トップへ戻る

【デザインが美しいクーペ 5選】クーペ、それは華やかなライフスタイル!

【デザインが美しいクーペ 5選】クーペ、それは華やかなライフスタイル!

SUV全盛の世の中ですが、やはり、美しいデザインを持つクルマと言えば、クーペです。クーペには、クーペにしか持ち得ない華やかさがあります。世界中の美しいクーペを、一緒に見ていきましょう!

⏳この記事は約3~4分で読めます。


クーペって、どんなクルマ?

考える女性

クーペって何?

クルマには、様々なボディのカタチがあります。そのなかで、クーペは最も華やかなボディタイプの一つと言えます。

クーペは、主に2ドアで、よりスタイリングを重視したデザインが施される事が多いのが特徴です。

最近では、クーペの概念は様々に解釈され、4ドアのクーペやSUVのクーペも登場し、クルマのなかでも最も熱いジャンルの一つになっています。

美しいクーペ5選!

ブガッティ・タイプ57SCクーペ・アトランティーク|史上、最も美しいクーペ!

ブガッティ・タイプ57SCクーペ・アトランティーク

ブガッティ・タイプ57SCクーペ・アトランティークは、世界で最も美しいと称賛されるクーペ。1936年から1938年にかけて、わずか4台が生産されました。

ブガッティ・タイプ57SCクーペ・アトランティーク

ブガッティは、1909年にエットーレ・ブガッティが設立した自動車会社で、高性能なレーシングカーの制作や、超高級車の販売で知られています。

ブガッティの特徴は、芸術家一家に生まれたエットーレがこだわり抜いたデザインにあります。ブガッティのクルマは、美しい内外装だけでなく、エンジンやサスペンションといったメカニズムも、徹底的に美しくデザインされていました。

ブガッティ・タイプ57SCクーペ・アトランティーク

アール・デコ運動の絶頂期に、エットーレの息子のジャン・ブガッティがデザインしたクーペ・アトランティークは、低く構えた流麗なクーペラインを持ち、スポーツカーとラグジュアリーカーの完璧な融合と言えるデザインとなっています。

ブガッティは美しいだけでなく、当時のクルマの水準を超越する超高性能車でもありました。クーペ・アトランティークに搭載された3.3L 直列8気筒ガソリンエンジンは、200psを発揮。最高速度は200km/hを超えると言われます。

ブガッティ・タイプ57SCクーペ・アトランティーク(ラルフ・ローレン氏所有モデル)

4台生産されたクーペ・アトランティークは、現在、3台のみが現存しています。そのうちの1台、「ポープ・アトランティーク」は、ファッション・デザイナーで、クラシックカー・マニアとしても有名な、ラルフ・ローレン氏が保有しています。

行方不明になった1台は、世界中のクラシックカー・コレクターが必死にその行方を探していますが、未だに見つかっていません。見つかった場合、その価値は1億ユーロ(127億円!)を超えると言われています。

マセラティ A6GCS/53 ベルリネッタ|究極に美しいレーシング・クーペ

マセラティ A6GCS/53 ベルリネッタ

マセラティ A6GCS/53 ベルリネッタ

マセラティ A6GCS/53 ベルリネッタは、究極に美しいレーシングカーとして余りにも有名です。

マセラティ A6GCS/53 ベルリネッタ

マセラティ A6GCS/53 ベルリネッタ

戦前から続くイタリアの名門マセラティは、1954年にベルリネッタ・ボディをもつレーシングカーを発表しました。それが、A6GCS/53 ベルリネッタです。

ベルリネッタとは、イタリア語でクーペを指します。

マセラティ A6GCS/53 ベルリネッタ

A6GCS/53は、先にスパイダー・ボディ(屋根のないオープン・ボディ)が製作され、高性能なレーシングカーとして市販されました。

2L 直列6気筒DOHCユニットは、170psを発揮し、スパイダー・ボディで235km/hの最高速度を記録したと言われます。

究極に美しいこのベルリネッタ・ボディは、A6GCS/53のボディ・バリエーションとして製作されました。

マセラティ A6GCS/53 ベルリネッタ

デザインとボディの制作を手掛けたのは、イタリアを代表するカロッツェリア、ピニンファリーナ。

大きく楕円形に空いたフロントグリルには、三叉の銛「トライデント」が配され、このベルリネッタが紛うこと無いマセラティ一族である事を示しています。

また、車高を最低限まで抑えた、低く構えるクーペ・ボディは、ピニンファリーナらしい完璧なプロポーションを誇ります。

A6CS/53のベルリネッタ・ボディの生産台数は、わずか4台のみ。

2017年には、モントレー・カー・ウィークで開催された、ザ・ペニンシュラ クラシックス ベスト オブ ザ ベスト アワードにて、2017年の世界最高のクラシックレースカーに選出されました。

トヨタ・2000GT|美しき、ニッポンのクーペ!

トヨタ・2000GT

トヨタ・2000GT

1967年、まだ、カクカクとしたカタチのセダンばかりだった国産車の世界に突如登場した、超絶美しいクーペ。それが、トヨタ・2000GTでした。

トヨタ・2000GTは、1960年代に開催れていた自動車レース、「日本グランプリ」のGTカークラスに出場するためのベース車両として、開発がスタートしました。

当時、日本グランプリを始めとする自動車レースは、今の日本では考えられないぐらいの絶大な人気があり、レースで速いクルマは、性能のいい車である、という消費者へのアピールに絶好の場でもありました。

レースでの成績に優劣が、そのクルマの販売成績に露骨に影響を及ぼす事もあり、各メーカーは、メーカー直系の「ワークスチーム」を組織し、激しい技術開発競争を繰り広げていました。

トヨタは、強敵であるプリンス・スカイラインや、ポルシェなどの外国勢に対抗するために、世界トップレベルのスポーツカーを開発する事とし、2000GTのプロジェクトが開始されたのです。

トヨタ・2000GT

トヨタ・2000GT

そのため、2000GTには、その美しいクーペスタイルだけでなく、当時の国産車の技術水準から隔絶した超高級なメカニズムが搭載されました。

2000GTには、2L 直列6気筒DOHCエンジン、4輪ダブルウィッシュボーンサスペンション、4輪ディスクブレーキ、ラジアルタイヤ、マグネシウムホイール、リトラクタブルヘッドランプ等々、当時のヨーロッパの高級スポーツカーにも負けない、最新のメカニズムが搭載され、日本で最も先進的なクルマでもありました。

トヨタ・2000GT

トヨタ・2000GT

そのような最新のメカニズムを惜しげもなく採用した結果、2000GTは、発売当時の大卒初任給が約3万円という時代に、新車価格が238万円もする超高価なクルマになり、日本車初のスーパーカーと言っていい存在になりました。

流麗なクーペのスタイリングは、トヨタ社内のデザインスタジオで行われました。2000GTのスタイリングは、当時、高級スポーツカーの代名詞であった、ジャガー Eクラスの影響が感じられる、典型的なロングノーズ・ショートデッキの美しいクーペボディとなりました。

また、高性能な6気筒DOHCエンジンは、ヤマハ発動機との共同開発で、150psを発揮。最高速は220km/hとアナウンスされ、当然、当時の日本車の水準を超越した、最速の国産車でした。

トヨタ・2000GT

トヨタ・2000GT

2000GTは、1967年から1970年までに337台が生産されたと言われています。生産台数はごくわずかですが、その存在感は、日本車の歴史の中でも随一と言えます。

このような美しいクーペが、日本人の手によって生み出された事実は、我々、日本のクルマ好きにとって、とても誇らしい事ですね!

いすゞ・117クーペ|天才!ジウジアーロ デザインの傑作クーペ

いすゞ・117クーペ

いすゞ・117クーペ

1960年代後半、日本車は「移動のニーズを満たすだけのクルマ」から、「オーナーの所有欲を満たすクルマ」への脱皮を懸命に模索していました。

そのため、実用一辺倒のセダンではなく、様々なスポーティークーペやコンバーチブルが国内メーカーより発売され、日本車のバリエーションは一気に拡大し、華やかになっていきました。

そんな時代の華やかさを代表するクルマが、いすゞ・117クーペです。

いすゞ・117クーペ

いすゞ・117クーペ

いすゞは、現在はトラック専業メーカーになっていますが、117クーペ発売当時は、乗用車も生産する総合自動車メーカーでした。

いすゞは、高性能なスポーツクーペを新たに開発するにあたり、クーペとして最も重要なスタイリングを、イタリアのカロッツェリア・ギアに委託しました。そして、当時のカロッツェリア・ギアには、まだ20歳代の天才デザイナー、ジョルジェット・ジウジアーロが在籍していました。

ジョルジェット・ジウジアーロは、後に自らのデザインスタジオ、イタルデザインを立ち上げ、初代VW・ゴルフや、初代フィアット・パンダなどの傑作車のデザインを担当した、天才的なデザイナー。

その才能は、自動車だけに留まらず、ニコンの一眼レフカメラ、FシリーズやDシリーズのデザインから、果ては、パスタメーカーのパスタのデザインも手掛けるなど、多才なインダストリアル・デザイナーとして、素晴らしいデザインを数多く生み出していきました。

そのジウジアーロの20歳代の傑作デザインと言われるのが、いすゞ・117クーペです。

いすゞ・117クーペのカタログ(当時)

いすゞ・117クーペのカタログ(当時)

優雅に流れるSの字のベルトラインに、グラスエリアを広く配した開放的なクーペデザインは、1960年代の典型的なイタリアンデザインであり、当時の国産車の水準を超越する美しさを誇っていました。

しかし、その美しいデザインゆえ、当時の国産車の生産技術では量産するのが極めて困難なクルマでもありました。優雅な曲線を描くサイドパネルは、当時のプレス機では打ち出す事が出来ず、また、極めて細いピラーの量産も技術的なハードルが高く、初期型モデルは手作りの工程が非常に多いクルマでした。

それでも、当時のいすゞは、ジウジアーロの美しいデザインを忠実に市販化すべく、懸命の努力を続けました。今でこそ世界最先端のクルマを作る日本の自動車メーカーは、この頃、まだまだ発展途上の段階だったのです。

ハンドメイドな初期型117クーペは、その生産性の悪さ故に、販売価格が非常に高価な、プレミアムなスポーツクーペとなりました。

いすゞ・117クーペ

いすゞ・117クーペ

117クーペは、1968年の発売以降、2回の大きな改良を受けつつ、美しいデザインはそのままに、1981年までの13年間にわたって、約8.5万台が生産されました。

117クーペの生産終了から40年が経ちますが、未だに多くの個体が、日本全国の愛好家の間で保管・維持され、日本のクラシックカー・イベントには欠かせない存在となっています。時代を超越するジウジアーロのデザインは、今でも、私達をハッとさせる美しさを保っています。

フェラーリ・ローマ|甘い生活を約束する、美しきクーペ

フェラーリ・ローマ

フェラーリ・ローマ

クーペは、いつの時代も美しいクルマの象徴であり、それに乗るドライバーの華やかなライフスタイルを人々に思い起こさせるアイコンでもありました。

フェラーリの新しいクーペ、「ローマ」のコンセプトは、「la nuova dolce vita」。日本語に訳すと、「新しい、甘い生活」という意味にでもなりますでしょうか。

大切な人と過ごす、甘く、幸せな時間のパートナーとして、フェラーリ・ローマは最適のクルマだと、フェラーリは主張します。

フェラーリ・ローマ

フェラーリ・ローマ

ローマのスタイリングは、フェラーリ・スタイリング・センターによってデザインされました。長大なノーズの後端に、低くまとめられたキャビンは、古典的なクーペとしての優雅さを醸し出しています。

一方、リアフェンダーは有機的な曲線を描きながら大きく膨らんでおり、スポーツクーペとしての力強さをローマに与えています。

フェラーリ・ローマ

フェラーリ・ローマ

フェラーリが、甘い二人のためのクーペだと主張する通り、ローマは極めてエレガントなフェラーリであるにも関わらず、最も実用的なフェラーリでもあります。

フェラーリはローマを4シーターのクーペとは呼ばず、「2+(プラス)」だと言っています。キャビンには、一応、4つのシートが設えてありますが、後席はあくまでエマージェンシーなもの。どちらかと言うと、荷物を置く場所として重宝するでしょう。

また、リアには独立したトランクも用意されており、バンパーに食い込むように開閉するトランクリッドは、重い荷物の出し入れの歳に非常にありがたく、実用的な容量もしっかり確保されています。

フェラーリが言うように、二人での旅行であれば、かなりの長旅の荷物を詰め込む事は出来そうです。

フェラーリ・ローマ

フェラーリ・ローマ

そのような高い実用性を備えながら、ローマには猛烈なパフォーマンスも与えられています。

3855ccのV型8気筒ツインターボエンジンはフロントミッドシップ搭載され、最大出力620ps/最大トルク77.5kgmを発生させます。0-100km/h加速は3.4秒、最高速度320km/hと発表されており、この世に存在する大抵のクルマを置き去りに出来ます。

フェラーリ・ローマ

フェラーリ・ローマ

フェラーリ・ローマは、それに乗る人の華やかなライフスタイルを世の人に知らしめる、極めてクーペらしいクーペだと言えるでしょう。

まとめ

華やかなクーペの世界、いかがでしたか? SUV全盛の時代に、あえてクーペを乗りこなす事で、あなたのライフスタイルを表現できるかもしれません。美しいクーペを、あなたの生活に取り入れてみませんか?きっと、新しい発見があるはずです!

関連する投稿


セダンはもう時代遅れ?今こそ注目すべきセダンの魅力

セダンはもう時代遅れ?今こそ注目すべきセダンの魅力

時代と共に車も進化や変化を続けています。一昔前まで自動車といえば、多くの方がセダンタイプのものをイメージしていたのではないでしょうか。しかし、今日ではセダン以外にも多くの車の選択肢があります。中でも、SUVなどのハッチバック系のモデルの人気が高まっていることもあって、セダンの存在感がやや小さくなったという印象を抱いている方も多いかもしれません。しかし、セダンならではの魅力もあり、現在でも根強い人気があります。そこで、今回はセダンとはどういった車なのかや、メリット・デメリットなどについてご紹介します。


【新春初夢特集】夢のスーパーカーをドドンと紹介!

【新春初夢特集】夢のスーパーカーをドドンと紹介!

自動車の華と言えば、スーパーカーをおいて他にありません。現在、世界中で様々なスーパーカーが発表されています。今回は、新春特別企画として、世界の一流メーカーが発表しているスーパーカーをご紹介します!


【今こそ買いたい】輸入セダン おすすめ3選!高級感が「パない」

【今こそ買いたい】輸入セダン おすすめ3選!高級感が「パない」

高級感では他の追随を許さないセダンは、ブランド力のある輸入車の中でも特別なステータス性を有していますね。日本国内の新車市場では、オーソドックスな車型であるセダンのシェアはかなり小さくなっていますし、海外においてもセダン離れの流れは同様に加速しているようですが、その結果、今選べる輸入セダンは「味が濃い」ものが多数。輸入セダンの最新のおすすめを、3台ご紹介していきます。


クーペとセダンの違いは?特徴やいま人気のクーペ4選を紹介!

クーペとセダンの違いは?特徴やいま人気のクーペ4選を紹介!

車の形状を語源とする「クーペ」は、セダンと似ているようで異なる車です。とはいえ、実際には両者がどのように異なっているのかよく分からないという方も多いのではないでしょうか。クーペとセダンの違いは、ドアの数や運転性能、デザインの方向性などによって見分けられます。そこで今回は、クーペとセダンの違いや特徴、国内で販売されているおすすめのクーペ4選について解説します。


トヨタのSUVにはどんな種類があるの?話題の車種を徹底解説

トヨタのSUVにはどんな種類があるの?話題の車種を徹底解説

トヨタのSUVは用途に合わせたさまざまな車種が展開されており、ボディサイズやターゲットなども車種によって異なります。トヨタのSUVにはどんな車種があるのか気になっているという方もいるのではないでしょうか。最近登場したばかりのヤリスクロスや今後国内導入が予測されているカローラクロスなど、新たなSUVも続々と登場しています。そこで今回はトヨタのSUVの特徴や、話題の車種について徹底解説します。


最新の投稿


ペーパードライバーが運転しても大丈夫?久々の運転はココをチェック!

ペーパードライバーが運転しても大丈夫?久々の運転はココをチェック!

ペーパードライバーならば、免許を持っているけれど日ごろは運転しないことが多いでしょう。しかし仕事の都合上、もしくは転勤などによって急に運転しなければいけないこともあります。今の状況からすぐに運転しても問題ないでしょうか?今回はペーパードライバーが気を付けたいポイントや講習を受けるべきか判断の参考になる情報をご紹介します。


ペーパードライバー講習は行く価値があるの?講習の内容や料金は?

ペーパードライバー講習は行く価値があるの?講習の内容や料金は?

ペーパードライバー講習は、運転免許証を所持していてもあまり運転しない人のためのもの。日ごろから運転しない人や久しぶりに運転する人が活用できるサービスです。今回はペーパードライバー講習について、また講習を受けるべきか確認するのに必要な情報をご紹介します。


縦列駐車のコツと上手なやり方|誰でもスムーズにするためのポイント

縦列駐車のコツと上手なやり方|誰でもスムーズにするためのポイント

運転初心者だけでなく、慣れている人でも縦列駐車は気を付けて運転する必要があります。前の車との距離や後ろのスペース、さらに縁石との距離も確認しなければいけません。切り返しをすると時間もかかるので、焦ってしまいがちです。しかし縦列駐車もコツをつかんでしまえばスムーズにできます。今回は縦列駐車のコツをご紹介します。


【知ってる?】車のバッテリーの正しい充電方法!対処法も紹介!

【知ってる?】車のバッテリーの正しい充電方法!対処法も紹介!

何気なく乗っている車ですが、車はバッテリーなしでは動きません。そんなバッテリー、みなさんは正しい充電方法をご存知ですか?今回はこのバッテリーの仕組みについて説明していきます。


シトロエン新型C4最新情報!国内での販売は?

シトロエン新型C4最新情報!国内での販売は?

シトロエン新型「C4」はCセグメントのSUVクーペとして登場しました。Cセグメントハッチバックの中でも、大胆かつユニークなデザインが採用されたシトロエンの最新デザインの車となります。今回はシトロエン新型C4の紹介をします。