トップへ戻る

スズキの軽自動車を一覧で比較!燃費・スペック・中古価格をチェック!

スズキの軽自動車を一覧で比較!燃費・スペック・中古価格をチェック!

軽自動車といえばスズキというぐらい世の中に浸透しているスズキの軽。現在どれだけの軽自動車がスズキから販売されているかご存知でしょうか?今回はそんな人気のスズキの軽自動車にスポットを当ててご紹介していきたいと思います。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


スズキの軽自動車について

軽自動車業界最大手と呼ばれるスズキ。ワゴンR、アルト、ハスラーなど軽自動車の代名詞と言っても過言ではない軽自動車がスズキから多数販売されています

今まで小回りが利き実用的なイメージが強かった軽自動車にデザインを可愛くしたりするなど遊び心を入れ、さらに雪道などにも強い軽自動車を開発するなど、とにかく軽自動車のイメージを変えたのがスズキです。

遊び心やレジャースピリットを刺激するデザイン性に加えて、最新技術が積極的に採用されている点や、燃費性能や安全性能の向上にも努め新車が出るたびに進化を遂げているのもスズキの凄いところです。

そんなスズキの軽自動車の新車価格や中古車価格はいくらなのか、燃費はどうなのか気になるところではあると思うのでそこで今回は軽自動車の代表格であるスズキの人気の軽自動車を10車種ご紹介していきますので軽自動車の購入をお考えの方は是非参考にしてみてください。

スズキの軽トールワゴン一覧

まずは軽トールワゴンタイプのご紹介をします。スズキの軽自動車代名詞とも言えるワゴンRをはじめ、かっこよさと可愛さそれぞれを売りにしたモデルがラインアップされており、男性・女性のどちらも取り込むことができそうなほどに充実しているのがポイントです。

ワゴンR

一つ目は「ワゴンR」です。2017年2月に約5年ぶりに新型改良・フルモデルチェンジを施し6代目のワゴンRが誕生しました。1993年に初代が登場し、軽自動車市場の中で「ワゴン」という新しいジャンルを切り開くなど、まさに軽自動車のパイオニアという言葉がふさわしい一台です。

販売開始された90年代半ばからは軽自動車試乗で、ベストセラーを続け常に上位に君臨していました。約20年経った今もその人気は衰えず進化も遂げ軽自動車に欠かせない唯一無二の存在となっています。

ワゴンRのスペックは下記のようになっています。ハイブリッドエンジン搭載モデルの燃費性能はカタログ値でリッターあたり30kmを超えるほどの低燃費を実現しています。

 
スズキ ワゴンR スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3395×1475×1650
室内寸法(長さ×幅×高さ)2450×1355×1,265
車両重量730~840kg
最大乗車定員4名
燃費JC08モード:25.8〜31.0km/L
WLTCモード:23.0〜25.2km/L
総排気量0.658L
駆動方式2WD/4WD
最小回転半径4.4m
最高出力38<52PS>/6,500
最大トルク60<6.1kg・m>/4,000
燃料タンク容量27L

 
スズキ ワゴンRの新車価格と中古車価格相場
FA1,163,800円〜1,289,200円
HYBRID FX1,280,400円〜1,403,600円
HYBRIDI FZ1,421,200円〜1,544,400円
中古車相場39.8万円〜179.8万円
※新車情報は公式サイト調べ(2020年6月現在)
※中古車相場はレスポンス中古車検索より(2020年6月現在)

スズキ ワゴンR 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/SZ/S015/

スズキ ワゴンRの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

ワゴンRのユーザー評価

ワゴンR FX ハイブリッドです。購入から数週間で、夏ですのでエアコンつけての報告です。
街乗りはほとんど距離を走らないので、やはり燃費は落ちます。19.5km/L ぐらいです。もう少し距離を走るなら、20km/L は超えると思います。
信号がどれぐらいあるか?によって燃費が相当違うと思います。装備されている瞬間燃費計を使ってエコドライブすると結構、燃費が伸びます。
少し坂道になるとハイブリッドが効いてトルクが上がるので、結構そこをうまく活用するとあまり踏まなくても良く走ってくれて燃費も良いです。

初めて軽のハイブリッド&アイスト&CVT;を購入。
田舎の街乗りメインです。
基本的に法定速度+10km、または速度が遅いところでは+20kmを出しています。(平均速度50~60km)

永く人気のワゴンRは燃費性能も高く安定して満足できるようです。

新型ワゴンRについてはコチラ!

【2017年最新】新型ワゴンR登場!軽ワゴン最高の燃費!

http://matome.response.jp/articles/72

2017年2月1日にスズキの人気軽自動車であるワゴンRの新型である、新型ワゴンR、新型ワゴンRスティングレーが発表されました。軽ワゴンの中では最高クラスの燃費を誇る新型ワゴンR。その魅力や特徴を徹底解剖します。

ワゴンRスティングレー

続いてご紹介するのは「ワゴンRスティングレー」です。ワゴンR同様に2017年2月に発表されたモデルで、「ストロングビューティー(力強い美しさ)」がデザインテーマとされています。

先ほど紹介したワゴンRと比べると分かる通りデザインがよりこだわられたものとなっていて、特にフロントグリル周りの存在感はアメ車を幾分か想像されます。

人とは違ったデザインを求める方や、よりスパルタンなデザインを好む方に乗ってもらいたいというスズキの開発者の意図がしっかりと出ていますね。

ワゴンRスティングレーはマイルドハイブリッド車2車種のラインアップのみとなっています。ワゴンRと違ってガソリン車(ハイブリッドシステム非搭載車)は無いようです。

ワゴンRスティングレーのスペックは下記の通りです。細かな違いはあれどワゴンRと基本的には同じ様なスペックです。

 
スズキ ワゴンR スティングレー スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3395×1475×1650
室内寸法(長さ×幅×高さ)2450×1355×1265
車両重量770~850kg
最大乗車定員4名
燃費 WLTCモード:21.8〜25.2km/L
JC08モード:29.4〜31.0km/L
駆動方式2WD/4WD
最小回転半径4.6m
最高出力47<64PS>/6,000
最大トルク98<10.0kg・m>/3,000
燃料タンク容量27L

新車価格と中古車価格相場は下記のようになっています。ワゴンRよりも新車価格帯は数十万単位で高くなっているのが印象的です。用意されているグレードが2つともマイルドハイブリッドタイプということも関係しています。

 
スズキ ワゴンRスティングレーの新車価格・中古車価格相場
HYBRID X1,501,500円〜1,624,700円
HYBRID T1,653,300円〜1,776,500円
中古車価格(ワゴンR全体)39.8万円〜179.8万円
※新車情報は公式サイト調べ(2020年6月現在)
※中古車相場はレスポンス中古車検索より(2020年6月現在)

スズキ ワゴンR 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/SZ/S015/0/0/0/0/0/0/0/2017/2017/0/JPN/0/0/0/0/0/0/0/0/0/7/20/1/

スズキ ワゴンRの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

2017年式以降のワゴンRを掲載しています。

ワゴンRスティングレーのユーザー評価

ワゴンRスティングレーT(MH55S)

先代MH44S(NA)からの乗り換えです。納車から2週間ですが、二回の給油で満タン方で平均20.5(先代より良い)乗り心地は遥かに良くなってます。また、ギクシャク感も無くなり快適です。賛美両論ありますがとても良い車です。

ワゴンRスティングレーの静粛性の高さ。そしてISGによるアイドルストップの再始動時の静けさと、ムーブと違ってアイドルストップの制御のおかしさが無く、
自然な感じがしたのと、何より車体剛性と足回りから来るのか、ある程度硬くしまっていてもマンホール段差等を乗り越える時も角が取れた収束性、
そしてハイスピードでワインディングを走らせても上手くロールも抑えられて日常生活から遠出まで全てをバランス良くこなしてくれるシャシー性能に魅了され購入しました。
購入から一週間、高速を使った遠出も含め500km程乗りましたが、45kmから110kmまで使えるオートクルーズと静粛性の高さ。そしてシャシー性能の高さからL152Sムーブに比べて疲れ度合いが全く違いました。
10年間の進歩は凄いと感じたと共に、本当に今の軽自動車って凄いな。と。

ワゴンRスティングレーは燃費性能の高さだけでな運転性能、乗り心地の評価も非常に高い車となっています。

ワゴンRスティングレーの詳細についてはコチラ!

【2017年最新】新型ワゴンR登場!軽ワゴン最高の燃費!

http://matome.response.jp/articles/72

2017年2月1日にスズキの人気軽自動車であるワゴンRの新型である、新型ワゴンR、新型ワゴンRスティングレーが発表されました。軽ワゴンの中では最高クラスの燃費を誇る新型ワゴンR。その魅力や特徴を徹底解剖します。

スペーシア

続いて紹介するのはスペーシアです。「広くて便利、軽くて低燃費の軽ハイトワゴン」がコンセプトとされた軽自動車になります。先代モデルにあたる「パレット」の振り返りを行い、女性の意見が積極的に取り入れられている点がポイントです。確かにどこか女性らしさを感じさせる中性的な雰囲気が醸し出されています。

ユーザー目線に立ち、デザインや燃費性能の向上だけでなく使い勝手の良い機能面の充実が図れました。また、2016年度JNCAP予防安全性能アセスメントにて最高ランク評価の「ASV++」を獲得し、燃費性能や機能面だけでなく安全性能の高さも誇れる軽自動車となっています。

スペーシアのスペックは下記の通りです。軽トールワゴンらしいスペックとなっています。

 
スズキ スペーシア スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3395×1475×1735
室内寸法(長さ×幅×高さ)2215×1320×1375
車両重量840~910kg
最大乗車定員4名
燃費JC08モード:29.0~32.0km/L
総排気量0.658L
駆動方式2WD/4WD
最小回転半径4.4m
最高出力38<52PS>/6,500
最大トルク63<6.4kg・m>/4,000
燃料タンク容量27L

新車価格と中古車価格相場は下記の様になっています。全グレードが170万円以内に収まっていて、衝突被害軽減ブレーキ非装着車であればおよそ130万円とお安く手に入ります。

 
スズキ スペーシアの新車価格・中古車価格相場
HYBRID G1,298,000円〜1,481,700円
HYBRID X1,496,000円〜1,619,200円
中古車相場68.5万円〜255.7万円
※新車情報は公式サイト調べ(2020年6月現在)
※中古車相場はレスポンス中古車検索より(2020年6月現在)

スペーシアのユーザー評価

①車種の仕様、条件等:
・スペーシアカスタムXS/ターボ2WD/DCBS装着車/カラー:黒
・8インチカーナビ(全方位モニター/無し)、ドラレコ、バックアイカメラ、ETC、後席用モニター、フロアマット、ワイドバイザー他/純正オプション装着
・60歳代、男性。維持費が安い軽で流行の室内空間の大きい「軽ハイトールワゴン」を検討。安全性、燃費とデザインが主な理由で決定。坂が多いことからターボ車も選定条件に。

②燃費:16.8km/l 走行距離:11,227km 期間:2016/11-2017/08
・夏季、冬季:15km/l程度 (夏季/エアコン使用、冬季/エネチャージバッテリーの充電環境の低下?)
・高速道路:18~23km/l
前車に比べて燃費が1.5倍になり満足ですが、カタログ値との乖離が気になるところ。

③外観:フロントデザインに自己主張がないと言われますが、ちゃんと個性を持ったデザインで満足。

モーター・アシスト 快適です。アシストは愛車に任せています。静かな愛車なので愛車任せで運転を楽しんでいます。参考までに、通勤距離15キロですが平均燃費17Kです。

購入された方は燃費性能、デザイン、運転性能それぞれに満足されているようです。

スペーシアの詳細はコチラ!

先代を超えた!?女性へのヒヤリングを受けて開発されたスペーシア

http://matome.response.jp/articles/112

先代モデルとなる『パレット』の振り返りを行った結果、これまでのデザインや広さ感の表現が、女性に伝わりにくかったことを改善し、女性へのヒヤリングを重視し開発されたスペーシア。かわいいだけじゃないスペーシアの魅力をお伝えします。

スペーシアカスタム

スズキの軽トールワゴン、最後にご紹介するのは「スペーシアカスタム」です。スペーシアがマイナーチェンジされ、S-エネチャージとデュアルカメラブレーキサポートが搭載されました。


S-エネチャージはISG(モーター機能付発電機)とS-エネチャージ車専用リチウムイオンバッテリーを採用し、発進後から加速時にモーターでエンジンをアシストし、低燃費の走りを実現してくれる機能です。

デュアルカメラブレーキサポートは、ステレオカメラを使って前方を監視し、万が一の際にブレーキをかけて危険から守ってくれる安全性能です。スペーシアからさらに燃費性能、安全性能を向上させた車種となっています。

スペーシアカスタムのスペックは下記の通り。注目要素はターボとハイブリッドが組み合わされたグレードが用意されているので、街中ではエンジンパワーに対するストレス無く快適に走ることができそうです。

 
スズキ スペーシア カスタム スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3395×1475×1735
室内寸法(長さ×幅×高さ)2215×1320×1375
車両重量870~950kg
最大乗車定員4名
燃費JC08モード:24.0~30.6km/L
総排気量0.658L
駆動方式2WD/4WD
最小回転半径4.6m
最高出力47kW<64PS>/6,000
最大トルク95N・m<9.7kg・m>/3,000
燃料タンク容量27L


◆新車価格
新車価格は1,533,600円~1,918,080円となっています。グレードは3つ展開されていて、一番安いグレードは「GS」、一番高いグレードは「XSターボ」となっています。

◆中古車価格
中古車価格に関しては100万円台~140万円台が多く、2017年式のものでも140万円台のものもあるので年式の新しい中古車でコストを抑えて購入するという選択も良いのではないでしょうか。

 
スズキ スペーシアカスタムの新車価格・中古車価格相場
HYBRID GS1,545,500円〜1,729,200円
HYBRID XS1,721,500円〜1,844,700円
HYBRID XSターボ1,820,500円〜1,943,700円
中古車相場(スペーシア全体)68.5万円〜255.7万円
※新車情報は公式サイト調べ(2020年6月現在)
※中古車相場はレスポンス中古車検索より(2020年6月現在)

スズキ スペーシア 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/SZ/S049/

スズキ スペーシアの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

スペーシアカスタムのユーザー評価

3月19日に納車され現在1,627km。通勤で毎日片道約15km(市街地)を運転しています。週末には楽しいドライブ。1,000kmでのオイルとエレメント交換を実施。常にエアコンはオン、普通の速度、加速で26km/L前後。

室内も静かでエンジン音もほとんど聞こえません。もちろんエンジン再始動も静かです。全方位モニター、ブレーキサポート、モーターアシストと、圧倒的な解放感での毎日の運転が楽しいです。

上記はスペーシアカスタムZのユーザー評価ですが、燃費性能も走行性能についてとても満足されているようです。

スズキの軽セダン一覧

続いての紹介する車種はスズキの軽セダンに該当するモデルです。軽セダンと言っていますが、つまり5ドアハッチバックのクルマを想像していただければと思います。

アルト

最初に紹介する軽セダンはアルトです。2014年に8代目がフルモデルチェンジされて発売されたモデルで、新開発のプラットフォームが採用されたり、先代アルトエコ比で-60kgも軽量化されているなど、進化したアルトとなっています。

関連する投稿


【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

スズキのエブリイワゴンは広々としたインテリアが特徴で、車中泊もできるアウトドアにぴったりの一台です。価格も比較的安価に購入できるので、高いコストパフォーマンスも魅力のひとつです。そこで今回は、エブリイワゴンの魅力を詳しく紹介します。


スズキ スイフトにはどんなグレードがあるの?おすすめのグレードについて紹介

スズキ スイフトにはどんなグレードがあるの?おすすめのグレードについて紹介

スズキ スイフトは種類が多く、人気の高い車種です。現在販売しているグレードの種類は豊富にあるのでどれを選べばいいかわからない方も多いでしょう。この記事では、スズキ スイフトのグレードの種類とおすすめグレードを比較しながらご紹介していきます。


スズキ スイフトRS、RStってどんな車?走行性能やコスパについて紹介!

スズキ スイフトRS、RStってどんな車?走行性能やコスパについて紹介!

スズキ スイフトRS、RStは人気の高い車です。コスパがよく、走行性能を重視している人であっても満足できる性能を有しています。この記事では、スズキ スイフトRS、RStの基本情報や走行性能、コスパについて詳しくご紹介します。


スズキ スペーシアの魅力は?基本スペックやメリットを徹底解説

スズキ スペーシアの魅力は?基本スペックやメリットを徹底解説

スズキのスペーシアは個性豊かで快適性も重視したい人におすすめの一台です。そこで今回は、スペーシアの基本スペックやメリット、カスタムやギアとの違い、ライバル車との比較などについて解説します。


最新の投稿


【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

世界的に需要の高い状態が続いているSUVジャンル。国産車の中でもズバ抜けた高級感と走行性能で高いステータス性を誇る高級車ブランド「レクサス」でも、バリエーション豊富にSUVをラインナップしています。2021年には人気のミドルクラスSUV「NX」の新型モデルも登場予定で、これからさらに盛り上がること間違いなしの、レクサスの最新SUV情報をまとめてみました。


原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

新車販売台数の陰りが囁かれる二輪車の世界でも、ここ最近密かにブームなのが「原付二種」ジャンル。通勤通学からお買い物まで普段使いにぴったりな原付二種は、性能と価格のバランスが取れており、ラインナップ拡大中の今こそ選びたい旬のバイクです。これから原付二種デビューしたい方のために、原付二種を運転するには必要な免許、その取得費用や期間はどれくらいかまで、詳しくまとめてみました。


【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

原付とは段違いの安定感と余裕のパワー、大型二輪よりも格段に扱いやすい車格とリーズナブルな価格で、人気の中型バイク。ひと昔前と比べるとバイク需要の縮小も囁かれますが、最新の中型バイクなら、乗用車さながらの高級装備も多数揃っているモデルも多く、満足度も満点です。毎日の生活にちょうどよい刺激をもたらしてくれるバイクデビューを、この記事でご紹介する中型バイクでしてみてはいかがでしょう。


【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

近年さらに人気が高まり続けている激戦の軽自動車業界で、軽自動車メーカーとして二大巨頭のスズキとダイハツに負けることなく、普通車思考の上質感を備えた魅力的な軽自動車の数々で大いにヒットを飛ばしているのがホンダです。初代N~BOXの登場から風向きの変わったホンダの軽自動車、人気の秘訣はどんなところにあるのでしょうか?ラインナップ全体をまとめましたので、ぜひ確認してみてください。


【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

日々のカーライフで便利に使えるスライドドア。ファミリーだけでなくビジネス向けの車でも人気の装備となっており、その便利さはお墨付きです。ホンダのスライドドア車は、乗り降りのしやすさや荷物の積み下ろしのしやすさはもちろんながら、ホンダらしい細やかな工夫もたくさん詰まっています。魅力的なホンダの現行スライドドア車を一堂にまとめてみましたので、ぜひ車選びの参考にしてみてください。