トップへ戻る

スタッドレスタイヤって何?履き替えるタイミングや選び方もご紹介!

スタッドレスタイヤって何?履き替えるタイミングや選び方もご紹介!

冬場のドライブにはスタッドレスタイヤが欠かせません。厳しい寒さを迎えるエリアであれば、積雪に備えて毎年履き替えている方が多いでしょう。雪上や氷上ではノーマルタイヤでは走行が不可能になり、立ち往生したり重大な事故の原因となってしまったりします。悪条件下でも安心して走行できるスタッドレスタイヤとはどのようなものでしょうか?履き替えるタイミングや選び方までご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


スタッドレスタイヤとは?

横浜ゴムのスタッドレスタイヤ『アイスガード6』 オールシーズンタイヤ『ブルーアース4S』

横浜ゴムのスタッドレスタイヤ『アイスガード6』とオールシーズンタイヤ『ブルーアース4S』

スタッドレスタイヤとは、雪上や氷上でも安心して走行できるタイヤです。通常の路面と比較して摩擦が少なく、滑りやすい路面でも、柔らかいゴムと深い溝があるスタッドレスタイヤなら路面を捉えられるので、止まる・曲がることができます。

そもそもスタッドレスタイヤというのは、スタッド(鋲)がレス(ない)という意味です。タイヤに鋲がついていると、雪上でも安心して走行できますが、路面を削ってしまうというデメリットがありました。現在では、鋲がないという意味の、スタッドレスタイヤが一般的になり、冬の道でも安心して走行できるようになっています。

低温の路面でもグリップを保つために柔らかいコンパウンドが使用されていること、また細いブロックや細かい横溝があるなどの特徴があります。

ゴムが柔らかいことから、ドライ路面ではふわふわとした感触になりますが、これは過酷な冬道でも性能を発揮できるようにしなやかさがあるからです。各メーカーがゴムの品質やトレッドパターンに工夫を凝らしているので、積雪地帯でもスタッドレスタイヤで走行できます。

もちろんチェーン規制になってしまうと、スタッドレスタイヤを装着していても、チェーンが必要です。豪雪地帯で運転する、もしくは訪問する予定があるならば、念のためにチェーンを積んでおくとよいでしょう。

スタッドレスタイヤが必要になるときは?

ミシュラン X-ICE SNOW

ミシュラン X-ICE SNOW

スタッドレスタイヤは冬用タイヤとも呼ばれるので、積雪があったり、凍結したりする路面で威力を発揮します。滑りやすい路面になると、夏用タイヤでは発進できない、停止できないなどとハンドル操作ができなくなります。

その点、スタッドレスタイヤを装着していると、しっかりと止まる・曲がると車に必要なハンドル操作ができるので、安心して走行できるのです。雪が降らない地方であれば、スタッドレスタイヤが必要になるシーンは少ないかもしれませんが、凍結路や降雪時に自身が事故によって被害を受けるだけでなく、他の交通の妨げになることもあります。

雪が降らなくても、橋の上など凍結しやすい道路を走行するのであれば、万全を期してスタッドレスタイヤを装着していると安心でしょう。

スタッドレスタイヤの選び方

ミシュラン X-ICE SNOW

ミシュラン X-ICE SNOW

スタッドレスタイヤを選ぶときのポイントを見ていきましょう。一口にスタッドレスタイヤといっても、強みとなる性能が異なるので、普段の使用シーンに合わせたタイヤを選ぶとよいでしょう。

走る環境で選ぶ

グッドイヤー スタッドレスタイヤ ICE NAVI 6

グッドイヤー スタッドレスタイヤ ICE NAVI 6

冬の間にどのような環境で走るのかは、スタッドレスタイヤを選ぶときの大きな要素です。例えば、毎日雪が積もっている環境もありますし、夜間に一部分が凍結するだけという地域もあります。

もし凍結路が多いのであれば、氷上性能に優れているスタッドレスタイヤがおすすめです。柔らかい特殊なゴムが使用されているので、路面にしっかりと密着してグリップを確保します。またブロックやサイプと呼ばれる細かな溝の角でしっかりと路面を引っ掻くので、発進しやすくなります。

さらにほとんどの期間でドライ路面を走行し、雪や氷の路面が少ないのであれば、ドライやウェットコンディションでの走行性能の高いタイヤがよいでしょう。一般的にスタッドレスタイヤはノーマルタイヤと比較して、ウェット路面で滑りやすくなります。雨天での性能の高さをウリにしているタイヤを選ぶとよいでしょう。

車の種類に合わせて選ぶ

ミシュラン X-ICE SNOW

ミシュラン X-ICE SNOW

車の種類に合わせてスタッドレスタイヤを選べます。例えば、サマータイヤでもミニバン用のタイヤがあります。これは、ミニバンは背が高く不安定な走行性能になりがちだからです。路面との接地を安定させるために、サイドの剛性強化が図られています。

また近年人気のSUVも、重心が高く車重があることが特徴です。柔らかいゴムを使用しているスタッドレスタイヤは、相反する点を両立する必要があります。乗用車用のスタッドレスタイヤの技術を最適化することで、SUVにも高性能なスタッドレスタイヤがラインナップされているので、専用タイヤを選べるでしょう。

雪上・氷上性能で選ぶ

ミシュラン X-ICE SNOW

ミシュラン X-ICE SNOW

スタッドレスタイヤの性能は向上しており、氷上や雪上でのグリップを高める工夫がされています。気泡やゲル、シリカなどを含ませて、水膜を取り除くような仕組みが取り入れられています。さらにゴムの劣化や硬化を防いで、路面と密着させているのです。

その他に、溝やトレッドの形状でも独自のものが採用されているなど、路面にグリップさせるために試行錯誤されているのです。高いモデルほど値段も高くなり、性能もよいタイヤになりますが、どれほど降雪や凍結があるのかと必要な性能のバランスを考えてスタッドレスタイヤを選択するとよいでしょう。

寿命の長さで選ぶ

横浜ゴム

横浜ゴム

スタッドレスタイヤは柔らかいゴムを使用しているので、摩耗が早いことが特徴です。新品時から50%摩耗すると、冬用タイヤとしての性能が保証されなくなるなど、ノーマルタイヤよりも交換の頻度が高いです。

使用している期間が短いですが、3シーズンから4シーズン使用されることが多いといえます。それも、タイヤ公正取引協議会で3年間は同等の性能を保つことが確認されているのです。適切な環境下で保管しているならば、3年間は同じ性能を期待できます。

しかしスタッドレスタイヤをできるだけ長く使いたいと思っているならば、耐摩耗性に優れたモデルにするとよいでしょう。雪上や氷上での安全性はもちろんですが、耐久性も考慮してスタッドレスタイヤ選びをすると、寿命が長いスタッドレスタイヤを選択できます。

スタッドレスタイヤへの交換の仕方

タイヤ交換

交換方法を知ろう

スタッドレスタイヤに自分で交換するときの手順を見ていきましょう。

まず必要なものとして、以下のものがあります。

・スタッドレスタイヤ
・交換するナット
・ジャッキ
・ホイールレンチ
・軍手
・マイナスドライバー

それでは、実際の手順をみていきます。

1. ホイールカバーを外す

ホイールカバーを外します。専用の工具かマイナスドライバーでカバーの爪を折らないように注意しながら、外します。

アルミホイールであれば、不要な工程です。

2. ナットを緩める

ホイールレンチでナットを緩めていきます。完全に緩めるのではなく、手で回る程度にしましょう。完全に緩めるのは、ジャッキで車体を上げてからです。

3. ジャッキアップする

車載ジャッキなどで車体を上げます。ジャッキアップするときは、ジャッキポイントにかかっているかよく確認しましょう。

パンタグラフジャッキには、補助工具とボックスレンチでT型レンチのようにしてジャッキを上げると簡単です。

4. タイヤを取り外す

ナットが仮止めになっているので、手でナットを外してからタイヤを外します。ジャッキで持ち上がっている状態ですので、乱暴に作業しないようにします。

5. タイヤを交換する

用意したスタッドレスタイヤに交換します。スタッドレスタイヤの溝が残っていることを再度確認して、交換していきましょう。

6. ナットを手で締める

タイヤを交換できたら、ナットを締めていきます。タイヤを外す手順の逆で行います。手で回るところまでナットを締めるようにして、ねじ山がつぶれないようにしましょう。

7. ジャッキで車を下ろす

タイヤの下に工具がないことを確認し、タイヤが地面につくまでゆっくりとジャッキを下しましょう。

8. ナットをレンチで締める

タイヤが地面にしっかりと接地していることを確認して、レンチでナットを締めていきましょう。可能であればトルクレンチで締め付けるとよいでしょう。

9. ホイールカバーを取り付ける

ホイールカバーがついていたのであれば、ホイールカバーをもとに戻して作業が完了です。空気を入れていなかったのであれば、装着してから空気圧もチェックしておきましょう。

スタッドレスタイヤが必要な時期

雪上のスタッドレスタイヤ

場所によっては冬は必須?!

スタッドレスタイヤは、降雪時や凍結路で威力を発揮します。しかし雪の多い知識では、雪が降ってからではお店が混んでいたり、必要なサイズが売り切れていたりすることもあります。雪が降っていなくても、気温が3度ほどになると、凍結の可能性があるので早めに交換しておきましょう。

昼間は気温がある程度あっても、明け方などに凍結する危険性があります。使用環境に合わせて早めの交換を心がけるとよいでしょう。

まとめ

雪上のスタッドレスタイヤ

スタッドレスタイヤで冬も快適なドライブを!

スタッドレスタイヤはどれも同じものではなく、実際に使っているユーザーの口コミや得意としている使用シーンなどを考えて選択すべきです。価格やスペックを見て判断しがちですが、大切な家族や自分自身の命を預かる大切なタイヤですので、自分の使用シーンにあったものを選択しましょう。

また、予想しなかった降雪時でも安全に運転できるように、早めに交換することをおすすめします。

関連するキーワード


スタッドレスタイヤ

関連する投稿


スタッドレスタイヤ タイプ別おすすめ12選!価格を比較!

スタッドレスタイヤ タイプ別おすすめ12選!価格を比較!

こちらの記事では、スタッドレスタイヤの必要性と、選び方について紹介すると共に、スタッドレスタイヤの価格、性能からSUVや軽自動車、ミニバン向きにこの冬おすすめのスタッドレスタイヤを紹介しています。


タイヤチェーンの選び方とおすすめ5選|取り付け方・価格を比較

タイヤチェーンの選び方とおすすめ5選|取り付け方・価格を比較

冬に雪道を走る時にスタッドレスタイヤを使用するだけでなく、さらにあると安全性が増すのがタイヤチェーン。しかし種類が複数存在するのでどれを選ぶべきか悩まれる方も多いと思います。今回は種類の解説だけでなく、価格や取り付け方も合わせて紹介しますので、愛車にピッタリのおすすめタイヤチェーンを見つけましょう。


【冬本番】最新・おすすめスタッドレスタイヤ10選

【冬本番】最新・おすすめスタッドレスタイヤ10選

スタッドレスタイヤとは、雪道でも走行できるタイヤのことを言います。別名、冬用タイヤです。当然のことながら使用する地域によっては、降雪量の違いが出ますので、使用頻度に合わせたタイヤ選びがポイントになります。スタッドレスタイヤの特徴と、各メーカーから「おすすめのスタッドレスタイヤ10選」を紹介しましょう。


スタッドレスタイヤの寿命年数や距離は?見分け方から交換方法まで解説

スタッドレスタイヤの寿命年数や距離は?見分け方から交換方法まで解説

冬、降雪・積雪・凍結時の道路を走行するには必須となるスタッドレスタイヤ。本記事では、スタッドレスタイヤの寿命について、年数はどの程度が寿命なのか、距離はどの程度走ると劣化するのか、またその見分け方についてを説明しています。


オールシーズンタイヤ|価格・寿命・雪上性能を比較!おすすめも紹介

オールシーズンタイヤ|価格・寿命・雪上性能を比較!おすすめも紹介

日本ではあまり使われる機会が少ないと言われてきたオールシーズンタイヤですが、国内メーカーラインアップにも載っていますし、多少の積雪程度であれば通年で使用できるなど、タイヤ交換の手間や費用のことを考えるとメリットがあります。スタッドレスタイヤとの比較や、価格、寿命、雪上での性能にどのような差があるのかの紹介と、有名メーカーのおすすめオールシーズンタイヤを紹介しています。


最新の投稿


ペーパードライバーが運転しても大丈夫?久々の運転はココをチェック!

ペーパードライバーが運転しても大丈夫?久々の運転はココをチェック!

ペーパードライバーならば、免許を持っているけれど日ごろは運転しないことが多いでしょう。しかし仕事の都合上、もしくは転勤などによって急に運転しなければいけないこともあります。今の状況からすぐに運転しても問題ないでしょうか?今回はペーパードライバーが気を付けたいポイントや講習を受けるべきか判断の参考になる情報をご紹介します。


ペーパードライバー講習は行く価値があるの?講習の内容や料金は?

ペーパードライバー講習は行く価値があるの?講習の内容や料金は?

ペーパードライバー講習は、運転免許証を所持していてもあまり運転しない人のためのもの。日ごろから運転しない人や久しぶりに運転する人が活用できるサービスです。今回はペーパードライバー講習について、また講習を受けるべきか確認するのに必要な情報をご紹介します。


縦列駐車のコツと上手なやり方|誰でもスムーズにするためのポイント

縦列駐車のコツと上手なやり方|誰でもスムーズにするためのポイント

運転初心者だけでなく、慣れている人でも縦列駐車は気を付けて運転する必要があります。前の車との距離や後ろのスペース、さらに縁石との距離も確認しなければいけません。切り返しをすると時間もかかるので、焦ってしまいがちです。しかし縦列駐車もコツをつかんでしまえばスムーズにできます。今回は縦列駐車のコツをご紹介します。


【知ってる?】車のバッテリーの正しい充電方法!対処法も紹介!

【知ってる?】車のバッテリーの正しい充電方法!対処法も紹介!

何気なく乗っている車ですが、車はバッテリーなしでは動きません。そんなバッテリー、みなさんは正しい充電方法をご存知ですか?今回はこのバッテリーの仕組みについて説明していきます。


シトロエン新型C4最新情報!国内での販売は?

シトロエン新型C4最新情報!国内での販売は?

シトロエン新型「C4」はCセグメントのSUVクーペとして登場しました。Cセグメントハッチバックの中でも、大胆かつユニークなデザインが採用されたシトロエンの最新デザインの車となります。今回はシトロエン新型C4の紹介をします。