トップへ戻る

BMW M2の実力はどれほど?!ポケットロケットの最新情報まとめ

BMW M2の実力はどれほど?!ポケットロケットの最新情報まとめ

コンパクトで可憐なクーペボディに400PS超の直列6気筒ターボエンジンを搭載してしまうなんて、現代に生きていてよかった!と思わせてくれるような車、それがBMW M2です。伝統と栄光のBMW Mが手がけたスポーツクーペであるM2は、世界中の車好きを唸らせる実力の持ち主でありながら、実は日本にピッタリなサイズという一面も。最新情報をまとめてみました。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ワイドフェンダーに4本出しマフラーがたまらない! BMW M2

BMW M2 CS(海外仕様車)

BMW M2 CS(海外仕様車)

BMWといえば、ラインナップ全てで運転する喜びを感じさせてくれる稀有な自動車メーカーです。そんなBMWの中でも、運動性能の向上に全てを賭したようなハードコアなモデルが、BMW M社が手がける「Mモデル」たちです。

初の市販モデルである伝説のM1が1979年にデビューして以来、M3やM5など、各セグメントでもカリッカリのスポーツ性能で一目置かれてきたMモデルたち。そんなMモデルの現行ラインナップにおいて、末っ子となっているのが、今回ご紹介する「M2」です。

FR2ドアクーペである2シリーズクーペをベースとしたコンパクトさに、あふれるハイパワーエンジンを搭載するというスポーツカーの定石のような成り立ちを持つM2は、末っ子とはいえ攻撃力抜群。

見所たっぷりのM2の魅力を簡単にまとめましたので、ご紹介します。

軽量ボディにハイパワーエンジン、極まる動力性能

BMW M2 コンペティション(海外仕様車)

BMW M2 コンペティション(海外仕様車)

なんといってもM2の魅力の一つは、その本格派のハイパワーエンジンでしょう。伝統の直列6気筒にターボを組み合わせたそのエンジンは、現在販売されているM2 コンペティションではなんと410PSというハイパワーを発揮します。

それだけでなく、ターボエンジンの特徴を活かした低回転域から分厚いトルクも持ち味。最大トルクは2,350〜5,230rpmという低中回転の広い範囲で、こちらも驚きの550N・mを発揮しています。

このトルク値はもはや自然吸気エンジンでは5.0リッター級に相当するような大トルクで、M2のコンパクトなボディをグイグイ加速させるのには必要十分すぎるスペック。

これらの優れたスペックを、ボディサイズに対しては大きめとはいえコンパクトな3.0リッターエンジンで実現できていることなどによって、車両重量は6MTモデルで1,610kgにセーブされている点も、刺激的なドライブを可能にする一因です。

街中でもワインディングでも扱いきれるサイズ感

BMW M2 CS(海外仕様車)

BMW M2 CS(海外仕様車)

BMWのラインナップ中でエントリーモデルとなるのは1シリーズで、かつて設定されていた1シリーズクーペの後継として登場したのが現行の2シリーズです。そのためボディサイズとしてはかなり小柄となっており、M2 コンペティションでも全長は 4,475mmと、4.5m以内に収まっています。

最高出力400馬力級の車となると、かなり大柄なボディを持つものも少なくなく、M2のコンパクトボディは稀有な存在と言えるかもしれませんね。

全幅こそワイドフェンダーのため1,855mmではありますが、近年では国産車でも1.9m近い全幅の車あが増えてきているように、まだまだ扱いやすいサイズ。都市部の路地でも駐車場でも、収まりの良さがあるのでスイスイ運転できそうです。

さらに、運転を楽しむスポーツカーとして輝けるであろう、山道や峠道をドライブする際も、コンパクトなボディサイズなら気を遣わずに済み、素晴らしいドライブフィールにより集中できそうですね。

往年のM3を思わせるアグレッシブなエクステリア

BMW M2 コンペティション(海外仕様車)

BMW M2 コンペティション(海外仕様車)

先ほどコンパクトさをご紹介しましたが、そんなコンパクトボディに設られたアグレッシブな造形の数々は、街中でも注目の的となること間違いなしのスポーティさですね。

特にマッチョに広げられたリヤフェンダーの造形などは、もはやレーシングカーのそれを感じさせるような大胆さ。サイズ的には既に追い越してしまってはいますが、同じくコンパクト2ドアクーペボディで一世を風靡した初代M3を思わせるところもあります。

極め付けは、リヤで存在感を発揮している左右デュアル出しのエキゾースト・テールパイプ。圧倒的な動力性能を持つM2だけに、ライバルにはリヤセクションをずっと見せつけることになりそうですので、このテールパイプとリヤフェンダーは強く印象に残ることでしょう。

改良で大型化されたフロントのキドニーグリルは左右が繋がった造形になっているなど、最新のBMW車らしい表情が印象的なM2。どこをとっても特別にスポーティな仕立てとなっているので、眺めていても飽きませんね。

この性能にして4人乗り、トランクもしっかり!

BMW M2 CS(海外仕様車) インテリア

BMW M2 CS(海外仕様車) インテリア

Mモデルの特徴としては、一部の2シーターモデルを除いては、多人数乗車がベース車同様に可能な点も挙げられるでしょう。M2でももちろんリヤシートは装備されており、スポーティに絞り込まれたキャビンもあって余裕たっぷりとはいきませんが、4人でドライブを楽しむこともできます。

さらに、2シリーズの最上級モデルだけあって室内の仕上げも上質そのもの。カーボンファイバートリムなどでスポーツ性を醸し出しつつも高級感のあるインテリアは、ダコタレザー製のMスポーツシートなどを備えています。

ベースの2シリーズクーペ同様、広いとはいえないトランクスペースはM2の数少ない弱点の一つかもしれませんが、旅行の荷物程度ならしっかり飲み込める390Lの容量が確保されています。

いざというときにはリヤシートのトランクスルー機能もしっかり備えられているなど、意外と?!実用性も担保されているのは、Mモデルの美点をちゃんと引き継いでいる証でしょう。

BMW M2のスペック

【BMW M2 コンペティション MT】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,475mm×1,855mm×1,410mm
ホイールベース2,695mm
最大乗車定員4名
車両重量1,610kg
燃費JC08モード:10.8km/L
エンジン種類直列6気筒ガソリンターボ 2,979cc
エンジン最高出力302kW(410PS)/6,250rpm
エンジン最大トルク550N・m(56.1kg・m)/2,350-5,230rpm
駆動方式後輪駆動(FR)
トランスミッション6速MT
新車価格8,980,000円(消費税込)
(2020年11月現在 BMW公式サイトより)

Mパフォーマンス「M240i」との違いは?価格差は妥当?

BMW M240i クーペ(海外仕様車)

BMW M240i クーペ(海外仕様車)

BMWにおけるスポーツモデルには複数の階級があり、トップモデルとなる「Mモデル」たちの下位には「Mパフォーマンスモデル」たちが控えています。

レースにもそのまま持ち込めるようなカリカリのスポーツ性能を追求したMモデルに対して、より軸足を公道上においているのがMパフォーマンスモデル。2シリーズの例で言えば現在、MモデルのM2と、MパフォーマンスモデルのM240iが並行して販売されています。

この2台、実は搭載するエンジンはどちらも3.0リッターの直列6気筒ガソリンターボエンジンであるなど、スペック的にはやや似通った部分もある点がややこしいところ。特にM240iは、最高出力こそ300PS台に収まっていますが、最大トルクはM2にも迫ろうかという500N・mとなっており、スペックだけ見るとキャラクターの違いが分かりにくいかもしれませんね。

BMW M2 CS(海外仕様車)

BMW M2 CS(海外仕様車)

しかし、実車を見比べると明らかなように、M2はもはや別クラスの本格スポーツカー。エアロパーツの造形もよりアグレッシブなものとなっていますし、特に広げられた全幅のもたらす迫力は、M240iでは得難い部分ですね。

また動力性能でも、スポーツATのみのラインナップとなっているM240iに対して、M2 コンペティションでは6速MTか7速M DCTドライブロジックが選択できるなど、より性能重視であることが窺えるほか、やはりエンジンフィールのパンチではM2 コンペティションが圧勝といった印象です。

新車価格としては、M2 コンペティションはM240iの180万円高に設定されていますが、これらの違いに対して「もはやM2ってバーゲンだ!」と思うのか、「M240iで節約して贅沢しちゃおうかな」と思うのかは、車に求める性能によって差が生まれそうですね。

M2 コンペティションの中古車ならM240iの新車価格程度で購入できる車両も見受けられるので、もしかするとそれもスイートスポットの一つかもしれません。

【BMW M240i クーペ】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,470mm×1,775mm×1,410mm
ホイールベース2,690mm
最大乗車定員4名
車両重量1,560kg
燃費WLTCモード:11.2km/L
燃費JC08モード:12.2km/L
エンジン種類直列6気筒ガソリンターボ 2,997cc
エンジン最高出力250kW(340PS)/5,500rpm
エンジン最大トルク500N・m(51.0kg・m)/1,520-4,500rpm
駆動方式後輪駆動(FR)
トランスミッション8速AT
新車価格7,180,000円(消費税込)
(2020年11月現在 BMW公式サイトより)

BMW M2、2020年最新情報まとめ

ついに登場、究極のM2「M2 CS」が発売開始!…既に完売?!

BMW M2 CS(海外仕様車)

BMW M2 CS(海外仕様車)

2シリーズクーペとして頂点に立ってきたM2 コンペティションをベースに、さらに軽量化と高出力化を行うというブッ飛んだ改良によって誕生した究極のM2こそ、「M2 CS」です。

CSというシリーズ名は「クラブ・スポーツ」を示すもので、それ自体はこれまでもM3やM4など兄貴分たちにもハードコアモデルとして設定されてきましたが、M2に設定されるのは今回が初めてとのこと。そんな特別なグレード名に恥じることのない、さらに極まった性能が実現されています。

なんとボンネットとルーフという面積の広い部品、さらにはフロントスプリッター、リヤスポイラー、リヤディフューザーまでをCFRP製とすることでさらなる軽量化を進められ、M2 コンペティション比で30kgもの軽量化をと低重心化を実現するとともとともに、もとよりパワフルなエンジンをさらに強化。最高出力はM2 コンペティションから40PSも向上した450PSまで強化されています。

BMW M2 CS(海外仕様車)

BMW M2 CS(海外仕様車)

軽量化とパワーアップだけでなく、M4に搭載するアダプティブMサスペンションを標準装備するなど、全方位的にスポーツカーとしての進化を遂げたM2 CS。

M4 CSと同様の、バックレスト部分左右が貫通している独特なデザインが特徴的な「Mコンペティションスポーツシート」など、室内の仕上げも特別感たっぷりで、まさに究極のM2となっています。

2020年4月に国内仕様の発表がなされたのですが、その時点で国内導入枠の60台は全て完売済とされており、もはや新車では手に入れられないM2 CS。ぜひ本物を見かけてみたいものですね。

BMW M2 新車・中古車価格まとめ

BMW M2 コンペティション(海外仕様車) Mパフォーマンスパーツ装着車両

BMW M2 コンペティション(海外仕様車) Mパフォーマンスパーツ装着車両

2020年11月現在のM2の税込新車価格は、M2コンペティションの6速MT仕様が898万円、7速M DCTドライブロジック仕様が923万円となっています。

現在新車販売がされているのはコンペティショングレードのみで、装備が非常に充実しているM2だけにオプション設定もメタリックボディカラーや、電動ガラスサンルーフ、ハーマンカードンHiFiサウンドシステムなど数少ないものに限られています。

そんなオプションの中でも注目なのはMドライバーズパッケージ。なんと最高速度リミッターを250km/hから270km/hへと引き上げるこのオプションは、価格もビックリの税込33.6万円が設定されています。

もはや国内ではサーキットであってもそんな速度域に達することは稀と思われますが、それでもそんなオプションが設定されていることは、M2の本気度を示しているポイントかもしれませんね。

BMW M2 コンペティション(海外仕様車) ダッシュボード

BMW M2 コンペティション(海外仕様車) ダッシュボード

2020年11月現在の中古車市場では、M2クーペが43台、M2 コンペティションが31台の在庫が確認できます。エンジンがよりパワーアップするなどしたコンペティションの方が登場年度も新しく、在庫自体は少なめではありますが人気がある模様。

M2 クーペの中古車平均価格は543.9万円、M2 コンペティションの中古車平均価格は656.8万円と、大幅なフェイスリフトなどがされておらず、いまだに新鮮味のあるM2の価格としてはなかなかお得なのではないでしょうか。

特にM2 クーペでは最安で400万円台から在庫が確認できるなど、お求めやすい点がうれしいですね。

まとめ

BMW M2 コンペティション(海外仕様車)

BMW M2 コンペティション(海外仕様車)

BMWの誇る現行Mモデルで最小となるM2に関してご紹介してきました。

小さいボディながら過激なエアロパーツで武装し、大排気量のハイパワーエンジンで格上のスポーツカーをもカモれそうなスポーツクーペというキャラクターだけでもワクワクしますよね。その上M2は室内も上質で、2シリーズの頂点にふさわしい実力の持ち主と言えるでしょう。

関連するキーワード


BMW 車種情報

関連する投稿


【ただの外車じゃつまらない】最新輸入車 個性派3選!

【ただの外車じゃつまらない】最新輸入車 個性派3選!

日本は国産車の人気が高く、輸入車はまだまだニッチな存在といえるかも。それでも世界中の様々に魅力的な車たちを国内にいながらにして楽しめるのは、実はかなり幸せなことですよね。そこで今回は、フランス、ドイツ、アメリカの最新輸入車の中でも、個性際立つ独自の魅力にあふれたモデルを紹介していきます。きっと輸入車が気になってくること間違いなしです。


100万円以下で探す、ドヤれる中古外車! おすすめ3パターン

100万円以下で探す、ドヤれる中古外車! おすすめ3パターン

街中や駐車場で輸入車を見かけると、「一体どんなお金持ちが乗っているんだろう」なんて思うことはありませんか。実は輸入車は、新車価格がかなり高いモデルでも、いざ中古車になると急激にお手頃になるものなのです。周囲の羨望の眼差しを集めてしまいそうな格安中古の外車の選び方を、3パターンでまとめてみました。


BMW i3、ブランド初のフルEVの最新情報!時代に先駆けたその魅力

BMW i3、ブランド初のフルEVの最新情報!時代に先駆けたその魅力

世界中の自動車メーカーがラインナップの電動化を進めている中、欧州で比較的早い段階から電気自動車などの先進的な車両を専売するサブブランド「i」を立ち上げていたBMW。そのiブランド初の市販車であり、BMWとして初の量産フルEVでもある「i3」は、なんと2013年の登場から第一線級のパフォーマンスを維持し続けているベテランです。そんなi3の最新情報をまとめました。


外車のSUV10選!SUVを販売している外車メーカーと代表車種

外車のSUV10選!SUVを販売している外車メーカーと代表車種

アウトドアに使いやすいSUVを探している方にとって、国産車とは違った個性的なエクステリアでラグジュアリーな外車のSUVは魅力的です。しかし価格が高いと感じるモデルもありますし、どんなメーカーがどんな車種を販売しているのか分かりにくいこともあるでしょう。そこで今回の記事では、外車のSUVにはどんな種類があるのか、主なメーカーと代表的なモデルをご紹介します。


BMW M4がサーキットから街中まで活躍できる理由!次期型情報まとめも

BMW M4がサーキットから街中まで活躍できる理由!次期型情報まとめも

2ドアクーペの本格スポーツカーとしての長い歴史を持つBMW M3。その系譜となる「M4」は、美しいクーペスタイルと、最新の直6ターボエンジンの組み合わせによる優れたパフォーマンス、さらに高級感のあるインテリアまで楽しめるという、なんとも欲張りな車です。将来はクラシックとして扱われること間違いなしのM4の魅力を見ていきつつ、すでに発表されている次期型情報も予習しておきましょう。


最新の投稿


ペーパードライバーが運転しても大丈夫?久々の運転はココをチェック!

ペーパードライバーが運転しても大丈夫?久々の運転はココをチェック!

ペーパードライバーならば、免許を持っているけれど日ごろは運転しないことが多いでしょう。しかし仕事の都合上、もしくは転勤などによって急に運転しなければいけないこともあります。今の状況からすぐに運転しても問題ないでしょうか?今回はペーパードライバーが気を付けたいポイントや講習を受けるべきか判断の参考になる情報をご紹介します。


ペーパードライバー講習は行く価値があるの?講習の内容や料金は?

ペーパードライバー講習は行く価値があるの?講習の内容や料金は?

ペーパードライバー講習は、運転免許証を所持していてもあまり運転しない人のためのもの。日ごろから運転しない人や久しぶりに運転する人が活用できるサービスです。今回はペーパードライバー講習について、また講習を受けるべきか確認するのに必要な情報をご紹介します。


縦列駐車のコツと上手なやり方|誰でもスムーズにするためのポイント

縦列駐車のコツと上手なやり方|誰でもスムーズにするためのポイント

運転初心者だけでなく、慣れている人でも縦列駐車は気を付けて運転する必要があります。前の車との距離や後ろのスペース、さらに縁石との距離も確認しなければいけません。切り返しをすると時間もかかるので、焦ってしまいがちです。しかし縦列駐車もコツをつかんでしまえばスムーズにできます。今回は縦列駐車のコツをご紹介します。


【知ってる?】車のバッテリーの正しい充電方法!対処法も紹介!

【知ってる?】車のバッテリーの正しい充電方法!対処法も紹介!

何気なく乗っている車ですが、車はバッテリーなしでは動きません。そんなバッテリー、みなさんは正しい充電方法をご存知ですか?今回はこのバッテリーの仕組みについて説明していきます。


シトロエン新型C4最新情報!国内での販売は?

シトロエン新型C4最新情報!国内での販売は?

シトロエン新型「C4」はCセグメントのSUVクーペとして登場しました。Cセグメントハッチバックの中でも、大胆かつユニークなデザインが採用されたシトロエンの最新デザインの車となります。今回はシトロエン新型C4の紹介をします。