目次へ戻る

【免停】免許停止になる違反点数と停止期間・講習の内容 総まとめ

【免停】免許停止になる違反点数と停止期間・講習の内容 総まとめ

何かしらの交通違反を犯してしまい、点数が加算されると免許停止となってしまいます。免許停止となる点数は?免停期間は?免停講習はどのようなことするのか?など免停に対して良くある疑問を分かりやすくまとめて掲載しています。。免停になってしまった場合どうなるのかをこちらの記事でご紹介したいと思います。


免停になる点数と期間

交通違反をした場合は、その違反に内容によって違反点数が加算されます。

この違反点数が過去3年の累積が6点以上14点以下になった場合、運転が一定期間できない免停(免許停止)になります。

免停(免許停止)の期間は、道路交通法103条1項に「6ヵ月を超えない範囲で免許の効力を消す」とされているため、免許停止期間は最大で180日間ということになります。

最短では30日で、その他には60日、90日、120日、150日で6種類の免停(免許停止)期間が定められています。

累積点数制度とは?

交通違反をして取り締まりを受けた場合、点数のペナルティが科されて、一定の点数になると免停や免許取り消しなどの処分を受けることになります。

一般的に、交通違反の点数が「減点」されたと思っている方が多いですが、実際は減点方式ではなく「累積点数」の制度となっています。

例えば、免許を取得した段階で0点からスタートし、何かしら違反をして2点追加されたら「0+2=2」で2点のペナルティが加算されます。

そして、さらに3点の違反をしてしまったら「2+3=5」で5点になります。

このように違反をするたびに、その点数を足していきその累計がどこまで増えるかで免停や免許取り消しなどの処分が決まります。

この累積点数は、「3年以内の違反」のみが計算対象となるので、4年前の違反は累積点数として加算されません。

前歴とは?

「前歴」と「前科」とは意味が大きく異なります。

簡単に一言で説明すると、前歴は不起訴処分になった場合に付き、前科は起訴されて裁判で有罪判決を受けた人につきます。

なので、逮捕されても起訴されなければ「前歴」になり、起訴されて有罪になれば「前科」も「前歴」もつくことになります。

交通違反の場合は、軽い交通違反に関しては裁判を行わずに、行政の手続きのみで完了する「交通違反通告制度」が適用されます。

交通違反時の”罰金”と”反則金”の違い|交通反則通告制度についても説明

https://matome.response.jp/articles/1310

こちらの記事では罰金と反則金の違いについてと、「交通反則通告制度」についてを詳しく紹介しています。

そのため、ほとんどが不起訴処分となるため前歴がつきます。

一般的に交通違反での前歴は「過去3年間に免許停止や免許取消し処分の回数」を指しますので、他の犯罪の「前歴」とは意味が異なります。

交通違反で前歴がつくと、その回数によって免許停止の日数や次回免許停止に至るまでの点数が変わってきます。

前歴がない場合は、交通違反が6点以上で免許停止処分となり、停止期間は30日~180日までと大きく幅があります。

交通違反で前歴がついてしまう具体的な違反はスピード違反や無免許運転、人身事故が一般的です。

スピード違反は、30km以上の速度超過があると、簡易裁判にかけられて起訴されてしまうケースもあります。

【無免許運転】罰金・懲役・点数など罰則の全て| 事例を交えて紹介

https://matome.response.jp/articles/1304

無免許運転での罰則内容に関してはこちらからご確認下さい。

免停講習ではなにが行われる?

免停講習と言われていますが、正しい名称としては「停止処分講習」となります。

交通違反を犯して、累積点数が規定の点数に応じて決められた期間は免許停止処分となりますが、この講習を受けることで免許停止期間を規定の日数よりも短縮することができます。

停止処分講習は任意の講習なので絶対に受けなくてはいけないということではありませんが、免許停止期間が短縮されるのでほとんどの方が受講しています。

講習には、短期講習、中期講習、長期講習の3つの種類があり、停止期間によって受ける講習が異なります。

短期講習:停止処分日数30日
中期講習:停止処分日数60日
長期講習:停止処分日数90日~180日

短縮される日数は“筆記テストの成績”によって決まる仕組みになっています。

テストの正解率の割合で、優・良・可の3段階で評価されます。
優:85%以上
良:70%以上
可:50%以上

テストの点数だけでなく「受講態度」も重要なポイントとなり、の受講者への迷惑行為や居眠りなど、意欲のない態度で受講をしていると、どんなにテストの点数が良く「優」の成績になっても、一段階引き下げられると規定されています。

実技や座学も

基本的に、短期・中期・長期講習もすべて同じ内容が実施されますが、中期・長期講習になると、講習や検査時間が長くなり、短期講習では一部の講習内容が省略されることがあります。

講習内容はほぼ座学で、配られた教材を元に講習が行われます。
免許更新のときと同じような雰囲気なので退屈に感じてしまう方も多いですが受講態度も成績に響くので居眠りなどはせずに受講することが大切です。

講義の内容は
 道路交通の現状と交通事故の実態
 安全運転の心構え・基礎知識
 事故事例に基づく安全運転の方法

などです。これらの講習を受けた後、最後にテストが実施されます。

テストの内容は免許センターによって異なりますが、テストに出る部分を講義中に教えてくれることもあるので、しっかりと聞いておくことが大切です。

その後、運転シミュレーターによる指導が行われます。

事故や危険な状況を実際に体験し、その結果をもとに指導が行われます。

最後に、短期・中期・長期講習の方すべてに実車の講習となり、指導員と共に2~4人が1組となり順番に運転をします。

この実車講習は免停期間の短縮には影響はしません。
指導員が、運転の癖や直した方が良いところなどを指摘してくれるので、あまり考えすぎずに普段通りの運転をして大丈夫です。

実車走行の時間は、短期講習で10分、中期講習で30分、長期講習で40分が一般的です。

免停通知から免停講習修了までの流れ

違反をして取り締まりを受けたらその日から免許停止になるわけではありません。
免許停止までの流れは下記になります。

行政処分出頭通知が届く

交通違反で取締りを受けてから約1週間~1カ月程度で行政処分出頭通知書が届きます。
ただし、違反の内容や点数によっては届くまで2カ月以上かかるケースもあります。

これは『免許停止が決定したのでこの日に出頭して下さい』という内容です。

しかし、出頭日は平日が多いでのどうしても都合がつかない方は出頭日を変更したり、代理人に免許の返納を頼むこともできます。

行政処分出頭通知に従わないとどうなる?

免停通知を無視し続けると、罰金や懲役刑にあたる可能性もあります。違反の点数によっては50万円以上の罰金を命じられることも。

また、過去には免許停止通知を無視している違反者を一斉に検挙して逮捕されたという実例もあります。

当然のことながら免停通知を受けたら、速やかに対応するのがベストです。

免停講習を受講する

免停講習を受講すれば最低20日~80日まで免停期間が短縮されるので、講習は受けておいた方が良いでしょう。

受講金額は免停の期間によって異なり、免停30日は約14,000円、免停60日は約23,000円、免停90日以上は約28,000円となっています。

その後、免許返還

短期講習を受けなかった方は、免許停止期間が満了した翌日以降、短期講習を受けた方は免許返還予定日以降に、運転免許停止処分書を持参し、住所地を管轄する警察署で返還を受けることができます。

まとめ

免許停止になってしまった場合、仕事で車を使う方や生活するうえで車がないと困る方も多いと思います。

その場合は、免停講習を受けることで停止期間が短縮されるので、億劫にならずに受講することをオススメします。

くれぐれも、免停になるような違反はせずに安全運転を第一を心がけてください。

違反の多い交通ルール・道交法違反についてはこちらをチェック

関連する投稿


大雪時のタイヤチェーン装着義務 13区間(高速7・国道6)で実施|場所はどこ?

大雪時のタイヤチェーン装着義務 13区間(高速7・国道6)で実施|場所はどこ?

2018年11月15日に国土交通省より発表された 「タイヤチェーンを取り付けていない車両通行止め」規制。11月15日~11月28日までの間、パブリックコメントの募集を行い、12月10日に同交通規制が実施される道路を発表しました。実施される道路情報と、規制についての概要、違反時の罰則や実施時期について掲載しています。


ゴールド免許にする条件は?最短何年?更新期間以外のメリットは?

ゴールド免許にする条件は?最短何年?更新期間以外のメリットは?

多くの人に知られている「ゴールド免許」を取得するにはどういった条件があるのか、また、最短何年で取得出来て、取得後のメリットはどういったものがあるのか、そして、ゴールド免許を取得する際や取得後の注意点などをここでは解説していきます。


大型特殊免許 取得方法総まとめ|教習所・一発試験の費用~運転できる車も紹介

大型特殊免許 取得方法総まとめ|教習所・一発試験の費用~運転できる車も紹介

こちらの記事では、大型特殊免許(大型特殊自動車免許)の取得方法について、教習所や一発試験、合宿で掛かる費用や期間、また取得するための条件や、大型特殊免許で運転できる車種まで紹介しています。多くの現場で活躍する大型特殊車両を運転し、仕事の幅を広げる為にも、大型特殊免許を是非取得しましょう。


最低限抑えておきたい自転車の交通ルール&マナー|違反時の罰則・罰金について

最低限抑えておきたい自転車の交通ルール&マナー|違反時の罰則・罰金について

子供から大人まで、幅広く多くの人が乗っている自転車。ですが、意外と知られていないのが自転車の交通ルールです。自転車の交通ルールを守らなかったことにより死亡事故に繋がるような事例もあります。こちらの記事では最低限抑えておくべき自転車の交通ルールと違反時の罰則、また交通マナーに関してをまとめて掲載しています。


【後部座席も義務】シートベルトの着用 違反時の点数・罰金は?免除される事例も

【後部座席も義務】シートベルトの着用 違反時の点数・罰金は?免除される事例も

シートベルトは後部座席にも着用義務があります。こちらの記違ではシートベルトを着用しなかった場合の違反点数、違反金・罰金とシートベルトの着用が免除される事例等をまとめて掲載しています。また、シートベルトに関連するカー用品・カーアクセサリーの紹介も掲載しています。


最新の投稿


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【12月11日更新】


【まさか復活!?それとも】マツダがMX-6を商標登録 MX-6とは

【まさか復活!?それとも】マツダがMX-6を商標登録 MX-6とは

マツダが『MX-6』の名前を商標登録していたことが判明しました。これは、日本の特許庁の公式サイトから明らかになったものです。このMX-6とは、過去にマツダが発売していたクーぺ。これはいったい…?


大雪時のタイヤチェーン装着義務 13区間(高速7・国道6)で実施|場所はどこ?

大雪時のタイヤチェーン装着義務 13区間(高速7・国道6)で実施|場所はどこ?

2018年11月15日に国土交通省より発表された 「タイヤチェーンを取り付けていない車両通行止め」規制。11月15日~11月28日までの間、パブリックコメントの募集を行い、12月10日に同交通規制が実施される道路を発表しました。実施される道路情報と、規制についての概要、違反時の罰則や実施時期について掲載しています。


トヨタのカローラスポーツ新型 価格・試乗記・スペックほか

トヨタのカローラスポーツ新型 価格・試乗記・スペックほか

6月26日より発売されている、12年ぶりにハッチバックスタイルを復活させた、トヨタの新型車『カローラスポーツ』。本記事ではカローラスポーツの詳細情報をまとめています。価格・試乗記・スペックほか


【ロサンゼルスモーターショー2018】最後のビートルが登場!

【ロサンゼルスモーターショー2018】最後のビートルが登場!

ロサンゼルスモーターショー2018にて、最後のビートルとなる、ザ・ビートル ファイナルエディションが公開されました。長年にわたり、多くの人に愛されてきたビートル。最新情報をまとめています。