目次へ戻る

スズキ ハスラー 奇跡を起こした軽自動車について、徹底解剖!

スズキ ハスラー 奇跡を起こした軽自動車について、徹底解剖!

現在ハスラーはスズキの軽自動車の中で最も注目を浴びている車種です。燃費性能をはじめ、安全性能なども優れているのにも関わらず求め易い値段だということで人気が増してきています。しかし、実はこの車には驚く事実がいくつも存在します。今回はサイズ、燃費、値段などの基本情報だけでなく、ハスラーの裏話も含めて詳しく紹介していきます。


スズキハスラーが予防安全評価で最高ランク!スズキ軽自動車で2車種目

スズキは2017年1月10日、デュアルカメラブレーキサポートと全方位モニターを搭載した軽自動車のスズキハスラーが、2016年度JNCAP予防安全性能アセスメントにて66.8点を取得し、最高ランク評価の「ASV++」を獲得したと発表しました。

ASV++の獲得は、スズキの軽自動車ではスズキスペーシアに続きスズキハスラーが2車種目で、登録車のスズキイグニス、スズキソリオと合わせて4車種目の認定となっています。JNCAP予防安全性能アセスメントとは、国土交通省と自動車事故対策機構(NASVA)が自動車の先進安全技術について評価してその結果を公表する制度です。

2016年度の評価対象は、昨年までの「前方車両に対する衝突被害軽減制動制御装置(AEBS)」「車線逸脱警報装置(LDWS)」「後方視界情報提供装置(バックビューモニター)」の試験に加えて、「歩行者に対する衝突被害軽減制動制御装置(AEBS)」を追加した合計4項目で71点満点の評価点が与えられています。

評価点の合計が12点を超える場合は「ASV+」として認定され、さらに46点を超えると「ASV++」に認定されています。スズキはその合格点を達成したということになります。スズキはこの軽自動車を開発する際、燃費などの基本的スペックのことだけでなくプラスアルファの安全面にも視点を置いたことが成功の鍵だったのです。

スズキハスラー がデザインで全国発明表彰 発明賞を受賞!20年ぶり3回目

スズキの人気軽自動車であるハスラー。安全装備や燃費などが優れているという点について述べてきましたが、それ以外にもこの軽自動車にしかない強みがあります。スズキの軽自動車ハスラーのデザインが、「軽ワゴンとSUVが融合した新ジャンルの車の意匠」で、平成29年度「全国発明表彰 発明賞」を受賞しました。スズキの受賞は20年ぶり3回目です。

全国発明表彰は、発明協会が日本の科学技術の向上と産業の発展に寄与することを目的に1919年設立し、日本において多大な功績を挙げた発明、考案、ならびに意匠を表彰する制度と知られています。今回、スズキハスラーのデザインが広く利用されて、生活文化の向上に大きく寄与し、さらに形状、機能等の構成要素が極めて優れ、新しい意匠の潮流を形成しているとして高く評価されました。今後このスズキハスラーに詰められた技術とこだわりが他のスズキの車種に影響を与えることは間違い無いでしょう。

実はこの軽自動車のヒットは予想外だった!?

「遊べる軽」というキャッチコピーを持つこのスズキハスラーは今ではかなりの人気と知名度を誇っています。しかし、実は発売前にはこれほど売れるとはスズキでさえ予想しておらず、ある一人の人物のみが予想していました。


実はこのスズキハスラーが生まれるきっかけとなる事件が存在します。スズキの名物会長鈴木修氏が会食の席で、2009年に生産を終了したスズキKei(大径タイヤを履き地上高を高くしたセダンとSUVのクロスオーバー車)に対する後継モデルを待ち望む声を聞いたことがありました。すると、たった一人のユーザの直訴から意外な軽クロスオーバーの需要を見て取ると、早速現場に検討の指示を出しました。

そうして誕生したのがスズキハスラーでした。そして、このハスラーが売れると予想していたたった一人とはもちろんこの鈴木会長のことです。

大人気SUVハスラー。成功を予想したのは一人だけだった!!

https://matome.response.jp/articles/404

大人気のハスラー。実は、スズキの予想外のヒット車種だったこと、知っていましたか?

この軽自動車が売れないと思われていた理由とは

軽自動車のスズキハスラーは軽クロスオーバー(SUV)という新ジャンルを開拓した車種と謳られてはいますが、これは販売戦略上の話です。実はスズキハスラー以前にも、ホンダにドア枚数が3枚となったZといった車種があり、ダイハツにはネイキッド、軽ではないもののニッサンにはラシーン、そして何よりスズキには前出のスズキKeiと各メーカーそれぞれに乗用車派生型のクロスオーバー車が存在していました。

しかし、そのほとんどが後継車種を発売することなく、わずかな販売期間で廃盤となってしまったため、このスズキハスラーも軽自動車だということもあって大して販売台数を伸ばすことなく生産終了を迎えると予想されていました。そんな中でハスラーはこの大方の予想を大きく裏切り、正確な台数こそ公表されていないものの、月間目標販売台数の3倍を超える爆発的ヒットを記録しました。

スズキハスラーが売れる理由とは?

遊び心満載で、それなりのオフロード走行性能と文句なしの燃費を持ち、比較的凝ったメカニズムと親しみやすいデザインが軽自動車のスズキハスラーの人気の秘密だとされています。

室内の広さは丁度良く、それにアウトドアに適したプラスチック製のシートバックを持つことで濡れたものや汚れたものを室内に持ち込んでも対応できるといったスズキハスラーならではのインテリアの強みもその一部となっています。

確かに高くなっている車高や重くなってしまった重心によってコーナリング時は多少の苦労はしそうですが、軽自動車なのにも関わらず、絶大なターボの威力を持っていることがこのスズキハスラーの欠点を忘れさせているのではないかとも言われています。

また、この欠点がある中で優れた燃費性能を持っていることもあり、中古車サイトでも、これらの利点によって高評価をつけているユーザーが数多くいました。

人気の理由の1つである燃費について

もちろんスズキはデザインだけでなく燃費性能など技術面に関しても徹底的に考えながら、この軽自動車のスズキハスラーを開発して改善を積み重ねてきました。例えば、2015年に前世代のスズキハスラーNA(自然吸気)・CVT車に搭載していた「エネチャージ」を燃費性能向上のために別のものに変更したことがあります。

S-エネチャージは、加速時にモーターでエンジンをアシストする、主に燃費の向上を目的としたスズキ独自のシステムで、ハスラーのS-エネチャージ搭載車では、モーターアシストする時間と頻度を、ワゴンRに搭載されている従来のS-エネチャージより増やし、さらなる燃費向上に貢献できる車種に仕上げることができました。具体的には、ISG(モーター機能付発電機)のモーターアシスト時間を、従来の最長6秒間から最長30秒間まで拡大し、モーターアシストする速度域を従来の「15km/h~85km/h」から「発進後~約85km/h」に拡大させることに成功したわけです。

この燃費向上計画を行なった中で特に注目を浴びたのが2WD車で、S-エネチャージと燃焼効率を高めるなどの改良を施したR06A型エンジンを組み合わせることで、32.0km/リットル(JC08モード)といった優れた燃費性能を達成し、S-エネチャージ搭載車は全車エコカー減税の免税対象車と指定されるようになりました。これにより、スズキハスラーはデザイン性だけでなく燃費性能によっても軽自動車の可能性を証明したと言えるでしょう。

スズキハスラー グレード別基本情報・価格

スズキハスラー Xターボ

全長×全幅×全高:3,395mm×1,475mm×1,665mm
ホイールベース :2,425mm
乗車定員 :4名
車両重量 :870kg
エンジンタイプ:R06A型
エンジン最高出力(kW/rpm):47<64PS>/6,000
エンジン最大トルク(kW/rpm):95<9.7kg・m>/3,000

新車価格: ¥1,547,640~¥1,717,200
中古車平均価格: ¥140万円前後

スズキハスラー X

全長×全幅×全高:3,395mm×1,475mm×1,665mm
ホイールベース :2,425mm
乗車定員 :4名
車両重量 :850kg
エンジンタイプ:R06A型
エンジン最高出力(kW/rpm):38<52PS>/6,500
エンジン最大トルク(kW/rpm):63<6.4kg・m>/4,000

新車価格: ¥1,461,240~¥1,630,800
中古車価格:110万円前後

スズキハスラー Gターボ

全長×全幅×全高:3,395mm×1,475mm×1,665mm
ホイールベース :2,425mm
乗車定員 :4名
車両重量 :860kg
エンジンタイプ:R06A型
エンジン最高出力(kW/rpm):47<64PS>/6,000
エンジン最大トルク(kW/rpm):95<9.7kg・m>/3,000

新車価格:¥1,359,720~¥1,529,280
中古車価格: 120万円前後

スズキハスラー G

全長×全幅×全高:3,395mm×1,475mm×1,665mm
ホイールベース :2,425mm
乗車定員 :4名
車両重量 :840kg
エンジンタイプ:R06A型
エンジン最高出力(kW/rpm):38<52PS>/6,500
エンジン最大トルク(kW/rpm):63<6.4kg・m>/4,000

新車価格: ¥1,162,080~¥1,442,880
中古車価格: 120万円前後

スズキハスラー A

全長×全幅×全高:3,395mm×1,475mm×1,665mm
ホイールベース :2,425mm
乗車定員 :4名
車両重量 :820kg
エンジンタイプ:R06A型
エンジン最高出力(kW/rpm):38<52PS>/6,500
エンジン最大トルク(kW/rpm):63<6.4kg・m>/4,000

新車価格: ¥1,078,920~¥1,199,880
中古車価格: 100万円前後

最後に

開発当初は全く売れると予想されていなかった軽自動車のスズキハスラーは、現在大ヒット車種として多くのユーザーに愛用されています。燃費に関しては文句のないレベルのポテンシャルを持ち、数々の賞を獲得するほどのデザインと技術も備えられているハスラーは軽自動車の中でトップクラスと述べても過言ではありません。また、今までの軽自動車の常識に改革を起こしており、ハイスペックながらも新車と中古車どちらも求め易い価格となっていることも注目すべき点だと思います。

ハスラーもランクイン!2017年上半期のSUV 人気、売上ランキング!

2017年上半期の売上・人気モデルをSUVのみにピックアップし、販売台数を元にランキング化しています。是非ご覧下さい。

2017年上半期 最も売れた国産SUVは?オススメ・人気ランキング TOP10

https://matome.response.jp/articles/722

今国内でとても人気のSUVですが、2017年の上半期(1月~6月)に最も売れたSUV車種は何だったのか!?全軽自協のデータ及び自動車産業ポータルMarkLinesのデータを元に国産SUVのみをランキング形式でお届けしています。他、7人乗りSUVやコンパクトSUVのおすすめ車種の紹介もしています。

スズキ 軽SUVといえば「ジムニー」も

スズキの軽自動車でSUVといえば「ジムニー」も忘れてはいけません。下記の記事にて約20年ぶりのフルモデルチェンジといわれている新型ジムニーの詳細情報をまとめています。

スズキ新型ジムニー!フルモデルチェンジ最新情報!発売時期・価格は?

https://matome.response.jp/articles/803

【9/11更新】スズキのジムニーが20年ぶりとなるフルモデルチェンジを行い、早ければ今年開催される東京モーターショー2017にて発表されるという情報が舞い込みました。新型ジムニーについての情報を随時更新しお届けします。

関連する投稿


「ディーゼル不正問題」で苦しんだVWがディーゼルを日本導入した理由を考える

「ディーゼル不正問題」で苦しんだVWがディーゼルを日本導入した理由を考える

フォルクスワーゲンが、「パサート&パサートヴァリアント」のエンジンにディーゼル搭載モデルを日本でも導入し、2月14日に発売しました。今回あの「ディーゼル不正問題」で苦しめられたVWがなぜあえてディーゼルモデルを日本に導入してきたのか考えてみます。


スバルのアセント価格は約340万円から!発売日はいつ?日本発売の予定は?

スバルのアセント価格は約340万円から!発売日はいつ?日本発売の予定は?

スバルのアセント。発売が楽しみな一台ではないでしょうか。今回改めてスバルのアセントについて情報をまとめています。日本での発売はあるの?価格はいくら?など。素朴な疑問と、それに対する回答を載せています。【2月20日更新】


欧州でホンダフィットにSUV風モデル登場か ジュネーブモーターショーで公開

欧州でホンダフィットにSUV風モデル登場か ジュネーブモーターショーで公開

ホンダは、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー2018において、『ジャズ X ロード』を初公開すると発表しました。気になる最新情報をいち早くお届けいたします。


スズキのSUVエスクードがマイチェン!初公開は2018年3月か

スズキのSUVエスクードがマイチェン!初公開は2018年3月か

スズキから1988年に発売され、「ライトクロカン」ブームの火付け役となったロングセラーSUV『エスクード』。このエスクードの改良モデルをスクープしました。エスクードはワールドプレミアが迫っており、これが最後のプロトタイプのようです。2018年ジムニー新型も発売されると噂されるスズキ。2018年スズキから目が離せません。


ヴェゼルのマイナーチェンジで搭載されなかった残念な3つのポイント!

ヴェゼルのマイナーチェンジで搭載されなかった残念な3つのポイント!

ホンダの人気SUV「ヴェゼル」が2月16日にマイナーチェンジし発売されました。 ホンダセンシング全車標準装備や、内外装もリファインされて商品価値が増しSUVの売上首位奪還も期待されます。とても魅力的なマイナーチェンジ内容でしたが、密かに期待していて搭載されなかった3つの機能・ポイントについてご紹介します。


最新の投稿


【ジュネーブモーターショー2018】ワールドプレミア多数!出展車最新情報

【ジュネーブモーターショー2018】ワールドプレミア多数!出展車最新情報

3月に開催されるジュネーブモーターショー2018。世界5大モーターショーの1つと言われるこのモーターショーでは、毎年数多く新型車のワールドプレミアが行われます。本記事では主要メーカーの最新情報・ワールドプレミア情報をまとめています。トヨタ、マツダ、スバル、メルセデスベンツ、BMW他。随時更新予定です。【2月20日更新】


日産のミニバン!セレナe-POWER 発売は2018年3月1日!最新情報

日産のミニバン!セレナe-POWER 発売は2018年3月1日!最新情報

日産のミニバン、セレナに、新世代電動パワートレイン「e-POWER」を搭載した『セレナ e-POWER』が登場します。このe-POWERはノートに初搭載された技術です。セレナ e-POWER、発売は2018年3月1日とのこと。本記事ではセレナ e-POWERの最新情報および改めてセレナを振り返ります。


フェラーリ488に高性能モデル登場!458スペチアーレの再来か

フェラーリ488に高性能モデル登場!458スペチアーレの再来か

フェラーリの主力車種、『488 GTB』。同車に間もなく設定される高性能モデルのティザーイメージを2月13日、フェラーリが公開しました。この高性能モデルは、488 GTBの前身モデル、『458イタリア』に用意されていた『458スペチアーレ』の再来となる模様。気になる最新情報をまとめています。


「ディーゼル不正問題」で苦しんだVWがディーゼルを日本導入した理由を考える

「ディーゼル不正問題」で苦しんだVWがディーゼルを日本導入した理由を考える

フォルクスワーゲンが、「パサート&パサートヴァリアント」のエンジンにディーゼル搭載モデルを日本でも導入し、2月14日に発売しました。今回あの「ディーゼル不正問題」で苦しめられたVWがなぜあえてディーゼルモデルを日本に導入してきたのか考えてみます。


ドライブレコーダーの販売台数が急増。2017年は前年比136%に。

ドライブレコーダーの販売台数が急増。2017年は前年比136%に。

GfK Japanは全国のカー用品量販店、家電量販店、インターネットの通販等の販売実績を基にドライブレコーダーの販売動向を発表しました。2017年はドライブレコーダーの販売が急増。販売動向の結果のご紹介と、国内販売台数とおすすめのドライブレコーダーのご紹介をします。