トップへ戻る

三菱の新型デリカD:5 価格・評判・内装・カスタム情報ほか

三菱の新型デリカD:5 価格・評判・内装・カスタム情報ほか

ミニバンでもSUVでもなくデリカD:5でなくてはダメだという人がいるほど、熱心なファンを持つデリカD:5。2007年から13年に渡って発売され続けているデリカD:5にはどんな魅力があるのでしょうか?そして2019年2月にビックマイナーチェンジを受けて生まれ変わった新型デリカD:5はどんな車なのでしょうか?価格・評判・内装・カスタム情報などを徹底的に解説します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


三菱の新型デリカD:5最新情報

三菱の新型デリカD:5

三菱の新型デリカD:5とは?

新型デリカD:5

2019年2月にオールラウンドミニバンの新型「デリカD:5」は販売開始されました。

フルモデルチェンジではなく、基本構造は2007年に発売された当時と変わらず、各部をブラッシュアップさせたビッグマイナーチェンジとなっています。

もっとも注目されたのがフロントデザインで、「ダイナミックシールド」や縦型のマルチLEDヘッドライトを採用し、一目で新型「デリカD:5」と分かる特徴的なエクステリアとなり、まるでフルモデルチェンジか新規車種の様な新鮮な印象を与えています。

また、予防安全技術「e-Assist」を装備して安全性を向上。さらに、大幅改良を施したクリーンディーゼルエンジンと新開発のA/Tの組み合わせにより、よりパワフルで滑らかな走りへと進化させています。さらに新グレード「URBAN GEAR(アーバンギア)」を設定しています。

新型「デリカD:5」はディーゼルエンジン搭載モデルのみとなります。ガソリンエンジン搭載モデルは従来型「デリカD:5」のグレードと装備内容を見直し継続販売したのち、2019年10月に生産終了が発表されています。

そこで今回の新型「デリカD:5」の記事はディーゼルエンジン搭載モデルの情報となりますが、中古車ではガソリンモデルもご紹介します。

※デリカD:5 ガソリンモデル メーカー公式サイトより

「2019年10月23日以降のご注文につきましては、生産終了により、グレード、カラー、メーカーオプションなどが、お客様のご希望に添えない場合がございます。詳しくは営業スタッフへお問い合わせください。」

新旧デリカD:5の違いとは

三菱 デリカD:5 従来型(左)と新型(右)

ビッグマイナーチェンジとなって生まれ変わった三菱の「デリカD:5」は、ディーゼルエンジンによるパワフルな動力性能や伝統の走破性など、デリカらしさを継承させ、高級感・質感、先進安全装備を大幅に向上させました。

特に押し出しの強い「アドバンスド・ダイナミックシールド」デザインの採用は旧型との大きな違いとなっています。

また、パワートレインは圧倒的人気を誇るディーゼルと4WDに一本化し、他のミニバンにはない唯一のオールラウンドミニバンとしてのコンセプトを明確にし、標準車に加え、よりモダンな「デリカD:5アーバンギア」を設定したのも旧型との違いです。

さらに、三菱で「e-Assist」と呼んでいる衝突被害軽減ブレーキ、車線逸脱警報システム、レーダークルーズコントロールシステム、オートマチックハイビームの4つが全車標準装備となり、上級仕様には、後退時車両検知警報システム、後側方車両検知警報システム&チェンジアシストも採用しています。

三菱の新型デリカD:5最新情報

新型デリカD:5のスペック(ボディサイズ・燃費・エンジンほか)

新型デリカ:5の 基本情報・スペック表・新車価格
駆動方式4WD
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,800mm×1,795mm×1,875mm
室内寸法(長さ×幅×高さ)2,980mm×1,505mm×1,310mm
車両重量1,930~1,980㎏
最大乗車定員7 8名
燃費            JC08モード13.6㎞/L
              WLTCモード12.6㎞/L
最小回転半径5.6m
エンジン種類直列4気筒ディーゼルターボ
総排気量2,267cc
最高出力107kW (145PS)/ 3,500rpm
最大トルク380N・m (38.7kg・m)/ 2,000rpm
燃料タンク容量軽油64L

※基本情報・スペックはメーカー公式サイトより(2020年2月現在)

新型デリカD:5の内装

新型デリカD:5 内装

新型デリカD:5 内装

オールラウンドミニバンとしての機能と上質さを備えたインテリアとされる内装は、水平基調のインストルメントパネルにサバ杢柄の立体木目を採用。シート生地はエンボスを施した幾何学柄に、メーカーオプションの本革シートはダイヤキルティングとするなど高級感を演出してます。

セカンドシートでは、8人乗り車がリクライニング&リラックスモード、センターアームレスト、運転席側/助手席側ともにウォークイン機構、チップアップ機構の付いた6:4分割ベンチシート。

そして7人乗り車は、リクライニング&リラックスモード、アームレスト、運転席側/助手席側ともにウォークイン機構、チップアップ機構が装備されたキャプテンシートになります。

また、車速感応オートドアロックも全車標準装備され、電動スライドドアとエレクトリックテールゲートにはクローズ&ロック機構を採用して利便性を向上させました。

新型デリカD:5の外装

新型デリカD:5 外装

新型デリカD:5 外装

三菱 デリカD:5 従来型(左)と新型(右)

新型デリカD:5の最大の特徴となった外観には、フロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」が採用され、ヘッドライトは縦型形状のLEDマルチとなり、LEDポジションランプも搭載しました。

また、リアコンビネーションランプはリアゲートガーニッシュとの連続性を持たせ、テールランプを外側まで光らせるデザインに変更されています。

従来型のデザインにとどまったガソリンモデルと比較すると、その変わりようは歴然としており、まるで別の車種のように見えます。

そして、三菱はこの「ダイナミックシールド」を採用した押し出し感の強い”オラオラ顔”に手応えを感じたようで、軽自動車のeKクロスを始め発売間近のeKクロススペースにも導入しています。

新型デリカD:5のオールラウンド性能

オフロードを走行できるRVとしての剛性を得るため、リブボーンフレームと、アンダーボディに大型のクロスメンバーを採用したボディに、2.2Lクリーンディーゼルエンジン+INVECS-II 6速スポーツモードATを組み合わせて採用。

そして、三菱自動車独自のAWC(All Wheel Control)思想に基づいた電子制御の4WDシステムと、悪路で障害物を乗り越えて通過するためのアプローチアングル(21.0°)、ランプブレークオーバーアングル(16.5°)、ディパーチャーアングル(23.0°)、最低地上高(185mm)を実現し、本格SUVと変わらぬ悪路走破性能を持つのがオールランドミニバンといえる所以です。

新型デリカD:5のグレード別価格

【三菱の新型デリカD:5新型 グレード名・グレード別価格(※2020年2月現在)】

デリカD:5 M
3,913,800 円
デリカD:5 G
4,015,000円
デリカD:5 G-Power Package
4,235,000円
デリカD:5 P
4,371,400円
デリカD:5 ALL BLACKS Editio
4,601,300円
デリカD:5 URBAN GEAR
4,472,600円

新旧デリカD:5の中古車価格

2010年式 デリカD:5

2019年新型デリカD:5 250~480万円
2007~2019年マイナーチェンジ前モデル19~415万円

マイナーチェンジ前のモデルにはガソリンモデルも含まれますが、やはり高額となるのはディーゼルエンジンモデルです。安価なガソリンモデルも需要がありますが、他社のミニバンと差別化が難しく、逆に燃費などで不利になることからやや低め傾向の相場です。

ディーゼルエンジンモデルはオンリーワンであり、デリカD:5の独占場なので強気の販売価格となります。しかし、新型デリカD:5の登場により中古車価格も差を付けざるを得ず、旧型はの相場も若干低めとなってきています。

新型デリカD:5のおすすめグレードは”URBAN GEAR”(アーバンギア)

URBAN GEAR

新型デリカD:5のおすすめグレードは、新型デリカD:5のイメージリーダーでもある「アーバンギア(URBAN GEAR)」です。フロントグリルはメッキグリルで都会的な表情を作り上げ、フロントバンパーはより低くワイドで厚みのあるものとなっています。

また、リアは低重心を表現し、マフラーの切り欠きをなくすことでクリーンなイメージも持たせ、18インチのホイールも、切削光輝処理と彫刻的な造形の専用となって、特別感を演出しています。

インテリアではアーバンギアはクールでモダンな空間を作り上げ、ブルーイッシュブラックパールと名付けられたパール柄を再現し、艶のある青みを持った黒木目が都会的な雰囲気を醸し出しています。

最上級車となりますが、せっかく新型デリカD:5を購入するなら、もっとも新型デリカD:5らしい”URBAN GEAR”を選ぶべきです。

新型デリカD:5のおすすめカスタムパーツ、情報

ディーラーオプション装着車

新型デリカD:5は、自分好みのカスタムをすることで印象が大きく変わってきます。よりワイルドにするか?あるいはシティ派にするか?Amazonから注目のパーツを選んでみました。

【デリカD5用】 サマータイヤホイール4本セット 225/70R16 BFグッドリッチ オールテレーン T/A KO2 エクストリームJ XJ04 SATIN BLACK

ジャオス(JAOS) JAOS マッドガードIII リヤセット レッド デリカ D:5 MUD GUARD3 RED REAR DELICA D:5 07+ 【年式: 07.01-】 【適応: ALL】 B621304R

三菱 新型デリカD5 カスタムパーツ ヘッドライト ガーニッシュ 外装 MITSUBISHI DELICA D:5

三菱のデリカD:5新型 発売後情報

新型デリカD:5の売れ行きはどう?

新型デリカD:5の発売後の状況を見てみると、2019年度の販売目標台数は月販1,500台とされていましたが、発売直後に事前予約が一斉に登録されて5千台を超える大ブレイク。

その後は目標台数を割ることも多かったのですが、一貫して前年度を超える台数となり、累計では2月度からの発売ながら前年度を50%近く上回る結果となっています。そして2020年を迎えても順調に販売台数を重ねています。

この販売台数はミニバンとしては、トップの日産セレナやトヨタのヴォクシーに比べて4分の一程度、としてもホンダのヴェゼルの半数程度ですが、新型車が多数デビューする中、発売から13年が経過したモデルとしては驚異的ともいえる台数です。

そして、オールラウンドミニバンとしてさらに魅力を増してからはその勢いが増しているのも確かです。

新型デリカD:5 販売台数(前年同月比)

■2019年 デリカD:5販売台数
2月 1,771台 (131.1%)
3月 5,288台 (281.9%)
4月 1,071台(202.1%)
5月 1,525台 (149.5%)
6月 1,326台 (105.7%)

2019年1月~6月累計 11,924台(164.9%)

7月 1,412台 (128.5%)
8月 1,115台 (137.7%)
9月 2,227台 (152.4%)
10月 868台(88.3%)
11月 1,215台(107.0%)
12月 1,324台(169.5%)

2019年1月~12月累計 20,085台(148.8%)
2020年
1月 1,365台 (144.8%)


※上記販売台数は
(社)日本自動車販売協会連合会公式サイトより

新型デリカD:5の納車は?いつ頃?

新型デリカD:5の納車ですが、販売予定台数と実際の販売台数が同程度なので、1ヵ月程度で納車されます。ただし、人気が”URBAN GEAR”に集中しており、生産も”URBAN GEAR”を中心になっているために、それ以外のグレードは受注生産になり、納車まで多少時間がかかることもあります。

新型デリカD:5の評判は?

 ①新型デリカD:5の試乗記

個人的にミニバンは嫌いだが新型『D:5』の走りは悪くない。ステアリング操作に嫌なクセはなく、とても素直にクルマが動く。コーナーでのロール抑制は自然で好感を持てた。いきなりグッと押さえ込まれるのではなく、若干ロールしてから安定させる感じだ。ドライバーにとっては操作感が強いため楽しさも得られる仕上がりである。開発担当者によるとこれはシャシー前部を見直した恩恵。マウントもしっかりしていて副次的な揺れはない。

そしてこれを高速道に持ち込むとさらにいい。直進安定性が素晴らしく、ロングドライブも疲れなさそうだ。でもって中間加速はディーゼルユニットが力強くクルマを押し出す。

ミニバンとしては最上級の走行性能。機敏な動きというわけではないが、しっかりとした安定感のある動きで高速道路も優れた安定性を示している印象。長く支持される理由はこの辺りにあるようです。

 ②新型デリカD:5の口コミ

初クリーンディーゼルターボ、トルクもあって最高です!
積雪寒冷地なので頼もしい相棒。
とりあえず色々LED化しました。
あと、サブコン搭載しました。
まさにビッグトルクでさらに乗りやすさが倍増しました!

太いトルクでぐいぐい走るディーゼルエンジンを期待していた人には、その期待を裏切らない性能。しかし、他のコメントでは少々エンジン音が大きいという指摘もありました。

新型デリカD:5 まとめ

以上、新型デリカD:5の情報をご紹介しましたが、まとめると次のようになります。

①大胆なデザインのフロントフェイス
②唯一無二のオールラウンドミニバン
③ビッグトルクのディーゼルエンジン
④伝統の四輪駆動システム

その中でも新型デリカD:5を語る上で、もっとも大きなポイントは大胆なデザインのフロントフェイスです。他にもいいところはあるのですが、どうしても目がいってしまう魔力さえ感じます。

貴方も新型デリカD:5の魅力をたしかめに是非ディーラーを訪れてください。

関連する投稿


【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


トヨタ ウィッシュ|いまお手頃価格な低床・低重心ミニバン

トヨタ ウィッシュ|いまお手頃価格な低床・低重心ミニバン

背が低く、低床・低重心なミニバンの代表格だったトヨタ ウィッシュ。生産・販売が終了して、まもなく4年が経ちますが、いま中古車市場ではお手頃価格です。そこで、改めてトヨタ ウィッシュの魅力と、どうして「買い」といえるのかをまとめました。


トヨタ ヴェルファイア|クールな情熱を持つミニバンを徹底解説!

トヨタ ヴェルファイア|クールな情熱を持つミニバンを徹底解説!

 アルファードが人気沸騰で過去最高の販売台数を記録する中、急速に販売台数をおとした姉妹車のヴェルファイア。ついには特別仕様車一機種のみの設定となってしまいました。しかし、これまでの人気をけん引してきたヴェルファイアが魅力をなくしたわけではありません。そこで、改めてヴェルファイアの魅力をご紹介したいとおもいます。


ミニバンは何故ミニがつく?燃費性能や乗り心地を解説

ミニバンは何故ミニがつく?燃費性能や乗り心地を解説

国内でもファミリー層に人気なミニバンですが、家族が乗れるほど大きいのに何故ミニが付くのでしょうか。よく聞くバンとの違いはあるのか気になる方も多いと思います。そこで今回はミニバンの大きさに関してから人気車種まで徹底解説します。


7人乗りが8人乗りと比べて人気な理由は?7人乗りのおすすめ車種もご紹介!

7人乗りが8人乗りと比べて人気な理由は?7人乗りのおすすめ車種もご紹介!

大人数が乗車できるクルマは、なにかと重宝します。しかし、購入しようと思う場合に悩むのは「7人乗りにするか」、「8人乗りにするか」ということかもしれません。今回は、そんなときの参考になる記事です。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。