目次へ戻る

トヨタ 新型スープラの発売日、価格、スペックはどうなる?大胆予想!

トヨタ 新型スープラの発売日、価格、スペックはどうなる?大胆予想!

東京モーターショー2017にスープラが復活し復活か?BMWとの共同開発か?等々、トヨタの新型スープラに関する情報がほぼ毎月のように世間を騒がしています。こちらの記事では今までキャッチされた情報等を元に新型スープラのスペックや価格等がどうなるか?どのような仕様か?等を予想し掲載しています。


トヨタ 新型スープラ、復活はいつ!?東京モーターショー2017には出ない?

「トヨタが新型スープラを開発中」、「トヨタが次回○○モーターショーにてスープラ後継モデルを発表か!?」という情報が何度も世間を騒がせています。

「トヨタがスープラの後継モデルを開発中らしい」という噂は、もう10年以上前からずっと存在しているものの、当然、まだ公式発表はありませんし、何度かテスト走行をスクープされているプロトタイプ車両についても、スープラの後継モデルとの公式なアナウンスはありません。

しかし、トヨタは「スープラ」をここ数年で何度か商標登録しています。

アメリカで2010年に登録し(2014年に再登録済み)、欧州では2016年に登録しているようです。
それまでスープラの後継モデルと噂されていた「S-FR」を2015年にアメリカで登録したにも関わらず、スープラを商標登録するということは…と期待されます。

そして、昨年2016年~今年は例年と少し状況が違うようです。

例年、トヨタの新型スープラのニュースがポロッと出て、その後は音沙汰無しという流れが恒例化していたのですが、昨年初頭の東京オートサロン2016にてトヨタは「S-FR Racing Concept」と「FT-1」を出展しました。

TOYOTA S-FR Racing Concept

TOYOTA FT-1

その東京オートサロン2016の直後、スカンジナビアにて、BMWとの共同開発が噂されている新型スープラと見られる車両のテスト走行が目撃されています。

欧州での「スープラ」商標登録はこの半年後ですので、目撃されたテスト車両が新型スープラなのでは!?と予想したくなります。


その後も2016年は続々とテスト走行のニュースが舞い込んで来ました。2016年秋にはニュルブルクリンクで、”攻めた”テスト走行も目撃されています。

2017年に入ると車両のカモフラージュも薄くなり始め、実践的なテスト走行へ突入したことを教えてくれました。

2017年の夏以降は、ほぼ毎月のように新型スープラと見られるテスト車両についてのニュースが飛び込んで来ている状態です。


そして、2017年の8月には、以前からBMWとの共同開発により新型スープラの兄弟車となると噂される新型Z4のコンセプトモデルである、「BMW『コンセプトZ4』」がペブルビーチ・コンクール・デレガンス2017にて発表されました。

【ペブルビーチ2017】BMW、コンセプト Z4 初公開…次期 Z4 を示唆 | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2017/08/18/298689.html

ドイツの高級車メーカー、BMWグループは8月17日、米国で開幕した「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス2017」において、BMW『コンセプトZ4』を初公開した。

およそ1年前から、にわかに慌ただしくなり始めた新型スープラと目されるテスト車両のニュース。

この状況から予想すると、本当に今年の第45回東京モーターショー2017で(場合によってはトヨタ・BMWどちらかのみの可能性もあり)発表があるかも知れません。大いに期待しながら見守りたいと思います。

フルモデルチェンジの新型スープラはBMWと共同開発に

2013年のトヨタとBMWによる協業発表の中に、スポーツカーの共同開発についても協業していくという内容がありました。

それを受けて、「新型スープラとBMW Zシリーズが兄弟車として共同開発されるのではないか」と予想されています。

2. スポーツカー
・ 両社は、ミッドサイズのスポーツカーに搭載する共通のプラットフォームのコンセプトを決定するためのフィージビリティ・スタディを開始することで合意。お客様によりご満足いただけるよう、両社の技術と知見を高いレベルで融合していく。
同フィージビリティ・スタディは、本年中に完了する予定。その後、両社は、スポーツカーの共同開発に向けた将来の更なる協力について検討していく。

トヨタ スープラとBMW Zシリーズ。

Zシリーズは2シーター、過去のスープラは4シーターですが、共に両社のFRスポーツ車ラインナップの中でも特にスポーツ走行を重視したシリーズであり、BMWとしては4シーターの6シリーズが上位モデルとして存在するものの、車格やコンセプトからも十分な共通点が見られます。

BMW Z4のサイズは全長 4.25m x 全幅 1.79mですので、2シーターながら4シーターであるJZA80スープラの全長 4.52m x 全幅 1.81mに極めて近いサイズとなっています。

因みに、JZA80スープラと同じ4シーターである、BMW 6シリーズのサイズを見てみると…、全長 4.89m x 全幅 1.90mですので、BMW 6シリーズの方が大きいということになります。

以上のことから、もし、新型スープラがBMWとの共同開発車両となる場合、BMW側の兄弟車はZシリーズの新型モデル(BMW Z4の後継モデル)になる可能性が高そうです。

新型スープラ、パワートレインは?スペックはどうなる?

新型スープラがBMWと共同開発となる場合、エンジンやミッションなどのパワートレインはどちらのものを搭載するのでしょうか。

新型スープラのエンジン予想

まず、エンジンについてですが、トヨタ、BMW共に直6エンジンにこだわった自動車メーカーです。

現在では、トヨタはもちろん、国内の普通乗用車のエンジンは、V6やV8エンジンなどに移行していますが、BMWは頑なに直6エンジンを搭載し続けています。

BMWの直列6気筒エンジンは「シルキーシックス」と呼ばれ、「絹のようにこれ以上ないほど滑らかで穏やかに回る」直6の最高峰とも言えるエンジンです。

トヨタも長らく直列6気筒エンジンを採用していましたが、2JZを最後にV型エンジンへ移行。レクサス(LEXUS)についても同様です。

BMWが今後も直列6気筒の改良・開発を続けていくのであれば、新型スープラ・新型BMW Zシリーズには、BMW製直列6気筒エンジン(下位グレードが存在するのであれば、下位グレードにはトヨタ製直列4気筒)を採用することになる可能性が高いでしょう。

しかし、トヨタにもGRエンジンという優れたエンジンV型があります。
上位グレードにはトヨタのV型エンジンを搭載するという可能性も否定できませんが、一番のメインエンジンという意味では、現状、BMW製直列6気筒エンジンが最有力ではないでしょうか。

また、ターボモデルの存在も気になります。

BMWの3気筒エンジンやレクサスのIS200tに採用されているような「ダウンサイジングターボ」が導入されて久しいですが、新型スープラ(新型BMW Zシリーズ)の車格から考えると、ダウンサイジングシングルターボをメインとは捉えにくいと思われます。

BMW Z4(E89)の最上位モデルである「sDrive35is」(3L直列6気筒ツインターボ)のエンジン&タービンが新型スープラ(新型BMW Zシリーズ)のパワーユニットとしては相応しいでしょう。

新型スープラのミッション予想

ミッションについてはどうなるのでしょう。

トヨタのパワートレインと言えば「TNGA」が頭に浮かびますが、エンジン&ターボがBMW製となるとミッション以降のみを使用することになり、パワートレインという意味合いでの「TNGA」のコンセプトからは外れてしまうように思えます。

TNGAについてはトヨタ次第と言ったところでしょうか。

「TNGA」って何??トヨタの次世代車両技術をわかりやすく解説!

http://matome.response.jp/articles/77

「もっといいクルマづくり」を目的にしたトヨタの次世代車両技術「TNGA」。ここではTNGAとはそもそも何か?また、TNGAに関連する新技術などをわかりやすく、詳しくまとめていきます。

レクサスのパワートレインでは、6速以上の多段式ATが早くから採用され、またパドルシフトを採用するモデルもかなり初期段階から存在していますが、レクサスのミッションは評価が分かれているのが実際のところです。

ZF製ATミッションを採用する可能性も捨て切れませんが…。

対するBMWは、BMW Z4(E89)sDrive35isに、「DCT(デュアルクラッチトランスミッション)」を採用するなど、スポーツ走行を前提としたトランスミッションの搭載を積極的に進めているようです。

パワートレイン全体で見てもBMWを採用するのが濃厚のように思えます。

以上のことから、ミッションについてもグレードによって搭載メーカーが変わる可能性が高いかも知れません。

新型スープラ ハイブリッドモデルは?

新型スープラ、新型BMW Zシリーズのハイブリッドモデルはどうなるでしょう。
実際に購入を検討するのであれば、燃費が気になるという方もいらっしゃるかと思います。

実は、トヨタ・BMW両社とも燃費向上には力を入れており、ハイブリッドパワートレイン開発は得意なようです。

どちらのメーカーのものが採用されることになるのかは全く不透明ですが、トヨタは「TNGA」の提唱によって既に燃費だけではなく、自動車のパッケージ自体を改良してきた実績がありますし、BMWも、BMW i8などで示したような高い走行性能と高燃費を両立したプラグインハイブリッドを開発しています。

スープラに対して燃費を気にするかどうかは別の話ですが、現在の世界的な流れを見ても、新型スープラ、新型BMW Zシリーズには”何らかの”ハイブリッドモデルまたは、ハイブリッドを一部に採用したパワートレインを採用する可能性が高そうです。

新型スープラ 足回り予想

足回りについてですが、新型スープラでは、国内を想定した走行性能で開発・制作されると考えるのが普通ですので、それを踏まえて予想していきます。


まず、タイヤサイズですが、スクープされたテスト車両を見ると17インチが装着されているようです。

サーキットを走行している写真では18インチでしょうか…?

コンセプトモデルながら、2016年にトヨタから発表されている「S-FR Racing Concept」と「FT-1」を参考にしてみましょう。
「S-FR Racing Concept」は17インチ程度でしょうか。「FT-1」に至っては、21インチと見られるサイズのタイヤを履いています。

新型スープラの車格としては「FT-1」の方が近いと言えますが、流石に21インチを採用することはないと思います。

レクサスLFAは20インチを採用したことから考えると、新型スープラは19インチ程度になるのではないかと予想されます。

ブレーキは、性能面でも4輪ディスクブレーキが当然採用されるでしょう。

サスペンションはダブルウィッシュボーンと考えるのが自然ですが、BMWには独特なセントラルアーム式サスペンションが存在します。

これはBMW Z4にも採用されていて、トラクションや直進安定性能向上に効果的とのことから有力候補です。

しかし、レクサスLFAでは、フロントにダブルウィッシュボーン、リアにはインテグラルアーム式(5リンク式マルチリンク)が採用されており、BMWにもインテグラルアーム式を採用したモデルは存在しますので、こちらが選択される可能性が高いかも知れません。

新型スープラ スペック予想

これまでの予想を考慮しつつ、新型スープラがメイン・下位・上位モデルの3グレードでリリースされた場合の予想スペック一覧は多少大胆かも知れませんが、以下のようになるのではないかと予想します。

下位モデルメインモデル上位モデル
エンジン排気量BMW 直6:3,000ccBMW 直6: 3,000cc ツインターボトヨタ V6:3,500cc ツインターボ
出力/トルク260ps / 31kgf-m350ps / 48kgf-m420ps / 53kgf-m
ミッション6速AT7速DCT7速 M DCT Drivelogic
タイヤ18インチ19インチ20インチ

新型スープラ、価格はどうなる?

BMWとトヨタスープラではかなり車両価格に開きがあります。
この価格差をどのように解決してくるのか、または価格差は当然というスタイルでリリースされるのか予想してみましょう。

まず、最終型であるJZA80スープラの後期モデルの新車販売価格は280~480万円ほどでした。
対するBMW Z4の新車販売価格は485~850万円となり、最も安いグレードで205万円、最上位グレードだと370万円もの価格差がありました。

トヨタスープラとして新型スープラが発売されるとすると、JZA80スープラとほぼ同車格だった「ソアラ」や「アリスト」、他車のライバル車の価格を考慮し、国内価格は下位グレードで450万円、上位グレードは700万円といったところでしょうか。

BMWブランドがどのように価格に影響するのか不明ですが、それでも状況を考えると気軽に買える価格とはいかないでしょう。

新型スープラ、デザインは?スパイショット画像集

現在、新型スープラと見られるテスト車両のスクープショットや、コンセプトモデルで発表されている同系統の他車から、新型スープラのデザインを予想してみたいと思います。


まず、以前からスープラの後継モデルと言われていた「FT-1」。
海外のプレミアムスポーツカーのようなロングノーズと、空力特性に優れるであろう流線型のボディが特徴的です。

フロントバンパー下部には大きなダクト。

ヘッドライト下のダクトはブレーキ冷却用ダクトでしょうか?複雑なバンパー形状をしています。

スマートに絞り込まれたサイドに、リアフェンダー前部からもタイヤハウス方向へ冷却用と思われるダクトが開けられています。

リアは現代のスポーツカーらしいデザインと、空力を考えたアンダーカバー一体型のディフューザーが見えます。

こちらは目下新型スープラと言われているテスト車両です。

詳細は分からないようにダミーカバーで覆われています。

やはりフロントバンパーには複数のダクトが開き、複雑な形状のように見えます。

サイドの絞り込みデザインは現時点では見られませんが、フェンダーはかなり広げられていますね。

全体的に丸みを帯びたデザインは、「FT-1」よりも「80スープラ」に近いデザインのようにも見えます。

未だ人気のトヨタ 80 スープラ!中古車価格や維持費、人気の理由は?

http://matome.response.jp/articles/938

2017年10月現在、トヨタのスープラが新型へフルモデルチェンジし復活するのか否か?という話題が世間を賑わせていますが、当記事では中古市場で未だ人気の高い「80 スープラ」についての中古車価格の平均や何故中古でも人気なのか?また、燃費や車両税、重量税を含めた維持費はどのくらいなのか?についてをまとめています。

中古市場において、未だ人気の衰えない80スープラについてと、歴代スープラについての情報をまとめています。

BMWらしさが見え隠れするショットもあります。

リアのディフューザーは確認できませんでしたが、左右に振られた2本出しのマフラーは「S-FR Racing Concept」のものとは違うようです。

ブレーキランプもBMW Zシリーズとは違うようですね。

ヘッドライト形状こそ違うものの、全体的にペブルビーチ・コンクール・デレガンス2017で発表されたBMW『コンセプトZ4』のデザインに似ているようにも見えます。

ここからどのようにトヨタスープラらしいデザインにしていくのでしょうか。エクステリアデザインについても引き続き目が離せません。

最後に

これまでもずっと噂の中心だった新型スープラ。
BMWとトヨタの共同開発という話も真実味を帯びてきました。

国内外問わずファンの多い大人気車のスープラですから、東京モーターショー2017で発表されるのであれば、その性能やスペック如何に関わらず、新型スープラが東京モーターショー2017の目玉になることは間違いないでしょう。

【10月13日更新】東京モーターショー2017 予想されてる出展車両一覧!

http://matome.response.jp/articles/661

【10/13情報更新】2017年10月27日~11月5日の10日間で開催される東京モーターショー。本記事では2017年10月開催の東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両予想)をまとめて掲載しています。最新の情報を随時更新してお届けしますので、気になる方は是非チェックしてみてください。

関連する投稿


トヨタのハイエース一部改良!発売は12月1日から

トヨタのハイエース一部改良!発売は12月1日から

トヨタのハイエースが生誕50周年を迎えました。そしてハイエースおよびレジアスエースを一部改良、12月1日から販売開始予定です。今回の一部改良で、どういった点が変更になるのでしょうか。改めて見ていきたいと思います。


子育て世代におすすめ!スライドドア搭載のコンパクトカー6種

子育て世代におすすめ!スライドドア搭載のコンパクトカー6種

スライドドアはミニバンだけ…。なんて思っている人いませんか?今では軽自動車~コンパクトカーに至るまで、スライドドアが搭載されている車種は幅広いです。値段も大抵は200万以下、スライドドアでユーティリティが高くて…。今回はそんなオススメのコンパクトカーのスペック&価格を一挙ご紹介いたします。


日本が誇る低燃費!トヨタ アクアがマイチェン!燃費・性能・評価は

日本が誇る低燃費!トヨタ アクアがマイチェン!燃費・性能・評価は

低燃費なコンパクトカーとして人気が高い、トヨタのアクア。6月にマイナーチェンジを行いました。そして11月、特別仕様車も登場しています。今回は改めて、アクアの性能・スペック・燃費・価格・中古価格についても見ていきます。


トヨタのハリアーが6月にマイチェン!ターボ車を新設定・試乗感想は?

トヨタのハリアーが6月にマイチェン!ターボ車を新設定・試乗感想は?

トヨタのクロスオーバーSUV、ハリアーが6月にマイナーチェンジを経て新たに発売されました。マイチェンで、2.0L直噴ターボエンジン8AR-FTS型を搭載したターボ車を新設定。また、Toyota Safety Sense Pを標準装備するなど進化を遂げています。今回はこの新型ハリアーについてまとめています。


トヨタ 新型RAV4が日本復活!?デザインや価格、仕様はどうなる!?

トヨタ 新型RAV4が日本復活!?デザインや価格、仕様はどうなる!?

トヨタの世界戦略車の一つ、クロスオーバーSUVのRAV4が2019年に噂されているフルモデルチェンジを機に、日本での販売が復活する可能性が出てきました。新型RAV4の予想されるデザインや、スペック、価格などについて掲載しています。


最新の投稿


マツダ アクセラスポーツの情報一覧!価格やスペック評価を完全網羅!

マツダ アクセラスポーツの情報一覧!価格やスペック評価を完全網羅!

マツダ独自の技術である「SKYACTIV(スカイアクティブ)」とデザインコンセプト「魂動(こどう)」を採用したCセグメントハッチバックのマツダアクセラスポーツ。アクセラはセダンもありますが今回はスポーツの方にスポットを当てて、基本スペックや価格、ユーザーの口コミ評価などを合わせて詳しくご紹介していきます。


日本初!カバンサイズに折りたたみ可能な電動スクーターが誕生!!

日本初!カバンサイズに折りたたみ可能な電動スクーターが誕生!!

自動車で行くほどではないけど、歩くのはちょっと遠い…という距離の移動など気軽なチョイ乗りで活用できる折りたたみ電動原付スクーター『Airwheel Z5』。日本初の折り畳み可能なコンパクト原付スクーターを詳しく紹介していきたいと思います!!


マツダの人気コンパクト、デミオ!スペック、価格、評価など一挙掲載!

マツダの人気コンパクト、デミオ!スペック、価格、評価など一挙掲載!

人を魅了するデザインと質感を持ち、さらに軽やかで素晴らしい走行性能で大人気のマツダデミオ。一体どのような車でなぜ人気なのか、スペックや新車・中古車価格、燃費性能やユーザーの口コミ評価までじっくりと見ていきたいと思いますので、デミオが気になる方は是非参考にしてみてください。


マツダ アテンザセダンの評価や中古車価格は?他スペック、燃費など網羅!

マツダ アテンザセダンの評価や中古車価格は?他スペック、燃費など網羅!

2002年に発売が開始されたマツダのアテンザ。2度のフルモデルチェンジを経て現行モデルに至ります。アテンザのボディタイプにはセダンとワゴン(スポーツワゴン)の2種類が設定されています。本記事ではアテンザセダンの方に注目し、スペックや価格、ユーザー評価まで様々な視点から魅力をお伝えしていきます。


トヨタのハイエース一部改良!発売は12月1日から

トヨタのハイエース一部改良!発売は12月1日から

トヨタのハイエースが生誕50周年を迎えました。そしてハイエースおよびレジアスエースを一部改良、12月1日から販売開始予定です。今回の一部改良で、どういった点が変更になるのでしょうか。改めて見ていきたいと思います。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング