目次へ戻る

【12月25日発売】スズキ新型クロスビーの特徴・価格・燃費・スペックは?

【12月25日発売】スズキ新型クロスビーの特徴・価格・燃費・スペックは?

2017年12月25日スズキからワゴンとSUVを掛け合わせたコンパクトカー、新型「クロスビー(XBEE)が発表、発売されました。こちらの記事では、ワイド版ハスラーとも言える、スズキ新型クロスビーのエクステリア・インテリアデザイン、価格や燃費、スペック、安全性能などについての情報を紹介しています。


スズキ 新型クロスビー(X BEE)、発売!

2017年クリスマス。

スズキの新型クロスビー(X BEE)が発売となりました。

スズキの公式サイト内の新型クロスビーのティザーサイトにて、12月1日には東京モーターショー2017で実際にクロスビーを見た方々の評価、コメントなどが公開され発売日までの日数をカウントダウンしていましたが12月25日、ついに発売となりました。

【2017年12月25日発売】スズキ新型SUV「クロスビー(X BEE)」の特徴は?

前述の通り2017年12月25日に、東京モーターショー2017にて発表されていたワゴンとSUVテイストを掛け合わせた新型コンパクトカー「クロスビー(X BEE)」が発売されました。

新型クロスビーは、SUVならではの逞しさとワゴンのような広い室内空間を掛け合わせた「小型クロスオーバーワゴン」タイプのコンパクトカーで、「ハスラーワイド」と噂されていた車種。

東京モーターショー2017で展示された「クロスビー」

新型クロスビー(X BEE)の主な特徴としては、スズキの人気自動車ハスラーを進化させた、1.0Lの直噴ターボエンジンにマイルドハイブリッドを搭載し、SUVさながらの逞しいスタイル、走破性能でありながら、ワゴンのような広い室内空間を持っています。

ラゲッジスペースも日常からアウトドアなどアクティブなシーンまで幅広く対応が可能です。

また、後退時ブレーキサポートがスズキ小型車では初の搭載となっている点や、4WDにはパワフル且つスポーティな走りを実現する「スポーツモード」、雪道や凍結した路面での発進をサポートする「スノーモード」が新たに採用されているのも特徴です。

スズキ新型クロスビー(X BEE)のエクステリア&インテリアデザインは?

スズキ新型クロスビー(X BEE)のエクステリア・外装とインテリア・内装、ラゲッジルームなどを画像と共に紹介します。

クロスビーのエクステリア/カラー

新型クロスビー(X BEE)のデザインコンセプトは「一緒に毎日の楽しさを広げていきたくなる“愛すべき相棒”」となっていて、SUVらしい逞しいデザインながらも愛着がわくエクステリアデザインとなっています。

スズキ 新型クロスビー(X BEE) ミネラルグレーメタリック 3トーンコーディネート

スズキ 新型クロスビー(X BEE)  ファーベントレッド ブラック2トーンルーフ

スズキの軽自動車、ハスラーは「軽ワゴンとSUVが融合した新ジャンルの車」というコンセプトの元売り出されていましたが、正しくそのハスラーのワイド版といえるデザインです。

参考画像:2017年12月4日から発売となったハスラー特別仕様車 FリミテッドII

新型クロスビーのカラーは

ミネラルグレーメタリック 3トーンコーディネート
スーパーブラックパール 3トーンコーディネート
ラッシュイエローメタリック ブラック2トーンルーフ ※新色
キャラバンアイボリーパールメタリック ホワイト2トーンルーフ ※新色
クラッシーブラウンメタリック ホワイト2トーンルーフ
スピーディーブルーメタリック ブラック2トーンルーフ
ファーベントレッド ブラック2トーンルーフ
フレイムオレンジパールメタリック ブラック2トーンルーフ
ミネラルグレーメタリック
スーパーブラックパール
ピュアホワイトパール

の全11色となっていて、ボディカラーに応じてシートのアクセントカラーもイエロー、オレンジ、アイボリーと異なります。

クロスビーのインテリア

インテリアに関しては、コンパクトカーではあるものの、大人が5人乗っても狭さを感じさせない、ワゴンのような広い室内空間と、2本のパイプフレームをモチーフにし、外から見える両端部分にサイドキャップを採用するなど遊び心溢れるインテリアデザインとなっています。

インパネとドアトリムには、アイボリー色のカラーパネルが採用され、シフトパネルやエアコンルーバーなどには、シルバーとメッキを組みあわせ上質感を表現しています。

スズキ 新型クロスビー(X BEE) インパネ

シートは黒を基調とした撥水加工シートで、前述の通りボディカラーに対応した3色のアクセントが採用されています。

そして、防汚タイプのラゲッジフロアと大容量ラゲッジアンダーボックスが特徴で、ベビーカーを立てたままクルマに積むことも可能で、荷室開口幅は1100mmとなっているため、9.5インチのゴルフバッグは後席を倒さずとも収納可能です。

日常からアウトドアまで、色々なシーンに合わせて利用できるラゲッジスペースとなっています。

ラゲッジアンダーボックス

シートアレンジの自由度も高く、後席を倒すことでかなりの荷物等を載せることが可能となります。

スズキ新型クロスビー(XBEE)のエンジン・パワートレイン・スペック等の性能は?

スズキ 新型クロスビー(X BEE)のエンジンは1.0L直噴ターボエンジンのマイルドハイブリッドとなっています。

主要スペックやボディサイズは下記の通りです。

 
スズキ 新型クロスビー サイズ・スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,760×1,670×1,705mm(ホイールベース:2,435mm)
室内寸法(全長×全幅×全高)2,175×1,355×1,280mm
最大乗車定員5名
車両重量960kg(1,000kg)
燃費JC08モード:22.0km/L(20.6km/L)
エンジン種類水冷4サイクル直列3気筒直噴ターボ
総排気量0.996L
最高出力(kW/rpm)ネット73<99PS>/5,500
最大トルク(N・m/rpm)ネット150<15.3kg・m>/1,700-4,000
タンク容量 32L(30L)
駆動方式2WD(FF)/フルタイム4WD

クラッシーブラウンメタリック ホワイト2トーンルーフ

2WD車と4WD車が選択可能で、4WD車にはパワフルでスポーティな走りを実現する「スポーツ走行モード」と、雪道やアイスバーンでのスムーズな発信をサポートする「スノー走行モード」のほか、ぬかるんだ道などでの発信をサポートする「グリップコントロール」、急な下り坂で車速を制御する「ヒルディセントコントロール」など、SUVさながらの走行性能を有しています。

スズキ 新型クロスビー(XBEE)の価格は?

12月25日に発売された新型クロスビー(X BEE)の価格は、マイルドハイブリッド、ターボエンジンということから170万~200万円程度になると予測していましたが、下記の価格にて販売となりました。

 
スズキ 新型クロスビー(X BEE)新車価格
 2WD4WD
HYBRID MX1,765,800円1,908,360円
HYBRID MX 2トーンルーフ/3トーンコーディネート1,809,000円1,951,560円
HYBRID MZ2,003,400円2,145,960円
HYBRID MZ 2トーンルーフ/3トーンコーディネート2,046,600円2,189,160円

スーパーブラックパール 3トーンコーディネート

スズキ 新型クロスビー(X BEE) 充実の安全性能

2017年12月25日発売となったスズキの新型「クロスビー(XBEE)」は安全性能においても充実の機能が搭載されています。

スズキの小型車では初採用となるリヤバンパーに内蔵された4つの超音波センサーで後方の障害物を検知する「後退時ブレーキサポート」、後方誤発進抑制機能、リヤパーキングセンサーを搭載。

その他、単眼カメラと赤外線レーザーレーダーを組み合わせた衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)」をはじめ、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、ハイビームアシストを搭載。
* HYBRID MZに標準装備、HYBRID MXにはメーカーオプション設定。

また、周囲を立体的に360°確認できる「3Dビュー」と、自車の前方及び後方で左右から人や物が自車に近づいてくることをお知らせする「左右確認サポート機能」も搭載しています。
※ 全方位モニター用カメラパッケージ装着車は対応ナビゲーション装着を前提とした仕様。
※「左右確認サポート機能」はHYBRID MX スズキ セーフティ サポートパッケージ非装着車を除く。

エンジンを切って運転席ドアを開けると自動でヘッドランプを消灯する、ライト自動消灯システムをスズキ小型車で初めて採用しています。
※HYBRID MZに標準装備、HYBRID MXにセットでメーカーオプション設定。

最後に

12月25日より発売となったスズキ 新型クロスビー(X BEE)。

月間の販売目標台数は2,000台としているようです。

スズキの軽自動車「ハスラー」は大ヒット車種となりましたが、新型「クロスビー」は果たしてどうなるか。

ネット上の反応等を見る限り、人気車になることは間違いないと思いますが引き続き注目していきたいと思います。

スズキ 新型車情報はこちらもチェック

スズキに関する情報はこちらの記事もチェック

関連する投稿


高級SUV レクサス LX ┃歴史や特徴、中古価格、スペック等 一覧

高級SUV レクサス LX ┃歴史や特徴、中古価格、スペック等 一覧

レクサスのSUV高級ブランドの「LX」。レクサスは高級車になるので、ブランド名は知っていても車自体はまだまだ身近なブランドではないかもしれません。国内では発売台数が限られているレクサスブランドの「LX」のエンジンに室内空間や走行性能などがランドクルーザーと大きく違う点や、歴史から車体価格・燃費までを詳しく解説していきます。


スズキ クロスビー|試乗評価・口コミと中古価格は?

スズキ クロスビー|試乗評価・口コミと中古価格は?

2017年12月にスズキより発売された新型クロスオーバーワゴン「クロスビー」発売から1年以上が経過となったクロスビーですが、実際の試乗評価やユーザーなどの口コミ・評判はどうなのか?についてと中古車価格についてをまとめて掲載しています。また、2018年のクロスビーの販売台数についても合わせて紹介しています。


スズキ イグニス|中古車価格から燃費、口コミ・評価を一覧で紹介

スズキ イグニス|中古車価格から燃費、口コミ・評価を一覧で紹介

スズキの「イグニス」はクロスオーバーSUV型のコンパクトカーです。本記事では性能スペックや中古価格や評判、燃費についてまとめていきます。SUV車の購入を検討している方は是非参考にしてください。


憧れの高級SUVポルシェ カイエンを中古で買う!スペックや中古価格等

憧れの高級SUVポルシェ カイエンを中古で買う!スペックや中古価格等

新車価格が976万円からと少々お高い、ポルシェの人気SUV『カイエン』。だからこそ中古で買いたい方のために書きました。今回は中古で買うポルシェカイエンの魅力をお伝えします。


日産のクロスオーバーSUVジューク新型 発売は9月3日

日産のクロスオーバーSUVジューク新型 発売は9月3日

日産のクロスオーバーSUV、ジューク新型が9月3日にデビューすることが決まりました。まだ全容は公開されてはいませんが、ジューク新型のヘッドライト画像が2枚公開されています。本記事ではジューク新型の最新情報についてご紹介いたします。


最新の投稿


広島県北部の道の駅┃国の特別名勝三段峡やライダーオススメまで!

広島県北部の道の駅┃国の特別名勝三段峡やライダーオススメまで!

広島県もついに北部へとたどり着きました。前回は瀬戸内海側を紹介してまいりましたが、今回は島根県側となる北部地区にある道の駅について紹介します。


ホンダのミニバン ステップワゴン モデューロX┃スペックや他車比較!

ホンダのミニバン ステップワゴン モデューロX┃スペックや他車比較!

ファミリー向けミニバンとして人気のステップワゴン。中でもモデューロXは2018年のマイナーチェンジでガソリン車に加え新しくハイブリッド車を発表しました。さらに2020年にステップワゴンがマイナーチェンジの噂も。今年秋の増税前、ほぼ完成形に近づいたモデューロXを買うなら今です!


高級SUV レクサス LX ┃歴史や特徴、中古価格、スペック等 一覧

高級SUV レクサス LX ┃歴史や特徴、中古価格、スペック等 一覧

レクサスのSUV高級ブランドの「LX」。レクサスは高級車になるので、ブランド名は知っていても車自体はまだまだ身近なブランドではないかもしれません。国内では発売台数が限られているレクサスブランドの「LX」のエンジンに室内空間や走行性能などがランドクルーザーと大きく違う点や、歴史から車体価格・燃費までを詳しく解説していきます。


トヨタの大ヒット車種プリウスの次期モデル┃スペックや燃費、中古車価格等

トヨタの大ヒット車種プリウスの次期モデル┃スペックや燃費、中古車価格等

トヨタの大ヒット車種「プリウス」の時期モデルについて様々な予測がされています。初代モデルから現行のモデルどれも注目されていますが、以前から問題視されていたギアの何が問題なのかも時期モデルと一緒に考えてみます。燃費は世界トップレベルの「プリウス」は今後フルモデルチェンジして登場するのか、販売終了してしまうのかなど推測しまとめてご紹介します。


マツダ ロードスター NBの楽しみ方 ┃性能・スペックや燃費・カスタム等一覧

マツダ ロードスター NBの楽しみ方 ┃性能・スペックや燃費・カスタム等一覧

ロードスターは1989年に登場し、2019年で30周年を迎えています。その間、NAに始まってNB、NC、そしてNDまで4世代の進化をしています。長い間愛され続けているロードスターの性能やカスタム情報を見ていき、その魅力に迫っていきます。今回は、2代目ロードスターNBの楽しみ方を中心に見ていきましょう。