目次へ戻る

新型CR-V!ホンダのミッドサイズSUVが2018年日本復活!ハイブリッド導入

新型CR-V!ホンダのミッドサイズSUVが2018年日本復活!ハイブリッド導入

2018年に、ホンダのミッドサイズSUV・CR-V(シーアールブイ)が復活すると噂されています。2016年に日本では販売終了となったCR-Vですが、昨今のSUV人気・市場拡大を受けてホンダのCR-Vも再始動スタートです!!また、今回のCR-Vには、e-powerに似た性能を持つハイブリッドモデルも搭載される!?かも!


ホンダのSUV・新型CR-Vが2018年に復活!?

東京モーターショー2017にて、ホンダの八郷隆弘社長は新型『CR-V』を2018年に日本市場に投入することを明らかにしました。

八郷社長は、CR-Vの日本投入について、「軽自動車やミニバンが多くホンダらしいクルマが少なくなったと言われる中でホンダにはグローバルで通用する強いモデルがある」とした上で、「新型CR-Vを来年日本に投入する。ハイブリッド仕様や3列仕様をラインアップし、幅広くSUV価値をお届けする」と語っていました。

新型CR-Vは海外では販売が始まっているものの、日本では4代目の販売が終了した2016年9月以降、カタログモデルから外されています。

ホンダのSUV CR-Vとは

CR-Vは、ホンダが生産販売を行っているミッドサイズのSUVです。

1995年に登場以来、人気を博していましたが、海外指向が強まり、フルモデルチェンジを行うたびにボディサイズが大きくなるなどしたことで、日本での人気が落ち込みました。また、2013年に、CR-VよりもコンパクトなコンパクトSUVヴェゼルが発売されたこともCR-Vの存在感を薄れさせる結果となりました。

2016年には国内販売を終了したものの、2017年の東京モーターショーでホンダの八郷社長が発表したように、2018年にCR-Vが日本で復活します。

ホンダ 新型CR-V エクステリア(外装)

ホンダ 新型CR-V インテリア(内装)

※2018年モデル/CR-V

※2018年モデル/CR-V

※2018年モデル/CR-V

※2018年モデル/CR-V

ホンダ 新型CR-V ハイブリッド搭載!システムの仕組みは日産e-POWER風?

フランクフルトモーターショー2017で展示されていたのは、『CR-V ハイブリッド プロトタイプ』。

これは、新型『CR-V』をベースに開発された欧州向けハイブリッド車のプロトタイプになります。

ホンダのハイブリッド技術がSUVに搭載されるのは、欧州では新型CR-Vが初。

ハイブリッドシステムは、2.0リットル直列4気筒ガソリン「i-VTEC」に2個のモーターを組み合わせた「i-MMD」(インテリジェント・マルチモード・ドライブ)というもの。

このハイブリッドシステムは、日産のe-POWERのシリーズハイブリッド方式、に仕組みが似ていて、2.0リットル直列4気筒ガソリン「i-VTEC」エンジンを発電に用いて、モーター走行を行い、巡航の際にはエンジンのみで駆動することからとても効率良く走行できそうです。

新型CR-Vは、1.5リットル直噴ターボエンジンを搭載する「スポーツ ターボ」と、2モーターハイブリッドシステム「スポーツ ハイブリッド i-MMD」を搭載する「スポーツ ハイブリッド」の2タイプをラインアップする。

新型CR-Vは、北米や韓国など、グローバル市場に順次投入されているが、ハイブリッドモデルは歴代初。スポーツ ターボは6.2リットル/100km(中国総合燃費モード)、スポーツ ハイブリッドは4.8リットル/100km(同)という優れた燃費性能を実現している。

ホンダ 新型CR-V パワートレインは?


CR-V、気になるパワートレインですが、海外仕様の2018年モデルに特に変更はないそうです。

直噴2.4リットル DOHC「i-VTEC」エンジン:最大出力184hp
直噴1.5リットルターボエンジン:最大出力190hp

ホンダ 新型CR-V 安全性能も抜群!先進運転支援システム(ADAS)の充実

海外の2018年モデルでは、先進運転支援システム(ADAS)の充実ぶりが特徴と言われています。

CR-Vの2018年モデルには、前方衝突警告(FCW)と歩行者検知機能を備えた衝突軽減ブレーキ(CMBS)、車線逸脱を伴う道路逸脱軽減(RDM)などの機能を含む「ホンダ・センシング」を、「EX」以上のグレードに標準装備します。

また、低速追従機能付きのアダプティブクルーズコントロールとレーンキーピングアシストも付きます。

ブライドスポットインフォメーション、リアクロストラフィックモニター、自動ハイビームヘッドライトをオプションで用意しています。

安全装備の充実が見られますね。

ホンダ 新型CR-V ボディサイズは?ヴェゼルよりも大きい

ホンダのコンパクトSUV・ヴェゼル

気になる、新型CR-Vのボディサイズです。

ボディサイズ:全長4,605mm×全幅1,820mm×全高1,685mm
ホイールベース:2,630mm

※海外仕様車


これは、ホンダのヴェゼルよりもひと回り大きく、従来型の大きさに近いです。
参考 ヴェゼル:全長4295×全幅1770×全高1605mm

ホンダ 新型CR-V 新型投入でCR-Vは海外でも好調!!

ホンダの米国法人であるアメリカンホンダの2017年上半期(1~6月)の米国新車販売の結果によれば、総販売台数は79万1886台。前年同期比は0.1%減でした。

一方で、79万1886台の全販売台数の内訳は、乗用車が前年同期比6.7%減の38万8067台と、減少傾向。一方、SUVなどのライトトラックは、7.3%増の40万3819台と好調でした。中でも、ライトトラック(SUV/ピックアップトラック/ミニバン)系は、主力車種の『CR-V』が、18万7256台。

やはり新型の投入効果でしょうか。前年同期比は17.7%増と、2桁増を達成しています。

【最後に】2018年、ホンダから目が離せない!

本記事では、2018年に発売・日本復活を期待されているホンダのミッドサイズSUV、CR-Vについて今わかっている情報をまとめました。根強いファンが多いCR-V。発売が気になりますね。

2018年、CR-Vはもちろんですが、ホンダからは他にも生産終了したセダン、インサイトの復活や、S660の上位に位置すると言われるS1000の導入も噂されています。

ホンダの新型車が気になる方は下記記事もあわせてご覧ください。

インサイト/ホンダ

S1000/ホンダ

【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

https://matome.response.jp/articles/1061

主な国産車メーカーの新型車・新車最新情報をまとめました。ホンダファンのみなさまも、ぜひご覧ください!!

関連するキーワード


ホンダ 車種情報 CR-V SUV

関連する投稿


三菱新型SUV!エクリプスクロス最新情報 発売日・性能・価格ほか

三菱新型SUV!エクリプスクロス最新情報 発売日・性能・価格ほか

東京モーターショー2017にて、日本仕様車が初公開された、三菱の新型SUVであるエクリプスクロス。実は、三菱の「エクリプス」をSUVとして復活させた車だということ知っていましたか。今回は三菱の新型SUV・エクリプスクロスの、性能・価格・発売日などを見ていきます。


【本日12月14日発売】マツダの新型SUV CX-8 価格・スペック・最新情報!

【本日12月14日発売】マツダの新型SUV CX-8 価格・スペック・最新情報!

2017年9月14日、マツダから7人乗りの新型SUV、CX-8が正式に発表されました。9月14日から予約開始となり、発売は12月14日。もう間もなくです!!本記事では気になるCX-8についての価格、燃費、スペックなどについての情報をまとめています。


ボルボ 最小クロスオーバーSUV 新型XC40!発売は2018年か 価格・スペック他

ボルボ 最小クロスオーバーSUV 新型XC40!発売は2018年か 価格・スペック他

ボルボの最小クロスオーバーSUVとされる、XC40の情報が続々と上がってきています。日本カー・オブ・ザ・イヤーにも輝いたXC60は、XC40の兄貴分にあたります。今後大注目間違いなしのXC40について最新情報をお届けいたします!


ホンダの新型シビックセダン 最新情報 価格・スペック・燃費・試乗評価

ホンダの新型シビックセダン 最新情報 価格・スペック・燃費・試乗評価

ホンダのシビックが満を持して2017年9月に国内復活を遂げました。名車と名高いシビック。今回はフルモデルチェンジを行った新型シビックセダンについて、新車価格・燃費・スペック・試乗評価・エンジン性能・タイプ別売れ筋・人気は?などといった最新情報をお届けいたします。そしてシビックの人気ぶりがわかるエピソードも…。


【2017年決定版】3列/7人乗りSUV 国産車&外車 全19車種を一覧比較!

【2017年決定版】3列/7人乗りSUV 国産車&外車 全19車種を一覧比較!

ファミリーカーとして人気を博しているミニバンに待ったをかけるのが、多人数も乗れるSUV。最近では3列シート・7人乗りSUVが続々市場に導入されています。本記事では、現在日本で購入可能な、現役の国産車から外車まで、ありとあらゆるメーカーの「3列シート/7人乗り SUV」についてまとめてご紹介します。


最新の投稿


還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

2017年4月24日、日産のスカイラインが誕生から60周年となり人間で言う「 還暦」を迎えました。過去の初代から13代目スカイラインまでのモデルの振り返りと共に、歴史やその年の出来事、流行したファッションについてと、60周年を記念して開催されていたイベントを一部紹介しています。


後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

皆様は車の運転の際、シートベルトをきちんと着用していますか?運転席や助手席だけでなく安全な運転のために、後部座席もシートベルト着用の義務があります。今回はシートベルトの着用率を都道府県別に見ていきましょう。果たしてシートベルト着用率の高い1番安全な都道府県はどこなのでしょうか?


うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

雪が降り始めると車の事故やトラブルも増えますね。特に、暴風雪による多重衝突事故や道路での立ち往生…などの被害は大きいです。降雪が多い時は車での外出は避けた方が無難ですが、そうも言ってられませんよね。もし立ち往生してしまった時備えておけば心強い。そんなグッズをご紹介します。備えあれば憂いなしですよ!!


【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

2017年の冬も厳しい寒さ&降雪が予想されています。つまりそれはウィンタースポーツ、スキーやスノボーが楽しめるということでもですね!ここで心配なのが雪道での車のスリップ!貴方の車は大丈夫ですか?貴方と貴方の大切な人を守ってくれる、雪道に強いオススメの車最新情報をお届けいたします!この車たちで冬を熱く楽しみましょう!


【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

痛車・痛バイクオーナーの皆さんに朗報です。2018年2月25日(日)、中古車買取のカープライスが川崎大師にて、痛車・痛バイク100台規模の交通安全祈願イベント『川崎大師 痛車・痛バイク 交通安全祈願2018』を開催します。先着100台は参加費が無料、イベントの内容を紹介します。