トップへ戻る

どこまでもエレガント!メルセデス・ベンツのクーペ一覧

どこまでもエレガント!メルセデス・ベンツのクーペ一覧

高級車の代名詞的存在ともいえるメルセデス・ベンツは、多くの人たちの憧れの存在となっています。メルセデス・ベンツは、セダンやSUVなどの売れ筋のモデルを販売する一方、「クーペ」もしっかりと作り続けています。今回は、エレガントなメルセデス・ベンツのスポーツ・クーペについて紹介します。

[PR]本ページはプロモーションが含まれています
⏳この記事は約3~4分で読めます。


メルセデス・ベンツとは?

メルセデスベンツ Eクラスクーペ

メルセデスベンツ Eクラスクーペ

メルセデス・ベンツは、世界で初めてガソリンエンジン搭載の自動車を作った、カール・ベンツを始祖とする自動車メーカーです。戦前から高級車メーカーとして知られていて、今でもメルセデス・ベンツのラインナップは高級車が中心です。

かつては、「最善か無か」というコーポレートアイデンティティを掲げ、圧倒的な性能と品質を持つ自動車を世に送り出していました。

現在のメルセデス・ベンツは、メルセデス・ベンツブランドに加え、電気自動車のメルセデス・ベンツEQ、ハイパフォーマンスカーブランドのメルセデスAMG、超高級車のマイバッハ等、多数のブランドを展開し、ワイドなラインナップを誇るメーカーとなっています。

メルセデス・ベンツのクーペラインナップ

メルセデス・ベンツは、エレガントなクーペを今だに作り続けています。クルマの売れ筋は、今やSUVになってしまっていますが、それでもメルセデス・ベンツはクーペをラインナップに加えています。

それはやはり、クーペでなければなしえないエレガントさがあるからではないかと思われます。そんなエレガントなメルセデス・ベンツのクーペラインナップをご紹介します。

Eクラス クーペ

《写真撮影 中村孝仁》メルセデスベンツ Eクラスクーペ(E300)

大人の余裕を感じさせる2ドアクーペ。それがEクラスクーペです。Cクラスクーペに比べて全長が長い分、クーペらしい流れる様なルーフラインが強調されていて、極めてエレガントなスタイリングを持ちます。

サッシュレスドアを採用しているので、サイドウインドウを下ろしたらセンターピラーが無い、スッキリとスタイリッシュなデザインとなっていて、それがクーペと言うクルマの特別感を強調します。

全長が4.8mを超える大型のクーペとなっているので、あらゆる分野で余裕があります。室内の広さ、E300であればエンジン出力の余裕、そして伸びやかなスタイリングなど、まさにメルセデス・ベンツのクーペらしいエレガントさを感じる事ができます。

Eクラスのクーペも、次期モデルではCクラスクーペとの車種統合が噂されています。次期型は、Cクラスクーペとの統合で、若干コンパクトなサイズになるかもしれません。大型の、余裕のあるエレガントなクーペが欲しい!と思う方は、早めの検討をお勧めします。

【無料】ガリバーにEクラスクーペの中古車探しを依頼する

Eクラスクーペのスペック

【メルセデス・ベンツ E300 クーペ】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,845mm×1,860mm×1,430mm
ホイールベース2,875mm
最大乗車定員4名
車両重量1,770kg
燃費WLTCモード:-km/L
エンジン種類DOHC直列4気筒ターボチャージャー付
最高出力190kW(258ps)/5,800-6,100rpm
最大トルク370N・m(37.7kgf・m)/800-4,000rpm
駆動方式後輪駆動(FR)
トランスミッション電子制御9速A/T
2022年8月現在 メーカー名公式サイトより

メルセデス AMG GT クーペ

メルセデスAMG GT

メルセデスAMG GT

言わずと知れた、モータースポーツ最高峰のF-1でセーフティカーを勤めるのが、メルセデス AMG GT クーペです。

メルセデス・ベンツは、ハイパフォーマンスカーを「メルセデス AMG」のブランドに集約しており、GTクーペは圧倒的なパフォーマンスの象徴として君臨しています。

エンジンは、4LV型8気筒ツインターボを搭載し、ノーマルモデルでも530PSを、「R」モデルであれば585PSを誇ります。

グリルは、メルセデスのハイパフォーマンスモデルの象徴である縦溝の「パナメリカーナ」グリルを標準で装備。メルセデス AMG GT クーペがまごう事なきハイパフォーマーである事を知らしめています。

メルセデス AMG GT クーペのスタイリングは、非常に古典的なロングノーズショートデッキの、クーペそのものと言えるデザイン。4.5mあまりの全長の3分の1以上は長大なノーズとなっていて、カタチだけでもAMG GT クーペが只者ではないことを知らしめています。

【無料】ガリバーにAMG GT クーペの中古車探しを依頼する

AMG GTのスペック

【メルセデスAMG GT クーペ】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,545mm×1,940mm×1,290mm
ホイールベース2,630mm
最大乗車定員2名
車両重量1,680kg
燃費
エンジン種類DOHCV型直列8気筒ツインターボチャージャー付
最高出力390kW(530ps)/5,750−6,750rpm
最大トルク

670N・m(68.3kgf・m)/2,100-5,250rpm

駆動方式後輪駆動(FR)
トランスミッション電子制御7速A/T
2022年8月現在 メーカー公式サイトより

メルセデス AMG SL

《画像提供:Response》〈写真提供:メルセデス・ベンツ日本〉メルセデスAMG SL43

2022年10月24日に、ラグジュアリーロードスターメルセデス 新型AMG SLが発表・発売されました。

「Super」と「Light」(軽量)を略したモデル呼称であるSLの歴史は、1952年に公道を走行できるレーシングスポーツカーとして発表され、ルマン24時間レースで見事なワンツーフィニッシュを飾ったほか、世界各地のレースで輝かしい戦績を重ねた「300 SL」(W194)をベースに、1954年に登場した「300 SL」(W198)からスタートしています。

初代300 SLの誕生から70年を迎えた2022年に、新型のSLは、メルセデスAMGによる完全自社開発モデルとして生まれ変わり登場しました。

SL専用の高剛性プラットフォームによる卓越したドライビングパフォーマンスと快適性を兼ね備えたドライバビリティに加え、先代モデルとは違い2+2シートレイアウトを実現しました。また、ルーフにも、先代モデルの金属製バリオルーフとは違い電動ソフトトップを採用しています。

ボディサイズは、全長4,700mm×全幅1,915mm×全高1,370mm。

エクステリアは、メルセデス・ベンツのデザイン基本思想である「Sensual Purity(官能的純粋)」に、AMG のスポーティな要素を取り入れたデザイン。ボンネットのパワードームなど、随所にSLの長い伝統を受け継ぐ特徴的な要素が施されているほか、スポーツカーとしての原点に回帰したことを裏付ける筋肉質なプロポーションが採用されています。

インテリアでは、初代300 SLロードスターのデザインをオマージュしながらもラグジュアリーで快適な空間を実現しています。

パワートレインには、F1の技術を採用した新型の2.0リッター直列4気筒ターボエンジンを採用、最大出力381馬力・最大トルク480Nmを発揮します。これに組み合わせるトランスミッションとして、9速ATを搭載、0-100km/h加速は4.9 秒、最高速度は275km/hを実現しています。

【無料】ガリバーにAMG SLの中古車探しを依頼する

AMG SLのスペック

【メルセデスAMG SL 43】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,700mm×1,915mm×1,370mm
ホイールベース2,700mm
最大乗車定員4名
車両重量1,780kg
燃費WLTCモード:10.8km/L
エンジン種類直列4気筒
最高出力280kW(381ps)/6,750rpm
最大トルク

480N・m(48.9kgf・m)/3,250-5,000rpm

駆動方式後輪駆動(FR)
トランスミッション電子制御9速A/T
2023年1月現在 メーカー公式サイトより

Eクラス カブリオレ

《画像提供:Response》〈photo by Mercedes-Benz〉メルセデスベンツ Eクラス・カブリオレ 改良新型

メルセデス・ベンツのミドルクラス「Eクラス」に用意されているオープントップモデルがEクラス カブリオレです。

ボディサイズは、全長4,845mm×全幅1,860mm×全高,1430mmと、少し大きめですが、日本でも取り回しに困らないサイズ感です。

「Eクラスクーペ」をベースに開発されており、そのエクステリアでは、ソフトトップを閉じている時はメルセデスの伝統的な流れるように美しいクーペのようなスタイリングで、ソフトトップを開けた時にはカブリオレならではの伸びやかなプロポーションが特徴的。

また、7色のエクステリアカラーとブラック、ブラウン、ダークブルー、ダークレッドの4色のソフトトップカラー、そして6種類のインテリアの組み合わせによる、自分だけの一台を選ぶことが可能なのもその魅力の一つと言えるでしょう。

パワートレインに、最高出力184馬力・最大トルク280Nmを発揮する1.5リッター直列4気筒ターボエンジン+マイルドハイブリッドシステムを採用するE 200と、最高出力435馬力・最大トルク520Nmを発揮する3.0リッター直列6気筒スーパーチャージドエンジン+マイルドハイブリッドシステムを搭載するAMG E 53が用意されます。共に組み合わされるトランスミッションは9ATです。

【無料】ガリバーにEクラス カブリオレの中古車探しを依頼する

Eクラス カブリオレのスペック

【E 200 Cabriolet Sports】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,845mm×1,860mm×1,430mm
ホイールベース2,875mm
最大乗車定員4名
車両重量1,850kg
燃費WLTCモード:12.4km/L
エンジン種類直列4気筒
最高出力135kW(184ps)/5,800-6,100rpm
最大トルク

280N・m(28.6kgf・m)/3,000-4,000rpm

駆動方式後輪駆動(FR)
トランスミッション電子制御9速A/T
2023年1月現在 メーカー公式サイトより

AMG GT ロードスター

《画像提供:Response》メルセデスAMG GTロードスター

2017年8月25日に登場したメルセデスAMG GT ロードスターは、メルセデスAMG社による完全自社開発スポーツカーであるメルセデスAMG GTをベースに、完全自動開閉のアコースティックソフトトップを備えたオープントップモデルのスポーツカー。

このアコースティックソフトトップは、走行中でも50km/hまで開閉可能で、開閉動作は全自動、所要時間は約11秒です。また、3層構造のソフトトップは、マグネシウム、スチール、アルミニウム構造により軽量化を図り、低重心化にも貢献しています。

パワートレインには、メルセデスAMG GTと同様の最高出力476ps・最大トルク630Nmを発揮する(高性能モデルとなるGT Cロードスターでは最高出力557ps・最大トルク680Nm)4.0リッターV型8気筒ツインターボエンジンを搭載、これに7速DCTが組み合わされます。

エクステリアは、1952年に開催された伝説的なレースであるカレラ・パナメリカーナ・メヒコで優勝を飾った300 SLレーシングカーを彷彿とさせる、「AMGパナメリカー伝説の300 SLレースカーをモチーフとした、垂直ルーバーをもつグリルを採用。高度な空力性能と冷却性能を実現する迫力のあるフロントエプロンとともに、空力効率を強化しています。

インテリアでは、ラテラルサポートを強化したAMGパフォーマンスシートに温風で首元を暖めるエアスカーフを装備されており、寒いときでも快適なオープントップドライブが楽しめるようになっています。

さらにメルセデスの安全運転支援システムの1つである、レーダーセンサーにより先行車を認識して、設定速度の範囲内で車間距離を適切に維持して追従するとともに、先行車が停止した場合は減速して停止する渋滞追従機能を備えた「ディスタンスパイロット・ディストロニック」を標準装備、スポーツカーでありながら高い快適性も実現しました。

【無料】ガリバーにAMG GT ロードスターの中古車探しを依頼する

AMG GT ロードスターのスペック

【AMG GT ロードスター】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,550mm×2,005mm×1,285mm
ホイールベース2,630mm
最大乗車定員2名
車両重量1,660kg
燃費-
エンジン種類DOHC V型8気筒ツインターボチャージャー付
最高出力430kW(585ps)/6,250rpm
最大トルク

700N・m(71.4kgf・m)/2,100-5,500rpm

駆動方式後輪駆動(FR)
トランスミッション電子制御7速A/T
2023年1月現在 メーカー公式サイトより

まとめ

日本では高級車として知られるメルセデス・ベンツのスポーツ・クーペは、高級感を感じさせるフォルムと高い走行性能が大きな魅力です。

車好きな人や子供が独立したミドルエイジの方であれば、自動車を購入する際にメルセデス・ベンツのスポーツ・クーペを候補に加えてみるのはいかがでしょうか。

車をローンで購入するなら?カーローン申込ランキング

メルセデス・ベンツ クーペに関するFAQ

メルセデス・ベンツのクーペの特徴は?

ズバリ、「車種が多い」事です。世界的なSUVブームの中、クーペはそれほど販売台数が期待できる車種ではなくなっています。それでも、メルセデス・ベンツは複数車種のクーペを作り続けています。
メルセデス・ベンツのクーペは、エレガントなクーペらしいクーペから、メルセデス AMGシリーズのようなハイパフォーマンスカーまで種類も豊富で、ユーザーの様々なニーズに答えてくれます。

メルセデス・ベンツのクーペの燃費は?

まず、ハイパフォーマンスカーのメルセデスAMGには、燃費は期待できません。それ以外のクーペでは、特にディーゼルエンジン搭載モデルを中心に、それなりに良好な燃費となっています。燃料費が気になる方は、メルセデス・ベンツのクーペの中でも、ディーゼルエンジン搭載モデルを選択すると良いでしょう。

こちらの記事もおすすめ!

関連する投稿


メルセデス・ベンツ新型「E 220 d オールテレイン」発表!SUV×ステーションワゴンのクロスオーバーモデル

メルセデス・ベンツ新型「E 220 d オールテレイン」発表!SUV×ステーションワゴンのクロスオーバーモデル

メルセデス・ベンツ日本は、2024年3月22日、同社の中核モデル新型「Eクラス」にクロスオーバーモデルの新型「E 220 d 4MATIC All-Terrain(ISG搭載モデル)」を発表。同日より発売しました。


メルセデス・ベンツ新型「CLEクーペ」発表!美しすぎるスタイルの“新モデル”

メルセデス・ベンツ新型「CLEクーペ」発表!美しすぎるスタイルの“新モデル”

メルセデス・ベンツは、2024年3月18日、同社の最新世代の2ドアクーペである新型「CLEクーペ」を発表。全国の正規販売店にて、同日販売を開始しました。


メルセデス・ベンツ AMG新型「GT 63 S E PERFORMANCE」発売!843馬力の4ドアクーペが誕生

メルセデス・ベンツ AMG新型「GT 63 S E PERFORMANCE」発売!843馬力の4ドアクーペが誕生

メルセデス・ベンツは、2024年1月24日、新型「AMG GT 63 S E PERFORMANCE」を発表。全国のメルセデス・ベンツ正規販売店にて、同日販売を開始しました。


メルセデス・ベンツ新型「Eクラス」公開! “王道”の高級セダンが全面刷新

メルセデス・ベンツ新型「Eクラス」公開! “王道”の高級セダンが全面刷新

メルセデス・ベンツは、2024年1月12日、新型「Eクラス(セダン/ステーションワゴン)」を発表。全国のメルセデス・ベンツ正規販売店にて、同日予約受注を開始しました。


最大出力680馬力!メルセデス・ベンツ「Cクラス」最強の「AMG C 63 S E PERFORMANCE」発売

最大出力680馬力!メルセデス・ベンツ「Cクラス」最強の「AMG C 63 S E PERFORMANCE」発売

メルセデス・ベンツ日本は、2023年10月25日、セダンの「Cクラス」のスポーツモデル「AMG C 63 S E PERFORMANCE」を発売しました。同車は、ハイパフォーマンスなパワートレインを搭載したプラグインハイブリッドモデルです。


最新の投稿


日産 新型軽商用バン「クリッパーバン/リオ」を発表! 新色やCVT、新たな4WD追加

日産 新型軽商用バン「クリッパーバン/リオ」を発表! 新色やCVT、新たな4WD追加

日産自動車株式会社(日産)は3月26日、「NV100クリッパー」、「NV100クリッパー リオ」の一部改良モデルを発表。「クリッパー バン」、「クリッパー リオ」へと車名を変更し、同日より発売しました。


【軽自動車販売台数ランキング】やっぱり“日本一売れてる”のはホンダ「N-BOX」!? 肉薄したスズキの「スペーシア」どうなったのか

【軽自動車販売台数ランキング】やっぱり“日本一売れてる”のはホンダ「N-BOX」!? 肉薄したスズキの「スペーシア」どうなったのか

全軽自協(全国軽自動車協会連合会)が発表した2024年3月新車販売台数ランキングによると、1月にダイハツの不正問題による出荷停止の影響で「タント」「ミラ」「ムーブ」などダイハツ車が一気に順位を落としランキングに大きな影響を与えていましたが、出荷の再開により、ミラが少し順位を取り戻しました。しかし同車以外は未だランキングには戻っていません。また、これまでランキングに姿を見せなかったクルマもこの隙にランクインしています。


2024年GWの新幹線混雑日は後半の連休に!帰省ラッシュは5/3、Uターンラッシュは5/5・5/6がピーク

2024年GWの新幹線混雑日は後半の連休に!帰省ラッシュは5/3、Uターンラッシュは5/5・5/6がピーク

JR各社(東日本旅客鉄道株式会社、東海旅客鉄道株式会社、西日本旅客鉄道株式会社、九州旅客鉄道株式会社)より、2024年ゴールデンウィーク(GW)期間(2024年4月26日から5月6日の11日間)の4月11日時点の指定席予約状況が発表されました。2024年ゴールデンウィーク(GW)の新幹線はいつ混雑するのでしょうか。また昨年より利用者は増えるのでしょうか。


【新車販売台数ランキング】日本一売れてる“普通車”はトヨタ「カローラ」!? 日産「ノート」&ホンダ「フリード」も大健闘

【新車販売台数ランキング】日本一売れてる“普通車”はトヨタ「カローラ」!? 日産「ノート」&ホンダ「フリード」も大健闘

自販連(日本自動車販売協会連合会)が発表した2024年3月の新車販売台数ランキングによると、これまでは1月から首位をキープしているトヨタ「カローラ」が今回も1位となったほか、日産「ノート」が引き続き3位で好調な様子。また、ホンダ「フリード」や日産「セレナ」も上昇し2月に続き、トヨタ車の牙城を崩しています。


「オートモビルカウンシル2024」チケット購入方法から開催概要まで解説!

「オートモビルカウンシル2024」チケット購入方法から開催概要まで解説!

「オートモビルカウンシル」は、ヘリテージカーの魅力を楽しむ、大人なモーターショーです。今回は、オートモビルカウンシル2024の開催概要やチケット購入方法、前回の開催で注目された車たちをまとめました。


ブログ 始め方 新車情報 GW 渋滞予測 新型iphone 予約 iphone15 予約 楽天モバイル 評判 wimax au回線 副業 年賀状 安い