トップへ戻る

BMW M4がサーキットから街中まで活躍できる理由!次期型情報まとめも

BMW M4がサーキットから街中まで活躍できる理由!次期型情報まとめも

2ドアクーペの本格スポーツカーとしての長い歴史を持つBMW M3。その系譜となる「M4」は、美しいクーペスタイルと、最新の直6ターボエンジンの組み合わせによる優れたパフォーマンス、さらに高級感のあるインテリアまで楽しめるという、なんとも欲張りな車です。将来はクラシックとして扱われること間違いなしのM4の魅力を見ていきつつ、すでに発表されている次期型情報も予習しておきましょう。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ルックスとパフォーマンスを高次元で両立! BMW M4

BMW M4 エディション ///M ヘリテイジ(海外仕様車)

BMW M4 エディション ///M ヘリテイジ(海外仕様車)

2ドアの車は、ただドアが少なくなって、ルーフラインが低められただけであっても、それだけでどこかセクシーさを感じさせる魔力がありますよね。

BMW M社が誇るハイパワーエンジンなどの特別装備をふんだんに備えた「Mモデル」の中核モデルとして、元よりクーペとして完成されたパッケージである4シリーズをベースに設定されているスポーツクーペが、ご紹介する「M4」です。

系譜のつながりのあるM3を含めれば、もはや30年以上にもなる深い歴史を持つM4。そんなM4の魅力をまとめてみましたので、ご紹介していきます。

M4ならではの魅力を簡単にまとめてみました

BMWの伝統を感じる、美しく整ったクーペのフォルム

BMW M4 CS(海外仕様車)

BMW M4 CS(海外仕様車)

ノーズからショルダー部を通り抜け、車両後端までスムーズに伸びやかなラインが特徴的なM4。ベースモデルである4シリーズにも共通する部分ですが、クーペモデルを長年作り続けてきたBMWらしい、美しいクーペの文法をハズさない仕上がりですね。

フロントのハイパワーエンジンの存在を感じさせるロングノーズに、4人乗りながらコンパクトにまとめられたキャビン、後輪駆動の力強さを感じさせる張り出したリヤフェンダーなど、これぞスポーツクーペ!と思わせる整ったエクステリアは、さすがBMWと唸らせられるところです。

ターボを得た直6エンジンの高度なパフォーマンス

BMW M4 CS(海外仕様車)

BMW M4 CS(海外仕様車)

これまで自然吸気エンジンを伝統としてきたM3ではあるのですが、現行M4とM3では、3.0リッターへダウンサイズされた直列6気筒エンジンにターボを装着し、排気量が下がった分以上のパフォーマンスアップを実現。

ターボならではと言える低中回転を通して分厚いトルクは、サーキット走行での柔軟性を向上させるだけなく、普段使いの扱いやすさもかなり向上させることに成功しています。

また、ターボエンジンながら高回転での吹け上がりのスムーズさ、トップエンドまでパワーがモリモリ出てくる

カーボンファイバー製ルーフなどの活用でクラス最軽量!

BMW M4 GTS(海外仕様車)

BMW M4 GTS(海外仕様車)

スポーツカーとはパワーだけで捩じ伏せれば済むものではなく、ハンドリングや挙動の安定性も求められます。しかし、どうしてもパワフルな大型エンジンなど追加装備が嵩んでいくことで、スポーツクーペ市場のライバル車種たちは車重が重くなりがち。

しかしM4は、カーボンファイバー製ルーフなどの積極的な軽量化策を多数盛り込んでいるほか、素材置き換えなどの細やかな改良の積み重ねによって、6速MTモデルで1,610kgという軽量さが特徴的です。

これはライバル車種の中でもぶっちぎりに軽量となっており、最高出力ではやや控えめなM4ですが、コーナリングで確実に差がつくことでしょう。

ちゃんと座れるリヤシートと荷室、使い勝手も良好

BMW M4 エディション ヘリテージ

BMW M4 エディション ヘリテージ

これはベースとなっている4シリーズにも共通する部分ですが、美しいクーペフォルムからは考えられないほど後席はしっかりしたスペースが確保されており、大柄な成人男性でもしっかり座れる実用性が魅力的です。

もちろん、ドアが2枚しかないため、乗り込む際はややクーペならではの所作が求められますが、収まってしまえば上質な仕立てのインテリアも合わさって快適そのもの。

さらに、トランクスペースも445Lが確保されており、いざというときは6:4分割可倒式のリヤシートを倒してさらに拡張することも可能。普段からガンガン使い倒せるユーティリティ性も備わっている点は、M4の特徴の一つです。

豪奢な4座オープン!爽快感あふれる「M4カブリオレ」も

BMW M4カブリオレ(海外仕様車)

BMW M4カブリオレ(海外仕様車)

実はM3として意外と歴史の深いカブリオレ。現行M4にしっかり設定されているほか、国内正規導入もされています。

M4ならではの優れた動力性能を味わいつつ、スイッチひとつで20秒以内に開閉できるリトラクタブルハードトップによって風を感じられるという贅沢仕様となるM4 カブリオレ。

なかなか国内で見かける頻度が高いとは言えませんが、スポーツ性能ではなく豪華さでいえば、これも4シリーズの頂点と呼べそうですね。

歴代M4・M3の系譜をサクッと復習

伝説的な初代M3:M3の始祖は2ドアだった!

BMW M3(初代) E30 ロニー・ファイグ・エディション

BMW M3(初代) E30 ロニー・ファイグ・エディション

M4は4シリーズの登場に伴って現行モデルが初代モデルではありますが、系譜としては、ツーリングカーレースに出場するためのホモロゲーション(公認)取得のために「初代M3」がデビューした1985年からその伝説が始まりました。

今でこそ4ドア専売モデルとなっているM3ですが、初代M3は、3シリーズの2ドアセダンをベースとしていたホットモデルでした。

初代M3のデビュー自体は、初代M5と同年の1985年でしたが、スポーツセダンとしての性格付けが強く見られたM5に対し、初代M3の軸足は完璧にサーキットとレースに置かれていた点が刺激的でした。

装着された過激なエアロパーツや前後のブリスターフェンダーなどがレーシングカーの血統を感じる部分ですよね。先行して販売されていたM1の直列6気筒エンジンをベースに4気筒化した2.3リッターエンジンを搭載し、コンパクトなボディを活発に走らせていました。

ドイツツーリングカー選手権(DTM)へのBMWの参戦は現在も行われていますが、初代M3とメルセデスベンツの190E 2.3-16との激戦が繰り広げられていたことを覚えている方もいらっしゃるかもしれませんね。

4シリーズの登場:3シリーズから独立、スタンドアロンモデルに

BMW 440i(海外仕様車)

BMW 440i(海外仕様車)

それまでセダンだけでなくクーペ、ステーションワゴンのツーリング、カブリオレまでまとめてラインナップされていた3シリーズのうち、クーペとカブリオレが4シリーズという新たな車名を得て独立したのは2013年のことでした。

奇数の車名はサルーン系、偶数の車名はクーペ系という、BMW内での分類はそれまでも存在していましたが、3シリーズはサルーン系、4シリーズはクーペ系と、それぞれの役割がより明確に分けられたことになります。

先行して投入されていた3シリーズとコンポーネントを共有しつつ、クーペとカブリオレともにドアが2枚に減らされていたことなどは当然ではありますが、3シリーズよりもアグレッシブな専用の意匠を内外装にもち、新たな時代の始まりを感じさせました。

2014年には、クーペ系モデルとしてデビューしたはずの4シリーズなのに、4ドアクーペモデル「グランクーペ」が設定されるなど、3シリーズとの境目は極めて曖昧と言ってもよさそうな4シリーズでしたが、スポーツイメージを強調する戦略は大当たり。

一代にして、スポーツクーペとして定番とも言えるような地位を確立しました。

5代目M3:高性能を共有するセダンモデル

BMW M3 CS(海外仕様車)

BMW M3 CS(海外仕様車)

ご紹介してきたM4の特徴を共有しつつ、4ドアのセダンボディとなることで、後部座席の使い勝手が増しているのがM3。M4は現行モデルが初代となりますが、M3は5代目となっています。

エンジンなど大部分はM4と共有されるM3ですが、M4と異なりMTの国内導入がされなかった点は大きな特徴。しかし、先代モデルではクーペに限定装備されていたカーボンファイバー製ルーフがセダンでも装備されるなど、ドアの追加によるデメリットが見当たらない点は嬉しいところです。

技術的な話としては、ボディサイドの開口部がより狭いクーペボディの方が剛性確保が容易と思われるなど、細やかなM4の優位性はあるかと思われる部分もありますが、M3もスポーツセダンの完成形のひとつと言えるでしょう。

M3は先行して国内導入が終了しており、M4と同時に発表されている次期型モデルの早期の導入に期待がかかりますね。

次期型M4はこうなる!欧州での発表内容をおさらい

縦長の大型キドニーグリルを装備

BMW M4(海外仕様車)

BMW M4(海外仕様車)

4シリーズで先行して登場していた縦長仕様の大型キドニーグリルが、もちろんM4にも装備されます。

デザイン的にまだやや違和感を感じなくもないかと思いますが、大型のグリルはその背後に潜む高性能エンジンの存在を誇示するものとしてハイパフォーマンスカーでは常套手段でもありますので、M4のキャラクターを考えればぴったりなのかもしれません。

さらに、BMWの解説によれば、この縦長デザインは往年の名車「3.0CSi」などに用いられていたデザインを現代的に再解釈したものとのこと。そう言われてみれば、横に広がるよりは縦に伸びる方が、BMWの伝統には沿った進化に思えてきますね。

直6ターボエンジンはさらにパワーアップ!MTも続投

BMW M4(海外仕様車) エンジンルーム

BMW M4(海外仕様車) エンジンルーム

排気量と構成こそ、3.0リッター 直列6気筒ターボエンジンで現行モデルと変化がありませんが、中身は最新仕様にアップデート。

現行M4では、ライバル車種と比較した際の最高出力の低さがたびたび指摘されていたこともあってか、ベース仕様であっても480hp、よりハイエンドな「コンペティション」グレードではなんと510hpというハイパワーに進化する新型M4。

ベース仕様では引き続き6速MTが選べるという選択肢の広さも、スポーツカーといえどマニュアルが選べる車種がどんどん減っている現代においてありがたいところで、競合車種としては唯一の設定になるとのこと。

また、現行M4では7速だったDCTも、新型では8速へと段数が増やされ、さらに加速性能を増していることでしょう。

なんと四輪駆動モデルもスタンバイ!

BMW M4(海外仕様車)

BMW M4(海外仕様車)

もはや後輪の2輪だけでは扱いきれないほどの高出力となってきていることもあってか、M4としてだけでなく、M3まで含めて史上初となる四輪駆動モデルの将来的な追加も予告されています。

「M xDrive」と名付けられたこの四輪駆動システムは、通常状態ではFRレイアウトを維持しつつ、路面状況や走行状態に応じて4WDへと変化する優れものとなるそうです。

詳細な性能や、いつ追加されるのかなどは今後の続報を待つ必要がありますが、普段はFRの爽快なハンドリング、いざという時に四輪駆動のトラクション性能が得られるとすれば、おいしいとこどりの完璧な性能が実現されていそうですね。

BMW M4の新車・中古車価格まとめ

BMW M4 エディション ///M ヘリテイジ(海外仕様車)

BMW M4 エディション ///M ヘリテイジ(海外仕様車)

2020年11月現在のM4の税込新車価格は、最も廉価なM4 クーペ 6速MT仕様で1,213万円、最も高価なM4カブリオレ コンペティションで1,416万円となっています。

カブリオレはよりハードコアな「コンペティション」グレードと7速M DCTドライブロジックの組み合わせしか選択できませんが、クーペならコンペティションだけでなく標準グレードが選択できるほか、トランスミッションでも6速MTと7速M DCTドライブロジックがそれぞれ選べるバリエーションの豊富さがうれしいところです。

たとえ標準グレードでも豪華装備が満載なM4ではありますが、オプションパックでさらに高みを実現することも可能。中でも注目のオプションは、MカーボンセラミックブレーキシステムとMドライバーズパッケージでしょう。

112.1万円という高額が設定されているMカーボンセラミックブレーキシステムは、コンペティショングレードにしか設定されていない特別なオプション。サーキットなどの過酷な場面でもフェード知らずの強い制動力が実現できるカーボンセラミックブレーキは、M4のようにずば抜けた動力性能を持つ車でこそ活きる装備と言えそうですね。

また、Mドライバーズパッケージは、標準状態で250km/hに設定されている電子制御スピードリミッターを、なんと280km/hまで高めることができるという、もはや日本の公道上では必要とする意味も分からないオプション装備。その上価格も33.6万円とかなりお高めなのですが、こちらもサーキット走行をされるオーナーなら必須のオプションかもしれませんね。

BMW M4 GTS(海外仕様車) ダッシュボード

BMW M4 GTS(海外仕様車) ダッシュボード

2020年11月現在の中古車市場では、M4クーペが129台と比較的豊富な在庫が確認できるのに対し、M4カブリオレはなんとたったの6台とかなり稀少車であることがわかります。

M4クーペの中古車平均価格は631.7万円と、新車価格は1,000万円を軽く超えるハイパフォーマンスクーペとしては、販売期間の長さからか意外と値下がりしている印象も。最も安い車両ではなんと398.0万円の本体価格が付いているものもあるなど、性能を考えればバーゲンプライスと言えそうです。

M4カブリオレは、より高額なコンペティショングレードのみが販売されていることや、在庫数の少なさも手伝ってか、価格は高止まり。中古車平均価格は1041.7万円と、新車価格を考えれば順当に値下がりはしていますが、それでも1,000万円台を切らないあたりはさすがです。

まとめ

BMW M4 CS(海外仕様車)

BMW M4 CS(海外仕様車)

BMWの誇る本格スポーツクーペ「M4」の魅力についてお伝えしてきました。

M3も含めれば長い歴史の中、色々な構成要素の変化はありつつも、ドライバーズカーとしての性能を追求する姿勢に変化がなかった点はファンが多いポイントでしょう。その歴史を引き継ぐM4でも、最新モデルの日本導入が待たれます。

関連するキーワード


BMW 車種情報

関連する投稿


【ただの外車じゃつまらない】最新輸入車 個性派3選!

【ただの外車じゃつまらない】最新輸入車 個性派3選!

日本は国産車の人気が高く、輸入車はまだまだニッチな存在といえるかも。それでも世界中の様々に魅力的な車たちを国内にいながらにして楽しめるのは、実はかなり幸せなことですよね。そこで今回は、フランス、ドイツ、アメリカの最新輸入車の中でも、個性際立つ独自の魅力にあふれたモデルを紹介していきます。きっと輸入車が気になってくること間違いなしです。


100万円以下で探す、ドヤれる中古外車! おすすめ3パターン

100万円以下で探す、ドヤれる中古外車! おすすめ3パターン

街中や駐車場で輸入車を見かけると、「一体どんなお金持ちが乗っているんだろう」なんて思うことはありませんか。実は輸入車は、新車価格がかなり高いモデルでも、いざ中古車になると急激にお手頃になるものなのです。周囲の羨望の眼差しを集めてしまいそうな格安中古の外車の選び方を、3パターンでまとめてみました。


BMW i3、ブランド初のフルEVの最新情報!時代に先駆けたその魅力

BMW i3、ブランド初のフルEVの最新情報!時代に先駆けたその魅力

世界中の自動車メーカーがラインナップの電動化を進めている中、欧州で比較的早い段階から電気自動車などの先進的な車両を専売するサブブランド「i」を立ち上げていたBMW。そのiブランド初の市販車であり、BMWとして初の量産フルEVでもある「i3」は、なんと2013年の登場から第一線級のパフォーマンスを維持し続けているベテランです。そんなi3の最新情報をまとめました。


外車のSUV10選!SUVを販売している外車メーカーと代表車種

外車のSUV10選!SUVを販売している外車メーカーと代表車種

アウトドアに使いやすいSUVを探している方にとって、国産車とは違った個性的なエクステリアでラグジュアリーな外車のSUVは魅力的です。しかし価格が高いと感じるモデルもありますし、どんなメーカーがどんな車種を販売しているのか分かりにくいこともあるでしょう。そこで今回の記事では、外車のSUVにはどんな種類があるのか、主なメーカーと代表的なモデルをご紹介します。


BMW M3、伝説的なスポーツセダンの実力は?次期型情報もまとめ

BMW M3、伝説的なスポーツセダンの実力は?次期型情報もまとめ

BMWの長い歴史の中でも、そのアイコニックさで多くの人に強い印象を残している名車の一台が「M3」でしょう。比較的コンパクトな3シリーズをベースに動力性能を高めたモデルとなっているM3は、初代の出自としてレース出場のためのモデルであるというまさに純粋なスポーツカー。30年以上継続している定番スポーツセダンの魅力をご紹介していきます。


最新の投稿


ペーパードライバーが運転しても大丈夫?久々の運転はココをチェック!

ペーパードライバーが運転しても大丈夫?久々の運転はココをチェック!

ペーパードライバーならば、免許を持っているけれど日ごろは運転しないことが多いでしょう。しかし仕事の都合上、もしくは転勤などによって急に運転しなければいけないこともあります。今の状況からすぐに運転しても問題ないでしょうか?今回はペーパードライバーが気を付けたいポイントや講習を受けるべきか判断の参考になる情報をご紹介します。


ペーパードライバー講習は行く価値があるの?講習の内容や料金は?

ペーパードライバー講習は行く価値があるの?講習の内容や料金は?

ペーパードライバー講習は、運転免許証を所持していてもあまり運転しない人のためのもの。日ごろから運転しない人や久しぶりに運転する人が活用できるサービスです。今回はペーパードライバー講習について、また講習を受けるべきか確認するのに必要な情報をご紹介します。


縦列駐車のコツと上手なやり方|誰でもスムーズにするためのポイント

縦列駐車のコツと上手なやり方|誰でもスムーズにするためのポイント

運転初心者だけでなく、慣れている人でも縦列駐車は気を付けて運転する必要があります。前の車との距離や後ろのスペース、さらに縁石との距離も確認しなければいけません。切り返しをすると時間もかかるので、焦ってしまいがちです。しかし縦列駐車もコツをつかんでしまえばスムーズにできます。今回は縦列駐車のコツをご紹介します。


【知ってる?】車のバッテリーの正しい充電方法!対処法も紹介!

【知ってる?】車のバッテリーの正しい充電方法!対処法も紹介!

何気なく乗っている車ですが、車はバッテリーなしでは動きません。そんなバッテリー、みなさんは正しい充電方法をご存知ですか?今回はこのバッテリーの仕組みについて説明していきます。


シトロエン新型C4最新情報!国内での販売は?

シトロエン新型C4最新情報!国内での販売は?

シトロエン新型「C4」はCセグメントのSUVクーペとして登場しました。Cセグメントハッチバックの中でも、大胆かつユニークなデザインが採用されたシトロエンの最新デザインの車となります。今回はシトロエン新型C4の紹介をします。