トップへ戻る

ホンダの軽スポーツ!S660 スペック・グレード別価格・評価・口コミは?

ホンダの軽スポーツ!S660 スペック・グレード別価格・評価・口コミは?

今回の記事ではホンダの軽スポーツカーであるS660(エスロクロクマル)を取り上げます。車種の概要から各種スペック、グレード・価格、ユーザーからの評価など、ホンダのS660に詳しくなるための情報が満載です。軽自動車でスポーティーな運転を楽しみたい方の心を満足させてくれる車、ホンダのS660についてまとめています。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ホンダのS660(エスロクロクマル)はどういう車?

ホンダ S660

ホンダ S660

S660はホンダの軽自動車スポーツカー

ホンダ S660

ホンダ S660

S660は2015年からホンダで販売されている軽自動車スポーツカーです。

ボディタイプはクーペスタイルでオープンカーかつ2シーター、なおかつMR(ミッドシップ・リアドライブ、運転席と助手席の後方にエンジンを配置する後輪駆動車)という、まさに軽自動車規格のスーパーカーとなっています。

S660が販売されたのは今から約4年前の2015年3月、当時22歳の若いエンジニアが企画してなおかつ開発責任者として携わっていたことでも話題を集めました。

ホンダのS660のスペックをチェック

ホンダ S660

ホンダ S660

ボディサイズ

S660のボディサイズは全長3,395mm x 全幅1,475mm x 全高1,180mmとなっています。全長・全幅は軽自動車規格で定められている寸法ギリギリ、全高は1,180mmとかなり低いです。

ホイールベースは2,285mm、前後トレッドは1,300mm/1,275mm、そして最低地上高は125mmとなっています。

車両重量と室内寸法

ホンダ S660

ホンダ S660

車両重量はモデルによって異なります。6速マニュアルモデルは830kg、オートマ車なら850kgです。MT仕様車のほうが20kg軽量となっていることがわかります。

2シーターということもあって室内寸法も気になるところです。室内寸法は長さ0.895mmx 幅1.215mmx 高さ1,020mm、S660の室内がいかに小さいかということがわかります。

エンジンスペック

ホンダ S660

ホンダ S660

S660にはS07A型エンジンが搭載されています。

S07A型は0.6L水冷直列3気筒DOHC12バルブ横置エンジンです。高回転型ターボエンジンで、ターボチャージャーには専用設計されたものを採用、優れたアクセルレスポンスを発揮します。

エンジンスペックは、最高出力47kW(64PS)/6,000rpmに最大トルク104N・m(10.6kgf)/2,600rpmとなっていて、一般的な軽自動車と比較すると特に最大トルクの高さが際立っています。

使用燃料は無鉛レギュラーガソリン、タンク容量は25Lです。燃費性能はJC08モードにて測定されていて、MTモデルは21.2km/L、オートマモデルは24.2km/Lとなっています。

トランスミッション

ホンダ S660

ホンダ S660

すでに紹介したようにS660のトランスミッションは6MTモデルとオートマモデルの2種類が用意されています。

6MTモデルでは1速から5速がクロスレシオ化されていて、シフトアップ時のエンジン回転数の落ち込みが少なくなると同時に気持ちの良い加速を体感することができる点は魅力的です。

ギア全てがクロスレシオされているわけではなく6速を高速巡航の際には活用できるので、燃費の良いクルージング走行もできます。

オートマモデルではCVT(無段変速オートマチック)が採用されています。さらに7スピードモードのパドルシフトも装着されるなど、場面に合わせてシフト操作を体験することが可能です。

足回り

S660のサスペンションは前後ともにマクファーソン・ストラット式が採用されていて、四輪とも独立懸架式サスペンションとなっています。もちろんトー、キャンバーといったアライメントセッティングやダンパーセッティングも行われ、タイヤのグリップを存分に発揮することができるようになっているのです。

軽自動車初となるアルミ素材のリアサブフレームが採用されたことで軽量化・高剛性化に成功しています。

装着されているブレーキにはφ260mmの大径ブレーキです。

さらに、ホンダとヨコハマタイヤが共同開発した専用のADVAN NEOVA AD08Rが標準装備されています。タイヤサイズはフロントが15インチタイヤ、リアが16インチタイヤです。

ホンダ S660のグレード別価格

ホンダ S660

ホンダ S660

β(ベータ)グレード

βグレードはS660の全グレードにおいてベースグレードに該当するモデルです。6MTモデルとCVTモデル、ともに車両価格1,980,720円となっています。

このグレードでチェックしておきたいことは、各種装備が基本的なものとなっていることと、車両価格が全グレードにおいて最も安いという点になります。

主要装備をチェックすると、βグレードでは以下の主要装備が外されています。

・ナビ装着用スペシャルパッケージ
・クルーズコントロール
・本革ステアリングホイール
・ステンレス製スポーツペダル
・スポーツレザーシート

α(アルファ)グレード

αグレードはβグレードの1つ上にあるグレードです。車両価格は6MTモデルとCVTモデルどちらも2,185,920円となっています。

αグレードはβグレードよりも主要装備が充実しています。先ほど紹介したβグレードの主要装備から外れている装備が全てαグレードに標準装備されているのです。よりスポーティーで上質感、なおかつクルーズコントロールで快適に走行することができます。

さらに嬉しいことに、αグレードでは7種類のボディカラーが用意されています(プレミアムスターホワイトカラーについては有料オプションで32,400円)。

α特別仕様車トラッドレザーエディション

ホンダ S660 α特別仕様車 トラッドレザーエディション インストルメントパネル

ホンダ S660 α特別仕様車 トラッドレザーエディション インストルメントパネル

走りに加えてさらなる上質感がインテリアにもたらされたグレード、それがα特別仕様車トラッドレザーエディションです。価格は6MT/CVTともに2,275,560円となっています。

このグレードの特長の1つが室内に採用されているトラッドレザーインテリアで、スポーツレザーシートやステアリングホイールがトラッドレザー仕様となっています。

エクステリアに注目すると、ロールトップが限定色のブラウンカラーに仕上げられています。装着アルミホイールはブラッククリア塗装が為されているなど、特別感が高いです。

その他、グレードとαグレードでオプション装備として用意されていたシティーブレーキアクティブシステム(低速衝突軽減ブレーキ+誤発進抑制機能)が標準装備されています。

Modulo X

MODULOのエアロ、サス、ブレーキ、アルミホイールを装着したホンダ S660

MODULOのエアロ、サス、ブレーキ、アルミホイールを装着したホンダ S660

Modulo Xはメーカー純正のコンプリートカーブランドとして販売されているグレードです。Moduloはホンダ純正カスタムパーツの供給元であるホンダアクセスが手がけるブランドになります。価格は6MT/CVTともに2,850,120円です。

他のグレードと比較して、よりスポーティーな性能・見た目を備えている点がModulo Xの魅力・特長です。このグレード限定で以下のものが標準装備されています。

・チタン製MTシフトノブ
・グリル一体型専用フロントバンパー
・専用LEDフォグライト
・専用サスペンション(5段階減衰力調整機構付)
・専用アクティブスポイラー(ガーニーフラップ付)

この他、ステアリングガーニッシュ、ステアリングホイール、ロールトップ、スポーツレザーシートにボルドーレッドが加えられて、インテリアの上質感とスポーティーテイストの向上に務めている点もポイントです。アルミホイールにはステルスブラック塗装が為されています。

シティーブレーキアクティブシステムは装備されておらず、オプション装備として用意される形です。

ホンダ S660の中古車相場価格

平均価格は約177万円

S660の中古車価格について見ていきましょう。

平均価格 177.1万円
価格帯128万円~399.8万円

となっています。

ユーザーからの評価

ホンダ S660

ホンダ S660

S660を所有しているオーナーやS660に試乗した人々の評価を見ていきましょう。

乗ってから3週間経っての感想です。
行きつけ(?)の峠道やら初めての道やら、結構試しました。
やはり、「え?曲がっちゃう!」という感じです。結構、オーバーだなというスピードでカーブに入ってもシュルンって感じで曲がっちゃいます。
スローインファストアウトが基本でしょうが、全体的にスピードがアップできる、そんな感じです。
クイっとハンドルを切り頭を入れて、アクセル踏み込みテールを振る、カウンタを当ててカーブ脱出!ピタッと決まるとうれしくなります。

見てのとおりで着座位置は当然低目です。
左足を入れて座るまではいいけど、そのあとの右足をどこにもぶつけずに入れるのがちょっと大変。
でも、インテリアの質感もすごくいいし、走り出してのハンドリングは、もうすごい!
直線では面白味はほとんどないけど、コーナリングはすごい!
今までブレーキしていたカーブが、そのまま突っ込んでスルッとまわっちゃうの!

旋回性能だけが好評に相当するとは思うが、あくまでもマージンたっぷりの中で走った場合。深いコーナーなど途中でトラクションを切れない場面でもう少し回さなければいけないところでも上がスカスカのエンジンでは期待する走行リズムに全く乗れず、気がついたらペースが落ちまくっている、みたいな。タービンのブローオフ音も別段官能的でもなく、むしろ3気筒のディーゼルみたいなガラゴンエンジンの音のショボさの方が目立つ。これを評論家はガチスポとか評しているんだと思うと、他の記事も含めて信憑性を疑うばかり。結局、希少なことが報道されている上で皆の目線を浴びることができる「外見格好」の価値が大半ではないか。後方視界の粗悪を除けば操作性は良く「スポーツしている」という心理的演出には長けている。しかし、冷めてしまえばホンダの手のひらの上で踊らされているような感覚である

人によって受け方はまちまち、サスペンションは評価高め

良い評価と悪い評価を比較すると、同じものでも良いと評価している人がいれば、それを悪いと評価している人もいます。乗り手の感性や価値観で印象の変わる点がありますので、ここで挙げられた要素を意識して試乗し、検証することが大切です。

サスペンションのフィーリングに関しては総じて良い評価を得ているので、純正サスペンションの完成度の高さが伺えます。

S660と比較される車種

関連する投稿


トヨタ スープラとは?令和の時代に帰ってきた名スポーツカー

トヨタ スープラとは?令和の時代に帰ってきた名スポーツカー

トヨタ スープラは90年代に高い人気を誇り、惜しまれつつも姿を消しましたが、21世紀に再び復活しました。この記事ではスープラの歴代モデルの紹介や、現行モデルのラインナップ、走行性能などについても紹介します。


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


ホンダ オデッセイ|燃費、価格、おすすめグレードなど徹底解説!

ホンダ オデッセイ|燃費、価格、おすすめグレードなど徹底解説!

オデッセイは発売以来、四半世紀にわたり、ホンダを代表するミニバンとして人気を博してきました。そして今なお、前進し続けています。 今回は、オデッセイの歴史から、2020年11月におこなわれたマイナーチェンジの内容を中心にまとめました。


新型ホンダ ヴェゼル|あれ、かっこいいぞ?!最新ドレッシーSUV

新型ホンダ ヴェゼル|あれ、かっこいいぞ?!最新ドレッシーSUV

初代モデルがのほほんとした表情で大ヒットしたのに、モデルチェンジで路線を大きく変更してシャープなルックスに変貌した新型ホンダ ヴェゼル。新型で大変革したのはエクステリアだけでなく、インテリアや使い勝手までに変革は及んでいます。正式発表前の公開ではややネガティブな印象をお持ちの方もいたようですが、実物を見るとノックダウンされてしまう方も。その魅力を詳しく追っていきます。


ホンダ フィットは使い勝手がいいの?サイズや荷室、室内空間を徹底解説!

ホンダ フィットは使い勝手がいいの?サイズや荷室、室内空間を徹底解説!

ホンダ フィットはあらゆる層の方から人気のある車です。しかし、他の車と比較して購入を迷われている方も多いのではないでしょうか。この記事では、ホンダ フィットのサイズや荷室、室内空間などの基本情報を他の車と比較しながらご紹介いたします。フィットの購入を悩んでいる方、サイズ感やインテリアについて知りたい方はぜひ本記事をご覧ください。


最新の投稿


トヨタ アルファードとは?ミニバン×高級車の魅力を徹底解説

トヨタ アルファードとは?ミニバン×高級車の魅力を徹底解説

トヨタの高級ミニバンとして幅広い層の人気を誇るトヨタのアルファードについて紹介します。内外装の高級感やサイズ感、運転のしやすさなどを紹介すると共に、兄弟車であるヴェルファイアとの違いなども紹介します。


トヨタ スープラとは?令和の時代に帰ってきた名スポーツカー

トヨタ スープラとは?令和の時代に帰ってきた名スポーツカー

トヨタ スープラは90年代に高い人気を誇り、惜しまれつつも姿を消しましたが、21世紀に再び復活しました。この記事ではスープラの歴代モデルの紹介や、現行モデルのラインナップ、走行性能などについても紹介します。


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


トヨタ ヴィッツとは?ヤリスに生まれ変わった定番コンパクトハッチバック

トヨタ ヴィッツとは?ヤリスに生まれ変わった定番コンパクトハッチバック

ヤリスとして生まれ変わったトヨタの定番コンパクトハッチバックの「ヴィッツ」について紹介します。乗りやすいサイズ感やデザイン、走行性能などについて詳しく解説。また、他メーカーのコンパクトカーとの比較なども行います。


スズキ スイフトスポーツは高コストパフォーマンス、高走行性!

スズキ スイフトスポーツは高コストパフォーマンス、高走行性!

スズキのスイフトスポーツは、コストパフォーマンスが高く走行性も充実している車に乗りたいという希望を叶える一台です。加速性も申し分なく、その性能はオーナーからも高い支持を得ています。そこで今回は、スイフトスポーツの魅力を詳しく解説します。