目次へ戻る

スズキの軽自動車を一覧で比較!燃費・スペック・中古価格をチェック!

スズキの軽自動車を一覧で比較!燃費・スペック・中古価格をチェック!

軽自動車といえばスズキというぐらい世の中に浸透しているスズキの軽。現在どれだけの軽自動車がスズキから販売されているかご存知でしょうか?今回はそんな人気のスズキの軽自動車にスポットを当ててご紹介していきたいと思います。


スズキの軽自動車について

軽自動車業界最大手と呼ばれるスズキ。ワゴンRやアルト、ハスラーなど今では耳に馴染みのある軽自動車がスズキから多数販売されています。


今まで小回りが利き実用的なイメージが強かった軽自動車にデザインを可愛くしたりするなど遊び心を入れ、さらに雪道などにも強い軽自動車を開発するなど、とにかく軽自動車のイメージを変えたのがスズキです。

遊び心だけでなく最新技術を搭載し、燃費性能や安全性能の向上にも努め新車が出るたびに進化を遂げているのもスズキの凄いところです。


そんなスズキの軽自動車の新車価格や中古車価格はいくらなのか、燃費はどうなのか気になるところではあると思うのでそこで今回は軽自動車の代表格であるスズキの人気の軽自動車を10車種ご紹介していきますので軽自動車の購入をお考えの方は是非参考にしてみてください。

スズキの軽トールワゴン一覧

まずは軽トールワゴンタイプのご紹介をしていきます。

ワゴンR

一つ目は「ワゴンR」です。2017年2月に約5年ぶりに新型改良・フルモデルチェンジを施し6代目のワゴンRが誕生しました。1993年に初代が登場し、軽自動車市場の中で「ワゴン」という新しいジャンルを切り開いた言わばパイオニアです。

販売開始された90年代半ばからは軽自動車試乗で、ベストセラーを続け常に上位に君臨していました。約20年経った今もその人気は衰えず進化も遂げ軽自動車に欠かせない唯一無二の存在となっています。

ワゴンRのスペックについてです。

 
スズキ ワゴンR スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3395×1475×1650
室内寸法(長さ×幅×高さ)2450×1355×1,265
車両重量730~840kg
最大乗車定員4名
燃費ハイブリッド:30.4~33.4km/L
ガソリンエンジン:23.4~26.8km/L
総排気量0.658L
駆動方式2WD/4WD
最小回転半径4.4m
最高出力38<52PS>/6,500
最大トルク60<6.1kg・m>/4,000
燃料タンク容量27L

◆新車価格
新車価格は1,078,920円~1,530,360円となっています。グレードは3つ展開されていて、一番安いグレードは「FA」、一番高いグレードは「HYBRID FZ」となっています。

◆中古車価格
中古車価格に関しては80万円台~110万円台が相場となっており、10年以上前の年式のものでは10万円台の中古車もあるので費用を抑えたい方はこちらもチェックしてみてください。

スズキ ワゴンR 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/SZ/S015/

スズキ ワゴンRの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

ワゴンRのユーザー評価

ワゴンR FX ハイブリッドです。購入から数週間で、夏ですのでエアコンつけての報告です。
街乗りはほとんど距離を走らないので、やはり燃費は落ちます。19.5km/L ぐらいです。もう少し距離を走るなら、20km/L は超えると思います。
信号がどれぐらいあるか?によって燃費が相当違うと思います。装備されている瞬間燃費計を使ってエコドライブすると結構、燃費が伸びます。
少し坂道になるとハイブリッドが効いてトルクが上がるので、結構そこをうまく活用するとあまり踏まなくても良く走ってくれて燃費も良いです。

初めて軽のハイブリッド&アイスト&CVT;を購入。
田舎の街乗りメインです。
基本的に法定速度+10km、または速度が遅いところでは+20kmを出しています。(平均速度50~60km)

永く人気のワゴンRは燃費性能も高く安定して満足できるようです。

新型ワゴンRについてはコチラ!

【2017年最新】新型ワゴンR登場!軽ワゴン最高の燃費!

http://matome.response.jp/articles/72

2017年2月1日にスズキの人気軽自動車であるワゴンRの新型である、新型ワゴンR、新型ワゴンRスティングレーが発表されました。軽ワゴンの中では最高クラスの燃費を誇る新型ワゴンR。その魅力や特徴を徹底解剖します。

ワゴンRスティングレー

続いてご紹介するのは「ワゴンRスティングレー」です。ワゴンR同様に2017年2月に発表された”ストロング”がデザインテーマの車種です。個性が一番強いデザインで、人とは違ったデザインを求める方や、よりスパルタンなデザインを好む方に乗ってもらいたいとスズキの開発者が述べています。



カラーは全6色用意されているので好みの形がきっと見つかるのではないでしょうか。

ワゴンRスティングレーのスペックについてです。

 
スズキ ワゴンR スティングレー スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3395×1475×1650
室内寸法(長さ×幅×高さ)2450×1355×1265
車両重量770~850kg
最大乗車定員4名
燃費ハイブリッド:27.0~33.4km/L
ガソリンエンジン:25.4~26.8km/L
総排気量0.658L
駆動方式2WD/4WD
最小回転半径4.6m
最高出力47<64PS>/6,000
最大トルク98<10.0kg・m>/3,000
燃料タンク容量27L

◆新車価格
新車価格は1,293,840円~1,779,840円となっています。グレードは3つ展開されていて、一番安いグレードは「L」、一番高いグレードは「HYBRID T」となっています。

◆中古車価格
中古車価格に関しては150万円~160万円台が相場となっており、スティングレーに関しては2017年式~のものしかないため中古車での検討メリットはあまり多くありません。下記リンクにて2017年式以降のものに絞り掲載しています。

スズキ ワゴンR 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/SZ/S015/0/0/0/0/0/0/0/2017/2017/0/JPN/0/0/0/0/0/0/0/0/0/7/20/1/

スズキ ワゴンRの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

2017年式以降のワゴンRを掲載しています。

ワゴンRスティングレーのユーザー評価

ワゴンRスティングレーT(MH55S)

先代MH44S(NA)からの乗り換えです。納車から2週間ですが、二回の給油で満タン方で平均20.5(先代より良い)乗り心地は遥かに良くなってます。また、ギクシャク感も無くなり快適です。賛美両論ありますがとても良い車です。

ワゴンRスティングレーの静粛性の高さ。そしてISGによるアイドルストップの再始動時の静けさと、ムーブと違ってアイドルストップの制御のおかしさが無く、
自然な感じがしたのと、何より車体剛性と足回りから来るのか、ある程度硬くしまっていてもマンホール段差等を乗り越える時も角が取れた収束性、
そしてハイスピードでワインディングを走らせても上手くロールも抑えられて日常生活から遠出まで全てをバランス良くこなしてくれるシャシー性能に魅了され購入しました。
購入から一週間、高速を使った遠出も含め500km程乗りましたが、45kmから110kmまで使えるオートクルーズと静粛性の高さ。そしてシャシー性能の高さからL152Sムーブに比べて疲れ度合いが全く違いました。
10年間の進歩は凄いと感じたと共に、本当に今の軽自動車って凄いな。と。

ワゴンRスティングレーは燃費性能の高さだけでな運転性能、乗り心地の評価も非常に高い車となっています。

ワゴンRスティングレーの詳細についてはコチラ!

【2017年最新】新型ワゴンR登場!軽ワゴン最高の燃費!

http://matome.response.jp/articles/72

2017年2月1日にスズキの人気軽自動車であるワゴンRの新型である、新型ワゴンR、新型ワゴンRスティングレーが発表されました。軽ワゴンの中では最高クラスの燃費を誇る新型ワゴンR。その魅力や特徴を徹底解剖します。

スペーシア

続いては「スペーシア」です。「広くて便利、軽くて低燃費の軽ハイトワゴン」がコンセプトの軽自動車で、先代モデルの「パレット」の振り返りを行い女性の意見をこれまで以上に取り入れて開発されました。

これによりユーザー目線に立ち、デザインや燃費性能の向上だけでなく使い勝手の良い機能面の充実が図れました。また、2016年度JNCAP予防安全性能アセスメントにて最高ランク評価の「ASV++」を獲得し燃費性能や機能面だけでなく安全性能の高さも誇れる軽自動車となっています。

スペーシアのスペックについてです。

 
スズキ スペーシア スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3395×1475×1735
室内寸法(長さ×幅×高さ)2215×1320×1375
車両重量840~910kg
最大乗車定員4名
燃費ハイブリッド:29.0~32.0km/L
総排気量0.658L
駆動方式2WD/4WD
最小回転半径4.4m
最高出力38<52PS>/6,500
最大トルク63<6.4kg・m>/4,000
燃料タンク容量27L



◆新車価格
新車価格は1,274,400円~1,578,960円となっています。グレードは2つ展開されていて、一番安いグレードは「G」、一番高いグレードは「L」となっています。

◆中古車価格
中古車価格に関しては100万円台~140万円台が多く、2017年式のものでも100万円台からあるので、より低価格を求めたい場合は中古車情報もチェックしてみてください。

スペーシアのユーザー評価

①車種の仕様、条件等:
・スペーシアカスタムXS/ターボ2WD/DCBS装着車/カラー:黒
・8インチカーナビ(全方位モニター/無し)、ドラレコ、バックアイカメラ、ETC、後席用モニター、フロアマット、ワイドバイザー他/純正オプション装着
・60歳代、男性。維持費が安い軽で流行の室内空間の大きい「軽ハイトールワゴン」を検討。安全性、燃費とデザインが主な理由で決定。坂が多いことからターボ車も選定条件に。

②燃費:16.8km/l 走行距離:11,227km 期間:2016/11-2017/08
・夏季、冬季:15km/l程度 (夏季/エアコン使用、冬季/エネチャージバッテリーの充電環境の低下?)
・高速道路:18~23km/l
前車に比べて燃費が1.5倍になり満足ですが、カタログ値との乖離が気になるところ。

③外観:フロントデザインに自己主張がないと言われますが、ちゃんと個性を持ったデザインで満足。

モーター・アシスト 快適です。アシストは愛車に任せています。静かな愛車なので愛車任せで運転を楽しんでいます。参考までに、通勤距離15キロですが平均燃費17Kです。

購入された方は燃費性能、デザイン、運転性能それぞれに満足されているようです。

スペーシアの詳細はコチラ!

先代を超えた!?女性へのヒヤリングを受けて開発されたスペーシア

http://matome.response.jp/articles/112

先代モデルとなる『パレット』の振り返りを行った結果、これまでのデザインや広さ感の表現が、女性に伝わりにくかったことを改善し、女性へのヒヤリングを重視し開発されたスペーシア。かわいいだけじゃないスペーシアの魅力をお伝えします。

スペーシアカスタム

スズキの軽トールワゴン、最後にご紹介するのは「スペーシアカスタム」です。スペーシアがマイナーチェンジされ、S-エネチャージとデュアルカメラブレーキサポートが搭載されました。


S-エネチャージはISG(モーター機能付発電機)とS-エネチャージ車専用リチウムイオンバッテリーを採用し、発進後から加速時にモーターでエンジンをアシストし、低燃費の走りを実現してくれる機能です。

デュアルカメラブレーキサポートは、ステレオカメラを使って前方を監視し、万が一の際にブレーキをかけて危険から守ってくれる安全性能です。スペーシアカスタムはスペーシアからさらに燃費性能、安全性能を向上させた車種となっています。

スペーシアカスタムのスペックについてです。

 
スズキ スペーシア カスタム スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3395×1475×1735
室内寸法(長さ×幅×高さ)2215×1320×1375
車両重量870~950kg
最大乗車定員4名
燃費ハイブリッド:25.6~30.6km/L
総排気量0.658L
駆動方式2WD/4WD
最小回転半径4.6m
最高出力47<64PS>/6,000
最大トルク95<9.7kg・m>/3,000
燃料タンク容量27L


◆新車価格
新車価格は1,533,600円~1,918,080円となっています。グレードは3つ展開されていて、一番安いグレードは「GS」、一番高いグレードは「XSターボ」となっています。

◆中古車価格
中古車価格に関しては100万円台~140万円台が多く、2017年式のものでも140万円台のものもあるので年式の新しい中古車でコストを抑えて購入するという選択も良いのではないでしょうか。

スズキ スペーシア 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/SZ/S049/

スズキ スペーシアの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

スペーシアカスタムのユーザー評価

3月19日に納車され現在1,627km。通勤で毎日片道約15km(市街地)を運転しています。週末には楽しいドライブ。1,000kmでのオイルとエレメント交換を実施。常にエアコンはオン、普通の速度、加速で26km/L前後。

室内も静かでエンジン音もほとんど聞こえません。もちろんエンジン再始動も静かです。全方位モニター、ブレーキサポート、モーターアシストと、圧倒的な解放感での毎日の運転が楽しいです。

上記はスペーシアカスタムZのユーザー評価ですが、燃費性能も走行性能についてとても満足されているようです。

スズキの軽セダン一覧

続いての紹介車種は「スズキの軽セダン」です。

アルト

最初に紹介する軽セダンは「アルト」です。2014年に8代目がフルモデルチェンジされ発売されたアルトには新開発のプラットフォームが採用され、先代アルトエコ比で-60kmも軽量化されました。

パワートレインも高効率化され、ガソリンエンジン車では圧倒的なJC08モード燃費37.0km/Lを実現しました。軽自動車が本来持っていた、小回りが利き利便性の高さが売りの「ちょうどいい」軽自動車らしい軽自動車です。

アルトのスペックについてです。

 
スズキ アルト スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3395×1475×1500
室内寸法(長さ×幅×高さ)2040×1255×1215
車両重量610~700kg
最大乗車定員4名
燃費ガソリンエンジン:25.2~37.0km/L
総排気量0.658L
駆動方式2WD/4WD
最小回転半径4.2m
最高出力38<52PS>/6,500
最大トルク63<6.4kg・m>/4,000
燃料タンク容量27L

関連するキーワード


スズキ 車種情報 軽自動車

関連する投稿


本日発売!スズキ新型スペーシア 初フルモデルチェンジで価格・燃費は?

本日発売!スズキ新型スペーシア 初フルモデルチェンジで価格・燃費は?

スズキの人気軽自動車、スペーシア/スペーシアカスタムが2017年12月14日にフルモデルチェンジが発表され発売となりました。こちらの記事では、新型スペーシア/新型スペーシアカスタムの価格、燃費やスペック、主な変更点等についてまとめて掲載しています。


マツダ フレアの燃費や新車・中古車価格、評価は?詳細情報一覧!

マツダ フレアの燃費や新車・中古車価格、評価は?詳細情報一覧!

スズキからワゴンRのOEM供給を受け誕生したマツダのフレア。一体どのような軽自動車なのか、本記事では価格や燃費などのスペック、さらにユーザーの口コミ評価まで幅広い角度からフレアを徹底的に解剖しご紹介していきたいと思います。


ホンダ 軽トールワゴン N-ONEが12月マイナーチェンジ!エヌワンを振り返る

ホンダ 軽トールワゴン N-ONEが12月マイナーチェンジ!エヌワンを振り返る

ホンダの軽トールワゴン・N-ONEが12月下旬にマイナーチェンジすると発表されています。自分らしい生活をかなえてくれるプレミアムスモール。今回は改めてN-ONE(エヌワン)の魅力に迫ります。 【12月7日更新】


ダイハツの新型タント 2018年フルモデルチェンジ!?発売は2018年10月か

ダイハツの新型タント 2018年フルモデルチェンジ!?発売は2018年10月か

ダイハツの大人気軽トールワゴン・タントにフルモデルチェンジの時期が近づいています。2018年発売?デザインは東京モーターショーで初公開されたコンセプトカー”ダイハツ DN U-SPACE”(ディーエヌ ユースペース)??他、タントのモデルチェンジについて気になる情報をまとめています。


【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2018年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるのでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報をまとめています!これを読めば日本の2018年発売が予測される新車情報を一気に先取りです!


最新の投稿


還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

2017年4月24日、日産のスカイラインが誕生から60周年となり人間で言う「 還暦」を迎えました。過去の初代から13代目スカイラインまでのモデルの振り返りと共に、歴史やその年の出来事、流行したファッションについてと、60周年を記念して開催されていたイベントを一部紹介しています。


後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

皆様は車の運転の際、シートベルトをきちんと着用していますか?運転席や助手席だけでなく安全な運転のために、後部座席もシートベルト着用の義務があります。今回はシートベルトの着用率を都道府県別に見ていきましょう。果たしてシートベルト着用率の高い1番安全な都道府県はどこなのでしょうか?


うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

雪が降り始めると車の事故やトラブルも増えますね。特に、暴風雪による多重衝突事故や道路での立ち往生…などの被害は大きいです。降雪が多い時は車での外出は避けた方が無難ですが、そうも言ってられませんよね。もし立ち往生してしまった時備えておけば心強い。そんなグッズをご紹介します。備えあれば憂いなしですよ!!


【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

2017年の冬も厳しい寒さ&降雪が予想されています。つまりそれはウィンタースポーツ、スキーやスノボーが楽しめるということでもですね!ここで心配なのが雪道での車のスリップ!貴方の車は大丈夫ですか?貴方と貴方の大切な人を守ってくれる、雪道に強いオススメの車最新情報をお届けいたします!この車たちで冬を熱く楽しみましょう!


【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

痛車・痛バイクオーナーの皆さんに朗報です。2018年2月25日(日)、中古車買取のカープライスが川崎大師にて、痛車・痛バイク100台規模の交通安全祈願イベント『川崎大師 痛車・痛バイク 交通安全祈願2018』を開催します。先着100台は参加費が無料、イベントの内容を紹介します。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング