トップへ戻る

コンパクトSUVの魅力とは?選ばれる理由とおすすめ車種をご紹介

コンパクトSUVの魅力とは?選ばれる理由とおすすめ車種をご紹介

コンパクトSUVは、クルマの性能と価格のバランスがよく、汎用性が高いことから、人気を得ています。今回は、コンパクトSUVの定義、メリット、おすすめ5車種についてまとめました。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


コンパクトSUVとは?

《写真提供:response》レンジローバー イヴォーク(2021年)

実は、「コンパクトSUV」という言葉に、明確な定義はありません。概ね『全長4,000mm~4,500mmのSUV』を指して、コンパクトSUVという言葉が用いられています。そして、コンパクトカーのプラットフォームを活かし、使用しているSUVが目立ちます。

ひと口にコンパクトSUVといっても、そのすそ野もたいへん広いものです。たとえば、「ランドローバー レンジローバーイヴォークS」は、全長は4,371mmで、コンパクトSUVとして売り出されていますが、全幅は1,996mmもあり、ミドルサイズSUVのトヨタ ハリヤー(全幅1,855mm)を遥かに超えるサイズです。なんと、メルセデスベンツ Gクラス(全幅1,930mm)やトヨタ ランドクルーザー(全幅1,980mm)よりも大きくなります。

もはや「コンパクト」とは何なのかを考えさせられるほどのサイズ感です。ちなみに価格も、「ランドローバー レンジローバーイヴォーク ファーストエディション」など、複数のグレードで税抜700万円を超えますので、「コンパクト」という言葉からイメージする金額ではないかもしれませんね。

しかし、『レンジローバー』の名前を冠したクルマとしては、初のコンパクトモデルでしたので、メーカーはコンパクトSUVとして発売しました。言葉に明確な定義がない以上、メーカーが「これはコンパクトSUVだ」といえば、それでイコール、そのクルマはコンパクトSUVということになります。

コンパクトSUVが人気といえる理由は?

《写真提供:response》トヨタ C-HR G ホンダ ヴェゼル ツーリング マツダ CX-30 ダイハツ ロッキー

コンパクトSUVが人気といえる理由のひとつは、このカテゴリーに『新規車種が数多く登場してきている』という事実です。2010年代に入り、この傾向がより顕著になっています。

2010年には「日産 ジューク」が発売されて、コンパクトSUVというカテゴリーが注目され始めます。続けて、2013年には「ホンダ ヴェゼル」、2015年には「マツダ CX-3」、2016年には「トヨタ C-HR」、その翌年には「三菱 エクリプスクロス」と、毎年のようにコンパクトSUVが登場。

2019年には「マツダ CX-30」、「トヨタ ライズ」と「ダイハツ ロッキー」の兄弟車、2020年には「日産 キックス」、「トヨタ ヤリスクロス」、「マツダ MX-30」が登場しています。これらはいずれも新規車種で、各自動車メーカーが新しい市場を開発しようと、このカテゴリーに注力していることが分かるでしょう。

では、コンパクトSUVよりも大きなサイズであるミドルサイズSUVはどうなのかというと、登場している新しいクルマのほとんどが、先代からのフルモデルチェンジで、まったくの新車ではないという特徴があります。新規車種として最近登場したのは、2017年の「マツダ CX-8」くらいです。それだけ、コンパクトSUVのカテゴリーがトレンドといえるでしょう。

コンパクトSUVのメリットは何か?

《写真提供:response》三菱エクリプスクロス

魅力的な価格設定

《写真提供:response》ホンダ・ヴェゼル e:HEV

コンパクトSUVのエントリーモデルは、概ね200万円前半です。例えば、2021年4月現在、トヨタ C-HRのもっともお買い得なモデルは税抜:216万5,455円、ホンダ ヴェゼルが税抜:207万2,000円、マツダ CX-30が税抜:217万5,000円です。トヨタ ライズにいたっては、もっともお買い得なモデルが税抜:152万6,364円で、手の届きやすい価格設定となっています。

トヨタで比較すると、ミドルサイズSUVであるハリアーは、もっともお買い得なモデルが税抜:271万8,182円で、C-HRとの差は税抜で50万円以上、ライズなら税抜で120万円近い価格差ですから、やはりコンパクトSUVのお手頃感は際立っています。

燃費の良さ

《写真提供:response》トヨタC-HR(欧州仕様車)

コンパクトSUVは、重量が軽い分、概ね燃費がよいものが多くなっています。

たとえば、前述と同様にハリアーで比較してみましょう。2021年4月現在、ハリアーでもっとも燃費の良いのは、ハイブリッドタイプで「22.3km/L(WLTCモード燃費)」です。一方、コンパクトSUVのC-HRは、もっとも燃費の良いハイブリッドモデルが「25.8km/L(WLTCモード燃費)」で、ハリアーを上回ります。こうした燃費は、ランニングコストに直結しますから、経済的にもコンパクトSUVに魅力があるといえるでしょう。

立体駐車場に入り、運転しやすいサイズ

《写真提供:response》マツダ CX-3なら立体駐車場にも収まるサイズ

日本の機械式立体駐車場で、もっとも多く用いられているサイズ制限は、高さが1,550mm以下、全幅は1,800mm~1,850mm以下です。都会で暮らすマンションユーザーの中には事実上、機械式立体駐車場しか選択肢がないという方もおられ、クルマを選ぶ際のサイズ考慮は欠かせません。

高さが1,550mm以下となると、全高が1,790mm~1,815mmあるホンダ N-BOXや、同じく全高が1,755mm~1,775mmあるダイハツ タントといった、人気の軽自動車させ収まらないサイズになってしまいます。しかし、すべてではありませんが、一部のコンパクトSUVは、この立体駐車場に収まるサイズです。

普段、あまり運転しない方にとって「運転しやすい」クルマであることは、重要なポイントになるでしょう。いくら収納力が高く、大人数が乗れて、休日に力を発揮するとしても、普段のちょっとした買い物には不便極まりない、クルマに乗って近所に買い物に行くのも考えもの、というのであれば、せっかくのメリットも台無しです。

この点、コンパクトSUVは、普段使いにも便利なサイズ。しかも、セダンなどと比べて「車高が高い」ため、ドライバーの視界が広く、安全面でも心理面でも、運転のしやすさにつながっていくでしょう。こうした街乗りにも便利で、休日のお出かけなどにも十分対応できる汎用性の高さがコンパクトSUVの魅力となっています。

メーカー側のメリットも大きい

《写真提供:response》ダイハツ ロッキー

コンパクトSUVの多くは、同じ自動車メーカーから出ている、同等クラスのコンパクトカーのプラットフォームをベースとしていることが多く、自動車メーカーにとって、メリットがあります。というのも、すでにあるプラットフォームを利用できれば、開発期間やコストを大きく削減できるからです。

トヨタ ランドクルーザーやメルセデスベンツ Gクラス、スズキ ジムニーといった本格オフロードを目指すSUVは、サイズに限らず、独自のラダーフレームを使用していますが、コンパクトSUVの主流はあくまで既存のプラットフォームを使用する方法です。

たとえば、「トヨタ ライズ」、「ダイハツ ロッキー」の兄弟車は、タントにも採用された「DNGA(Daihatsu New Global Architecture)プラットフォーム」の、小型車用(Aプラットフォーム)を使用しています。2020年に発売された「トヨタ ヤリスクロス」は、その名前からも分かるように、ヤリスに採用されている「TNGAプラットフォーム(GA-B)」が用いられています。

ほかにも「マツダ CX-3」は、「マツダ2(前身のデミオ)」から、初代「ホンダ ヴェゼル」は、3代目にあたる「フィット」のプラットフォームをもとに開発されています。

このように、各自動車メーカーはプラットフォームを共通化することで、新規車種のリリース期間を短くしつつ、コストを抑え、しかもコンパクトカーにはなかった魅力を追加できるというメリットがあるわけです。

おすすめコンパクトSUV

トヨタ ヤリスクロス

《写真提供:response》トヨタ ヤリスクロス(プロトタイプ)

トヨタ ヤリスをベースに作られたコンパクトSUVが、「トヨタ ヤリスクロス」です。発売前からたいへんな注目を集め、発売と同時に売れ行き絶好調。発売からわずか1か月の間に、約3万9,000台を受注しました。

ヤリスのSUV版ということで、ヤリスと共通の「TNGAプラットフォーム(GA-B)」を採用し、運転のしやすさと、キビキビとした運動性能を実現しています。パワーユニットは、1.5リッターガソリンエンジンと1.5リッターハイブリッドエンジンを用意。ハイブリッドを選択した場合、SUVはもちろんのこと、コンパクトクラスでも世界トップレベルの「30.8km/L(2WD/WLTCモード)」を実現しています。また、トヨタが誇る最新の予防安全パッケージ「トヨタセーフティセンス(Toyota Safety Sense)」を標準装備(X Bパッケージを除く)しており、安全への配慮もなされています。

ボディサイズは「全長4,180mm・全幅1,765mm・全高1,590mm」と、後述のトヨタ ライズやダイハツ ロッキーに比べてやや大きくなり、その分のゆとりを実感できるはずです。ラゲッジスペースは、「390L(デッキボード下段時)」で、大型キャリーケースが2個ほど積み込めます。このように、ヤリスクロスは、走り・燃費・装備・安全性などがバランスよく、都市型SUVの可能性を魅せてくれています。

2021年4月現在、新車販売価格は税抜:163万4,546円~税抜:255万9,091円、中古車本体価格(response中古車価格)が、税抜:145万2,728円~税抜:313万7,273円となっています。発売からまだあまり時間が経過していませんので、中古車価格は新車販売価格と比べて、高い印象かもしれません。

トヨタ ライズ/ダイハツ ロッキー

《写真提供:response》ダイハツ ロッキー(左)とトヨタ ライズ(右)

2020年の「乗用車ブランド通称名別順位(2020年1月~12月)」の販売台数データで、第2位を記録した「トヨタ ライズ」と、第24位だった「ダイハツ ロッキー」の兄弟車は、その数字からもわかるように、高い人気を誇っています。

ボディサイズはともに「全長3,995mm・全幅1,695mm・全高1,620mm」で、コンパクトSUVらしい5ナンバーに収まるサイズ。それでいながら、運転席の着座高では665mmあるため、シートが比較的高い位置にあり、視野が広く運転しやすいように工夫されています。小回りもかなり効くため、狭い道路での運転やショッピングモールでの駐車も、ストレスをあまり感じないでしょう。

エンジンは、1.0リッター直列3気筒ターボが搭載されており、排気量の割にはターボが効いて、軽快な走りをみせてくれます。プラットフォームは、ダイハツが担当し、「DNGA(Daihatsu New Global Architecture)」モデルを採用しました。

ライズとロッキーは、それぞれグレード体系や装備に若干の違いがあり、価格も同じ設定ではありません。2021年4月現在、トヨタ ライズの新車販売価格は税抜:152万6,364円~税抜:207万4,728円、ダイハツ ロッキーの新車販売価格は税抜:155万円~税抜:215万2,000円となっています。

ちなみに中古車本体価格(response中古車価格)は、トヨタ ライズが税抜:118万0,910円~税抜:279万2,728円、ダイハツ ロッキーが税抜:129万8,182円~税抜:263万6,364円となっています。人気車種だけあり、中古車価格もまだまだ高い印象です。

マツダ CX-3

《写真提供:response》マツダ CX-3 100周年特別記念車

マツダ CX-3は、マツダが販売しているSUVの中でもっともコンパクトなクルマです。特徴は、流麗な美しいプロポーション。「気品ある美しさと先鋭さ」がテーマなだけあって、都会派クロスオーバーSUVの存在感を、コンパクトながらも十分に発揮しています。

エンジンは、マツダ初採用となった新開発のクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV‐D 1.8」水冷直列4気筒DOHC16バルブ直噴ターボ、ガソリンエンジン「SKYACTIV‐G 1.5」、同じくガソリンエンジンで水冷直列4気筒DOHC16バルブの「SKYACTIV‐G 2.0」、の3種類をラインナップ。

ボディサイズは、「全長4,275mm・全幅1,765mm・全高1,550mm」で、一般的な立体駐車場に収まるサイズに工夫されており、街乗りが強く意識されていることを感じさせます。

なかでもおすすめなグレードは、クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV‐D 1.8」が搭載されたタイプ。「XD」と「XD プロアクティブ Sパッケージ」では、「23.2km/L(WLTCモード)」をたたき出しており、力強いトルクや出力を感じさせながら、高燃費を達成しています。

2021年4月現在、新車販売価格は税抜:172万円~税抜:287万5,273円、中古車本体価格(response中古車価格)は税抜:71万6,364円~税抜:289万円です。2015年2月の発売から6年以上が経過し、中古車市場では、お手頃なクルマを見つけやすくなってきたかもしれません。

スズキ イグニス

《写真提供:response》スズキ イグニス ハイブリッドMF タフカーキパールメタリック ブラック2トーンルーフ

個性的なフロントマスクに、力強さを感じさせるリアを組み合わせ、印象的なデザインにまとめられたスズキ イグニスは、日本だけでなく、世界を視野に入れたスズキの世界戦略車です。

プラットフォームには、スズキが新たに開発した「ハーテクト」を採用し、軽量と高剛性を両立させました。また、路面が悪い状況でも、前後輪の駆動力を自動配分して走行できるビスカスカップリング式の4WDシステムを選択できて、安定した走行を体感できます。

さらに、モーターをエンジンサポートに使い、低コストで高い実用性を期待できる「マイルドハイブリッド」を全車に搭載することで、「19.0~19.8km/L(WLTCモード)」という高い燃費性能を実現しています。

ボディサイズは、「全長3,700mm・全幅1,660mm~1,690mm・全高1,605mm」というコンパクトなボディ設計で、最小回転半径は4.7m。狭い道や駐車場などでも、取り回しがしやすく快適です。2021年4月現在、新車販売価格は税抜:129万4,000円~税抜:184万6,000円、中古車本体価格(response中古車価格)は税抜:41万6,364円~税抜:171万8,182円となっています。

BMW X1

《写真提供:response》BMW X1 改良新型のMパフォーマンスパーツ

BMW X1は、プレミアム・コンパクト・セグメントにおける唯一のSAVです。BMWではコンセプトの違いからSUVという名称は使わず、SAVと言っています。SAVは、「スポーツ・アクティビティ・ビークル(Sport activity vehicle)」の略です。大きな意味では、SUVと理解して差し支えないでしょう。

ボディサイズは「全長4,455mm・全幅1,820mm・全高1,600mm~1,610mm」で、日本のコンパクトSUVと比較すると、かなり大きいと感じるかもしれません。それでも、現2代目モデルは先代モデルと比べて、全長が30mm短くなり、取り回しが工夫されています。

エンジンは、1.5リッター直列3気筒DOHCガソリンエンジン、2.0リッター直列4気筒DOHCガソリンエンジン、2.0リッター直列4気筒DOHCディーゼルエンジンという3種類を用意。トランスミッションは、1.5リッターガソリンに電子油圧制御式7速DCTを、そのほかは電子油圧制御式8速ATが組み合わされます。駆動方式は、先代がFRと4WDだったのに対し、2代目はFFと4WDに変更。FFプラットフォームが採用されたことにより、居住スペースとラゲッジスペースが向上しました。

2021年4月現在、新車販売価格は税抜:400万円~税抜:491万8,182円、中古車本体価格(response中古車価格)は税抜:48万8,182円~税抜:452万7,273円となっています。

まとめ

《写真提供:response》アウディ コンパクトSUV SQ2

今回は、いまもっとも熱いカテゴリーのひとつ、コンパクトSUVについてまとめました。各自動車メーカーが力を入れているだけあって、走り・装備・安全性・燃費・居住性・価格など、クルマに求められる多くの部分が充実しています。

この汎用性の高さは特筆すべきものといえるでしょう。コンパクトSUVの人気は、まだまだ続きそうです。

こちらの記事もおすすめ!

関連する投稿


トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

シャープなデザインと優れた走行性能をひっさげて、ヴィッツに代わる新たな名前で登場した「トヨタ ヤリス」は、2020年のデビューから国内市場だけでなく世界的な人気を獲得しています。そんなヤリス、ハイブリッド車では世界トップレベルの低燃費を実現しているなど、その高効率性がハンパないことはご存知でしたか? 話題のハイブリッド車だけでなく、力強さのガソリン車まで含めて、ヤリスの燃費を分析していきます。


【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

今、トヨタのアルファードが人気沸騰中です。何と、発売から6年を経過したにもかかわらず、過去最高の販売実績を記録しているのです。そんなアルファードの人気の理由はどこにあるのでしょうか?そこで、今回はアルファードの魅力を徹底的に検証し、その人気の理由をご紹介します。


【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

ご家族が乗り込むことも多いファミリーカーに備わっているとうれしい装備といえば、後席用のスライドドアではないでしょうか。乗り降りがしやすく、荷物を載せるのにもうれしいスライドドアは、軽自動車から大型のミニバンまで選択肢も広くなっていますよ。この記事では、2021年8月現在のトヨタ車ラインナップのうち、スライドドアを持つ車をまとめてみましたので、次の愛車選びに役立ててみてください。


トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

2020年2月に発売されて以降、国産コンパクトカーの人気を牽引する立場を維持し続けているトヨタ ヤリス。お求めやすい価格帯ながら充実の機能と優れたデザインが印象的ですが、車の魅力は写真やカタログの数値では測り切れない部分もあるものですよね。そこで、実ユーザーや自動車評論家がヤリスに乗ってどのように感じたのかを、実燃費とともにチェックすることで、ヤリスの具体的な評価を確認していきましょう。


販売絶好調!ヤリスファミリーのどこが魅力?ライバルは?

販売絶好調!ヤリスファミリーのどこが魅力?ライバルは?

2020年2月発売のヤリスを皮切りに、GRヤリス、ヤリスクロスと、「ヤリスファミリー」が広がっています。3台それぞれが各セグメントで確固たる人気を獲得していることもあって、2021年に入ってからも登録者国内販売台数の首位を堅持し続けている「ヤリスファミリー」の魅力は一体どこなのか、ライバルと比べてどうなのか、詳しく探っていきましょう。


最新の投稿


【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

世界的に需要の高い状態が続いているSUVジャンル。国産車の中でもズバ抜けた高級感と走行性能で高いステータス性を誇る高級車ブランド「レクサス」でも、バリエーション豊富にSUVをラインナップしています。2021年には人気のミドルクラスSUV「NX」の新型モデルも登場予定で、これからさらに盛り上がること間違いなしの、レクサスの最新SUV情報をまとめてみました。


原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

新車販売台数の陰りが囁かれる二輪車の世界でも、ここ最近密かにブームなのが「原付二種」ジャンル。通勤通学からお買い物まで普段使いにぴったりな原付二種は、性能と価格のバランスが取れており、ラインナップ拡大中の今こそ選びたい旬のバイクです。これから原付二種デビューしたい方のために、原付二種を運転するには必要な免許、その取得費用や期間はどれくらいかまで、詳しくまとめてみました。


【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

原付とは段違いの安定感と余裕のパワー、大型二輪よりも格段に扱いやすい車格とリーズナブルな価格で、人気の中型バイク。ひと昔前と比べるとバイク需要の縮小も囁かれますが、最新の中型バイクなら、乗用車さながらの高級装備も多数揃っているモデルも多く、満足度も満点です。毎日の生活にちょうどよい刺激をもたらしてくれるバイクデビューを、この記事でご紹介する中型バイクでしてみてはいかがでしょう。


【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

近年さらに人気が高まり続けている激戦の軽自動車業界で、軽自動車メーカーとして二大巨頭のスズキとダイハツに負けることなく、普通車思考の上質感を備えた魅力的な軽自動車の数々で大いにヒットを飛ばしているのがホンダです。初代N~BOXの登場から風向きの変わったホンダの軽自動車、人気の秘訣はどんなところにあるのでしょうか?ラインナップ全体をまとめましたので、ぜひ確認してみてください。


【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

日々のカーライフで便利に使えるスライドドア。ファミリーだけでなくビジネス向けの車でも人気の装備となっており、その便利さはお墨付きです。ホンダのスライドドア車は、乗り降りのしやすさや荷物の積み下ろしのしやすさはもちろんながら、ホンダらしい細やかな工夫もたくさん詰まっています。魅力的なホンダの現行スライドドア車を一堂にまとめてみましたので、ぜひ車選びの参考にしてみてください。