トップへ戻る

BMW M5|Mシリーズ並外れたスポーティな車のスペック、価格は?

BMW M5|Mシリーズ並外れたスポーティな車のスペック、価格は?

BMW特有のスポーティセダンの代表格のMシリーズのM5のご紹介です。日常での走行からサーキット走行までこなせるスポーティセダンと言ってよいと思います。その上安全面にも十分な配慮がこなされたM5の紹介をします。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


BMWのMシリーズ

《写真提供:response》BMW M5

まず初めにMシリーズとは何のことでしょう?分かる方は少ないのではないでしょうか。MシリーズとはBMWの子会社となるM社が開発をした車両になります。

長年活動してきたBMWのモータースポーツのノウハウ・知識・経験が凝縮されており、エンジンのスペックはレースの過酷な環境にも耐えられるほどとなっています。また、エンジンに負けないように優れたボディ剛性・強力なブレーキも備えています。

通常のモデルに比べて高性能となっており、エンジンへのこだわりはもちろんのことグレードアップされたパーツも多く、シャシーやパワートレインの性能も大きく上回っています。

ちなみに、1978年に登場したM1はMシリーズの第1号となります。

MシリーズのM5

《写真提供:response》BMW M5

M5が世界に初登場したのは1985年。初代はBMWの象徴ともいえるグリル以外は黒塗りとなっており、スポーティーかつ高級感があるのが特徴でハイエンドモデルとなります。

6代目が現行モデルとなります。ボディラインはより躍動感があふれる流線形に進化し、街中での存在感はもちろんスポーティーな走りを両立しているのではと期待させてくれます。

BMW M5のエンジン、サスペンション、駆動方式

《写真提供:response》BMW M5コンペティション

M5には2つのモデルがあり「M5」と「 M5 Competition」になります。ここではこの2つのエンジン、サスペンション、駆動方式を見ていきましょう。

M5

エンジンは4.4L V型8気筒DOHCツインパワーターボで、最大出力441kw(600ps)/6,000rpmとなり、最大トルクは750Nm(76.5kgm)/1,800-5,600rpmとなっており、BMWの車の中でも馬力がトップクラスのエンジンを搭載しています。100km/hまでの加速性能は3.4秒となっています。

エンジンの基本設定は、スポーツ・スポーツプラスに設定変更可能で、アクセルペダルの操作によるレスポンスを段階的に走行状況に応じて早めることができます。

M5 Competition

Mスポーツエキゾーストシステムを搭載したエンジンは、4.4L V型8気筒DOHCツインパワーターボ。最大出力460kw(625ps)/6,000rpmとなり、最大トルクは750Nm(76.5kgm)/1,800-5,860rpmとなっており、M5よりパワーアップした影響で、100km/hまでの加速性能は3.3秒となっています。

サスペンションは、M5よりも車高を7mm下げ、コイルスプリングの設定も10%程硬くなっています。

専用にカスタマイズされたシャシーなど性能が上がっており、よりダイナミックでスポーティなドライビングを実現しているので、走りを楽しみたい方におススメとなります。

両車両とも駆動方式は4WDとなっています。

BMW M5の装備

《写真提供:response》《photo by BMW》BMW M5 コンペティション

ドライビング・アシスト・プロフェッショナルと呼ばれる、レーダーと高性能3眼カメラに加え、高性能プロセッサーの高い解析能力を持つ、最先端の運転支援システムが標準装備されています。

それにより高速道路の渋滞の時にドライバーの運転の負担を減らし、安全に運転できる支援システム(ハンズオフ機能付き渋滞運転支援機能)が装備されています。

BMWコネクテッド・ドライブの標準化やApple CarPlayへの対応により、事前にスマホで検索した目的地を車に送信など使い勝手が良くなっています。

さらには、iPhoneを持っていればリモコンキーを持っていなくても、ドアハンドルにかざすだけで車の施錠・開錠・エンジンの始動ができます。

BMW M5のスペック

【BMW M5】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,990mm×1,905mm×1,480mm
ホイールベース2,980mm
最大乗車定員5名
車両重量1,940kg
燃費WLTCモード:-km/L
エンジン種類V型8気筒DOHC
最高出力441kW(600PS)/6,000rpm
最大トルク750N・m(76.5kg・m)/1,800-5,600rpm
駆動方式4輪駆動
トランスミッション8速 M ステップトロニック Drivelogic付
(2021年1月現在 BMW公式サイトより

BMW M5のエクステリア

《写真提供:response》BMW M5 コンペティション

高性能ユニットである走行性能を最大限発揮しながら機能面にも配慮し、公道やサーキット場でも個性を主張するようにデザインは表現されています。

ヘッドライトはLEDライトでデザインをL字型にすることで、BMWの伝統の4灯ヘッドライトが表現されており、リアの方は伝統のL字型コンビネーションランプをより立体的にすることで、精悍さが醸し出されモダンでスポーティーなデザインとなっています。

Mモデルでは初めて採用されたCFRP(カーボンファイバー強化プラスチック)のルーフに、エンジンフードは筋肉質なパターンのデザインが力強く浮かび上がり、強度の向上と軽量化をしています。

フロントのエア・インテークは存在感があり、パワーユニットの冷却効率をアップさせ、Mモデルの存在感を強烈に印象付けるスポーティなデザインとなっています。

BMW M5のインテリア

《写真提供:response》撮影 中村孝仁BMW M5

立体的にデザインされた新開発のスポーツシートは、肩周りや両脇のサイドボルスターは大きくせり出す形で高いホールド感がえられます。

Mレザー・ステアリング・ホイールの赤色のMボタンやセンターコンソールのスタート/ストップ・ボタン(赤色)をはじめ、Mのロゴが刻まれた新しいデザインのセレクターレバーにはステッチ(Mモデルカラー)が施されています。

インパネ周りは基本的には5シリーズだが、良く見るとあちこちにMの文字があり、自分好みの設定(ステアリング・サスペンション・トランスミッション・4WD・エンジンの設定2通りまで)を保存できるハンドルに赤いM1・2ボタンがあります。

スポーツカーのアグレッシブなデザインと、高級感と優雅さを兼ね備えたキャビンは、BMWの新しい最上級モデルに相応しいと言えるでしょう。

BMW M5の新車価格

M5:16,290,909円。
M5 Competition:17,063,636円。

グレードは2種類しかなく、価格は車両本体価格で消費税抜きの価格となっています。

※BMW公式サイトより(2021年1月現在)

公式サイトはこちら

BMW M5の中古車価格

M5:170万円台~1,290万円台となっています。
M5 Competition:応談となっています。

M5 Competitionは希少モデルのため、価格も応談となっていますね。

※情報は車情報サイトresponse中古車価格より(2021年1月現在)

response中古車はこちら

BMW M5の試乗記

《写真提供:response》BMW M5コンペティション

ボディ剛性が高く、サスペンションがストロークして、きちんとショックを吸収してくれるので、思ったよりも足回りがしなやかで、高級セダンとしての快適性も確保されています。

しかしアクセルを深く踏み込むと、その表情は暴力的なものへと変貌します。パワーとトルクで少し頭を持ち上げて、猛然と加速を開始する様はまさに豪快と言え、高い直進安定性も兼ね備えています。

駆動方式の4WDを感じる事はほとんど無く、コーナーリングも8速Mステップトロニックトランスミッションとパドルシフトを使用することにより、スムーズにクリアすることができます。

まとめ

《写真提供:response》BMW M5 コンペティション

M5は高い性能とラグジュアリーさを持ち合わせており、街乗りはもちろんサーキット走行もできます。M5 Competitionは性能をさらにアップさせており、専用のチューニングが施されています。

一度この加速・コーナリングを味わうと、また試したいと欲求にかられます。交通違反にならないようにスピードへの欲求を抑えることができれば、快適なカーライフを送ることができるでしょう。

関連する投稿


コンパクトSUVの魅力とは?選ばれる理由とおすすめ車種をご紹介

コンパクトSUVの魅力とは?選ばれる理由とおすすめ車種をご紹介

コンパクトSUVは、クルマの性能と価格のバランスがよく、汎用性が高いことから、人気を得ています。今回は、コンパクトSUVの定義、メリット、おすすめ5車種についてまとめました。


BMWとは?メーカーの概要から人気モデルや最新情報

BMWとは?メーカーの概要から人気モデルや最新情報

車好きが好む輸入車として、BMWを挙げる方もおられるでしょう。魅力あるセダンやSUVがラインナップされているだけでなく、Mシリーズのようにスポーティな走りが楽しめるグレードがあります。ラグジュアリーな車が好きな方から、走りを楽しみたい方まで満足できるモデルが豊富です。日本でも販売台数が多いBMWですが、どのようなブランドで人気の理由は何でしょうか?ブランドの概要から人気モデルまで詳しくご紹介します。


ただの外車じゃつまらない!最新輸入車 個性派3選!

ただの外車じゃつまらない!最新輸入車 個性派3選!

日本は国産車の人気が高く、輸入車はまだまだニッチな存在といえるかも。それでも世界中の様々に魅力的な車たちを国内にいながらにして楽しめるのは、実はかなり幸せなことですよね。そこで今回は、フランス、ドイツ、アメリカの最新輸入車の中でも、個性際立つ独自の魅力にあふれたモデルを紹介していきます。きっと輸入車が気になってくること間違いなしです。


100万円以下で探す、ドヤれる中古外車! おすすめ3パターン

100万円以下で探す、ドヤれる中古外車! おすすめ3パターン

街中や駐車場で輸入車を見かけると、「一体どんなお金持ちが乗っているんだろう」なんて思うことはありませんか。実は輸入車は、新車価格がかなり高いモデルでも、いざ中古車になると急激にお手頃になるものなのです。周囲の羨望の眼差しを集めてしまいそうな格安中古の外車の選び方を、3パターンでまとめてみました。


BMW i3、ブランド初のフルEVの最新情報!時代に先駆けたその魅力

BMW i3、ブランド初のフルEVの最新情報!時代に先駆けたその魅力

世界中の自動車メーカーがラインナップの電動化を進めている中、欧州で比較的早い段階から電気自動車などの先進的な車両を専売するサブブランド「i」を立ち上げていたBMW。そのiブランド初の市販車であり、BMWとして初の量産フルEVでもある「i3」は、なんと2013年の登場から第一線級のパフォーマンスを維持し続けているベテランです。そんなi3の最新情報をまとめました。


最新の投稿


【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

世界的に需要の高い状態が続いているSUVジャンル。国産車の中でもズバ抜けた高級感と走行性能で高いステータス性を誇る高級車ブランド「レクサス」でも、バリエーション豊富にSUVをラインナップしています。2021年には人気のミドルクラスSUV「NX」の新型モデルも登場予定で、これからさらに盛り上がること間違いなしの、レクサスの最新SUV情報をまとめてみました。


原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

新車販売台数の陰りが囁かれる二輪車の世界でも、ここ最近密かにブームなのが「原付二種」ジャンル。通勤通学からお買い物まで普段使いにぴったりな原付二種は、性能と価格のバランスが取れており、ラインナップ拡大中の今こそ選びたい旬のバイクです。これから原付二種デビューしたい方のために、原付二種を運転するには必要な免許、その取得費用や期間はどれくらいかまで、詳しくまとめてみました。


【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

原付とは段違いの安定感と余裕のパワー、大型二輪よりも格段に扱いやすい車格とリーズナブルな価格で、人気の中型バイク。ひと昔前と比べるとバイク需要の縮小も囁かれますが、最新の中型バイクなら、乗用車さながらの高級装備も多数揃っているモデルも多く、満足度も満点です。毎日の生活にちょうどよい刺激をもたらしてくれるバイクデビューを、この記事でご紹介する中型バイクでしてみてはいかがでしょう。


【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

近年さらに人気が高まり続けている激戦の軽自動車業界で、軽自動車メーカーとして二大巨頭のスズキとダイハツに負けることなく、普通車思考の上質感を備えた魅力的な軽自動車の数々で大いにヒットを飛ばしているのがホンダです。初代N~BOXの登場から風向きの変わったホンダの軽自動車、人気の秘訣はどんなところにあるのでしょうか?ラインナップ全体をまとめましたので、ぜひ確認してみてください。


【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

日々のカーライフで便利に使えるスライドドア。ファミリーだけでなくビジネス向けの車でも人気の装備となっており、その便利さはお墨付きです。ホンダのスライドドア車は、乗り降りのしやすさや荷物の積み下ろしのしやすさはもちろんながら、ホンダらしい細やかな工夫もたくさん詰まっています。魅力的なホンダの現行スライドドア車を一堂にまとめてみましたので、ぜひ車選びの参考にしてみてください。