トップへ戻る

車中泊におすすめ!国産SUV 厳選3選

車中泊におすすめ!国産SUV 厳選3選

キャンピングカーとまでいかなくても、車中泊をたのしんでみたいな。そんな願望を持ったことはありませんか?本記事では車中泊もOKなおすすめの国産SUVをまとめてご紹介いたします!(2020年2月更新しました)

⏳この記事は約3~4分で読めます。


車中泊向きのおすすめSUV、知ってる?

キャンピングカーとまでいかなくても、車中泊をたのしんでみたいな。そんな願望を持ったことはありませんか?

本記事では車中泊もOKなSUVをまとめてご紹介いたします!

【俺の車はどう?】これは車中泊に合ってる車?注目すべきポイント

①シートがフルフラットになる

車中泊を考えるのであれば、フルフラットが可能な、シートアレンジが多彩な車を選びましょう。

特に、フルフラットと書かれていても、そのフラット加減は様々。

言わずもがな、貴方が車で睡眠をとるときにシートのフラットさの重要性が必ず感じられますので、ぜひお店で実際に試してみることをオススメします。

…とは言え。

フルフラットにこだわりすぎると、選択肢の幅がかなり狭まってしまうのでご注意ください。

やっぱりマットがおすすめ

②室内が広い

画像はイメージです

画像はイメージです

フルフラットは諦めた…。という人にも。車中泊に全力をかけるという人にも。

①と同じ、いやそれ以上に重要になってくるのがこの室内の広さですよね。

あまりにも狭いと、車中泊どころではありません。一概には言えませんが、寝返りがうてるくらいのスペースがあれば、快適な車中泊を楽しめるでしょう。

というわけで、次の項から車中泊にオススメのSUVを見ていきたいと思います!

【オススメ】車中泊に持ってこい!国産SUV厳選3選

マツダ CX-8

マツダ CX-8

マツダ CX-8

マツダ CX-8

マツダ CX-8

CX-8は、6人、7人が乗車可能な大型のマツダのSUVです。

マツダの国内市場向けSUVとしては最上位のモデル。

7人モデルであれば、コンソールボックスがないため、マットなどを敷く際にもあまりでこぼこしないのが魅力です。

室内寸法(長さ×幅×高さ)も2690×1540×1250mmとゆったり使えそうです。

価格は319万円~です。

 マツダ CX-8 スペック

 
マツダ CX-8 基本情報・スペック表・新車価格
駆動方式2WD/4WD
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4900×1840×1730
室内寸法(長さ×幅×高さ)2690×1540×1250
車両重量1,780~1,900kg
最大乗車定員6~7名
燃費(JC08モード燃費)17.0km/L~17.6km/L
最小回転半径5.8m
総排気量2,188cc
最高出力140kW<190PS>/4,500rpm
最大トルク450N・m<45.9kgf・m>/2,000rpm
燃料タンク容量72~74L

三菱 アウトランダーPHEV

三菱アウトランダーPHEV

三菱アウトランダーPHEV

三菱アウトランダーPHEV

三菱アウトランダーPHEV

アウトランダーは、三菱が手掛けるミッドサイズSUVです。日本はもちろん、海外でも人気があります。
室内寸法(長さ×幅×高さ)は1900×1495×1235mm。

特にオススメしたいのが、アウトランダーのPHEVモデル。PHEVモデルであれば、キャンプ場などで給電可能!同行者が初心者や女性であった場合、アウトランダーの電力を使って、ホットプレートやホットカーペットを使用する…なんて使い方もできてしまいますね。

価格は特別仕様車のGリミテッドエディションが一番手ごろで、3,939,840円~です。

 三菱 アウトランダーPHEV スペック

 
三菱アウトランダーPHEV 基本情報・スペック表・新車価格
駆動方式4WD
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,695×1,800×1,710mm
室内寸法(長さ×幅×高さ)1,900×1,495×1,235mm(サンルーフ車は1,170mm)
車両重量1,860~1,930kg
最大乗車定員5名
燃費(ハイブリッド燃料消費率JC08モード燃費)18.6km/L
最小回転半径5.3m
総排気量2,359L
最高出力94kW<128PS>/4,500rpm
最大トルク199N・m<20.3kgf・m>/4,500rpm
燃料タンク容量45L

トヨタ ランドクルーザープラド

トヨタランドクルーザープラド

トヨタランドクルーザープラド

トヨタランドクルーザープラド

トヨタランドクルーザープラド

ランドクルーザープラドは、トヨタが手掛けるSUVで、ランドクルーザーのライトデューティ用途として位置付けられた自動車です。

5人乗りと7人乗りがあり、7人乗りは2・3列目のシートを、5人乗りは2列目シートを前に倒すことにより、広いフラットスペースが確保できます。

室内寸法(長さ×幅×高さ)は、7人乗りが2,520×1,565×1,240mm、5人乗りが1,825×1,565×1,240mmです。

価格は3,538,080円から。

 トヨタ ランドクルーザープラド スペック

 
トヨタ ランドクルーザープラド基本情報・スペック表・新車価格
駆動方式フルタイム4WD
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,825×1,885×1,835/1,850mm
室内寸法(長さ×幅×高さ)1,825/2,520×1,565×1,240mm
車両重量2,050~2,330kg
最大乗車定員5・7名
燃費(JC08モード燃費)9.0km/L~11.8km/L
最小回転半径5.8m
総排気量2,754・2,693L
最高出力(2.8Lディーゼル)130kW<177PS>/3,400rpm
最高出力(2.7Lガソリン)120kW<163PS>/5,200rpm
最大トルク(2.8Lディーゼル)450N・m<45.9kgf・m>/1,600~2,400rpm
最大トルク(2.7Lガソリン)246N・m<25.1kgf・m>/3,900rpm
燃料タンク容量87L

まとめ

本記事では、車中泊におすすめしたい車を厳選してお届けしました。

アウトドア、車中泊が流行っている昨今。今年こそ車中泊をしてみたいという方はぜひ参考にしてみてくださいね!

車中泊関連の記事をもっと読みたいという方はこちら

車中泊におすすめのグッズ記事はこちら

関連する投稿


ハスラーとタフトはどちらがおすすめ?価格や燃費や使い勝手で徹底比較

ハスラーとタフトはどちらがおすすめ?価格や燃費や使い勝手で徹底比較

軽クロスオーバーSUVの人気が高まっています。SUVらしい機能や性能でワクワクのカーライフを送りつつ、価格や維持費でグンと節約ができる軽の魅力も兼ね備えていることを思えば、その人気も納得です。中でも人気なのは「スズキ ハスラー」と「ダイハツ タフト」で、どちらを選ぶか悩んでいるという方も少なくないはず。項目別にこの2台を徹底比較していきますので、車選びの参考にしてみてくださいね。


トヨタ RAV4の内装を徹底チェック!人気のラブフォーの室内は魅力満載

トヨタ RAV4の内装を徹底チェック!人気のラブフォーの室内は魅力満載

「トヨタ RAV4」は、若々しいデザインや充実の装備内容、お買い得な価格設定など、ツボを押さえた完全無敵な商品性が人気です。2021年12月には改良モデルも登場し、愛車候補として検討中の方も多いのではないでしょうか。そんなRAV4は、車内に乗り込んでも魅力が満載。この記事では、実用性も先進性も兼ね備えたRAV4のインテリアを詳しくご紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください。


スズキ ハスラーの内装を徹底チェック!使い勝手やカラバリを徹底解説

スズキ ハスラーの内装を徹底チェック!使い勝手やカラバリを徹底解説

軽クロスオーバーSUVブームを牽引し続けている「スズキ ハスラー」。丸目でキュートな表情をはじめ、ポップなデザインのエクステリアに注目が集まりがちですが、ハスラーは室内もぜひ注目しておきたいところです。SUVらしく使い勝手に優れたハスラーの室内は、先進機能満載で収納スペースも豊富な上、遊び心も感じられるハスラーの内装を、注目ポイントや魅力ポイントをしっかり押さえつつご紹介します。


マツダ CX-5の燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

マツダ CX-5の燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

現在の充実したマツダのSUVラインナップの嚆矢となった車が「マツダ CX-5」。クリーンディーゼルエンジンをはじめとしたスカイアクティブテクノロジーが高い支持を受けるCX-5ですが、愛車として検討中の方ならその燃費性能が気になりますよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバル車種との比較なども通して、CX-5の燃費情報を詳しくご紹介していきます。


トヨタ RAV4の燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

トヨタ RAV4の燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

力強い印象のデザインに効率の良いパワートレイン、お買い得な価格と、全方位的な魅力で人気のSUVが「トヨタ RAV4」です。グレード間でキャラクターが大きく異なっていることもポイントで、選びやすさが光ります。そんなRAV4、普段使いで気になるのは燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、RAV4の燃費情報を詳しくご紹介していきます。


最新の投稿


ハスラーとタフトはどちらがおすすめ?価格や燃費や使い勝手で徹底比較

ハスラーとタフトはどちらがおすすめ?価格や燃費や使い勝手で徹底比較

軽クロスオーバーSUVの人気が高まっています。SUVらしい機能や性能でワクワクのカーライフを送りつつ、価格や維持費でグンと節約ができる軽の魅力も兼ね備えていることを思えば、その人気も納得です。中でも人気なのは「スズキ ハスラー」と「ダイハツ タフト」で、どちらを選ぶか悩んでいるという方も少なくないはず。項目別にこの2台を徹底比較していきますので、車選びの参考にしてみてくださいね。


トヨタ カローラツーリングの内装を徹底チェック!注目の荷室はどう?

トヨタ カローラツーリングの内装を徹底チェック!注目の荷室はどう?

3ナンバーサイズとはいえ、国内市場専用のボディを持つ「トヨタ カローラツーリング」は、国内で選択肢がどんどん減少している貴重なステーションワゴンの中でも人気のモデルです。シャープな外観に注目が集まりがちですが、ステーションワゴンなら室内や荷室の使い勝手が気になるところですよね。この記事では、カローラツーリングの内装における魅力や注目ポイントを詳しくご紹介していきます。


トヨタ シエンタの内装を徹底チェック!魅力やグレード間の違いを解説

トヨタ シエンタの内装を徹底チェック!魅力やグレード間の違いを解説

コンパクトなサイズながら3列シートを備えて人気のミニバンが「トヨタ シエンタ」。都市部や駐車場でも扱いやすいボディサイズやポップなデザインに注目が集まりがちなシエンタですが、豊富な収納やスマートに格納できる3列目シートなど、ミニバンだからこそ重視したい内装の使い勝手の良さにも注目しておきたいところです。グレード間の違いなども含めて、シエンタの内装の魅力をご紹介していきます。


トヨタ ハリアーの内装を徹底チェック!注目のインテリア装備はコレ

トヨタ ハリアーの内装を徹底チェック!注目のインテリア装備はコレ

流麗なデザインで他のSUVとは一線を画す高級感のあるSUVといえば、「トヨタ ハリアー」ですよね。高級セダンのような押し出しと乗り心地の良さがありつつ、SUVのような使い勝手の良さも兼ね備えたハリアーは、人気のSUVの中でも定番モデルのひとつです。そんなハリアーの内装は、こちらも上質かつ妖艶な世界が広がっています。ハリアーの内装の注目ポイントを詳しくご紹介していきます。


マツダ ロードスターの内装を徹底チェック!ワクワクする非日常空間

マツダ ロードスターの内装を徹底チェック!ワクワクする非日常空間

世界で最も売れている2シーターオープンスポーツカーが「マツダ ロードスター」です。歴代併せて生産累計台数が100万台を超えるなど、世界中で愛されるロードスターは、ドライブの楽しみやオープン時の開放感もさることながら、乗り込んだ瞬間から非日常を感じさせるような上質なインテリアも見どころです。この記事では、ロードスターの内装デザインや使い勝手などを詳しくご紹介していきます。