トップへ戻る

個性派現行SUV最新4選! 注目の的になれる現行SUVはどれ?

個性派現行SUV最新4選! 注目の的になれる現行SUVはどれ?

SUVがこれまでにないほどブームの現在だからこそ、人とカブらないSUVに乗りたくはありませんか。そんなあなたにおすすめなのが、SUVらしい力強さを持ち合わせながらも、独特なデザインで注目の的になってしまいそうな最新SUVたちです。余裕のある室内や高めの目線による運転のしやすさはそのままに、並のSUVとは一味違う特徴的デザインを持ったSUVをご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


セクシー?スポーティ? デザインに特徴のあるSUVはこれだ!

ランドローバー レンジストーマー コンセプト(デトロイトモーターショー2004 出展車両)

ランドローバー レンジストーマー コンセプト(デトロイトモーターショー2004 出展車両)

世界的に人気のSUV系車種では、各メーカーが個性を発揮して顧客を引き寄せようとしのぎを削っています。

しかし、どうしてもSUVとなると、ボディ下部のプロテクターやゴツゴツとしたボディ造形はどの車種でも共通となりがちで、せめてどギツいディテールを盛り込んだり、ルーフラインをやや強めに絞り込むくらいでしか差別化がしにくいというのも事実でしょう。

そんな現代のSUVラインナップにおいて、特別に目を引く独特なデザインのモデルを4車種ピックアップしました。

街中で他のSUVに囲まれても堂々と存在感を示す、我が道を行くSUV達をご覧ください。

マツダ MX-30:あえての2+2ドア、パーソナル感マシマシ!

マツダ MX-30

マツダ MX-30

「クーペSUV」とは、もはや使い古され気味の言葉となりつつある印象もありますが、その定義に最も忠実な車の一つと思えるのが、マツダの最新SUV「MX-30」です。

なんといっても特徴的なのはその観音開き式ドア「フリースタイルドア」でしょう。エクステリアのドアノブはフロントドア用の2セットしか装着されておらず、一見2ドアのようなスポーティな印象がありつつ、リヤドアも開くとセンターピラーレスの大開口が実現されている実用性の高さも両立。

流麗なルーフラインと、カラーバリエーションとグレードによってはボディともルーフとも異なる3トーンの仕上げとオーナメントプレートの装着であえてCピラーの存在感が強調されたフォルムは、まさにクーペのそれを思わせるスポーティでパーソナルな印象があります。

MX-30の全長全幅とホイールベースは、実はよりSUVとしてオーソドックスな同社のCX-30と共通となっているのですが、それを感じさせない凝縮感のあるスタイリングがMX-30の魅力ですね。

マツダ MX-30

マツダ MX-30

既存のマツダ車とのデザイン的な連続性も感じさせつつ、よりシンプルなディテールや面構成とすることで、独特の雰囲気を持つMX-30。グリルとヘッドライトを連続させるマツダお馴染みの「シグネチャーウィング」をあえて廃していることもあり、やや無機質・無表情なフロントフェイスが先進性を感じさせます。

内装でもシンプルでクリーンな印象は継続。装飾パネルとしてコルクを利用するなど、サステナブルさやマツダの自動車製造の前身であるコルク製造のヘリテージをも意識させるインテリアは、もはや車の内装というよりもホテルのラウンジのような洒脱な空気感が魅力的です。

現在日本ではガソリンマイルドハイブリッド仕様が先行して販売されていますが、こちらはお求めやすい価格が話題に。本命となるフルEVモデルは2021年初頭、噂が絶えないロータリーエンジンを利用したレンジエクステンダーEVモデルの投入はさらにその先が見込まれています。

スタイリングの先進性に違わないフルEVの未来的な走りを、早く公道で体験してみたいものですね。

【マツダ MX-30】スペック早見表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,395mm×1,795mm×1,550mm
エンジン種類直列4気筒ガソリンハイブリッド 2.0L
WLTCモード燃費帯15.1〜15.6km/L
新車価格帯(消費税込)2,420,000〜3,393,500円
(2020年10月現在 マツダ公式サイトより)

アウディ e-tron スポーツバック:ついに登場、アウディの電気自動車

アウディ e-tron スポーツバック

アウディ e-tron スポーツバック

海外ではよりオーソドックスなSUV形状のe-tronが先行して販売されているのですが、日本市場では登場順番が逆転し、クーペスタイルのスポーツバックから先行して導入されるアウディの電気自動車、e-tron。

これまでは、電動テクノロジーを投入された車のことをe-tronと総称していたのですが、これ以降はフルEVのみをe-tronと呼称する方針に変更されたようで、トップバッターであるe-tron スポーツバックでは見た目は流麗なクーペSUVながら、中身はフルEVのパワートレインとなっています。

もちろんアウディらしく駆動方式はクワトロで、とはいうものの前後アクスルにモーターをそれぞれ持つ2モーター式四輪駆動となっています。

力強いモーターの駆動をしっかりと受け止めるクワトロによって、約2.6トンという重量級のボディながらかなり刺激的な加速性能を有するe-tron スポーツバックは、そのスポーティな見た目に違わない運動性能の持ち主です。

アウディ e-tron スポーツバック

アウディ e-tron スポーツバック

もはやSUVをクーペ化したのか、クーペの車高を持ち上げたのか、ハッキリと言い切ることが難しくなってきているような印象もあるe-tron スポーツバックのエクステリアの特徴は、なんといってもその流麗なルーフライン。Bピラー周辺を頂点としてテールエンドまで滑らかに下降していくルーフラインは、まさにクーペのそれですよね。

無論、そのスポーティな見た目の弊害として、後席頭上の余裕は素のe-tronよりは少なくなってはいるのですが、その他のエクステリアデザインがアウディSUVラインナップとしての共通項が多いこともあり、e-tronの先進性をアピールするにはスポーツバックのルーフラインがもってこいとなっています。

バーチャルエクステリアミラー仕様車では、まだまだ装着車両が数えるほどしかない電子ドアミラーという先進的装備も体験できますし、インテリアの仕上げや操作性は定評のあるアウディ車共通のハイクオリティさが嬉しいところ。

大袈裟にアピールすることなく、電気自動車の先進性を堪能できるe-tron スポーツバックは、これからアウディの次世代を引っ張っていく存在となることでしょう。

【アウディ e-tron スポーツバック】スペック早見表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,900mm×1,935mm×1,615mm
モーター種類ー(前後計2基)
WLTCモード一充電走行距離405km
WLTCモード交流電力量消費率245Wh/km
新車価格帯(消費税込)13,270,000〜13,460,000円
(2020年10月現在 アウディ公式サイトより)

BMW X6:光るキドニーグリルは間違いなく注目の的!

BMW X6

BMW X6

ラグジュアリー「SAV(スポーツアクティビティビークル)」として市場に大旋風を巻き起こした初代X5が、さらに洗練された2代目にバトンタッチしてからモデルレンジに追加されたのが、クーペ風に低められた全高と寝かせられたリアピラーを持った「X6」でした。

登場当初はクーペSUVという新しい車型自体に対する拒否反応も少なからず見られたX6ですが、世代を重ねるごとに定着が進んだのか、デザインが洗練されてきたのか、違和感は少なくなり、近年ではかなりの人気車種となっていますよね。

特に現行モデルとなる3代目は、これまでややポッコリ感もあったリアエンドがワイドな印象になり、さらにスポーティなクーペ感が増しているのが特徴的。BMWのクーペラインである8シリーズや4シリーズと共通するようなスリムなテールライトは存在感がありますよね。

BMW X6

BMW X6

しかし、エクステリアでの最も特徴的な部分は、もしかすると光るフロントグリル「キドニー・グリル アイコニック・グロー」機能かもしれませんね。

全グレードで標準装備となるこの機能は、BMWラインナップではX6が先陣を切って搭載。BMW車の象徴的なデザイン要素の一つであるキドニーグリルが柔らかな光でライトアップされることで、BMWであることを強烈にアピールするとともに、より顔つきの立体感を強調します。

先代X6よりもシャープさが増したヘッドライトと合わせ、新世代の車であることが一目で分かる先進的な仕上がりですよね。現在ではセダンの5シリーズや3シリーズでもオプション装着が可能となっているアイコニック・グローですが、押し出しが強く迫力のある顔つきのX6でこそより輝く機能のように感じられます。

クーペSUVという、それだけでも特別な存在であるX6が、さらに洗練された現行型は、街中でも注目の的となること間違いなしでしょう。

【BMW X6】スペック早見表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,945mm×2,005mm×1,695mm(xDrive35d)
エンジン種類直6ディーゼルターボ 3.0L、V8ガソリンツインターボ 4.4L
WLTCモード燃費帯7.8〜11.3km/L
新車価格帯(消費税込)9,900,000〜14,020,000円
(2020年10月現在 BMW公式サイトより)

ランボルギーニ ウルス:こんなスーパーSUV他にない!ランボワールド

ランボルギーニ ウルス

ランボルギーニ ウルス

これまでご紹介してきた各車とはクラス違いではありますが、SUVとして周囲の目線を捕まえる才能にこれ以上恵まれた車はないのではと思われるほどの個性派が、ランボルギーニ唯一のSUV「ウルス」です。

ランボルギーニといえば、ミウラやカウンタックなどの往年の人気車、近年のアヴェンタドールやウラカンといった最新スーパーカーでお馴染みのメーカーですが、そんなランボルギーニですらSUVを販売するほどにSUVブームは過熱しているのには驚かされますね。

しかも、発売以降、ウルスは爆発的な人気を博しており、デビュー2年ですでに1万台を生産済。4,000台程度だったランボルギーニの年間生産台数を一気に2倍以上にまで押し上げるほどの人気車種となっています。

ウルスはスーパーカーラインに比べてやや廉価とはいえ、それでも3,000万円級の超高額車ということを考えれば、尚のこと驚きですね。

ランボルギーニ ウルス

ランボルギーニ ウルス

もちろんランボルギーニの作る車ですから、たとえSUVであっても常識外れの刺激の強さは健在。

Y字形状モチーフがボディ各部に散りばめられたデザインは、単体で見るともはや破綻寸前の際どさを持つ奇抜なデザインのディテールなのに、全体で見るとランボルギーニのSUVと一目で分かるまとまりを持つのですから不思議です。

低めに抑えられた全高に、これでもかと張り出したフェンダーのもたらすワイド感が相まって、もはや路上には似たものが無い、唯一無二の世界観がウルスの魅力。

見掛け倒しでなく走行性能もSUVとして究極クラスの実力派なのですが、ここまでくるともはや見た目の魅力だけでも欲しくなってしまいそうですね。

【ランボルギーニ ウルス】スペック早見表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)5,112mm×2,016mm×1,638mm
エンジン種類V型8気筒ツインターボ 4.0L
WLTCモード燃費帯
新車価格(消費税込)30,681,070円
(2020年10月現在 ランボルギーニ公式サイトより)

まとめ

ホンダ SUV e: コンセプト(北京モーターショー2020 出展車両)

ホンダ SUV e: コンセプト(北京モーターショー2020 出展車両)

特徴的デザインのSUVをご紹介してきました。

SUVが流行っているからこそ、SUVの便利さや使い勝手の良さは欲しいけど、流行りに乗ったと思われるのはイヤだな…と思って二の足を踏んでいる方もいらっしゃることでしょう。

しかし、ここでご紹介したような特徴的なSUVなら、周りのSUVオーナーからも一目置かれること間違いなしでしょう。

関連する投稿


惜しまれつつ消えたマツダ プレマシー|中古車情報、後継車は?

惜しまれつつ消えたマツダ プレマシー|中古車情報、後継車は?

1999年に5ナンバー車としてマツダファミリアをベースに開発され、ミニバンとして登場した車がマツダ プレマシーでした。その後、幾たびか変更を加えながら3代目まで進化しながら販売されましたが、2018年に製造販売が終了になりました。今回はこのプレマシーを見てみましょう。


【新春初夢特集】夢のスーパーカーをドドンと紹介!

【新春初夢特集】夢のスーパーカーをドドンと紹介!

自動車の華と言えば、スーパーカーをおいて他にありません。現在、世界中で様々なスーパーカーが発表されています。今回は、新春特別企画として、世界の一流メーカーが発表しているスーパーカーをご紹介します!


新社会人におすすめ!運転しやすくオシャレな最新車をタイプ別で紹介

新社会人におすすめ!運転しやすくオシャレな最新車をタイプ別で紹介

大変だった2020年が終わり、遂にやってきた2021年。今年から新たに社会人となられる方は、これまでとは異なったさまざまな困難にも遭遇するかもしれません。せめて車選びだけでもお手伝いさせていただきたく、新社会人の方にもぴったりなおすすめ車をタイプ別にまとめてみました。お値段は控えめでも充実したカーライフが送れること必至ですので、ご参考にしてみてください。


【今こそ買いたい】最新ハイブリッドSUV 厳選3選!個性満点なエコSUV

【今こそ買いたい】最新ハイブリッドSUV 厳選3選!個性満点なエコSUV

今やSUVはアウトドア向けのニッチな用途だけでなく、毎日の足として利用されることも多いファミリーカー。世界的なブームを背景に、日本国内でも販売台数がグングン伸びていますが、それによって結構ご近所でも車種がかぶりやすくなってきていますよね。そこでおすすめしたいのが、個性際立つ最新ハイブリッドSUV。高い魅力を備えつつ低燃費でおサイフにも優しい3台をご紹介します。


レクサスのSUV 最新情報を徹底追跡!話題のEV、人気車次期型情報まで

レクサスのSUV 最新情報を徹底追跡!話題のEV、人気車次期型情報まで

国内で唯一の国産高級車ブランドであるレクサスのSUVは、桁違いの高級感と充実の装備ですでに大人気となっていますね。しかし、そんなレクサスのSUVにもモデルチェンジラッシュがやって来そうな時期となっています。そこでこの記事では、最新のレクサスSUVの情報と、近々発表が予測されている新型車の最新情報をまとめてみました。煌めくレクサスのSUVを買う前に、ぜひチェックしてくださいね。


最新の投稿


ペーパードライバーが運転しても大丈夫?久々の運転はココをチェック!

ペーパードライバーが運転しても大丈夫?久々の運転はココをチェック!

ペーパードライバーならば、免許を持っているけれど日ごろは運転しないことが多いでしょう。しかし仕事の都合上、もしくは転勤などによって急に運転しなければいけないこともあります。今の状況からすぐに運転しても問題ないでしょうか?今回はペーパードライバーが気を付けたいポイントや講習を受けるべきか判断の参考になる情報をご紹介します。


ペーパードライバー講習は行く価値があるの?講習の内容や料金は?

ペーパードライバー講習は行く価値があるの?講習の内容や料金は?

ペーパードライバー講習は、運転免許証を所持していてもあまり運転しない人のためのもの。日ごろから運転しない人や久しぶりに運転する人が活用できるサービスです。今回はペーパードライバー講習について、また講習を受けるべきか確認するのに必要な情報をご紹介します。


縦列駐車のコツと上手なやり方|誰でもスムーズにするためのポイント

縦列駐車のコツと上手なやり方|誰でもスムーズにするためのポイント

運転初心者だけでなく、慣れている人でも縦列駐車は気を付けて運転する必要があります。前の車との距離や後ろのスペース、さらに縁石との距離も確認しなければいけません。切り返しをすると時間もかかるので、焦ってしまいがちです。しかし縦列駐車もコツをつかんでしまえばスムーズにできます。今回は縦列駐車のコツをご紹介します。


【知ってる?】車のバッテリーの正しい充電方法!対処法も紹介!

【知ってる?】車のバッテリーの正しい充電方法!対処法も紹介!

何気なく乗っている車ですが、車はバッテリーなしでは動きません。そんなバッテリー、みなさんは正しい充電方法をご存知ですか?今回はこのバッテリーの仕組みについて説明していきます。


シトロエン新型C4最新情報!国内での販売は?

シトロエン新型C4最新情報!国内での販売は?

シトロエン新型「C4」はCセグメントのSUVクーペとして登場しました。Cセグメントハッチバックの中でも、大胆かつユニークなデザインが採用されたシトロエンの最新デザインの車となります。今回はシトロエン新型C4の紹介をします。