トップへ戻る

何台知ってる?昭和の名車20選!

何台知ってる?昭和の名車20選!

自動ブレーキ、自動運転、そして電気自動車。そのようなものがなかった昭和には、いったいどんな車があったのでしょう。そして名車という割れる車とは?大変革期が訪れている中、あえて立ち止まって昭和の名車を20台ご紹介しましょう。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


昭和の自動車業界はどうだった?

車が生活にかかせない存在となった昭和。高度成長期を背景に高速道路網も整備されると、各メーカーから次々と新しい車種が生まれ、現在でも記憶に刻まれる名車も登場しました。

では、どんな車が名車と呼ばれているのでしょうか?今回、昭和を彩った多くの車種の中から、名車といわれる20車種を独断と偏見で選んでみました。

貴方はどれだけ知っているでしょうか?

1. ホンダ S600 

ホンダ S600(1965)

発売期間 1964年(昭和39年)~1965年(昭和40年)

1963年にホンダ初の乗用自動車として発売されたS500の翌年に登場し、現在のホンダの四輪自動車メーカーとしての礎をきずいたのが、このS600です。

自動車製造の経験不足をオートバイやフォーミュラカーで培われた技術で補い、独特のアイデアやメカニズムが盛り込まれた結果、世界に類を見ない高性能な車両となりました。

誕生から半世紀以上経過した現在では、ビンテージカーとして、世界中の愛好家から高い評価を得ています。

2. 日産 シルビア 初代

初代 日産シルビア

発売期間 1965年(昭和40年)~1968年(昭和43年)

初代のシルビアは、当時の2座スポーツカーであるダットサン フェアレディのシャーシにクリスプカットと呼ばれた美しいデザインのクーペボディを架装して作られたスペシャリティーカーです。

日産初採用のフロントディスクブレーキ、4速フルシンクロのトランスミッションなど意欲的に取り入れたものの高額であることなどで1968年に554台のみで生産を終了し、1975年に2代目が登場するまでシルビアの名はラインナップから消えてしまいました。

3. トヨタ スポーツ800

トヨタ スポーツ800

発売期間 1965年(昭和40年)~1969年(昭和44年)

空気抵抗の低減を目指したデザインは徹底して丸みを帯び、小さな2シーターボディは愛嬌のある形態となって親しみを持って「ヨタハチ」というニックネームで呼ばれていました。

ほとんどのコンポーネントをパブリカからの流用され、エンジンも2気筒790ccで45PSと非力ですが、空気抵抗係数0.35を誇る空力性能と軽量化の効果によって、モータースポーツでは当時クラス最強を誇ったホンダS600と台頭に戦える戦闘力もありました。

4. トヨタ 2000GT 

トヨタ 2000GT

発売期間 1967年(昭和42年)~1970年(昭和45年 )

2000GTは、ヤマハ製ヘッドを搭載した直列6気筒DOHC2.0Lエンジンや四輪ダブルウィッシュボーンサスペンション、四輪ディスクブレーキ、ラジアルタイヤ、マグネシウムホイール、リトラクタブルヘッドランプなどの当時、日本初の技術を採用していました。

小型のリトラクタブルヘッドライトと、固定式フォグランプを採用したフロントノーズと流麗な曲線のボディシルエットが国産車離れした美しいものとなりました。

見た目の美しさだけでなく、最高速度は220km/hと欧州製のスポーツカーに並ぶ性能を誇りました。

5. マツダ コスモスポーツ

マツダ コスモスポーツ

発売期間 1967年(昭和42年)~1972年(昭和47年)

世界で初めて、量産型ロータリーエンジンを搭載した市販車となるマツダのコスモスポーツは、高回転までスムーズに吹け上がるロータリーエンジンと、未来的スタイリングが特徴の2座スポーツカーです。

2ローターのロータリーエンジンは、排気量は491x2の2ローターにより982ccとなり、最高出力は最終的に128PSになり、960kgという軽量ボディにより最高速度は200km/hと公表されています。

6. 日産 フェアレディZ 初代  

初代 フェアレディZ 

発売期間 1969年(昭和44年)~1978年(昭和53年)

初代フェアレディZは、魅力あるスタイルに、欧州製のスポーツカーに引けを取らない性能
を兼ね備え北米市場で大ヒットしました。そして、日本においてもロングノーズのボンネットにL型直列6気筒エンジンを搭載したZに、若い層を中心に高い支持を受けました。

また、「スカイラインGT-R」と同じエンジンが搭載された「Z432」も設定され、さらに、2.4Lエンジンの「240Z」、ロングノーズの「240ZG」などが追加設定されました。

7. トヨタ セリカ 初代

トヨタ・セリカ(1970年)

発売期間 1970年(昭和45年)~1977年(昭和52年)

日本初のスペシャリティカーとして誕生した初代セリカは、その斬新でスタイリッシュなスタイリングが受け大ヒットした2ドアハードトップクーペです。

特に最上級モデルのDOHC1.6Lエンジンを搭載した1600GTは最も人気が高くなりました。
その後リアにハッチゲートが採用された「セリカLB(リフトバック)」が登場し、2.0Lエンジン車も追加設定されました。

8. 日産 スカイライン 4代目

スカイライン 2000GT-R(ケンメリ)

発売期間 1972年(昭和47年)〜1977年(昭和52年)

現行モデルで10代目となるスカイラインは、それぞれの代で名車と呼ぶにふさわしいモデルとなっています。その中でもインパクトが強く、今でも人気があるのが通称「ケンメリ」と呼ばれる4代目です。

スカイラインと言えばスポーツセダンというイメージが強いのですが、このモデルでは2ドアハードトップの人気が高くなります。

直列6気筒2.0LのGTと、4気筒の1.6L、1.8Lエンジンがあり、そしてこのモデルの人気を決定付けたS20型エンジン搭載の「GT-R」が設定されています。

9. いすゞ 117クーペ

いすゞ 117クーペ

発売期間 1968年(昭和43年)〜1981年(昭和56年)

117クーペは、ジウジアーロがデザイン担当した流麗なデザインを備えた4座クーペで、1.6Lと1.8Lと2.0Lエンジンが搭載されています。

そのデザインは、大きなグラスエリアやステンレス製ウインドウガーニッシュなど、各部に斬新で繊細なデザイン処理は現在でも高い評価がされています。

繊細なデザインのボディゆえに初期のモデルは大量生産ができず、多くの工程を手作業で行っていたため「ハンドメイド117」と呼ばれ、生産台数も少なく、その希少性は117クーペの名声をさらに高めることになりました。

10. マツダ サバンナRX-7 初代

初代サバンナRX-7

発売期間 1978年(昭和53年)~1985年(昭和60年)

12A型水冷2ローターエンジンを搭載し、パワーウェイトレシオ7.6~7.8kg/psという2座のライトウェイトスポーツカーとして登場しました。

エクステリアではリトラクタブル・ヘッドライトやガラスハッチを持ち、ワイド&ローのスタイリッシュなものとなっています。

130PSの2ローターエンジンは、後期モデルでターボ仕様が加わり、165PSにまで向上しました。

11. スズキ アルト 初代

初代スズキアルト

発売期間 1979年(昭和54年)~1984年(昭和59年)

初代アルトは、「47万円」という衝撃プライスで大ヒットした軽自動車です。また、軽ボンネットバンブームの火付け役となる軽自動車の分岐点となる車種と言えます。

デラックス化しつつあった軽乗用車とは異なり、機能最優先に徹した簡潔な仕様で、内外装ともシンプルに仕立てられていましたが、女性ユーザーへのアピールを念頭に赤をイメージカラーに採用するなどで、広い層にアピールしました。

12. トヨタ マークⅡ(マークツー) 4代目

4代目マークII(1980年)

発売期間 1980年(昭和55年)〜1984年(昭和59年)

ソアラが大ヒットとなったハイソカーブームは、このマークⅡと兄弟車種のチェイサー、クレスタにより、4ドアセダンへと移行し、より高級感が好まれるようにました。

人気はサッシュレスの「4ドアハードトップ」を採用するマークIIの方が高く、特に直列6気筒2.8Lエンジンを搭載する最上級グレードのグランデに人気が集中しました。また、この人気は次の5代目モデルまで続きました。

13.マツダ ファミリア5代目

マツダ ファミリア5代目

発売期間 1980年(昭和55年)~1985年(昭和60年)

5代目となるファミリアは、VWゴルフなど小型車のトレンドになりつつあったFF(フロントエンジン・フロントドライブ)の駆動方式を取り入れて大成功しました。

ウェッジの効いたボディスタイルは、大きなグリーンハウスによるクリーンなものになり、3ドアハッチバックと4ドアセダンが設定されていました。

月間販売実績でもたびたび、当時の王者カローラを抑え込み、特に、若いユーザーを中心に、電動サンルーフを標準装備した3ドアハッチバックの「赤のXG」が爆発的な人気を呼びました。

14. ホンダ シティ 初代

ホンダ シティ

発売期間 1981年(昭和56年)~1986年(昭和61年)

初代シティは、当時のホンダの主力小型車であったシビックよりも小さいサイズのコンパクトカーでありながら、室内高が高く「トールボーイ」と呼ばれるデザイン一大ブームを巻き起こしました。

ターボチャージャー付きの「シティターボ」やインタークーラーターボ付きの「ターボII」(ブルドッグ)、ハイルーフ仕様の「マンハッタンルーフ」、さらにはピニンファリーナが幌の設計を手がけたオープン仕様の「カブリオレ」など、多くの車種も登場しました。

15. トヨタ ソアラ 初代

トヨタ ソアラ2800GT 1981年

関連する投稿


トヨタ アルファードとは?ミニバン×高級車の魅力を徹底解説

トヨタ アルファードとは?ミニバン×高級車の魅力を徹底解説

トヨタの高級ミニバンとして幅広い層の人気を誇るトヨタのアルファードについて紹介します。内外装の高級感やサイズ感、運転のしやすさなどを紹介すると共に、兄弟車であるヴェルファイアとの違いなども紹介します。


トヨタ スープラとは?令和の時代に帰ってきた名スポーツカー

トヨタ スープラとは?令和の時代に帰ってきた名スポーツカー

トヨタ スープラは90年代に高い人気を誇り、惜しまれつつも姿を消しましたが、21世紀に再び復活しました。この記事ではスープラの歴代モデルの紹介や、現行モデルのラインナップ、走行性能などについても紹介します。


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


トヨタ ヴィッツとは?ヤリスに生まれ変わった定番コンパクトハッチバック

トヨタ ヴィッツとは?ヤリスに生まれ変わった定番コンパクトハッチバック

ヤリスとして生まれ変わったトヨタの定番コンパクトハッチバックの「ヴィッツ」について紹介します。乗りやすいサイズ感やデザイン、走行性能などについて詳しく解説。また、他メーカーのコンパクトカーとの比較なども行います。


スズキ スイフトスポーツは高コストパフォーマンス、高走行性!

スズキ スイフトスポーツは高コストパフォーマンス、高走行性!

スズキのスイフトスポーツは、コストパフォーマンスが高く走行性も充実している車に乗りたいという希望を叶える一台です。加速性も申し分なく、その性能はオーナーからも高い支持を得ています。そこで今回は、スイフトスポーツの魅力を詳しく解説します。


最新の投稿


トヨタ アルファードとは?ミニバン×高級車の魅力を徹底解説

トヨタ アルファードとは?ミニバン×高級車の魅力を徹底解説

トヨタの高級ミニバンとして幅広い層の人気を誇るトヨタのアルファードについて紹介します。内外装の高級感やサイズ感、運転のしやすさなどを紹介すると共に、兄弟車であるヴェルファイアとの違いなども紹介します。


トヨタ スープラとは?令和の時代に帰ってきた名スポーツカー

トヨタ スープラとは?令和の時代に帰ってきた名スポーツカー

トヨタ スープラは90年代に高い人気を誇り、惜しまれつつも姿を消しましたが、21世紀に再び復活しました。この記事ではスープラの歴代モデルの紹介や、現行モデルのラインナップ、走行性能などについても紹介します。


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


トヨタ ヴィッツとは?ヤリスに生まれ変わった定番コンパクトハッチバック

トヨタ ヴィッツとは?ヤリスに生まれ変わった定番コンパクトハッチバック

ヤリスとして生まれ変わったトヨタの定番コンパクトハッチバックの「ヴィッツ」について紹介します。乗りやすいサイズ感やデザイン、走行性能などについて詳しく解説。また、他メーカーのコンパクトカーとの比較なども行います。


スズキ スイフトスポーツは高コストパフォーマンス、高走行性!

スズキ スイフトスポーツは高コストパフォーマンス、高走行性!

スズキのスイフトスポーツは、コストパフォーマンスが高く走行性も充実している車に乗りたいという希望を叶える一台です。加速性も申し分なく、その性能はオーナーからも高い支持を得ています。そこで今回は、スイフトスポーツの魅力を詳しく解説します。