目次へ戻る

【最強620馬力】出た!BMW 新型M5 史上初の4WDとは?

【最強620馬力】出た!BMW 新型M5 史上初の4WDとは?

ドイツのBMWは8月21日、新型『M5』を発表しました。このM5とは、BMWのミドルサルーン『5シリーズ』のハイスペックモデル。ワールドプレミアは9月のフランクフルトモーターショーと予測されています。今回は期待大の新型M5について、公開されている情報をまとめました。


2017年8月21日、BMW 新型M5が発表!!史上初の4WD

ドイツのBMWは8月21日に、新型『M5』を発表しました。

M5は、BMWの中でもスポーティーなセダン。そして今回発表された新型M5は、6世代目モデルです。

新型M5は、新型『5シリーズセダン』をベースに開発されました。

特に、注目されているのが、歴代M5として初めて、駆動方式を4WD化したこと。

新型『メルセデスAMG E63S 4MATIC+』やアウディ『RS6』などのライバルと同じく、ハイパワーを効率よく路面に伝達するための選択となっています。

新型M5のライバル!「メルセデスAMG E63S 4MATIC+」「アウディ『RS6』」

AMG E63S 4MATIC+

メルセデス・ベンツ日本は5月31日、新型Eクラスのトップパフォーマンスモデル『AMG E63S 4MATIC+』を発売した。価格は1774万円。ベンツ日本の上野金太郎社長は同日都内で開いた発表会で「0→100km/h加速がわずか3.4秒と、歴代Eクラスで最速のモデル」と述べた。

RS6プラススポーツ

RS6は『A6』をベースに、アウディの子会社のクワトロGmbH社が開発した高性能モデル。ワゴンボディのアバントが、2007年9月のフランクフルトモーターショーで先行デビュー。セダンは2008年8月のモスクワモーターショーで、ワールドプレミアを飾った。

直噴5.0リットルV10エンジンにはツインターボが追加され、最大出力580ps/6250 - 6700rpm、最大トルク66.3kgm/1500 - 6250rpmを発生。フルタイム4WDの「クワトロ」と組み合わせられ、0-100km/h加速4.5秒、最高速303km/hというスーパーカー並みのパフォーマンスを発揮する。

BMW 新型M5 スペック公開

BMW 新型M5 パワートレイン

パワートレインは、最新世代の4.4リットルV型8気筒ガソリンツインターボ。

現行型よりも高回転志向となっており、新開発のターボチャージャーなどにより、パワーとトルクが引き上げられました。

最大出力は600hp/5600~6700rpm、最大トルクは76.5kgm/1800~5600rpmです。

BMW 新型M5 トランスミッション


トランスミッションは8速の「Mステップトロニック」。

駆動方式は、先代の2WD(FR)から、4WDの「M xDrive」に変更。

通常状態では、FRを基本にしながら、路面状況や走行状態に応じて、4WDに変化。

このM xDriveはDSCをオフにした場合、走行モードは4WD、4WDスポーツ、2WDの3種類が選択可能。

後輪には、アクティブMディファレンシャルが組み込まれています。

BMW 新型M5 動力性能

新型M5の動力性能は、0~100km/h加速が3.4秒、最高速が250km/h(リミッター作動)。

オプションのMドライバーパッケージでは、リミッターが解除され、最高速は305km/hに到達します。

早くもゲームデビュー!?

エレクトロニック・アーツとBMWグループは8月22日、11月に発売予定の「Need for Speed Payback」において、新型BMW『M5』がゲームデビューすると発表した。

Need for Speed Paybackは、人気レースゲームシリーズ、「Need for Speed」(ニード・フォー・スピード=NFS)の最新作。前作の「Need for Speed Edge」から1年、さらにパワーアップしたNeed for Speed Paybackが登場する。

Need for Speed Paybackは11月10日、全世界で発売される予定です。

元記事はこちらから

新しくなったBMWのM5。

9月に行われるワールドプレミアに更なる期待ですね。

BMW に関するオススメの記事

【BMWのスピーカー交換】価格帯別 & 絶対おすすめのブランドは…?

http://matome.response.jp/articles/928

BMWのスピーカー交換を検討中の方向けに、価格帯別でのおすすめブランドと、知っておいて損はないおすすめのブランドの紹介をしています。また、BMWの純正スピーカーの特徴のと、カーオーディオショップの選び方や紹介に至るまで、スピーカー交換を検討、若しくは音が気になってる方向けの情報を詳しく紹介しています。

関連するキーワード


BMW

関連する投稿


【保存版】2018年上半期の輸入車モデル別販売ランキング!トップ20

【保存版】2018年上半期の輸入車モデル別販売ランキング!トップ20

先日、日本自動車輸入組合(JAIA)が2018年上半期の新車販売台数の発表を行いました。輸入車の中で売れたモデルはどのクルマだったのでしょうか?ランキングのトップ20を1台ごと紹介します。


BMW i3改良新型 航続距離 スペック 新車価格 充電時間 変更点は

BMW i3改良新型 航続距離 スペック 新車価格 充電時間 変更点は

BMWの電気自動車、BMW『i3』。i3は、初代が2013年に欧州で登場し、日本でも2014年4月から発売されました。フォーミュラE世界選手権ではオフィシャルカーにも採用されているi3。そんな同車が、2018年1月にマイナーチェンジを行いました。本記事ではそんなBMW i3改良新型について気になる情報をまとめています。


BMW「3シリーズ ツーリング」がスクープ!発売時期は?

BMW「3シリーズ ツーリング」がスクープ!発売時期は?

BMWの主力商品で、欧州市場においてはメルセデス・ベンツCクラスと人気を2分する存在であるBMW 3シリーズ。そんなBMW「3シリーズ」の「3シリーズ ツーリング」のプロトタイプがドイツにてスクープされました。本記事ではBMW「3シリーズ ツーリング」の最新情報をご紹介します。


【画像あり】BMW新型「X6」のプロトタイプスクープ!発売は2019年か

【画像あり】BMW新型「X6」のプロトタイプスクープ!発売は2019年か

BMWのフラッグシップクーペSUVである「X6」のプロトタイプがスクープされました。発表されれば3代目にあたる新型「X6」のエクステリアを、現行モデルとの違いも含めてご紹介します。


これがBMWの最新EV!BMW「i4」市販モデル 航続距離はなんと700km!?

これがBMWの最新EV!BMW「i4」市販モデル 航続距離はなんと700km!?

BMWが2017年のフランクフルトモーターショーで公開した4ドアEVサルーン『i Vision Dynamics Concept』。この市販モデルを予想するレンダリングCGをスクープ班が入手しました。それによれば、BMWブランドのiデザインとは大きく変わっていることが判明しました。


最新の投稿


スマホ画面を投影できるHUD「ハドウェイキャスト」日本上陸PJ開始!特別価格での購入も

スマホ画面を投影できるHUD「ハドウェイキャスト」日本上陸PJ開始!特別価格での購入も

運転手の視線の先にナビを表示することができるヘッドアップディスプレイ(HUD)は最近注目されている機能です。海外のKickstarterで人気を集めた後付け「HUDWAY CAST」の日本上陸に向けたクラウドファンディングプロジェクトが、7月13日(金)より開始されました。詳しくご紹介します。


日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格 スペック最新情報

日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格 スペック最新情報

日産の人気ミニバン新型セレナの、高性能バージョンであるセレナNISMO(ニスモ)が11月21日より発売開始中です。セレナNISMO(ニスモ)は昨年発売されたセレナのカスタムモデル。日産のスポーツ部門である「NISMO」が開発したコンプリートカーになります。18年にはフルハイブリッドモデルセレナe-powerも発売です!


ホンダ 新型プラグインハイブリッド クラリティPHEV登場

ホンダ 新型プラグインハイブリッド クラリティPHEV登場

7月20日より、ホンダの新型プラグインハイブリッド・クラリティPHEVが登場します。価格は約580万円ほど。クラリティPHEV新型はいったいどんな車になっているのか?気になる情報をお届けいたします。


シビックタイプRの廉価版が登場か?プロトタイプをスクープ

シビックタイプRの廉価版が登場か?プロトタイプをスクープ

ホンダが2017年9月に日本で販売開始した「シビック」シリーズの高性能モデルである「シビック タイプR」に廉価版の噂がでています。本記事では、スクープされた画像と共に、「シビック タイプR」廉価版の可能性についてご紹介します。


【2018年猛暑】貴方も愛車も!夏の暑さを乗り切るオススメカーグッズ5選

【2018年猛暑】貴方も愛車も!夏の暑さを乗り切るオススメカーグッズ5選

2018年、夏。シャレにならない猛烈な暑さに襲われています。それはあなたの愛車も同じ!貴方の車内の暑さ対策は万全ですか?不安な方、あまり気にしていなかった方!本記事を読んで、2018年夏を乗り切りましょう!本記事では夏の暑さ対策カー用品グッズをご紹介いたします。これで今夏も楽しいカーライフを過ごせること間違いなし!