目次へ戻る

【オススメ】車中泊に持ってこい!SUV厳選3選

【オススメ】車中泊に持ってこい!SUV厳選3選

キャンピングカーとまでいかなくても、車中泊をたのしんでみたいな。そんな願望を持ったことはありませんか?本記事では車中泊もOKなSUVをまとめてご紹介いたします!


【オススメ】車中泊向きのSUV、知ってる?

キャンピングカーとまでいかなくても、車中泊をたのしんでみたいな。そんな願望を持ったことはありませんか?

本記事では車中泊もOKなSUVをまとめてご紹介いたします!

【俺の車はどう?】これは車中泊に合ってる車?注目すべきポイント

①シートがフルフラットになる

車中泊を考えるのであれば、フルフラットシート可能な、シートアレンジが多彩な車を選びましょう。

特に、フルフラットと書かれていても、そのフラット加減は様々。

言わずもがな、貴方が車で睡眠をとるときにシートのフラットさの重要性が必ず感じられますので、ぜひお店で実際に試してみることをオススメします。

…とは言え。

フルフラットにこだわりすぎると、選択肢の幅がかなり狭まってしまうのでご注意ください。

②室内が広い

フルフラットは諦めた…。という人にも。車中泊に全力をかけるという人にも。

①と同じ、いやそれ以上に重要になってくるのがこの室内の広さですよね。

あまりにも狭いと、車中泊どころではありません。一概には言えませんが、寝返りがうてるくらいのスペースがあれば、快適な車中泊を楽しめるでしょう。

というわけで、次の項から車中泊にオススメのSUVを見ていきたいと思います!

【オススメ】車中泊に持ってこい!SUV厳選3選

マツダ CX-8

CX-8は、6人、7人が乗車可能な大型のマツダのSUVです。

マツダの国内市場向けSUVとしては最上位のモデル。

7人モデルであれば、コンソールボックスがないため、マットなどを敷く際にもあまりでこぼこしないのが魅力です。

室内寸法(長さ×幅×高さ)も2690×1540×1250mmとゆったり使えそうです。

価格は319万円~です。

三菱 アウトランダーPHEV

アウトランダーは、三菱が手掛けるミッドサイズSUVです。日本はもちろん、海外でも人気があります。
室内寸法(長さ×幅×高さ)は1900×1495×1235mm。

特にオススメしたいのが、アウトランダーのPHEVモデル。PHEVモデルであれば、キャンプ場などで給電可能!同行者が初心者や女性であった場合、アウトランダーの電力を使って、ホットプレートやホットカーペットを使用する…なんて使い方もできてしまいますね。

価格は特別仕様車のGリミテッドエディションが一番手ごろで、3,939,840円~です。

トヨタ ランドクルーザープラド

ランドクルーザープラドは、トヨタが手掛けるSUVで、ランドクルーザーのライトデューティ用途として位置付けられた自動車です。

5人乗りと7人乗りがあり、7人乗りは2・3列目のシートを、5人乗りは2列目シートを前に倒すことにより、広いフラットスペースが確保できます。

室内寸法(長さ×幅×高さ)は、7人乗りが2,520×1,565×1,240mm、5人乗りが1,825×1,565×1,240mmです。

価格は3,538,080円から。

関連するキーワード


車中泊 SUV

関連する投稿


【2019年春頃日本登場】トヨタ RAV4新型 最新情報まとめ

【2019年春頃日本登場】トヨタ RAV4新型 最新情報まとめ

2019年春頃に日本発売が予想されている、トヨタのSUV、RAV4(ラヴフォー)。このRAV4の最新情報をまとめてご紹介します。


トヨタ 新型RAV4が2019年春日本復活!デザインや価格、仕様はどうなる!?

トヨタ 新型RAV4が2019年春日本復活!デザインや価格、仕様はどうなる!?

トヨタの世界戦略車の一つ、クロスオーバーSUVのRAV4が2019年春に日本復活すると公式サイトより発表がありました。新型RAV4の予想されるデザインや、スペック、価格などについて掲載しています。【11月21日更新】


三菱のSUV RVR(アールブイアール)詳細情報 評価・燃費・価格・中古価格ほか

三菱のSUV RVR(アールブイアール)詳細情報 評価・燃費・価格・中古価格ほか

三菱のRVRとは2010年から発売されているSUVです。初代RVRは1991年~2002年まで発売されていたトールワゴンでした。2010年には、クロスオーバーSUVとして現在に至るまで発売されています。RVRとはいったいどんなSUVなのか?改めてその魅力に迫ります。評価・燃費・価格・中古価格ほか。


フェラーリ初のSUV プロサングエ最新情報!デザイン大予想

フェラーリ初のSUV プロサングエ最新情報!デザイン大予想

フェラーリが現在開発を進めていると噂される、同ブランド初のクロスオーバーSUV、『Purosangue』(プロサングエ)のテスト車両が目撃されています。それに伴って、兄弟サイトのSpyder7では予想CGを入手しました。本記事では発売が待たれるプロサングエの最新情報をお届けいたします。


【2019年日本市場投入か】ホンダのSUV WR-Vってどんな車?

【2019年日本市場投入か】ホンダのSUV WR-Vってどんな車?

みなさんはホンダから発売されている、WR-Vという車をご存知でしょうか。何、知らない?それもそのはずです。実は、WR-Vは、日本では発売されていない車なんです。しかし、2019年には日本市場に投入されるという噂。そこで今からWR-Vについて知っておきましょう!本記事ではWR-Vをピックアップしています!


最新の投稿


今の20代は知らない?キャブレターとは|仕組み、セッティングについて

今の20代は知らない?キャブレターとは|仕組み、セッティングについて

バイク用語では見聞きすることのあるキャブレターという言葉も、20代の方にとってはなかなか親しみづらい言葉なのではないでしょうか。今回は、実は今もなお熱烈な支持者に愛され続けているキャブレターの仕組みから、調整やセッティング、オーバーホールの方法を解説していきます。これを読めばキャブレターの知識に関しては完璧です。


LEDヘッドライト おすすめ商品10選!価格・明るさを比較&取り付け方

LEDヘッドライト おすすめ商品10選!価格・明るさを比較&取り付け方

愛車のヘッドライト、もっと明るいヘッドライトに変えたいと思ったことはありませんか?こちらの記事では、LEDヘッドライトとハロゲンライト、HID等との違いから、明るさの基準と選び方、車検への影響の有無と、人気・おすすめのLEDヘッドライトの紹介、ヘッドライトの交換方法、取付け方についてを説明しています。


ホンダ「ステップワゴン/スパーダ・N-BOX+/カスタム」のテールゲート降下で人身事故も発生!59万台を改善対策へ

ホンダ「ステップワゴン/スパーダ・N-BOX+/カスタム」のテールゲート降下で人身事故も発生!59万台を改善対策へ

ホンダは、「ステップワゴンやN-BOX+」など4車種について、テールゲートに不具合があり、突然降下するおそれがあるとして、国土交通省に改善対策を届け出ました。 対象車種は「ステップワゴン」「ステップワゴン スパーダ」「N-BOX+」「N-BOX+カスタム」の4モデル59万3815台になります 詳しく見ていきましょう。


【2019年春頃日本登場】トヨタ RAV4新型 最新情報まとめ

【2019年春頃日本登場】トヨタ RAV4新型 最新情報まとめ

2019年春頃に日本発売が予想されている、トヨタのSUV、RAV4(ラヴフォー)。このRAV4の最新情報をまとめてご紹介します。


トヨタ 新型RAV4が2019年春日本復活!デザインや価格、仕様はどうなる!?

トヨタ 新型RAV4が2019年春日本復活!デザインや価格、仕様はどうなる!?

トヨタの世界戦略車の一つ、クロスオーバーSUVのRAV4が2019年春に日本復活すると公式サイトより発表がありました。新型RAV4の予想されるデザインや、スペック、価格などについて掲載しています。【11月21日更新】