トップへ戻る

スバル レガシィ アウトバックの魅力をご紹介!性能と価格、中古車相場も!

スバル レガシィ アウトバックの魅力をご紹介!性能と価格、中古車相場も!

ついに生産終了となったスバルが誇るクロスオーバーSUV「レガシィ アウトバック」。SUVブームの中で異彩を放った名車を改めて見直すとともに、新型情報と中古車相場もご紹介します。急げばまだ購入するチャンスがあるかもしれませんよ!

⏳この記事は約3~4分で読めます。


スバル レガシィ アウトバックとは?

1999年式 スバル レガシィ ランカスター  ⦅画像提供:Response⦆

レガシィ アウトバックは、ステーションワゴンとSUVのクロスオーバーSUVとして、メインマーケットの北米市場では1994年から「アウトバック」、日本国内ででは1995年から「レガシィ・グランドワゴン」として発売されました。

その後国内仕様車のみサブネームを「ランカスター」に改名し、2代目モデルでもその名前を踏襲しましたが、2003年10月の3代目において、「アウトバック」に改称しました。

そして、2014年10月にフルモデルチェンジされ5代目となった現行モデルは、日本仕様のレガシィ ツーリングワゴンが廃止されたこともあって、ワゴンボディのレガシィとしては国内で唯一の選択肢となっていました。

まだ間に合う?レガシィ アウトバック現行モデル

スバル レガシィ アウトバック ⦅画像提供:Response⦆

スバル レガシィ アウトバック荷室 ⦅画像提供:Response⦆

2020年8月に姉妹車となるセダンのB4が生産終了したのに続いて、2021年3月現在のスバル公式サイトには、「現行モデルについては、生産終了に伴い、販売店での在庫対応のみとなります。」と記載されており、レガシィ アウトバックはついに終焉を迎えてしまいました。

現行モデルのエクステリアは、バンパー一体型ヘキサゴングリルとホークアイヘッドランプ、ボディ下部を取り巻くプロテクションパネルをはじめ、フロントフォグランプや金属調ルーフレール、220mmものロードクリアランスなどで、SUVらしさを高めています。

インテリアの品質も向上し、ハーマン・カードンサウンドシステム&SDナビゲーションをメーカーオプションとして初採用しました。また、シート間距離を広げた前席や、ドアトリム構造の変更でスペースを拡大し、後席も足元スペースを拡大しています。

日本仕様のエンジンは水平対向6気筒3.6Lが廃止され、改良された水平対向4気筒2.5Lのみとなり、同じく改良されたリニアトロニックが組み合わされています。

また、アクティブトルクスプリットAWDに加え、エンジンと4輪の駆動力やブレーキなどを制御して、悪路走破性を高める「X-MODE」を新採用し、ヒルディセントコントロール制御も加わっています。

安全性能では、先進安全技術であるEyeSightを大幅に進化させたEyeSight(ver.3)を採用しています。

最終モデルのグレード体系は、廉価グレードの「B-SPORT」、スバル60周年特別記念車と設定された特別仕様車「X-BREAK」、そして上級装備の「Limited」の3グレードとなっています。

スバル レガシィ アウトバック現行モデルの価格とスペック

スバル レガシィ アウトバック ⦅画像提供:Response⦆

スバル レガシィ アウトバック】価格表

グレード名消費税抜き車両本体価格
B-SPORT
  3,100,000円
X-BREAK  3,150,000円
Limited
  3,300,000円
(2021年3月現在 スバル公式サイトより)

現行モデルについては、生産終了に伴い、販売店での在庫対応のみとなります。

スバル レガシィ アウトバック】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,820mm×1,840mm×1,605~1,660mm
ホイールベース2,745mm
最大乗車定員5名
車両重量1,570~1,580kg
WLTCモード燃費12.6km/L
エンジン種類水平対向4気筒2,498cc
最高出力129kW(175PS) /5,800rpm
最大トルク235N・m (24.0kgf・m) /4,000rpm 
駆動方式AWD
トランスミッションリニアトロニック
(2021年3月現在 スバル公式サイトより

レガシィ アウトバックの新型情報

スバル アウトバック北米仕様 ⦅画像提供:Response⦆

7代目となるレガシィ アウトバックは、日本国内へは導入されていませんが、最大のマーケットである北米ではすでに2019年秋から販売を開始しています。そして、米国の自動車サイト『AUTOTRADER』から2020年最高の新車の一台に選ばれるなど、北米での評価は依然高いものがあります。

クラストップレベルの地上高220mmを踏襲した新型のエクステリアは、スピード感のあるシルエットと厚みを強調したボディパネルや、力強さを増したクラッディングを組み合わせてアクティブ感が増しています。

スバル・アウトバック新型(北米仕様) ⦅画像提供:Response⦆

また、インテリアでは、11.6インチ大型ディスプレイを備えたインフォテインメントシステムなど、革新的な機能性が加わっています。さらに、質感の高いデザインと進化したパッケージングでゆとりあるスペースを確保した室内空間となっています。

エンジンは2.4L水平対向4気筒直噴ターボエンジンと、直噴化された2.5L水平対向4気筒エンジンの2種類。また、運転支援システム「アイサイト」には、車線中央維持制御・先行車追従操舵制御を追加し、安全運転を支援するドライバーモニタリングシステムなどで安心感を高めています。

日本では未発売の新型ですが、スバル・ゲレンデタクシー2019~2020シーズンの、長野県エコーバレー会場に、新型がサプライズで登場して注目を浴びるなど、発売の可能性がゼロではないとも言えます。

スバル アウトバック 新型、2020年最高の新車の一台に選出

スバル・アウトバック新型(北米仕様)⦅画像提供:Response⦆

米国の自動車サイトAUTOTRADERは、インテリアの快適性や素材、品質、機能、乗り心地など、幅広い基準に基づいて、2020年の最高の新車の一台として「スバル アウトバック」を選びました。

この賞はAUTOTRADERの編集チームとデータチームが、対象となる、2020~2021年に購入可能で、価格は7万5000ドル以下の車種を対象として選考しました。


AUTOTRADERは、2020年最高の新車の一台としてアウトバックを選出した理由について、同メディアのブライアン・ムーディー編集長は、以下のように語っています。

ブライアン・ムーディー編集長は、「スバルは長い間、乗用車とSUVを毎年改良している。アウトバックは、すべてのスバル車と同様に、冒険的でユニークな米国のライフスタイルにぴったり合う楽しくて機能的な雰囲気を持つ」と語っている。

【新型アウトバック (米国仕様)】スペック表
(全長×全幅×全高4,860mm×1,855mm×1,680mm

ホイールベース2,745mm

最大乗車定員5名

エンジン種類
2.4L水平対向4気筒ターボ
 2.5 L水平対向4気筒
最高出力
260hp/5600rpm
182hp/5800rpm
最大トルク
277lb-ft/2000-4800rpm
176lb-ft / 4400rpm 
トランスミッション
リニアトロニック

駆動方式シンメトリカルAWD

(2021年3月現在 スバル公式サイトより

レガシィ アウトバックの中古車相場

4代目 2011年型 スバル レガシィ アウトバック

現行モデルは、生産終了となり、在庫のみの販売となっているので、スバル レガシィ アウトバックは今後は中古車から選ぶことになります。

なるべく新しいモデルを選びたい人は、2019年11月以降の最後の一部改良が行われたモデルが狙い目で、新グレードの「B-SPORT」や新色の「クールグレーカーキ」が加わり、2つのモードが新たに加わった「X-MODE」が搭載されています。

【スバル レガシィ アウトバック】中古車相場
生産期間
消費税込み中古車平均価格
2020年10月~2021年3月生産モデル
現行モデル339.3万円
2019年11月~2020年9月生産モデル
現行モデル
313.9万円
2018年10月~2019年10月生産モデル
現行モデル
296.4万円
2017年10月~2018年9月生産モデル
現行モデル
245.9万円
2016年10月~2017年9月生産モデル
現行モデル
223.1万円
2015年10月~2016年9月生産モデル
現行モデル
203.0万円
2014年10月~2015年9月生産モデル
現行モデル
190.8万円
2009年5月~2014年9月生産モデル
2代目モデル93.7万円
2003年10月~2009年4月生産モデル
初代モデル37.4万円
(2021年3月現在 レスポンス中古車検索より)

まとめ

現行車種が生産終了になると、今まで気にしていなかった車も、なぜか見なおしてみたい気持ちになります。そして、気が付かなかった良さに改めて感動してしまいます。

レガシィ アウトバックもそんな一台で、この記事を見てレガシィ アウトバックを欲しくなった人は今すぐディーラーに行きましょう。今なら新車も間に合うかもしれません!

関連する投稿


スバル 新型レヴォーグ!おすすめグレードは?燃費は悪い?

スバル 新型レヴォーグ!おすすめグレードは?燃費は悪い?

自動車ニッポンイチを決めるカー・オブ・ザ・イヤーをゲットしたスバルの新型レヴォーグ。日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞出来た理由は何なのか、レヴォーグの何がスゴイのか、一緒に見ていきましょう!


新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい!という方。今回は国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたに必見の記事ですよ!


日本カー・オブ・ザ・イヤーから選ぶ、2020年「買い」の車 5選!

日本カー・オブ・ザ・イヤーから選ぶ、2020年「買い」の車 5選!

今年も様々な車が発売されましたが、一体、どの車を買えばいいのでしょう? 先ごろ発表された、2020-2021 日本カー・オブ・ザ・イヤーの結果を振り返りながら考えてみましょう。


【新車を買う前に必ず読んで!】2021年発売が予想される新車たち

【新車を買う前に必ず読んで!】2021年発売が予想される新車たち

クルマって、いつ買えばいいんでしょうね。次々に新しいモデルが出て、迷ってしまいますね。そんなに頻繁に買い換える事ができないのがクルマ。出来るだけ後悔しないクルマ選びをしたいですよね。2021年に発売されるかもしれないクルマの情報を片っ端から集めてみました!


ベタ惚れ必至!50万円以下で探すおしゃれ中古軽自動車 おすすめ4選!

ベタ惚れ必至!50万円以下で探すおしゃれ中古軽自動車 おすすめ4選!

流行のスーパーハイトワゴンの便利さはわかるけど、最新の装備を備えた豪華仕様だと200万円超という一昔前では考えられなかった高価格に達している現代の軽自動車。それなら、最新技術は備わっていなくても、個性が爆発している中古車を格安に手に入れてしまうのも楽しそうだと思いませんか。この記事では、中古で50万円以下から探せるおしゃれ軽自動車のおすすめ4選をご紹介していきます。


最新の投稿


トヨタ センチュリーとは?トヨタの誇る最高級車の魅力に迫る

トヨタ センチュリーとは?トヨタの誇る最高級車の魅力に迫る

トヨタの最高級車であるセンチュリーについて紹介します。圧倒的な高級感を誇る内外装の質感や、専用オプション、走行性能などについて解説します。また、高級モデルなので気になる価格などについても紹介します。


米国トヨタの新型シエナは日本にも上陸する?大型ミニバンの実態とは

米国トヨタの新型シエナは日本にも上陸する?大型ミニバンの実態とは

米国を中心とした海外で販売されている大型ミニバンのシエナについての紹介記事です。歴代モデルの紹介や、2020年に発売された新型モデルの日本上陸の可能性などについても紹介します。


【2021年最新版】車中泊におすすめの人気軽バン3選!

【2021年最新版】車中泊におすすめの人気軽バン3選!

軽バンは、宅配便や郵便局、そして様々な運送に使われているボックスタイプの軽貨物車です。その日常のあらゆる荷物を運んでくれる軽バンが、実は流行の車中泊には最適な車種なのです。そこで、なぜ軽バンが車中泊に最適なのかを含めて、車中泊におすすめの人気の軽バンをご紹介します。


トヨタ MIRAIとは?水素燃料電池自動車について徹底解説!

トヨタ MIRAIとは?水素燃料電池自動車について徹底解説!

化石燃料の使用を抑えるという世界的な動きの中、トヨタが提案した未来の自動車である水素燃料電池自動車、MIRAIについての紹介記事です。初代モデルと現行モデルの違いや、水素燃料電池自動車の仕組み、実用性などについて紹介します。


トヨタ エスクァイア|気になる新車・中古車価格、燃費は?

トヨタ エスクァイア|気になる新車・中古車価格、燃費は?

運転しやすいサイズ感と広い車内空間で人気のミニバンであるトヨタ エスクァイアについて紹介します。車としての特徴や魅力のみでなく兄弟車であるノアやヴォクシーなどとの比較なども行います。