目次へ戻る

【オススメ】車中泊にもってこい!おすすめ車種5選

【オススメ】車中泊にもってこい!おすすめ車種5選

本記事では、車中泊にオススメしたい車種を5つ紹介します。車中泊をしたいと検討している方、必見です。(※2020年4月更新しました)

⏳この記事は約3~4分で読めます。


車中泊にはミニバンがおすすめ?

車中泊をしてみたいと思ったそこのあなた。

しかし、どんな車がいいのかわからない。という方も多いのではないでしょうか。本記事ではそんな方向けに、おすすめの車種をご紹介しています。

特に、本記事では、ミニバンを中心にご紹介しています。なぜなら、ミニバンは車中泊におすすめの要素、たとえばフルフラットになる、車内が広い…といったタイプの車が多いからです。

車内が広い

車中泊にオススメなミニバンの条件でまず外すことができないものは車内の広さです。

大人数を乗せたまま移動することができる点こそミニバンの魅力の1つになります。そのため、どのモデルも基本的に車内は広いです。

しかし、細かく見ていくと室内長・室内幅・室内高で10mm前後(またはそれ以上)の差があることもあります。購入候補車を数台ピックアップしたら、最終段階でこれらの点を押さえておくと良いです。

フルフラット空間の有無

フルフラット空間の有無も確かめておきましょう。

ミニバンなら大方、フルフラット空間を作ることができるようになっています。しかし、フルフラットとメーカーが謳っていても、細かく見てみると段差が少しあるということもありますし、反対にほぼ完璧に平らになっているというモデルも。

候補車両のシートアレンジバリエーションをくまなくチェックして、可能であれば実車を実際に操作してフルフラットにした時の様子を見ておきたいところです。

好みのデザインに合わせる

ミニバンには、シンプルなデザインであったり手の届きやすい価格帯となっているモデルから、上位モデルとして販売されている価格の高いモデルも存在します。

ラグジュアリー色の強いミニバンですと内外装ともにデザインがきらびやかとなっているので、控えめでシンプルなデザインを希望の方はそちらを選んだ方が良いです。

燃費性能

最近のミニバンはガソリンエンジンモデルとハイブリッドシステム搭載モデル、そして一部メーカーではディーゼルエンジン搭載モデルをラインアップしていることが多いです。

そしてミニバン自体の車両重量が比較的重たい部類ですので、燃費をより意識するべきボディタイプであることは、周知のことでしょう。

ハイブリッドタイプになると、従来のミニバンとは思えないほどの優れた燃費性能を発揮しており、車種によってはリッターあたり20km(実燃費)走るということも。

車中泊をするような方の場合、車に乗って遠出をする機会も多いと思いますので、要チェック事項です。

車中泊におすすめの車種5選

三菱 デリカ

三菱 デリカD:5は三菱自動車のカーラインアップでも伝統のある車種の1つでもある、4WDのミニバンです。

室内の寸法は、室内長2,980mm x 室内幅1505mm x 室内高1310mmとなっています。

乗車定員7名でキャプテンシートを2列目に装備するモデルと、乗車定員8名で6:4分割ベンチシートを2列目に採用するモデルから選択可能です。フルフラットの広い空間を希望であれば、8名乗車モデルをオススメします。

搭載エンジンはディーゼルエンジンで、WLTCモードでの燃費が12.6km/Lとなっています。燃費が良いとは言えませんが、ミニバンとしては珍しくオフロードでの走破性に優れているので、アウトドア勢にぜひオススメしたい車種です。

デリカ D:5車両価格は、最も安いMグレードで3,913,800円(税込)〜、最高値のPグレードで4,371,400円(税込)~となっています。

※2020年4月現在
※情報は公式サイトより

トヨタ ヴォクシー

トヨタから販売されているシンプルなデザインのミニバンがヴォクシーです。

ガソリンエンジン搭載モデルとハイブリッドシステム搭載モデルの2つに大きく分けられます。

ZSグレードが唯一、3ナンバー規格のボディサイズ(全長4,710mm x 全幅1,735mm x 全高1,825mm)です。VグレードとXグレードは5ナンバー規格のボディサイズ(4,695mm x 1,695mm x 1,825mm)となっています。

ガソリンエンジン搭載モデルでは7人乗りモデルと8人乗りモデルから選ぶことができ、ハイブリッドモデルは7人乗りモデルのみです。

燃費性能のカタログ値(JC08モード)は、ガソリン車で14.8~16km/L、ハイブリッド車で23.8km/Lとなっています。

ガソリン車のXグレードがエントリーモデルであり、2,556,400円(税込)です。
※2020年4月現在
※情報は公式サイトより

トヨタ アルファード

車中泊だけでなく高級感あるエクステリアやインテリアを味わいたい方であれば、トヨタのアルファードがオススメです。

トヨタのミニバンラインアップの中でも高級路線で作られているのがアルファードになります。特に最上位グレードに位置付けられているExecutive Loungeは同グレードの象徴的な装備です。

室内寸法は室内長3,210mm x 室内幅1,590mm x 室内高1,400mm。

2列目シートにゆとりたっぷりのプレミアムナッパ本革製キャプテンシートを採用し、この上ないくつろぎの空間を生み出しています。

キャプテンシート採用モデルは7人乗り、6:4分割チップアップシートを採用するXグレードは8人乗りです。フルフラット空間を求める方は、Xグレードを選びましょう。

価格も3,520,000円(税込)~で最も安いです。

最高値のグレードはHYBRID Executive Loungeの7,599,000円(税込)となっています。
※2020年4月現在
※情報は公式サイトより

ホンダ ステップワゴン

オデッセイと並んでホンダを代表するミニバンとなっているステップワゴンは、フロントからルーフにかけての独特なデザインが他のミニバンとの差別化を図ることに成功していると言えるでしょう。

室内長3,220mm x 室内幅1,500mm x 室内高1,405(ハイブリッドモデルの場合、ガソリン車では1,425mm)mmの室内寸法で、室内長の長さが伺えます。

8人乗りモデルでは、2列目シートと3列目シートを倒すことによってフルフラット空間を生み出すことが可能です。7人乗りモデルの場合は2列目のキャプテンシート同士の間にオフセットがあるとしても、フルフラットに近い空間を生み出すことができるようになっています。

ガソリン車モデルとハイブリッド車モデルのうち、ハイブリッド車モデルがWLTCモードで20km/Lの燃費性能を達成しているなど、低燃費な車です。

2WDモデルと4WDモデルがあり、価格は2,714,800円(税込)~となっています。
※2020年4月現在
※情報は公式サイトより

トヨタ ハイエース バン

商用車として使われることの多いハイエース バン、実はカスタムベース車両として幅広い車好きから根強い人気を獲得しています。カスタムショーなどに足を運ぶと、ハイエースをベースに快適装備や音響システムなどを贅沢に搭載した車両を見かけることも多いです。

スーパーGLグレードであれば、運転席・助手席を倒してリアシートと組み合わせてフラットなスペースを生み出すフロントフラットと、それに加えて2列目シートを倒してフルフラットを生み出すオールフラットといったシートアレンジが可能です。

荷室の面積も広いので、ここに布団を敷いて車中泊するのもありでしょう。

グレードバリエーションが非常に多いため、購入時には価格・仕様・扱いやすさ(ボディサイズ)などを参考に、自身にあったグレードを選択してください。

価格は税込2,347,000円~となっています。
※2020年4月現在
※情報は公式サイトより

まとめ

同車種のミニバンでも7人乗りモデルと8人モデルが用意されていたり、ガソリン車モデルとハイブリッド車モデルがあるなど、悩む要素の1つとなる可能性は意外と高いです。

そうなった場合には、室内寸法や燃費、どのようなフルフラット空間を望むのか、予算etcをベースに選ぶようにしてはいかがでしょうか。

車中泊をしてみたいと思ったら、ぜひこの記事を思い出してみてくださいね。

関連するキーワード


ミニバン 車中泊

関連する投稿


【日産 セレナ】スペック、中古車情報、その実力を徹底紹介

【日産 セレナ】スペック、中古車情報、その実力を徹底紹介

ライバル多数のミドルサイズミニバンクラスで一際輝いているのが日産 セレナ。2018年と2019年の2年連続販売台数No.1を獲得するなど、人気の高さは一体どこから来るのでしょうか。セレナという名前は有名ですが、もちろん車自体に魅力がいっぱいだからこそ売れているのです。今をときめく最新ミニバン、セレナの魅力をお伝えしていきます。


ミニバン人気・おすすめランキング!売上トップ10

ミニバン人気・おすすめランキング!売上トップ10

クルマのボディタイプでも1、2を争う人気のミニバン。ファミリーに人気のタイプから高級志向のミニバンまで幅広いタイプのミニバンが存在します。この記事ではどんなミニバンが人気なのか、自販連が発表している月別統計データをもとに、ミニバン販売台数トップ10を紹介します。どのミニバンが人気で売れたのか?ランキング形式で見ていきます!


【新車販売台数ランキング】今売れてる・人気の車とは?SUV・ミニバン・軽自動車他ランキング

【新車販売台数ランキング】今売れてる・人気の車とは?SUV・ミニバン・軽自動車他ランキング

新車販売台数ランキング!この記事では、2019年の販売台数を元に、SUVをはじめとして、その他のボディタイプ別のランキングもご紹介します。(※ランキングの情報は全国軽自動車協会連合会と日本自動車販売協会連合会の情報を参照しています)(2020年更新しました)


車中泊におすすめの車、必要アイテムをご紹介!

車中泊におすすめの車、必要アイテムをご紹介!

前々から車中泊に興味があって、今度車を買い替えようとしているあなた!今回は、あなたに向けて車中泊におすすめの車をタイプ別にご紹介します。車中泊に適した車の条件や、車中泊初心者の方に向けたおすすめ車中泊アイテムも解説していますので是非最後までお読みください。


ホンダ フリードプラス(フリード+)で車中泊をしよう!

ホンダ フリードプラス(フリード+)で車中泊をしよう!

これからの季節、どこかへ出掛けたくなりますね。たまには愛車で遠くまで出かけて、いっぱい遊んで車中泊するというのはどうでしょうか?今回は、ホンダ フリードプラスを使った車中泊にクローズアップしてお送りします。


最新の投稿


【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

ホンダをホンダたらしめるものとは、一体何でしょう? 人によって答えは異なると思いますが、誰もが認める80〜90年代の素晴らしいホンダらしさを最も色濃く備えていた車の1台こそ、歴代のCR-Xではないでしょうか。軽量FFボディと高回転までガンガン回るスポーツエンジンの組み合わせに、ホンダらしい独自発想の問題解決法の数々。詳しく見ていきましょう。


日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

現在ではあまり見られない鼻先がしっかり長いトールコンパクトが日産 キューブです。惜しまれつつも2019年末で生産中止となり、3代続いた歴史は途絶えてしまっていますが、人気車だっただけに中古車も選びやすいです。読んだ後は中古車市場でキューブを探したくなること間違いなし、歴代キューブの魅力をご紹介していきます。


トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

若い方には馴染みがないかもしれませんが、一定以上の年齢の方は「ソアラ」という車名にはえも言われぬ上級感を感じられる方も多いのでは。トヨタ随一のラグジュアリークーペであるソアラは、先進装備を満載し、すでに兆しの見えていた国産自動車の飛躍を先回りして実現した名車でした。詳しく振り返っていきましょう。


【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

トヨタ セルシオ/レクサス LSは、レクサスブランドを世界レベルまで押し上げた張本人であり、欧米で確立されたブランド力を持つ高級車メーカーを震撼させたと言います。今回は、世界が驚いた日本の高級車、セルシオについて見ていきましょう。


日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

トヨタのヤリスクロス投入などで現在も人気が爆発しているコンパクトSUVクラスに、日産からはジュークが参戦していました。その独特なスタイリングとSUVながら重視された操縦安定性をはじめとする運動性能は高い人気を得ていたのに、なぜ初代だけでブランド終了となってしまったのでしょうか? ジュークの魅力をご紹介しつつ、真相に迫りたいと思います。