目次へ戻る

今更聞けない!?ハイブリッドの種類とマイルドハイブリッドについて

今更聞けない!?ハイブリッドの種類とマイルドハイブリッドについて

ハイブリッドと一言で言っても実はいくつか種類があります。今回わかりやすく解説しながら、最も取り扱いが簡単なマイルドハイブリッドの仕組みについて迫りたいと思います。来る電気自動車の時代に向けて勉強してみましょう。


マイルドハイブリッドはいつからあるの?ハイブリッド車の歴史について

マイルドハイブリッドとは

マイルドハイブリッドは一般的に認識されているハイブリッド(ストロングハイブリッド)と違い、高電圧モーターによる駆動アシストを行っていません。構造は簡単で、低コストが利点です。12V制御の補助モーターは発電と動力アシストを行っていますが、一般的に言うオルターネーターの仕組みを発展させたものと言えます。

また実用に関する歴史も決して長くは無く、2010年頃に国産メーカー(スズキや日産)で発表され順次市販モデルに搭載されていった程度です。そして、2018年頃より輸入車でも48V制御によるマイルドハイブリッドが普及し始めました。

このマイルドハイブリッドが多くの自動車に活用されるには、フルハイブリッドの発展無くしては、生まれてこなかったと言っても過言ではありません。したがって、まずはハイブリッドの歴史についておさらいしてみたいと思います。

そもそもハイブリッドシステムが急速に発達した背景には自動車産業に課せられた二酸化炭素排出量の低減です。これは、乗用車製造メーカーからスポーツカー製造メーカーまで例外なくです。2019年現在において様々なメーカーの、様々な車種でハイブリッドモデルが展開されていますが、日本国内初の量産ハイブリッドカーはご存知トヨタ プリウスです。

ハイブリッドといえばこの車?ご存知プリウス

キャッチコピーは「21世紀に間に合いました」
1997年10月に販売開始された初代プリウスはエクステリア・デザインこそまあまあですが、システムに関しては斬新で、業界関係者から自動車ユーザーまで衝撃を受けたことでしょう。

また燃費28km/Lは乗用車の平均燃費12.4km/Lの倍以上であるため、紛れもなく超エコカーと言っても過言では無いでしょう。

プリウスはハイブリッド車の成功モデルですが、他メーカーも黙ってはいませんでした。ホンダではインサイトを販売開始し、トヨタとは違ったシステムでその技術力をアピールしました。それ以外のメーカーも自社開発や提携開発の下、ハイブリッド車を販売しています。

エコカーでハイブリッドを無視することは出来ないのが現状です。

ではハイブリッドの歴史はまだ20年程度の歴史なのかというと、実はもっと昔に遡ります。ハイブリッドシステムの概念としては、記録に残っている最古は1896年のフェルディナント・ポルシェ博士が開発したローナーポルシェとされています。

スポーツカーブランド ポルシェがまだブランドを発足する前に作った車がハイブリッドとは驚きですね。

それ以後、欧米で研究開発が進みましたが、実際に市販モデルへとこぎ着けたのがトヨタなのです。

ハイブリッドシステムの種類について

一言でハイブリッドと言っても、一般的には3つの制御方式に分けられます。これはエンジンと電動モーターの関係性による分類と言っても良いでしょう。では、簡単にそれらの方式について確認してみましょう。

シリーズ方式

エンジンは発電用として活用し、その電力を使用して電動モーターの力で駆動・走る方式です。

仮にエンジンの燃料が尽きても、ハイブリッドバッテリーの蓄電によりモーター・ドライブを行うことが出来ます。

近頃レンジエクステンダーと呼ばれる方式をとる電気自動車が存在しますが、構造で似通っている点がありますが、別物とされます。レンジエクステンダーは外部電源による充電が可能で、搭載されるエンジンは小型で、あくまでも電気の不足を補う程度とされています。

スプリット方式

プリウスにも搭載されているのがこのスプリット方式。

エンジンの動力が、発電用・そして駆動用にスプリット、つまり分割される方式を言います。このエンジンの駆動力とモーターの駆動力を合わせて走ります。

このため、エンジンの動力はハイブリッドバッテリーを充電しながらもモーターアシストを受けることが可能です。

また、動力の分配方法によって、エンジンを停止させてモーター・ドライブを行うこともできれば、エンジンの動力を充電に回しながら、モーター・ドライブを行うことも可能なのです。

パラレル方式

エンジン一機に対してモーター兼ジェネレーター一機の構造がパラレル(並列)方式です。

3つの方式の中で一番単純な構造です。マイルドハイブリッドもこの方式に含まれており、必ずしもエンジンとモーターが同一軸にあるとは限りません。モーターの出力や、動力連結装置次第で、モーターのみの走行も可能です。

また、モーターとジェネレーターが1つのモーターで成り立っているため、走行中にエンジンや回生で充電する際はモーターアシストが出来ない特徴となります。

マイルドハイブリッドの仕組みとは

マイルドハイブリッドは、通常走行時のエンジンの補助動力です。すなわち始動後、エンジンは基本的に回転しており、発進時など、トルクの弱い回転域において、モーターの強いトルクでアシストする仕組みです。

フルハイブリッドでは200V以上の電圧で制御されるモーターが搭載されているため、高電圧バッテリーも必ず車両に備わっています。一方、マイルドハイブリッドは12Vもしくは48V制御であり、基本的にモーターのみの走行が出来ないので、大容量の高電圧バッテリーは必要ありません。したがって、車両の重量を抑えることも可能であると共に、車内のスペースを犠牲にすることもありません。

モーターは、オルターネーター(発電機)の出力を上げて補助動力として耐久性を持たせたものが一般的で、エンジンとはベルトで連結されています。車の大きさやモーターの出力次第で、数秒間だけモーターによる発進ができる車種も出てきています。

マイルドハイブリッドの燃費について

カタログ表示燃費の計算において、同モデルのノンハイブリッド仕様との比較を行いますと、おおよそ10~15%マイルドハイブリッドの方で燃費が良くなる傾向にあります。

燃費としてはわずかですが、発進時のトルクの余裕など、モーターアシストのメリットは実感できるところがあるでしょう。ちょうどフルハイブリッドとノンハイブリッドの中間的選択肢と言った感覚になります。

取り扱いの危険性について

マイルドハイブリッドに関しては、フルハイブリッドのような高電圧バッテリーが搭載されていないため、基本的にはノンハイブリッド車と同様の取り扱いとなります。したがって取り扱いの危険性については従来車と同様の注意を払えば問題ないと考えます。

ただし、48V制御のマイルドハイブリッド車の場合、低電圧とは言えリチウムイオンバッテリーを搭載されていますので、バッテリーへの直接的な強い衝撃やショートには気をつけましょう。もちろん12Vバッテリーであっても同様に気をつけないと危険なのですが、電圧が高い分危険度が上がります。

・決して分解をしない
・強い衝撃を与えない
・高温にさらさない
・ショートさせない
・過充電させない
要点をまとめますと上記の通りとなります。もちろん、この注意点はどんな電池も共通です。ただし、電圧が高ければ高いほど危険度が上がるため、改めて意識し直して頂くと良いでしょう。

マイルドハイブリッドシステムを採用する車種のご紹介

マイルドハイブリッド搭載車の一例をご紹介いたします。

・トヨタ
クラウン(11代目:2001年8月から)3.0Lロイヤルサルーンにおいてマイルドハイブリッド搭載車が設定される

・スズキ
ソリオ(3代目)とソリオバンディット(2代目)
スイフト(4代目)

・日産
セレナ(4代目から)

あくまでも一例のご紹介ですので、他にも多数メーカー、車種が存在します。もちろん輸入車にも搭載車が存在します。

いずれもノンハイブリッド車と比較して、10~15%燃費が良いため、フルハイブリッド車が高価で予算に合わない場合の選択肢として考えることができるでしょう。

マイルドハイブリッドの将来性とは

マイルドハイブリッドはまだまだ発展途上であると考えます。

と言うのは、以前は12V制御のマイルドハイブリッド車が当たり前でしたが、輸入車を中心として48V制御のものが出始めています。また48V制御はハイブリッドシステムのみならず、電動パワーステアリングや、サスペンションマネージメントシステムなど、自動車の様々な機能へも応用され始めています。

このメリットは高い電圧制御によりアクチュエーターの応答性が良くなるためです。効率が良くなると、無駄が省けて燃費の向上にもつながります。すなわち、マイルドハイブリッドのアシストにも高効率が期待できるのです。

関連するキーワード


豆知識

関連する投稿


【わが子と一緒に読みたい】おすすめのクルマの絵本&図鑑 7選

【わが子と一緒に読みたい】おすすめのクルマの絵本&図鑑 7選

車の本、と一言で言っても車の本は世界にたくさんありますよね。そんな中でどの本を選べばいいのか?わからない!そんな悩みを持つお父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん…といった方々のために、本記事ではおすすめの車の本をまとめています。対象年齢と価格も載せています。


【パッシングの意味】後続車からの発信と対向車からの発信の場合で説明

【パッシングの意味】後続車からの発信と対向車からの発信の場合で説明

車の運転中、 対向車や後続車から「パッシング」を受けたことはありますか?特に後続車からのパッシングを受けると嫌な気分になってしまうという方もいらっしゃるかもしれません。しかし、パッシングには様々な意味が込められています。本記事では対向車からと後続車からパッシングされる場合のそれぞれの意味と正しいやり方や回数、道交法上違反にならないか否か等、パッシングに関する情報をまとめて掲載しています。


ディーゼルにこだわるマツダ!仕組みやスペック、メリット・デメリットを徹底解剖

ディーゼルにこだわるマツダ!仕組みやスペック、メリット・デメリットを徹底解剖

燃費だけでなく、パフォーマンスも高いディーゼルエンジン。乗用車ではイメージが薄いかもしれませんが、マツダは幅広い車種でディーゼルエンジンを展開しています。不具合やリコールの話題が出ましたが、維持のポイントを押さえれば大丈夫。圧縮比の知識はもちろん、オイル交換や維持の方法、販売中の車種や中古価格についてもご紹介します。


【お世話になってます】車のインジェクターの役割と構造とは?

【お世話になってます】車のインジェクターの役割と構造とは?

40年ほど前の車ではキャブレターによる燃調セッティングはよく見る光景であったと思いますが、最近の車ではそういうものを見かけなくなりました。それはインジェクターの普及によるものが大きいです。そこで今回はインジェクターの役割と構造について紹介します。


車にとって大切な部品、カムシャフトとは? 詳しい構造や交換費用を徹底解説!

車にとって大切な部品、カムシャフトとは? 詳しい構造や交換費用を徹底解説!

カムシャフトという部品を知っていますか。近頃はこのカムシャフトがついていない車もあるようですが、実はエンジンの部品の大半に使われている重要な部品なのです。このページでは、そもそもカムシャフトとは何なのか、万が一交換が必要になった際にどれくらい費用がかかるのかまで詳しく説明していきます。また、カムシャフトの形式やカムシャフトがない場合の代わりとなる構造について一緒に解説していきます。


最新の投稿


スズキのハッチバック バレーノってどんな車?中古車価格、スペック、燃費、評価ほか

スズキのハッチバック バレーノってどんな車?中古車価格、スペック、燃費、評価ほか

スズキから発売されているバレーノは、ハッチバック型の乗用車です。インドで生産され、世界に発売されています。2019年春ごろよりインド市場のトヨタへOEM供給される予定です。そんなスズキのバレーノについてご紹介していきましょう。


日産のミッドサイズSUV デュアリスの中古車価格、スペック、燃費、評価一覧

日産のミッドサイズSUV デュアリスの中古車価格、スペック、燃費、評価一覧

デュアリスとは、日産のミドルサイズのSUVです。日本では販売終了してしまいましたが、各国では名前を変えて発売されています。「キャシュカイ(QASHQAI)」もしくは「ローグ スポーツ(ROGUE SPORT)」など、一度は車名を聞いたことがあるのではないでしょうか。これが元デュアリスなんです。本記事では改めて日産のSUV、デュアリスについてまとめています。


【カーメイト調べ】半数以上が今後360度録画可能ドラレコが欲しいと回答!

【カーメイト調べ】半数以上が今後360度録画可能ドラレコが欲しいと回答!

カーメイトは、同社製品ユーザーを対象とした交通トラブル実態調査を実施。その結果、ドライブレコーダーの映像が最も活用されたのは「側面衝突」だったことが明らかになりました。また、今後購入するなら360度録画可能のドラレコという意見も上がっています。


【7月ワールドプレミア】フェラーリのワンオフモデル登場!P80/C

【7月ワールドプレミア】フェラーリのワンオフモデル登場!P80/C

フェラーリは6月17日、ワンオフモデルの『P80/C』(Ferrari P80/C)を、7月に英国で開催される「グッドウッドフェスティバルオブスピード2019」において、ワールドプレミアすると発表しています。


【わが子と一緒に読みたい】おすすめのクルマの絵本&図鑑 7選

【わが子と一緒に読みたい】おすすめのクルマの絵本&図鑑 7選

車の本、と一言で言っても車の本は世界にたくさんありますよね。そんな中でどの本を選べばいいのか?わからない!そんな悩みを持つお父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん…といった方々のために、本記事ではおすすめの車の本をまとめています。対象年齢と価格も載せています。