トップへ戻る

【オススメ】車中泊にもってこい!おすすめ車種5選

【オススメ】車中泊にもってこい!おすすめ車種5選

本記事では、車中泊にオススメしたい車種を5つ紹介します。車中泊をしたいと検討している方、必見です。(※2020年4月更新しました)

⏳この記事は約3~4分で読めます。


車中泊にはミニバンがおすすめ?

車中泊をしてみたいと思ったそこのあなた。

しかし、どんな車がいいのかわからない。という方も多いのではないでしょうか。本記事ではそんな方向けに、おすすめの車種をご紹介しています。

特に、本記事では、ミニバンを中心にご紹介しています。なぜなら、ミニバンは車中泊におすすめの要素、たとえばフルフラットになる、車内が広い…といったタイプの車が多いからです。

車内が広い

車中泊にオススメなミニバンの条件でまず外すことができないものは車内の広さです。

大人数を乗せたまま移動することができる点こそミニバンの魅力の1つになります。そのため、どのモデルも基本的に車内は広いです。

しかし、細かく見ていくと室内長・室内幅・室内高で10mm前後(またはそれ以上)の差があることもあります。購入候補車を数台ピックアップしたら、最終段階でこれらの点を押さえておくと良いです。

フルフラット空間の有無

フルフラット空間の有無も確かめておきましょう。

ミニバンなら大方、フルフラット空間を作ることができるようになっています。しかし、フルフラットとメーカーが謳っていても、細かく見てみると段差が少しあるということもありますし、反対にほぼ完璧に平らになっているというモデルも。

候補車両のシートアレンジバリエーションをくまなくチェックして、可能であれば実車を実際に操作してフルフラットにした時の様子を見ておきたいところです。

好みのデザインに合わせる

ミニバンには、シンプルなデザインであったり手の届きやすい価格帯となっているモデルから、上位モデルとして販売されている価格の高いモデルも存在します。

ラグジュアリー色の強いミニバンですと内外装ともにデザインがきらびやかとなっているので、控えめでシンプルなデザインを希望の方はそちらを選んだ方が良いです。

燃費性能

最近のミニバンはガソリンエンジンモデルとハイブリッドシステム搭載モデル、そして一部メーカーではディーゼルエンジン搭載モデルをラインアップしていることが多いです。

そしてミニバン自体の車両重量が比較的重たい部類ですので、燃費をより意識するべきボディタイプであることは、周知のことでしょう。

ハイブリッドタイプになると、従来のミニバンとは思えないほどの優れた燃費性能を発揮しており、車種によってはリッターあたり20km(実燃費)走るということも。

車中泊をするような方の場合、車に乗って遠出をする機会も多いと思いますので、要チェック事項です。

車中泊におすすめの車種5選

三菱 デリカ

三菱 デリカD:5は三菱自動車のカーラインアップでも伝統のある車種の1つでもある、4WDのミニバンです。

室内の寸法は、室内長2,980mm x 室内幅1505mm x 室内高1310mmとなっています。

乗車定員7名でキャプテンシートを2列目に装備するモデルと、乗車定員8名で6:4分割ベンチシートを2列目に採用するモデルから選択可能です。フルフラットの広い空間を希望であれば、8名乗車モデルをオススメします。

搭載エンジンはディーゼルエンジンで、WLTCモードでの燃費が12.6km/Lとなっています。燃費が良いとは言えませんが、ミニバンとしては珍しくオフロードでの走破性に優れているので、アウトドア勢にぜひオススメしたい車種です。

デリカ D:5車両価格は、最も安いMグレードで3,913,800円(税込)〜、最高値のPグレードで4,371,400円(税込)~となっています。

※2020年4月現在
※情報は公式サイトより

トヨタ ヴォクシー

トヨタから販売されているシンプルなデザインのミニバンがヴォクシーです。

ガソリンエンジン搭載モデルとハイブリッドシステム搭載モデルの2つに大きく分けられます。

ZSグレードが唯一、3ナンバー規格のボディサイズ(全長4,710mm x 全幅1,735mm x 全高1,825mm)です。VグレードとXグレードは5ナンバー規格のボディサイズ(4,695mm x 1,695mm x 1,825mm)となっています。

ガソリンエンジン搭載モデルでは7人乗りモデルと8人乗りモデルから選ぶことができ、ハイブリッドモデルは7人乗りモデルのみです。

燃費性能のカタログ値(JC08モード)は、ガソリン車で14.8~16km/L、ハイブリッド車で23.8km/Lとなっています。

ガソリン車のXグレードがエントリーモデルであり、2,556,400円(税込)です。
※2020年4月現在
※情報は公式サイトより

トヨタ アルファード

車中泊だけでなく高級感あるエクステリアやインテリアを味わいたい方であれば、トヨタのアルファードがオススメです。

トヨタのミニバンラインアップの中でも高級路線で作られているのがアルファードになります。特に最上位グレードに位置付けられているExecutive Loungeは同グレードの象徴的な装備です。

室内寸法は室内長3,210mm x 室内幅1,590mm x 室内高1,400mm。

2列目シートにゆとりたっぷりのプレミアムナッパ本革製キャプテンシートを採用し、この上ないくつろぎの空間を生み出しています。

キャプテンシート採用モデルは7人乗り、6:4分割チップアップシートを採用するXグレードは8人乗りです。フルフラット空間を求める方は、Xグレードを選びましょう。

価格も3,520,000円(税込)~で最も安いです。

最高値のグレードはHYBRID Executive Loungeの7,599,000円(税込)となっています。
※2020年4月現在
※情報は公式サイトより

ホンダ ステップワゴン

オデッセイと並んでホンダを代表するミニバンとなっているステップワゴンは、フロントからルーフにかけての独特なデザインが他のミニバンとの差別化を図ることに成功していると言えるでしょう。

室内長3,220mm x 室内幅1,500mm x 室内高1,405(ハイブリッドモデルの場合、ガソリン車では1,425mm)mmの室内寸法で、室内長の長さが伺えます。

8人乗りモデルでは、2列目シートと3列目シートを倒すことによってフルフラット空間を生み出すことが可能です。7人乗りモデルの場合は2列目のキャプテンシート同士の間にオフセットがあるとしても、フルフラットに近い空間を生み出すことができるようになっています。

ガソリン車モデルとハイブリッド車モデルのうち、ハイブリッド車モデルがWLTCモードで20km/Lの燃費性能を達成しているなど、低燃費な車です。

2WDモデルと4WDモデルがあり、価格は2,714,800円(税込)~となっています。
※2020年4月現在
※情報は公式サイトより

トヨタ ハイエース バン

商用車として使われることの多いハイエース バン、実はカスタムベース車両として幅広い車好きから根強い人気を獲得しています。カスタムショーなどに足を運ぶと、ハイエースをベースに快適装備や音響システムなどを贅沢に搭載した車両を見かけることも多いです。

スーパーGLグレードであれば、運転席・助手席を倒してリアシートと組み合わせてフラットなスペースを生み出すフロントフラットと、それに加えて2列目シートを倒してフルフラットを生み出すオールフラットといったシートアレンジが可能です。

荷室の面積も広いので、ここに布団を敷いて車中泊するのもありでしょう。

グレードバリエーションが非常に多いため、購入時には価格・仕様・扱いやすさ(ボディサイズ)などを参考に、自身にあったグレードを選択してください。

価格は税込2,347,000円~となっています。
※2020年4月現在
※情報は公式サイトより

まとめ

同車種のミニバンでも7人乗りモデルと8人モデルが用意されていたり、ガソリン車モデルとハイブリッド車モデルがあるなど、悩む要素の1つとなる可能性は意外と高いです。

そうなった場合には、室内寸法や燃費、どのようなフルフラット空間を望むのか、予算etcをベースに選ぶようにしてはいかがでしょうか。

車中泊をしてみたいと思ったら、ぜひこの記事を思い出してみてくださいね。

関連するキーワード


ミニバン 車中泊

関連する投稿


ミニバンとは?魅力やおすすめ5車種をご紹介!

ミニバンとは?魅力やおすすめ5車種をご紹介!

乗用車として人気のミニバンは、使いやすいことからも多くのドライバーに愛されています。そこで今回は、そんなミニバンについて解説します。ミニバンの魅力や、おすすめのミニバン5種をご紹介。購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。


車中泊が人気の理由は?快適に使えるおすすめ車種とその理由!

車中泊が人気の理由は?快適に使えるおすすめ車種とその理由!

車中泊に興味がある方なら、次の車選ぶをするときに使いやすい車にしたい思うもの。人に接することも少なく、費用も抑えながら旅ができるので、人気が高まっている車中泊ですが、できる限り快適に行いたいところですよね。そこでこの記事は、車中泊が人気の理由とおすすめの理由をご紹介します。


【今こそ買いたい】自慢したくなるミニバン3選!アルヴェルに負けるな

【今こそ買いたい】自慢したくなるミニバン3選!アルヴェルに負けるな

ご家族揃ってゆとりのドライブが可能、荷物もしっかり積めてアウトドアにもぴったりなミニバンは、ファミリーカーとして定番の選択肢の一つですね。小さなサイズから大きなサイズまでたくさんの種類があるミニバンだけに、選びかたに迷ってしまうという方もいらっしゃるのでは。そこで、数あるミニバンの中でも、オーナーとして誇りの持てる、自慢したくなってしまう車を3台ご紹介します。


最高に便利!ホンダのミニバン フリードってどんな車?中古車情報も!

最高に便利!ホンダのミニバン フリードってどんな車?中古車情報も!

ホンダのコンパクトミニバンフリードは女性でも運転しやすいサイズでありながら、3列シートと家族でのおでかけにも十分なスペースを確保しています。今回は取り扱いやすさと広い室内の両立を成功させたフリードについて解説します。


ミニバン人気・おすすめランキング!売上トップ10

ミニバン人気・おすすめランキング!売上トップ10

クルマのボディタイプでも1、2を争う人気のミニバン。ファミリーに人気のタイプから高級志向のミニバンまで幅広いタイプのミニバンが存在します。この記事ではどんなミニバンが人気なのか、自販連が発表している月別統計データをもとに、ミニバン販売台数トップ10を紹介します。どのミニバンが人気で売れたのか?ランキング形式で見ていきます!


最新の投稿


おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

車の収納にご不便をお感じになられたことがある方は、意外に多くいらっしゃるのではないでしょうか。そういった場面で重宝するグッズに、収納グッズと呼ばれるものが御座います。収納グッズと呼ばれるものは種類も豊富で、用途により使い分けることで、より快適に車内を使用することが出来るものばかりです。本記事では収納グッズの選び方のほか、おすすめ商品もご紹介していきます。


おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

車の洗車に必要なカースポンジですが、その種類はとても多く、どのスポンジを使えば良いか迷うものです。今回は洗車やワックスに適したスポンジの選び方や用途について説明していきます。スポンジの素材や形状についても触れてみたいと思います。


転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

免許を取得した際には確実に勉強したはずの「転回」。では一体なんのこと?と聞かれると、よどみなく答えられる方は意外と少なかったりするのでは。まだまだ意味を覚えてるよ!という初心者の方から、ちょっと怪しいかも?というベテランの方まで、この記事を読めば転回について詳しくなれること間違いなしです。してはいけない場所、上手なやり方など、役立つ情報をご紹介していきます。


中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

先行き不安な現代ですから、車にかけるお金はできるだけ節約したいところですよね。新車に比べてお買い得な中古車、さらにお安く手に入れる方法としてよく聞かれるのが「中古車オークション」。オークションの仕組み自体はご存知でも、実際にご自分で参加できるのかなど、詳しくは知らない方も多いのでは。この記事では、中古車オークションに関して詳しく解説していきます。


車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

ちょっと前まではあまり聞かれなかった「サブスクリプション」という言葉、最近よく耳にしませんか。スマホのサービスなどだけでなく、車の所有方法にまで広まってきているサブスクリプション(サブスク)。これまでの所有形態と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。CMや広告でよく見る車のサブスクが気になっていた方は必見です。