トップへ戻る

日産のスカイライン新型 最新情報まとめ 価格・スペック・変更点ほか

日産のスカイライン新型 最新情報まとめ 価格・スペック・変更点ほか

7月16日に新型スカイラインが発表されました。今回はこのビッグマイナーチェンジがなされた新型スカイラインについて、エンジンスペックやその他の各種スペック、グレードラインアップならびに価格、そして話題を担っている先進安全技術について紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


日産のスカイライン新型 最新情報まとめ 価格・スペック・変更点ほか

日産 スカイライン新型 エンジンスペック

日産 スカイライン

日産 スカイライン

日産のスカイライン新型 2種類のV型エンジンを用意

スカイラインといえば走りであり、走りといえばエンジンでしょう。というわけで新型スカイラインに採用されたエンジンを紹介します。

新型スカイラインには2種類のV型エンジンが用意されています。

1つは3.0L V6 ツインターボエンジンです。

VR30DDTTと呼ばれるこのエンジンは、最高出力224kW(304PS)/6,400rpmに最大トルク400N・m(40.8kgf)/1,600-5,200のスペックを発揮します。

さらに、このエンジンを搭載するグレードではハンドリングに専用のチューニングを施しているので、狙ったラインをトレースしながらツインターボエンジンを味わうことができるのです。

もう1つのエンジンは3.5L V6 ハイブリッドエンジンです。VQ35HRと呼ばれるこのエンジンのスペックは、最高出力225kW(306PS)/6,800rpmに最大トルク350N・m(35.7kgf)/5,000rpmとなっています。

日産のスカイライン新型 燃費性能

ガソリン車の燃費性能はWLTCモードで10km/L、ハイブリッド車の燃費性能はJC08モードで14.4km/L(4WDでは13.6km/L)となっています。

日産 スカイライン新型 グレードラインアップ・価格

日産スカイライン改良新型発表(16日、日産グローバル本社)

日産スカイライン改良新型発表(16日、日産グローバル本社)

ガソリン車

ガソリン車には、GT Type SP、GT Type P、GTと呼ばれる3種類のグレードが用意されています。

これら3つのグレードのスペック的な違いとして挙げられる点は、車両重量(1,700~1,730kg)とタイヤサイズ(17~19インチ)です。

駆動方式は全て2WD(FR車)価格は上記の順に、4,818,960円、4,554,360円、4,274,640円となっています。

さらにガソリン車限定で19インチタイヤを標準装備とする400Rグレードも用意されています、価格は5,523,120円です。

ハイブリッド車

ハイブリッド車でもガソリン車と同様にGT Type SP、GT Type P、GTという3つのグレードが用意されていて、さらにそこから2WDと4WDの2つの駆動方式を選ぶことができるようになっています。

特に気になったグレード間のスペックは、タイヤサイズ(18~19インチ)と車両重量(2WDで1,820~1,840kg)です。

価格はそれぞれ、6,048,000円、5,711,040円、5,474,520円となっています。

日産 スカイライン新型 ボディサイズ

日産 スカイライン 400R(ブリリアントホワイトパール)

日産 スカイライン 400R(ブリリアントホワイトパール)

2WDモデルのボディサイズは全長4,810x全幅1,820x全高1,440mmとなっています。4WDモデルについては全長と全幅は2WDモデルと同じで、全高が1,450mmとなって2WDよりも10mm高くなっているとのことです。

室内寸法は長2,000x幅1,480x高さ1,180mmで全グレード共通となっています。メーカーオプションのサンルーフを装着すると高さが20mm下がって1,160mmとなるようです。

先進運転支援技術のプロパイロット 2.0をハイブリッド車へ採用

プロパイロット2.0

プロパイロット2.0

新型スカイラインに採用される機能の中で特に注目を浴びているものが先進運転支援技術のプロパイロット2.0です。

ハイブリッド車に標準装備されるプロパイロット2.0は、定められた条件下においてのみ同一車線内におけるハンズオフを可能とする技術になります。

これと連動する機能として用意されたのがプロパイロット緊急停止時SOSコールです。ハンズオフでの走行時に発せられた警報へ運転手からの反応がなくシステムが車両を強制的に停止させ、専用のオペレーターに自動的に接続するシステムとなっています。

高速道路のナビ連動ルート走行と同じ車線においてハンズオフ機能を可能とするプロパイロット2.0には他にも使用可能条件があり、日産自動車は以下のように話しています。

ここからわかるように、プロパイロット2.0は運転手がいつでも対応できることを前提として装備されているものです。

参考:日産公式

「プロパイロット 2.0」は、高速道路の本線走行中、ドライバーが常に前方に注意して道路・交通・車両の状況に応じて直ちにハンドルを確実に操作できる状態にある限りにおいて、同一車線内でのハンズオフが可能です。

また、このプロパイロット2.0は世界初となる先進安全技術と日産は語っています。

常に最先端技術をスカイラインに採用し続けてきた日産自動車はこの新型スカイライン(ハイブリッド車の方)にプロパイロット2.0を搭載することで、技術の日産と呼ばれていた日産の新時代の始まりを示唆しているのではないでしょうか。

まとめ

今回は発表されたばかりの新型スカイラインについて、搭載エンジンやグレードラインアップ・価格帯、そして話題を集めているプロパイロット2.0のシステムについて紹介しました。ガソリン車とハイブリッド車の両方が用意されていますが、先進安全装備やエンジン仕様の違いからもわかるとおり味付けの異なる点が印象的です。新型スカイラインに興味のある方は、ご自身がスカイラインという車に何を求めるのかを検討した上でグレードを選ぶようにすると良いでしょう。

関連する投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産の高級パーソナルカー、レパードをご存知でしょうか。それまで高級車といえば後席に乗り込むものが定番だったのが、日本の経済成長と好景気の流れに乗って、幅広いオーナーが自ら運転できる時代が到来し、その流れを牽引する上級志向のハードトップとして登場するも、市場ではなぜか苦戦してしまいます。日産珠玉の上級車、レパードの歴代モデルと、その苦戦の理由をご紹介します。


日産 フィガロ|生産終了の理由は?中古車に乗ることは可能?

日産 フィガロ|生産終了の理由は?中古車に乗ることは可能?

1991年から一年間限定で発売された「フィガロ」ですが、人気は高く反響も大きかった車で惜しまれつつ1年限りの販売となった車「フィガロ」について見てみましょう。


新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい!という方。今回は国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたに必見の記事ですよ!


日産の雄、エルグランド!評判はどう?中古車情報も

日産の雄、エルグランド!評判はどう?中古車情報も

ミニバンクラスの中では高級ミニバンの元祖とも呼ばれるエルグランドは、トヨタ・アルファードやホンダ・エリシオンと言った車種を登場させるきっかけとなった車です。今回は2020年10月に発売されたエルグランドについて改めて見ていきましょう。


最新の投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産の高級パーソナルカー、レパードをご存知でしょうか。それまで高級車といえば後席に乗り込むものが定番だったのが、日本の経済成長と好景気の流れに乗って、幅広いオーナーが自ら運転できる時代が到来し、その流れを牽引する上級志向のハードトップとして登場するも、市場ではなぜか苦戦してしまいます。日産珠玉の上級車、レパードの歴代モデルと、その苦戦の理由をご紹介します。


トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

ハイブリッドカーの定番ブランドに成長した感のあるトヨタ アクア。既存のコンポーネンツをうまく活用したことで、同じくハイブリッド専用車であるプリウスに迫るような低燃費と、お財布にやさしい価格設定を両立して人気を博しています。そんなアクアですが、ハイブリッドなのは有名でも、実燃費がどのくらいなのか意外と知らない方も多いのでは。この記事で、アクアとライバルの実燃費を確認していきましょう。


トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

ニッポンのスタンダードカーとして、先進のハイブリッドコンパクトとして、長年トヨタのラインナップを支えてきたアクア。しかし、その空力性能が良さそうな低く構えたボディは、全高を高めにとる近年の流行からは正反対の雰囲気で、室内が狭いんじゃないの?と不安に思ってアクアを選ばい方もいらっしゃるかも。実は落ち着きのあるゆとりの空間が広がるアクアのインテリアについて、ご紹介していきます。


トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

スターレットとは、トヨタが1973年から生産・販売し、1999年に5代目まで継続した車です。燃費が良く小回りの利く車として人気のあった車です。本記事ではそんなスターレットについてご紹介しています。