トップへ戻る

フェラーリ初のSUV「プロサングエ」発表! フェラーリだけじゃない超高級SUVを紹介

フェラーリ初のSUV「プロサングエ」発表! フェラーリだけじゃない超高級SUVを紹介

2022年9月13日、フェラーリは同社初となる4ドア車でSUVの「プロサングエ」を発表しました。今まで2ドアクーペのスーパーカーしか販売してこなかったフェラーリですが、ついにSUVをリリース。近年では他にも今までSUVを販売してこなかった高級車メーカーがSUVを投入しています。この記事ではプロサングエを含めた各メーカーの高級SUVを紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ついにフェラーリまでSUV!出揃ってきた超高級SUV

《画像提供:Response》フェラーリ・プロサングエ

イタリアの高級自動車メーカー「フェラーリ」は2022年9月13日、同社初となるSUV「プロサングエ」を世界初公開しました。

フェラーリはこれまで2ドアのクーペ…中でもスーパーカーと呼ばれるようなワイド&ローなスタイリングを持つ高額なクルマを製造・販売してきました。

そんなスーパーカーメーカーとも呼ぶべきフェラーリも、世界的なSUVブームに乗ってついにSUVを投入してきたのです。

近年では、プロサングエの発表以前にも、今までSUVを作ってこなかったようなメーカーが、SUVを製造・販売しています。

今回はその中から、プロサングエと同じ「超高級SUV」を紹介します。

再注目の超高級SUVをピックアップ!

フェラーリ プロサングエ

《画像提供:Response》フェラーリ・プロサングエ

フェラーリ初のSUV!実はメーカーはSUVと認めてない?

まずは発表されたばかりのプロサングエを紹介します。

実は、プロサングエはフェラーリ初の4ドア4人乗りのクルマながらも、「現代のGTの原型(いわゆるクロスオーバーやSUVなど)とはまったく異なるレイアウトと革新的なプロポーションを採用したクルマ」です。

フェラーリはこのプロサングエが「SUV」と明言していませんが、そのコンパクトSUVほどある全高と高い最低地上高がSUVを感じさせます。

ボディサイズは全長4,973mm×全幅2,028mm×全高1,589mmで、ホイールベース3,018mm。エンジンはフロントミッドシップに配置される、6.5リッターV型12気筒ガソリンエンジンが搭載されます。

これに8速DCTが組み合わされ、最高出力725ps、最大トルク73kgmを発揮。0~100km/h加速3.3秒、0~200km/h加速10.6秒、最高速310km/h以上の性能を誇ります。

新設計のシャシーは、カーボンファイバー製のルーフを採用し、軽量化と低重心化が図られています。

まさかの観音開き!価格は5,000万円超え

《画像提供:Response》フェラーリ・プロサングエ

後部ドアには「ウェルカムドア」というロールスロイス カリナンと同様の逆ヒンジドアを採用。シートには、フェラーリ史上初めて、個々に調節可能な独立した4つのシートを装備しています。

エレガントなラウンジのような車内には、「SF90ストラダーレ」からインスピレーションを受けたという運転席と助手席がほぼ同じデザインになるように設計されています。また、助手席側には運転に必要な情報を表示する10.2インチのディスプレイを配置しています。

トランク容量は、473リットルと多くの荷物を積載可能です。

プロサングエの価格は39万ユーロ(約5,400万円)と公表されており、デリバリーの開始は来年2023年の第2四半期を予定しているとのことです。

フェラーリ史上初、4ドア4シーター『プロサングエ』誕生…0~100km/h加速3.3秒 | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2022/09/15/361790.html

◆6.5リットルV12エンジンは最大出力725ps ◆後部ドアは逆ヒンジの「ウェルカムドア」に ◆フロントグリルを持たない新デザイン

ロールスロイス カリナン

《画像提供:Response》ロールスロイス・カリナン

英国の最上級SUV! 4,000万円超えの超高級車

イギリスの高級自動車メーカー「ロールスロイス」が製造・販売するSUVが「カリナン」です。

その名前の由来は、英国王室が有する世界最大のダイヤモンド原石の名前。2018年に同社初のSUVとして発表されました。
ボディサイズは、全長5,340×全幅2,000×全幅1,835mmと巨大。ホイールベース3,295mmです。

エンジンには6.75リットルのV型12気筒ガソリンツインターボエンジンを採用し、これにZF製8速ATが組み合わされ、最高出力571ps、最大トルクは86.7kgmを発揮します。

サスペンションには、自動レベリング式エアサスペンションを採用。これにより、他のロールスロイスのクルマと同様「魔法の絨毯」のような快適な乗り心地をオンロード・オフロードの両方で実現しています。

4人乗りのVIP仕様もあり! 車高を下げて乗員をお出迎え

《画像提供:Response》ロールスロイス・カリナン

インテリアは贅を尽くされた豪華な仕上がりで、後席はセパレートタイプの4人乗り、もしくはベンチシートの5人乗りを選択可能。4人乗りでは荷室との区切りとしてガラス製パーテーションが備わります。

ドアハンドルに触れる、もしくは鍵を開けると、自動で車高が40mm下がり乗降がしやすくなったり、ボタンを押すと自動でドアが閉まったりなど、乗員にとって快適な装備が満載です。

トランク容量は、560リットルあります。

販売当初の価格は3,800万円でしたが、現在では4,000万を超える金額で販売されています。中古価格は4,380万円からとなります。

(中古価格 出典:グーネット 2022年9月調査時点)

爆誕!ロールスロイス初SUV その名はカリナン!最新情報 | カーナリズム

https://matome.response.jp/articles/1629

ロールス・ロイスモーターカーズは5月10日、同社として初のSUV『カリナン』を発表しました。ロールスロイスの手掛けるSUVはいったいどんなSUVに仕上がっているのでしょうか。気になる最新情報をお届けいたします!!

ベントレー ベンテイガ

《画像提供:Response》ベントレー ベンテイガ

唯一無二のW12エンジン、世界最速、最強を目指したクルマ

ロールスロイスと同じくイギリスの高級自動車メーカー「ベントレー」が製造・販売するSUVが「ベンテイガ」です。

ベントレーはそれまで、セダンやクーペのみを販売してきましたが、「世界最速、最強、最もラグジュアリーかつエクスクルーシブなSUV」を開発コンセプトに、2015年にベンテイガを発表しました。

ボディサイズは全長5,141mm×全幅1,998mm×全高1,742mm。車重は2,422kgです。

エンジンは6.0リットルW型12気筒ツインターボエンジンを採用し、これに8速ATが組み合わされ、最大出力608ps、最大トルク91.8kgmを発揮します。動力性能は、0~100km/h加速が4.1秒、最高速が301km/hと当時のSUVとしては世界屈指のパフォーマンスを誇りました。

さまざまなモードセレクトに、精密なシート調整

《画像提供:Response》ベントレー ベンテイガ 新型 V8モデル

オプションで、センターコンソール上にあるスイッチを操作すると、車高や減衰力、ロール制御、スタビリティ&トラクションコントロール、エンジン、トランスミッションなどの設定を、オンロード用で4段階、オフロード用でも同じく4段階に変化させることができる「ベントレー・ダイナミック・ライド」を選択可能です。

インテリアは洗練された豪華な装いで、後席シートは「カリナン」と同様セパレートタイプの4人乗りとベンチシートタイプの5人乗りが選択可能。フロントシートは16ウェイもしくは22ウェイに調整が可能で、4人乗りタイプを選べば後席も18ウェイの調整が可能です。

発売当時の価格は2,695万円で、現在は2,340万円から3,410万円。中古価格は1,490万円からです。

(中古価格 出典:グーネット 2022年9月調査時点)

イギリスの高級SUV ベントレー ベンテイガ | カーナリズム

https://matome.response.jp/articles/4502

イギリスの高級車メーカーとなるベントレーから販売されているSUV「ベンテイガ」。今回は、そんなベンテイガの新車価格・中古車価格・内装など気になる情報をご紹介します。

ランボルギーニ ウルス

《画像提供:Response》ランボルギーニ・ウルス

ランボルギーニがSUVを作るのは「ウルス」が初めてじゃない?

イタリアの高級自動車メーカー「ランボルギーニ」が製造・販売するSUVが「ウルス」です。

ランボルギーニといえば、全高の低い2ドアクーペの「スーパーカー」をイメージするかもしれませんが、フェラーリと違いその歴史の中で、「LM002」といった本格オフローダーやコンセプトカーとはなりますが、4ドアセダンの「エストーケ」を誕生させており、ウルスは初の4ドアでもSUVでもありません。

その外観はどこから見てもランボルギーニとわかる精悍なデザイン。ボディサイズは全長5,112mm×全幅2,016mm×全高1,638mmで、ホイールベースは3,003mmです。

最高時速は305km/h! まるで戦闘機のような内装

《画像提供:Response》ランボルギーニ ウルス

エンジンには最高出力560馬力を発揮する4リッターV型8気筒ツインターボエンジンを採用。これに8速ATが組み合わされ、0~100km/h加速は3.6秒、0~200km/h加速は12.8秒、最高速度は305km/hを発揮します。

インテリアは、航空機のスロットルレバーのようなシフトやモードセレクターなど、メカメカしい戦闘機のようなデザイン。走行モードはストラーダ(ノーマル)、スポーツ、コルサ(サーキット)、テッラ(グラベル)、ネーヴェ(スノー)、サッビア(デザート)の6モードからセレクト可能で、あらゆるシチュエーションに対応しています。

発売当初の価格は2,574万円、3,000万円を超える金額で販売されています。中古車価格は3,250万円から。

(中古車価格 出典:グーネット 2022年9月調査時点)

ランボルギーニ・ ウルスの性能・外装・内装・価格 | カーナリズム

https://matome.response.jp/articles/4514

世界的に有名なランボルギーニ。本記事では、ランボルギーニのSUV「ランボルギーニ・ ウルス」について詳しくご紹介します。

アストンマーチン DBX

《画像提供:Response》アストンマーティン DBX

アストンマーチンの4ドアモデルは初めてじゃない

イギリスの高級自動車メーカー「アストンマーチン」が製造・販売するSUVが「DBX」です。

アストンマーチンもランボルギーニ同様、スーパーカーのみを生産していたという訳ではなく、「ラピード」など4ドアのモデルも販売してきましたが、SUVは2019年に発表されたDBXが初となります。

エクステリアはアストンマーチン特有のDBグリルを採用するなど、ひと目でアストンマーチンとわかるエレガントな仕上がりになっています。

ボディサイズは全長5,039mm×全幅1,998mm×全高1,680mmで、ホイールベースは3,060mm。最大アプローチアングルは26度、最大デパーチャーアングルは27度、水深500mmまで走行可能なことを確認しているなど、本格的なSUV性能を持ち合わせています。

パワフルなエンジンに、開放感あふれる豪華な内装

《画像提供:Response》アストンマーティン DBX

エンジンには最高出力550馬力、最大トルク約71.3kgを発揮する4リッターV型8気筒ツインターボエンジンを搭載。これに9速ATが組み合わされ、DBXは0~100km/h加速を4.5秒、最高速は291km/hに達します。

サスペンションには、48V電動アンチロール・コントロール・システムやエレクトロニック・アダプティブ・ダンパーを組み合わせた「アダプティブ・トリプルチャンバー・エアサスペンション」を採用。車高を45mm上昇、50mm下降させることが可能です。

インテリアは、クラス最高のスペースと吟味された素材によるラグジュアリーな仕上がりになっています。ルーフには、大きな開口部を備えたパノラマガラスルーフを採用し、ワイドなサイドウィンドウと相まって開放的な車内を演出しています。

発売当初の価格は2,299万5,000円、現在の販売価格は2,500万円。中古価格は2,420万円からです。

(中古車価格 出典:グーネット 2022年9月調査時点)

止まらないSUV市場への参戦!EV車も登場

《画像提供:Response》ロータス・エレトレ

超高級車メーカー以外にも、今までSUVを販売して来なかったメーカーが近年続々とSUV市場へ参戦しています。

例えば、イギリスのスポーツカーメーカーである「ロータス」も2022年3月に「エレトレ」を発表しており、このクルマは電動SUVとなります。

一方でイギリスの高級自動車メーカー「マクラーレン」も2017年には「SUVはやらない」と発言していたものの、近年SUVの発売が一部メディアで噂されています。

自動車メーカーは「SUVなしではやっていけないのかもしれない」とさえ思える現在の自動車業界ですが、今後このままSUV至上主義路線が維持されるのか、注目です。

関連する投稿


【2022年最新版】アウディの現行SUV一覧

【2022年最新版】アウディの現行SUV一覧

輸入車の定番と言われるメルセデスやBMWほどには敷居が高くなく、しかし品質イメージはドイツ車であることを主張してくるアウディ。そのアウディから販売されているSUVは7車種もあり、アウディでSUVを購入したいという方は迷ってしまうことでしょう。こちらでは、それぞれのスペックを紹介しています。ぜひ、参考にしてみてください。


値落ちが激しい!お得感のあるコンパクトカーおすすめ中古車5選

値落ちが激しい!お得感のあるコンパクトカーおすすめ中古車5選

これから初めて自動車を購入される方の中には、どのような車種を購入するべきか分からずに迷ってしまう人が少なくありません。また、なるべく安価で中古車購入したいと考える方もいるでしょう。そのような方におすすめなのが「コンパクトカー」です。ここでは中古車価格や実用性、楽しさ、デザインなどさまざまな面で魅力の溢れるコンパクトカーの中から、とくに注目したいモデル5車種を紹介します。


大人気カローラ クロスのグレード別価格、内装、納期、口コミまで徹底解説!

大人気カローラ クロスのグレード別価格、内装、納期、口コミまで徹底解説!

トヨタのカローラシリーズは、1966年に販売が開始され、発売から56年以上経った今でも、幅広い世代から注目されている車種のひとつです。そのカローラシリーズに新型SUVのカローラ クロスが加わりました。カローラ クロスは、注文を受けてから工場を出荷するまで半年以上もかかると言われているほど大人気に。ここでは今話題のカローラ クロスのグレードとそれぞれの価格、内装や納期、そしてカローラ クロスの気になる口コミまで解説します。


マセラティ新型コンパクトSUV!グレカーレのグレードと価格、スペック、内装、納期を徹底解説

マセラティ新型コンパクトSUV!グレカーレのグレードと価格、スペック、内装、納期を徹底解説

2020年9月に発表され続報が待たれていた「レヴァンテ」に続くマセラティ第2のSUV「グレカーレ」についてまとめました。そのスペック、価格、内装、納期などを徹底解説します。


【2022年最新】レクサス最新SUVラインアップまとめ!新型NXや新型RXも!詳細予測

【2022年最新】レクサス最新SUVラインアップまとめ!新型NXや新型RXも!詳細予測

世界的に需要の高い状態が続いているSUVジャンル。国産車の中でもズバ抜けた高級感と走行性能で高いステータス性を誇る高級車ブランド「レクサス」でも、バリエーション豊富にSUVをラインアップしています。これからさらに盛り上がること間違いなしの、レクサスの最新SUV情報をまとめてみました。


最新の投稿


【2022年最新版】アウディの現行SUV一覧

【2022年最新版】アウディの現行SUV一覧

輸入車の定番と言われるメルセデスやBMWほどには敷居が高くなく、しかし品質イメージはドイツ車であることを主張してくるアウディ。そのアウディから販売されているSUVは7車種もあり、アウディでSUVを購入したいという方は迷ってしまうことでしょう。こちらでは、それぞれのスペックを紹介しています。ぜひ、参考にしてみてください。


車の個人売買ってどうやるの?やり方や流れ、トラブルを避けるポイントを解説

車の個人売買ってどうやるの?やり方や流れ、トラブルを避けるポイントを解説

車の購入を考えている方の中には、車を安く買う方法として「個人売買」に興味を持っている方が多いのではないでしょうか。普通に買うより安く買えるらしいけれど、いつもの買い方とどう違うのか、どんなトラブルやリスクがあるのか、どんな流れで自分の車になるのか、など分からない事や不安がたくさんあってなかなか踏み切れない方もいると思います。この記事では、実際に個人売買で車を購入・売却した実体験も踏まえて、個人売買の具体的な手順やメリット・デメリット、注意点などを紹介します。


自動車の衝突事故を検出する新機能がiPhone 14シリーズ全モデルに搭載!

自動車の衝突事故を検出する新機能がiPhone 14シリーズ全モデルに搭載!

2022年9月に発売されたiPhone 14シリーズ全モデルには、自動車の重大な衝突事故を検出して、緊急通報サービスに自動で連絡してくれる新機能の「衝突事故検出」機能を搭載。今回は「衝突事故検出」機能の検出する仕組みや特徴、なぜ自動車事故の想定した機能を搭載したのかを解説していきます。


スバル ソルテラのスペック、価格、内外装、補助金、bZ4Xとの違いまで徹底解説!

スバル ソルテラのスペック、価格、内外装、補助金、bZ4Xとの違いまで徹底解説!

スバルのソルテラは、スバル社では初となる新型EVクロスオーバーSUVです。2022年5月12日に発売開始されましたが、トヨタ自動車とBEV(バッテリー式電気自動車)を共同開発したことから注目が集まっています。ここでは、発売されてまだ間もないソルテラについて、スペックと価格、納期ついてまとめて解説します。


ランクル超え!米国トヨタ フルサイズSUV「セコイア」2022年晩夏発売!

ランクル超え!米国トヨタ フルサイズSUV「セコイア」2022年晩夏発売!

大型SUVセグメントとして人気の高いトヨタのセコイア2023年モデルが、2022年夏に、米国トヨタで発売が決まりました。日本での正規販売は予定されていませんが、走行性能の高さにハイクオリティな安全装備が搭載されるので、逆輸入ユーザーが続出するのではないかと期待があります。今回の記事ではフルサイズSUV「セコイア」について、装備やグレードなどをさまざまな観点から紹介します。