トップへ戻る

個性派現行SUV最新4選! 注目の的になれる現行SUVはどれ?

個性派現行SUV最新4選! 注目の的になれる現行SUVはどれ?

SUVがこれまでにないほどブームの現在だからこそ、人とカブらないSUVに乗りたくはありませんか。そんなあなたにおすすめなのが、SUVらしい力強さを持ち合わせながらも、独特なデザインで注目の的になってしまいそうな最新SUVたちです。余裕のある室内や高めの目線による運転のしやすさはそのままに、並のSUVとは一味違う特徴的デザインを持ったSUVをご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


セクシー?スポーティ? デザインに特徴のあるSUVはこれだ!

ランドローバー レンジストーマー コンセプト(デトロイトモーターショー2004 出展車両)

ランドローバー レンジストーマー コンセプト(デトロイトモーターショー2004 出展車両)

世界的に人気のSUV系車種では、各メーカーが個性を発揮して顧客を引き寄せようとしのぎを削っています。

しかし、どうしてもSUVとなると、ボディ下部のプロテクターやゴツゴツとしたボディ造形はどの車種でも共通となりがちで、せめてどギツいディテールを盛り込んだり、ルーフラインをやや強めに絞り込むくらいでしか差別化がしにくいというのも事実でしょう。

そんな現代のSUVラインナップにおいて、特別に目を引く独特なデザインのモデルを4車種ピックアップしました。

街中で他のSUVに囲まれても堂々と存在感を示す、我が道を行くSUV達をご覧ください。

マツダ MX-30:あえての2+2ドア、パーソナル感マシマシ!

マツダ MX-30

マツダ MX-30

「クーペSUV」とは、もはや使い古され気味の言葉となりつつある印象もありますが、その定義に最も忠実な車の一つと思えるのが、マツダの最新SUV「MX-30」です。

なんといっても特徴的なのはその観音開き式ドア「フリースタイルドア」でしょう。エクステリアのドアノブはフロントドア用の2セットしか装着されておらず、一見2ドアのようなスポーティな印象がありつつ、リヤドアも開くとセンターピラーレスの大開口が実現されている実用性の高さも両立。

流麗なルーフラインと、カラーバリエーションとグレードによってはボディともルーフとも異なる3トーンの仕上げとオーナメントプレートの装着であえてCピラーの存在感が強調されたフォルムは、まさにクーペのそれを思わせるスポーティでパーソナルな印象があります。

MX-30の全長全幅とホイールベースは、実はよりSUVとしてオーソドックスな同社のCX-30と共通となっているのですが、それを感じさせない凝縮感のあるスタイリングがMX-30の魅力ですね。

マツダ MX-30

マツダ MX-30

既存のマツダ車とのデザイン的な連続性も感じさせつつ、よりシンプルなディテールや面構成とすることで、独特の雰囲気を持つMX-30。グリルとヘッドライトを連続させるマツダお馴染みの「シグネチャーウィング」をあえて廃していることもあり、やや無機質・無表情なフロントフェイスが先進性を感じさせます。

内装でもシンプルでクリーンな印象は継続。装飾パネルとしてコルクを利用するなど、サステナブルさやマツダの自動車製造の前身であるコルク製造のヘリテージをも意識させるインテリアは、もはや車の内装というよりもホテルのラウンジのような洒脱な空気感が魅力的です。

現在日本ではガソリンマイルドハイブリッド仕様が先行して販売されていますが、こちらはお求めやすい価格が話題に。本命となるフルEVモデルは2021年初頭、噂が絶えないロータリーエンジンを利用したレンジエクステンダーEVモデルの投入はさらにその先が見込まれています。

スタイリングの先進性に違わないフルEVの未来的な走りを、早く公道で体験してみたいものですね。

【マツダ MX-30】スペック早見表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,395mm×1,795mm×1,550mm
エンジン種類直列4気筒ガソリンハイブリッド 2.0L
WLTCモード燃費帯15.1〜15.6km/L
新車価格帯(消費税抜き)2,200,000〜3,085,000円
(2020年10月現在 マツダ公式サイトより)

アウディ e-tron スポーツバック:ついに登場、アウディの電気自動車

アウディ e-tron スポーツバック

アウディ e-tron スポーツバック

海外ではよりオーソドックスなSUV形状のe-tronが先行して販売されているのですが、日本市場では登場順番が逆転し、クーペスタイルのスポーツバックから先行して導入されるアウディの電気自動車、e-tron。

これまでは、電動テクノロジーを投入された車のことをe-tronと総称していたのですが、これ以降はフルEVのみをe-tronと呼称する方針に変更されたようで、トップバッターであるe-tron スポーツバックでは見た目は流麗なクーペSUVながら、中身はフルEVのパワートレインとなっています。

もちろんアウディらしく駆動方式はクワトロで、とはいうものの前後アクスルにモーターをそれぞれ持つ2モーター式四輪駆動となっています。

力強いモーターの駆動をしっかりと受け止めるクワトロによって、約2.6トンという重量級のボディながらかなり刺激的な加速性能を有するe-tron スポーツバックは、そのスポーティな見た目に違わない運動性能の持ち主です。

アウディ e-tron スポーツバック

アウディ e-tron スポーツバック

もはやSUVをクーペ化したのか、クーペの車高を持ち上げたのか、ハッキリと言い切ることが難しくなってきているような印象もあるe-tron スポーツバックのエクステリアの特徴は、なんといってもその流麗なルーフライン。Bピラー周辺を頂点としてテールエンドまで滑らかに下降していくルーフラインは、まさにクーペのそれですよね。

無論、そのスポーティな見た目の弊害として、後席頭上の余裕は素のe-tronよりは少なくなってはいるのですが、その他のエクステリアデザインがアウディSUVラインナップとしての共通項が多いこともあり、e-tronの先進性をアピールするにはスポーツバックのルーフラインがもってこいとなっています。

バーチャルエクステリアミラー仕様車では、まだまだ装着車両が数えるほどしかない電子ドアミラーという先進的装備も体験できますし、インテリアの仕上げや操作性は定評のあるアウディ車共通のハイクオリティさが嬉しいところ。

大袈裟にアピールすることなく、電気自動車の先進性を堪能できるe-tron スポーツバックは、これからアウディの次世代を引っ張っていく存在となることでしょう。

【アウディ e-tron スポーツバック】スペック早見表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,900mm×1,935mm×1,615mm
モーター種類ー(前後計2基)
WLTCモード一充電走行距離405km
WLTCモード交流電力量消費率245Wh/km
新車価格帯(消費税抜き)12,063,637〜12,236,364円
(2020年10月現在 アウディ公式サイトより)

BMW X6:光るキドニーグリルは間違いなく注目の的!

BMW X6

BMW X6

ラグジュアリー「SAV(スポーツアクティビティビークル)」として市場に大旋風を巻き起こした初代X5が、さらに洗練された2代目にバトンタッチしてからモデルレンジに追加されたのが、クーペ風に低められた全高と寝かせられたリアピラーを持った「X6」でした。

登場当初はクーペSUVという新しい車型自体に対する拒否反応も少なからず見られたX6ですが、世代を重ねるごとに定着が進んだのか、デザインが洗練されてきたのか、違和感は少なくなり、近年ではかなりの人気車種となっていますよね。

特に現行モデルとなる3代目は、これまでややポッコリ感もあったリアエンドがワイドな印象になり、さらにスポーティなクーペ感が増しているのが特徴的。BMWのクーペラインである8シリーズや4シリーズと共通するようなスリムなテールライトは存在感がありますよね。

BMW X6

BMW X6

しかし、エクステリアでの最も特徴的な部分は、もしかすると光るフロントグリル「キドニー・グリル アイコニック・グロー」機能かもしれませんね。

全グレードで標準装備となるこの機能は、BMWラインナップではX6が先陣を切って搭載。BMW車の象徴的なデザイン要素の一つであるキドニーグリルが柔らかな光でライトアップされることで、BMWであることを強烈にアピールするとともに、より顔つきの立体感を強調します。

先代X6よりもシャープさが増したヘッドライトと合わせ、新世代の車であることが一目で分かる先進的な仕上がりですよね。現在ではセダンの5シリーズや3シリーズでもオプション装着が可能となっているアイコニック・グローですが、押し出しが強く迫力のある顔つきのX6でこそより輝く機能のように感じられます。

クーペSUVという、それだけでも特別な存在であるX6が、さらに洗練された現行型は、街中でも注目の的となること間違いなしでしょう。

【BMW X6】スペック早見表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,945mm×2,005mm×1,695mm(xDrive35d)
エンジン種類直6ディーゼルターボ 3.0L、V8ガソリンツインターボ 4.4L
WLTCモード燃費帯7.8〜11.3km/L
新車価格帯(消費税抜き)9,000,000〜12,745,455円
(2020年10月現在 BMW公式サイトより)

ランボルギーニ ウルス:こんなスーパーSUV他にない!ランボワールド

ランボルギーニ ウルス

ランボルギーニ ウルス

これまでご紹介してきた各車とはクラス違いではありますが、SUVとして周囲の目線を捕まえる才能にこれ以上恵まれた車はないのではと思われるほどの個性派が、ランボルギーニ唯一のSUV「ウルス」です。

ランボルギーニといえば、ミウラやカウンタックなどの往年の人気車、近年のアヴェンタドールやウラカンといった最新スーパーカーでお馴染みのメーカーですが、そんなランボルギーニですらSUVを販売するほどにSUVブームは過熱しているのには驚かされますね。

しかも、発売以降、ウルスは爆発的な人気を博しており、デビュー2年ですでに1万台を生産済。4,000台程度だったランボルギーニの年間生産台数を一気に2倍以上にまで押し上げるほどの人気車種となっています。

ウルスはスーパーカーラインに比べてやや廉価とはいえ、それでも税込みで3,000万円級の超高額車ということを考えれば、尚のこと驚きですね。

ランボルギーニ ウルス

ランボルギーニ ウルス

もちろんランボルギーニの作る車ですから、たとえSUVであっても常識外れの刺激の強さは健在。

Y字形状モチーフがボディ各部に散りばめられたデザインは、単体で見るともはや破綻寸前の際どさを持つ奇抜なデザインのディテールなのに、全体で見るとランボルギーニのSUVと一目で分かるまとまりを持つのですから不思議です。

低めに抑えられた全高に、これでもかと張り出したフェンダーのもたらすワイド感が相まって、もはや路上には似たものが無い、唯一無二の世界観がウルスの魅力。

見掛け倒しでなく走行性能もSUVとして究極クラスの実力派なのですが、ここまでくるともはや見た目の魅力だけでも欲しくなってしまいそうですね。

【ランボルギーニ ウルス】スペック早見表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)5,112mm×2,016mm×1,638mm
エンジン種類V型8気筒ツインターボ 4.0L
WLTCモード燃費帯
新車価格(消費税抜き)27,891,882円
(2020年10月現在 ランボルギーニ公式サイトより)

まとめ

ホンダ SUV e: コンセプト(北京モーターショー2020 出展車両)

ホンダ SUV e: コンセプト(北京モーターショー2020 出展車両)

特徴的デザインのSUVをご紹介してきました。

SUVが流行っているからこそ、SUVの便利さや使い勝手の良さは欲しいけど、流行りに乗ったと思われるのはイヤだな…と思って二の足を踏んでいる方もいらっしゃることでしょう。

しかし、ここでご紹介したような特徴的なSUVなら、周りのSUVオーナーからも一目置かれること間違いなしでしょう。

関連する投稿


トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

とどまるところを知らないSUVブームの中でも、特に人気が高く各メーカーがしのぎを削っているのはコンパクトSUVクラス。コンパクトSUVだけで3車種も用意するトヨタのラインナップの中でも、登場が最も新しく人気を牽引しているのが「ヤリスクロス」です。国産車だけでなく輸入車とも比較されるような完成度の高さが話題のヤリスクロス、登場から1年が経つ今も「買い」なのか調査しました。


世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

マツダの世界戦略車として開発され、国内のみでなく欧米諸国でも高い人気を誇るマツダのアクセラ(現マツダ3)の特徴や魅力をご紹介します。セダンやハッチバックなどモデルラインナップも多いので、それぞれの特徴、そして新車価格・中古車価格などについても解説していきます。


往年の名車であるマツダ RX-7の人気の理由を徹底解説

往年の名車であるマツダ RX-7の人気の理由を徹底解説

スポーツカー好きなら誰もが通る日本車の名車、マツダ RX-7は、高性能なロータリーエンジンと唯一無二のスタイルで特に高い人気を誇ります。今回はマツダ RX-7が人気を博した理由と購入時のポイントについてご紹介していきます。


見た目だけじゃない!マツダ フレアの魅力を徹底紹介

見た目だけじゃない!マツダ フレアの魅力を徹底紹介

使い勝手の良い車が欲しいけど、見た目も重視したいという方も多いのではないでしょうか。マツダ フレアはそのキュートな見た目だけでなく広々とした室内にはたくさんの便利機能を搭載しています。今回はそのマツダ フレアについて魅力を徹底的に紹介していきます。


40年経ってもまだ未来的!カウンタックの特徴は?価格は?

40年経ってもまだ未来的!カウンタックの特徴は?価格は?

ランボルギーニと言えば?と聞かれてまず出てくる名前の1つ。それがランボルギーニ、カウンタックなのではないでしょうか。本記事ではカウンタックについてまとめています。実際に購入するといくらくらいあれば購入できるのか?スペックはどれくらいなのか?改めてカウンタックに迫ります。


最新の投稿


トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

人気のSUVジャンルの中でも扱いやすい5ナンバーサイズで人気なのがトヨタ ライズ。2019年の登場から常に好調な販売台数を誇ってきたライズですが、2021年11月の改良によって待望のハイブリッド車が追加されるなど、これまで以上にライズの燃費性能に注目が集まっています。リーズナブルな価格が嬉しいライズだけに、この記事では気になる燃費性能を詳しくご紹介していきます。


2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021年も12月に差し掛かりそろそろ年末が見えてきました。長く続いたコロナ禍もワクチン接種率の拡大とともに収束方向に動いており、今年の年末年始こそは帰省したいと考える方もいらっしゃると思います。そこで今回は緊急事態宣言解除後の帰省に関するアンケートと過去の渋滞実績を元に渋滞予想をまとめました。


ワイパー交換ってどうやるの?自分でできる効果テキメンのカーメンテ

ワイパー交換ってどうやるの?自分でできる効果テキメンのカーメンテ

車を運転するのは晴れの日だけではなく、むしろ雨や雪といった天候の悪い時こそ車は大活躍しますよね。視界が悪くなりがちな悪天候時にきちんと前や後ろを見て運転するためにも、ワイパーの状態を適切に管理しておくのは、安全運転の要で非常に大事なことです。この記事ではワイパーの交換目安や交換方法をご紹介していきます。簡単なのに効果が絶大なワイパー交換にぜひチャレンジしてみてください。


人気で選ぶ!2021年におすすめの中古車厳選10選、価格から魅力まで

人気で選ぶ!2021年におすすめの中古車厳選10選、価格から魅力まで

愛車選びは悩ましいもの。たくさんある車種の中からどれを選んだらいいのかななんて分からない、とお感じのあなたなら、人気ランキングで上位の車を選んでみてはいかがでしょう。多くの人から支持を受ける人気の車なら、失敗知らずの車選びができそうですよね。この記事では、中古車として人気の10台の魅力や中古車情報を詳しくご紹介していきますので、参考にしてみてください。


室内が広い軽自動車のおすすめ厳選5台!荷物満載でも問題なしの軽とは

室内が広い軽自動車のおすすめ厳選5台!荷物満載でも問題なしの軽とは

ボディサイズに制限があり、全長と全幅が横並びとなっている軽自動車。しかし、軽なら室内が狭くても仕方ない、と諦めるのは早い! 数多ラインナップされている軽自動車の中には驚きの室内空間のゆとりを持つものも存在しており、かしこく選べば普通車顔負けの実用性をリーズナブルな価格で手に入れることも可能です。この記事では、室内が広くておすすめの軽自動車を5台ご紹介していきます。