目次へ戻る

プジョー 新型5008のスペック、燃費、価格は?

プジョー 新型5008のスペック、燃費、価格は?

プジョー 5008はフランスの自動車メーカー、プジョーの7人乗りSUVです。2代目としてモデルチェンジをしたプジョー 5008についての新車・中古車価格、スペック、燃費等についての情報をまとめて記載しています。


プジョー 5008の概要

プジョー 5008は2009年に欧州で発売され、2013年2月に日本でも発売されていた車種です。

2017年9月にフルモデルチェンジし、2代目モデルとして【NEW 5008 Allure】とディーゼルエンジンの【NEW 5008 GT BlueHDi】が発売されました。

初代モデルのボディタイプはミニバンでしたが、フルモデルチェンジ後は単純に大きくなっただけでなく、性能、エクステリアともに本格SUVとして生まれ変わりました。

高級感のあるエクステリアとともにインテリアは「i-Cockpit」という高い操作性を備えた先進技術と欧州車らしい美しいデザインになっています。燃費率も向上しており、今回はディーゼルエンジンのNEW 5008 GT BlueHDiも発売され環境にも配慮されたモデルとなっています。安全性能はプジョーの最新技術を搭載しており、ドライバーや歩行者の安全をサポートしています。

プジョー 新型5008の基本スペック一覧

プジョー 5008のスペックを下記にまとめました。

展開されているグレードは、1.6リットルターボガソリンのNEW 5008 Allureと180ps2.0リットルディーゼルのNEW 5008 GT BlueHDiの2種類。それぞれのスペックは以下の通りです。

 
【NEW 5008 Allure】 スペック表
駆動方式前輪駆動
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4640×1840×1650(ホイールベース:2,840mm)
室内寸法(長さ×幅×高さ)不明
車両重量1,550kg
最大乗車定員7名
燃費JC08モード:13.6km/L
エンジン種類ターボチャージャー付直列4気筒DOHC
トランスミッション6速オートマチック
総排気量1,598 cc
最高出力[kW/rpm]121(165ps)/6,000
最大トルク[Nm/rpm]240/1,400−3,500
燃料タンク容量56L
 
【NEW 5008 GT BlueHDi】 スペック表
駆動方式前輪駆動
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4640×1840×1650(ホイールベース:2,840mm)
室内寸法(長さ×幅×高さ)不明
車両重量1,690kg
最大乗車定員7名
燃費JC08モード:17.3km/L
エンジン種類ターボチャージャー付直列4気筒DOHC(ディーゼル)
トランスミッション6速オートマチック
総排気量1,997 cc
最高出力[kW/rpm]121(165ps)/6,000
最大トルク[Nm/rpm]240/1,400−3,500
燃料タンク容量56L

プジョー 新型5008の燃費は?

プジョー 5008の燃費はNEW SUV 5008がJC08モード走行燃費率km / L:13.6。NEW SUV 5008 GT BlueHDiはJC08モード走行燃費率km / L:17.3とかなりの高い燃費率となっています。このサイズのSUVでこちらの燃費率は驚きです。

実燃費はまだ不明ですが、参考までに2013年に発売されたモデルはJC08モード走行燃費率km / L:11.7、実燃費がkm / L:8.32となっているようです。以前のモデル発売から約5年しか経過していないのですが燃費性能がとても向上しています。

プジョー 新型5008のエクステリアは?

エクステリアは、SUVながらエレガントなデザインとなっています。フロントは力強い印象で、大型グリル、プロテクター、アンダーガードなどSUVの機能プラス存在感のあるフロントになっています。サイドはリアに伸びていくメッキが高級感を演出しています。リアはスクエアなデザインで大きなハンズフリーのテールゲートが積載量の大きさを感じさせます。

カラーはハリケーングレー、アマゾナイトグレー、ペルラネラブラック、エメラルドクリスタル、エジプシャン ブルー、パールホワイト、またNEW SUV 5008のみパイライト ベージュが選べます。それぞれ、ブラックとメッキパーツとのバランスや相性が良いカラーリングで高級感を演出させています。(ハリケーングレー以外のカラーはオプションとなっています。)

プジョー 新型5008のインテリアは?

インテリアは、「i-Cockpit」を採用しています。プジョーの先進的な技術で人間工学に基づいてステアリングやメーター、タッチスクリーンなどドライバーが直感的に操作できるような機能的なデザインになっています。

また、前のモデルの課題であった3列目広さが改善されています。


3列目でもゆったりとした広さが確保されています。また、2列目のシートはそれぞれ独立しており、リクライニングも出来るようになりました。3列目シートの取り外しが可能になっており、荷物の積載量も最大1862リットルまで用途やライフスタイルに合わせて使用することができます。
また38リットルの床下収納もついているので、大人数でアクティブな場所やキャンプに行くときなどはとても重宝するでしょう。

プジョー 5008の安全装備について

プジョー 5008には、アクティブセーフティブレーキ、アクティブクルーズコントロール、レーンキープアシスト、インテリジェントハイビームが標準装備されています。


また、5008 GT BlueHDiにはアドバンストグリップコントロールが搭載されています。スノー、サンド、マッドなど5つのモードをに切り替えが可能で様々な路面状況で最適なトラクション制御が行えます。さらに急斜面の下り坂でも安全に走行できるヒルディセントコントロールも搭載されています。

プジョー 5008の新車価格は?

グレード毎の新車価格は以下の通りです。


◆新車本体価格(税込価格)
【5008 Allure】
4,040,000円
【5008 GT BlueHDi】
4,540,000円

こちらの基本価格に、ボディカラー、ガラスルーフ、専用ナビ+ETCユニット、フロアマット、メンテナンスプログラム、延長保証のプランのオプションを選択することができます。

パノラミックサンルーフは150,000円のオプション費用となっています。

プジョー 5008の中古車価格は?

中古車価格ですが、現行モデルは2017年の9月に発売されたばかりなので中古はほとんど市場にないでしょう。以前のモデルは2013年からの発売だったのでそれほど古く状態の悪い車両はありませんが、7人乗りSUVではなくミニバンとなるのでご注意下さい。価格は100万円台からあるようです。

プジョー 5008 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/PE/S040/

プジョー 5008の中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

まとめ

プジョー 5008をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?フルモデルチェンジをし、エクステリア、インテリア、性能とまるで高級SUVのような車種に生まれ変わりました。

仕様やオプションで幅広く活躍できる7人乗りSUV。これから人気がでそうなプジョー 新型5008。気になる方はお近くのディーラー、販売店に足を運んでみては如何でしょうか。

関連するキーワード


プジョー 5008

関連する投稿


【最新版】2019年以降発売が予測されるプジョーの新型車&モデルチェンジ情報

【最新版】2019年以降発売が予測されるプジョーの新型車&モデルチェンジ情報

2019年以降に発売が予測・期待されているプジョーの新型車&新車&モデルチェンジ情報をまとめています。あなたの気になる車はあるでしょうか。プジョーが好きな方、必見です!


プジョー・シトロエン DS7クロスバック発売!DS初のSUV!PHEVも

プジョー・シトロエン DS7クロスバック発売!DS初のSUV!PHEVも

プジョー・シトロエン・ジャポンは、DSオートモビルズのフラッグシップかつ初のSUVとなる『DS7クロスバック』を7月17日より発売しました。2019年にはPHEVも搭載予定となるDS7クロスバック。最新情報をお届けいたします。


プジョーの主力LCV 新型パートナー発表!

プジョーの主力LCV 新型パートナー発表!

プジョーは6月26日、新型『パートナー』を発表しました。 この、パートナーですが、プジョーの主力LCV(小型商用車)です。現行パートナーは2008年にデビュー。およそ10年ぶりのモデルチェンジを受けて、3世代目となる新型パートナーが登場しました。パートナー新型に関する最新情報をお届けいたします。


プジョー最小SUV1008 最新情報!登場は2020年か?

プジョー最小SUV1008 最新情報!登場は2020年か?

プジョーのクロスオーバーSUVのラインアップに新しく登場すると見られている1008。この1008のレンタリングCGを入手しました。それによれば1008は2008、3008、5008に次ぐ第4のSUVになり、兄弟車の中では最小のモデルになるとのことです。最新情報をお届けいたします。


プジョー2008次期型大予想!人気コンパクトSUV新型はどうなる?

プジョー2008次期型大予想!人気コンパクトSUV新型はどうなる?

プジョーのコンパクト・クロスオーバーSUV『2008』次期型の最新スクープ情報をもとにした、予想レンダリングCGを入手しました。欧州コンパクトクラスSUVで、売上トップを争うまで成長したPSAを代表するプジョーの2008。2019年もさらなる進化を見せてくれそうです。


最新の投稿


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【12月11日更新】


【まさか復活!?それとも】マツダがMX-6を商標登録 MX-6とは

【まさか復活!?それとも】マツダがMX-6を商標登録 MX-6とは

マツダが『MX-6』の名前を商標登録していたことが判明しました。これは、日本の特許庁の公式サイトから明らかになったものです。このMX-6とは、過去にマツダが発売していたクーぺ。これはいったい…?


大雪時のタイヤチェーン装着義務 13区間(高速7・国道6)で実施|場所はどこ?

大雪時のタイヤチェーン装着義務 13区間(高速7・国道6)で実施|場所はどこ?

2018年11月15日に国土交通省より発表された 「タイヤチェーンを取り付けていない車両通行止め」規制。11月15日~11月28日までの間、パブリックコメントの募集を行い、12月10日に同交通規制が実施される道路を発表しました。実施される道路情報と、規制についての概要、違反時の罰則や実施時期について掲載しています。


トヨタのカローラスポーツ新型 価格・試乗記・スペックほか

トヨタのカローラスポーツ新型 価格・試乗記・スペックほか

6月26日より発売されている、12年ぶりにハッチバックスタイルを復活させた、トヨタの新型車『カローラスポーツ』。本記事ではカローラスポーツの詳細情報をまとめています。価格・試乗記・スペックほか


【ロサンゼルスモーターショー2018】最後のビートルが登場!

【ロサンゼルスモーターショー2018】最後のビートルが登場!

ロサンゼルスモーターショー2018にて、最後のビートルとなる、ザ・ビートル ファイナルエディションが公開されました。長年にわたり、多くの人に愛されてきたビートル。最新情報をまとめています。