トップへ戻る

スバル アルシオーネ|流れ星のようなその生涯 中古車は存在するの?

スバル アルシオーネ|流れ星のようなその生涯 中古車は存在するの?

近年でもBRZという2ドアクーペを有していたスバルですが、その昔、世界があっと驚く上級クーペ、アルシオーネがラインナップされていたことは、最近ではあまり知る人が少なくなってきたことかもしれません。スバルらしい独創的な技術力と、度肝を抜くデザインで人気を得たアルシオーネ、果たしてその魅力はどんなところにあったのでしょうか? 詳しくご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


現在までスバルの唯一のスペシャルティーカー、アルシオーネ!

スバル アルシオーネ

スバル アルシオーネ

スバルのラインナップを思い浮かべてみてください。水平対向エンジン搭載で四輪駆動というところが基本、続いて出てくるのは「実用的」とか「ファミリーにぴったり」といったイメージも多いのではないでしょうか?

事実、現在のスバルラインナップは、唯一の2ドアクーペだったBRZが既に在庫対応のみで生産終了していることもあり、インプレッサスポーツやXV、レヴォーグ、フォレスターなどの実用性の高いものがメインとなっています。

スポーツ色の強いものとしてはWRX S4があるのですが、こちらも4ドアで後部座席も余裕たっぷり。実用性を犠牲にしてまで豪華さやスポーティさを追求した車は、現在のスバルラインナップには含まれていないと言えるでしょう。

そんなスバルにも、高級2ドアクーペというメーカーの華、実用性を投げ打っても色気を追求した究極の車が、2世代にわたって存在しました。アルシオーネです。

スバル アルシオーネSVX

スバル アルシオーネSVX

初代アルシオーネでは今にも前方に突き刺さりそうなくさび形、2代目となるアルシオーネSVXではほぼ全方向がガラスであるかのようなキャビンの開放感など、スタイリングの特徴はそれぞれ異なりますが、スバルとして誇りを持った2ドアクーペであったことに変わりはありません。

現在のスバルのブランドイメージとはやや異なるかもしれませんが、走行性能を重視した高品質な車づくりは現在のラインナップとも共通するもの。惜しむらくは登場のタイミングで、特に豪奢な2代目はバブル崩壊以前に登場していれば、ここまでの稀少車とはならなかったかもしれません。

【2世代にわたった流れ星】歴代アルシオーネをご紹介!

たった2世代、1985年から1997年の10年あまりで姿を消してしまったアルシオーネたち。まるで流星のような煌めきの短さでした。

2世代のどちらも独自の魅力を備えたもので、それぞれにファンが存在します。詳しく見ていきましょう。

初代:アルシオーネ(1985〜1991年)

スバル アルシオーネ(2016スバル感謝祭 参加車両)

スバル アルシオーネ(2016スバル感謝祭 参加車両)

和名が「すばる」となるプレアデス星団の中でも最も明るい星、アルキオネ(Alcyone)から車名を取ったアルシオーネ。メーカー側からも、これからのスバルを引っ張っていくイメージリーダーとなってほしいという期待が透けて見える、スバルの上級クーペにぴったりの名前でした。

アルシオーネ登場当初のスバルの思惑としては、当時の主力車種、レオーネとコンポーネントを共有しながら未来的なクーペスタイリングを与えることで、クーペとしては廉価な価格で「見た目買い」してもらえるような車格を想定していた様子。

実際、エンジン排気量は1.8リッターと、特に全長でかなり大柄なボディに対しては比較的小排気量の水平対向4気筒エンジンが搭載されていました。

しかし、主要マーケットとして見込んでいたアメリカでは、80年代半ばの急激な円高推移によって、車両価格が割に合わなくなってしまいます。

より車両単価を上げるべく、急遽6気筒エンジンが搭載されるのですが、それに合わせて重量増大分に対応するサスペンション、向上したトルクに対応する5穴ハブなど、6気筒仕様のみの改善点も数多く発生してしまい、1.8リッター車と同じ車格なのに、かなり価格が吊り上がってしまうという結果に。

スバル アルシオーネ インテリア

スバル アルシオーネ インテリア

そこまでの急拵えの対処ではやはり顧客に見抜かれてしまうもの。それまでは2.0リッター以下のエンジンで廉価さがアピールポイントの一つである、ともすれば「奇抜」とも思えるユニークな見た目が特徴のクーペだったのに、急にパワフルさと上級感を演出しても顧客がついてくることはありませんでした。

これは、当時のスバルの立ち位置にも起因するもの。現在以上に実用性・四輪駆動の走破性を重視した趣味性の薄いラインナップを持っていた当時のスバルは、高級クーペの顧客からはなかなか見向きもされていなかったブランドだった、というのが実態だったのかもしれません。

日本においてもアルシオーネの苦戦は同様でした。思い切りの良い未来志向のエクステリアデザインや、変則2本スポークのステアリングに代表されるような既成概念に囚われないインテリアは、登場当初は喝采を浴びたとはいえ、実際に購入しようとはなかなか思えない派手さもありました。

価格的にも、6気筒エンジンのトップグレードなら約260万円と、同時代のトヨタ ソアラや日産 レパードの最安グレードがライバルとなってしまうような高価格。

スバルとしては未経験ゾーンの価格帯だったこともあり、コアなスバルファン以外はなかなか手を出せず、販売は大苦戦してしまいました。

ソアラについて詳しく知りたい方はこちら

スバル アルシオーネ(2016スバル感謝祭 参加車両)

スバル アルシオーネ(2016スバル感謝祭 参加車両)

この販売成績の苦戦が非常に残念に思えるのは、エクステリア、インテリア、メカニズム、どれをとってもアルシオーネの設計は非常に先進的かつ実用的で、未来の車が80年代にタイムスリップしたかのような先取り技術が満載だったからです。

今まさに新型高級車がこぞって採用している通常時格納されるエクステリアドアハンドル(アルシオーネでは下側のフラップを手動で押して操作)、空気抵抗低減と走行性能向上も見込めるフラットフロアや、チルトステアリングと同期して上下するインストゥルメントパネルなど、現代の車の特徴としてご紹介しても違和感のない先進性のある車作りは、スバルの凝り性が如実に現れた部分ですね。

スバル アルシオーネのスペック

【スバル アルシオーネ VX(1989年型)】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,510mm×1,690mm×1,335mm
ホイールベース2,465mm
最大乗車定員4名
車両重量1,300kg
燃費10モード:8.0km/L
エンジン種類水平対向6気筒 2,672cc
エンジン最高出力110kW(150PS)/5,200rpm
エンジン最大トルク210.8N・m(21.5kg・m)/4,000rpm
駆動方式四輪駆動(フルタイム4WD)
トランスミッション4速AT
(1989年4月 スバル アルシオーネ カタログより)

2代目:アルシオーネSVX(1991〜1997年)

スバル アルシオーネSVX(東京モーターフェス2018 出展車両)

スバル アルシオーネSVX(東京モーターフェス2018 出展車両)

2代目では、モデル途中で上級化して失敗してしまった先代の反省から、当初より比類なき高級感、最先端テクノロジー、そして先鋭化したデザインを引っ提げて登場しました。

特徴的なのは、各ピラーが細く、まるで全方向がガラス張りのような開放感あふれるキャビン。まるでコンセプトカーのような仕上がりは一目で分かるアルシオーネSVXならではの特徴でした。

またフォルムやディテールを見ても、欧米のライバル高級クーペと並んでも見劣りしない、繊細なラインで構成されながらも存在感と迫力のある仕上がりに進化。

初代と比べて全幅を広げつつも全高を落としており、初代の腰高な印象から一新、ワイド感を強調する水平基調のヘッドランプ・テールランプも相まって、実寸値以上にワイドな印象を与えていました。

スバル アルシオーネSVX インテリア

スバル アルシオーネSVX インテリア

洗練が進んだのはエクステリアだけではありません。やや子供っぽさもあった初代のインテリアからは未来感が大幅にトーンダウンしましたが、正統派グランツーリスモといった趣のスポーティなインテリアデザインに大変身。

価格にプレミアムがついても納得できそうな、高級感のあるデザインや材質がふんだんに用いられ、フラッグシップらしい優越感をオーナーに与えたことでしょう。

スバル アルシオーネSVX(東京モーターフェス2018 出展車両)

スバル アルシオーネSVX(東京モーターフェス2018 出展車両)

先代の失敗を引きずらないために国外向けにはアルシオーネの名前が消滅し、単に「SVX」として販売されたアルシオーネSVXはしかし、またしても北米では人気を得ることができませんでした。

車としての仕上がりは文句なく、今見ても古びない傑作のエクステリアと、大排気量化してパワーアップしたエンジンの魅力もあったのですが、これでも売れないとなれば、やはりスバルのブランドイメージとアルシオーネSVXの間にギャップがあったということでしょうか。

開発時より上級化を意図していたアルシオーネSVXは先代以上に高価格化。当時は現在よりもずっとクーペ市場のライバルが多かったこともあり、市場の中で埋もれてしまったのかもしれません。

これは日本でも同じ。廉価グレードでも新車価格は300万円超で、それでもソアラやレパードなどの他社高級クーペよりは割安だったのですが、スバル車に対する価格イメージからは大幅なズレがあったと言わざるを得ないでしょう。

その上、発売はまさに日本のバブル景気が崩壊する真っ最中で、やってきた不景気の中では2ドアクーペの市場規模はどんどんと小さくなっていくばかりでした。

販売期間中の新車登録台数は6,000台足らずと、非常に手の込んだ開発がされた車であることが見て分かるだけに、悲しくなってしまうような販売実績となってしまいました。

スバル アルシオーネSVXのスペック

【スバル アルシオーネSVX バージョンL(1992年型)】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,625mm×1,770mm×1,300mm
ホイールベース2,610mm
最大乗車定員5名
車両重量1,620kg
燃費10・15モード:7.0km/L
エンジン種類水平対向6気筒 3,318cc
エンジン最高出力177kW(240PS)/6,000rpm
エンジン最大トルク308.9N・m(31.5kg・m)/4,800rpm
駆動方式四輪駆動(フルタイム4WD)
トランスミッション4速AT
(1992年8月 スバル アルシオーネSVX カタログより)

果たして存在するのか?!アルシオーネ中古車という宝探し

スバル アルシオーネ

スバル アルシオーネ

このように、一般顧客からは真の魅力が理解されず、スバリストからは羨望の眼差しを浴びるという、二面的な評価を受けるアルシオーネ。

初代は、今では30年近く昔の車ですので、中古車市場では激レア。2020年9月現在では、中古車在庫は1台しか確認できません。

よりシンプルに開発陣の意図を味わえそうな1.8リッター仕様が在庫されていますが、走行距離13万キロオーバーの車ながら本体価格は320万円が設定されています。

もはや程度の良し悪しを選べる時代ではなくなってしまったということでしょう。初代アルシオーネの魅力に取りつかれてしまった方は、お早めに問い合わせされることをお勧めします。

スバル アルシオーネSVX カタログ

スバル アルシオーネSVX カタログ

初代アルシオーネよりは選びやすいアルシオーネSVXは、それでもたったの20台の在庫しか見当たりません。

平均価格では103.5万円と、やや安めではあるのですが、走行距離の少ない程度極上のものでは400万円クラスが一般的と、こちらも高騰気味です。

注目は走行距離326kmの1997年式 アルシオーネSVX S4。ワンオーナーで慣らし運転も終わったかどうかという低走行は、このチャンスを逃すともう二度と出会えないかもしれない、博物館級のアルシオーネSVXです。

現代の車と並んでもその存在感は格別のもの。スバルの歴史を噛み締めつつ、ボクサー6エンジンでゆったりとしたドライブに出かけられては。

まとめ

スバル アルシオーネSVX

スバル アルシオーネSVX

初代と2代目、どちらも開発陣の強い意志を感じる「いい車」なだけに、市場の冷めた反応にはメーカーもファンもヤキモキしたことでしょう。逆に見れば、真に魅力の分かる慧眼なオーナーだけが購入した、知る人ぞ知る名車、と言えるかもしれませんね。

スバルを取り巻く現状は、趣味性の高い車を単独で作れるほど安楽な経営状態ではないと思われ、今後アルシオーネのようなクーペはもう二度と登場しないかもしれません。ですが、こんな夢のある車を作っていたこともあるということだけでも、スバルを応援したくなるのではないでしょうか。

関連するキーワード


スバル 車種情報

関連する投稿


スバル 新型レヴォーグ!おすすめグレードは?燃費は悪い?

スバル 新型レヴォーグ!おすすめグレードは?燃費は悪い?

自動車ニッポンイチを決めるカー・オブ・ザ・イヤーをゲットしたスバルの新型レヴォーグ。日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞出来た理由は何なのか、レヴォーグの何がスゴイのか、一緒に見ていきましょう!


スバル レガシィ アウトバックの魅力をご紹介!性能と価格、中古車相場も!

スバル レガシィ アウトバックの魅力をご紹介!性能と価格、中古車相場も!

ついに生産終了となったスバルが誇るクロスオーバーSUV「レガシィ アウトバック」。SUVブームの中で異彩を放った名車を改めて見直すとともに、新型情報と中古車相場もご紹介します。急げばまだ購入するチャンスがあるかもしれませんよ!


新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい!という方。今回は国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたに必見の記事ですよ!


日本カー・オブ・ザ・イヤーから選ぶ、2020年「買い」の車 5選!

日本カー・オブ・ザ・イヤーから選ぶ、2020年「買い」の車 5選!

今年も様々な車が発売されましたが、一体、どの車を買えばいいのでしょう? 先ごろ発表された、2020-2021 日本カー・オブ・ザ・イヤーの結果を振り返りながら考えてみましょう。


新車を買う前に必ず読んで!2021年発売が予想される新車たち

新車を買う前に必ず読んで!2021年発売が予想される新車たち

クルマって、いつ買えばいいんでしょうね。次々に新しいモデルが出て、迷ってしまいますね。そんなに頻繁に買い換える事ができないのがクルマ。出来るだけ後悔しないクルマ選びをしたいですよね。2021年に発売されるかもしれないクルマの情報を片っ端から集めてみました!


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。