トップへ戻る

BMW M3、伝説的なスポーツセダンの実力は?次期型情報もまとめ

BMW M3、伝説的なスポーツセダンの実力は?次期型情報もまとめ

BMWの長い歴史の中でも、そのアイコニックさで多くの人に強い印象を残している名車の一台が「M3」でしょう。比較的コンパクトな3シリーズをベースに動力性能を高めたモデルとなっているM3は、初代の出自としてレース出場のためのモデルであるというまさに純粋なスポーツカー。30年以上継続している定番スポーツセダンの魅力をご紹介していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


初代は1985年登場! FRスポーツ「BMW M3」の不変の魅力

BMW M3(海外仕様車)

BMW M3(海外仕様車)

BMW M社の手がけるスポーツカー「Mモデル」たちの中でも、最も知名度の高いモデルの一台がM3でしょう。

もとよりスポーティさが際立っている3シリーズをベースとし、さらにスポーツ志向のチューニングを加えたホットモデルであるM3は、世界的にも高い人気を得続けています。

そんな人気の理由はどんなところにあるのでしょうか? M3の魅力を簡単にまとめましたのでご紹介します。

直列6気筒、後輪駆動、不変のレシピ

BMW M3 CS(海外仕様車)

BMW M3 CS(海外仕様車)

SUV全盛の今や、セダンという車型自体が稀少な存在へとなりつつありますが、初代M3から一貫していることは後輪駆動のスポーツカーであることに尽きます。

また、歴代M3のエンジンは直列6気筒が多く用いられてきており、BMWらしい「シルキーシックス」と呼ばれるようなスムーズな回転フィールと、パンチのあるパワーを楽しむことができる点も今では伝統の一つでしょう。

これらを組み合わせた結果の車が、運転が楽しくなるのは当たり前なのですが、メーカーによってはスポーツカー需要の減少などから同種の車を取りやめてしまう例もしばしば見られる世知辛い現代。

量販が見込めないようなそんなレシピを、BMWとBMW M社はラインナップし続けてくれているだけでなく、M3の進化を止めないでいてくれる点が、長年にわたって幅広い支持を受け続けている理由の一つかもしれませんね。

家族揃ってサーキットアタック可能?!実用性の高さ

BMW M3 CS(海外仕様車) リヤシート

BMW M3 CS(海外仕様車) リヤシート

M3は、Mモデルらしく室内の誂えも上質な点が特徴的なほか、一部のハードコアグレードを除けば4〜5人乗りが可能な点が普段使いではうれしいポイントでしょう。

初代M3など、世代によっては2ドアのみのラインナップだったものもありますが、近代では4ドアボディモデルが継続的にラインナップされており、日常の使い勝手はさらに向上しています。3シリーズ譲りの後席や荷室のゆとりは、その動力性能の高さを考えると驚異的とも言えそうですね。

そのままサーキットに持ち込んでアタック可能な高性能を持ちつつ、日々の家族サービスにも十分以上に活躍してくれる柔軟なユーティリティ性は、M3の大きな魅力の一つでしょう。

最新のBMWを反映したアグレッシブなスタイル

BMW M3 CS(海外仕様車)

BMW M3 CS(海外仕様車)

Mモデルの中でもかなり過激なエアロパーツが特徴的なM3。より大型のMモデルたちではやや大人っぽいデザインにまとめられてしまうこともしばしばのようですが、歴代M3のスタイルは、その時々のBMWのデザインの方向性を強く感じることのできるアグレッシブさが魅力的です。

特に現在発表済の6代目となる最新型M3では、ノーズ部の天地方向いっぱいに広げられた縦長のキドニーグリルが特徴的。4シリーズで先行してデビューしていたデザインではありますが、今後のBMWのデザインを予告する意味合いもあると思われる挑戦的なデザインとなっています。

もちろん、見栄えだけを取ったデザインでないこともM3の魅力の一つ。どの部分にも技術的な裏付けのあるデザインは、眺めているだけでも楽しめる部分ですね。

BMW M3のスペック

【BMW M3セダン コンペティション】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,685mm×1,875mm×1,430mm
ホイールベース2,810mm
最大乗車定員5名
車両重量1,640kg
燃費JC08モード:11.9km/L
エンジン種類直列6気筒ガソリンターボ 2,979cc
エンジン最高出力331kW(450PS)/7,000rpm
エンジン最大トルク550N・m(56.1kgf・m)/2,350-5,500rpm
駆動方式後輪駆動(FR)
トランスミッション7速DCT
新車価格12,800,000円(消費税込)
(2018年1月 BMW M3 カタログより)

歴代M3を振り返ってみよう!どの世代がお気に入り?

初代M3:伝説的なデビュー、DTMでの激戦が印象深い

BMW M3(初代) E30 ロニー・ファイグ・エディション

BMW M3(初代) E30 ロニー・ファイグ・エディション

1985〜1990年:E30型


M3の伝説の始まりは、ツーリングカーレースに出場するためのホモロゲーション(公認)取得のためにデビューした1985年から始まりました。

デビュー自体はM5と同年の1985年でしたが、スポーツセダンとしての性格付けが強く見られたM5に対し、M3の軸足は完璧にサーキットとレースに置かれていた点が刺激的でした。

特に初代M3では過激なエアロパーツが目を引く部分ですよね。前後のブリスターフェンダーなどはレーシングカーの血統を感じる部分。先行して販売されていたM1の直列6気筒エンジンをベースに4気筒化した2.3リッターエンジンを搭載し、コンパクトなボディを活発に走らせていました。

ドイツツーリングカー選手権(DTM)へのBMWの参戦は現在も行われていますが、初代M3とメルセデスベンツの190E 2.3-16との激戦が繰り広げられていたことを覚えている方もいらっしゃるかもしれませんね。

2代目M3:一気に地味に!セダンが初登場、SMGを初搭載

BMW M3(2代目)

BMW M3(2代目)

1993〜1998年:E36型


2年間の空白ののちに発表された2代目M3は、初代のヤンチャとも言える攻撃的スタイルから一転、落ち着いたエアロパーツを装備した3シリーズクーペといった装いで登場しました。

4気筒エンジンを搭載していた初代に替わり、新たに3.0リッター、後には3.2リッターに拡大される直列6気筒エンジンを搭載。特に3.2リッターエンジン車では、ハイパフォーマンスエンジンの指標の一つであるリッターあたり100PSを超える321PSの高出力によって、動力性能にはさらなる磨きがかかっていました。

2代目M3でトピックとなるのは6速SMG(シーケンシャル・マニュアル・ギアボックス)の搭載でしょう。

F1参戦によって経験を積んだセミオートマチック技術を用い、1997年に追加されたこのトランスミッションは、クラッチを必要としないイージードライビングと、瞬時のシフトチェンジをもたらし、M3がスポーツカーの新たな時代を開いた瞬間でした。

3代目M3:バルジ付きボンネットが勇ましい!CSLの復活も

BMW M3(3代目) CSL

BMW M3(3代目) CSL

2000〜2006年:E46型


先代ではややビジュアルアピールが足りなかったことの反省からか、パワーバルジ付きボンネットやより拡幅が目立つオーバーフェンダーなどが装備された3代目M3。

エンジンは先代と同じく3.2リッター 直列6気筒でしたが、ボディスタイルではあえて2ドア限定に変更することで、高いボディ剛性の確保を狙いました。

先代でデビューしたSMGは、日常域での使い勝手や信頼性にやや難があったことを受け、3代目M3では進化したSMG IIを搭載。クラッチレス・スポーツドライビングの世界をさらに広めていました。

3代目で特徴的なのは2001年に発表されたM3 CSLというハードコアモデルの登場でしょう。装備を簡素化したりカーボン素材を積極的に用いるなど、ライトウェイトの略であるLを車名に持つだけに徹底した軽量化が進められ、100kg以上の減量に成功。

パワーアップしたエンジンと専用の足回りで、最強のM3として君臨していました。

4代目M3:なんとV8搭載!排気量アップで性能もさらに高みへ

BMW M3(4代目) クーペ GTS

BMW M3(4代目) クーペ GTS

2007〜2014年:E90(セダン)、E92(クーペ)


ベースとなる3シリーズの進化に伴って、ボディサイズがだんだんと大型化してきていたM3。4代目に至って、そんなハンデを覆すべくなんと4.0リッターのV型8気筒エンジンへとパワートレインを変更し、ついに最高出力は400馬力台へと突入しました。

また、先代のCSLで見られたような軽量化策をベースモデルでも積極的に投入。なんとクーペのルーフをカーボンファイバー製としたり、各パーツをアルミニウム製に置き換えたりなど、コストのかけられた軽量化によって、先代比での重量増は100kg以内に抑えられ、よりパワフルになったエンジンのパフォーマンスを存分に味わうことができました。

先代では廃止されたセダンですが、なんと2007年の東京モーターショーでM3 セダンがワールドプレミアされ、復活しました。3シリーズはクーペとセダンではエクステリアデザインが異なっていましたが、V8エンジンを搭載している都合もあってか、M3セダンはM3クーペと同様の顔つきになっていた点も印象深いですね。

5代目M3:直6に回帰も今度はターボエンジンだ!軽量さが光る

BMW M3(5代目) 30イヤーズ・アメリカン・エディション

BMW M3(5代目) 30イヤーズ・アメリカン・エディション

2014〜2020年:F80型


3シリーズクーペが新たに4シリーズとして独立したこともあり、M3はセダンボディ専用となり、クーペボディはM4と呼ばれるようになりました。

先代モデルではV8らしからぬ軽快な回転フィールとパワーで好評を得ていたエンジンは、再度BMWらしい直列6気筒エンジンに回帰。しかし、世界的なダウンサイジングターボの流れもあってか、ターボを装着して排気量を3.0リッターに縮小した点が特徴的です。

登場当初こそM3の伝統である自然吸気ハイチューンエンジンが失われたことを嘆く声も聞かれましたが、低中回転域でのパンチのあるトルクや、431PSというハイパワーはターボでこそ得られる部分。意外なメリットとして燃費が向上しているなど、段々と受け入れられていった感がありました。

「ミッション・インポッシブル」など、近年の銀幕での活躍も印象深いところですね。

新型M3が欧州発表済!ちょっとだけ予習しましょう

縦長の大型キドニーグリルを装備

BMW M3(海外仕様車)

BMW M3(海外仕様車)

3シリーズセダンでは一般的サイズのキドニーグリルが装着されていますが、M3には、4シリーズで先行して登場していた縦長仕様の大型キドニーグリルが装備されます。

デザイン的にまだやや違和感を感じなくもないかと思いますが、大型のグリルはその背後に潜む高性能エンジンの存在を誇示するものとしてハイパフォーマンスカーでは常套手段でもありますので、M3のキャラクターを考えればぴったりなのかもしれません。

さらに、BMWの解説によれば、この縦長デザインは往年の名車「3.0CSi」などに用いられていたデザインを現代的に再解釈したものとのこと。そう言われてみれば、横に広がるよりは縦に伸びる方が、BMWの伝統には沿った進化に思えてきますね。

直6ターボエンジンはさらにパワーアップ!MTも続投

BMW M3(海外仕様車) エンジンルーム

BMW M3(海外仕様車) エンジンルーム

排気量と構成こそ、3.0リッター 直列6気筒ターボエンジンで5代目モデルと変化がありませんが、中身は最新仕様にアップデート。

5代目M3では、ライバル車種と比較した際の最高出力の低さがたびたび指摘されていたこともあってか、ベース仕様であっても480hp、よりハイエンドな「コンペティション」グレードではなんと510hpというハイパワーに進化する新型M3。

ベース仕様では引き続き6速MTが選べるという選択肢の広さも、スポーツカーといえどマニュアルが選べる車種がどんどん減っている現代においてありがたいところで、競合車種としては唯一の設定になるとのこと。

また、5代目では7速だったDCTも、新型では8速へと段数が増やされ、さらに加速性能を増していることでしょう。

なんと四輪駆動モデルもスタンバイ!

BMW M3(海外仕様車)

BMW M3(海外仕様車)

もはや後輪の2輪だけでは扱いきれないほどの高出力となってきていることもあってか、M3としては史上初となる四輪駆動モデルの将来的な追加も予告されています。

「M xDrive」と名付けられたこの四輪駆動システムは、通常状態ではFRレイアウトを維持しつつ、路面状況や走行状態に応じて4WDへと変化する優れものとなるそうです。

詳細な性能や、いつ追加されるのかなどは今後の続報を待つ必要がありますが、普段はFRの爽快なハンドリング、いざという時に四輪駆動のトラクション性能が得られるとすれば、おいしいとこどりの完璧な性能が実現されていそうですね。

BMW M3の中古車価格まとめ

BMW M3

BMW M3

残念ながら新型M3の正式国内導入は未だ発表されておらず、現在のところM3を手に入れる方法は中古車しかありません。

2020年11月現在の中古車市場では、M3系を合わせて130台の在庫が確認できます。現行モデルに限った中古車平均価格は653.8万円となっており、最安では400万円台から在庫が見られるなど、新車価格が1,000万円を優に超えるハイパフォーマンスカーであることを思えばかなりバーゲン価格となっているようです。

5代目M3のモデルライフ後半に設定されたハードコアモデル「CS」や、よりハイパフォーマンス仕様の「コンペティション」グレードなどではやはり高値となっていますが、それでもM3は将来の名車となりそうな車ですし、現在の落ち着いている中古車相場のうちに手に入れておく方が良いのかもしれませんね。

まとめ

BMW M3(海外仕様車)

BMW M3(海外仕様車)

BMWの誇る本格スポーツセダン「M3」の魅力についてお伝えしてきました。

長い歴史の中、色々な構成要素の変化はありつつも、ドライバーズカーとしての性能を追求する姿勢に変化がなかったM3。最新モデルの日本導入が待たれます。

関連する投稿


【ただの外車じゃつまらない】最新輸入車 個性派3選!

【ただの外車じゃつまらない】最新輸入車 個性派3選!

日本は国産車の人気が高く、輸入車はまだまだニッチな存在といえるかも。それでも世界中の様々に魅力的な車たちを国内にいながらにして楽しめるのは、実はかなり幸せなことですよね。そこで今回は、フランス、ドイツ、アメリカの最新輸入車の中でも、個性際立つ独自の魅力にあふれたモデルを紹介していきます。きっと輸入車が気になってくること間違いなしです。


100万円以下で探す、ドヤれる中古外車! おすすめ3パターン

100万円以下で探す、ドヤれる中古外車! おすすめ3パターン

街中や駐車場で輸入車を見かけると、「一体どんなお金持ちが乗っているんだろう」なんて思うことはありませんか。実は輸入車は、新車価格がかなり高いモデルでも、いざ中古車になると急激にお手頃になるものなのです。周囲の羨望の眼差しを集めてしまいそうな格安中古の外車の選び方を、3パターンでまとめてみました。


BMW i3、ブランド初のフルEVの最新情報!時代に先駆けたその魅力

BMW i3、ブランド初のフルEVの最新情報!時代に先駆けたその魅力

世界中の自動車メーカーがラインナップの電動化を進めている中、欧州で比較的早い段階から電気自動車などの先進的な車両を専売するサブブランド「i」を立ち上げていたBMW。そのiブランド初の市販車であり、BMWとして初の量産フルEVでもある「i3」は、なんと2013年の登場から第一線級のパフォーマンスを維持し続けているベテランです。そんなi3の最新情報をまとめました。


外車のSUV10選!SUVを販売している外車メーカーと代表車種

外車のSUV10選!SUVを販売している外車メーカーと代表車種

アウトドアに使いやすいSUVを探している方にとって、国産車とは違った個性的なエクステリアでラグジュアリーな外車のSUVは魅力的です。しかし価格が高いと感じるモデルもありますし、どんなメーカーがどんな車種を販売しているのか分かりにくいこともあるでしょう。そこで今回の記事では、外車のSUVにはどんな種類があるのか、主なメーカーと代表的なモデルをご紹介します。


BMW M4がサーキットから街中まで活躍できる理由!次期型情報まとめも

BMW M4がサーキットから街中まで活躍できる理由!次期型情報まとめも

2ドアクーペの本格スポーツカーとしての長い歴史を持つBMW M3。その系譜となる「M4」は、美しいクーペスタイルと、最新の直6ターボエンジンの組み合わせによる優れたパフォーマンス、さらに高級感のあるインテリアまで楽しめるという、なんとも欲張りな車です。将来はクラシックとして扱われること間違いなしのM4の魅力を見ていきつつ、すでに発表されている次期型情報も予習しておきましょう。


最新の投稿


ペーパードライバーが運転しても大丈夫?久々の運転はココをチェック!

ペーパードライバーが運転しても大丈夫?久々の運転はココをチェック!

ペーパードライバーならば、免許を持っているけれど日ごろは運転しないことが多いでしょう。しかし仕事の都合上、もしくは転勤などによって急に運転しなければいけないこともあります。今の状況からすぐに運転しても問題ないでしょうか?今回はペーパードライバーが気を付けたいポイントや講習を受けるべきか判断の参考になる情報をご紹介します。


ペーパードライバー講習は行く価値があるの?講習の内容や料金は?

ペーパードライバー講習は行く価値があるの?講習の内容や料金は?

ペーパードライバー講習は、運転免許証を所持していてもあまり運転しない人のためのもの。日ごろから運転しない人や久しぶりに運転する人が活用できるサービスです。今回はペーパードライバー講習について、また講習を受けるべきか確認するのに必要な情報をご紹介します。


縦列駐車のコツと上手なやり方|誰でもスムーズにするためのポイント

縦列駐車のコツと上手なやり方|誰でもスムーズにするためのポイント

運転初心者だけでなく、慣れている人でも縦列駐車は気を付けて運転する必要があります。前の車との距離や後ろのスペース、さらに縁石との距離も確認しなければいけません。切り返しをすると時間もかかるので、焦ってしまいがちです。しかし縦列駐車もコツをつかんでしまえばスムーズにできます。今回は縦列駐車のコツをご紹介します。


【知ってる?】車のバッテリーの正しい充電方法!対処法も紹介!

【知ってる?】車のバッテリーの正しい充電方法!対処法も紹介!

何気なく乗っている車ですが、車はバッテリーなしでは動きません。そんなバッテリー、みなさんは正しい充電方法をご存知ですか?今回はこのバッテリーの仕組みについて説明していきます。


シトロエン新型C4最新情報!国内での販売は?

シトロエン新型C4最新情報!国内での販売は?

シトロエン新型「C4」はCセグメントのSUVクーペとして登場しました。Cセグメントハッチバックの中でも、大胆かつユニークなデザインが採用されたシトロエンの最新デザインの車となります。今回はシトロエン新型C4の紹介をします。