入すべき?自動車保険を選ぶポイントとおすすめの自動車保険会社

どこに加入すべき?自動車保険を選ぶポイントとおすすめの自動車保険会社

自動車保険はいろいろな保険会社が取り扱っています。そのため、自動車保険を選ぶ際に、「どのようなものを選べばよいのか?」と悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。 そのため、自動車保険を選ぶ際には、どのようなポイントに注意すればよいのか、事前に把握しておきましょう。


【バイデン大統領来日!】アメリカ大統領 専用車「ビースト」がスゴイ!驚きの性能を紹介!

【バイデン大統領来日!】アメリカ大統領 専用車「ビースト」がスゴイ!驚きの性能を紹介!

アメリカ大統領の専用車である通称「キャデラック・ワン」。キャデラック・ワンはその性能、機能から「ビースト」とも呼ばれています。こちらの記事では、アメリカ大統領の専用車、キャデラック・ワン(ビースト)についての機能、性能等の情報を記載しています。