目次へ戻る

ランボルギーニ・ウルスが2018年発売予定!新型SUVの実力は?価格は?

ランボルギーニ・ウルスが2018年発売予定!新型SUVの実力は?価格は?

ランボルギーニ・ウルスが発売決定し、日本時間のAM2:00頃(イタリア現地時間で4日18時)に初公開となります!気になるランボルギーニの新型SUV、ウルスの実力はどんなものなのでしょうか。また、価格は一体?まとめてみました。【2018年5月18日更新】


ランボルギーニの新型SUV ウルス 2018年発売決定

ランボルギーニの最高責任者、ステファーノ・ドメニカリは、スーパーSUV「ウルス」の生産を2017年4月から開始すると発表しました。

初期ロットには、プロダクトモデルではなく、プロトタイプとして生産され、4リットルV型8気筒エンジン、及びハイブリッドモデルが搭載される予定だが、今回パワートレインの詳細は公開されませんでした。

ランボルギーニとしては、1986年の「LM002」以来のオフロードSUVで、ランボルギーニの名に恥じない、世界最速SUVを目指し発売されます。

ベースモデル発売後、ハイスペックモデルの登場も期待出来そうですね。

ランボルギーニ ウルス発表の時の動画がこちら

ランボルギーニ ウルス 気になる価格はずばり

ランボルギーニのクロスオーバーSUV、「ウルス」市販型プロトタイプが、ニュルブルクリンク・ノルトシェライフェで高速テストを開始しました!

これまでの写真から想像するに、コンセプトモデルに極めて似た形状のボンネットフード、ヘッドライト、テールライトが確認出来る他、より空力性能を高めたフロントスプリッターなどが装備されているようですね。

気になるランボルギーニ ウルスの価格は2,000万超か!?

CEOのステファノ・ドミニカ氏は、クロスオーバーSUV「ウルス」に関するスペックや価格について言及しました。

◆パワートレイン 4リットルV型8気筒ツインターボエンジン。最高出力650ps。

◆価格約US200,000ドル(約22,800,000円)

になることが判明!!
さすがランボルギーニ。2000万は超えると思いましたが、やはり簡単には手を出せない車ですね。

ランボルギーニは、2018年に1,000台、2019年には3,500台の生産台数を目標にしています。

これが実現した場合、この台数はイタリアのスーパーカーメーカーの半数に達します。

ワールドデビューは、2017年12月が有力で、2018年には、プラグインハイブリッドモデルの公開も期待されています。

関連する記事

2018年に2000万円を超える価格で発売が決定したランボルギーニの「ウルス」ですが、中国にて発売前にも関わらず、パクリ?と思われてしまう車が発表され話題を呼んでいました。詳細については下記からご覧下さい。

ランボルギーニのSUV、ほぼ完コピ!「Zotye」のパクリ根性がスゴイ…

http://matome.response.jp/articles/424

アウディのQ3、ポルシェのマカンなどをコピーし話題を呼んでいる中国の「Zotye」から、今度はランボルギーニのSUV、ウルスそっくりな車が発表されました。

万全の体制でランボルギーニ ウルスを生産準備中

ランボルギーニは、イタリアのサンタガタ・ボロニューエゼ本社工場を拡張し、新型SUV『ウルス』の生産に備えることを発表しました。

ウルスを生産する準備として、イタリア本社工場に塗装工場を新たに設置する計画。

2018年に市販される新型SUV、ウルスのボディを塗装するための工場となります。新しい塗装工場は2018年末に完成する予定です。

工場のスペックもすごい

塗装工場は、面積が1万平方メートル以上。フル生産に達するまでに、およそ200名の新規採用が行われ、3番目のランボルギーニモデルにより、合計およそ500名の雇用が創出される見通しです。

これは、発売日が楽しみですね。

【ウルス最新情報】走行モードがスゴイ!砂漠走行モードも搭載!?【12月1日更新】

ランボルギーニのウルス新型ですが、選べる6種類の走行モードを採用することを明らかにしています。

「STRADA」、「SPORT」、「CORSA」など、全6種類の走行モードのうちのひとつが「SABBIAモード」。

ちなみに、SABBIAは、砂漠走行モードなんです。他にもCORSAはサーキットでの走行モードだそう。

この走行モードは主に、ドライバーがモードスイッチを選択して、好みのモードに切り替えられるものになっています。ちなみに、SABBIAモードは中東の富裕層を想定したと見られています。

これは楽しい

いち早くウルスに乗りたい!そんなあなたに見てほしいウルスオススメ動画

ランボルギーニ公式にて公開されている、各走行モードの動画をまとめました。

公式から正式に名前の意味が出ていないものについては英語訳を書いています。

SABBIA(砂漠)モード

CORSA(サーキット走行)モード

NEVE(雪)モード

エキサイティング!興奮が止まりません!!

TERRA(大陸)モード

興奮冷めやらないですね。

雪道も陸も砂漠もサーキット走行などなど…どんな悪路だって問題ない!

そんな世界初のスーパーカーSUVウルス。続報にご期待ください!!!

【日本時間12/5 AM 2:00初公開!】ランボルギーニ・ウルス 内外装のティザーイメージも公開!

12月4日。ランボルギーニが公式サイトにて、ランボルギーニ・ウルスのティザーイメージを公開しました。

公開されたウルスの画像は、今までの車両にカモフラージュを施したプロトタイプではなく、市販モデルのティザーイメージとして公開されました。

内装、外装共にランボルギーニのSSUVであるウルスのディテールを公開しています。

イタリアの現地時間、12月4日の18時に初公開となるランボルギーニ・ウルス。

日本時間では12月5日AM2:00の公開となります。

ランボルギーニ公式サイトでは、ウルスの公開の様子をライブストリーミングにて配信するようなので気になる方は必見です!

ワールドプレミアのライブストリーミング配信に関しては、公式サイト、ランボルギーニFacebookアカウント、Youtube等で行われるようです。

下記リンクは公式サイトへのリンクとなっていますので、気になる方は是非ご覧下さい。

Lamborghini Urus | #sincewemadeitpossible

https://sincewemadeitpossible.com/ja

ランボルギーニの歴史とは、数々の名高い挑戦の歴史だ。12月4日、世界初スーパー・スポーツ・ユーティリティ・ビークル、ウルスが満を持して登場する #sincewemadeitpossible

【5月18日更新】ウルス海外試乗レビュー

まずは、一周4.1kmのサーキットへ。SUVとはいえ、モダン・ランボルギーニの要点はスタイルとダイナミック性能にある。デザインの判断は皆さんにお任せるとして、気になるのはやはりその走りだ。

勢いよくコースへと飛び出た瞬間、クルマの軽さを実感した。ハンドルを左右に振った際の、ノーズの動きがとてもピュアで、車体の大きさをまったくと言っていいほど感じさせない。動きも敏しょうだ。右アシの裏には常に力強さがみなぎっていて、踏むたびに腰のあたりが軽くなる感覚がある。

ベンテイガを砂漠や氷上で試したときもそうだったが、トラクション制御のすさまじさには驚くほかない。強大なトルクを、自信をもって存分に使っていける。左右輪のあいだでデカップリング可能なアクティブアンチロールバーの恩恵で、凸凹が続いても、またもやフラットライドを保とうとするから、視線は常に安定し、道が荒れていても運転しやすいのだ。

SUVにしては、サーキットをよくこなし、とてつもなく速かった。優秀な制御のおかげで、サーキットでのドライブフィールはかなり洗練された部類だ。そのためか、スリルに満ちたドライブとは言えなかったのも事実だ。冷静に、汗ひとつかかずに、攻め込めた。その良し悪しは、判断の分かれるところ。否、ウルスは、刺激的なスーパースポーツではない。SUVなのだから、それで当たり前という、ランボにとっては新しい世界観を示したということかもしれない。

関連する投稿


ケーニグセグ、生産終了した「アゲーラRS」後継機種を2019年発表か

ケーニグセグ、生産終了した「アゲーラRS」後継機種を2019年発表か

ケーニグセグが2018年4月に生産終了した「アゲーラRS」の後継機種を発表する予定であることが分かりました。現時点で公式に発表されている情報についてご紹介します。


【初心者向け】ランボルギーニ現行車種まとめ ざっくり特徴から豆知識【2018年版】

【初心者向け】ランボルギーニ現行車種まとめ ざっくり特徴から豆知識【2018年版】

ランボルギーニを街中で見かけると、なんか今日ラッキー。なんて気がします。車好きでなくても「よくわからんけどすごい車だよね」くらいは知っているこの車。本記事では、そんなランボルギーニの現行車種を初心者向けにざっくりとご紹介!今日から使える豆知識も!ランボルギーニ初心者の方必見です!(2018年6月現在)


究極のスーパーカー マクラーレンセナ発表!しかしすでに完売!?

究極のスーパーカー マクラーレンセナ発表!しかしすでに完売!?

5月22日、マクラーレンの最高峰モデル・マクラーレンセナが日本初披露されました。「セナは公道も走れるレーシングカー。しかも究極の存在である」と同車のエンジニアリングデザインディレクターを務めたダン・パリー・ウィリアムズ氏はそう語っています。ちなみに、限定500台のセナはすでに完売とのことです。


【残念】ケーニグセグの超高性能スーパーカー アゲーラRSが生産終了!

【残念】ケーニグセグの超高性能スーパーカー アゲーラRSが生産終了!

スウェーデンのケーニグセグ(Koenigsegg)社は4月4日、『アゲーラRS』の生産を終了した、と発表しました。アゲーラRSとはどんなスーパーカーだったのでしょうか。


スーパーカーも完全自動運転の時代!?リマックのEVハイパーカーとは

スーパーカーも完全自動運転の時代!?リマックのEVハイパーカーとは

エヌビディア(NVIDIA)は、クロアチアのリマック・アウトモビリ社がジュネーブモーターショー2018で初公開した新型EVハイパーカー、リマック『C_Two』に、エヌビディアのレベル4の自動運転システムが採用されたと発表しました。スーパーカーも完全自動運転の時代!?なのでしょうか。


最新の投稿


画像撮影で一発査定の「DMM AUTO」が開始!iOS/Android対応!

画像撮影で一発査定の「DMM AUTO」が開始!iOS/Android対応!

DMMが6月5日に車査定アプリ、「DMM AUTO」をiOS版にて、7月20日にAndoroid版をダウンロードしました。本記事ではたった3枚の写真と質問項目に答えるだけで、すぐにマイカーの査定が完了する「DMM AUTO」についてご紹介します。


BMW M235iクーペ スペック  車種情報 試乗評価 中古価格は?

BMW M235iクーペ スペック 車種情報 試乗評価 中古価格は?

あなたはBMW M235iを知っていますか。1シリーズクーペの後継車種として、2013年にドイツで販売が開始され、2016年にM240iがデビューするまで生産された(日本では2014年より発売)、BMWの2ドアスポーツクーペです。M235iはその高性能モデルになります。本記事では改めてM235iについて見ていきます。


スマホ画面を投影できるHUD「ハドウェイキャスト」日本上陸PJ開始!特別価格での購入も

スマホ画面を投影できるHUD「ハドウェイキャスト」日本上陸PJ開始!特別価格での購入も

運転手の視線の先にナビを表示することができるヘッドアップディスプレイ(HUD)は最近注目されている機能です。海外のKickstarterで人気を集めた後付け「HUDWAY CAST」の日本上陸に向けたクラウドファンディングプロジェクトが、7月13日(金)より開始されました。詳しくご紹介します。


日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格 スペック最新情報

日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格 スペック最新情報

日産の人気ミニバン新型セレナの、高性能バージョンであるセレナNISMO(ニスモ)が11月21日より発売開始中です。セレナNISMO(ニスモ)は昨年発売されたセレナのカスタムモデル。日産のスポーツ部門である「NISMO」が開発したコンプリートカーになります。18年にはフルハイブリッドモデルセレナe-powerも発売です!


ホンダ 新型プラグインハイブリッド クラリティPHEV登場

ホンダ 新型プラグインハイブリッド クラリティPHEV登場

7月20日より、ホンダの新型プラグインハイブリッド・クラリティPHEVが登場します。価格は約580万円ほど。クラリティPHEV新型はいったいどんな車になっているのか?気になる情報をお届けいたします。